ニノさん▼横浜流星&ユースケ・サンタマリアVS絶品からあげ&マテ貝▼連帯ゲーム[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ニノさん▼横浜流星&ユースケ・サンタマリアVS絶品からあげ&マテ貝▼連帯ゲーム[字]

横浜流星&ユースケ・サンタマリアに大分県豊後高田市クイズ!絶品からあげに手が止まらない▼平均値を超え続けろ!連帯責任ゲームに横浜が真剣チャレンジ&ユースケ暴走?

出演者
【MC】二宮和也
【メンバー】菊池風磨(Sexy Zone)・陣内智則・朝日奈央
【ゲスト】横浜流星、ユースケ・サンタマリア
【VTR】なすなかにし
番組内容
横浜流星&ユースケ・サンタマリア参戦▼住みたい田舎・大分県豊後高田市でなすなかにしが気になるクイズを出題!やみつき絶品からあげ&昭和のレトロ体験&マテ貝掘りに挑戦!▼平均値を超え続けろ!連帯責任ゲームでユースケが暴走?つまようじ10本早出し・ピンポン球グラスキャッチ・紙コップクロスひき・ペットボトル割り箸ダーツ…波乱の展開も風磨&陣内が奇跡を起こす?全員一丸となって連続成功を目指せ!
制作
【プロデューサー】國谷茉莉
【演出】石崎史郎

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 朝日
  2. 那須
  3. 菊池
  4. 中西
  5. 小池
  6. 風磨
  7. ホント
  8. ニノ
  9. ユースケ
  10. 全然
  11. 挑戦
  12. 大丈夫
  13. スタジオ
  14. 陣内
  15. マテ貝
  16. 横浜
  17. 失敗
  18. 流星君
  19. 成功
  20. OK

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



さぁ 始まりました 二宮和也の
『ニノさん』でございます。

本日のゲストは 横浜流星さん
ユースケ・サンタマリアさんです。

(陣内) お願いします。
(朝日) 豪華。

(横浜) はい。

「ずっと待ってた」。

ユースケさんから…。

(ユースケ・サンタマリア) 1回…。

ドラマで 一緒だったんですよ
そうそう。

はいはい 現場に。

俺…。

(笑い)
ニノが。

ダメだって そんな適当なの。

キレてはないよね。
笑いながら…。

(菊池) ホントに怒ってるやつだ。

シャイなんだ。

あぁ なるほどね。

ゆえに。

「用意 スタート!」。

<まずは ニノさんメンバーに…>

確かに これ 難しいけど
風磨 どうですか?

(朝日) いや 一緒じゃ ない。

側じゃ ない。
でも…。

いや~ でも…。

やっぱり 何か この…。

分かる。

(朝日)
だから 分かんないですけど…。

分かる。
だから…。

…って言うだけで
変わって来るから。

…みたいな 一発目。

大嫌い 大嫌い。
嫌われちゃうじゃん だから。

…とかね 朝。

あっ 僕…。

(朝日) 待って。
ダメだ。

<今回の舞台は…>

<大分県の北東部に位置する
豊後高田市>

<毎年の移住者は300人以上>

<この町を舞台に
クイズを見つけ出す…>

(2人) どうも~!

(スタッフ) お2人には 今回…。

(中西) はいはい はいはいはい。

はいはいはい
こういうの得意です。

いいですよ やっぱり こういう
景色 絡ましたりしたほうが

いいですよね。
(那須) 奇麗な景色ですから ここ。

(中西) はい 分かりました。
(那須) もう できた。

(中西) この広大な田んぼ

ここに恐らく ないであろうものは
一体 何でしょう?

<それでは 風磨さん
5秒で お答えください>

(菊池) うわ。

(那須) 何やねん その答え。

(中西) はい すいません。
(那須) 問題でございます。

魅力の1つに
「日本一○○しやすい町」を

目指してることが挙げられます。

<ユースケ・サンタマリアさん
お答えください>

日本一 子育てしやすい町。

「…づくりを目指してる」で
ございました。

<そして 子供が生まれると
市から…>

<が交付されるなど…>

<…が盛りだくさん>

<さらに…>

<…があるという>

<話を聞いたのは
9年前に大阪から移住し…>

(ひとみさん) 若手起業の…。

(那須) 補助金 あるんですか。
2分の1まで出たり

ねっ いろいろ。
(土居さん) いろいろ あります。

(那須) そうですか。

(土居さん)
空き家バンクっていって

移住した人が住めるような
空き家を

活用してる事業なんですけど
市が。

その空き家バンクを利用して。

(那須) 要は…。

(土居さん) そうです。

(那須) そういうことですよね。

<こちらが…>

<なんと…>

(中西) マジっすか!

(土居さん)
…みたいな感じになってたんで。

(土居さん)
それが かなったので…。

(土居さん)
足しげく通ってたら…。

(ひとみさん) まさか…。

<さらに
リンゴや しょうゆなど

10種類以上を混ぜ合わせて
作った タレをかけて完成>

(ひとみさん) どうぞ。

(スタジオ:陣内) うまそう。
(スタジオ:横浜) うまそう。

(スタジオ:菊池) 超うまそう。

(那須) うわ~!って…。

(中西) えっ サクじゅわ?

(中西) 来る?

(中西) ホントだ。

(那須) いや サクサク過ぎて。

<この後…>

確かに レトロ。

いい意味で…。

(那須) では 行きます せ~の。
(中西) やぁ~!

(那須) よいしょ~。

(中西) はい 来ましたけども。

(那須)
見てください ここ 雰囲気。

(中西) これは いいですね。

(那須) こちらは…。

(那須) …に
やって来たわけでございます。

(中西) ねっ 懐かしいものが。
(那須) すごい 昭和。

(那須) …が
漂ってるということですよ。

<今や
観光名所になった昭和の町>

豊後高田市の小池といいます!
よろしくお願いします!

いやいやいやいや!
(那須) ホント…。

ホントに…。

(中西) ええねん
いいのよ 素晴らしいやん。

(小池さん)
よくぞ聞いてくれました。

(小池さん)
なんと なんと なんとですね!

(中西) えっ 動いてる? へぇ~!

(那須)
お客さん乗せて 走られる?

(小池さん) そうですね。

(小池さん) 無料なんですよ~!

(中西) もう まさに…。

<昭和の生活が体験できる…>

(小池さん) なんと…。

(中西) うわ!

(小池さん)
そうですね ホントに…。

(小池さん) そうですね。
(中西) うわ この木のやつね。

(那須) だから…。

(中西) チョークもあって。

(那須) …の ひとネタできる。
(中西) やって。

(中西) お願いします。

(那須)
みんなね いろんな勉強してね

いろんな道をね
進んでってもらって

みんなが進んだら
この道ができます。

突き詰めて 突き詰めて
はい この道を極めてください。

<忘れかけていた思い出が
鮮明に よみがえるのが

レトロ商店街の魅力>

(那須) うわ…。

(那須) もう ホントに
映画のセットのような仕上がり。

(小池さん) トイレもあります
リアルにですね。

(那須) いわゆる…。

(小池さん) 手を洗う道具ですね。

(那須) 当時は こんな感じ
だったんですか 手を洗うの。

(小池さん)
そうなんです やっぱ…。

(小池さん) ここで まぁ これ…。

(那須) へぇ~!

(小池さん) それでは…。

(那須) いいですね~ 懐かしいな。

これ せっかくなんで
小池さん 何か…。

(小池さん)
なんと この茶の間の

あるものを使った選手権が
開催されております。

(那須) 選手権?
(小池さん) 選手権です。

<それでは ここで
横浜流星さんにクイズ>

あぁ~ 座布団ね。

(小池さん) はい こちらの…。

(小池さん) んん~!

<豊後高田市で
毎年 行われている…>

よく言われんのが…。

(中西) 気持ちええな。

この間…。

俺だってな…。

<さらに こちらの
レトロ喫茶で人気なのが…>

(那須) ちょっと
ナポリタン いただこう。

んっ!

(那須) 味が もう この
トマトの感じとか 懐かしいわ。

う~ん!

(那須) 思い出す?
(中西) 思い出す これは。

最初は グ~の時に…。

(中西) 懐かしいな~。

<レトロ商店街には 他にも…>

<こちらは…>

<…が展示されている>

(従業員) ちょうど…。

(中西) ありがとうございます。

(那須) うわ~。

(中西) やりましょうか。

(那須) 勝ちってことね 行くよ。

(中西) 全然や。

(中西)
今の感じ ホンマ… 行くぞ。

(那須) こんなもん お前…。

(スタジオ:陣内) 次 何て言うんやろ。

(那須)
惜しい! 今 ふわってなった。

(中西) 全然 全然 全然。
(那須) 今 ふわってなったやんか。

(中西) 全然 全然 お前 そんな。

(中西) 全然。

(那須) 危ない!

こんなもん 全然 アカンで これ。

<この後…>

俺が…。

<地元民に聞いた…>

<続いては>

(中西) じゃあ 行きます せ~の
よいしょ!

(那須) はい~。

(那須) 多い時には 一日
1000人以上の方が訪れるそうで。

また こちらの海岸は…。

…にも選ばれています。

そんな絶景が こちら。

(スタジオ:菊池) おぉ~ 奇麗!

(スタジオ:朝日)
うわ~ 最高だ いや 奇麗。

(スタジオ:菊池)
ホントだ 何か 玉みたいだね。

ホント そう。

それが…。

そんなに?

えぇ~!

面白いね。
面白いね。

クイズでございます さぁ…。

<では 朝日奈央さん
5秒で お答えください>

(スタジオ:朝日)
最近 変えた宣材で。

え~っと 何か…。

正解は こちら。

マテ貝 マテ貝 どこだ。

(中西) これ マテ貝?

(中西) ホンマよ アカンやん。

(那須) うわ マテ貝なんだ。

ウソや。

(敏行さん) 採っていいです
小っちゃいですけど。

すごい小っちゃいけど。

(那須) マテ貝や いいですか?

中西さん。

(敏行さん)
よさげな場所があったんで。

ありました?
(敏行さん) はい。

(那須) あっ ホントだ。

(那須) これが 全部 そうですね?
こういう これが マテ貝の巣。

そこに。

うわ 塩 入れた。
(中西) そんな感じに入れるん。

(那須) 結構 とぽんと入れるんだ。

(中西) 出て来た 出て来た!
(那須) 何 面白っ!

(敏行さん) こうやって
こうやって採って行くんですけど。

(中西) うわ~ 採れた!

(敏行さん) ぴゅぴゅ~って。
(中西) 出て来た 出て来た。

うわ 捕まえた えぇ~!

(那須) 出てる 出てる。
(中西) 出て来た 出て来た?

よしよしよしよし
今 やろうやろうやろう…。

(那須) ほらほらほら
めっちゃある 中西さん 頼む。

穴 いっぱい出て来た。
(中西) 出るかもしれない。

(那須) こいつ 行けんちゃう?

(中西) よし 来た!
(那須) ナイス ナイス ナイス!

(中西) おら! あぁ~!

何 何?
(那須) 何や…。

今 俺が…。

(那須)
中西さん こっちこっちこっち。

入れたほうがいい。
(中西) なかなか入れられへん…。

(那須) 難しいからな…
入ってる 入ってる。

それは 来るんちゃう?
それは 来る…。

(中西) おりゃ~!

(敏行さん) 楽しいですね。

(那須) うわ いいですね!

(那須) いつまで やっとんねん。

<それでは…>

(スタジオ:陣内) へぇ~
食べたことないな これは。

(敏行さん)
食べてみますか このへん。

で こっちの
ぴょって出てるほうを

お箸で つかむと
そのまま ぺろって取れる。

(那須) あぁ~ ホントや!

うわ 簡単に取れた うわ~。

いただきます。

(那須) 大輔さんや。

(中西) 軟らかくて
この香りがすごい 貝の香りが。

うわ~!

(那須) アサリに似てる?

(中西) アサリの この うま味の
倍みたいな感じですよね。

ぎゅ~って こう
凝縮されてる感じが。

これは…。

決まりやな。

<というわけで…>

さぁ いろいろ
見ていただきましたけども。

流星君 どうですか?

あれ よかったですよね
風磨も分からんって言ったよね。

ホントに?
すごい ハマってたよね。

(朝日) 確かに 安い。

塩 持って。

ということで
今回 スタジオにね

うまたれの手羽先と

マテ貝の炊き込みご飯を
ご用意いたしました。

(朝日) えっ 食べれるの?

はい これは もう
食べてもらいます 皆さんに。

いただきます。
マテ貝の炊き込みご飯。

どう?

奈央ちゃん どう?
マテ貝の炊き込み。

手羽先 いいですね ニノの。

すごっ。

これ 水もね 日田天領水だわ。
いやいや 恐らく 違います。

日田の…。

知ってますよ
僕も 注文してました。

(朝日) ちょっと待ってください。

どう? ニノ。

うまたれ やっぱ 違う… 大分は
唐揚げ文化なんですもんね。

違う? やっぱり。
全然 違う!

そんな
おいしい手羽先が食べれるなら。

<この後…>

はめられてない!

<できたら…>

横浜流星さんのご所望が
カニでしたので

タラバガニをタレに漬けて
乾燥させた高級珍味…。

…と ユースケさんのご所望

創業100年以上の老舗
浅草 雷門の前に 店を構える

亀十の どら焼の 特別セットです。

その代わり 5人連続クリアね。

いや ただ…。

そういうの引いてくれたら
みんな苦手のを補って行ったら

行けますんで。

…っていう手もあるんです。
あります あります。

2番 俺 行くわ。

(菊池) どういう流れで
そうなったんですか。

2番。

全然 余裕。
(菊池) よしよし。

よしよしよし。

<4つの玉が連なった
ピース2本と

3つの玉が連なった
ピース4本を組み合わせ…>

(菊池) 全然 見てなかった 今。
(朝日) OK 分かった?

この競技の平均値
行きましょうか。

風磨君 こちら。

(朝日) 行ける行ける。
こりゃ行けるよ!

えっ これ 何?

よし よしよし よしよし。

行ける 行ける。
はいはいはいはい。

もう簡単。
できた? できたんじゃない?

(朝日) できた?

1分です 1分12秒48。
できた?

さっき一瞬できてなかった?
(朝日) できた?

考えて。

さっき 一瞬できてたような気
したけど。

4は立てんじゃない? 真ん中で。

絶対そうでしょ。

数が…。

大丈夫 大丈夫。
(菊池) 何?

1分12秒48です 風磨。
ヤバい ヤバい。

(朝日) いいかも。
このさ…。

それは もう考えて。
(朝日) 写真がな あればな。

さっき見てなかったからな。
風磨?

行ける 行ける 行ける 行けるよ。
(朝日) 風磨さん。

(朝日) それか 見た目で。
大丈夫 大丈夫。

今 何分でしょうか
僕は見てます 風磨。

あっ。

(菊池) 全然 分かんない。
(朝日) 風磨さん。

風磨?
さぁ 風磨。

さぁ 時間が刻一刻と。
(菊池) 全然 分かんない 何?

俺 正解… ごめんなさい
正解が分かんないんだけど。

(ゴング)
はい 終了!

おい~!
(菊池) 何 これ。

風磨…。

これ 立てんの?

<パズルを解く…>

(菊池) で こうじゃない?
こういうことでしょ。

(朝日) 行けたじゃん。
そういうことやった。

よっしゃ! やった~!

よしよし よしよし!
ダメです!

風磨 子どもの図形パズル 失敗!

何か…。

(朝日) これは ちょっと難し過ぎ。

ズルではない。

(朝日) 監督 優しい。

(朝日) 怖っ!
勝手やな。

(朝日) いやいや いやいや!
ユースケさん 行きましょう。

この野郎!
何番?

3番。
3番。

<体感だけで…>

平均値 行きましょうか こちら。

(朝日) ホントに お願いしますね。

ユースケさんの挑戦です。

ボケないで ホントに。
はい。

お願いします。
(朝日) ホントに。

10kg 10kg。

終わったら
僕に貸してくださいね。

いいですか OKですか。

お願い!

大丈夫 絶対 大丈夫。

結構 大きいから この誤差は。
さぁ 行きましょう。

ユースケさんの測定結果。

ちょっと待って 待って 待って。

全然 ボケてんじゃん!
違うんですよ。

(朝日) もう ボケっ放し!
ダメだって もう。

ユースケさん 失敗!

(朝日) これはヤバい ヤバい。

(菊池) 結構やってますよね。

3人目。

ニノ ここは マジで行ってね。
(朝日) ホント お願いします。

<次回のゲストは…>

(平野) 自宅にも 冷蔵庫の横に…。

ちょっと待ってください。

<ずっと やりたかった…>

(吉村) え~!

さぁ ニノ。
1番。

来た ニノ!
(菊池) これは行ける。

平均 行きましょうか こちら。

余裕だね。
以前 奈央ちゃんが失敗しました。

(朝日) すごい。

(朝日) お願い!
ニノの挑戦です。

頼むぞ。
OK 任せてください。

(朝日) 早い。

いいよ いいよ。
(菊池) 乗った 乗った。

いいよ。
(朝日) うまい。

何やらせても うまいんだよ。
乗った 乗った。

(ゴング)
ちょっと待って!

今のはギリやけど…。

ギリギリセーフ!
お~!

(朝日) 何秒? 何秒?

(横浜) さすがです。
ちょっと俺 遅かってん 押すのが。

ギリ? 危ねぇ。

(陣内の声) いや 今の マジで
ギリやったと思います。

危ねぇ!
ということで 成功!

(横浜) ありがとうございます。
(拍手)

さぁ あと4つですよ。

順番で行ったら だから…。

CM女王。
(菊池) 来た。

(朝日) いいですか?
はい。

10番。

こちらです どうぞ。

<腕の裏にのせた…>

(スタジオ:朝日) いやいやいや。

<ご覧のように…>

<…できれば成功>

<果たして…>

平均 行きましょうか こちら。

でも 私 あの ほら…。

(菊池) 確かに。
そうね。

ハハハハ!
生まれてこの方。

ただ 今の…。

(朝日) 監督 じゃあ
言わないでください。

では 行きましょう
朝日奈央ちゃんの挑戦です。

ジャっとね ジャっ。

下に落とすんだよ。
はい。

(コインが落ちる音)
大胆に行かなきゃ。

まずは失敗。
(朝日) すいません。

(朝日) はい。

(朝日) そうですね 大丈夫。

今までも。

よし 行ける!
では 行きましょう。

朝日奈央ちゃん
2回目の挑戦です。

いいですよ
もう 自分のタイミングで。

分かった 分かった。

自分のタイミングでいいよ。
世界大会みたい。

行きます。

(コインが落ちる音)
全然無理だ。

(陣内の声) 2回目 失敗。
(菊池の声) 全然ダメよ。

(二宮の声) 全然ダメだよ。
(朝日の声) 待って すいません。

いや 俺!?

(菊池) 何 何!
(朝日) 陣さん すいません!

<出動!>

(菊池) アピールしだしたもん。
ということで まいりましょう。

腕の裏コインキャッチ
ラストの挑戦です。

(コインが落ちる音)
無理やわ!

流星君 お願いします。
頼むぞ 流星君。

池井戸 潤さん原作の
『アキラとあきら』が映画化します。

僕と竹内君が演じる 正反対の
人生を歩んで来た2人のアキラ。

僕は流星君演じる彬と確執のある
叔父 晋を演じています。

2人は さまざまな危機を
乗り越えられるのか?

(2人) ぜひ劇場でご覧ください。

こっからの逆転をね。

4 あっ!
これ行っちゃったね 流星君。

まさか。

<ご覧のような…>

2段トランプタワーは…。

これは時間あります
さぁ 流星君…。

いやいや もうダメ。

でも 確かに…。

57秒58やから
ゆっくり冷静に。

2段タワーですから。
はい。

さぁ 行きましょう
横浜流星君の挑戦です。

(朝日) 頑張って。
集中 集中。

集中したら できちゃうから。
ホントっすか。

(横浜)
これの時点で震えるんだよな。

集中 集中 集中 大丈夫
時間 たっぷりあるから。

(菊池) 緊張感が だって
スタッフさんの家族とは違うもん。

(朝日)
だって あんな明るいとこで。

みんな ワイワイやってたね
大丈夫よ。

できるもんですか?
できる できる。

(菊池) どうせ ミカン食いながら
やってたんでしょ だって。

(朝日) 絶対そうだ。
57秒あるから。

滑りますね。
(菊池) ちょっとね。

(菊池) やってますね 完全に。
成功させる気がないんじゃないか。

やられてるんだ。
これは…。

大丈夫 行ける 大丈夫だから。

大丈夫よ まだある 時間。

(横浜) こういうことか。
(ゴング)

終了!
(朝日) え~!

ちょっと待ってくれ。
(朝日) 誰もできないよ これ。

さぁ こっから でも…。

あ~ まぁまぁまぁ…。

<というわけで 残った競技から
自信のあるものを逆指名>

<ここからは
一度の失敗も許されない>

確かに まぁ でも 行けるか。

できるよ これは。

<乱雑に置かれた…>

<果たして…>

さぁ この競技の平均値…。

(菊池) 早いです。
行くよ。

失敗したら大変だよ。
探していただくのは こちら!

ダイヤの8。

さぁ 行きましょう
朝日奈央さんの挑戦です。

あるじゃん。
ないない 今 まだ。

失敗したらダメよ。
近づかないでください。

あるぞ あるぞ。
もう1回 横浜流星で。

(朝日) ダイヤの8。
あった あった もうあった。

感じろ 感じろ。
11秒50ね。

あった!
(菊池) OK!

さぁ 時間は 8秒30 成功!

(菊池) ナイス!

(拍手)

やったね 奈央ちゃん。
(菊池) きんに君だ。

これ成功しました。
(菊池) ナイス。

さぁ 次 誰 行く?

分かりました。
流星君 これね。

ピンポン球グラスキャッチ。

VTR どうぞ。

(スタジオ:朝日) 行けそう 行けそう。

さぁ この競技の平均値
行きましょう 流星君 こちら。

そういうことですね。
3回の間に入れたら行けますから。

ねっ 下手したら。

これ 流星君 いいんじゃない?

勝手に 遠心力で。
はい そうっすよね。

さぁ スタンバイしてくださいね。

それでは 横浜流星君の挑戦です。

成功!
(菊池) ナイス!

カッコいい!
(朝日) ありがとうございます!

やりました!

カッコよかった
流星君 見事 成功です。

これ これ。
(横浜) やった!

見たかったの これ。
(朝日) よかった。

さぁ ユースケさん。

分かりました 分かりました。

そう
競技 見ましょう こちらです。

<2段に重ねた紙コップの間の
紙を引き抜き…>

(スタジオ:陣内) 行ける 行ける。

大丈夫?
(二宮:朝日) あっ。

ユースケさん
ちょっと やられたかもしんない。

平均だからね やっぱ。

それ だから やっていいから。

いいですか ユースケさん
紙コップクロス引き 行きますよ。

ちょっと待って 軸 ズレてたから。
平均…。

だから ユースケさん…。

よし OK。
自分で それ調整してくださいね。

それでいいですか?
4回あれば。

それでは
ユースケさんの挑戦です。

そうね 軽い気持ちで。
軽い気持ちで。

なるほど。

でも ちょっと 何か
未来 見えた気がする 今 何か。

<しかし 続く2回目と3回目も

あえなく失敗>

さて 追い込まれました。

これは マジで…。

全部ね こう落ちてたから
たぶん ちょっと…。

(朝日) なるほど。
(菊池) 確かに。

座って やりますか?

3回 やってたやん。

浮いてる…
全部 こっちに落ちてるからさ。

さぁ 行きましょう
ユースケさん 最後の挑戦です。

じゃあ これで行きますよ
これで行ってたから。

(笑い)

(朝日) 惜しかったけどね。

救済 ないよ。
ちょっと待って 確かにね…。

(菊池) それは まずいわ。

(朝日) 陣さ~ん。
陣 陣 陣 陣!

陣 陣 陣 陣!

のためにも…。

泣きの1回 陣内さんの挑戦です。

(歓声)

やった~!
(菊池) すげぇ!

やった~!
危ない 危ない。

(菊池の声) マジで。

(朝日) マジ すごい!
さぁ ニノ 行こう。

<…のがルール>

<果たして…>

さぁ ニノの足タオル落とし
行きましょうか 平均 こちら。

さぁ これ ニノ
何となく分かりました?

(菊池) 画角に入ってないし。
(朝日) ださい。

(菊池) 指スマしてました? 今。

指スマしてないよ。

何や そのポーズ。

さぁ ニノの挑戦です。

行ける 行ける。

お~ 早い!
(朝日) さすが! さすがです!

(菊池) 早っ。
(朝日) うわ カッコいい。

(菊池) 指スマしてる。
(朝日) あっ カッコいい。

(二宮の声) 早かったよね?

(朝日) ナイス!
よっしゃ よっしゃ!

さぁ 行きましょう 風磨の
ペットボトル 割り箸ダーツ こちらです。

これ超ムズいんだよ。

<床に置かれた…>

<ちなみに 以前…>

(スタートの合図)

(一同) うわ~!
(菊池) めっちゃ惜しい。

<誰1人 成功できず>

<果たして…>

平均値は…。

(菊池) 5回はウソじゃない?
ということで…。

ニノさんファミリーに…。

(菊池) 俺だって持って帰りたい。

ダメだ 全然ダメだ。
アカンで。

さぁ 行きましょう
菊池風磨君の挑戦です。

(菊池) ん~。
(朝日) 全然 大丈夫。

(二宮の声) 当たった 当たった。
(陣内の声) どこに落ちたか見た?

(菊池の声) ここら辺でしたっけ?

風磨君 2回目の挑戦です。

(横浜) でも 当たってます。
(朝日) 惜しい。

激おしくんよ。

(陣内の声) さぁ 風磨…。

もっと こっち。
(朝日) あっ 風磨さん。

(菊池) 何?
横から見ると もうちょい こっち。

(菊池) こんぐらい?

OK OK。
(朝日) 何か もうちょっと…。

(菊池) こう?
(朝日) それで もうちょっと前。

行きます 菊池風磨

3回目の挑戦です。

これで 落ちるとこ見よう。

来た~!
(歓声)

やった~! すごい!

(菊池) よっしゃ!

見事…。

(朝日) すごい!
あ~ よかった~。

(朝日) さすが! 決める男!
やった!

ということで…。

全員に差し上げます!

やった~ ありがとうございます!

お持ち帰りです!

めちゃくちゃおいしそう これ。
(横浜) ありがとうございます!

(菊池) デカい 今の。
最後 風磨 決めたね。

めちゃくちゃ緊張した。
最後 風磨 よくやったね。

決めましたね。

入った瞬間の快感が忘れられない。
(陣内の声) あの音がよかったね。

(菊池の声)
ストンって入りましたね。

<TVerでは 『ニノさん』の
最新話が無料で見られます>

<そして Huluでは

本日の放送回も 過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>