徹子の部屋 おぼん・こぼん[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

徹子の部屋 おぼん・こぼん[字]

~73歳“奇跡”の仲直り…同級生コンビで病とも闘い~おぼん・こぼんが今日のゲストです。

◇ゲスト
芸歴57年を迎える漫才コンビ、おぼん・こぼんの2人が登場!スタジオでは、プロ顔負けの名人芸“タップダンス”を披露。
◇番組内容
ここ数年、お笑い界No.1の“不仲コンビ”として知られていた2人。8年ほど前からお互いに口もきかないどころか挨拶もしない。ネタ合わせもせずに舞台に上がり、視線すら合わすことがない日々だった…。後輩芸人のナイツがその様子を証言し、驚く話が飛び出す。2人は現在73歳。こぼんさんは3年前に難病で余命宣告を受け、一方のおぼんさんもがん経験者。今日は喧嘩もなく“結成60年に向け2人で頑張ろう”と誓いあう姿も。
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. 仲直
  3. タップダンス
  4. タップ
  5. トロンボーン
  6. 漫才
  7. 番組
  8. 一緒
  9. 養育費
  10. イヤ
  11. マネジャー
  12. 周年
  13. イエーイ
  14. お二人
  15. ツー
  16. ナイツ
  17. ワン
  18. 音マネ
  19. 仲悪
  20. 徹子

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(黒柳)結成57年の漫才コンビ

おぼん・こぼんさんです。

芸能界の伝説になるほどの

不仲だったお二人が

ついに昨年 奇跡の仲直り。

こんな仲良くなりました。

今日は 仲直りのいきさつ

それぞれのご家族についても
伺わせていただきます。

今日は けんかをしないで
最後までお願いいたします。

よろしくお願いします。
どうも ご無沙汰しておりました。

『徹子の部屋』は24年ぶり?
(2人)はい。

とにかく お二人は
高校の同級生でいらっしゃるのね。

それで まあ 現在73歳で

芸歴が57年というわけですよね。
はい。

でも 随分… こちら おぼんさん。
はい おぼんです。

こぼんさん。
こぼん。

で お二人とも
お孫さんがいらっしゃる?

はい。
いましたね… できましたね。

もう うち5人です。
あっ そんなに いっぱい?

小学校6年生を筆頭に はい。
2歳下が… 5人です。

そちらは 何人…?
うちは1人だけ…。

でも お子さんが2人 2人?
2人 2人。 女の子2人 2人で。

そこも随分ね 同じようですよね。
そうなんです。

大体ね スケジュールが
一緒なもんですから。

ハハハハ…!
大体 同じ月に生まれるんですね。

絶望的不仲だった
お二人がですね

去年 電撃的に仲直りなすって
話題になったんですけども

もう1回 つまんない事かも
しれないんですけど

なぜ 仲直りを…
どうやってなさったのか

教えていただけます?
ハハハハ…!

番組でしょうね。
そう。 テレビの番組で…

民放ですけれども
テレビの番組で

仲直りの企画を
4回ほどしていただいて。

4回目に この人の娘が結婚して

結婚式するんで来てくれと。

で そこで
いろいろあったんですけども

やっぱり 仲直りした方が

漫才も好きだし
いいんじゃないかっつって

2人で握手したんです。
仲直りしたんです。

子どももね 泣きながら
「仲良くしなさいよ」って。

身内から言われるとね
そりゃ もうね…。

でも あれですよね 仲悪い…
でも 漫才はしてらしたんですか?

してます してます。
ふーん。

浅草の東洋館という所で やらせて
いただいてるんですけども

ほとんど この10年間

目線の合わない漫才で
有名でしたね。

こうして 顔見るのイヤなんです。
そう お互いにね。

だから もう こういう感じで
お客さんと私

お客さんと私で 全く
こう 目線は合わなかったです。

でも その不仲を皆さんがご存じで
歩いてる時に

「仲直ってよかったですね」とか
なんだって

声かけられるんですって?
そう 浅草でもね。

電車に乗ってても
皆さんに言われましたね。

仲の悪い時も言われたんでしょ?
もう 仲が…。

「多分 仲悪いんでしょうね」
っていうような事をね

お客さんも やっぱりね。
でも まあ 漫才やってる時は

全然 なんか
わからないみたいだったけどね。

不思議ですよ そこもね。
でも 街歩いてて

「そろそろ 仲良くされたら
いいんじゃないですか?」って

よく言われましたね。
そうでしょうね。

でも お互いに亀裂が入った
っていうのは何年前なんですか?

えっと まあ 8年ぐらい前…
でも 何回かあるんですよね。

4~5回… 4回ぐらいは
あるんじゃないですか。

過去にね。
57年やってるうち。

じゃあ 一番大きい亀裂は
なんの時が大きかった…?

今回です 今回。
今回?

8年ぐらい前から
口 利いてませんでしたからね。

口 利かなかったの?
漫才協会っていうのに入ってて

で あの… そこで
いろいろ選挙があるんですよ

理事を決める選挙が。

その時に 僕 公言してたんです。

「この人に1票でも負けたら

俺 漫才協会 辞めるからな」
っつって。

ふた開けたら
7票負けたんですよ。

そしたら その場で
もう 辞めて帰りました。

本当に?
わがままでしょ?

その時 どんなお気持ちでしたの?
こちらは。

いや もう ほったらかし。
いいんじゃないの? みたいな。

もう 結構 年も年だしね。
いや でもね

徹子さん 聞いてください。
僕は漫才協会のために

本当に
一生懸命やってきたんです。

で この人はね
若手に人気あるんですよ。

お菓子を楽屋に…。
いや お菓子じゃないって。

そんな事はない。
お菓子を買ってきて

それで人気を得るわけですよ。
そんな事はないですよ。

もう それはね
若い子が おなかすいてれば

ごはん
食べさせてあげたりするのが

当たり前ですから
それをしてるだけの話ですから。

そういう方が人気あるんですね。

それで 私生活でも
全く会話がなかったんですって?

それで ネタを作ったり
っていう時は お話ししないの?

ネタは…。
ネタ…。

この10年間
ネタ作らなかったですね。

じゃあ 出たとこ勝負で
やってらしたんですか?

もう 打ち合わせなしで そのまま
ポッと出ていくんですよ。

でも ちょっと
違う事 言ってみようなんて

お思いにならなかったの?
うん それを…

よく聞いていただきました。

ちょっとアドリブみたいなの
振ると 横でイヤな顔する。

もう 眉間にしわを寄せてね

元のネタに戻そう戻そうと
この人 するんです。

だからね 本当に
新ネタは作れなかったですね。

「だから」?
「だから 作れなかった」って

よくわからない。
でも こうして目線が合って

しゃべれるの うれしいね。
あんまり 目 合わしたくない。

そういう言い方…
そういう言い方…。

いや 本当に…。
でも あれですってね

後輩が心配したんですって?
皆さん。

はい。
そうですね。

そりゃそうでしょうよね。
あのね 舞台の上で

なんか 虫の居所
悪かったんでしょうね。

もう 楽屋に帰ってきて

「もう 俺 辞めるからな」っつって
宣言したんです。

そしたら もう 若手…

まず こっちにはナイツの塙君。

それで 一緒に飲みに行って。

僕は別の男と一緒に飲みに行って

本当に必死になって
止めてくれましたね 泣きながら。

うん…。 後輩芸人から

不仲の証言がございましてね
ちょっと ご覧ください。

えっ?
本当に?

「どうも ナイツです」
「はい ええー… 黒柳さん

2人がね すごい
仲が悪かったんですよ 本当にね」

「そうですね」
「舞台の衣装がね

ずっと
おそろいだったんですけどね…」

「だから おぼん師匠が
黒のラメのスーツで

こぼん師匠が
赤のラメのスーツを

着ちゃってる時もありましたしね」

「あと もう 楽屋から舞台まで

全く 一度も会わずに
舞台に上がっていきましたからね」

「そんな感じでしたから
気ぃ使いましたよ 我々も…」

今回は大丈夫でしょう。 ねえ?

「黒柳さん
よろしくお願いします」

ナイツのお二人
どうも ありがとうございます。

もう
あんなに心配してるんですよ。

ねえ 本当に。
このね ナイツがね

もともと 仲悪いのをね
世間にチクったんですよ。

あっ そうなんですか?
本当に。

黙ってりゃ
わからなかったんですけどね。

でも そのおかげで まあ
ブレークさせていただいて…。

いや 今は「おかげ」って言うけど
あの時は「ナイツのせいだ」

っつってたんだから。
そうだな。

「せい」が「おかげ」に
なっちゃいました。

反省しなきゃな。
でも それでも

解散しなかったのは
やっぱり 目標が

同じだったからなんですって?

そうなんです。
もう やってきたのがね

ずっとショービジネスだとか
そういうところをやって

いろんなエンターテインメントを
やってましたから

そっちの方向が
一緒じゃなかったら…。

別れてたな。 多分 この人が
芝居が好きだったら

「もう お芝居の方にいきな」
っつって

多分 別れてたと
思うんですけども。

タップ踏んだり
ジャズの歌 歌ったり

そういうところに
10年間いましたんでね

いろいろと。
今 タップとおっしゃったんで

ちょっと 『徹子の部屋』に
お出になった時の

あの
タップやってらっしゃるところ

見せていただいて
よろしいですか?

「口が もう楽器でございます」
「そうなんです!」

「見てください! 私の この唇」
「本当に」

「300万人に1人しか出ないんです」
「だから いろんな あの…

楽器のモノマネができます」
「はい!」

「じゃあ トロンボーンいきますか
トロンボーン トロンボーン」

「(トロンボーンの音マネ)」

「あっ それ いいですね。 じゃあ
そのあなたのトロンボーンと

私のタップで 1曲 なんか…」
「ジャムセッション」

「やりましょう。 それでは
そういう事でございます」

「私のトロンボーンと
彼のタップダンスで

まずは 1曲目でございます」

「『Bei Mir Bist Du Schon』」
「1920年代!」

「『素敵なあなた』でございます。
ワン ツー ワン ツー スリー」

「(トロンボーンの音マネ)」
「(タップダンス)」

うまい!

「(トロンボーンの音マネ)」
「(タップダンス)」

「(トロンボーンの音マネ)」
「(タップダンス)」

「(トロンボーンの音マネ)」
「(タップダンス)」

「すみません…」

あっ! うまい!

「(タップダンス)」

イエーイ!
イエーイ!

でも あの 私 タップ…

私もタップ
やった事あるんですけど

タップをなさる漫才の方って
初めて見たので。

あっ そうですか。
私 あの時 とても驚きました。

シャレてるなと思って。

まあ あの… もう1つ
解散できなかった1つは

おぼんさんの方かな?
多額の借金があったとか…。

そうですか?
よく調べてらっしゃる…。

そうなんです 本当に。

どうしたんですか? その借金は。
ゴルフの会員権で。

あら イヤだ…。
「イヤだ」… 本当イヤなんですよ。

イヤですよね。
1つが6000万。

で 1つが800万。
嘘!

で 1つが480万って。
うわー…。

あのバブルの頃でしょ?
そうです はい。

あの頃って なんか
ゴルフの会員権がなんとかだって

しょっちゅう
いろんなのに出てましたよね。

あの頃ですか? うわー イヤだ!

もう本当に
えらい目に遭いましたよ。

それで お返しになったんですか?
それは。

全部返しました。
それは すごいですよね。

で その当時は 本当ね

俺… まあ こんな事
言うのもなんですけども

養育費もあったんですよ。
えっ?

養育費。
養育費。

養育費は なんの養育費なの?

あの… はい。
まあ 養育費っていうのは…。

それで どうなったんですか?
ハハ…! 「それで」…。

6000万。
いや それで あの…

子どもがいたもんですから 前に。

で その養育費を払って

ゴルフのやつを払って。

それで その 今の生活を払って
家のローンを払って。

1カ月に俺…

200万ぐらい払ってましたね。

で それを やっぱり返すためには
歯を食いしばって

この人と頑張って
やらなきゃしょうがないんで。

でね 今から
もう10年ぐらい前かな。

10年 経たないか。
あっ 10年経つかな?

7~8年前だ。
全部終わったんです 借金。

ええー!
もう全部!

本当にキレイな体になったんです。

「キレイな体」…。
だから その時に もう真剣に

この人と別れようかなと
思ったんですけどね。

なんだ。 なんて事でしょうね。
うん そうそう。

それまでね 歯を食いしばって
なんとか仕事をやってね

もういいや! みたいな。
ねえ! 失礼ですよね。

フフフ…!
はい 失礼… 本当に失礼でした。

でも 仲直りの効果で
劇場は その時

札止めになったぐらいですって?
仲直りした時は。

あっ 今も ありがたい事で

お客さんが
いっぱい入っていただいて。

その番組のおかげですけど。

その番組 オンエアの次の日
もう本当に長蛇の列でした。

もう そんなのないぐらいの。
東洋館 始まって以来。

本当に
仲良くなったっていう事で。

はい それだけで。
ありがたいもんですね。

でも なんて ありがたいもんだと
思いません? そういうのって。

で あの… お手紙も
いっぱい いただきましたしね。

ファンレター…
どんな事 書いてあったんですか?

あのね 今まで疎遠だった家族が
あの番組を見て

やっぱり 仲直りしなきゃ
いけないんだっつって

連絡を取って
仲直りしましたとか。

あっ 見てらっしゃる方の
うちの方で?

家族と疎遠だったんですって。

で それを見てて
やっぱり 仲直りしなきゃ

いけないんだっつって
電話して仲直りをしたり。

あと 上司と部下で

うまくいってなかったのが
やっぱり あれを見て

やっぱり 仲直りをしなきゃ
いけないっつうんで

仲直りをさせて
いただきましたとか

そういうの
いっぱい いただきました。

すごいですよね。
そういう よその方にまで

影響があるっていうのがね。
うん…。

僕らは もう
自然体だったんですけどね。

あの… お二人は
大阪の高校の同級生?

そうです そうです。

高校から ずっと一緒なんでしょ?

ああ 出てますね。
可愛いね!

仲が良かったんですね 17歳。

17ぐらいですかね。

これ 東京へ出てきて すぐだよな。

17の… 高校の3年の3学期の時に
東京へ出てきたんですよ。

へえー!
で その時の事務所で。

まだ坊主ですからね。
可愛い。

で これ こぼんちゃんが

僕を この世界に
引き込んだんです。

もう お姉さんから… お姉さんと
漫才やってましたからね この人。

中学校時代からね。 で やってて。

で たまたま 素人番組に出てて

「こういう番組があるよ」っつって

東京の番組を出させていただいて

とんとん拍子にうまくいって。

で 「東京にいらっしゃい」なんて
言われて。

「かばん持ちして
弟子の生活よりかは

やっぱり 板の上の勉強の方が
いいか」っつって

出てきた… 誘って。

で 誘ったの?
はい。

それで誘われて すぐ行こうって
お決めになったんですか?

はい。 「やっぱり
お笑いはいいな」っつって

この人と素人番組 出て

とんとん拍子に
プロになりましたけどね。

でも この人がいなかったら

今のおぼん・こぼん
多分 ないと思います。

そうですよね。 じゃあ その
別れてらっしゃる時は…

普段 別れていて
漫才やる時だけは一緒になるの?

そうそう そうそう…。
そうです。 本当にそうでしたね

この7~8年は。
うん…。

全く私生活で何してるか
わかんなかったですもん。

それで お二人とも
奥様がいらっしゃって

お子さんもいらっしゃって。
それで あれですよね あの…

今度 うまくいくようになった
きっかけは

なんかあったんですか? 特別に。

やっぱり 好きだったんです
漫才が。

ああ 結局はね。

それで
ショービジネスが好きだし。

だから そういうのを
いろいろやりたいなって。

で やっぱり
この人しかいないなと思って。

あなた様は
どうされたんですか?

そうですね… あとは
やれても もう何年かしかね

年齢的にできないし

1人でできる技量も
ないだろうし

違う事も
別にやりたいと思わないし。

でも あれなんですよね?
あの… お二人とも

73におなりに
なったんだそうですけれども

おぼんさんが5月に
腎盂腎炎っていうので

入院なすったんですって?
あれ つらいですね!

40度の熱がね
1週間以上続きましたね。

大変。
食欲はないし 4キロ痩せました。

痛いの? それで。
痛くもかゆくもないの。

熱が ただ出るんですよ。

入院して ずっとね…。
4キロ… 4キロ痩せました。

その間 僕 暇ですから
4キロ太りました。

フフフフ…! 面白いですね。
プラスマイナスゼロ。

でも こぼんさんは
なんか 息切れがひどくなって?

あっ はい。
なんか ちょっと 難病みたいな。

70ぐらいの時に
言われたんですけどね。

まあ 3カ月に1回は
検査には行くんですけど。

難病なんですか? それって。
はい。 アミロイドーシスという…。

なんて?
アミロイドーシスという。

アミロイドーシス?
はい。

治らないんですけど
お薬で止める事はできるんで。

だから 元気な病人です。
でも なんか あれなんですって?

余命どのぐらいとかって
宣告された…?

5年から10年って言われたんです
70の時に。

ああー そうか 10年しか
生きられないんだと思って

ふと計算したらね 80なんですよ。

死んでもいいかな この年齢…。

十分 十分。
十分やっつって。

でも その時 相談なさいました?
この方に。

いや 相談はしてない…。
仲悪かったから 一切…。

仲が悪い時だったの?
全然… はい。

もう それはね。
あっ そう。

あのね 病気の事
あんまり言いたくないんですけど

俺も心臓病で
救急車で2回ほど運ばれてますし

今も
ニトログリセリン持ってますし。

あっ そうなんですか。
もう がんもやってます。

でもね 全部 初期に発見して

肺がんもそうですし
前立腺がんもそうだし。

そんなにいっぱい?
はい。

あら…
でも それにしても 人間って

元気に仕事なんか
できるもんなんですね。

本当 そうですよ。
1週間の入院で手術して

それで もう終わりです。
あとは 術後の検査は

だから
スケジュール見ていただいて

オフってなってるのは
みんな 検診日ですから。

スケジュールがオフっていう時は
お休みじゃなくて

検診に行くっていう。
うん。

病院優先なんです 仕事より
まずね。

普段は なるたけ歩くように
してらっしゃるんですって?

うん 歩きますね。

車は乗らないし 電車で…。

都内って もう 階段があったり
地下鉄なんかに乗ってたら

ふと気が付いて
出かけて 帰ってくると

1万歩 歩くんですよね。
そう…。

今日 ここにいらっしゃる時も
電車でいらしたんですか?

もちろん。
もちろん。

ええー! 偉い。
3回乗り換えて。

3回も乗り換えて?
ここへ来たの。

じゃあ 随分 階段… 違うとこに
住んでらっしゃるんでしょ?

なのに 両方とも
3回乗り換えたんですか?

僕は2回だけ。 俺 2回や。
3回。

でもね コンビってね
不思議なもんでね

病気も 同じ時に
同じような病気するんですよね。

本当ね 仲悪いのに

前立腺がんしたら
それから1カ月後に

俺が前立腺がんしたりね。
あっ そうですか。

うつるわけじゃないのに
本当に不思議ですよね。

でも 新幹線移動の時
不仲の時に

マネジャーが とても困って

2人が並ぶと あれなので
3人席の所にして

真ん中に マネジャーが
座ってらしたんですって?

まあ 飛行機なんかでも
そうですけど

必ず 真ん中にマネジャーがいて。

2人の時は どっちか違う…

全然知らないおじさんと一緒に
こう 乗ってたりとかします。

だから 本当に 不仲の時は もう
全然違う所に座ってましたね。

なるほどね。
この人の方がひどいから もう

電車 変えたりするんですよね。
なるほど。

なっ。
うん うん。 当然。

人の話 聞いてへんやろ。

「当然」だって。
そうそうそう。

でも あれですね。 結成57年で

タップの練習は 今でも
やってらっしゃるんですか?

まあ たまに 振りを
こういう振りにしようとか。

ちょっと タップのところだけの
VTRがあるそうなんで…。

東洋館だ。

「(タップダンス)」

「これでええの?」

「それで ワン ツー スリー…」
「ワン ツー スリー フォー」

「(タップダンス)」

おお… 合ってないな。

「(タップダンス)」

なんでしょう?
あの時 けんかしてる時なの?

いやいや…。

もう これは つい最近ですよ。
つい最近?

たまにね 舞台終わったあとに

ちょっと合わそうかって言って
合わすんですけど。

タップは 何歳ぐらいから
お始めになったんですか?

僕は16… 17ぐらい。

中野ブラザーズさんに憧れて

スタジオへ通って 大阪でね。

バレエ団で通って
1年ぐらいやりましたかね。

東京 出てきてから
また 他の先生についたり。

おぼんさんは?
僕もそうです。 章ちゃん先生…

中野ブラザーズさんの
弟さんの方に

振り付けを受けたり
いろんな事してましたね。

当時は 中野ブラザーズしか
いなかったんですよね。

私は その前の 荻野先生
っていう方に習ってたんですよ。

荻野幸久先生?
そうそう そうそう。

ご存じですか?
はい。

最近 やってらっしゃるんですか?
ううん。

今は ちょっとやってないですけど
とっても懐かしい…。

あなた方の靴 見たらね
金具が付いてたんで

ああ 懐かしいな… そうですよ。

タップの金具って
皆さん こういうのですよ。

これで
やろうっていうんですからね。

足の裏を見せる漫才師
珍しいですけどね。

これね 中野ブラザーズさんが…
作ってらっしゃった職人さんに

作っていただいて。
もう 40年ぐらいですよ。

へえー!
それで もう 修理しながら。

いいですよね でもね。
本当に いいです これ。

ちょっとやってみてくださいって
お願いしたら

そういうわけにはいかない?
いや 大丈夫ですよ。

ちょっと…
見せていただいていいですか?

ここでいいですか?
いいですよ そこ… 大丈夫ですよ。

本当はね 板が…。
鳴らないか?

あっ ちょっとベタベタしますよ。

(タップダンス)

オーケー!
はい ワン ツー スリー フォー。

(タップダンス)

イエーイ!
イエーイ! イエーイ!

うわー! すごーい!
(拍手)

いいですね! 本当はね
板があればね もっとよかった…。

いきなりだったんで お約束なく
やっていただいたんだけど。

奇跡の仲直りをした
おぼんさん こぼんさんです。

初の自伝的回顧本が…。

『東京漫才』。
『東京漫才』。 ほう ほう…。

ずっと若い時から
現在に至るまで。

漫才が
どういうものかっていうのが

わかると思いますけどね。

でも マネジャーは
今の このままの平和が続く事を

心から
祈ってらっしゃるんですってね。

ねえ。
そうでしょうね。

いや 一番 苦労かけてるかも
わかんないですね。

でも マネジャーさんも
偉いですよね。

よく その間 ずーっと辞めないで。
うん…。

まあ それは感謝しますね。
本当に感謝します。

真ん中に入って 俺の愚痴を聞いて
この人の…

この人 あんまり 愚痴
言わないかもわかんないけど。

よく 真ん中に入って

耐えてるなと思いますね
マネジャーは。

耐えてるのかな? 可哀想にな。

耐えてるのかな…
耐えてると思うよ。

せっかく
今日は いらしていただいたんで

ひと言ずつ
相手におっしゃる事があったら

ちょっと
なんか おっしゃっていただいて。

ありがとうございます。
いやいや 本当にね

俺は わがままや。
もう 死ぬまで わがままや。

そうや…。
なっ。

そのわがままを 君が
本当に うまくフォローして…。

よく言われんねん 俺。

世間で一番嫌いなのは誰やねん
って よく言われんねん。

一番嫌いなのは お前や。
ああ そうか。

言うねん 人に。
うん うん。

誰が一番好きやって
言われる時ある…。

ほんだら お前やって
言うてしまうねん。

だから これからもよろしく。
こちらこそ よろしくお願い…。

もうちょっと なんか
ありませんか? おっしゃる事。

ハハ…! えっ? いや もう…。
短いじゃありませんか。

こぼん なんか言うてくれよ お前。
えっ?

いや もう 本当 わがままですけど
まあ しゃあないな。

俺に言えよ 俺に。

しゃあない しゃあない。
うん… なっ。

やっぱり
ムッとする事もありました?

ああ そうですね。 まあ…。

いや 徹子さん
ムッとするのは俺の方ですよ。

そうなの?
この人に対して 本当に。

あのさ… ちょっといいですか?
もうええ!

いやいや…。
お前は 本当…。

60周年です。 60周年。
60周年。

あと3年や。

生きてるかな?
うん 生きてると思う。

その60周年の時に
なんか ショーをやろうや。

まあ できればね。
頼むわ。 君が…。

今… なんにも
やってらっしゃらないの?

60周年。
60周年ね…。

こぼんさんが
なんか あんまり のらないね。

本当に のってくれないんですよ。
でも まあ けんかしないで。

ありがとうございます。
どうもありがとうございました。

『徹子の部屋』は