KinKi Kidsのブンブブーン【横浜流星&髙橋海人と世界の海鮮料理】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

KinKi Kidsのブンブブーン【横浜流星&髙橋海人と世界の海鮮料理】[字]

世界三大料理トルコの絶品ムール貝!話題のガチ中華(秘)魚料理に仰天!有名フレンチシェフが作る至高のスープ!本物の激うまアクアパッツァに大興奮▽髙橋家の味も

ご案内
【番組オフィシャルサイト】
https://www.fujitv.co.jp/bunbuboon/  
【公式Twitter】
https://twitter.com/bunbuboon_fuji8  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/bunbuboon_fuji8/
番組内容
KinKi Kidsがゲストが本当に“やりたいこと”を叶(かな)えるべく、徹底的におもてなし。「やりたくない」「行きたくない」「食べたくない」と素直な感情を出し、自然体で振る舞う堂本光一、堂本剛。いつまでたっても子どもみたいにやんちゃな部分と、いぶし銀の趣味の持ち主である大人の部分、二人の魅力がたっぷり詰まった45分です。
番組内容2
豪華ゲストが本気でやってみたいことを実現。KinKi Kids特有の率直なリアクションが有名人たちのリラックスした素顔を引き出しますが、現場ごと、ゲストごとの空気感を大事にし、テレビ的であろうとしない二人ゆえ、ミラクル多発。時に脱線し過ぎたり、ゲストが置いてきぼりにされたりしてしまうことも!?
番組内容3
デビュー24年を超えるキャリアに裏打ちされたKinKi Kidsの揺るぎない面白さと、独自のゆるさや柔らかさが魅力の『KinKi Kidsのブンブブーン』がゆったりと癒やします。
出演者
KinKi Kids(堂本光一 堂本剛)
スタッフ
【チーフプロデューサー/演出】
浜崎綾 

【プロデューサー】
中村峰子 
宇賀神裕子 
中村和宏 

【AP】
加藤万貴 

【ディレクター】
嘉納一貴 
島田和正 
阪本玲以 
亀池晃弘 
小野瀬瑞貴 
桂亮太 

【監修】
城間康男 

【制作統括】
太田一平

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 横浜
  2. ホント
  3. メフメット
  4. 服部
  5. 海人
  6. 今回
  7. アクアパッツァ
  8. 海鮮料理
  9. 料理
  10. お願い
  11. スープ
  12. ナマズ
  13. 今日
  14. ボングー
  15. 世界
  16. 流星君
  17. トルコ
  18. ロス
  19. 自分
  20. 早速

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(剛)『KinKi Kidsのブンブブーン!』です。
本日のゲストですけれどもね

横浜 流星君 そして
キンプリから 橋 海人君です。

(橋)よろしくお願いしまーす。

(橋)お願いします。
(横浜)お願いします。

(横浜)それで来ました。

(橋)そうですね。

今日 お二人
番組 出ていただくに当たって

何を オーダー
していただいたんでしょう?

海鮮料理が お好き?
(横浜)はい。

(横浜)最近 変わりまして。

(横浜)お二方と
海鮮料理 食べたいなと思って…。

(堤)ということでですね 今回は
海鮮料理ということですけど…。

ということで 今回は…。

ハードルを ちょっと
上げるかもしれないけど…。

(橋)マジっすか!
期待していただけたらと思います。

それでは 早速…。

[今回の 『ブンブブーン!』は
横浜 流星さん 橋 海人さんと

世界の 絶品海鮮料理を
食べまくる!]

[日本では あまり食べられない
あの魚を使った 中華から

素材の味を生かした
高級イタリアンまで 盛りだくさん!]

[そして 海人ワールド全開で
先輩キンキも たじたじ!?]

ハワイと ロスと ラス。

[それでは 参りましょう!]

今回 横浜 流星さん
橋 海人さんを お迎えして

お送りする企画は こちらです!

今回は 世界の絶品海鮮グルメを
知りたいという

横浜さんのためにですね
日本で あまり知られていない

様々な海鮮グルメを
ご紹介させていただきます。

その中で お気に入りを見つけて
帰っていただければと思います。

ちなみにですけれども…。

三大料理?

(光一)あと 何だろうね?

そうだね! フランス 中華…。

では…。

VTR どうぞ。

[まず最初の料理は?]

[最大の都市…]

[絶景の世界遺産として 知られる
カッパドキアが有名な

歴史ある国]

[そんなトルコの
海鮮料理を作ってくれるのが

東京は 麻布十番に
お店を構える…]

[このお店
トルコ国外では 唯一

オスマン帝国時代の 宮廷料理を
食べられる お店として

トルコの大統領も 足しげく通う
名店なんです]

[なぜ トルコの料理が
こんなにも おいしいのか

お店の方に 伺いました]

(ディキメン)彼らは…。

[今回 腕を振るうのは 母国
トルコで 料理人の修業を積んだ…]

[いったい どんな海鮮料理を
作っていただけるんでしょうか]

ということで
麻布十番 「ブルガズ アダ」より

母国 トルコで 料理人の修業を積んだ
メフメット・ディキメンさんに

来ていただきました。
よろしくお願いします。

今回は いったい どういった
お料理なんでしょうか?

ムール貝?
ムール貝の中に入れて 蒸す!?

へぇ~ すごい!
では 早速 そちらのお料理

作っていただきましょう。
お願いします。

(メフメット)先に ムール貝…
掃除やった後で ムール貝 開くです。

(メフメット)開いて これの中に

松の実と 干しブドウ 入ってる
ピラフ 入れて…。

へぇ~!

(メフメット)これ 鍋に入れます。

うわっ すっごい…。

これは…。

(メフメット)ないですね。 これは…。

(メフメット)あと 皆さん…。

へぇ~!

いや 大メインやん!

お二人 どうですか?

干しブドウ 食ったことない?
ホントに?

生まれたての
赤ちゃんじゃないんだから。

(メフメット)できました。
おいしくできました。

楽しみですね。
ちょっと 初めてやな こんなん。

違うかな?
でも そんな感じなんじゃないの?

(メフメット)
あと 2~3 レモン 掛けたらば

非常に おいしさ 変わりますんで
よろしくお願いします。

(メフメット)完璧です。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

[ということで 早速…]

[いただきましょう!]

まず これ いただきまーす。
(横浜)いただきます。

[お味は?]

うわっ! うまっ!
うまい!

うまい!
(メフメット)ありがとうございます。

これ…。

いけますね。

教えてくださいよ!

これって 隠し味というか…。

(メフメット)クミン 入ってます。
クミンとか シナモンとか。

(メフメット)あと オールスパイス
ちょっと 入ってます。

そのスパイスを 今 このレモンで
ちょっと とじながらの

貝の うま味が また そこに
もう1回 包まれてる感じの…。

海鮮好きの 横浜さんも
お味 いかがですか?

何か すごい 「うん」って…。

その~…。

ちょっとじゃないって。

ホント 3個じゃ 足りないっすね。
足りないね。

もっと いきたくなっちゃうね。
(橋)もっと いきたいぐらい。

ホントに おいしい。
これ ホントに…。

[それでは
どんどん いきましょう!]

[続いての料理は?]

[世界一の人口を誇り
その広い国土の 各地方で

様々な食文化が
築かれてきました]

[中華料理は
日本でも なじみがあり

町中華という 日本で 独自に
発展していった 中華料理が

ブームになったことも
記憶に新しいですよね]

[しかし 近年は
その町中華に加え

本場の食材を
本場の調理方法で食べる

ガチ中華が
ちまたで話題なんです]

[今回は ことし2月に
大久保に オープンし

お昼時には 行列の絶えない
ガチ中華の新店…]

[お伺いしました]

[何と このお店には お客さんが
その料理を食べるために

訪れるほど 人気の ガチ中華な
海鮮料理があるそうなんです]

[そのメニューが こちら]

[まったく
味の想像がつきませんよね?]

[早速…]

[中国や ベトナムから
取り寄せた ナマズを

豚足のスープで 煮込んだら…]

[唐辛子や 自家製ラー油
ニンニクで 味を調えた

四川風のたれに レンコン
スライスした ジャガイモ

自家製のゴマ豆腐を入れ
ナマズの上に掛けます]

え~ おいしそう! ゴマ豆腐…。

[ソースを掛けて 紙で包み
蒸し焼きの状態で

しっかり 味を染み込ませたら…]

なるほど。
これで 染み込ませての…。

[人気メニュー ナマズの紙包み
四川風焼き魚の完成]

[アナゴのような 軟らかな食感の
ナマズは

四川の麻辣の味が よく染み込み

レンコンや ジャガイモも シャキシャキ食感が
アクセントになり 絶品]

[そんなガチ中華の味を

ぜひ その舌で
感じてみてください]

ないですね。
だから 臭みがあるかもな

という印象は あるよね 何となく。
ちなみに…。

じゃあ もう
ホントに おいしいねんわ。

あのさ 激辛 大丈夫な人に
1回 聞いてみたかってんけど…。

ヒリヒリは してるよね?
ヒリヒリも してます。

四川は 辛いよね。

ナマズ いっちゃうね。

うん!

まあ アナゴと言われれば
アナゴの感じもするし…。

光一さん 辛いの
比較的 大丈夫な方ですよね?

比較的 大丈夫な方なんだけど…。
ちょっと 辛い?

辛いの 好きな人 好きね これ。
そうですね。 これ おいしい…。

辛っ!

そうっすね。
(せき)

(橋)タイミングが悪いって
言ったら あれなんですけど…。

(橋)そこに だいぶ…。

ガシガシ 刺されてる感じ
あるんですけど でも ホント…。

横浜さん いかがですか?
おいしいです。 何か…。

(横浜)どんな味なのかな
と思ったら すごい…。

(横浜)ちゃんと 染みてて
めちゃくちゃ おいしいです。

あ~! ある。
ご飯にも合いそうですね。

ちなみに 今回
横浜さんと 橋さんは…。

[ということで
ここで 閑話休題]

[人に共感されづらい悩みを
キンキに 相談してみましょう]

ちょっと…。

(横浜)アナログだし。

あと これを言ったら すごく
たたかれると思うんですけど…。

ていうふうに
結構 いろんなとこで言うと…。

ちょっと 時代じゃねえ
みたいなね。 あるよね。

でも 分かるよ すごく。
でも 自分からすると

今の人たちが
すごく デジタルだし

男が 男らしくないんじゃないかな
っていう…。

(横浜)逆に そっちの方が
おかしいんじゃないかって

思ってるんですけど…。

僕も…。

実際ね。

女性も 男性も

平等になっていくべき…
していくべきなのって

すごく たくさん あるけど
それを言ってる時点で

ちょっと 何か 変なことじゃない。
変な話ね。

自分は…。

僕は 思うけどね。
だから 流星君が生きたいように

生きればよくて。
だから 流星君の考えは

僕は 何にも思わへんけどな。
ありがとうございます。

その… 結婚して…。

帰ったときに 「おかえり~」
みたいなのが いいのかな?

あれじゃない? 僕も その考え方
すごく 分かるんだけど。

自分が…
奥さんが 家にいても あの~…。

もちろん 共働きされてる方も

素晴らしい ご家庭
たくさん あるけど…。

ていうふうに思ってる部分が
あるんじゃない?

そうだと思いますね。
勝手なイメージだけどね。

海人と あんまり 一緒に
仕事したことないから…。

僕ですか!?

いや~ 男ですね。

僕と キンキさんで
行ったとするじゃないですか。

まあ 俺…。

めちゃくちゃ 行ってるよ。

光一さんが
オイル交換しに行ってる間の

僕と 剛さんだけになったときに
たとえ この3人の場が

めっちゃ 盛り上がったとしても
2人になった瞬間に

何 話していいか
分かんなくなっちゃって。

ちょっと待ってよ。

(橋)自分でも 時々…。

思うときがあるぐらい 全然…。

だから もう…。

今 剛君が言ったように それを
鉄板にすればいいんじゃない?

(橋)なるほど。
もう 言っちゃうってことですね。

帰ってきはったとき
「いや 2人きりになったときに…」

ていう話を
もう してしまえばいいだけよ。

そこに やっぱ 強いワードは…。

ていうキーワードは 人間が言ってるの
めっちゃ おもろいから。

これで やっていけます?
全然 いける。

(橋)確かに。
今 結構 だいぶ 気持ち 晴れてて。

ホント? よかった。

(橋)
もう すごいですもん 僕の今…。

(橋)絶対 快眠っす 今日。
それこそ…。

そうなんだ! あいつ…。

(橋)そうなんですよね。
岸君の場合は…。

「海人…」

1個しかないんですよ。

「海人 最近 どうよ?」の…。

だから…。

[続いての料理は?]

[世界を代表する…]

[2010年には
フランス料理が 世界で初めて

ユネスコの無形文化遺産にも
登録されました]

[お肉のイメージが強い
フランス]

[実は ヨーロッパの中でも
魚を食べる国として

知られているんです]

[今回 そんなフレンチの
海鮮料理を 紹介してくれるのは

東京の名店…]

[店主の田辺さんは 学生時代…]

[その後は…]

[病を きっかけに
29歳で 料理人を志し…]

[異色の経歴の持ち主]

[たちまち 人気店に]

[一流シェフ 田辺さんに
魚料理の極意を お聞きしました]

(田辺)
一番 ポイントだと思います。

[そんな田辺さんが作った
魚本来の味を

そのまま味わえる
海鮮料理が こちら]

味は 出るんですけど

やっぱ あくまでも
魚のスープなので…。

[そんなスープの作り方を
見せていただくと…]

[白ワインを振り掛けて 炊いた
5~6種類の魚のあらと

香草のブイヨンを合わせ
長時間 しっかり 煮込み

あらを こして 完成]

[残った魚の頭や…]

[実に 3時間かけて
このスープを作っているんです]

[手間暇が かかった…]

[思う存分 堪能してください]

すごく おいしかったです。

[東京が誇る 有名フレンチの
至高のスープ]

[その味は いったい?]

あ~…。
初めて飲む スープ。

うわっ!

そっか。 内臓も 使ってるから。

何かね さらっとしてるように
見えるけど…。

いろんな…。

かにみそっぽい…。
かにみそっぽいよね。

味が近い気がしますね。

一番近いよね。
おいしいです。

また 中に入ってる… チーズが
入ってるんですけど ちょっと。

そのチーズと 一緒に
口に運ぶと

また このチーズの酸味が…
いいですね。

どう? 本場のパリに行ったときの
食事の感じと

今の この ニース風のスープと。

そのとき こういう 海鮮料理は
食べられなかったんですけど

パンが多かったので…。

思いましたし…。
めちゃくちゃ おいしいですね。

一番 パリで
ここ めっちゃ よかったなって…。

DIORのパリコレで
行ったんですけど…。

あと あの… 何か こう…。

画家さんが よく こう…。

路上で描かれてる所に行って
実際に…。

いいですね。
楽しかったです そこが。

いやいやいや。
いいねぇ。

逆に 仕事でしかなくて。
今のところ 3カ国…。

(横浜)お~。
3カ国。

行って…。
「ロスと ラス」?

ちょっと待ってくれ!
ハワイと ロスと…。

(橋)待ってください。
海人 海人。

待ってくださいじゃなくて
こっちが 待ってください。

もう1回 3カ国 言ってよ。
ハワイと?

そこ!

何で ロスは ロスで略すのに…。
でも ラスで言うんだったら…。

(橋)あ~ そっか! そうっすね。
そうっすね。 ベガスっすね。

1カ国じゃん。
いいねぇ。

いいねぇ。

[この後は
激うまイタリアンに 大興奮!]

[続いての料理は?]

[世界的な観光地としても
なじみの深い…]

[イタリア料理は
パスタや ピザなど 日本でも

すっかり 定着しています]

[実は
地方によって 特色があり

地中海地方では
魚介を使った料理が 多いんです]

[そんなイタリアンの
日本初 魚介料理専門店

赤坂にある…]

[何と ここのオーナーは
八丈島の 現役の漁師…]

(服部)
その眼を使って やってます。

それによって 魚は 選んでます。

[何でも
そんな 魚本来のうま味を

最大限に 引き出す料理が
アクアパッツァ]

[服部さんいわく
本物のアクアパッツァは

一味 違うようで…]

貝によって… ハマグリだったら ハマグリ
アサリだったら アサリの味がするんで。

料理だと思います。

[えりすぐりの魚を使い

オリーブオイルと 水
パセリと トマトだけで煮込んだ

アクアパッツァ]

[そんな 絶品のアクアパッツァを
使った料理を

披露してくれるとのこと。
続きは スタジオで調理します]

今日は 東京 赤坂の
「ラ・スコリエーラ」より

オーナーで 船長の 服部 優希船長に
お越しいただきました。

よろしくお願いします。
よろしくお願いしまーす。

では 早速 調理を
始めていただきたいんですが…。

ヤバッ。

そこに パスタを入れてという…。
(服部)はい。 それだけですね。

うわっ おいしそう。

イタリア料理は
日本人に合うんだよね。

日本人の口にね。

こちらのお料理 ポイントは
どちらになるんでしょうか?

(服部)ポイントは
乳化させることによって

水と油を
こう 一体化させる感じで。

(服部)
高温でやらないと できないんで。

へぇ~。

金目鯛 おいしいよね。
うわっ おいしそう。

(橋)おいしそう。

(服部)塩と オイルだけで
作ってます ほとんど。

だってね…。

何にも!?
(服部)何も必要ないです。

(服部)魚を 鮮度いいんじゃなくて
3日ぐらい 寝かせて 食べごろ…。

食べごろにして
それを 水と オリーブオイル。

(服部)それだけです。
え~!

[魚本来のうま味を
最大限に 生かした…]

え~!?

おいしい!
(服部)ありがとうございます。

うわっ うまっ!

(服部)ありがとうございます。
マジで おいしいねんけど。

全然 違いますか?
今までのアクアパッツァと。

おっしゃってたみたいに
貝 入れると 貝の味しちゃうよね。

でも 何か そういうもんって
何となく 思って 食べてたけど…。

それは それで おいしいけど

魚のうま味しかないって
言ってもいいぐらい

凝縮された…。

横浜さん いかがですか?
めちゃくちゃ おいしいですね。

何だろう?

何か すごい おいしかったですね。

何か 話をするのは
変かもしれんけど…。

重ね付けしていくのって ある意味
エンターテインメントの 何か…。

やっちゃいがちなんだけど

いらないものを そぎ落とした

その良さみたいなのが…。

これ おいしい。
マジで おいしい。

他の どういうのがあるんだろう?
気になって…。

おいしい。
もう 完食ですね 剛さん。

おっきいお皿 あったでしょ。
あれ 全部 ぺろっと いけちゃう。

横浜さんの要望ということで
海鮮料理になりましたけれども

いかがでした?

幸せだよね。
(横浜)普段 やっぱ…。

こういったときに おいしい物を
食べられて うれしいですね。

あっ!

僕 流星君の企画に ただ…。

大丈夫よ。

アクリル板 傷だらけよ。

やりたいことがあって 僕も
来させていただいたんですよ。

何? 何?

いや これ 食べた後に…。

めちゃめちゃ ハードル 高いよ!
どういうこと?

(橋)僕も
色々 ご飯 食べてきましたけど…。

世界に通用するぞ。
これを 世界に…。

あると。
(橋)それが…。

ボングー?
(橋)僕…。

ボングー!? ちょっと待って。

ボングーは もう ホントに…。

でも この料理名だと
分かんないと思うんですけど…。

ということで 今回 そのボングー
ご準備いたしました!

ちょっと待って。 ちょっと待って。

(橋)豚バラ肉。
ニンニクをスライスした…。

(橋)ニンニクを まず 炒めて
香りを移して。

(橋)それで 炒めて そっから
ニンニクを また 入れるっていう

巧みな技を使っておりまして。

(橋)で それを…。

なるほど。
いや~ これは…。

ホントに うれしい!

(横浜)確かに。
(橋)由来は…。

いや 分かるわけないやん
ほんなら もう。

母親と 父親が 編み出した物だと
思ってたんですけど…。

まあ 言い方 悪いっすけど…。

でもね…。

だけどね 1つ 言っていい?
さっきの アクアパッツァの…。

[果たして アクアパッツァの
余韻は 残るか!?]

いや…。

うまいことには…
もう 何の反論も…。

何も 文句ない。
うまい。

流星君 どう?

最初 やっぱ ボングーっていうので
どんな物が出てくるのかなと

思ったんですけど
すごく シンプルでしたね。

剛さん アクアパッツァ 即行で
終わってたじゃないですか。

ボングー…。
これ めちゃくちゃ おいしいねん。

おいしいよ。 めっちゃ おいしい。
でもね 何か アクアパッツァが…。

本日 以上になるんですけれども
いかがでしたか? お二方。

ホントに 自分の やりたいことを
やらせてもらえて

うれしかったですし ホントに…。

まだまだ たくさん
ホントに あるだろうからね。

もっと 知りたいなと思いました。
流星君的には 今日 食べた中で

どれが お気に入りやった?
アクアパッツァか

ナマズ。
ナマズ おいしかったね!

おいしかったね。
(横浜)おいしかったですね。

海人は 今日 どうでした?

(橋)すごい
ご飯も おいしかったですし

何か あらためて 気付いたのが…
何ていうんだろう?

僕って… 何ていうんだろう?

バレるのが 怖かったから

ひそひそ
生きてきたんですけど…。

ずっと 心が弾んでいて。

楽しくて。 だから これから
そうしていこうっていうのは…。

海人は 海人が思うジャニーズを
やればいいだけやから。

海人と話してると
こっちも 楽しい気分になるから。

ホントに!
今日は…。

もっと 色々
知りたくなっちゃうよね。

作家 池井戸 潤さんの原作
感動巨編 『アキラとあきら』が

映画化します。
僕と 竹内 涼真君が演じるのは

正反対の人生を歩んできた

同期入社の銀行員である
2人のアキラ。

そんな2人の前に
巨大企業の破綻や

きょうだい 家族の問題など
様々な危機が 立ちはだかります。

絶望的な状況からの
奇跡の大逆転劇…。

(2人)ぜひ 劇場で ご覧ください。

というわけでございまして
本日のゲスト 横浜 流星君

そして King & Princeから
橋 海人君でした。

今日は ありがとうございました!
(2人)ありがとうございました。