ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【群馬】名物!?寿司桶もりもり焼きそば…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【群馬】名物!?寿司桶もりもり焼きそば

ドア要注意!!爆音ブザー焼きそば観光地化【秋田】マシンガンサービス!!ラーメン・メロン付きにぎり寿司1210円▼山奥ハッピー食堂!!名物スタミナ丼 ダブルチョモって!?

出演者
【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】児嶋一哉(アンジャッシュ)、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、三山凌輝(BE:FIRST/RYOKI)
URL
https://www.ctv.co.jp/omouma/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 児嶋
  2. ハハハ
  3. 三山
  4. 大雅D
  5. 川村
  6. マサ
  7. チョモ
  8. ピピピピ
  9. ダメ
  10. 面白
  11. 川添D
  12. 無理
  13. 結構
  14. 店主
  15. 電波
  16. 本当
  17. オーナー
  18. Wチョモ
  19. ヤバイ
  20. 人前

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



<テレビの前の皆さん>

<日本の とある山奥で
見つけました>

(児嶋)どこだ?
(ヒロミ)山だね。

(小峠)結構 山ですよね。
結構 山だよ。

ねぇ。
(児嶋)どこの山?

でも はやってるじゃん。
うわ~っ うわっ すごいね。

はやってるじゃん。
(児嶋)どこだ?

どこ?これ。

渋いね。
渋いね。

(児嶋)確かに 何だろうね?
年季が入ってる お店。

うん。

(児嶋)お~っ!味がある お店。

そば屋かな?
(児嶋)そば屋さんですか?

あ~っ ねぇ
そばっぽいですよね。

うわっ すごいね ここ。
(児嶋)大人気だね。

(三山)繁盛してる。
(児嶋)何だ?あれ。

何か そこそこ でかいよね。

(児嶋)牛丼?

(三山)もう おなかいっぱいそう。

確かにね[笑]ちょっと きてるね
もうね。

(児嶋)結構 残ってるけど まだ。
ねぇ だいぶ序盤ですけどね。

(三山)ハハハ…[笑]

無理でしょ さすがに これは。
(児嶋)まだまだ 残ってるのに。

これ もうタップする前だよな。
あ~っ そうですね[笑]

(児嶋)もう 無理無理…って。

うわっ。
(児嶋)うわ~っ。

あっ カレーも 乗ってる。
(三山)カレー?

(川村)牛丼?
何?これ。

何ですかね?
スタミナ丼みたいなの?

スタミナ丼かな?

(川村)豚か。

しょうが焼き?
(三山)しょうが焼き丼みたいな。

肉 切ってないもんね。
なるほどね。

(川村)確かに スタミナ丼…。
(三山)あ~っ…。

(児嶋)「チョモ」って何?
「チョモ」って何なんだろう?

(川村)ハハハ…[笑]
「チョモ」ってあるのかな?

(児嶋)しょうがガッツリ。

(三山)あっ でも
しょうがが 入るんだ。

しょうがも まんまだもんな。
うん。

(児嶋)うわっ うまそう!
(川村)うまそう。

(児嶋)このタレ うまそう。

え~っ!
うわ~っ。

でかい丼だなぁ これ。

ラーメン丼も これ
でかいやつ じゃない?

いや 結構でかめですね。
(児嶋)結構いくね。

「チョモ」って何なんだよ。
(三山)ハハハ…[笑]

(川村)超盛り?
「チョモ」って何だろうね。

(児嶋)「チョモ」の説明してよ。

もっとってことが「チョモ」なの?
(川村)あっ そういうこと?

(児嶋)ちょっと こんな入れる?

どこの表現なんだろう
「チョモ」って。

あっ いくね。
いや~。

(三山)え~っ!(児嶋)3合半。
結構よ。

うわうわ…。
(川村)うわ~っ!

(三山)あ~っ しょうが焼き。
いやいや…。

これは うまいだろうけど。
うん。

(児嶋)これ うまいですよ。
(三山)これは。

「チョモ」って だから。

説明してから使ってくれよ!
(三山)ハハハ…[笑]

1回 言ってから
ずっと引っかかってるんですよね

「チョモ」が。
(児嶋)「チョモ」の説明 入れて。

(児嶋)あ~っ いいね!
あ~っ それに?

ここに カレーいくんだ。
(三山)あっ カレー?

(川村)そういう感じ。
チョモカレー?

(三山)チョモカレー?
(児嶋)チョモカレーね。

(川村)チョモカレー[笑]
(児嶋)チョモカレー?

チョモカレーキムチ?
チョモカレーキムチですね これは

なに?これ。
(児嶋)チョモカレー キムチのせ。

どういうこと?

<チョモ!いくら?>

「あいがけ丼(チョモ)」
山奥っていうの やめないかな。

あ~っ。
1100円。

うん 1300かな。

「あいがけ丼(チョモ)」
(三山)え~っ どうなんだろう?

(三山)え~っ!1400。
あ~っ まぁまぁ…。

まぁまぁ そりゃ そうだな。
ねぇ。

(三山)ハハハ…[笑]

完全にギブだな。

(児嶋)めちゃくちゃ
残ってるんだけど。

めちゃくちゃ残ってますよね まだ
知らないで入っちゃったのかな?

多分 知らないんじゃない?

(児嶋)ハハハ…[笑]

そうだな みんなが「チョモチョモ」
て言ってるから。

「チョモ」って言ってるから
じゃあチョモで!みたいな。

(児嶋)言っちゃったんだ[笑]
「チョモ」って言ったら出てきた。

ハハハ…[笑]
(三山)あっ 持ち帰ろうとしてる。

ハハハ…[笑]

もう「チョモ やめといた方が
いいよ」と思ったんじゃない?

(三山)「あれチョモだって」

ハハハ…[笑]みんな そうだな。

ハハハ…[笑]

そうか。

チョモ?って聞いてるのは
あれなんだ。

もっと?っていうことを
聞いてるから

「チョモ?チョモ?」って…。
あ~っ そういうことか。

(児嶋)そうか もっとってこと。
もっとのこと あ~っ。

「もう ちょっと」みたいなのに
かかってるんですかね。

(三山)方言とかなんですかね?
あ~っ そうかもね。

「もう ちょっと」「もう ちょも」

それ短くして「チョモ」?
(児嶋)「チョモ」

「もう ちょっと」を?
(児嶋)「もう ちょっと」を。

(三山)ただの
ギャグじゃないですか。

「もう ちょっと」「チョモ」

(三山)押し込みますね。

押し込んじゃダメだよな。

計算も できないよな。

いやいや…。
(三山)お~っ すげぇ。

(川村)おっ 定食。
(三山)うわっ すごい。

(川村)あ~っ おいしそう。
しょうが焼き定食もあるんだ。

(児嶋)うわっ!
なに?これ。

(児嶋)フタ…[笑]

もう おひつで出せばいいのに。
ねぇ。

(三山)えっ!(川村)え~っ?

これ チョモ?
(三山)これヤバイよ。

<チョモ いくら?>

これ若いのは いけるのかな?
(三山)いや これは…。

(児嶋)いや いけるんじゃ
ないですか?若い子は。

いや これ すごいよ あの盛り方。

いや これは いけないよな
この ご飯。

(三山)これは すごいですね。
(川村)ヤバイですね。

(児嶋)ハハハ…[笑]
あ~っ これ?

いや いってるね。

いってるよ。

いけるのかな?これ。

(三山)あっ ご飯。
ご飯いくしかないもんね。

(川村)米粒ついてる。
(児嶋)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(児嶋)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(児嶋)ちょっとバランスがムズイ。

まず みそ汁と ご飯だけで
半分ぐらい減らさなきゃダメだよ。

(児嶋)だいぶ最初いかないと。
うん。

(児嶋)ねぇ あれ付いてるよね?

(三山)付いてますよね?
あ~っ あれ 鼻に付いてるな。

いいね いいよ。
ハハハ…[笑]

(児嶋)ハハハ…[笑]

とんでもねぇもん
頼んじまったなっていうね。

普通 付かないもんな
しょうがないよね

この食べ方だもんね 付くよな。
もう こう いっちゃうと付くか。

(児嶋)鼻の下は
あんま付かないよな。

ハハハ…[笑]
(三山)もう箸 使ってないもんな。

ハハハ…[笑]
(児嶋)そのまま。

もうパンパン[笑]

気持ちいいね この人。
笑っちゃってるもんな。

(三山)ハハハ…[笑]

(児嶋)わ~っ 直で いった!

おにぎりじゃん もう。
うん。

(児嶋)直で いってる。

(川村)えっ さらに上?
いやいや…もう すげぇな。

(川村)さらに上だ。
(児嶋)うわ~っ!

ウソでしょ?
そこに乗せるの?

(児嶋)え~っ!(川村)すげぇ。
お~っ!

<このお店 どこだ?>

これ東北でしょ。

ねぇ 何か しゃべりは。
あ~っ 東北の方かな。

東北じゃない?
(児嶋)北の方ですか?

あ~っ 本当だ。
(三山)あっ 秋田。

(児嶋)本当だ。(川村)へぇ~っ。

(児嶋)あ~っ いいとこ。
いや~ すごいとこだな。

(三山)いいとこ。

「山の五代」

すごいとこだな。

(児嶋)うん トンボ。
(川村)ハハハ…[笑]

ハハ…[笑]いいよ。

(スタッフ)トノサマバッタ?

あ~っ バッタだ。

まぁね。

(児嶋)うわっ!
おっ!?

えっ クマ?
(児嶋)イノシシ?クマ?

タヌキか。
タヌキか。

いや クマもいるよね。
ねぇ いそうですね。

(児嶋)いや いそう いそう。
でかいな あのタヌキ。

(児嶋)タヌキいるんだ。

[スマホの呼び出し音]

ハハハ…[笑]

(スタッフ)聞こえますか?
[通話の切れる音]

(児嶋)あっ 切れた。
(三山)電波 悪い。

[スマホの呼び出し音]
(児嶋)電波 悪いのかな?

[スマホの呼び出し音]
あっ 電波 悪いんだ 山だから。

あ~っ
それぐらい山奥ってことね。

(児嶋)ハハハ…[笑]

(川村)あっ もう つながらない。
(スタッフ)もしもーし。

見せられてる方 たまらないですよ

ハハハ…[笑]

(三山)ハハハ…[笑]

これ あるよな たまに でも。

(児嶋)あるけど
これ見せる必要あるの?これ。

いや そうなんですよ
(児嶋)切りゃいいのにね。

切りゃいい 切りゃいい。
(児嶋)何で見せるの?これ。

切りゃいい話。
(三山)ハハハ…[笑]

携帯は もうダメなんだ。
あ~っ。

(児嶋)圏外か。
何なら通じるんだろう?

うん ねぇ どこだ?

[スマホの呼び出し音]

(スタッフ)もしもし すいません。
あっ タイガ。

(児嶋)タイガ。
タイガか。

(スタッフ)今 聞こえますか?
(児嶋)うん つながった。

(スタッフ)すいません ちょっと
携帯 変えました ごめんなさい。

電波が多分あれで。
あ~っ お花担当ね。

(川添D)あ~ ごめん もしもし。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

どういう会話なんだ。

ハハハ…[笑]

(児嶋)何だ?これ。

(大雅D)うろ覚えなんですけど。
(川添D)あ~っ!

(大雅D)はい。

(大雅D)圏外の店。
何だよ それ。

(児嶋)統計的に そうなんだ?
(大雅D)あっ そうなんですね。

すごいね。

(大雅D)いや あの…。
(児嶋)「どうした?」

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(大雅D)さっきの電話は
それこそ…。

「めっちゃいいじゃん」[笑]
(児嶋)いいんだ?

「不便だね」じゃないんだ。
(三山)めっちゃいいんだ。

もう お前たちの会議
何の会議してるんだよ。

どういう会議してるんでしょうね
本当に。

あっ。

おい お前 もうちょっと前に
言ってやれよ。

そうね。
(児嶋)ハハハ…[笑]

あ~あ。もう しょうがないよ。

お前が
見つけられなかったんだから!

うん まぁ そうですね。
(川村)ハハハ…[笑]

タイガが やるしかねぇだろ。

(大雅D)そうですね
仕入れのお買い物とかは

一応 付いていったりとか。

あ~っ それは もう…。

横取り。横取り気分?

ダメだよ 横取りダメよ?
そうですよね。

いや それは もう
タイガが やってますからね。

(三山)何の話ですか これ[笑]

ハハハ…[笑]いや ダメですよ!

ダメですよ これは もう
タイガ君が やってるんだから。

切っちゃえ!もう切っちゃえ 電話
電波 悪くなれ!

(三山)電波 悪い 電波 悪い。

(児嶋)ダメよ 切ったら。
もうこれ 切るしかないよな。

電波 悪いフリしてね。
「はい えっ?はい!」ってな[笑]

(児嶋)それはバレるから。

すげぇな。
(川村)さらに上だ。

(児嶋)うわ~っ!
ウソでしょ えっ?

上に乗せるの?
(児嶋)え~っ!

すげぇ!
(児嶋)うわ~っ「Wチョモ」

(川村)マジで?

ハハハ…[笑]

(三山)ヤバイですよ。

Wチョモは ダメでしょ。

食べれるのかな?若い子だと
お前たちだと いける?

(三山)いや
これは さすがに ちょっと。

いけないか。
(川村)いけなくない?

(三山)いけるかな?
(川村)わからん。

(児嶋)さすがに無理?

(三山)もう砂の城みたいに
なってますね。

なかなかだよな これ。

おじさんだったら
これ6人ぐらいだろうね。

(児嶋)そうですね。
うん。

(児嶋)それぐらい いないと
食べれない。

多分チョモ この人数でいって
やっとじゃない?

あ~っ ちょうどいいぐらいかも
しれないですね。

(児嶋)そうですね。
うん。

(三山)この人数でいけば。
(児嶋)おいしそう。

うまそうだな。
(児嶋)うん。

行ってこいよ 児嶋 ここ。

(児嶋)行っても
絶対 食べきれないから。

もう これぐらいで いいよ。

行ってこい お前…

(児嶋)何で 電話[笑]
どうせ出ないでしょ。

ハハハ…[笑]

(児嶋)うわっ そんなに詰めて。
(三山)すごい。

すごいね これ 押し込むのがね。
ねぇ。

(児嶋)押し込むんだよな。
このね 押し込むから やっぱり。

(三山)確かに。
相当だよ これ。

密度すごいですよね これね。
(児嶋)相当な量だ これ。

普通こういうの
押し込まないじゃん。

(児嶋)押し込まないですよね
ふわっと…。

ふわっとね。
(児嶋)ふわっと入れるだけだけど。

いや~ すげぇ!
(三山)これは すごいな。

だって俺 この小鉢じゃなくて
この おわんでいいもん。

うん いや そうですよね。
(三山)確かに 確かに。

(児嶋)あれでも相当な量よ。
おわんでも食べ切れないかもな。

(児嶋)いや 多分 無理ですよ あれ
(三山)米 6合?

うわ~っ。
見たことない絵面だな これ。

目玉焼き うめぇな。
(川村)6合か。

うわっ!
(児嶋)ニンニク。

(三山)ニンニクおいしそう。
(児嶋)Wチョモ怖い。

あと乗せのニンニクなんだ。

いや これ すごいよ。

<さぁ いくら?>

(三山)「Wチョモ」[笑]

Wチョモは ダメだね。

でも値段 変わらないじゃん。
(三山)変わらないですね。

(児嶋)本当だ 1400円。
ねぇ 安いですね。

すげぇ。
(三山)いや うまそう。

あ~っ。

あっ 出た。
(児嶋)あっ 出る?

出た。
(児嶋)断面?

ねぇ 断面。
お前たちさ

それ もう回るテーブル
作ればいいじゃん。

ハハハ…[笑]

毎回やってるんだから。
断面用のね。

(児嶋)お~っ 断面 下は汁が…。
あっ 染みてますね。

いや 染みてるな。
あ~っ。

(児嶋)いいな 分かりやすいな
やっぱ断面。

(川村)断面 分かりやすい。
断面ファンいましたね。

(三山)ハハハ…[笑]

Wチョモなんだもん。
(児嶋)いや 絶対無理。

絶対 無理だな。
(児嶋)絶対 無理ですね。

うわっ いってるよ。
うわっ いってるWチョモ。

(児嶋)いけるの?

いけるのかよ。

うまいけどさ。
うん。

(児嶋)いけるかな。

さぁ どうだろう?
さぁ どうなの?

(児嶋)進み具合で分かるよ。
30分 たって。

(三山)ハハハ…[笑]待って これ。

(川村)頭 抱えちゃってる。
(児嶋)うわ めちゃくちゃ残ってる

残ってますね。
ねぇ。

チョモで よかったんじゃないの?
チョモで よかったですね。

なぁ[笑]

シングル チョモが。
(三山)ハハハ…[笑]

1個目だけだもんな。
ねぇ。

(三山)確かに おにぎり…。
(児嶋)いや もう無理だな これは。

(三山)冷や汗かいて もう。

ハハハ…[笑]
(児嶋)こんな悲しい顔して。

みんな すげぇな。

(児嶋)「なんで 頼んじまったんだ」
て顔してる。

ハハハ…[笑]
(児嶋)「俺は 何て注文をしたんだ」

(川村)くらってる[笑]
ハハハ…[笑]

いい顔ですね!
いい顔。

いい顔ですね これは。
いい顔!

ハハハ…[笑]

(児嶋)後悔しすぎだよ!これ。
ねぇ[笑]

(児嶋)やっぱ 頼んだからにはって
いうのが あるんじゃないですか?

何と戦ってるんだろうね?
(川村)ハハハ…[笑]

面白い。

お持ち帰りで いいんじゃない
お持ち帰りで。

そうですよね[笑]

もう泣きそうだもんな。
(児嶋)そんな悲しい顔しないで!

すげぇな。
あ~っ 面白い。

へぇ~。

ごちそうさまでした!
やっぱ 子どもたちもな ちょっと。

ねぇ。
(大雅D)もらえました?

すげぇ くれるな!ハッピーターン
(児嶋)ハッピーターンだ。

(大雅D)皆さんで分けるんですか?
うん。

(児嶋)うれしいね。

あっ!
そうか。

「戻って来い」のハッピーターンの
「ターン」ね。

面白い。

素晴らしい。

(一同)ハハハ…[笑]
(三山)まだ食べてるのか[笑]

ハッピーじゃねぇな。
(児嶋)そんな悲しい顔しないでよ。

(三山)限界でしょ。

この人は もう
戻って来ないでしょうね。

(児嶋)ハッピーターン しないかな
ハッピーターンしないんじゃないですか?

(児嶋)やっぱ 残したくないんだな
ハハハ…[笑]

(児嶋)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(児嶋)もう無理ですよ これは。
ダメか?

(三山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(川村)くらってる[笑]
ハハハ…[笑]

<話は変わり>

<同じ秋田県で
もう1軒 見つけました>

「一心」

(大雅D)そうです。
≪ねぇ?

なぁ?

…だよな?

明るいな。

ハハハ…[笑]

(大雅D)ありがとうございます。

(三山)うわっ!おいしそう。

いいね。
いいね。

うまそうだわ。

(児嶋)え~っ!(店主)汁物。

(大雅D)おわん物ってこと…?
(店主)おわん物。

(大雅D)分かりました。
≪サービスです。

(児嶋)急に大声 出すから
びっくりするんだよな。

(三山)お~っ!
(大雅D)ラーメンですか?

(店主)稲庭中華麺。
(三山)うわっ おいしそう。

(川村)あ~っ おいしそう。
うまそうだな。

(児嶋)うん おいしそう。
(三山)これ おいしそうだな。

いいね!いいね。

(児嶋)何ですかね?

あら。

えっ 何?

(児嶋)あっ 生ハムメロン?
(三山)デザートまで来てる[笑]

へぇ~。

ハハハ…[笑]
(大雅D)いや ダメじゃないです。

面白いな。
(児嶋)サービスすごいな。

(大雅D)そうなんですか?

(児嶋)えっ?
(店主)これは 秋田のアレだけども

こっちのほうの メロンは…

(川村)えっ?
(大雅D)違うメロンなんですか?

(店主)そうそう。
(大雅D)いいんですか?2個も。

(店主)いいよ 食べて。

ウチの…

えっ?
(児嶋)え~っ?

え~っ?[笑]

(児嶋)ハハハ…[笑]
(三山)命令なんだ。

(児嶋)なんだ?
帰らせたくないのかな?

うわっ すげぇな!
(児嶋)うわっ うまそう!

えっ?ちょっと お土産にしては
多いよね。

<これだけ付いて
さぁ いくら?>

いや 結構な量だけどな。

4000円!もう。
(川村)結構する…。

えっ!はぁ~ これ安いわ。
(児嶋)安すぎでしょ!

<ヒューマン グルメンタリー
オモウマい店>

<今夜も どうぞ
よろしくお願いします>

そうか きょうは みんな
ダンスチーム系だな。

お前も 踊るもんな?
(児嶋)踊らねぇわ!

(ヒロミ)4000円!もう。
(川村)結構する…。

(小峠)えっ!はぁ~ これ安いわ

(児嶋)安すぎでしょ!

あ~っ 安いね。
(三山)安い!

え~っ?
どうやって やっていけるの?

(児嶋)本当ですよ。

(児嶋)赤字でしょ これ。

(店主)また来てください。
≪また機会がありましたら…。

(大雅D)もちろんです。

あ~っ これは安い。

≪孫ですね。

(川村)早い。

孫までのスピードが はやいね。

お前 また こんなの見たら
せっちゃんが また

ヤキモチ やくんじゃないの?これ
あ~っ 多分そうですよね。

お前に なんで?
孫臭が あるのかな?

あ~っ あるんじゃない?
何かね。

何か 出てるんじゃないですか
やっぱり。

(大雅D)は~い また。

(三山)ハハハ…[笑]

やっぱ…

(児嶋)そうですね いるんですね。

(大雅D)おはようございます。
(店主)おはようございます。

ハハハ…[笑]

(三山)ハハハ…[笑]
へぇ~。

そうだな 勇気を持って
「いや 大丈夫です!」って

言っても よかった…[笑]
「別に見たくないです」

「大丈夫です 大丈夫です…」
(児嶋)いやいや。

そこは断っちゃ ダメ。
(川村)断っちゃう。

いやいや…もう すげぇな。

(児嶋)何?これ。

ここ すごいな!
(児嶋)すごいですよ 景色。

いい所。(店主)いいね。
(大雅D)いいですね。

えっ?何ていうの?これ
「かんぷうざん」?

何?何?
うわ~っ 確かに いい所だね これ

何?ここ。
(児嶋)すげぇ いい所じゃん。

(大雅D)遠足ですね 最高の。

何なんだろう?この孫臭。

(店主)…きょう。(児嶋)えっ?

えっ?

ハハハ…[笑]

はい いただきます。

へぇ~。
ちらし?

(三山)え~っ!
へぇ~!

いや これ すごいね。
(児嶋)無料で?

何?これ。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

へぇ~。

学生に 食わせてるんだ。

(川村)ハハハ…[笑]

本当に そうなんだろうな。
うん。

(児嶋)ハハハ…[笑]

なんで寝てるんだよ ごはんの前に

朝?
(三山)ハハハ…[笑]

(川村)そうですね[笑]
(児嶋)時間帯は どうなってるんだ

どういう アレなんだよ。
(川村)すごいな。

<秋田から
名古屋へ帰る途中

寄ってみました>

あそこだ。
あれ?

扉じゃないですか?
ピンポン?ピンポン?

(三山)あ~っ。

これ多分 扉ですよね?

うるさいやつだっけ?
「ピンポ~ン」

[ピピピピ…]
ハハハ…[笑]

[ピピピピ…]
これが 売りだったんだけどね。

[ピピピピ…]
これね!そうだ。

[ピピピピ…]
(児嶋)うるさい!
(三山)防犯ブザーだ。

これね。
(児嶋)これが 売りだったんだ。

(三山)「いいな この音」って[笑]
そんなことに なる?

これはね マスターが
奥に いるから。

この音を鳴らさないと。
(児嶋)なるほど なるほど。

1人で やってるんでね。

[ピピピピ…]
これ…[笑]

[ピピピピ…]
(児嶋)うるさい!

(三山)ヤバイな。
そうそう…入って閉めないと。

[ピピピピ…]
(児嶋)うるせぇ!

[ピピピピ…]
入って閉めないと。
そうなんですよね。

[ピピピピ…]
この音 最高だよな。

[ピピピピ…]
(児嶋)もう みんな
慣れてるんですね。

あ~っ おかしいな。

えっ 何 撮ってるの?

ブザー?
ブザー 撮ってるんじゃないですか

(児嶋)え~っ!

(三山)ハハハ…[笑]
(児嶋)え~っ!

…に なっちゃったよ。
すごいですね エアコンと。

神の音に なっちゃったんだ。
(児嶋)そんな すごいんだ。

(岡田)薄いハブラシはLION 《ハブラシ選びに大事件!》

♬~ 君の奥歯には磨き残しがある!

(女性)嘘よ!十分磨けてるわ!

現実を見るんだ!

隠れプラーク!? 君のハブラシは

ヘッドがぶ厚すぎて 奥まで届いてないんだ

でも君は悪くない

薄型のシステマなら 奥歯の奥まで届く

≪このヘッドの薄さが決め手!≫

≪奥歯のプラークまで システマなら ごっそり≫

≪きもちいい~!≫

♬~システマ
薄型ハブラシ! ワイドも薄型

(三山)お~っ すげぇ。
(ヒロミ)うわ~っ。

(川村)どんな?
あ~っ マスター大変だったな。

(小峠)ねぇ。
これで いくらだっけ?大皿。

1200円!安いね 6人前だよ?

<久々に 会いに行きました>

いいんだよ いいんだよ。
ハハハ…[笑]

お客さんじゃ ないんだよ。

(児嶋)なんで?話しかけちゃ
ダメなの?

≪マスター。
すげぇな。

すごいね。
スターだな。

(店主)あっ ハハハ…[笑]
元気で よかった。

(大雅D)お久しぶりです。

あ~っ。
(大雅D)本当ですか?

(児嶋)忙しいんだ。
へぇ~。

[ピピピピ…]
あ~っ もう いっぱいだ。

[ピピピピ…]
へぇ~。

(児嶋)5倍?
5倍。

(児嶋)「オモウマい」すげぇな
やっぱ。

[ピピピピ…]
なんだ?
(三山)防犯ブザー…。

そうだ。
(児嶋)うるさい。

えっ 何 撮ってるの?

ブザー?
ブザー 撮ってるんじゃないですか

(児嶋)え~っ!
やっぱ。

こうなっちゃうんですね。
エアコン第2弾に なっちゃったよ

エアコンと。
神の音に なっちゃったんだ。

(児嶋)そんな すごいんだ。

ブザーの写真を撮る。

[ピピピピ…]
ハハハ…[笑]

[ピピピピ…]
今…

[ピピピピ…]
あ~っ なるほどね。
(児嶋)録画。

[ピピピピ…]
面白いね。
(三山)早く閉めてって 怒られる。

[ピピピピ…]
世の中の人 面白い。

面白いね。

こういう人
いっぱい いるんだろうね。

[ピピピピ…]
(児嶋)ハハハ…[笑]

[ピピピピ…]

うるせぇな。
(児嶋)ヤバイ 慣れないな。

みんな 防犯ブザー…。
[ピピピピ…]

[ピピピピ…]
(児嶋)ヤバイ 面白い。
うるせぇな[笑]

[ピピピピ…]
笑っちゃうよな これ。

[ピピピピ…]
閉めてね。

(児嶋)ハマっちゃうな これ。
≪ほかの お客さん…。

(三山)ハハハ…[笑]
(川村)ハハハ…[笑]

ああなるよな
「すみません!」って なるよな。

なるね。
(三山)悪いことした気分ですね。

面白いね。
(三山)面白い。

ヤバイな これ
マスター大丈夫かな?

[ピピピピ…]
(児嶋)ハハハ[笑]ビクッとしてる。

[ピピピピ…]
ハハハ…[笑]
びっくりしちゃってるの。

[ピピピピ…]
(児嶋)ハハハ…[笑]

(大雅D)そうですね。

いや 恐ろしいな。

(児嶋)ハハハ…[笑]
(川村)ハハハ…[笑]

いや~ 面白いね。

それはね やっぱ急に
頼んでないもの 出てきたら。

(三山)ハハハ…[笑]
やっぱ こうなっちゃいますよね。

(児嶋)びっくりするね。
そうね。

(児嶋)こんにゃく?
何の説明も ないわけですからね。

(児嶋)何か 間違えたと
思ってるんじゃない?

そうそう…。
(児嶋)ねぇ。

(三山)ハハハ…[笑]
めちゃくちゃ戸惑ってる。

そうだよな 食べていいか
分からないよな。

そう 分からないですよね。
(児嶋)ねぇ 分からないですよね。

(児嶋)「私で いいの?」って。
いや そうね。

(児嶋)そうなるよね。
食べて 食べて。

(児嶋)忙しそうだから
聞けないしね。

(大雅D)ありがとうございます。

あっ 気をつけて!鳴るよ!
ねぇ 鳴る。

[ピピピピ…]
(一同)ハハハ…[笑]

[ピピピピ…]
かわいいですね かわいらしい。
(児嶋)慣れないね。

ビクッて なっちゃって。

(児嶋)そう 聞いたほうが いいよ。

あ~っ。
(児嶋)もう大丈夫ですよ 今ので。

いや~ いい人だ。
いい人ですね。

いい人。

あ~っ うまそうだな。
ねぇ。

(児嶋)おいしそう。

「うっま」
(三山)ハハハ…[笑]

うまいんだよな これ。
うん。

お待たせしました どっちかな?

遅くなりました。
(大雅D)いえいえ おいしそうです。

やっぱ 手伝いに
来てもらってるんだ ちょっと。

あ~っ そうですね。
(三山)うわ~っ おいしそう。

「じゃんぼ盛」安い!

(児嶋)安いな。
これぐらいだったら いけるかな?

いや これ無理じゃないですかね?
(児嶋)いや 無理じゃないですか?

無理かな?
(児嶋)3人前ですよ。

とりあえず 普通盛から
チャレンジさせてもらおう。

(三山)えっ!
いった!すげぇ。

(児嶋)すごい!(三山)すげぇ!

(マサさん)今回ちゃんと
アポ取ったからさ。

相手の方のさ。
それで 同じ市内なんだよ。

(マサさん)変な店じゃないよ。

もう だから あれだろうな。

「店 今度 連れてくるよ」とかって
言ってさ。

怖い!
ハハハ…[笑]

パンチあるな。
(児嶋)おっ なんだ?

常連さんだもんな。
ねぇ すごいですよね。

(大雅D)すみません。

あら。
(児嶋)たいちゃん すごい人気。

何なんだろうな?
(児嶋)大人気。

(三山)才能だな。
ねぇ。

なんだ?マサさんが多いな。
ハハハ…[笑]

(川村)確かに[笑]

(マサさん1)前は奥まで
止められたんだけど…。

マサさん マサさんだ。

(大雅D)すみません
ありがとうございます わざわざ。

(児嶋)どこだ?

(マサさん1)これ 外観ね ここ。

「焼きまんじゅう」

まぁ 群馬にあるのか
焼きまんじゅう。

(川村)ハハハ…[笑]
(大雅D)こんにちは。

≪あ~っ どうも どうも。
(大雅D)お邪魔します。

名刺か何か あれば。
(大雅D)名刺あります。

ありがとうございます。
すみません ありがとうございます

(マサさん1)それで娘さんがね…。

(大雅D)三郎さん。
(オーナー)よろしくお願いします。

さぶちゃん。
(大雅D)さぶちゃんさん。

(オーナー)はい どうも
ありがとうございます。

すみません ありがとうございます
(大雅D)こんにちは。

(児嶋)何だ?焼きまんじゅうって。

ハハハ…[笑]

どういう あれなんだろうな?
ねぇ。

まんじゅうって ちょっと
どうなんだろう?

(マサさん1)たいちゃん。

(児嶋)おやつ?
あぁ~ なんか。

でかいな。
群馬の方も あるよね。

へぇ~。

(児嶋)へぇ~。
(川村)これ おいしそうだな。

(三山)おいしそう。
はぁ~。

何でしょうね?みたらしみたい。

(三山)あぁ みたらし。
(児嶋)味噌だれ?

普通の まんじゅう自体を
焼いてるの?

あぁ 安いね 安い。
(児嶋)うまそう。

うまそうだもんね。

(マサさん1)おいしいのは
おいしいっていうんで…。

(オーナー)おいしいですか?
(大雅D)はい 味 濃くて。

はい。

(大雅D)はい 分かりました。
(マサさん1)慌てなくていいから。

(大雅D)分かりました。
(オーナー)焼きそば 食うんだったら。

(大雅D)なんですか?

(児嶋)えぇ~ 食べれる?
偉いね ちゃんと食べるの。

(マサさん1)よしこちゃん!

(三山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]道連れ。
大変だな。

(マサさん1)俺は いいから!
「焼きそばだから」っていう説明。

(大雅D)お父さん 食べないですか?
(マサさん1)俺はいい もう。

(児嶋)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
(オーナー)食べれる?

(マサさん1)これ食って ねぇ。

どこだっけ?泊まるとこ
決まってる?(大雅D)そうですね。

(マサさん1)帰って寝るだけなら
まぁいいっぺ。

いや なんで3個なの?
(児嶋)特盛3個?

特盛3個?
なんで 特盛3個なんだよ。

(マサさん1)別に酒飲んで
運転だから。

(三山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(大雅D)あっ そうですね
じゃあ いただきます。

(児嶋)すごい
キャラが濃いな みんな。

面白いな。
面白い。

(マサさん1)どうせだったら
2人で食えばいいから。

(川村)焼きそば?(マサさん1)これ
俺は頼んでないからね。

(三山)わぁ すげぇ!

うわ すごいね これ。
(三山)おいしそうだけど。

(児嶋)うまそうだけど。

「味わってみて」[笑]
(大雅D)多分 僕 食べきれないです

(川村)すごい量。
(マサさん1)食べれるだけ食べて。

うわっ!いや 結構だよ これ。
(児嶋)えぇ~!

これ1人1個?

ねぇ ハハハ…[笑]

(児嶋)本当だ。

(三山)でも おいしそう これ。

(川村)マサさん。(児嶋)マサさん。

(大雅D)おいしいですね。
(マサさん1)おいしいだろ?

ハハハ…[笑]

全く食べたくないでしょ だって。
(三山)ハハハ…[笑]

これなんか 若い頃に
なんか味わった

連れ回されるパターンだな。
いました[笑]

こういう人 いました[笑]
(三山)ハハハ…[笑]

こういう先輩 いるよな。

(児嶋)食べれないだろうな。

(マサさん1)あとは好みなんだよ。

(児嶋)おなか いっぱいだね もう。

そうよ さっき食べたんだからね。

(児嶋)そう そうだ マサさんも。

(マサさん2)ハハハ…[笑]

マサさんは もう あの人は…

ハハハ…[笑]
(児嶋)俺が食べるのは違うんだ。

こうやったもんね はっきり。
いや そうですよね[笑]

絶対 食べないんだから。

(マサさん1)車があるからね
それ用の車 持ってるんだよ。

移動販売車。

(マサさん2)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
箸 置いて。

(児嶋)みんな 止まったよ でも。
みんな 止まって[笑]

いや これ無理でしょ。
(児嶋)これ無理よ。

これは無理ですよ。

(マサさん1)…それもあるんだよ。

(マサさん2)あっ そうなんですね。
(マサさん1)そう。

中国のが ひどいよ。

国でさ その土地も家も
その住んでる人のものよ。

国のもんじゃねぇよ。

(児嶋)ハハハ…[笑]分かんないね。
ハハハ…[笑]

これ[笑]
(児嶋)ハハハ…[笑]

ずっと分かんないね。
ずっと分かんないですよね。

この会話。
(児嶋)ずっと分かんない。

(三山)もう持ち帰りになってる。

(川村)あっ 持ち帰ってるね。
持ち帰りね。

ハハハ…[笑]
(児嶋)あとで ゆっくり食べよう。

何の話 してるんだろう?これ。

(マサさん1)まぁ 別に忙しければ
どっちでも いいんだけどさ。

(児嶋)本当だよね
1つも入ってこないよね。

(三山)そうそうそう。
(児嶋)何でなんだろう?

ひと言も
分かんないんですよ なんか。

ハハハ…[笑]
(三山)完全に飽きてる。

(児嶋)何回も聞いてる
話なんじゃないですか?

マサさんの。

(大雅D)焼きそばが。
(オーナー)ダメだよ。

(児嶋)えぇ~!

(オーナー)だからさ きょうは…。

(マサさん1)いや だから
気持ちでいいんだよ。

ごちそうさまって それで
言ってくれればいい ねぇ。

(オーナー)俺んとこは。
(児嶋)そうなの?

えぇ~?
「取りたがらねぇ」

(オーナー)…うちは。(児嶋)えぇ~?
いやいや…。

(マサさん1)本当に おいしかった。

おいしかった ごちそうさまって
ひと言もらえればいいの。

ハハハ…[笑]

(児嶋)無理 無理
そういうことじゃないのよ。

むちゃくちゃだな。

えぇ~!
食べてるの?

(三山)マジで?
(児嶋)すごいな!

マジで?
いや お前たち やっぱ すげぇな。

ていうかマサさんも
食ってるじゃん。

マサさん これ食ってますね。
(三山)さすがに おなかすいた。

(児嶋)さすがに おなか減ったんだ
えぇ~?

面白いね。

すげぇ。
すごいね。

昔ながらのラーメン
こういうの うまいんだよな。

(三山)もう麺しか
食べてないですけどね。

(児嶋)安い。
ねぇ ずっと麺よね。

きょう 食ってるな。
いや 食ってる 食ってる。

(児嶋)あっ いった!
いった。

いや すごいわ。

「さぶちゃんの焼きまんじゅう」ね
群馬か。

面白いですね この店。

やっぱ 花もあった。
花もあるんだ。

花もあった。
(児嶋)へぇ~「店前にお花」

やっぱりな 法則があったな。
ありますね。

あった。
やっぱ あるんだ。

[スマホの呼び出し音]

電波は通じるのね?
電波 いいですね。

(川添D)はい。

もしもし?(大雅D)お疲れさまです

ハハハ…[笑]

(川添D)あぁ いま?

(三山)ハハハ…[笑]

悔しいだろうね これまた。

おい 見つける気 あるのかよ?

大雅ばっか
見つけちゃってるじゃん。

(川添D)お店の前に お花がある
お店 結構 探してるんだけど…

(大雅D)はい。

(三山)ハハハ…[笑]

確かにね すごい 偶然だよな これ
(大雅D)群馬県に。

(川添D)そうなの?

ハハハ…[笑]
(大雅D)そうなんですよ。

お花があって ちょっと。

(川添D)あっ そうなんだ。
(大雅D)はい。

ハハハ…[笑]

(大雅D)色とりどりの。
なんだよ その質問。

(大雅D)赤もありました 今 見たら

ハハハ…[笑]
(大雅D)なんの お花…。

ハハハ…[笑]

(川添D)えっ 大雅が。

(大雅D)一応 まぁ
連れてきてもらって。

すごい
いいところ あるよって言って。

お邪魔したら…

そうね これは偶然だもんな。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

そうね。
ハハハ…[笑]

許可いる?これ。
(川添D)いやいや そんな。

(大雅D)いいですか?

そうだね。

ダメです!ダメです ダメです。

ハハハ…[笑]
ダメですよ。

これ[笑]
すごいね。

このテンドン すごいな。
面白いですね。

いや ダメよ そりゃ。

お前もさ なんか
渡してやれよ 大雅。

ねぇ 1つぐらいね。

ハハハ…[笑]
(大雅D)すみません ちょっと。

すげぇな。

いい先輩だね。

うわ。
うわぁ~。

いけるのかな?特盛。

(三山)7人前。
えっ 7人前なの?

(三山)すごい。
(児嶋)えっ 7人前?

うわぁ~ すげぇな。

まず やっぱ湯煎するんだ。

えっ 7人前で 麺1kgなんだ。

すげぇな。
すげぇな!

いやぁ~ 頼みたい これ。

(三山)うわっ すごい。

えぇ~ おいしそう。

いやぁ~ すごい。
(児嶋)うまそうだな。

(三山)うまそう。
(児嶋)うわぁ~ うまそう。

安い!
いいね 安いね。

(児嶋)えっ 7人前で?
1000円か。

<さらに>

えっ 何?

いける?

(児嶋)やべぇ。

いけそうだな。
ねぇ。

頑張れ 頑張れ!
(児嶋)いけそう。

(児嶋)すげぇ。
大盛!

これ 大盛か。

(大雅D)大盛焼きそばは
おいくらですか?

≪550円です。
550円。

(川村)えぇ~!(三山)安い。
安い。

焼きそば食いたいな。
(児嶋)食べたいですね。

めっちゃ うまそう。
いいですね なんかね。

(児嶋)お~お~。
上から いく派ね?

いいね!
上から いく派ね。

(児嶋)おぉ~!(三山)豪快だな。

(児嶋)上から いく?
ねぇ 珍しい食べ方ですね。

上から いく派ね 結構
大変なんだよ 上から いくのな。

お~お~。
(児嶋)大丈夫か?

喉 詰まるぞ。

ハハハ…[笑]かわいい。

(川村)おっ いった。
いいよ!

いいね。
(児嶋)これは見たことないな。

笑ってる 笑ってる いいよ。
(児嶋)幸せそうに。

(三山)幸せそうだな。

ハハハ…[笑]
(児嶋)幸せそうだね。

いいね。

ハハハ…[笑]

(三山)奥さん!奥さん?

(児嶋)「奥さん」って。

「奥さん」って。

この年齢で「奥さん」

面白いね この子。
あの~ 奥さん。

(児嶋)大人だね 呼び方が。

コーラ 1つ。

≪くださいって。
(川村)お~お~。

[チ~ン]
(川村)ハハハ…[笑]

(児嶋)おぉ~ そうやっていくの?

おっ いいよ。
(三山)おっ どっちからいくんだ?

上からいくね。
また 上からだ。

上から いく派だな。
(児嶋)上から いく派。

おぉ うまいことやるな。

ハハハ…[笑]

かわいいですね かわいらしい。
そうだな。

<そして その頃>

これ川添さんだろ これ。

なかなか ないのか?

気持ち 行きたかったんだろうな。

ないね。
(川添D)うわぁ~!

ないね
ガチャガチャは あるけどね。

(川添D)あっ ここ おぉ~
鉄板「たむら」さん。

あっ!
ねぇ。

1人だけ興奮してるんだよな これ
(川添D)難しいな。

今 気持ち
行きたかったんだろうな。

(川添D)へぇ~ 唐揚げ。

あっ ここですか?あぁ~。

唐揚げ…。

ハハハ…[笑]
これ[笑]

(川添D)いやぁ~。
ただ こいつの設定だからね これ。

勝手に この人が
自分の首 絞めてるのよ。

ハハハ…[笑]

(戸田)<男は葛藤していた
唐揚げ 春巻き エビカツ>

<こいつぁ飲みたい ぐいーーっと飲みたい

でもカラダのことも気にしなきゃ!>

でしょ?
(沢村)そうです…

だったらこれ!
<糖質オフなのに
金賞受賞する
うまさ!>

<「金麦」のオフ>
あーうまいっ!

♬~

(ボトルを開ける音)プシューッ!

<サントリー
「THE STRONG」 激泡>

(小峠)ハハハ…[笑]

(川添D)どういうこと?あれ?

≪ちょこっと ありますね。
あぁ~ あった!

えぇ~ なんか でも 面白いな
この店。

(ヒロミ)やっぱ いや そりゃ来るよな
でも いっぱいだ お客さん。

(川添D)ちょっと。

すいてますか?
「すいてます」

結構 グイグイいくな お前。

手作りの 肉みそがあるんですけど

あぁ~ うまそう なんか シンプル
うまそう。

<コーヒーも付いて
さぁ いくら?>

800円。

(川村)僕たちが出演する映画
「HiGH&LOW THE WORST CROSS」が

今週9日 金曜より
全国公開となります。

(三山)男たちの拳と魂
運命が 激突する

シリーズ史上 最も熱い
クロスバトルアクション。

超大作です。

(川村)ぜひ 映画館で僕たちの
本気のアクションと

胸熱なドラマを ご覧ください。

(川添D)それで
おいくらなんですか?

(一同)えぇ~っ!

(岸)200円?(松井)えぇ~?
(陣内)ちょっと待って!

(松井)結構なボリュームでしたよ。
(岸)それはない!

(陣内)お母さん お母さん!
(ヒロミ)マジで?

(陣内)コーヒーだけでも
220円以上 するよ。

えぇ~?
(小峠)うわっ すげぇ!

うん?

あれ?せっちゃん?

あっ あれ せっちゃんですかね。
慰安旅行?

せっちゃんのところの。

ハハハ…[笑]すげぇな。

ハハハ…[笑]

すげぇな。

いや すげぇな きょうは
大雅シリーズだったな。