それって!?実際どうなの課[字]【森川葵ダーツ大技に挑戦】【激安ワケあり物件を調査】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【森川葵ダーツ大技に挑戦】【激安ワケあり物件を調査】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【ワイルドスピード森川『ダーツ』のスゴ技に挑戦!】
【狩野英孝&大島てる 激安ワケあり物件の見抜き方】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/狩野英孝/大島てる
番組内容
①【ワイルドスピード森川・ダーツに挑戦!】
様々な世界の達人たちが長年かけて習得したワザを、たった1日で成功させてしまう“何でも出来ちゃう女優”森川葵。
今回は寸分の狂いも許されない「ダーツ」に挑戦!
果たして今宵も“ワイルド・スピード”本領発揮なるか!?
番組内容2
②【ワケあり物件って実際どうなの?】
立地も間取りも良いのに、何故か激安…。
そんな“ワケあり物件”を、狩野英孝が巡るこの企画。
今回もあの「大島てる」と推理対決!
果たして、狩野・大島てるは物件に隠れた「ワケ」を見抜けるのか?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 森川
  2. 狩野
  3. 大島
  4. 知野
  5. 大熊
  6. 物件
  7. 部屋
  8. ダーツ
  9. ハハハ
  10. リング
  11. 今回
  12. 瑕疵
  13. 道路
  14. パンッ
  15. ワケ
  16. 見事
  17. 場合
  18. 生瀬
  19. 達人
  20. 挑戦

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



<達人たちが 長い年月を かけて
磨いてきた 技の数々を>

<空気を読まずに…>

<それだけでは
とどまらず

「#おつかれ森川」が…>

<まさに 一切…>

<こよいは ダーツを
自在に コントロールし

的を狙う
トリックショットに挑戦>

(大吉)うわ~っ!
(大島)うわっ。

これは すごい[笑]
(生瀬)そういうことか!

当てるだけじゃ
ないんだ。

<しかし
寸分の狂いも許されない…>

<…の技が
森川に立ちはだかる>

(森川)うわ~っ!

あっ!

<ワイルド・スピード森川は…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(森川・大島)お願いします。

本日 華丸さんは
ちょっと お休みで。

今回…

…ということで。
(森川)やっぱり 普通に…

…ことを してきたので。
うん。

(森川)また これが…

いや 難しいですよ。
(大吉)ねぇ だって…

(森川)ちょっと見てもらったら
分かるんですけど。

(大島)え~っ。

<驚くべき精度で
ダーツを コントロールし>

<さまざまな的を狙う…>

<海外でも人気の
パフォーマンス>

<早速…>

<すると>

(大島)あら。

ハハハ…[笑]

<彼こそが…>

<…を果たし 世界大会にも
出場経験のある

人呼んで…>

(大島)え~っ!

震える 震える。

<一気に…>

<森川!>

<こんな…>

<今回 森川には

難易度順に 3つの
トリックショットを用意>

<正直 言って これら全てを…>

<初心者の森川 まずは…>

<…から 学ぶ>

(知野さん)もしくは…

(知野さん)で ちょっと
握り込んでもらったり すれば

ちょうどいい持ち方になるので。

<まずは この円の…>

<…を目指す>

(知野さん)OKです。

(知野さん)うん。(森川)よっしゃ。

<なんと 最初から3本を

円の内側に入れてきた 森川>

(知野さん)もう1つ
ポイントとしては…

(知野さん)極力…

<すると その後も ほとんど
円の外側に外すこと なく>

<…を上げていく 森川>

(知野さん)うん。(森川)よっしゃ。

(森川)本当ですか?

<あっという間に…>

<達人の制止を振り切り…>

(森川)あっ 惜しい!

<そして>

(森川)よっしゃ!きた。
(知野さん)お~っ!

(森川)イェ~イ!

<なんと ブルの中心部 黒の…>

(森川)真ん中だ。
(知野さん)センス いいと思います。

(森川)はい。

<一気に…>

<使用するのは クラッカーの
ヒモの部分に 直径2cmの

キーホルダーの
リングを取り付けた こちら>

<そう 狙うリングは

先ほど 森川が入れた…>

<…しか ない>

<そして
リングが揺れないように…>

<距離は
ソフトダーツに合わせ…>

<まずは…>

[パンッ!]
(森川)うわっ!

びっくりした![笑]

<投げたダーツは 見事な軌道で

リングを突き抜けると>

[パンッ!]

<勢いよく
クラッカーを鳴らしてみせた>

<これぞ…>

(森川)…て言って これ やって…

(森川)やりたいです。

<まずは…>

(森川)いきます。

(森川)ハハハ…[笑]

<高さを保てず

リングの下を
通過してしまった>

<再び 投げるものの>

(森川)あ~っ。

(森川)あ~っ!

高め?

(森川)あっ。

<徐々に高さは 出てきたが>

<まだ…>

(森川)あ~っ。

(知野さん)手を伸ばしていくと…

(森川)はい。

<手を振る ラインを
意識しながら>

<繰り返し挑戦する 森川>

(森川)う~ん。

(知野さん)おっ!惜しい。

<すると 少しずつ
ダーツが それること なく…>

<…なってきた>

<そして…>

(森川)うわぁ 惜しい。

<投げたダーツは
リングを つっている

ワイヤー部分を かすめたが>

<残念ながら…>

<高さを細かく調整しながら

森川は 投げ続ける>

<だが 何度も
近くには当たるものの>

<どうしても…>

(森川)うわ~っ。
(知野さん)惜しい!

<一気に集中力を高める
森川>

<そして…>

[パンッ!]
(森川)うわ~っ!

怖い!これ[笑]

<おびえながらも 見事…>

<森川の投げた ダーツは
山なりに飛びながら>

<勢いよく リングの中へ
一直線!>

[パンッ!]

<見事に クラッカーを
鳴らしてみせた>

<これには 達人も>

<思わず この表情>

<そして 森川は>

[パンッ!]

<大きな音に 思わず…>

<…の はずだったが>

<驚くべきことに
成功までに かかった時間は…>

<一切…>

<ここに降臨!>

<しかし ここから…>

<使用するのは こちらのボトル>

(森川)閉まっちゃう!

<そう 高さ1.5cmの
キャップの右側面を

こするように
狙わなくては ならない>

<まずは…>

あら!難しいんだ。

(森川)うわ~っ!

<そして>

(森川)うわっ すごい!

(知野さん)こんな感じになります。
(森川)はぁ~!

<正確な コントロールで

ダーツを キャップ側面に
こするように当てると>

<勢いよく 回転させ

はじき飛ばしてみせた>

<これぞ…>

(森川)…てことですもんね!

これ できたら。

<こんな…>

<すぐに…>

<まずは…>

(森川)あ~っ。

<すると…>

[キンッ]
(森川)うわっ!

[キンッ]
(森川)うわっ!びっくりした。

<今度は ビンに…>

<しかし その後も挑戦するが>

<何度も ビンには当たるものの>

(森川)う~ん!

<感覚を研ぎ澄まし>

<投げ続ける 森川>

<すると…>

(森川)お~っ!(知野さん)惜しい!

<ついに…>

<しかし…>

<ボトルを開けるどころか…>

(森川)もしかしたら。

<しかし 森川は挑み続ける>

(森川)あ~っ。

(森川)あ~っ!

うわ~っ!

<そして あっという間に…>

(森川)お~っ。

<すると 徐々に…>

<腕に かなりの疲労が>

<そう 前回の
ブーメランの挑戦でも>

<1日で 465投を投げるなど>

<ここのところ…>

<だが 諦めること なく>

<森川は 挑戦を続ける>

(森川)あ~っ 惜しい!
いいとこ きてる。

(知野さん)惜しい!

<すると この 森川の…>

<…を起こす>

これは。
本当に?

えっ?

(森川)おっ!

<森川 見事…>

<正確な コントロールで放たれた
ダーツは>

<キャップの側面を見事に捉えて
こすると>

<勢いよく
はじき飛ばしてみせた>

<これには 達人も>

<この表情>

(森川)うわ~っ!

<腕の疲労に耐えながら…>

<…を投げ 手に汗握る
激闘を制した>

<恐るべし…>

<とうとう…>

<使用するのは こちらの…>

<なんと ダーツ
ちょうど1本分しかない…>

<…という>

<距離は 今まで同様
2m44cm>

<その妙技を
とくとご覧あれ>

(森川)ちっちゃすぎて
この距離じゃ見えないんですよ。

<もちろん…>

<そして…>

(大島)45分?
達人も?

(森川)はい。
ハハハ…[笑]簡単に言うけどさ。

(森川)わぁ~!すごい!

<正確無比な軌道で
放たれたダーツは

ピンポイントでボールの穴へと

吸い込まれた>

<これが…>

(大島)アルティメット・ブル。

<だが…>

<…を要した>

<まさに…>

<…の神業>

<…な話>

<…森川>

<まずは…>

<1投目から ボールをとらえた>

<そして…>

おぉ~ 惜しい。

<今度は…>

<…森川>

<すると その後も…>

(森川)あぁ~。

<森川の狙いは

決して悪くない>

<しかし 相手は
2mmしかない

ごま粒ほどの穴>

<投げ込む位置と角度が

少しでも ずれてしまえば>

<…神業>

<さらに>

あっ ちょっと もう。

<これまでのチャレンジを含め

およそ300投
投げている 森川>

<…ことも 増えてきた>

(森川)あぁ~。

<成功を信じ 森川は投げ続ける>

<気づけば 投げた回数は…>

(知野さん)惜しい。

(森川)ハハハ…[笑]

<森川は言う>

<…からこそ>

(森川)あぁ~。

<だからこそ…>

うわぁ~ やるね。

いけ。

<そして 投げた回数は…>

<腕は 限界に近い>

(森川)う~ん。

<でも ここで…>

<己の腕に むち打ちながら

森川は 挑み続ける>

(森川)あぁ~!

<だが…>

<投げたい気持ちも分かるが

体のことを考えると…>

<もはや 気迫だけで
投げている 森川>

(森川)ふぅ~。

(森川)あぁ~。

<すると ここで森川が…>

<…の 一投を放つ>

えっ?

うわぁ~。

(森川)あぁ~。(知野さん)惜しい。

<森川の放ったダーツは

穴から ほんのわずか

右に それてしまい

惜しくも…>

(森川)わぁ~。

<実に あと数ミリ
というところまで 迫ったが…>

<だが きょうだけで…>

<…を繰り広げた 森川>

(知野さん)
…しまったんだろうなって。

(森川)いやいやいや。

(森川)機会があったら…

(知野さん)はい。

お疲れさまでした。
(森川)お疲れさまでした。

<いつの日か 打上げで

披露することを夢見て>

<今回も…>

あっ ワケあり物件。

<「いわくつき」や「事故物件」
とも呼ばれ

恐れられつつも
安い家賃ということもあり

一部には 絶大な支持を得ている>

<しかし 一方で…>

<ということで 今回は
皆さんも実践できる…>

<…を調査>

(狩野)どうも…

(狩野)狩野英孝です
よろしく。

<調査するのは…>

<そして ワケあり物件に詳しい
この2人>

<そして 今回も
狩野と 大島てるが

どんなワケありかを
推理していく>

<今夜 訪れるのは…>

(狩野)…ていうイメージ
ありますからね。

<そんな…>

<2人が…>

(大島)あら。

<こちらの物件は 築32年の
2階建て1軒屋で

間取りは5LDK>

(狩野)ただね…

(狩野)ここから…

<ワケあり物件は
以下の4つに分類されている>

<「瑕疵」とは
傷や欠点という意味>

<そして「心理的瑕疵」が

いわゆる「事故物件」を指す>

(狩野)結構…

<狩野が注目したのは
この…>

<そもそも 物件は
建築基準法上の道路に

2m以上 接していなければ
ならないうえに

その接している道路の幅は

4m以上でなければ ならない>

<これら 満たしていない場合

家を建て替えることが
できない上に

法的瑕疵の可能性が
出てくるのだが>

(大島さん)そうですね はい。

(大島さん)むしろ…

(大島さん)…だろうなって。

(狩野)これぐらい
生えてるってことは

まぁ 結構…

(狩野)…ていうのは
なんか感じますね。

(狩野)では 行きましょう。

うわぁ~。

(狩野)お邪魔します。

<まず 最初の部屋へ>

(狩野)うわっ 広いね。

(狩野)そうですね。

(狩野)…みたいな感じで
言ってたけど。

もう…

(狩野)…て そんな感じです。

(大島さん)あっ 本当ですか?

(狩野)平成の感じ?あっ そうか…

(森川)あっ すごいきれい。

(狩野)てことは…

<残された保証証明書から

最近まで住んでいたと推理>

<すると ここで 大熊が>

(狩野)あっ ありがとうございます

(大熊さん)こちらの物件はですね

数か月前に退去された
ほやほやの物件です。

(狩野)やっぱり そうだ。

(大島さん)その割に草が
すごくなかったですか?

(狩野)だから住んでるときから…
(大島さん)あぁ~ なるほど。

(狩野)手入れは
してなかったんじゃない?

(狩野)それだ。それで言ったら…

(狩野)さぁ 畳の部屋。

<続いて隣の…>

<ここでも>

(狩野)なんか こう…

(大島さん)そこで。

<突如 ここが現場だと言い放つ
大島てる>

(大島さん)ちょうど
ピンポイントで…

(森川)乗っちゃう[笑]
(大島)「乗っちゃうかな」[笑]

<これが瑕疵なら…>

(狩野)やっぱ あるとしたら
こっちだわ。

<ここで推理の途中だが…>

(大島)なんだ?

(スタッフ)…問題のアンケート…。

(狩野)Twitterの?

(大島さん)少しあった。

<そのアンケート…>

<ちなみに…>

(狩野)えっ!
(大島さん)本当ですか?

(狩野)えぇ~!
すごくない?

(大島さん)こんなの
当たるんですか?

(大島さん)ありがとうございます。

<そして再び 調査開始>

(狩野)さぁ お風呂場ですね。

(大島さん)ちょっと私の体重だと
危ないです。

<その可能性を疑った方が よい>

<そして お風呂場を出て
2階を調査>

<そこで2人は…>

(狩野)2階にもですね
シンク トイレがあるんだね。

これは使いやすいわ。

<まずは右手の部屋へ>

(大島さん)あっ めくった。

ちょっと 今[笑]

<狩野
秘密のメモらしきものを発見>

(狩野)「来ないで」

<この部屋に…>

<さらに中に入ると>

(狩野)なにこれ?

(狩野)これ完全に…

<狩野は ここが現場だと推理>

(大島さん)柔道場と剣道場の
境目とか。

<すると ここで本日…>

(大熊さん)こちらの物件が

瑕疵がなかった場合
なんですけれども。

価格的には
5000万円以上します。

ただ瑕疵があることで

4000万円前後の
お値段になります。

(狩野)1000万
安くなるんですか?

<こちらの物件は瑕疵により…>

(大島さん)まぁ そうでしょうね。

<そして最後の部屋へ>

(大島さん)えっ 本当ですか?

(狩野)何?これ。
(大島さん)ハハハ…[笑]

いやいやいや ここは。

(狩野)どうなってるの?これ。

<部屋の中心に
謎の補修跡を発見>

<すると狩野が>

(狩野)床に付いてる この
つぎはぎも そうなんだけど。

傷だよね?

<この部屋で…>

<以上で…>

<皆さんは この物件が…>

<分かっただろうか?>

(狩野)僕が出した答えは…

<この…>

(大島さん)はい。

(狩野)僕が出した答えは…

(狩野)天井のシミ そして床のシミ

これは全て 雨漏りが原因でできた
シミでございます。

そこに対して
物理的瑕疵が生まれます。

(狩野)…じゃないかなと
俺 思ってます。

上でママが
自殺したんじゃないかなと

私は思いました。

<ミスターの答えは>

(大島さん)ここで孤独死が。

<一貫して ミスターは
ここが現場だと考え

心理的瑕疵であると結論づけた>

(狩野)うわぁ~ そうなんだ!
俺 失敗した。

いや…

マジで!

<果たして…>

何だろう?

(狩野)えぇ~!

(大熊さん)はい。

<そう この手の瑕疵は…>

<ちなみに道路は公道と私道に
分けることが でき

この家の前の道路は私道>

<その場合…>

<つまり こちらは
認められていない私道のため…>

<…ほど存在するという>

(大熊さん)そうですね。

(大熊さん)今回の物件に
関してはですね…

(狩野)なるほど。

(大熊さん)そうですね。

<ちなみに今回の場合

基準法の道路にするためには

およそ200万円ほど
かかるという>

(狩野)ていうことは
いやらしい話ですよ?

ここを5000万の家を
4000万で買います。

で 申請して法的な道路にして

5000万円で
売れるんですかね?

(大熊さん)まぁ そうですね。

<…狩野だった>

<そして本日2軒目の…>

<築37年のマンションの1室で

間取りは3DK>

<最寄り駅までは
歩いて およそ10分の

ワケあり物件>

<早速…>

(狩野)お邪魔します。

何かね…

(大島さん)いや あの…

(森川)えぇ~?

<ここは…>

<まずは
入ってすぐの部屋を調査>

<ここで狩野が…>

(大島さん)えっ なんですか?
ハハハ…[笑]

<…の狩野と大島てる>

(大島さん)えっ なんですか?
ハハハ…[笑]

(狩野)大島さん。
(大島さん)何があった[笑]

(狩野)何?この…。

(大島さん)ハハハ…[笑]

(森川)怖い。

<壁一面に染みついた謎の…>

(狩野)うわっ!

(生瀬)「怖い事を言う」

(狩野)怨念?(大島さん)はい。

<もし これが
怨念だと いうならば…>

(狩野)俺ね一瞬…

<そう 仮にこれが…>

<過去に火事が起きたことで
柱や構造部分に

ダメージが残っている
可能性もある>

<さらにリフォーム
されてしまえば見つからず

隠れた瑕疵として のちに

トラブルになることも
あるという>

(狩野)分かる?
(大島さん)はい あぁ~ はいはい。

(狩野)だから おそらく何か…

(狩野)多分 それが…

<それに対し…>

<そして2人はキッチンへ>

(狩野)失礼します。

わぁ 広いね。

<現れたのは…>

<しかし右奥の部屋を見ても…>

(狩野)結構 やっぱ畳が
その部分だけ汚れてたり

変色してたりするじゃないですか。

それが ないんだよね。

<ここで大熊…>

(大熊さん)一応 こちらのお部屋は…

(狩野)この部屋を?
(大熊さん)いや 全部の部屋を。

<そう 亡くなられた方の
痕跡などが残っている場合

床や壁を修繕するため

フルリフォームするケースが
あるという>

<そして最後の部屋を調査>

(狩野)えぇ~?

<この部屋にも…>

(大島さん)あっ 私は…

(大島さん)いやいや ちょっと[笑]

<大島てる まさかの…>

(大島さん)いや[笑]

はい じゃあ ちょっと。

(森川)えぇ~ 何?

(狩野)えっ!

<実は 後から
分かったことなのだが>

<この時点で…>

<大島てるが
訪れているということは

この物件…>

<この物件は…>

(大熊さん)こちらは…

(狩野)えっ!

<そう ここは…>

<ベランダから見えるという>

<ベランダから
見えるという>

(生瀬)お墓 ダメなの?
環境?

(大熊さん)あちらがですね…

(狩野)えぇ~!

(大熊さん)そうですね。

<そのため あの有名な
青山霊園でさえ

その周りは多少なりとも
相場より安くなるという>

(大熊さん)そういったので…

(狩野)なるほどね!

<つまり こちらは

心理的瑕疵を2つ抱えた…>

<…物件>

(大熊さん)こちらの物件…

(大熊さん)…ぐらい
なんですけれども。

<そう 実は心理的瑕疵より…>

(狩野)キッチン ダイニングも
広いし。

(狩野)いやいや[笑]

(大熊さん)私は思っております。

(狩野)ホラーゲームやってても。

はいはい。

まぁ 本職ですからね。

(大島)こんなに…

(森川)ハハハ…[笑]
(大島)改めて見ると。

(♪~)

(♪~)