林修のニッポンドリル 学者と巡る!第ニの軍艦島&石見銀山&出雲大社[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

林修のニッポンドリル 学者と巡る!第ニの軍艦島&石見銀山&出雲大社[字]

軍艦島に匹敵!超巨大廃墟・神子畑選鉱場に潜入▽世界遺産・石見銀山の立ち入り禁止坑道で日本最古!?〇〇の撮影成功▽縁結びの聖地・出雲大社最大の謎を解明!

番組内容
今夜の『林修のニッポンドリル』は「学者と巡るシリーズ」。今回の舞台は、日本遺産の「神子畑(みこばた)選鉱場」、国宝世界遺産の「石見銀山&出雲大社」!

兵庫県にある「神子畑選鉱場」を学者と巡る!「明延鉱山の貴重な掘り跡に残された直径3cmほどの穴は江戸時代にはあり得なかった、ある物を詰めた発掘法の痕跡だった!」など、日本遺産に認定されている「神子畑選鉱場」について学んでいく。
番組内容2
また、大人気企画「学者と巡るシリーズ」で今回学者と巡るのは、国宝世界遺産[石見銀山&出雲大社]。「出雲大社のご本殿は何を参考にして今の色になったのか?」「出雲大社独自の参拝方法」など、学者だからこそ知っている驚きの情報満載!そして、テレビ初公開のお宝まで登場する!

大人から子どもまで家族みんなで楽しめる『林修のニッポンドリル』を、ぜひお楽しみいただきたい。
出演者
【MC(担任)】
林修 

【副担任】
ノブ(千鳥) 

【学級委員長】
風間俊介 

【パネラー】
井森美幸 
川島明(麒麟) 
神田愛花 
坂下千里子 
山添寛(相席スタート) 
※五十音順
スタッフ
【チーフプロデューサー】
武田誠司 
【プロデューサー】
大和田宇一 五十嵐元 高橋陽平 中村倫久 
【演出】
疋田雅一 
【制作協力】
ワタナベエンターテインメント ハイホーTV ほか 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. 中西
  3. 中田
  4. 出雲大社
  5. 石見銀山
  6. 御本殿
  7. 当時
  8. 坑道
  9. 学者
  10. 日本
  11. 貴重
  12. 研究者
  13. 鉱夫
  14. 今回
  15. 資源工学
  16. 現在
  17. 男性
  18. マスク
  19. 機械
  20. 鉱石

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



[長崎県の沖合に浮かぶ…]

[日本の高度成長に欠かせない

石炭を採掘するために
造られた…]

[現在は…]

[この日本経済を支えた島の…]

[日本には…]

[その情報を聞き
向かったのは…]

(中西)そうですね。

[それが…]

(林)お~!

(川島)何じゃ!? これ!

(神田)何これ?
かつてないワクワク感ですね。

[まるで 要塞を思わせる

山の急斜面に
沿うように建てられた

巨大な
鉄筋コンクリートの建造物]

[そして 幾つも並ぶ…]

[廃墟となり 長年 人の手が
入っていないことを思わせる…]

[まるで
時が止まっているかのような

まさに…]

[今回 一緒に巡る
九州大学の 資源工学学者

中西 哲也は言う]

[ここがなければ
今の日本は ない]

[その名も…]

[今回は
資源工学の学者 中西の協力の下

立ち入り禁止エリアの
特別撮影許可をもらい

いかに残すべき場所なのか…]

(ノブ)これ 川島さん…。

してましたけど…。

まったく 神子畑…。

[大正8年に 建設され
昭和62年に 閉鎖したというが

聞きなじみのない…]

(スタッフ)聞いたことはありますね。

(中西)私たちが使ってる…。

[そう! 日本の貿易黒字を支えた
世界を席巻…]

[それを生み出せたのは
世界トップクラスの半導体が

作れたから]

[その半導体に
必要不可欠だったのが 実は…]

(中西)実は ここっていうのは…。

え~!?

[何と 日本で使われる 95%]

[最盛期には
月に 50tにもなる錫を

神子畑選鉱場で
生産していたというのだ]

[現在は
立ち入り禁止になっている

選鉱場への潜入ロケ]

[まずは…]

うわ~! これ…。

(風間)行きたいね。

(中西)ここからだと ちょっと
分かりにくいので 今日は…。

(中西)頂いているので
上に上がってですね…。

(スタッフ)分かりました。

[立ち入り禁止になっているのは
劣化が進んでいるため]

(スタッフ)やっぱ…。

[資源工学の学者でも めったに
入ることができないという場所]

[まず…]

(中西)実は これはですね…。

(中西)そうですね。

[当時を知る 貴重な映像が
残っていた]

[昭和62年に
閉鎖されるまで 使われていた…]

[山の斜面に造られた
このような施設には

なくてはならない設備だという]

[さらに 上に上ると…]

[明らかに]

(中西)そうですね。

[上ってきたのは…]

[以前は…]

そういうことね。
(神田)建物が建ってる。

[実際に上ると 分かる
見る者を…]

(中西)実は ここは…。

(スタッフ)東洋一!?
(中西)そうですね。

[そう…]

[日本経済のためにも
半導体に不可欠な 錫の供給を

止めるわけにはいかない]

[そのために 山の中に造った
何と…]

(中西)動いていたので…。

(中西)て呼ばれてたそうです。
(スタッフ)ここでですか!?

[昭和30年ごろの最盛期には
300人の人が働き

今は なくなっているが 周囲に
町まで できていたというが…]

[東洋一 そして
不夜城と呼ばれた選鉱場を…]

こんな物があったんだ。
(神田)奇麗。

(中西)
実は 鉱山業っていうのは…。

(中西)ていうのが
大事になってくるので

その石を…。

(中西)一回一回…。

(中西)しなきゃいけないので。
ここだと…。

(中西)全体ではですね…。

(中西)
ていうふうにいわれてまして。

(中西)と思うんですけど
それと比べてもですね…。

[そう! 錫などの鉱物を
抽出するためには

鉱石を
細かく 粉砕する必要がある]

[そのため 山頂の施設から…]

[段階を経ることで
錫などを生産する]

[コストなどを考えると…]

[このような施設が
出来上がった]

[しかし 有名な 佐渡金山にも
選鉱場はあるが 9段程度]

[神子畑選鉱場は
世界的にも 珍しい 22段]

[錫だけでなく 実は
銅や 亜鉛なども 生産でき

紛れもなく 国内最大級の
施設であるというのが

資源工学の学者 中西が…]

え~!?
(川島)規模 でかっ。

[続いては…]

[そこで 学者 中西が
見せてくれたのが…]

(中西)ちょっと
分かりにくいですけど ここに…。

(中西)分かりますかね?
(スタッフ)確かに ありますね。

(中西)ちょうど この…。

(中西)実は…。

(中西)この後 この…。

[そう。 兵庫県の山中

神子畑地区に
選鉱場が造られたのは

神子畑の山の裏にあった…]

[当時の貴重な映像に…]

[何と 1両に
5tを積んだトロッコが

30両連なり 走っていたという]

めちゃめちゃ 採石してる。

[さらに…]

[電車で運ばれてきた 鉱石]

[それを降ろす方法にも
資源工学の学者にとっては

非常に 興味深い方法が
取られていたという]

[現存しているという…]

(中西)実は 人力を使わずに…。

(スタッフ)これは… 何か ヒントを。

(中西)よく見ると ここに 何か…。

(中西)これが…。

(スタッフ)これですか!?

[5tの鉱石を積んだ トロッコ]

[以前は
人力で降ろしていたが…]

[それを
この車輪を追加することで

一瞬で 積み降ろしができるように
なったというのだが

果たして その方法とは?]

(中西)実はですね ここの…。

(中西)
ジェットコースターみたいな…。

(中西)そこに この…。

(中西)ダンプカーが 土砂を降ろす
みたいな形で 後ろ側に…。

あっち側にいくんだ。
(神田)へぇ~!

[実は その仕組みが分かる

当時の貴重な映像が 残っていた]

[この盛り上がったレールに
車輪が乗り上げていくのだが…]

すげえ。

普通の電車は 通っていくけど
あの車輪が付いてれば…。

(川島)うーわっ 賢い!

あそこが開くんか!

なるほど。 よう考えたな これ。
上じゃないんですね。 下なんだ。

なるほど。
(神田)へぇ~! 早い 早い。

[レールができる前は
人力で持ち上げていたものが

これによって 楽になったのだ]

[当時の…]

(中西)
実は この向こうにですね…。

(中西)そこに…。

[資源工学の学者にとって…]

[当時の機材が
選鉱場閉鎖のときに

置き去りにされている
というのだ]

[その場所は…]

(スタッフ)ワクワクします。

(スタッフ)すごい…。

(中西)いや でも これ…。

(スタッフ)お宝ですか?
(中西)これは やっぱり…。

[雨風にさらされ…]

[おそらく 捨てられ…]

[しかし 資源工学にとっては…]

(中西)これ 実は…。

(中西)してますが…。

(中西)さらに…。

(中西)それで
これを ごろごろ ごろごろ…。

(中西)最終的には…。

(スタッフ)なるほど。

めっちゃ よく分かる。

(中西)そうですよね。 なので
実は 今日はですね ここの…。

(中西)今 借りてきてますので
実際ね この…。

[ということで 資源工学の
学者だから 説明できる

貴重映像と共に 紹介する…]

[映っているのは 明延鉱山から
運ばれてきた 20cmほどの石を

下に落としながら
細かくしてゆき

錫だけを取り除いていく工程]

[まずは…]

[さらに 0.1mm以下に
しないといけないため

使われていたのが ボールミル]

(中西)これですね。

(中西)最終的には…。

(中西)
この中に たくさん 入ってて。

[そして
次の工程で 使われる機械が…]

(スタッフ)結構 何か その…。

[こちらは 浮遊選鉱という
選別ができた機械で

細かく 砕いた鉱石と
水を混ぜた泥に

薬品を入れて かき混ぜ続けると

鍋の あくのように 金属の
粒子だけが 浮き上がってくる]

[この機械を使うことで
石に含まれる金属だけを

抽出できるのだ]

(中西)
これがあるおかげで ホントに…。

(中西)これのおかげで 相当…。

[そして
国内の錫の 95%を生産するのに

欠かせなかったのが この機械]

[実は この…]

(中西)実は これも…。

(中西)これ…。

(スタッフ)これ 何か…。

(中西)そうなんです。

(中西)これは すごい…。

[機械の上に 流しているのは

超細かく 砕かれた…]

[これが…]

[機械に付いた…]

(中西)こんな感じで 非常に…。

(中西)ここでですね…。

(スタッフ)これは だいたい…。

(中西)ここの鉱山だと…。

(中西)これも 全部…。

(中西)非常に…。

[さらに
資源工学学者にとって…]

[果たして その…]

[ということで
上に上ってみると…]

[想像以上に でかかった!]

[この施設は いったい 何!?]

[さらに…]

何か あるぞ。 残ってた。

(中西)そうですね。 これは…。

(中西)これ自体は…。

(中西)簡単に言うとですね…。

[そう。 こちらは
抽出作業に欠かせない…]

[錫など
重要な金属を選別した後

泥と 水だけになったところで

このシックナーと呼ばれる
巨大漏斗形状の ろ過機で

再利用できる水を
つくり出す装置]

(中西)ここにはですね…。

(中西)シックナーがあってですね。
ですので…。

(中西)ていうのも…。

[当時の 最先端の設備を用いて
選別された錫は…]

[作業などを行い…]

[という
世界最高級品質にもなる 錫を…]

[それが
世界に 衝撃を与えた…]

[そして 今回は 特別に
選鉱場に運ぶ…]

[観光化しておらず…]

[実は…]

[残っているというのだ]

(中西)
じゃあ 早速 入ってきましょうか。

(中西)そうですね。 ここ…。

(スタッフ)ワクワクしますか。

[この明延鉱山の歴史は古く
何と…]

[と 言い伝えが残る]

[おそらく…]

[そして
資源工学の学者 中西が言う]

(中西)ここに…。

(スタッフ)どれですか?

(スタッフ)穴 ありますね。

[直径3cmほどの この穴]

[実は
江戸時代では あり得なかった…]

[痕跡だと
学者 中西は言うのだが…]

(中西)そういう技術なんですけど。
それによって…。

[取り入れたことで 一気に…]

[海外から 取り寄せた
最新の掘削法により

明延鉱山の深さは 何と

東京タワーが 3つ分の…]

[網目のように広がった…]

[東海道新幹線の
東京・新大阪間に匹敵する

長さまで 達したというのだ]

[そして その錫は
トロッコで…]

[今回 実際に…]

(中島)映画 見たり。
(スタッフ)映画があったんですか?

(中島)きよりました。
(スタッフ)それ もちろん…。

[鉱山の麓に建てられた
劇場では

最新の映画を 見られたり

有名な歌手のコンサートも
楽しめる]

[しかも…]

[さらに 当時 珍しい
ビリヤードができる 遊技場や…]

[無料で 利用できたという]

[しかし そんな生活は…]

[くしくも 日本が 経済大国に
なった一方で 始まった…]

[台頭で 競争力を失い…]

[それに伴い…]

[今回 お借りした映像の中に
貴重な…]

[収められていた]

(多久)日本の…。

(拍手)

雪の中。
(川島)すごいな。

[そして…]

[東洋一といわれた選鉱場は

雨風にさらされ…]

(中西)こういう…。

(中西)やはり…。

(中西)
それの一部分になってた この…。

(中西)ぐらいの価値は
持ってると思いますので ぜひ…。

[そして…]

[しかし…]

[そう。 世界遺産にもかかわらず
ほとんどの人が…]

これ…。

[しかし 石見銀山に魅せられ…]

[日本考古学協会員
中田 健一は言う]

[えっ!?]

[さらに…]

[そこにあったのは…]

[成功!]

[石見銀山がなかったら…]

[われわれの健康を守る
歴史的大発明]

[その…]

めっちゃ 怖いわ。

[石見銀山があるのは…]

[その歴史は古く…]

[まずは…]

(中田)では…。

[向かったのは…]

(スタッフ)うわっ すごい!
すてきな町並みですね。

(スタッフ)ここから 見えるんですか?
(中田)そうです。

[そう。 石見銀山と聞くと
坑道だけだと思われるが

実は この…]

[石見銀山は
銀を発掘していた 坑道エリアと

鉱夫たちが住んでいた町
大きく 2つに分かれていて

その町並みは 貴重な…]

[まるで…]

[世界遺産の登録名は…]

[この…]

[と 世界遺産に
登録されているのだ]

[そして…]

(中田)こちらに…。

(スタッフ)古い歴史がある寺。

(スタッフ)「勝源寺」って書いてますね。

[石見銀山が…]

(中田)見えてきました。 この…。

(スタッフ)屋根?

(スタッフ)
何か 見たことある… あれ…。

(中田)そのとおりなんです。

(中田)ここは…。

(中田)この瓦の文様になります。

[そう。 関ヶ原の戦いに勝利し
天下統一へ 王手をかけた

徳川 家康が…]

[ここ…]

[重要なお寺]

[その証拠に…]

(中田)その右手に
安置されているのが…。

(中田)ここに。
(スタッフ)徳川家の位牌なんですね。

[5代将軍 徳川 綱吉]

[6代 家宣 7代 家継など

何と…]

[この地に 残されているのだ]

[石見銀山があるのは
江戸から およそ850kmの島根県]

[かかる へき地にもかかわらず

豊臣 秀吉や 名だたる武将と

激しい争奪戦を行ってでも

家康が 手に入れたかった

石見銀山]

[しかし…]

[その…]

[案内してもらうと…]

(中田)
この2つ目の石を 見てください。

(スタッフ)はい こちら。

[一見…]

(中田)これが…。

何!?

(中田)ここに…。

(スタッフ)はい。 何か バッテン…。

(中田)そうなんです。

(スタッフ)これ 十字架なんですか?
(中田)そうなんです。

(中田)つまり…。

[そう。 これは…]

[しかし…]

(中田)当時…。

(中田)同時に…。

[日本に キリスト教を
広めたことで 有名な宣教師

フランシスコ・ザビエルの文章には
こう記されている]

[さらに
ポルトガルの古い地図には

石見銀山がある位置に
大都市と並び

わざわざ 銀鉱山の文字が

書き込まれている]

(スタッフ)えっ!? そんなに
採れてたんですか? 日本が。

(中田)そうなんです。

(中田)おそらく…。

(中田)こう推定されているんです。
(スタッフ)え~!

[何と…]

[その銀を求め…]

[そして…]

[戦には 欠かせない…]

[さらに 銀と引き換えに

眼鏡や 時計など…]

[後に…]

[つまり…]

ていうことですよね 当時は。
そうですね。 やっぱり…。

もともと…。

と言っていいんですよね。
(山添)確かに おっしゃるとおり

僕も…。

違います 違います。 それ また…。

本能的に。

[そして
いよいよ…]

(中田)そうですね。

[この坑道までの山道]

[実は…]

(スタッフ)この葉っぱですか?
(中田)これは…。

[こちらは ヘビノネゴザと
呼ばれる シダ植物]

(中田)その昔は…。

(中田)ということで…。

(中田)そういう物なんですね。

(スタッフ)え~!?

[この葉っぱが
生えていることこそ この…]

[と 昔は…]

(スタッフ)すごい…。

(中田)見えますか?

(スタッフ)真ん中に。

[この裂け目も…]

[実は
この裂け目を発見することを

成功する きっかけを
見つけたときに使う例えで

ホニャララを見つけると
使っているのだが…]

[風間君 お答えください]

何々を見つける…。

分かっ… えっ?

もちろん。

うわ~!
(風間)やった!

[そう。 この裂け目の名前は…]

[このような岩の隙間に
高温の熱水などが通り

銀や 金が生まれることから…]

[という言葉が 生まれたそう]

[そして…]

[山あいに現れた穴は

数ある坑道の1つ…]

[何と…]

(中田)では…。

[600mにも及ぶ坑道というが

いったい 中は?]

(スタッフ)冷たいですね。

(スタッフ)急に 寒くなりました。
(中田)冷気がね。

[果てしなく 続く]

[そして…]

(中田)もう 入ると すぐに…。

(スタッフ)これ 何ですか?
(中田)これが…。

(スタッフ)ノミの跡ってことは
もしかして…。

(中田)そうなんです。

(中田)だから 坑道なんですね。

[そう。 この坑道…]

全部 手作業だ。

(中田)そうですね。

≪え~!

(中田)かかってますね。
(スタッフ)5年 かかったんですか!?

[それを…]

[さらに…]

[大小…]

[最盛期の…]

[休むことなく 掘り続けた]

[その…]

(中田)当時は… これ。

(スタッフ)えっ!? サザエの殻?

[坑道内の作業には
欠かせなかったという

サザエの殻]

[果たして その使い方は?]

[さらに…]

[1人の男]

[石見銀山が きっかけで
生まれた われわれの…]

[その…]

(中田)当時は… これ。

(スタッフ)えっ!? サザエの殻?

[このサザエの殻が 暗い坑道には
欠かせなかったというのだが

果たして
どんな使い方をしていたのか?]

[山添さーん! お答えください]

えっ!? だから…。

トイレ!?

(スタッフ)そうですよね。

(スタッフ)え~!? じゃあ…。

[そう…]

(中田)ちょっと…。

(スタッフ)うわっ!

これで…。

怖っ!

[何にも見えない中…]

(スタッフ)違うんですか?

(スタッフ)でも 石見銀山
っていう名前なぐらいなんで

まあ…。

(スタッフ)採れるんじゃないかなと
思うんですけど。

[何と 銀が採れるのは…]

(中田)このように…。

[しかし その一方で その…]

[過酷な労働環境で
作業員たちを苦しめたのが…]

(せき)

(男性)大丈夫か?

[この一大事を 何とかすべく…]

(宮)ついに できました!

[実は
石見銀山の 鉱山病との闘いが

今も 世界中の人たちの命を
救っている

大発明を生んだというのだ]

[果たして 石見銀山
そして 今の世界を救う

歴史的大発明とは?]

[時は…]

(医師)ご臨終です。

(妻の泣き声)

[働き盛りの30代のうちに

鉱夫たちが 次々と…]

[鉱山病とは
鉱石を採掘するときに出る

粉じんなどで
坑道内の空気が 汚濁]

[それらを吸い込むことで

じん肺などの 呼吸器系の病に
侵されてしまう]

[このままでは
鉱夫がいなくなり…]

(男性)何とか できるやつは
おらんのか!?

そいつだ。 呼んでこい!

[この石見銀山 最大の危機に
白羽の矢が立った人物こそ…]

[小さいころから 蘭学を
学んでいた 医師の父と共に

鉱山病を研究]

[といわれた男]

(女性)
うちの旦那を救ってください。

(子供)
お父ちゃんを 助けてください。

そうですね。 まずは…。

(せき)

(せき)

(せき)

(宮)《これは…》

[まず…]

[それは 穀物と殻を
風の力で 選別する農具]

[実は 宮 太柱が…]

[温めていた…]

[それが こちらの…]

[外で 薬草を煎じて
坑道内に 煙を送り込み

坑内環境を 改善]

[早速 取り入れると…]

(男性)お~!
(男性)うわっ すごい!

何か 楽になってきた気がする。
(男性)うん。

ありがとうございます!

(せき)

(子供)お父ちゃん 大丈夫?

(せき)

[多少は 改善されたものの
まだ…]

先生!
鉱夫たちのせきが 止まりません!

[宮は
寝る間も惜しんで 考えた]

[すると…]

(宮)んっ?

[それは…]

[口元に 布を巻き ホコリを
吸わないようにしていた 女性]

[これを…]

(宮)《あと一歩だ》

[そのとき 宮 太柱…]

[それは…]

[提灯]

[ではなく

この…]

[そして…]

[これらを使って
宮 太柱が生み出した…]

[宮が生み出した
歴史的発明とは…]

[そう…]

[しかも…]

[当時のマスクを
忠実に再現した物が

石見銀山資料館に 残されている]

(スタッフ)これですか?
(仲野)はい。

[これが 宮 太柱が発明した
マスクと ほぼ同じ物]

(井森)立体。

(仲野)さらに ここ。 ちょうど…。

(スタッフ)へぇ~! すごいですね。

もう レベルとしては 一緒です。

[何と 宮は 立体マスクを
江戸時代に 生み出していたのだ]

[さらに マスクの…]

(スタッフ)梅肉ですか?

[梅肉を 布と マスクの間に
挟んでいたという]

[いったい…]

(仲野)ここに…。

[この 宮 太柱が開発した
マスクのおかげで

鉱夫たちの健康を 維持でき…]

父ちゃん せきは出ないの?

(男性)もう 大丈夫だよ。

[石見銀山で 宮 太柱が
マスクを発明したおかげで

今も 世界中の 多くの人々の命が
救われている]

ただですね この…。

僕も そんなに 詳しいわけでは
ないんですけれども…。

それで 色々 あって…。

そこでも 色々 ご苦労されてたか
どうか 分かりませんが そこで…。

そうか。 残されなかったんだ。

[600mある 龍源寺間歩の撮影を
終え…]

(スタッフ)ここよりも おっきな坑道
あるんですか。

(中田)あると分かってるんですね。

(中田)あります。

(中田)はい。

え~!

[今回 特別許可で
入ることを許された

坑道の
立ち入り禁止場所での撮影]

[そこには 今まで…]

[日本最古の ある歴史遺産が
あるというのだ]

[山の奥へ 進んでいく]

[さらに…]

(中田)ご覧ください。

(中田)吐き出していまして。

(中田)眼鏡も 曇ります。

(スタッフ)もしかして あそこですか?
(中田)そうです。 これが…。

(スタッフ)大久保間歩。

何?

(スタッフ)中は そういう
状態じゃないと。 結構 じゃあ…。

[今回は 特別に
坑道の 最も奥にある

立ち入り禁止場所に
入らせてもらう]

(スタッフ)いよいよですね。

(スタッフ)うわっ もう…。

(中田)そうなんです。

(スタッフ)結構…。

(中田)そうなんです。

(スタッフ)あれっ?

(スタッフ)ライト。

(スタッフ)何か すごい…。

(中田)そうなんです。

[ついに…]

[その先に待っていたのは

全世界の 10分の1の銀が
眠っていたというのも

うなずける 驚きの採掘場]

(スタッフ)あっ この穴から? はい。
じゃあ 行きますね。

(中田)安全面だけ…。

(スタッフ)うわっ!
もう すぐ 右手が 下に…。

(スタッフ)いや~…。

(スタッフ)え~! こんな…。

(中田)見えますが
中に入ると このように…。

これ 掘ったん!?
(井森)これ すごいよ!

[何と 立ち入り禁止場所には…]

(スタッフ)
すごい 高さ あるように見える。

(スタッフ)
50mもあるんですか? へぇ~!

[これも…]

[しかし いったい…]

(スタッフ)はい。

(スタッフ)ホントですね。 これ…。

(中田)いうふうに考えていて。

(中田)この ずーっと…。

(スタッフ)木?
(中田)横に 1つ あって…。

(中田)残ってましてですね。
(スタッフ)え~!

[岩と岩の間に 架け渡した…]

[一歩 足を踏み外すと 転落する
危険な作業場に

亡くなった鉱夫も いたという]

[さらに…]

(中田)よく 注意して…。
(スタッフ)だいぶ 狭いですね。

[現在 いるのは
大久保間歩の この地点]

[いよいよ…]

[撮影に挑む]

(中田)この下に…。

(中田)私も まだ…。

(スタッフ)
この下に 貴重なもの? え~!

[そこにあったのは…]

[どこまで続くか 分からない
竪穴に…]

(中田)皆さん とても…。

(中田)だから もう
この辺ぐらいまでで やめて。

[慎重に 作業を行うことに]

(スタッフ)これ 要は…。

これ だから…。

て感じですよね。

(スタッフ)離しますよ。
(スタッフ)ケーブル 持って。

(中田)はい。

(中田)そう。 向こうのやつ。
(スタッフ)奥側なんすね。

(中田)撮ってください。

(中田)何だ?

(中田)どうぞ 気を付けて。

(スタッフ)下に向けて。 どうですか?

(スタッフ)それですかね?
(中田)ちょっと…。

(二宮)服のニオイ気にして
いろんなもの使ってない?

はい 古い~

今やニオイ専用これ一本で
ぜ~んぶいけちゃいます

紫の「NANOX」ニオイ専用
《青い「NANOX」は4つの機能に!≫

♬~ (男性)イタタ…
(大泉)胃痛にはスクラート いいですか?

二つだけ覚えてください
①胃痛には痛みのもとがある

②そこを直接修復できる

<直接貼り付いて効くんですから>

胃痛に効きそうでしょ?
♬~直接効くのはスクラート
覚えた?

(宮沢)<ちょっと頑張った日は>

(小栗)ちょっと高級なビ-ルでしょ!

<それ 良いと思います!
手に取る前からもうワクワク>

<サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」>

うまっ
<ちょっと高級なビールですもの>

(中田)どうぞ 気を付けて。

(スタッフ)下に向けて。 どうですか?

(スタッフ)それですかね?
(中田)ちょっと…。

(中田)見えてきました。
これ これ。 これ 分かります?

(中田)これ これ。

(中田)そうですね。

[カメラで捉えたのは…]

[いったい これは 何なのか?]

(スタッフ)トロッコ!?

(中田)それが見えてます。

[そう。
これは 銀を運んでいた…]

[当時の作業を調べる上で…]

(スタッフ)え~!?
(中田)だから…。

[明治時代の 貴重な写真にも

鉱夫の手元を見ると…]

[確かに…]

[こちらは…]

[鉱夫たちは 大量の鉱石が載った
重いトロッコを

手で押しながら
坑道の外まで 運んでいたという]

ちょっと ホンマ…。

もちろん。

[まだまだ 解明されていない
謎が多く…]

[という 石見銀山]

[数ある…]

[しかし 遅れていた日本が

鉄砲や 医学書など 西洋文化を
取り入れることができたのは…]

[そして 石見銀山から 車で
1時間ほどの場所にあるのが…]

[日本最大級の しめ縄で
知られる…]

[日本最大級の御本殿は
国宝に指定]

[そして 出雲大社は
何といっても…]

[特に これからの季節…]

[出雲では
全国から 神様が集う時期

神在月と呼ばれ…]

[出雲大社を 一緒に巡るのが…]

[かの有名な…]

[あまりの知識量に
漫画にも登場した

出雲大社のことなら
何でも知る男]

[今回は…]

[ガイドブックでは知り得ない
真の出雲大社が 見えてきた]

(坂下・風間)え~!?

[現在 いるのは 出雲大社
入り口となる 鳥居の前]

[そのまま 進めば
お目当ての御本殿だが…]

[歩くこと…]

(岡)こちら…。

[到着したのは…]

[ここは…]

[夕日が沈むさまは 日本遺産にも
認定されるほどの…]

[ここで まず 紹介するのは…]

[ガイドブックでも
紹介される…]

[実は ここ 稲佐の浜…]

[持っていくと…]

[それが…]

[この…]

[神聖な…]

[実は この…]

[稲佐の浜で拾った砂と 交換で

この砂を持ち帰ると
良縁に恵まれるというのだ]

[しかし 研究者 岡が
教えてくれたのは…]

(スタッフ)風習?
(岡)それは…。

[縁結びだけじゃない!?]

(岡)と思うわけですけど。
(スタッフ)何ですか? これ。

[取り出したのは…]

(岡)もうちょっと…。

[いきなり…]

[縁結びだけじゃない!?]

(岡)と思うわけですけど。
(スタッフ)何ですか? これ。

(岡)竹ですね。 もうちょっと…。

(スタッフ)はいはい はいはい。
(岡)これぐらいです。

[いきなり…]

[そう。 これは
この地域に 昔から伝わる風習…]

[稲佐の浜…]

[そして…]

[その証拠に…]

(岡)ああいうふうな形で
置いておられて。

すごーい。

[それでは いよいよ…]

(岡)下から 今日なんかは 風が
こう ふーっと吹き上がってきて

いい感じで 涼しくて
いいですけどね。

[そして この参道にも…]

[参道を進み
右手に見えてくるのが…]

[ここは 自分でも…]

[いわば…]

[参拝時に…]

[実は…]

[こちら]

(かしわ手)

[そう!]

[出雲大社ほど 歴史のある神社は
特例で…]

[そして ここからは
詳し過ぎる研究者 岡の…]

[出雲大社は
参道入り口から見ると…]

(スタッフ)そうなんですか。

(岡)そこから…。

[そう…]

[自然と…]

[そして いよいよ…]

[出雲大社の顔ともいうべき…]

[ひときわ 目を引く 大きな…]

[見る者を圧倒する
サイズなのだが

実は このしめ縄は…]

[出雲大社の代名詞とも
いわれる…]

[この拝殿ではなく
拝殿の西側にある 神楽殿]

[回り込むと…]

[姿を現す 神楽殿に飾られた…]

[拝殿のしめ縄と比べ

2回り以上も 大きい]

[その ほとんどが…]

[何より 驚きなのが こちら…]

[しめ縄の…]

[あとは 全て…]

[この巨大なしめ縄を
作っているというのだ]

[しかし この境内で
研究者 岡が…]

[出雲大社…]

[それが…]

(岡)石組みの溝。

(スタッフ)マニアック!?

えっ?

ここ 見ないよね? 普通。
(坂下)見ない 見ない。

隠してると思う。

[境内に掘られた おそらく…]

[現在は…]

[実は 研究者の間では…]

[出雲大社…]

[江戸時代の文献によれば…]

[しかし…]

[その…]

[あると 研究者 岡は言う]

[そう…]

[つまり 昔は
この溝沿いに 塀があり

そこまでが 敷地だったと
判明したというのだ]

(岡)それが…。

(岡)ということで…。

[誰もが見逃す この溝が…]

[拝殿で 参拝した後は
いよいよ 出雲大社の本丸

国宝 御本殿]

[まずは
研究者だから知る…]

[こちらが
出雲大社のご祭神であり…]

[現存する
木造建築の神社としては…]

(岡)あの千木も
飾りですけども…。

(岡)実は あれ…。

(スタッフ)えっ? あの
屋根の上に付いてる物だけで…。

[そこで…]

うわっ でっか!

[御本殿が どれだけ 大きいか

お分かりいただけるだろう]

[さらに その下の…]

(岡)という檜皮。

(岡)使ってます。

[何と…]

[厚さだけで
1mにもなるという]

[屋根のレプリカを
境内の宝物殿に 見に行くと…]

(スタッフ)これ さっき…。

(スタッフ)この厚さが。

(スタッフ)ホントですね。

[しかし この…]

[鍋のような物で いって
水分を抜き 強靱にした

竹釘を使用]

[何と…]

[しかし…]

[眠っている]

[実は 出雲大社の御本殿…]

[いにしえの文献を 参考に…]

[こちら]

[まさに 神殿を思わせる…]

[何と…]

[しかし…]

[と 疑問視されていたのだが…]

(スタッフ)へぇ~。

[そう。 CGの巨大神殿が
正しかったと思われる

巨大柱が 出現したのだ]

(岡)ただ これを さらに…。

[そう…]

[見つかったというのだ]

(岡)白木造りといいます。

(岡)ということが 分かったと。

[現在の御本殿 さらに
復元された 過去の御本殿も

木目を生かした
何も塗られていない造り]

[しかし…]

[赤く塗られた 御本殿が
描かれた物も]

[おそらく 嚴島神社のように

美しい朱色に
染められていたであろう 御本殿]

[新たに生まれた 謎]

[いったい…]

[実は…]

[と 研究者 岡は言う]

[江戸時代に 改修が行われた
出雲大社]

[そのときに…]

[したから 現在の…]

[いったい
何を 参考にしたのか?]

[川島さん
10秒以内で お答えください]

この… えっ? どういうこと?
茶色ってこと?

(井森)うんうん。 木目。 木目の色。

茶色だ!

(岡)というのが いまして。

(岡)その…。

(スタッフ)伊勢神宮ってことですか。

[そう。 改修の際 助言をした
黒沢 石斎は

実は 伊勢出身]

[そして…]

[御本殿の脇に置かれた
不思議な木箱]

[その正体を 解き明かす!]

[学者と巡る 出雲大社も
いよいよ クライマックス!]

[やって来たのは 御本殿の側面]

(岡)御本殿。 あの…。

(スタッフ)何か 少し 小さな物
ありますね 横に。

(岡)あれも やっぱり…。

[研究者たちが 大注目]

中に置いてあるんですか?
隠してね。

[確かに…]

[御本殿の側面に ちょこんと
置かれた 謎の木箱だが…]

[実は 誰もが知る…]

[それでは 井森さーん!]

[この木箱は
いったい 何でしょうか?]

ヒント 全然 ないね。
何か きび… えっ?

お祭りで?
お祭りって あれしかないよね。

神輿。

[そう…]

[神様の乗り物]

[このお神輿は…]

(岡)こういうふうな。

[果たして…]

[そこに描かれていたのは…]

(岡)こういうふうに…。

[確かに
お神輿は 地面を通らず

御本殿に架けられた橋を
渡っている]

[驚きなのは…]

(岡)絵だったら…。

(岡)いますけど…。

[そう。 この…]

[この大掛かりな作業を…]

(スタッフ)えっ! 見れるんですか?
(岡)ええ。

(岡)そうです。

(スタッフ)そんなにですか。

(岡)巡ってる。

[何と…]

[テレビで
一度も 出たことのない…]

[特別に 見せてくれるという]

(スタッフ)すいません。

(平岡)平岡でございます。
(スタッフ)よろしくお願いします。

[出雲大社で
代々 神職を務めている

平岡さんのご自宅へ]

[もちろん…]

(平岡)どうぞ。
(岡)失礼いたします。

(スタッフ)はい。 お願いします。

[すると…]

(スタッフ)うわっ すごい…。

(岡)「権検校家古文書箱」…。

(岡)こちらに入っているんですね。
やっぱ 貴重なやつですね。

(岡)代々…。

(岡)大社に お仕えされてるという
資料が こちらに。

(岡)「還御時」… 還御時というのは
お帰りのときですね。

(岡)「浮橋全景写真」と。

(岡)やっぱり 書いてありますね。

(平岡)どうぞ。

[いよいよ…]

[出雲大社…]

(坂下・風間)へぇ~!

(大久保)お疲れさまには (梅沢)コレよコレ!!
(缶を開ける音)プシュ!

♬~ ハァー
≪鼻に抜ける レモンの香り
レモンピールがダンスしてらぁ…≫

≪樽の香りが
追いかけてくる…
追いかけてくる≫

<サントリー「樽香るレモンサワー」
「こだわり酒場」から>

(宮沢)<ちょっと頑張った日は>

(小栗)ちょっと高級なビ-ルでしょ!

<それ 良いと思います!
手に取る前からもうワクワク>

<サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」>

うまっ
<ちょっと高級なビールですもの>

[いよいよ…]

[出雲大社…]

(岡)すごいな…。

[こちらが…]

(岡)これなんですよね。

[橋の高さは
手前の木よりも高く…]

[まだ…]

[いかに 神様の移動が
特別な儀式だったかを

物語っている]

(スタッフ)尋常じゃない?

(岡)やっぱり…。