ダウンタウンDX★バラドル集結!過酷ロケ&嫉妬結婚…森口博子峯岸みなみ他[字][デ]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ダウンタウンDX★バラドル集結!過酷ロケ&嫉妬結婚…森口博子峯岸みなみ他[字][デ]

★藤田ニコル峯岸みなみ山之内すずVS松本明子&森口博子!超過酷ロケ★新婚の峯岸が抱える苦悩★磯山さやかキャラ秘話&藤田ニコルの(秘)ライバル★暴君浜田VS鈴木紗理奈

出演者
【司会】
浜田雅功(ダウンタウン)
松本人志(ダウンタウン)

【ゲスト】
磯山さやか
鈴木紗理奈
藤田ニコル
松本明子
峯岸みなみ
森口博子
山之内すず
番組内容
★藤田ニコルが絶対に負けたくないライバルはおじさんキラーの大親友!大御所と仲良くなる方法も★新婚の峯岸みなみが抱える悩みに松本が…!AKB時代の衝撃ものまね公開★磯山さやかがぽっちゃりキャラになった理由を激白!あのレジェンド芸人との秘話も★松本明子VS森口博子!超過酷ロケ対決!目の前に機関銃?雄のロバを口説く?★鈴木紗理奈はネタ作りのためにヤンキー仲間と夢の国へ★山之内すずインスタで電撃スカウト!
制作
ytv
おしらせ
★番組終了後、Youtubeにて収録合間にポロリと漏らしたゲストの映像公開!詳しくは番組HPまで★
番組ホームページ
★ダウンタウンDX公式HP★
https://www.ytv.co.jp/dtdx/
★Twitter、Instagramも是非チェックしてね!
キーワード
AKB48
オールナイトニッポン
行列ができる相談所
めちゃ×2イケてるッ!
東海オンエア
進め!電波少年

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 松本
  2. 鈴木
  3. 磯山
  4. 森口
  5. 時代
  6. ゴング
  7. ホント
  8. 頑張
  9. 峯岸
  10. 当時
  11. キャラ
  12. ダウンタウン
  13. 一緒
  14. バラエティー
  15. 結構
  16. 仕事
  17. 藤田
  18. アイドル
  19. ダメ
  20. テレビ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



♬~

(浜田)はい どうも~。
(松本)どうも~。

ダウンタウンで…おま~。

そんな挨拶せえへんやん。

あ そうですか。いつも
言ってなかったでしたっけ。
いや 言ってないですよ。

僕と鶴光さん
ずっと言ってましたけどね。

鶴光さんは ずっと言ってた。
鶴光さんは言ってましたか。

さあ 浜田さん 今日は
どういう回で ございましたか。
今日は…。

…で ございま~す。

<今夜は 時代と共に
テレビ界を盛り上げる…>

完全に年代別…。

ホントだ。
こうなってた。

まあまあ そうですよね。
バラバラも おかしいし。

まだ やってるやん的な。
(森口)チーム 昭和!

いや 別に いいんですけど
これ…。

すごいですね。
すごいです。
(松本)すごい年。

<今や…>

<その先駆者が…>

<…の4人なんです!>

♬~ OS・MES・KISSしたら…

<やむなく路線変更し

バラエティーに進出>

そやな アカンかったから
バラドルいったんやな。

<すると アイドルなのに
体を張る…>

<人気者に!>

<…を務めるなど 大活躍!>

第1次ですよね 森口ちゃんと私。

そうですね。
(松本)第1次バラドル。

『いいとも』 出たぐらいやもんね。
そうですね。一緒に

レギュラー
やらせていただいたりとか。
森口はね 一緒にやってました。

すごいね こっから始まる…。

<そして1990年代に入ると

グラビアからの進出が
著しい時代へ!>

<…も その中で
生まれたバラドル!>

<この頃のバラエティーは
キャラクター至上主義>

<…など 様々なキャラが生まれ

鈴木紗理奈は 口が悪い…>

<…の親しみやすさで
イジられ放題>

キャラクター分担っていうのが

もっと細分化して
出てくる時代なんですけども。

<そして2000年以降になると…>

<グループアイドルブームが
到来!>

<…を持つ時代に!>

<そこでメンバー内には…>

<その中でも…>

<不動の…>

≪頑張ってるね~!≫

<さらに近年では…>

<モデル出身の藤田ニコルは…>

若すぎて。

<そして…>

<山之内すずも
デビューした年に…>

<今夜は そんな皆さんが…>

<…を お話し頂きましょう!>

(拍手)

さあ まずは森口さんですが。

でも私がデビューした当時は…。

音楽番組主流だった
じゃないですか。

すごい憧れて
ボードから出てくる。

[ モノマネ ]皆さま こんばんは
今週の第1位…。

とかってやつ。
あれ すごい憧れてたんで…。

誰ですか?

[ モノマネ ]皆さま こんばんは
今週の第1位でございます。

もうね…。

≪わからないでしょ。
わからないでしょ≫
全然 わかんない。

ギリわかります。ギリわかります。

でも その なんか
あの鼻声の振りがあって

あそこから出てくる みたいなの
憧れてたんですよ。

だけど なんか同期には
中山美穂ちゃんとか

本田美奈子ちゃん
南野陽子ちゃん 浅香 唯ちゃん

斉藤由貴ちゃん みっちょんとか
いしのようこちゃん

いっぱい いて
それで あの子 才能がないから

福岡に帰したほうがいいって…。

(森口)
それでバラエティー
やるように なったのが

最初のキッカケだったんです。
井森とか山瀬とかは

そのへんぐらいの時ですよね?
そうです。で あっこさんも

井森も山瀬も私も4人で…。

あっこも歌手を諦めた

ってことですか?
いやいや 私も1983年に…。

…で 華々しくアイドル歌手で。
なんや それ!

『×♀×Kiss』!?

ちょっと さわりだけ…。ちょっと
さわりだけ すいません。

絶対 アカンやん!
絶対 アカンやん!こんなん。

ほぼ 言うてもうてるし。タイトル。

最初にタイトル
言うてもうてる。

で なかなか売れずに
で すぐ その深夜放送の

鶴光師匠の…。

というね ちょっとエッチな。
ちょっとエッチなトーク。

鶴光師匠のアシスタントを
もうデビューと もう

時間たたずうちに
やらせていただいてて

そのときに…。

≪事件があった…≫

…を やろうっていうことで。
ラジオだけじゃなかったもんね。

そうなんですよ。
で 鶴太郎さんが そんときに…。

つって「名前言ってもいいかな」
とか いう。

ぶっこんできたわけ?
ぶっこんできたんですよ。

デビューしたばっかりだし
事務所にも怒られるしと思って

どうしよう どうしよう
それだけは許してくださいって

言ったんですけど 鶴光師匠が…。

「…んちゃう?」って。
4文字 言ったら…。

すごい時代でしょ。
(松本)そうそう。

えっ…ありえない!

叫んだ。
ほいでね。あれ…。

って聞いたけど。
(笑いとゴング)

それは違うの?出してはいない。
声に出したと。

(松本)声に出して。声に出して。

それは でも衝撃ですよね。
いや 言うてしまって

翌朝の新聞 芸能欄じゃなくて…。

ハハハ!
休まなきゃいけないの?

それは どれぐらいの期間?
お休み…。

ええ~!

4文字…。

ホンマや。
「ホンマや」じゃないがな。

で その先輩方の苦労があり…。

バラドルっていうのが一番人気を
得るようなアイドル

テレビ界のアイドルみたいな
なった たぶん時代で

グラビアアイドルは人気が
出たらテレビでバラドルを

出来るっていう…そう。

いう時代の黄金期に
入ってくるんですけど

バラエティーに出るのが
当たり前なんで 次は…。

…していかないと いけない
っていうので

私は ちょっと…。

というかですね。
ちょっと そういうキャラを

やらしていただいてて。

で 私生活も なんなら
それに寄せていかないとダメ。

私がヤンキーで やってたんで

私生活もヤンキーにしないと
ダメなんで。

どこで誰が見てるか分からん。
(鈴木)そうですよ。で 特に

この『DX』でも よく
街で見かけた情報で投稿して

それをネタにトークする
みたいなんが あったんで

今日は『DX』のネタ作りやと。
じゃあ ちょっと。

ちょっと なんか…。

(笑い)

(鈴木)
「ディズニーランドの
ヤンキーの集団 見かけて

中に鈴木紗理奈おったわ」とか
って送られたら

そっから ちょっと そういう
トークが出来るんじゃないか

みたいな計算までして…。

…して やってた時代です。

磯山の時は その…

いわゆる ゆうこりんとか
そういうこと?
そうですね だから…。

…ぐらいの世代なんですけど。
そっか。

そう 全員いるで。クラスにいる
キャラが全員いるみたいな。
(磯山)そう ほとんど いたんで

そこでいないキャラっていって
ゆうこりんができたんですよ。

はいはいはい。

(磯山)こりん星を
生み出したんですよ。

それは どう思ってたの?
こりん星は。
(磯山)私ね

ゆうこりん こりん星の前から
知ってて 同期なので。

その時も ちょっと不思議ちゃん
キャラではあったんですよ。
なるほど。

「なんとかですわよね」
「なんとかですわ」

みたいなことは やってて
そこから 結構すぐあとに

こりん星が いきなり姫になってて
やってたんですけど

あの 何でしょう。仕事は…。

にしてるんだけど
会うたび 結構…。

(笑い)

あ 何か 俺見たことある
どんよりしてるゆうこりん。
(磯山)そうなんですよ。

それ見てたんで
私も何かキャラクターを…。

…みたいな
感じだったんですけど

テレビで出るってなった時に
何をするってなって

結果 多分
ぽっちゃりの体型だったから

有吉さんが「おい ぽっちゃり」
みたいな

感じのイジりを
してくれたところから

ぽっちゃりキャラが確定してきた
みたいな感じです。

私たちの時代 やっぱみんな
キャラを探してるんで

ほんとに今まで違う
キャラやった子が…。

わかるよ。
変わっていくの。

こっちも それで…。

そんなんやったっけ?と思って
で あ それでいくのねと思って

次 会ったら
また全然 違ってたりするから

どうしてほしいの?みたいな。

これ峯岸さんは どうなの?
AKBで

何でバラエティー担当に
なったんですか?

アイドルグループで
最初はやっぱり

より多く パートを歌いたいとか
センターになりたいって

みんな目指すんですけど
あの やっぱり

無理だなって思う
瞬間があるんです。

あ これ以上 頑張っても
センターにはいけないだろな

やっぱ人気とかもそうだしと
思ってる時に

冠番組 AKBの
バラエティー番組ができた時に

一生懸命やってると…。

歌では3列目だけど
バラエティーだったら

1列目にしてもらえると思って

よし バラエティーで
頑張ろうと思って

頑張り始めたのが
きっかけで。
なるほど。

すいませんが
この写真は…。

これ すごいですよね。

この角度は お前…。

(笑い)

一緒に可愛いグラドルの子と
出た時に

みんな全然「可愛い!」みたいな
感じであんまり こう

イジってもらえなかったんで
これはマズいと思って…。

って言われた時に。

(峯岸)これ新幹線。
(松本)え!?
(笑い)

新幹線!?

(笑い)

あ そうなんだ。

にこるんは どうなの?バラエティー
出始めたきっかけは何なの?

私は もともと小学6年生…
今もなんですけど

モデルのお仕事をやってて
雑誌出てて

SNSもその時あったので

何か普通にその当時
付き合ってた彼氏とかと

普通に そういうデートとかも
のっけてたりしてたんですよ。

それで番組の人から声がかかって
一番最初 あの 日テレの

『行列のできる法律相談所』の
MCがさんまさんの回で

呼ばれて ほんとに当時
ほんとにバカだったんで

普通にキャラとかもなく
普通に呼ばれて

スタジオで喋ってたら
なぜかウケて それで…。

へぇ~!
≪すごい≫

すずは どうなの?
すずの場合は。
私は まずインスタグラムから

事務所さんに
スカウトしていただいて。
もう そんな時代…。

SNS。
すげぇな。
(山之内)で TikTokがこう伸びて

そこからABEMAの
恋愛リアリティーショーに

出させていただいて

ちょっとフォロワー数が こう
多くなったタイミングで

テレビに出させていただくように
なったっていう。

何か こう
ちょうど テレビ側が…。

なるほど。
(山之内)だから
フォロワー数の多い

若い子を呼びたいって
なった時に

たまたまハマったのが
私やったのかなっていう。

このへんの時代なんか やっぱ…。

ここは もう…。

(笑い)

出てたっていう。
そうね。

私だって ブログやってますよ。

やっぱ…。

すぐ立つ。
(笑い)

そうやろ!

まあ 確かにこの辺は
立てへんよな。

立つ瞬間がわかんなくて
周りの人たちが立って…。
そうよね。

何で立ってんのかも
わからへんよね。
(笑い)

(笑い)
前に 前にね~。

<ここからは
トラウマになるような

過酷だった仕事を
教えていただきましょう>

これは あっこさんですね。
はい やっぱり あの…。

『電波少年』出させて
いただいた時に…。

それから…。

え?
(藤田)外!?

あの当時…。

あ~ 出てたね。
(松本)松村さんとかと一緒に

まあ ヨゴレをやってた。
色々やってたもんね。

なんでこの企画通ったの?
(松本)パレスチナ。

(松本)I’m Japanese.
アラファト OK?

内紛中ですね。
中東戦争から始まって…。

<英語もわからないまま
交渉し続け

なんとか面会に こぎつける>

(松本)Hello!

よう会えたよね。

(松本)Thank you.

これ すごいよな。
ほんと すごい。

<イントロ開始!
歴史的デュエットの瞬間>

もう わかるか!

≪わかんないよね≫

そら そうやろ。

あんまり強くやった時点で
もしかしたら 撃たれてるよね。

だからハグしにいった時に…。

カシャカシャって…。

(松本)…が してました。

海外なんや。
(藤田)海外だね。

(松本)くっせ~ これ。

いや 何も命綱もない。

うわ うわ うわ。

いや~!もうダメ~!ダメだって。

すごいの おるやん。

(笑い)

これは 何目的で行った…?

それを 埋蔵金みたいなものを?

(松本)はい 宝物を探しに
行くっていう…。
は~!

洞窟なんで その
ライトをつけると

もう天井は全部コウモリが
びっしり ぶら下がってて

足元はコウモリの死骸と
フンに群がるゴキブリの絨毯で。
≪臭そう≫

ディレクターさんもカメラさんも
もどして もう鼻…。
気持ち悪い。

うわ~。
で もう…。

無茶苦茶やん。
≪え~ ひどい!≫
≪考えられない≫

スタッフ全員 ギブで。

今なら もう大問題よね。
オンエア見ても多分クレームが。

女の子に何さすねんの
クレーム対応のために

ヒゲ描いてるみたいな。
(笑い)

多分ほんま そんなとこよ。

森口さんは どうなの?
過酷なロケは。

私は やっと仕事が入った
って時に

動物のロケって聞いたんですよ。
で 何かこう

可愛いイメージとか
あと海外にいて

かっこいいロケかなと
思ったら…。

…っていうミッションがあって
ちょっと意味わかんなくて。

イヤ~!イヤだ!イヤ~!
女の子だよ~。

(森口)早く…。

<さらに…>

やっと会えたぞ。

なんやねん。

≪パンツ出てるやん≫
パンツ丸出しやないか。

ハハッ!
(松本)うわ~!

ロバを口説くってのは
ああいうことやったの?

(森口)そうです。雄ロバを口説く。
で 最初

何にも反応してくれないから…。

…と思って。途中から
「ロバりん」って言ったり

耳に フーッて息ふきかけたら…。

そしたら そのロバが動いたから

ディレクターさんが
「よし いい画が撮れました」って

言われて 頑張った 渾身の…。

ニコルさん どう思いますか?
今のは…。

いや もう…。

今は そんなん させへん…。
(藤田)うちらの世代は 結構…。

なるほどね。
(藤田)結構…。

NG?ないない…。

(鈴木)NGなんか…。

(森口)来るもの拒まず
去るもの追う。

<さらに…>

(森口)
化学の実験とか
生物のコーナーだったから…。

覚えられなくて
自分の体を使って

覚えればっていいんだって
アドリブで思って

それで 私が生放送中に

右心房 左心房 左心室
あっ 右 左…

あ…。

…って生放送中に言ったら

苦情の電話が かかってきて。

(ゴング)

(笑い)
ノリは。

紗理奈は どうですか?
紗理奈が ちょっと

きつかったっていうのは。
私は『めちゃイケ』の
オーディションに受かって

この バラドルっていうのを
やらしてもらったんですけど

『めちゃイケ』は やっぱ
お笑い番組やったんで…。

大抵のことは
やったんですけど

多分 もうやることが
なくなってきて

私が一番 嫌だったのは…。

あ これや。
(鈴木)そうです。

キリンに
舐めまわされるっていう…。

今 考えたら
本当に不思議なんですけど。
そやな。

あんだけやってんのに
みんな あんまり笑ってへんしね。

(鈴木)誰も笑ってないの
本当に つらくて

顔中 蕁麻疹が出て

それ以来
キリンが 大嫌いなんですよ。

キリンとか動物園で見ても
気持ち悪くて 怖くて

しょうがないぐらい
トラウマになったんですけど

何が おもしろくて…か
分からないけど

過酷なことを
やらされるっていうことが

すごいありましたね。なんでか。
なるほどね。

磯山さん どうですか?
あなたの場合。

私は あの あっこさんの
ちょっと ライト版ですけど…。

…っていうので
ドバイに行って

で とにかく王子の
ツテを探せみたいなので

街角の人たちに「王子の友達
いませんか?」っていうの

片っ端から声かけるんですけど

そしたら いきなり
おじさんが「え なになに?」…。

みたいな感じで来て
「うん 探してる」って言ったら…。

(磯山)…って言われて。
(鈴木)怖い 怖い。

(磯山)うちらの ロケ車に
乗るんですけど

もう 行く先が…。

埋められんのかなあと思って

もう 怖すぎて

「ここ…なんですか?」って
言ったら

「今から あのトレーニングします」
みたいな感じで…。

鷹が出てきたんですよ。

鷹のトレーニングしてたら
車で バーッて来た…。

…が出てきて。
ホントに いたんだ。

めっちゃ かっこよかった…。

で ほら!
ダルビッシュ似の王子!

行きついたから良かったですけど
王子の生活って すごくて

なんか ラクダのレースが
趣味みたいな感じで

ラクダ乗せられて
走らされるんですけど

もう めっちゃ高いじゃないですか
ラクダが。

すごい怖い…くて…。

ハハハ…。
(ゴング)

(磯山)ちょっと待ってくださいね。
(鈴木)頑張って!

なんか そんなに…。

すごい揺れるから。
おいおい…。

もう 無理無理…。
無理無理…。

ホントにね なんか…。

(磯山)申し訳ございませんでした。
(鈴木)あるよ ホントに。

ありますよね。
あのまま砂漠に
埋められたことに したほうが

良かったよね。
そうですよね。
ちょっと今後は もう

埋められたっていう
ことにします。はい。
峯岸さん どうですか?

私やっぱ話 聞いてて
ちょうど なんか

半分ぐらいだなあと思って。
やっぱ

テレビを見てたのは
みなさんの世代だから

やっぱ やりたいとか
憧れはあるんですけど

時代と アイドルという
盾に結構 守られて

意外と体 張ってないなって
思ったりもしたんですけど

やっぱり あの…。

うちの番組ね~
頑張ってもらいました。
(峯岸)ガチャピンの衣装で。

あ これね。
俺 もうこの写真
何回 見たか。

何回も。これが きっかけで

ものすごい お仕事を
いただくようになって

しかも なんか…。

…みたいな。こういうの
やってくれるんだ

みたいなことで
1個 未だに

腑に落ちてない
お仕事があって…。

…を やってくださいっていう
お仕事が

あったんですよ。
なかなか無茶やね。

「う~ん…う~ん どうかな?」って
私は思ったんですけど…。

「やりましょう」みたいなことで
やったんですけど

ホントに…。

それもう 一番つらいよなあ。

[ モノマネ ]♬~ タン タカ タン タン

[ モノマネ ]♬~ タタンタ タン タン

♬~

[ モノマネ ]チクショ~!!

いいね~!

なにこれ~。
(松本)いいね~。

まあ 別に…。

ハハハ…!
まあ 頑張ってるな~やな。

そうですね たしかに。
峯岸 最近 なんか悩んでること
あるんでしょ?

あ そうなんですよ。やっぱり
結婚という

大きな人生のステップというか…。

キラキラ光ってることで…。
<新婚で…>

<新婚で幸せ絶頂のはずの…>

やっぱり
結婚という大きな

人生のステップというか
踏んだときに

その『ワイドナショー』でも
松本さんに お前は…。

…っていうのを言われて

あ そういうふうに
思う人もいるかと思って

とりあえず
ダウンタウンさんの番組で…。

…っていうところまでは。
え~っ。

なんか ちょっと その
キラキラ光ってることで

「お前 何 言っても幸せだろ」
みたいなふうに思われるのは

ちょっと違うのかな
とかっていうので

悩んでて みなさんは
その どういうふうに

お考えになってるのかな
みたいな。

でも あっこさんは
結婚されてますから。

はい はい…。
どうなんですか?その辺は。

スタンスは変わるんですか?
結婚してから。

ただ 子どもが小さいときは
泊まりの仕事とかは

ちょっと
セーブしましたけど

もう息子が中学 高校
行くようになって

また積極的に
バラエティー出る…

出さしていただけるように
なったですけど。
うん うん。

え~っ。
(松本)やっぱり母親が

ヨゴレをやってるって
いうのが嫌で。

ヨゴレって お前。
(松本)いや もう…。

そうか。ある程度の年齢のときね。

そう。思春期 中学 高校は…。

で まあ 家ん中では
息子に私が出てる番組を

極力 見せないように
してたんですけど

今 ネットで見れたりとか。
そうか そうか。

(松本)学校 行ったときに
同級生から

お前の おかん
『ヒルナンデス!』で…。

とか言うのを聞いて…。

紗理奈は どうなの?
私も『めちゃイケ』は
見せたくなくて

見せてなかったですね。
あ そうなんや。

…って言ってるんですよ。

女優もやってるけどな。
そうです 女優も
やらせていただいてるんで

それが全ての仕事みたいな感じに
見せてて だから…。

え~!?
さあ ここで 若い世代から

ベテラン世代に言いたいことが
あるそうです。はい こちら。

まあ そういうことですね
すずさん。
そうです。なんか…。

使って やってたりだとか
それこそ…。

めちゃくちゃ多かったりだとか。
確かに 確かに。

すごい昔の映像見ると
羨ましいなって思います。

にこるん どう思いますか?

だから 今日みたいな
緑の服とか

着れなくなりましたもん。
グリーンバック率が高すぎて。
なるほど。

だから ほんと…。

(笑い)

あと お弁当とか。

そうそう…そうやな。
なんか芸能界って
もっとお金があって

キラキラしてる場所っていう
イメージがあったんで

なんか 切なくなりました。

お弁当 昔 何種類もあった…。
≪ありましたね≫

さっきも言ってたけど
確かに海外とかも多かったもんね。
多かったです。

森口さんなんか ちょっとした
時間しか尺ないのに

それでも 海外行ったり
してたんですよね。
そうです。

ロケも ちょろっと終わったら
あとは もうビーチで

遊んだりとか。
もう ほとんど遊びですね。

そうです そうです。
(松本)ありましたしね。

俺 よう言われたもん。
海外行きたかったら

なんぼでも言ってくれって。
いつでも行けるから。
え~!?

あとその 番組に呼ぶ…。

…とかも全然。
あ~ 来てた。

レギュラー番組にトム・クルーズが
来てくださったときは

私 都内のホテルに行って
インタビュー行ったりとか

あと シュワルツェネッガー
来たときには

ほっぺたに チューして
もらったりとか

しょっちゅう ハリウッドスター
との交流もあったし。
いいな~ ないね。

…的なもんも すごかったよね。
(森口)すごかったです。

生活は クイズ番組の商品で
過ごせるぐらい…。

…とかも出るので もう全部

打ち上げで過ごせちゃうみたいな。
打ち上げとかもあるのか。

『HEY!HEY!HEY!』
ってね

音楽番組 僕らやってましたけど
あれの何…。

…とかあったよね。
(藤田)え~!!いいな~。

(鈴木)うわぁ~!
すごっ!

にこるん的には どう思うの?
じゃあ この人達 あの当時

ああいう仕事してるから ある程度
金持ってんちゃうんかと。

って思いますし
でもなんか 今の芸能界…。

ハハハハ!
そう?

っていうふうに なってきてるけど
みんなやっぱ お金持ってそう。

絶対 貰ってる世代。
当時のギャラは

もう そこそこ
やっぱり もうてたわけでしょ?

まあ その…。

≪え~!!≫
今 現在の。
(藤田)いくらなんだろう?

でも 短期間ですから。
ダウンタウンさんは

2億が ずっと40年

かかってるんじゃないです?
ず~っと続いて。

いやいや…うち…。

(笑い)
≪よく言いますよ!≫

森口 どうなのよ お前
当時のギャラって。
確かに私…。

そうやろ!
あ そうそう
めちゃくちゃあったよね。

あと コマーシャルも たくさん
やらせてもらったので…。

プレゼントできましたね。
≪おぉ~!≫

<続いてのテーマは…>

<数々のMC達と共演してきた
皆さんだからこそ知る

その凄さとは?>

いきましょう 森口さん。
凄いと思うMC 誰でしょうか?

私は タモリさん!
まあね ずっと
やってましたからね。

中学校の大先輩で。
そうや そうや。
あ そっか そうなんや。

それで なんかこう
人生相談じゃないですけど

色々したりとか あと私
結構 こう見えても なんか

会話が スパークしなかった時とか
落ち込んで…。

前向きな
引きずり女みたいな感じで。

で タモリさんに…。

≪え~!≫
次に進んでるんだから

今を大事にすればいいんだよって。
≪優しい!≫

(森口)言ってくれたりとか。
ちょっと…。

(笑い)
怖っ!

ほんとですか?前向いちゃ
ダメですか?分かりました。

グズグズやった。
(笑い)

反省します。
反省してください。
あっこは?あっこは誰ですか?

私はね 逆に
バラエティーで お世話になった

たけしさんがね やっぱ

『お笑いウルトラクイズ!!』とかで
泊まりのロケになると

収録終わったら…。

こっちは反省すると。

で 今日のあれは
アカンかったとか。

その当時 ダチョウさんとか
出川さんとか

松村さんとか
もちろん軍団さんとか

私も正座して いろいろ聞いてて
その当時…。

ときに こう…。
なんでそんな事させられんねん!

(笑い)
そのときにね 怖いから松村君

熱い熱い…って言いながら
両手ついたまま

熱い熱いって言ってたから…。

そうか!
もう 熱くないじゃないかと。
(松本)そうそうそう。

熱いリアクションを勉強しろ。
竜兵君に教われっていうことで

ず~っと説教されてました。
(笑い)

それみんな 正座して。
正座して はい。
深夜までっていう。

磯山さんは どうですか?
私は…。

(磯山)お世話になりましたね。

<おちゃめな…>

南原さんと 一緒なんですけど…。

<歴代バラドルが語る…>

磯山さんは どうですか?
私は 志村けんさん。

お世話になりましたね。コントの
セットが とにかく豪華で

1つ1つ ドーンって
今でも ちゃんと作ってますし…。

え~。
細かい小物 全部見るよね。

見ます。
俺も正月一緒に 何本かやったこと
あんねんけど 全部やるで。

こうやって。
(磯山)位置とかも
全部やりますよね。

やるやる。
で ダメだと ほんとに

ダメだって言って
替えてもらったりとか。
そう。

(磯山)
ほんと納得しないと
始まらないですもんね まず。

その こだわりもあるし
台本もあるんですけど

志村さん ほとんど読まずに
全部 頭の中 入ってて

じゃあ いざコント
やりましょうっていうのも

カメラの位置を
なんとなく段どりで確認して

いざ 本番なんで…。

プレッシャーもすごいですけど
志村さん完璧に

やったりっていうのは。
これ プライベートは
どうやったんですか?

プライベートは…。

…な方なので。

あと これで終わりっていう。
(磯山)そう。そういうの
何杯も続くと

ちょっとこう 私たちも
舞台中とかですと…。

(笑い)
でもまあ 言えないし。
はい 言えないので

どう帰していこうかっていうのを
話し合ったときに

志村さんが
トイレに行ったんですね。

そのときに このコップ
こんぐらいあったんですけど

それを 結構
酔っぱらってるから…。

上島竜兵さんに ちょっと
飲んでくんないって言って

このぐらいまで 半分ちょっと
ぐらいまで飲ましたんですよ。
なるほど なるほど。

帰ってきた瞬間に…。

ハッハッハ!

(磯山)すごっ!と思って。
で 全員…。

(笑い)

にこるんは どうですか?
そうです
私『ヒルナンデス!』出てて

南原さんと 一緒なんですけど
ほんとに南原さん 優しくて。

最近 インスタグラムも
始めたんですよ 南原さんが。
あ そうなんだ。

(笑い)

仲良くなるコツとかは
あるんですか?
仲良くなるコツは やっぱ

VTRとかで 食レポとか

スタジオに出てきたりとか
するので 南原さんの…。

…と南原さんと仲良くなれます。

(笑い)
そうなんや。

小食なので 優しそうな
味付けのものが出てきたら…。

…って言ったら 喜んでくれます。

(笑い)

南原さんと どうですか?関係性。
はい?

あ 我々は…。
ナンちゃん 俺 でも…。

≪え~!≫
俺はもう ほとんど会ってない。
会ってないよね 浜田。

…だけは3年ぐらい前に。

そういう時に
おしゃべりするんですか?

向こうもスタッフと一緒に
待ってるし

俺もパーッて行って
おったから…。

(鈴木)うわ 怖っ!
(笑い)

めちゃめちゃ睨んでる。
一応 声掛けたらええやんな。
いや 違う 違う!

違う 違う!見てんのに
こっち気付けへんから…。

…って言うたら パッと見て
あ~!って言うから

パーッと行って…。

(笑い)
怖い…。
≪相変わらず≫

紗理奈は どうですか?
(鈴木)え~っと 私はちょっと

『めちゃイケ』流儀で
育ったんですけど

『めちゃイケ』って…。

え~!
≪そうなん?≫

え~ 何それ?
≪何で?≫
(鈴木)そう 不思議な…

仲良くなりたかったら
カメラの前で仲良くなって。

視聴者は 1週間経って
この関係が仲良くなってて

距離感 縮んでたら
おかしいやろ…みたいな。

(鈴木)…って言われて。
え~!
そうは言うても。

ゲストは わかるけどね。
プライベートでは
メシは行ったりしてるんでしょ?

えっと ほとんど無くて
私 ナイナイさんも…。

≪え~!≫
≪あんなに一緒にやって…≫

それがカッコいいみたいなことも
多分なってたんですよね

本番以外 喋らない…
ほんで その当時の…。

コンビ同士も喋らないみたいなの
あったよね。
(鈴木)はい。本番までは

全く喋らずに 本番が始まって
喋りだすのがっていう

美学みたいなのもあって
芸人さん みんな…。

極楽とんぼさんに関しては
ヤクザやったし。
(笑い)

ホントに この怖い…
怖かった時代を見てるんで 今

皆さん ホント優しくなったのが
私は逆に信じられないというか。
≪優しい≫

うん。
(鈴木)こないだ東野さんに
至っては 本番前に

若いアイドルの子をほぐすために
なんか すごい…。

アハハハ!
(笑い)
≪優しい 東野さん≫

(鈴木)
話してて 私 ビックリして

あれ?東野さん何してんですか?
本番前に…って言ったら

いや~ 紗理奈…。

(笑い)

(鈴木)ウインク…ウインクして
出ていかれました。

ぐらい やっぱ時代が
変わったんだなってっていう。

東野さん ホント私 感動して。
怖いイメージがあったんですよ。

テレビに出させていただく
まだ10本も出てないうちに

『行列』で
共演させていただいた時に

ずっと隣でVTR見てた時に
あ この方 私…。

…って話をしたら
次のトークで おりてきた時に

すずちゃん こないだ…。

…って こう 話題を振ってくれて。
(鈴木)あ~ 優しい。

そこから会うたびに どう…。

…って毎回 聞いてくれて。
≪優しい!≫

違う 違う!お前らのイメージでは
そういうのじゃなかったの?

東野は。
いや…。

…って言われてきましたよ。
マジで。めちゃめちゃ怖い。
まあ そうやな。

アイドルとか
投げ飛ばしてたもんな 昔。
(笑い)

ホントに今 浜田さんだけ。

それをずっと守って
やってらっしゃるのは。
そうです そうです。

守ってないよ!守ってない!
古き良き。
(鈴木)はい 古き良きを。

カットしたら しばくっていうね。
(笑い)

私 しばいてもらえるのが
めっちゃ嬉しかったです。
ほら!ほらほら。

今 そういうのが無いから
イジってもらうみたいなことも

あんまり無くて。初めて この

『ダウンタウンDX』に
出させていただいた時に

初めて浜田さんが お前…。

…っていうので
イジってくれて。
お~。

あら~。
そん時 まだ
「すずちゃん」やったんですよ。

で 次 会ったら
「すず」になってたんですよね。
あ~ わかる!

俺…。

(笑いと拍手)

下の名前で呼ぶの
気持ち悪いんです。
下の名前で呼ぶ。

最初「すずちゃん」で
次「すず」になって

最近 浜田さん 私のこと
「おすずさん」って…。
(笑い)

(山之内)めちゃくちゃ嬉しい!

何?その…。

(鈴木)
ちゃんと関係性は
本番の中で進めてくださいよ。

こんなに仲良くなってたら
混乱するじゃないですか。
最近は「おすずさん」なんです。

<ここで ダウンタウンのことを
どう思っているのか

ぶっちゃけて いただきましょう>

でも 私世代にしてみたら
やっぱりダウンタウンさんって

一目 置くんですよ。
≪いや そりゃそう…≫
≪一番 緊張するよね≫

今 イチモツって
言いそうになった。

(笑い)
イチモツ!…あ 違う 一目!

一目 置くんですよ。
それは どういうこと?怖い?

怖いっていうか 私は…。
緊張ですか?

やっぱり なんか
認めてほしいし 褒められたいし

なんか歴史も長いし なんかこう

成長した私も見てほしいなって
気持ちがあって。

なんか 俺らにね
気ぃ使ってる感じはないのよ。

なんでかって言うと…。

(笑い)

そんなもん あり得る?
え?お姉ちゃん…。

自分の姉ちゃん連れてきて…。

≪お姉さん きれい!≫
もうね ダウンタウンさんの
大ファンで マジで。

それで 最初は
お2人 好きだったんだけど

浜田さんが
菜摘さんのものだったんで。

松本さん!ってなって。
僕も独身でしたしね。

そうそう そうなんですよ。
それで いまだに こう…。

…とか置いて寝てるんですよ。

お姉さん
収録 ホント見に来るんですよ。
(森口)そう。

絶対おんねん。
絶対おんねん。
俺もなんか知らんけど

バーッてウケた時に…。

(笑いとゴング)
なんかこう 変な。

誰に気ぃ使てんねん。
(笑い)

今 お姉さん 笑ってないみたいな。
こういうの嫌いなんかな…。
(笑い)

で 私 姉孝行したくて
松本さんに一度

食事連れてってくださいって
言ったら…。
あったね。

(森口)電話番号交換して すぐ…。

だけど私が 次の日が…
『はじめてのおつかい』の収録で。
なんかアカンかったんやね。

誘っていただいたのに…。

それから誘ってもらえないから
誘ってください。

いやいや
タイミングがもう難しいし

お姉さんが元気にしてはんの?
って 今日もね。
(森口)そうそう…元気です。

来てはれへんのや。
ホントは来たかったんですけど
まあ こういった ご時世なんで。

…送ってると思います。
ホントですか?ラブビーム。

お姉さんですか?
(松本)うん。

プーッ!
イヤーッ!
(ゴング)

え~?ちょっと…
真面目に聞いていいですか?
うん。

独身の時に紹介してたら

ちょっと なんかこう 会うって
いうことはありました?

真面目に。
まあ あの~…。

おい!
(笑いとゴング)

(笑い)
紗理奈 どうですか?

それはダウンタウンさんは
緊張します。みんなすると思うし

みんな好きやし。
全然してるようにはね…。
なあ そうそうそう!

見えへんけどね。
(鈴木)それは 私もホントに
頑張って

もうホントごめんなさい。
これも もう

言っていいのかっていう
感じなんですけど。

本番前に 鏡を見て 全然大丈夫…。

…やからっていう暗示をかけて。

(笑いとゴング)
お前…。

(笑い)
(鈴木)言いたくないって
言ったじゃないですか。

そういう暗示を ただ…。
いや 違う 違う。暗示って…。

(笑い)
それぐらいのもんやから
なんにも緊張せんでいいよって。

そうじゃないと
まともに喋れないんで。
思わないと。

…に見えながら喋ってる。
緊張するのは当然なんで。

いやでも
ゴリラが喋ってるから面白い。

面白いですよ
ゴリラがめっちゃ喋るから。
(ゴング)

めっちゃ怖いやろ
ゴリラが喋ってきたら。

<裏では優しい!?
松本の意外な一面が発覚>

「ええ話やなぁ」は ええけど。

(宮沢)<ちょっと頑張った日は>

(小栗)ちょっと高級なビ-ルでしょ!

<それ 良いと思います!
手に取る前からもうワクワク>

<サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」>

うまっ
<ちょっと高級なビールですもの>

(大久保)お疲れさまには (梅沢)コレよコレ!!
(缶を開ける音)プシュ!

♬~ ハァー
≪鼻に抜ける レモンの香り
レモンピールがダンスしてらぁ…≫

≪樽の香りが
追いかけてくる…
追いかけてくる≫

<サントリー「樽香るレモンサワー」
「こだわり酒場」から>

<歴代バラドルが語る

ダウンタウンについて
ぶっちゃけ どう思う?>

私はやっぱり ダウンタウンさんと
初めてお会いしたのが

多分 AKB48として

『HEY!HEY!HEY!』に
出させてもらった時で

やっぱ団体もいるし
お2人とも想像以上に優しくて

すごい楽しかったから 初めて
1人で『ダウンタウンDX』

出させてもらったときに…。

やっぱ 優しい人だったから
良かったみたいなノリで来たら

私がこう トーク
あんまり準備せずに あの…。

…なんですって 話で
来ちゃったんですよ。
ええ。

(峯岸)松本さんが やっぱり
何とかしてくれる。

最後はと思って あの~
もう あんまり何も練らないまま

喋ってたんですけど
やっぱり 松本さん…

3段ベッド
どうにも ならなくて もちろん

面白くしてくれたんですけど
凄く やりづらそうな顔してから。

…ってことで
めちゃくちゃ それから

『ダウンタウンDX』…。

…なんですよ そう。
そうか 下準備が必要やから。

大事 大事…。

(笑い)

お前が言うな。
本当 大事だから。
気をつけた方が いい。

なんか
「どうしたら いいですか?」とか

聞いたこともないの?
アドバイスは もらったこと
ないんですけど

先日 すごい
松本さん 優しくて

結婚後に
あの『ワイドナショー』に

その結婚のことで
出させて もらったときに

どうしたらいいか
上手く いかなかったなって

自分では思って
読んでもらえなくても

もう 気持ちだけは
伝えておこうと思って…。

…を松本さんに送らせて
もらったんですよ。

あの~ 本日は ちょっと…。

…みたいな。まあ 読んで
もらえれば いいと思ったら

すぐ 返事が来て。
おおっ!

ああいう…。

≪ええ~っ!≫
≪優しい!≫

(笑い)

「ええ話やなぁ」は ええけど。

(笑い)

(磯山)松本さん じゃあ…。

私もさせていただきます。
(笑い)

今日の反省会やけどな。
(磯山)はい お願いします。

(笑い)

<続いてのテーマは…>

まあ 色々いるんでしょう。
紗理奈さん どうですか?

私はですね。
ファーストサマーウイカです。

(笑い)
≪ええ~っ!≫

なんか 生々しいな~。
(鈴木)そうです。

確かに ちょっとな。

大阪弁の…まあ これまで
ヤンキーキャラっていったら

後釜にですね 優樹菜がいたり
みちょぱが いたり

でも やっぱ ちょっと…。

(鈴木)なんで まあ大丈夫やろうと
それなりに こう

私の席は
死守できるやろうと思って

ある日 テレビをつけたら
ファーストサマーウイカ 出てきて

大阪弁で ちょっと はすっぱで
めちゃめちゃ おもろい…。

(笑いと拍手)

(鈴木)めちゃめちゃ おもろいし
誰やねんと思って

もう めちゃめちゃ ググって
ファーストサマーウイカ

誰やねん これ?
ああ アイドルか…みたいな。

ちょっと何か芝居も やんねや…。

…と思って。
(笑いとゴング)

(藤田)めっちゃライバルじゃん。
今まで おらんかったから!

被ってるな!
(鈴木)そうなんですよ!
≪そうか≫

そうです!で
私が やろうであろう仕事を

全部 ウイカがやってんですよ!
へぇ~。
≪ああ ホンマ≫

(鈴木)あれ?このドラマ 多分…。

(鈴木)あっ ウイカがやってる。
ウイカがやってる。

でも最近は 開き直って…。

(笑い)
いや おかしい おかしい。

だから『ドキュメンタル』も
私が出たって。
それは おかしいって。

ホントに
せんだみつおさんが…。

(松本)ハハハッ…!
(鈴木)こないだ 新幹線で

せんださんが
タタタ…って寄ってきて

「会えて嬉しい!僕ね
あなたの大ファンなんだよ~。

あのさ 女ドキュメンタルのやつ
超おもしろかったよ~!」つって。

「いや 違います」って
言ってんのに

「なに 言ってんの?
あなただってば!

ホント 大ファンで…」。

…って言われて あの~。

(笑いとゴング)

(磯山)頑張ってね…頑張って!
ナハナハ…ナハナハ!

(笑い)

なんでやねん!
(笑い)

とにかく そういうので
せんださんからギャグを頂いて

私は「ナハナハ」を
使えるようになったっていう。

これ。すずは どうなの?

私あの…同い年の
タレントさんでいうと

やっぱ めるるちゃん。

やっぱ めるるちゃんは
芸能界の歴も長いし やっぱ

『Popteen』だとか
ずっと雑誌も やってるから

それこそ ニコルさんとか
みちょぱさんとかも…。

(山之内)…じゃないですか。
うん。

みちょぱさんと めるるさんが
共演されてたときに

この…。

…になって。
「私は食べたくないから

後輩やし めるるちゃんが
食べてよ」みたいな流れに

なったときに
私もこう 先輩がいたり

後輩がいたり
誰か 絡める相手がいたら

もうちょっと こう 出来ることも
あったのかな~とか。

全然 違うってのは
わかってるけど やっぱり

この…。

…けど 私はこう なんか。

…で やっちゃってるなって
いうので意識してて

めるるちゃんが出てる番組を
そんな見れないまま

きちゃってます。
熱が…。

見た方が いいよ!

(笑い)

でも ウイカ…。

…と思ってると思うねん。
(笑い)

おりゃあ~!って。

(鈴木)ここぞの所で
あいつ 決めへんって!
(笑い)

ちくしょ~!
これ にこるんはどうなの?

そうですね なんか自分が
正直 バラエティー出れたのも…。

…って思ってて
なんか 予想外なんですよ。

今なんか ずっと…。

…みたいな。だから
ライバルって誰だろ?って

思ったことないんですけど
でも 友達でもある

みちょぱは その
オジサンへの扱い方が

やっぱ スペシャル的に
上手いんですよ。
う~ん。

それは にこるんより
後に出てきた?

私より後に出てきてるけど
まあ 同じジャンルではあるから

でもその オジサンの…。

なるほどな~。
なるほど。

なんか…。

頑張るしな~。
そう。だから 絶対…。

…のタイプなんですよ。
あんまり 誉めてる…のか?

私 なれるんだったら
みちょぱの対応 学びたいです。

なるほど なるほどね。
ねえ…。

(笑い)
そうね。
磯山は どうですか?

私は野呂佳代ちゃんが はい。

あの…同じ
ぽっちゃり枠として

呼ばれたりとかが
多いんですけど

私でも 結構…。

(笑いとゴング)
まあまあ…。

そう!
≪悪い悪い!≫
≪やめろ!≫

ちゃんと ぽっちゃり!
ちょっとウェート…
階級が ちょっと違うとこある。

(磯山)
そういうのも違うし
ハリウッドザコシショウさんの

完コピとか めちゃくちゃ
上手いんですよ。

それも もう全身タイツで
あの格好して やるんですよ。

へぇ~。
(磯山)そこまで
ちゃんと 体も張って

面白いっていうのが
凄いなって思います。
なるほど。

ああ こいつ やるもんね~。
(松本)みんな 凄いよね~。

峯岸どうなの ライバル?
最近こう ライバルの存在を

やっぱり 感じないように
生きてはいたんですけど。

(笑いとゴング)

峯岸どうなの ライバルって?
(峯岸)私は

5~6年前だったら
やっぱり さっしーが。

ああ~。
(峯岸)後輩でガーン!って
いったんで

すごい意識しちゃってて。
後輩やもんな。

(峯岸)でも その意識するって
すごい 空回っちゃって

良くないな~と思ったら
最近 ライバルの存在を

やっぱり 感じないように
生きては いたんですけど

井上咲楽ちゃんが
『新婚さんいらっしゃい!』の

MC 決まりましたって
ニュースが入ってきたとき

ちょっと…。

…したんですよ 気持ちが。
(笑い)

(藤田)
じゃあ ライバルだったんだよね。
(笑いとゴング)

ええやん 別に!
まあまあ…そうか。
(笑い)

なんか 一緒に わちゃわちゃ
やってたのに

いつの間にか そんな
正当派なMCに…ちょっと そう。

ちょっと 上の感じがするか。

ので 私…。

≪気づいた?≫

(笑い)
なるほど。

(笑い)

♬~

<次回!>

…って出たんですよ。A。

…しか いないですよ。
(笑い)

<芸能界の闇を次々と暴露!>

<さらに!>

あなた あの
スキャンダルで とっくに

テレビから いないですよ。

<来週も お楽しみに!>

<もう一度
ご覧になりたい方は TVerへ

お気に入り登録を お願いします>