ウラ撮れちゃいました 【ご当地名産続々!!日本全国“道の駅”ウラ名物探し!!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ウラ撮れちゃいました 【ご当地名産続々!!日本全国“道の駅”ウラ名物探し!!】[字]

日本全国の“道の駅”でウラ名物探し!!ご当地でしか手に入らない絶品グルメ!!大行列も納得のウラ名物とは!?さらに空を飛べる道の駅!?千葉の動物ふれあいスポットも!

◇番組内容
【日本全国“道の駅”でウラ名物探し】
日本全国に約1200ある“道の駅”はご当地のウラ名物が集まる玉手箱!
そんな“道の駅”を訪ねてみたら…
行列の先にある絶品グルメや意外なウラ名物まで大発見!
兵庫・宮城・栃木・愛媛など、スタッフが飛び回って大調査!
◇番組内容2
【動物ふれあいスポット】
千葉県印西市にある動物ふれあいスポットに山之内すずが潜入!
他では見られないようなナマケモノの姿に仰天!

【動物珍プレー好プレー】
可愛い動物たちの珍プレー好プレー動画が続々登場!
◇出演者
【MC】かまいたち 白石麻衣
【ゲスト】峰竜太 伊集院光 井森美幸
     若槻千夏 トリンドル玲奈 山之内すず
◇おしらせ
★番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/uratore/

★公式Twitter
 https://twitter.com/uratore_ex

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 山之内
  2. 松波
  3. 若槻
  4. スタッフ
  5. 伊集院
  6. ウラ名物
  7. 井森
  8. 動物
  9. 美味
  10. 淡路島
  11. ナマケモノ
  12. ペンギン
  13. ホント
  14. 淡路島産
  15. 話題
  16. エサ
  17. 場所
  18. 抹茶
  19. アルパカ
  20. ゴンザレス

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



まいやん 本日のテーマ発表を
お願いします。

はい。 本日の撮れちゃったウラは
こちらです。

〈日本全国にある道の駅
1198カ所〉

〈そこは ご当地の名産が集まる
ウラ名物の玉手箱〉

〈そんな

〈こんな行列の先にある
絶品グルメ〉

うん 絶妙!
これは うまいわ。

〈こちらの

えっ… 本物の?
おもちゃとかじゃなくて?

(スタッフ)おお~ すごっ!

(スタッフ)これ コテージですね。

〈こんなのや…〉

(汽笛)

〈こんなのも!〉

〈色んなウラ名物
見つけちゃいました!〉

〈まずは…〉

「なんやろ?」

〈それは…〉

〈兵庫県の淡路島にある
道の駅うずしお〉

「へえ~ うずしお…」

〈こちらの道の駅が位置している
場所は…〉

〈兵庫県と徳島県の県境にある

うずしおで有名な

鳴門海峡のすぐそば〉

〈道の駅からは そのうずしおを
見る事ができるんです〉

「行った事あるかなあ」

〈そんな道の駅に
向かってみると…〉

(スタッフ)あっ ちょっと
見てください! あれ…。

(スタッフ)うわっ あれは いいですね。

「うわっ 仲いい兄弟。 最高」

〈道の駅の正面に
たまねぎのオブジェが〉

〈さらに…〉

(スタッフ)うわあ すごい。
あっ! で 奥には これ…。

(山内)「たまねぎで?」

〈そう 淡路島は
たまねぎの生産が盛んで

温暖な気候を生かして作られた

甘く やわらかい
淡路島産のたまねぎは

淡路島たまねぎという
ブランドにもなっているんです〉

〈道の駅をのぞいてみると…〉

(スタッフ)あっ… ありました 早速!
ご覧ください これ。

たまねぎですね。
早速 たまねぎです。

〈山積みのたまねぎが お出迎え〉

〈さらに…〉

(スタッフ)あっ これ…。

入り口 入ったら こちら
淡路島のたまねぎを使ったカレー。

そして これ 左側にはですね

淡路島のたまねぎを使った
ポテトチップス。

さらに 右の方へ行きますと

淡路島のたまねぎを使った
たまねぎせんべい。

で 下の方に コンソメたまねぎ棒。

〈他にも

辛さがクセになる
たまねぎのわさび和えや…〉

〈お湯を注ぐだけの
たまねぎぞうすい〉

〈たまねぎの ゆずこしょう〉

〈食べる玉ねぎラー油や

たまねぎをオリーブオイルで漬けた
食べる玉ねぎ

さらに…〉

〈たまねぎのスパイスが入った
塩こしょうや七味まで…〉

〈たまねぎを使った商品が

およそ200種類も!〉

〈さらに こちらの

鳴門海峡を
間近で見渡す事ができる

レストランにも…〉

〈素材の味で勝負〉

〈たまねぎを使用した
オニオンスライスを始め…〉

〈焼いたたまねぎに

アッツアツのそぼろあんをかけた

オニオンステーキ〉

「たまねぎ推し…」
(若槻)「美味しそう」

〈蒸したたまねぎを
和風だしに漬けた

その名も 甘玉ねぎの半身浴など

様々な たまねぎ料理が〉

〈そして 極めつきが…〉

「わあ!」
(若槻)「まんまじゃん」

「どうやって食べるの?」

〈ワッフルコーンの上に
生のたまねぎをのせて

110円で販売するなど…〉

〈道の駅が

〈さらに…〉

〈道の駅うずしおの姉妹施設

うずの丘 大鳴門橋記念館を
のぞいてみると…〉

「また たまねぎ座るやつ…」
「ありますね」

〈何やら行列が〉

〈その先にあるのは…〉

「えーっ!」
「どういう事?」

〈本物のたまねぎがつかめる
その名も…〉

(伊集院)
「絶対 SNSに上げちゃうよね」

「あったら 1回やりますよね」

(伊集院)「撮ってる…
ムービー撮ってるもんね」

「上げちゃうよね」
(若槻)「取れた!」

〈見事

(鐘)

〈他にも…〉

♬~(ピアノ)

〈ストリートたまねぎピアノや…〉

「すごいね」

〈さらに さらに…〉

(カメラのシャッター音)

〈誰もが たまねぎになる事が
できちゃうんです〉

(伊集院)「やっぱ インスタとか
意識してんだな そういうとこね」

すごい なんか…。

(スタッフ)ちなみに 今日 どちらから
いらっしゃったんですか?

(スタッフ)京都から?

(スタッフ)それをかぶりに?

〈そして…〉

(若槻)「かぶって
外 出ていいんだ」

〈でっかいたまねぎ〉

〈そんな たまねぎだらけの
淡路島を代表する

おったまげ~なウラ名物が…〉

〈道の駅うずしおにあった〉

〈それが…〉

(スタッフ)これ
ちょっと見てください。

(スタッフ)すごい行列!
これ なんの列なんですかね?

うわっ
めちゃくちゃ並んでますよ。

「暑いのに…」

(スタッフ)すごい行列です。

〈並んでまで食べたいという

そのウラ名物が こちら〉

〈淡路島産のたまねぎを
ふんだんに使用した

「美味しそう…」
(若槻)「ボリュームすごい!」

「美味しそう」
「うまそう」

「リピートしてる」

(若槻)「えっ! 食べてみたい」

(スタッフ)食べないと?
食べないと…。

〈多くの人を虜にする
オニオンビーフバーガー〉

「えーっ!
すごいんじゃない? それ」

〈なんと 全国のご当地バーガー
日本一を決める大会で

見事 1位を獲得〉

〈その

〈バンズの上に
シャッキシャキの

〈酸味の利いた

(若槻)「たまねぎのピクルス…」

〈カリッカリの 淡路島産
オニオンチップを振りかけ…〉

「もう だいぶ たまねぎやで」

〈甘くてサックサク
厚さ8ミリほどの

揚げたて
淡路島産たまねぎカツをのせ…〉

「美味しそう でも これ…」

〈その上に
たまねぎカツを引き立てる

甘辛く煮た淡路牛をたっぷり〉

〈仕上げに
淡路島産のたまねぎが入った

トマトのソースをかけたら…〉

「いっそ たまねぎで挟んでも
ええんちゃうの?」

〈5種類の

異なる淡路島産たまねぎを
味わう事ができる

オニオンビーフバーガーの完成〉

〈気になる そのお味は…〉

いや~ 伊集院さん すごい迫力。

いいな…。 かぶりつく…。

うまっ!

(若槻)頑張って。
(伊集院)頑張るね。 頑張るねえ。

全部いったね
まいやんも。

うーん!
美味しい!

〈その道の駅があるのは

〈駐車場には

遠方からやって来た車が ずらり〉

〈日本全国から

なんと年間300万人が訪れる

大人気の道の駅〉

〈その中は…〉

〈なぜ
こんなに人気なのかというと…〉

そうですね…。

ねえ?

(スタッフ)どこかに飾る…。

〈そう 取り扱う商品が
とっても豊富な事〉

〈地元農家直売の
とれたて新鮮野菜はもちろん

食品や東北の工芸品など
なんと…〉

(伊集院)「きのこ類 いいね!」

〈そして…〉

「えっ!?」
(若槻)「でかっ!」

「一斗缶で売ってるの?」

〈中身を出してみると
なんと 2キロのかりんとう〉

〈この辺りでは 昔から

かりんとうといえば
この形なんだとか〉

「いい音」

(若槻)「抱えて食べてる」
「どこで食べてんねん」

〈特に

3軒で分けて…。

〈そして

(若槻)「水まんぢゅう」

「みずみずしいんだ」

〈この水まんぢゅうが

〈夏季限定で

しかも 手作りのため
数量は少なく

地元の人でも
なかなか手に入らない〉

「食べてみたい」

(若槻)「えっ?」
(伊集院)「ないのか!」

〈という事で

今すぐに買える名物を
教えてもらうと…〉

(伊集院)「へえ~
鳴子ってそうなんだ」

(スタッフ)「出来たてだから
あたたかーい」って書いて…。

〈大崎市 鳴子温泉の名物
栗だんご〉

〈たっぷりのみたらしが
かかった

だんごの中には…〉

「おお~ なるほど」

(若槻)「どこ?」

〈何個でも食べられるほど
甘さ控えめ〉

〈そして

(スタッフ)おお~ すごっ!

うわ~。
ええっ!?

〈そして この道の駅最大の
ウラ名物が…〉

(スタッフ)おお~ すごっ!

〈熱気球への搭乗体験〉

〈実は 大崎市 毎年11月に

バルーンフェスティバルが
行われるなど

気球との関わりが深い場所〉

〈大きなバーナーで
1000度以上の炎を出し

空気を暖めれば

ゆっくりと気球は大空へ〉

「これはスリリングです」
(若槻)「おお~!」

「怖いよね」

(伊集院)「俺も無理 俺も無理」

〈15メートルの高さから

美しい田園風景が
360度 見渡せます〉

(スタッフ)浮いた?
(女の子)うん。

(母親)
よかったね。 面白かったね。

〈…の道の駅があるのは〉

「近いんじゃない?」

「栃木」

「うわ~ すごいな」
「ハハハハハッ!」

「豪快やな」

「ゆずか ここは」
「ゆずだ」

〈茂木の特産は ゆず〉

〈手作りのオリジナル商品も
たくさんあって…〉

〈ゆず入り納豆や

バウムクーヘン

その他 色々 ゆず関連商品が

30種類以上〉

「美味しそう!
全部 美味しそう」

〈こちらは
ゆず入りのカレーライス〉

「どんなんやろ」

〈じゃがいもが
13個入りで130円〉

「安っ!」
(若槻)「安っ…!」

〈地元産かぼちゃが100円〉

〈長なすが6本で100円〉

〈ミニトマトが この量で150円〉

「えっ! 大きい!」

(女性)最高。

(女性)フフッ… 安いですね。

〈さらに こちらのピーマンは

この量で100円〉

〈きゅうりが5本で130円など…〉

(伊集院)「ホント安いわ」

〈この安さの秘密は…〉

(スタッフ)あっ 自分なんですか。
(女性)自分…。

〈仲卸を挟まず 農家さんが自ら
価格を決めているので格安に〉

〈しかも…〉

だから もう 着替えて…。

〈どの野菜も
朝とれたてのものばかり〉

〈だから 午前中のうちに
あっという間に完売〉

〈そして

(若槻)「近っ」

〈そして

「何が通るの?」

(汽笛)

「SLだ」
「うわ~!」

「こんな目の前 通るの?」
「近い所を また」

(伊集院)「すごいね~」
「あっ 乗ってる 電車」

(汽笛)

「すごーい。 これは見たい」

〈そう SL〉

♬~

(伊集院)「近いな~!」

「あんなに出るんですね 煙
SL」

〈家族連れに大人気〉

〈そんな道の駅もてぎで見つけた
ウラ名物が…〉

「ホントだ」

〈その

ゆず塩ら~めんを
食べに来ました。

〈それが
茂木の名産 ゆずを使った

ゆず塩ら~めん 670円〉

〈その人気の
きっかけとなったのが…〉

(スタッフ)あっ そうなんですね。

〈47都道府県の道の駅の中から

No.1グルメを決める

道-1グランプリで
優勝した事で

一気にブレーク〉

〈ゆず塩とゆず果汁入りの

塩ベースの
さっぱりとしたスープが大人気〉

〈さらに

この… これ。

〈より香り高いゆずの風味と
酸味が増して

美味しくなるとの事〉

〈このゆず酢も
460円で購入できるので

お立ち寄りの際は ぜひ〉

〈その道の駅があるのは…〉

「人口800人」

(伊集院)「少ないね」
「少ないですよね」

〈新宮町という

人口およそ800人の
地区にあって…〉

〈周りには
民家も店も ほとんどなく

山々に囲まれた
なかなかの場所に…〉

〈道の駅 霧の森〉

「オシャレ」

〈広さ
およそ3万平方メートル超えの

広大な敷地の中には…〉

(伊集院)「果てしねえな」

〈森の中に宿泊できる

「道の駅に泊まれるの?」

「素敵」
「あっ めっちゃええやん」

〈1泊の料金は 1万3200円から〉

(伊集院)「でも 2人でだもんね」
「そうですよね」

〈さらに こちらの建物には…〉

「えっ 温泉?」
「わあ! マジで?」

(若槻)「最高!」

〈旅の疲れを癒やす温泉が〉

〈そして こちらの売店〉

〈開店と同時に大行列となる
この道の駅のウラ名物が…〉

3箱 はい。

(店員)3箱を1カ所にまとめて。

〈周りには何もない場所にある
道の駅 霧の森〉

〈こちらの売店

レジの横には…〉

〈実は この地域

〈国際的な茶の品評会
国際銘茶品評会で

金賞を受賞するほど〉

〈なので…〉

〈抹茶のほろ苦さと
ほうじ茶の香ばしさが利いた

新宮茶ソフトクリームは人気〉

「いけてるカップルやな」

(若槻)「おお~!」
「何? それ」

〈辛めのジンジャーエールと
苦みのある抹茶を合わせた

抹茶ジンジャー〉

「新しい」

抹茶ジンジャー。
ああ~。 なんか…。

〈特製抹茶シロップと練乳を
贅沢にかけた かき氷も人気〉

〈さらには こんなものも…〉

(伊集院)「パフェ?」
「パフェ?」

〈12層になった

オリジナル
霧の森パフェも〉

(男性)甘いけど

なんか ブルーベリーは
さっぱりしてますね。

ブルーベリーは
さっぱりしてる。

〈そんな道の駅 霧の森最大の
ウラ名物が…〉

〈午前10時
開店直後にもかかわらず

この大行列!〉

〈そんな 地元の人から観光客まで
虜にする

道の駅 霧の森のウラ名物が…〉

3箱 はい。

(店員)3箱を1カ所にまとめて。
(男性)はい。

〈地元名産
新宮茶をまとった

霧の森大福〉

〈中には 生クリームとこしあん〉

〈甘みと苦みが絶妙で…〉

(伊集院)うん 絶妙!
これは うまいわ。

ちゃんと
お茶の苦みから 先くる。

この辺で
抹茶やもんな。

(伊集院)これ すごい!
ホント美味しい!

〈その作り方は…〉

(伊集院)「おっ ウラ入るね」

〈白いお餅の生地に

砂糖と抹茶を
練り込んでいく〉

(伊集院)「すげえ抹茶入ってるな」

〈きれいな
抹茶の色になったら

すぐに氷水へ〉

〈これで
生地にモチモチのコシが〉

〈この

〈最後のひと手間〉

「うわ~」
「最後 手作業」

(若槻)「機械じゃできないんだ」
(伊集院)「うわ~ すげえ量だな」

(若槻)「丁寧」

〈こうして

〈なんと…〉

「ええーっ!?」

〈少々アクセスが不便でも
並ぶ価値ありのウラ名物〉

〈続いての
撮れちゃったウラは…〉

〈動物たちの 面白くて…〉

閉められちゃった!
ハハハハ…。

うわっ…!

〈まずは…〉

〈茨城県
アクアワールド・大洗の…〉

〈ペンギンたち〉

「1匹 遅れて出てきた…」

〈まるでサラリーマンみたいな
行動を取ると話題に〉

〈閉館時間の午後5時まで
あと5分〉

(トリンドル)「アハハハ…」
(峰)「わかるんだ」

〈バックヤードに帰る気満々の
ペンギンたちの姿が〉

〈まるで 仕事を終える
サラリーマンのよう〉

〈閉館間際になると
毎回 バックヤードで

飼育員さんの作業する物音が
聞こえてくるらしく

「そろそろ帰るか」と

バックヤードに向かっていく日も
あるのだとか〉

「もう いなくなっちゃった」

〈そんな

〈愛知県 東山動植物園にも〉

〈それが

「マーチンくん」
「ええ顔してますね」

「おお~!」

〈突然閉まるドアに
思わず慌てるマーチンくん〉

〈こちらの動画は

「人が入っているみたい」と

SNSで大バズり〉

〈118万回再生を記録した

珍プレーでした〉

まだ まだ…。

まだ ドラム缶で
遊んでるとこやった…。

(峰)人間っぽいからいいわ。

〈一方…〉

〈静岡県の
富士サファリパークには…〉

〈それが…〉

(峰)「ウソ!」
(トリンドル)「ウソでしょ?」

「腰 かわいい」

(峰)「これは 何?
ダンスなの? これ」

〈実は これ
踊っているわけではなく

背中がかゆかったクマさんが

木の幹に
体を擦りつけている様子〉

〈ノリノリで
ダンスを踊っているように見える

珍プレーでした〉

「いいっすね」

〈逆に 動じない落ち着きっぷりが
話題になっているのが…〉

〈栃木県 宇都宮動物園の…〉

〈ホワイトタイガーの親子〉

「かわいい」
(峰)「かっこいいな」

〈お母さんの無表情さに注目〉

「もう 全然 動じないわ」

「お母さん…」

「痛いよね それは」

〈どれだけ

「いや 絶対痛いよ」

「無表情…」

(峰)「いいね!」

〈ひたすらに無表情を貫く
お母さんトラでした〉

(峰)「ホワイトタイガー
かっこいいな」

〈広島県
福山市立動物園にいる…〉

〈こちらの
カピバラちゃん〉

「カピバラちゃん!」
「ええ顔してる…」

〈飼育員さんが

展示場の掃除をしに
やって来ると…〉

どいて。

「全然どかない」

(峰)「なんでなの?
遊んでほしいのかな?」

「“といえば"…?」

〈福島県
アクアマリンふくしまにいる…〉

〈こちらのフェネックも…〉

「かっこええな」
(峰)「すごい耳だね」

「もう 汚してる」

(峰)「いや 速いね また」

〈実は

(峰)「そういう事か」

〈特に

「全然… 掘れてないやん」

〈続いては…〉

〈愛知県
日本モンキーセンターにいる…〉

〈こちらのワオキツネザルが

〈それが…〉

「手が… 手が変だな」

(峰)「二足歩行?」

〈実は これ
大嫌いなカラスが目の前にいて

思わず二足歩行になってしまった
とっても貴重な瞬間でした〉

(峰)「嫌な事があるとやるんだ」
(トリンドル)「かわいい」

〈続いて ある意味

貴重な表情をする動物が
いるのが…〉

〈長崎バイオパーク〉

〈こちらにいる
ヤギのキャサリンちゃんは…〉

(峰)「もう 君
その存在だけで十分だよ」

〈電動猫じゃらしで
遊んでいる姿が

ちょっと面白いと話題に〉

〈その姿が こちら〉

「あっ…」

〈長崎バイオパークにいる
ヤギのキャサリンちゃんは…〉

(峰)「もう 君
その存在だけで十分だよ」

〈電動猫じゃらしで
遊んでいる姿が

ちょっと面白いと話題に〉

〈その姿が こちら〉

「あっ…」

「どういう状態? これ」
(トリンドル)「何してるの?」

「なんか違うよ」

(峰)「よく動くね また」
「ええ顔してるわ」

〈確かに 他の動物園では
あまりお目にかかれない

貴重で ちょっとかわいらしい
表情でした〉

〈北海道にある
アザラシシーパラダイスでも…〉

「アザラシシーパラダイス?」

〈こちらにいる ゴマフアザラシの
日和ちゃんが見せてくれる

その表情が…〉

「おおっ!」
「そんなへこむんや」

「へこんでるなあ~」

(峰)「タイミング…」

「ハハハハ… かわいい」
「かわいいわ」

〈かわいいけど ちょっと
意外な行動で話題の動物が…〉

〈会いに行ったのは…〉

「はい かわいい。
フン フ かわいい」

(山之内)すごい。
もう ドームみたいになってる。

わあ すごっ!

(山之内)おっきいな!

〈観覧車もある
BIG HOPガーデンモール印西は…〉

〈東京ドーム およそ3.5個分の
広い敷地に

ファッションや雑貨

アウトレット
スーパーマーケットなど

幅広いジャンルの
人気ショップが並ぶ

一大モール街〉

〈その中に…〉

(山之内)絶対に ここですね。

「動物園が中に…」

〈ここ
ふれあい動物園 Moffは

ショッピングモールの2階にある

およそ826平方メートルの
大きなフロアに…〉

〈70種 150頭羽以上もの
動物たちが〉

大丈夫? 大丈夫?

〈そして 入り口で
早速 話題の動物がお出迎え〉

(山之内)お邪魔します!

いや もう 早速

「フォフォ」

(山之内)ナマケさん?
おはよう ナマケさん。

〈ナマケモノの仲間は

自然の中で暮らしていても
全然動かないで

背中にコケが生えても気にしない
イメージなんですが…〉

〈この子は…〉

「すごい動くやん!」

(山之内)
そんなとこまで行っていいの?

(山之内)そうですよね?
(松波さん)そうなんです。

(山之内)ここでしか見れない
ナマケちゃんだ。

(松波さん)ホントは 野生では

木の上で ほとんど
生活しているんですけど…。

(山之内)そうですよね?
(松波さん)そうなんです。

週に1回とか…
トイレする時とか

つかまる木を変える時しか
下に下りないんですけど…。

「もう床についてる…」
(若槻)「アハハハッ!」

(井森)「ホント。
ぶら下がる意味がない」

「床やで それ」

(山之内)穏やかな子ですね
なんかね。

(松波さん)そうなんです。

「ハハハッ…!」

(山之内)何食べてるの?

このナマケモノちゃん
すごい 土食べてますけど

大丈夫ですか?

すごっ!
(松波さん)そうなんです。

〈これは ミネラル分豊富な
食用の土らしく

エサだけでは取れない栄養分を
摂取しているんだとか〉

(山之内)ええっ?

(山之内)待って 待って!

地面いる時
そんな動きするんだ あんた。

ねえねえ。

(山之内)いいね!

他の動物さんたち
ビックリしません?

ほら!

〈すずちゃんと出会ってから
5分ほど〉

〈およそ15メートルを
移動したところで…〉

(山之内)こんなナマケモノ
見られます?

そうなんですよ。

「爪 結構すごかったで でも」

〈専用の前掛けを着けて

抱っこする体験も
できるそうで…〉

よいしょ! オッケー。

あっ かわいい…!

(松波さん)このまま
ギュッとしますね。 よいしょ!

〈こんな近くで
触れ合えるからこそ

こんな発見も〉

(松波さん)
よかったら ナマケモノさん

ここら辺に耳があるんですけど…。
(山之内)えっ! 耳?

(井森)
「あっ 隠れてる。 ホントだ!」

うん! 初めて見た。

(松波さん)ナマケモノさん
ここら辺に耳があるんですけど…。

(山之内)えっ! 耳?

(井森)
「あっ 隠れてる。 ホントだ!」

(山之内)見て。 これ 多分

見られる事 なかなかないですよ。

ナマケモノの耳!

こんな ちゃんと 耳なんですね。
(松波さん)ちゃんと 耳なんです。

結構 しっかり 耳… 耳な感じな。

えっ!
(松波さん)縦長なんです すごい。

えっ! これ 肉球?
(松波さん)そうなんです。

うわっ…! 肉球だ。

「あれ 肉球なんや」
(若槻)「細長」

(山之内)
なんていうんでしょうね…。

「硬そう」

(山之内)そうなんですね!

きゅうり 好きなん? どうぞ!

(井森)「ああ… 持って食べるんだ」

(山之内)かわいい!

はい どうぞ。

(若槻)「持ちやすいのかな?」

(山之内)かわいいね! あなた。

(山之内)
「めちゃくちゃ いい子ですね」

(山之内)かわいいね~!

「癒やされますね」

(山之内)おい! ねえ フォフォ。

「腹筋 めちゃくちゃ使うやん!
これ」

(井森)
「こっちの方が きつそうだけど」

(山之内)真っ白ね。

オウム。 ソロモンオウム。

シェバくん?
はい。

「えっ! 言った?」
「言った!」

「完全に“シェバ"って言ってる」

〈他にも…〉

(松波さん)せーの バンザイ!
(山之内)すごーい!

(山之内)起きてる。 動いた。

「わあ すごい」
「メンフクロウな」

(山之内)これは 色んな種類の
フクロウちゃんたちですか?

(松波さん)
そうです。 フクロウたちですね。

(山之内)すごーい!

(松波さん)
ゴンザレスっていいます。

(山之内)ゴンザレス?

この子
ゴンザレスっていうんですか?

ゴンザレスも いいんですか?
(松波さん)大丈夫ですよ。

「鋭い目してるな」

さらさら!

あっ こっち見てる!

立派。

この子たちも
室内にいるんですね。

(松波さん)そうですね。
天気がいい日は

外で フライトのトレーニングとか
しに行ったり…。

(松波さん)ハリスホークっていう
タカの仲間です。

(山之内)ハリスホーク?
名前もかっこいい!

(若槻)「賢そう」

(松波さん)じゃあ
今から呼んでみますね。

呼ぶんですか?
はい。

(ホイッスル)

(山之内)うわっ!

「飛んでる姿は
かっこいいですね やっぱね」

(松波さん)この子
エースっていいます。

女の子なんですけど。
よかったら…。

ウソ!?

やっていいんだ。

もうちょっと
こっち 来て頂いて。

腕 ピーンと
また伸ばして頂いて。

「わあ~!」
「速いね」

〈鳥たちの運動不足解消のために
行われる

このトレーニングは

皆さんも タイミングが合えば
できるそうです〉

(井森)「へえ~ 体験がね」

(山之内)
色んな子がいますけれど…。

あら 大きい子がいるね。

(山之内)
「ホントに広いんですよ ここ」

(松波さん)そうですね。

(山之内)だって ヤギ ヒツジ
アルパカ カメ イヌですよ。

すごっ!

アルパカさんって もっと こう

毛がモフモフなイメージですけど。

(井森)「のせてるみたいなね」

〈夏は 熱中症対策のため

毛を刈って

体温調節しやすく
しているんです〉

(松波さん)アルパカさんとかにも
エサあげられるんですけど

あげてみますか?
(山之内)あげたいです。

やったー!
(松波さん)あげてみましょう。

(山之内)どうぞ。

(若槻)「ハハハッ…」

「アルパカ?」

「ええ髪形してますけどね」

Jにあげるの アンコじゃない。

もう モズクも来た。
モズクも来た。 はいよ。

ほら ダメダメ ダメダメ!

追い詰めないで!
ダメダメ ダメダメ…!

「逃げられへん。
逃げられへんのよ」

〈そして…〉

(井森)「赤ちゃん?」

(松波さん)
まだ生後3カ月ぐらいです。

(山之内)じゃあ もっともっと
大きくなるんですか?

(松波さん)
もっともっと大きくなります。

(山之内)後ろの子はカンガルー?

(松波さん)こっち
ワラビーっていう動物です。

カンガルーの
ちっちゃいバージョンみたいな

感じですね。
(山之内)へえ~!

あっ かわいい。 何?

ほいほいほい かわいいね。
あんたが食べな。

〈と…〉

(山之内)
ペンギンさんが歩いてる!

(松波さん)ここで
ペンギンさんのエサやり体験

いつもやってるんですけど

海咲くん 宣伝隊長で

皆さんを迎え入れてくれます。

〈そう この
ペンギンの海咲くん〉

〈エサやり体験の
時間になると…〉

〈エサやりの場所まで
お客さんを誘導してくれる

とっても賢いペンギンさん〉

(山之内)いい子だね 海咲。

あっ すごい!

(山之内)
海咲の仲間 たくさんいる。

この尻尾の方 つかんで頂きます。
(山之内)はい。

このお魚は?
(松波さん)これ アジですね。

(山之内)あっ アジ?
(松波さん)アジを毎日あげてます。

はい 食べたい人?
はい どうぞ。

そりゃあそうだよね
みんな 食べたいな。

かわいい。

「ハハハッ…」

「あげて あげて」

「早よ あげてよ」

(山之内)う~… やーっ!

あっ 取られた…。

あっ 取り合いしてる。
すごい すごい すごい すごい…。

丸のみできなかったら
そうなるんだ。

〈千葉の印西市に行ったら

色んな動物と出会える
こちらへぜひ!〉