千鳥のクセがスゴいネタGP【武田真治本気参戦&山田裕貴激ハマりセニョール新作】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

千鳥のクセがスゴいネタGP【武田真治本気参戦&山田裕貴激ハマりセニョール新作】[字]

豪華コラボ祭り!日谷ヒロノリが人気アイドルと激ダサコラボ!土佐兄弟×ゆうちゃみ!武田真治に世界的ギタリストも参戦!?ロバート秋山チョコプラ新作13連発

番組内容
『千鳥のクセがスゴいネタGP』は、千鳥がMCを務め、今輝く人気芸人たちが、普段披露しているネタとは一味違う“クセがスゴいネタ”を披露する番組。スタジオゲストとして、児嶋一哉(アンジャッシュ)や山田裕貴が登場する!
クセがスゴいキャラクターが続々登場の今回は、大クセキャラからクセがスゴい学生ネタまで盛りだくさん。スリムクラブやトータルテンボスらが、強烈なキャラで登場するほか、
番組内容2
原口あきまさ×JP×シンディーがお届けする番組の大人気シリーズ「木曜よる9時のワイドナショー」の新作も公開!また「高校生あるある」でおなじみの土佐兄弟はゆうちゃみとコラボでネタ披露!さらに、クセスゴ歌謡祭では、とにかく明るい安村や日谷ヒロノリ(佐久間一行)といったおなじみのクセスゴシンガーたちがあのアーティストとクセスゴコラボで大熱唱!?一度聞いたら忘れられないメロディーがスタジオに響き渡る!
番組内容3
彼らの“クセがスゴいネタ”はもちろん、彼らのネタに対して千鳥の2人がどのようなコメントをするのかにも注目してほしい。『全力!脱力タイムズ』チームが制作する、一味違うネタ番組『千鳥のクセがスゴいネタGP』に乞うご期待!
出演者
【MC】
千鳥(大悟、ノブ) 
【ゲスト】
児嶋一哉(アンジャッシュ)、山田裕貴(五十音順) 
【ネタ披露出演者】
アキナ、秋山竜次(ロバート)、ジャルジャル、スリムクラブ、チョコレートプラネット、トータルテンボス、土佐兄弟&ゆうちゃみ、とにかく明るい安村×武田真治、トレンディエンジェル&岩井ジョニ男(イワイガワ)、ハナコ、原口あきまさ×JP×シンディー×ペレ草田、
出演者2
日谷ヒロノリ(佐久間一行)×OWV、Mr.シャチホコ×みはる(五十音順)
ご案内
TVerで放送終了後から見逃し配信&FODでは過去放送回を配信中!TVerオリジナルコンテンツも配信中!
【公式ホームページ】
https://www.fujitv.co.jp/kusesugogp/ 
【公式Twitter】
https://twitter.com/kusesugogp 
【公式インスタグラム】
https://www.instagram.com/kusesugogp/
スタッフ
【企画】
狩野雄太(フジテレビ) 
【総合演出】
名城ラリータ(FCC) 
【チーフプロデューサー】
加藤大(FCC) 
【制作協力】
FCC、吉本興業

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 斎藤
  2. 秋山
  3. 長田
  4. 山田
  5. 松尾
  6. 後藤
  7. JP
  8. 原口
  9. 大村
  10. マジ
  11. 児嶋
  12. 福徳
  13. お前
  14. ホント
  15. 今回
  16. 有輝
  17. ジョニ男
  18. ホンマ
  19. 卓也
  20. 布袋

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥1,483 (2022/08/09 14:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

[今夜の トップバッターは…]

[こよいは デビュー 40周年の

超ビッグゲストが 初登場]

(原口)おはようございます。
『ワイドナショー』の お時間でございます。

(JP)おはようございまーす。
(原口)さあ 松本さん。

(JP)はいはいはい。
(原口)紹介さしていただきます。

(原口)布袋 寅泰さんです。
よろしく お願いします。

(JP)お願いしまーす。
(ペレ)松本さん。

よろしく お願いします。

(原口)どうなんですか?

(JP)だから あのう。
こないだ あのう…。

(ペレ)ビックボッシュ。
ビックボッシュと 一緒にね。

(JP)何て?

(原口)BIGBOSSと…。 そうそう。
共演されて。

(JP)そうそう そうそう。

どうでした? そのときの収録。
(ペレ)何だか

ハラ… しちゃいましたよね。

(JP)そうか そうか そうか。

(原口)何ですか?
(JP)曲をね

どういうタイミングで 何か
考えてはんのかなっていうの

聞きたかったんです 僕は。

どうなんですか? 布袋さん。

(ペレ)こう 具材…。

(原口)なるほど。

布袋さん。

(JP)そんなわけない。

(原口)そうですね。
この辺は ちょっと…。

駒井さん。
(シンディー)はい。 はいはいはい。

(シンディー)現在 イギリスを拠点に
活動されてますけれども。

そんな布袋さん。

(JP)めっちゃ…。
(原口)何してんですか?

(大悟)布袋さん 似てるな。
布袋さん 絶対 あんなこと

言わんやろうけど。
(児嶋)ぶっちゃけ 午前中

『ワイドナショー』 本物の方ね。
テレビで 見てたんだけど…。

(児嶋)もっと こうやったり
してほしいなっていう。

もっと 松本さんに
こう 笑ってほしいとかね。

(ノブ)ないないない。
そんなに ないんですから。

どうですか? 芸人。
今 この人 好きだなとか います?

毎週 見てくれてる?

ありがとうございます。
(山田)セニョール斎藤さん マジで…。

えっ!? セニョールは…。

あれ むずいで。

(山田)小ボケを
一緒に やりたいというか。

スベり過ぎて
はげる可能性まで。

[今夜の 『クセスゴ』は…]

[そして…]

(日谷)♬「ここまでカイ?
この辺までカイ?」

[日谷と 安村が

ここでしか 見られない
コラボネタを 初披露]

[さらに 山田 裕貴が
コラボを熱望する

セニョール斎藤も やって来るぞ]

「プリティ」に…。

[続いては…]

[まずは…]

(福徳)なあ。
(後藤)はい。

(後藤)はい。

申し訳ございません。

(福徳)お前 それ…。

(後藤)はい。

(後藤)はい。

(後藤)はい。

(福徳)お前 謝ってばっかり…。

(後藤)はい。

(後藤)はい。

(後藤)はい。
(福徳)ちょっと待って。 えっ?

(福徳)いや。 だから…。

(後藤)はい。
(福徳)俺…。

(後藤)はい。

(福徳)いや。 それ…。

(福徳)これ…。

(後藤)はい。

(福徳)はい。 そうですよね。

おっ おっ おっ…。

[学生に大人気。 土佐兄弟と

ギャルの代表
ゆうちゃみが コラボ]

(有輝)マジでね 数学はね
マジで 難しかったのよ。

(卓也)いや。 むずかったよな。
(有輝)あれね 結構 ヤバい。

(有輝)えっ?

(ゆうちゃみ)俺。

(卓也)おお…。 うん…。

(ゆうちゃみ)言ったやろって。

(ゆうちゃみ)「言ったっていうか」って
お前 ホンマに…。

(有輝)すいません。
(ゆうちゃみ)分かるやろ ホンマに。

(有輝)はい。
(ゆうちゃみ)分かるやん?

(有輝)マジで ヤバいわ。

(ゆうちゃみ)ヤバっ。
(有輝)ヤバいよな?

(ゆうちゃみ)えーっ。 ヤバい。

(ゆうちゃみ)
てかさ うちの彼氏がさ

また 浮気したんだけど。
ホント やめてほしいよね マジで。

まあ 好きだから
いいんだけどさ。

でも やっぱさ
ギャルって

なめられがちじゃない?
マジで。

ホンマに なめくさってるわ。
マジで。

てか この前
ネイルサロンさ どこ行ってきた?

(ゆうちゃみ)あっそ。 ホンマに。

でもさ あそこのさ
渋谷のとこ

めっちゃ よくない?
なあ。 何か めちゃくちゃ

ストーン つけてくれるし。
今回 ちょうちょ ついてるし。

かわいくない? なっ。

エクステも 変えた。
普通に。

(卓也)お前だけだぞ。
何回 言わせんだよ。

化粧も スカート丈も
何回 言っても 直してこないし。

授業中 お前 周り見てみろ。

教科書 出してないの
お前だけだぞ。

(卓也)何つった? 今 お前。

マジで。
(卓也)もう いいよ。 お前…。

マジ ホンマに キモ過ぎる。
考えた方がいい ホンマに。

(卓也)帰れ お前。

(児嶋)ちょっと 何か
懐かしい感じもありつつ。

一番 びっくりしたのが
ゆうちゃみ…。

うまいっすね。
(児嶋)30代 40代で…。

ゆうちゃみが。
可能性 ありますよね。

[こんな お店の前を通るときは

注意しましょう]

(秋山)あっ。

(児嶋)お客さん いんのに。

[あの先生が 再び

『クセスゴ』に 帰ってきました]

(秋山)えー。 雰囲気ことわざ
昇格テストと いうことだけど…。

(秋山)例えば…。

(秋山)てことで 会社員?

今回 これなんだけど…。

(秋山)読んでみます。 えー。

(秋山)もう こんなの!

(秋山)こんなの!

「ほどらずもの」

(秋山)だから 「ほどら」は
使いましょうよ。

(秋山)「ほどら」
「ずものわ」 いらない。

こんなもの いらない。
「ほどら」 「ぺんじん」

「ぺんじん」 頂きます。
「ほどら」

「ぺんじん」 いいじゃん。
いいじゃん いいじゃん いいじゃん。

(秋山)「ほどら」 「ぺんじん」
「いすと」じゃない。 「いす」

「ほどら ぺんじん
いすにして」 うん。

一発 ここで 「ぎ」
「ぎ」を挟むと

バランスが 取れます。
「ぎ」

(秋山)「ほどら ぺんじん」
「ど」 いらない。

「ほどら ぺんじん
いすにして ぎ」

「なつからし」なんて いらないよ。
何 懐かしんでんだよ?

(秋山)ここに あるじゃん。
「からし」 「つらし」って。

「なつ」 いらない。

「ぎ からし つらしに」
これだけ 頂こうよ。

丸つけて 「ぴす」 うん。

こっち 下 持ってこよう。
ここに。 うん。

(秋山)「ほどら ぺんじん
いすにして

ぎ からし つらしに ぴす」

(児嶋)言葉のチョイスもさ…。

ですよね。
何でもいいわけじゃない。

(大悟)でも あいつは…。

何か言って 「ぎ」って入れれば
しっくりくるんですよね。

そうなんですよね。

(山田)怖いですよね。
あんな 見られてたら。

(山田)あと 菊田さんが
ホントに…。

(山田)だまされました。 完全に。

[続いては…]

[まずは…]

[あの 不思議な おじさんが
またまた パワーアップ]

[日本人に 強烈な メッセージを
届ける]

[トータルテンボスの 真骨頂。
今夜は 新作漫才を 披露]

(大村)どうした? 早く来い。
早く来い。 何 やって…。 おい。

(大村)どうした? どうした?
何だ? お前。 急に…。

(大村)オードリーがさ
若手のころに

ばんばん ネタ やってるときに
これを やってみたい気持ちは

分かるけど…。

(大村)「パねえ」じゃないよ。

(大村)すいません。
どうやら…。

(大村)ホームラン 打てよ。
どうせだったら。

(大村)「パねえ」じゃないよ。

(大村)もう少しですよ。

(藤田)ウィ。

(大村)エヘヘ…。

(大村)合わせろよ お前よ。
もう いいよ。

どうも ありがとうございました。
(藤田)バーイ。

今 オードリーを やる。
そうなんすよ。

最近 出てきた
ぱーてぃーちゃんのとかを

何かするとかなら まだ 分かる。
はいはい はいはい。

この ずれが
トータルテンボスの…。

[ここからは…]

[まずは…]

[少年と プロ野球選手の

心温まる お話を ご覧ください]

(野球中継の音声)

(長田)こんにちは。
(松尾)あっ。

(松尾)はい。 こんにちは。

(長田)そうか。

(松尾)うん。

(長田)なっ?

(長田)うん?

(長田)何が?

(長田)えっ?

(松尾)違う。

そんなとき…。

(長田)全然 違うくないじゃん。

(松尾)だから 違うんだ。
で 待って。 仮に。

(松尾)だってさ…。

(長田)ホームラン王だ。

(長田)ばんばん 打ってる。

(松尾)だってさ…。 例えばよ。

(長田)これは どうかな?

かすむ かすまないの
話じゃないと 思うんだよね。

(松尾)いや。
これは ちょっと 3本だと…。

ちょっと… だと思います。

(長田)三塁打。

確かにね。

じゃあ…。

それ やめよう。

(長田)そういうのは よくないよ。
別に。

(長田)おかしいよ それ。

(長田)あんま 気持ちよくないと
思うんだよな。

(松尾)いってほしい。 自分から。
(長田)それは ちょっと すいません。

(長田)それは ちょっと 勘弁…。
(松尾)いやいや いやいや。

(長田)それは 勘弁してください。
(松尾)いやぁ。

(松尾)えーっ。 日本人選手?
うーん。

(松尾)OKにしましょう。
(長田)すいません。

手術と ホームラン王の人が…。

確かに 3日に1本ぐらい
打つか。

(秋山)山名君に 会いたいわ。

[今回 秋山君が 再び 病院へ]

[果たして 2人は
会うことが できるのか?]

(秋山)いや。

(秋山)はい。

(秋山)はあ。

(山名)そうかと 思たら…。

(秋山)そっか。

♬『Up All Night』

(山田)でも ホントに いつも
ちょっと…。

(ノブ)そうなんすよ。

一個一個 かみしめたいっすよね。

[ここで 山田さんの
マネジャーから クセスゴリーク]

という クセスゴリーク。
危ないね。

ちょっと怖い
言動やね。

(山田)例えば…。

これは 別に…。

猫が 毛玉 吐く。

楽屋は ないけど…。

芸人が 走ってるときは。

そうや。 あそこは。

スベリを 捨てて 帰るから。

[この後
『東京ってスゴい』と

あの 個性派 筋肉俳優が
まさかの コラボ]

♬~ チキンかじり虫~

♬~ チキンかじり虫~

<子どものおやつに!>

<おつまみに!>

<塩分ひかえめ!>

<そのまま かじる専用!>

♬~

<『0秒チキンラーメン』!>

(女性)う~ん 今回はこれでいっか‥

♬~
(上戸)ちょっと待って!
えっ?

ハミガキ選びはここに注目!

酵素!?
≪「クリニカPRO」には入ってます≫

≪お口のトラブルの原因≫

≪歯垢を分解 除去できる≫

日本で唯一の 有効成分なの!

≪生涯7大リスクもケア≫

≪誕生「クリニカPRO」≫

[続いて
クセスゴ歌謡祭。 こよいは

最強シンガーたちの
コラボ曲を お届け]

[まずは…]

[これまで
吉田兄弟をはじめ 様々な…]

[今回は 超個性派 俳優との
コラボを お届け]

(武田・安村)はい! はい!
はい! はい! はい はい…!

(児嶋)もちろん 安村…。

あそこ?
あれ カッコイイっすよね。

パンイチで いくの?

(山田)失礼ですから。
(児嶋)すげえ。

やめた方が いいよ。 今から…。

[この後 若者を中心に 大人気の
ボーイズグループ OWVが

日谷 プロデュースで 登場]

[そして 山田 裕貴が 愛する
セニョール斎藤も 登場するぞ]

(山田)僕が出演する
『ONE PIECE FILM RED』が

いよいよ 8月6日に公開です。
シャンクスの娘である 歌姫 ウタの

ライブが舞台で
豪華アーティスト陣による

音楽も 最高となっております。

この夏 一番の映画を
ぜひ 劇場で ご覧ください。

そして 本日 われわれの
衣装でございますが

映画 『ONE PIECE
FILM RED』

大悟が ルフィ。
私 ノブが ナミ。

入ってないですからね。
こんな 上半身 隠したら。

[ドリカムの名曲 『未来予想図Ⅱ』を
物まねデュエット]

[2人の 愛の未来予想図も
発表します]

(みはる)♬「ンー」
(シャチホコ)♬「イェイ」

(みはる)♬「イェイ」
(シャチホコ)♬「ンー」

(シャチホコ)♬「アー」

(シャチホコ・みはる)
♬「過ごしてゆけるのね」

♬「あなたとだから」

(みはる)♬「ンー」

♬(歌声)

[今回で 18回目。 トレンディエンジェルの

手数の多い スベリネタに

ジョニ男も 参戦]

(たかし)レディース & ジェントルマン。
セニョール斎藤 モノマネSHOWへ ようこそ。

(たかし)
まずは この曲で 登場だ。

(斎藤)OK!
(たかし)OK!

(斎藤)ということで
やって参りました。

そして。
(たかし)どうも。

一緒にしてるやん。

(斎藤)ということで
決まりましたけれども 皆さま…。

(斎藤)始まりました。

ありがたいね。
ということで…。

(斎藤)最初の曲でございます。
(たかし)ぽちっとなっと。

(斎藤)いいですよ。
おい。

(たかし)ほい! ほい!

(ジョニ男・たかし)ナイス!
(斎藤)ナイスじゃねえ。

何 やってんだよ?

(たかし)あれ? もしかして…。

(ジョニ男)いえ。

(斎藤)ふざけんじゃねえ。
バカヤロー。 お前。

邪魔ばっか しやがって。
何 やってんだよ? 生意気に…。

(ジョニ男)すいません。 偉そうに。
(斎藤)モーニング 着るなんて 生意気。

(斎藤)ホント どうしようもない。
(たかし)きてくれましたね。

(斎藤)きてくれたじゃないよ。
バカヤロー お前。

ちょっと 聴いていただきたいね。

(たかし)ぽちっとなっと。

(斎藤)おい。 おい。
何でだ?

消せ 消せ…。
何 やってんだ? お前ら。

何 やってんだよ? おい。

(斎藤)あれ? あれ?
こっちは?

(斎藤)あげるか。 バカヤロー。
ふざけんじゃねえ お前。

(たかし)ってことは…。

(斎藤)言うてる場合か。
ホント どうしようもない。

(ジョニ男)師匠。
申し訳ございませんでした。

(斎藤)そうだよ。
それで いいんだよ。

(斎藤)何してんだよ?
(ジョニ男)どこだ? どこだ?

(たかし)あった。

(斎藤)言うてる場合か。
そういうことじゃ ねえんだよ。

ホントに どうしようもない。
どうしようもない 人間ってのは

いるもんでございますね。
この世の中にはね。

(たかし)悲しいね。
(斎藤)ということでね ここで…。

(たかし)それ 仲良くなりますね。
(斎藤)聴いていただきましょう。

(たかし)ぽちっとなっと。

(たかし)へい らっしゃい!

(たかし)あっ!?

[続いては 日本最大級の
オーディションから 誕生し

新曲を出すごとに
100万回再生を 連発する…]

[今回は 日谷 プロデュースの
ダンスに 挑戦したぞ]

ちょっと シャチホコ…。

(児嶋)確かにね。

セニョール斎藤が 来ました。

(山田)めちゃくちゃ 笑いました。

[『千鳥の
クセがスゴいネタGP』]

[今夜
栄冠を勝ち取った 作品は…]

アキナ。
「雰囲気 強すぎる 小学生」

きましたね。

山田君。 いかがでしたか?
今日は。

ホントに いつも
テレビで 見てたんで。

(山田)コラボが やりたいですね。

事務所が OKしてくれたら?
会社の皆さん お願いします。

あれを やるんだったら…。

ちゃんと 脱いで?

8月20日 幕張メッセで
開催される LIVE STANDで

『クセスゴ』 スペシャルステージが
開催決定。

ここだけでしか
見ることが できない

スペシャルな プログラムなので
ぜひ 見に来てください。

クセがスゴい。
わしのじゃ。