ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

伊藤歩が東京さくらトラムでぶらり旅▽フルーツを愛する主人のフルーツまるごとパフェ▽発酵デザート専門店のオリジナル美味ゼリー▽超可愛いアクセサリー!金銀の「猫仏」

詳細情報
出演者
【旅人】伊藤歩
番組内容
伊藤歩が東京さくらトラムでぶらり旅▽日本のフルーツを愛する主人のこだわり専門店!フルーツまるごとパフェ▽賞味期限は1日!発酵デザート専門店のオリジナル美味ゼリー▽猫好き主人の可愛いアクセサリー!金銀の「猫仏」▽種類豊富なペーパーナプキン専門店でマスクにワンポイントデコパージュ体験▽次回!かとうかず子が山手線でぶらり旅!おにぎりドーナツ&切り紙で作る不思議陶器
音楽
「青空ブランニュー」flumpool
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. プラム
  2. デコパージュ
  3. 本当
  4. パフェ
  5. フルーツ
  6. 今日
  7. ペーパー
  8. 瑞紀
  9. 発酵ゼリー
  10. アンズ
  11. ステキ
  12. 種類
  13. カフェ
  14. シロップ
  15. ソース
  16. 伊藤
  17. 発酵
  18. 一緒
  19. 幸子
  20. 失礼

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



♬~

<本日は あらかわ遊園で
待ち合わせ>

<この辺でって
言ってたけど どこかな?>

(伊藤) やっほ~!
<あれ? どこ?>

小日向さん!
<えっ どこなの?>

<あ~!>
ここで~す!

<いた いた! 伊藤さん
早く降りて来て!>

お待たせしました。
<いいえ>

ちょっと早く着いたので
メリーゴーラウンド に乗っちゃいました。

<楽しそうでしたね>

おはようございます。
<おはようございます>

今日は よろしくお願いします。
<こちらこそ>

小日向さん!
<アハハハ>

何か ここ あらかわ遊園に
私 初めて来たんですけど

今年 リニューアルしたらしくて。

いろいろ 新しい乗り物だったり
あるそうなので

園内を周ってみたいと思います。
<いいですね>

<行ってみましょう>

この観覧車も
とても ゆっくりで…。

小さいお子さんでも楽しめそう。
<ねぇ>

私も おいっ子がいるので…。
<へぇ~>

連れて来たいです。

<あらかわ遊園が
オープンしたのは

今から ちょうど100年前>

<民間の遊園地として
大正11年に造られました>

<戦争中に 一時閉園したものの

戦後 復活を望む声が大きくなり

昭和25年 荒川区が運営する

全国でも珍しい 区立の
遊園地として再開しました>

<今年4月には 園内を
ほぼ全面的にリニューアル>

<新しい乗り物も増えました>

<また 園内の動物広場には

餌やりや
触れ合いコーナーがあり

子供たちの人気を集めています>

あっ! あれ 電車ですかね。

<そうみたいですね>

ちょっと 行ってみましょうか。

でも 「カフェ」って書いてある。

「荒川線」って書いてある!
かわいい!

あっ こんにちは。
こんにちは。

ここ 電車? 本物ですか?

本物の電車なんですよ。

昔の? 荒川…。
昔 走ってた 荒川都電。

いろんなメニューがある。

これ イチ押しですか?

そうです イチ押しの
食べられる つり輪。

<え~?>
つりわぱん!

堅そうですね。
そうですね ちょっと堅くて。

実際に つり輪をかじってみたら
こんな感じかなっていう。

想像なんですけどね。
そうなんですね。

じゃあ ぜひ。
ありがとうございます。

270円です。
300円から お願いいたします。

はい こちらが
カタカタつりわぱんです。

カタカタだって!

これって
中には 食べられる場所とか…。

車内も カフェのスタイルになってるので
食べられます。

いってきま~す。

ここで 消毒をして…
これは こうかな?

ワ~オ! いっぱい!
<ハハハ>

ちゃんと消毒しました。
<はい>

お邪魔します。

ステキですね!
木なんですね 内装。

<いい感じ!>

かわいい! この緑のシートも
かわいいですね。

ここに座ろうかな。

よいしょ よいしょ。

出ました!

すご~い!

すごいですね。
<つり革だ>

何か ちょっと でも…。

クロワッサンみたいな
サクサク生地っぽいな。

いただきます。

んっ!

<どうです?>

(咀嚼音)

堅い!
<ハハハハ!>

うん! でも…。
<何?>

ラスクみたい。
<あっ ラスクね>

この周りの
サクサクしてる砂糖と

この堅いパンが…。

ラスクですね これね おいしい!

あっ! フフっ。

<荒川で つり革 食べて
ひと休み>

はぁ~! 楽しかった。

<よかったですね>

今日は ここ 荒川遊園地前から

東京さくらトラムに乗って
旅をします。

一緒に行きましょう!
<は~い!>

<伊藤さんは 荒川遊園地前から

早稲田方面へ向かいます>

<心地よい 秋風と共に
ぶらり旅>

<どんな出会いが
あるんでしょうか>

(アナウンス)
次は 大塚駅前 大塚駅前です。

大塚駅前。

普通 大塚駅だったら 大塚駅だし。

ちょっと 気になるんで
降りてみたいと思います。

開いた!

あっ! JR大塚駅。

なるほど。

だから 「大塚駅前」って
なってるんですね。

<そういうことですね>

大塚駅って 何度か
来たことあるんですよね。

保護猫のカフェ 行ったりとか

あと 料理教室… 習ってみたり。
<へぇ~>

でも 久しぶりに来るんで…
ちょっと変わっちゃいましたね。

どっち行こうかな。

あっ 向こう
少し にぎやかそうなので。

商店街があるのかな?

行ってみたいと思います。
<は~い>

飲食店が たくさんありますね。

へぇ~ 緑も かわいい。

あっ。
<何?>

何のお店だろう?

「FRUITS SUGI」。

フルーツ屋さんかな?

あっ! 「桃まるごとパフェ」。
<丸ごと?>

すごい おいしそう!

福島の桃ですって
ブランド桃ですかね。

あと
「プラムパフェ」「マンゴーパフェ」。

へぇ~ 全部 おいしそう!

やってるんですよね…
あっ どうも~。

ちょっと 入ってみます。
<はい>

消毒して。

こっちかな。

こんにちは
入っても大丈夫ですか?

(杉さん) 大丈夫ですよ どうぞ。
すいません。

うわ~ すごい! おいしそうな
フルーツ いっぱい並んでますね。

(杉さん) 果物屋なので
果物を販売してます。

でも 厳選されてる感じですよね。
(杉さん) 小さい店なので。

かわいい! この置き方。

すご~い! 全部 おいしそう!
(杉さん) ハハハ。

ここって 果物屋さん…。

あっ ジュースも!
(杉さん) ジュースもやってるし

果物を 片隅のテーブルで

パフェにしたものを
食べてもらえるようにしてます。

表にも 桃のパフェとか
マンゴーとプラム。

今の季節が それってことですか?
そうですね。

なるほど!

今日って そのパフェ
食べられたりしますか?

基本 前予約を受けていて…。

今日の分というか 最近は
予約 全部 埋まってるけど

その合間とかで
ご案内できる時間が

もし こちらで分かったら
ご連絡して 来ていただける。

今日ですか?
今日でも。

ぜひ 食べたいので待ちたいです。
ありがとうございます。

いいですかね?
<待ちましょう>

ご連絡先だけ… 後で 空いた時に
ご連絡させていただきますので。

じゃあ こちらに。

空きましたら
ご連絡させていただきますので。

1時間もなく
ご案内できると思います。

じゃあ 楽しみに待ってます。
よろしくお願いします。

楽しみだ!
<ねぇ>

でも 他のフルーツも
全部 おいしそうですね。

<本当!>

後ほど よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

へぇ~ ステキなお店だぁ。

駅まで戻って来ちゃいましたね。

どっち行こうかな。

反対側 行ってみましょうか。
<そうしますか>

えっ 大きな石柱がある。

「天社
」?

ここに 神社があったのかな?
<う~ん>

それとも この辺に 神社がある?
<どうなんでしょう?>

あっ!
<何?>

あそこに 鳥居がありますね。
<えっ?>

<あ~!>
あそこが神社ってことですか?

<ここが?>

行ってみましょうか。
<そうしましょ>

あっ! これ さくらトラムの線路。

(警告音)
あっ! 電車 来ちゃいました。

(警告音)
フフっ!

(警告音)
さっき 乗っていた電車ですね。

(警告音)

一応 お辞儀しますかね。

<鳥居ですからね>

みんな 気付いてるかな?
これが鳥居だってこと。

でも 何か…。

神社っていう感じの
雰囲気ではないですよね。

<参道なんですかね?>

あっ!
<ありました?>

ここですかね。

「天祖神社」って書いてあります。
<お~!>

700年?

そんなに昔からあるのかな?

入ってみましょうかね。
<はい>

よいしょ。

ここも 鳥居。

失礼します。

何か 工事してるんですかね。

あっ こんにちは。

あの~ ちょっと 駅から…。

石柱を発見して
ここに たどり着いたんですけど。

この天祖神社って 700年って
書いてあるんですけど。

(細川さん) 1321年から1324年の
間に できたとされています。

それって何時代ですか?
鎌倉時代の終わりですね。

すごいですね。

ここは 何のために造られた
神社なんですか?

今 外 出ますんでね。
ありがとうございます。

<すみません>

ようこそ お参りいただきまして。

今 大塚 大塚って
呼ばれてますけど

大塚っていう地名になったの
50年前で。

ここは 巣鴨だったんですね。
<へぇ~!>

巣鴨村っていう村があって
その守り神として

鎌倉時代の終わりにできた
神社ですね。

なるほど。

せっかくなんで お参りでも。

今 改修工事されてる感じですか?
そうですね。

700年の記念で
今 社務所のほうの大改修。

あと 来年 再来年は こちらの
神様のほうをお直しする。

こちらの 全て?
はい。

(かしわ手)

<御神木は
推定樹齢600年の夫婦銀杏>

<秋には 見事な紅葉が
楽しめるそうですよ>

<圧巻でしょうね>

次 どこ行こうかな。
<どうしましょうか>

(振動音)
うん?

電話が かかって来ましたね。
<おっ 来たかな>

すいません。

もしもし。

あっ!
<来たみたいですね>

は~い 分かりました
ありがとうございます。

は~い 失礼します。
<空きました?>

席が空いたそうです。
<よかったですね>

先ほどの
フルーツパフェのお店が。

なので 行ってみたいと思います。
<行きましょう!>

やった~!

フフっ! これ これ!

やっぱり 桃まるごとパフェが
食べたい気持ちになりました。

<楽しみですね>

ただいま~!
(杉さん) お待たせしました。

お邪魔します。

うれしいです!
すいません お待たせして。

次の予約もあるので
あまり時間はないんですけど

ご案内できますので。

すごい楽しみ!

今 ご提供できるのは
桃とプラムとマンゴー。

大きくいうと
3種類になってるんですけど

うちの選択肢として
桃のパフェなんだけど

どの桃で食べるか選べるように。
<へぇ~>

今日は 桃は4種類あります。

福島のサンピーチ…。

川中島白桃で食べてもらうか

同じ福島県の 黄貴妃っていう
黄桃で食べてもらうか。

岡山県の 恵白っていう白桃で
食べてもらうか。

最後に 山形のネクタリン。

桃でいうと この4種類から
お選びいただけます。

実際 見ていいですか?
どうぞ。

これが?
川中島白桃。

いわゆる 一般的な桃です。
うわ~ キレイ!

黄桃。

うわわわわ!
そちらも キレイですね。

次が 白桃… 岡山の。
本当に真っ白だ。

もう1種類のやつが
ネクタリンですね。

ん!
お~!

迷っちゃいます。

どうしよう!
<これは 迷いますね>

今日でいうと お薦めは… まぁ
初めてということなので

白桃… 普通の 川中島白桃が。

これですかね。
これですか。

普通の いわゆる 桃の甘いやつで
行ってもらえたらいいかな。

あとは プラムですね。

あんまり プラムって
食べられるイメージない。

酸っぱくてとか おいしいって
イメージがないようなんですが

今日 出している 山梨の
境川ってエリアで採れた太陽は

想像を超えます。
<えっ!?>

そんな! 桃って気持ちで
決めて来たのに…。

じゃあ 今日のところは…。

今日のところはっていうか…。
<ハハハハ>

桃の 川中島の 福島の桃を

いただきたいと思います。
ご用意します。

うわ~!

見てください。

こんな 一つ一つの果物たちが

大事に 棚に並んでいて。
<ねぇ>

何か もう みんな お姫様とか
王女様みたいですよね。

<本当ですね>

お待たせしました こちらですね。

すごい!
<うわ~!>

ヤダ~!

ヤダ~って何で!? フフフ!
<アハハハ!>

川中島白桃を
1個以上 使ってるんですけど。

この合間にも
実は プラム 一緒に入れてて。

先ほどの品種 太陽を入れてます。
ありがとうございます。

残りの部分は 桃のストレートのジュレと
ザクロのジュレが 2層 入っていて

下は 桃とヨーグルトのジュレ。

赤いのは ラズベリーの層が…
ちょっと分散してるんですけど。

あと プラムと桃と梨の
果肉 入れて作ってます。

こんなの見たことないです。

パフェっていうと 普通
生クリームが多めだったり…。

アイスクリーム 入ってっていうのが
定義なんですけど 度外視で。

果物屋さんなので
果物で推してます。

どうやって食べたらいいんだろ?

桃のカットはされてるので

横から突き刺してもらって
引っこ抜いて。

いただきま~す。

いい香りですよ! すごく。
<へぇ~>

じゃあ
上の まず プラムから行きます。

う~ん!

小日向さん!
<はい>

すご~い! このプラム。
<そんなに?>

プラムじゃないんですかね これ。

完全に プラムです。

桃のような… 完熟ですね。

そのタイミングっていうのが
すごく重要なので。

プラムにしても 桃にしても

いいタイミングまで
熟成させてから 提供してます。

ちょっと
桃も いただいてみますね。

お~!
<こうなってんだ>

すご~い!
<すごい薄さ!>

<どうです?>

あ~。

ジュース 飲んでるみたい。
<へぇ~>

完熟の濃厚な…。

こうやって出すの 楽しいですね
1枚ずつ。

う~ん。

うん!

開いて来たら
上 お花みたいになりましたよ。

すご~い!

うんうん! すごいです。
<えっ? どれどれ?>

ほら プラムかな? これ。

中にも
プラム 入ってるんですけど

今度は 皮つきで 酸味も
感じれるように入れてみたり。

う~ん おいしい!

<超高級なフルーツだけを
厳選して扱っている

フルーツすぎ>

<お父さんの代から
果物屋さんを営む 杉さんは

日本の生産者が作る 最高級の
フルーツのおいしさに感動>

<その おいしさを
多くの人に知ってもらうため

フルーツパフェを始めました>

<一年を通じて
一番予約が殺到するのは

桃の季節>

<ぜいたくにも 丸ごと1つ分
プラス 4分の1個を使った

迫力満点のパフェ>

<完熟した 柔らかい桃を
キレイに盛り付けるため

薄くカットして

隙間なく敷き詰めるという形に
したんだそうです>

<品種や産地などを選べるのも

フルーツショップならでは>

<他にも さまざまなブドウ
13種類をのせたパフェや

イチジク6種類を使った
パフェなどが

季節ごとに楽しめます>

3000円からで。
お預かりします。

絶対に また来ます。
ぜひぜひ。

ありがとうございました。
ありがとうございました。

楽しかったし おいしかったなぁ。

<フルーツの魅力を
存分に味わえるパフェ>

<大満足でしたね 伊藤さん>

<続いての途中下車は…>

(アナウンス) 次は 鬼子母神前。

鬼子母神前。

あの有名な 子母神ですかね

<はい>

神様が祭ってあるのかな。

<どんな街なのか
歩いてみますか>

工事 いっぱいしてますね。

取りあえず 渡っちゃおうかな。

このクリーニング屋さんも
何か懐かしい感じですよね。

<ねぇ>

映画とかで使われそうな。
<はいはい>

懐かしいクリーニング屋さん。

あっ!

「製造直売 小倉屋せんべい」。

お煎餅 作ってるのかな ここで。

ここじゃないのか。

この工場の横 直売。

ってことは ここですね。

焼きたてのお煎餅が
あるってことですかね。

<ですかね>

何? これ。

「塩 バター せんべい」。

バター煎餅?
<何か おいしそう!>

あっ ここが工場ですかね。

そうだ!
お煎餅 焼いて 売ってます。

ちょっと お邪魔してみますね。

こんにちは。

(絹世さん) いらっしゃいませ。
お邪魔しま~す。

こんにちは。

うわ~!

あれ? うわ~ すごい!

(英男さん) 焼いてます。
すご~い!

いい香りがして来ました
お醤油の。

うちのメインの「あまから」。

甘辛ってことは 醤油とお砂糖が
入ってるってことですか?

(英男さん)
単純に お醤油とお砂糖で

味付けしてます。
おいしそ~う!

こっちもいいですか お邪魔して。
(英男さん) そっちが工場なんで。

どうも こんにちは。

すごい! 繁盛してますね だいぶ。

ハハハハ!

あっ こっちに たくさんの種類の
お煎餅がありますね。

ちなみに
お薦めとかってあるんですか?

(絹世さん) 「あまから」ですね
今 ちょうど焼いてるやつです。

何か バターって…
看板に 塩とバターって書いてた。

塩っていうのもあるんですか?
(幸子さん)バターが塩味なんです。

バター塩味なんですね。

ここって
いつ頃から商売されて…。

お母さんが こちらに。

(幸子さん) 昭和26年とか。

昭和26年?
(幸子さん) そんぐらい。

まだ その頃は 嫁に来てないから
よく分かんない。

はっきりしたのは
向こうのほうが。

今 何代目に?
(幸子さん) 今 3代目です。

3代目?
(幸子さん) 今 子供 やってて

それの子供が…。

3代目が 今。
へぇ~!

<お煎餅を焼くのは

2代目の英男さんと
お兄さんの政英さん>

<そして
3代目となる 貴介さん>

<お店に立つのは

2代目の奥さんの幸子さんと

娘の絹世さん>

<家族で のれんを守る
小倉屋製菓は

創業73年>

<昔ながらの味は

遠くから買いに来る人がいるほど
評判です>

<おっ 買っちゃいましたね>

すいません 片手で。
(絹世さん) お預かりします。

これからも頑張ってください。

ありがとうございます。
<お元気で!>

いいお買い物できた。
<いいお店 見つけましたね>

へぇ~!
<何? 何?>

「アカマルベーカリー」。

懐かしいパン屋さんですね。
<本当! 雰囲気ありますね>

あ~ 何か…。
<どうしました?>

祖母の家の近くにあったような。

商店が。
<あ~!>

雰囲気がありますね。
<ねぇ>

あっ こんにちは。
(佐藤さん) こんにちは。

何か 懐かしい! フフフフフ!

入ってもいいですか?
(佐藤さん) どうぞ。

へぇ~!

お総菜も売ってるんですか?
そうなんですよ。

うわ~ おいしそう!

こちらで作ってるんですか?
そうです。

トウモロコシも!

立派ですね!
そろそろ終わりですけれどもね。

何年前ぐらいから
やってらっしゃるんですか?

元々 向かいと こちらに
あったんですよね。

向こうのほうが古くて。

今年で98年になります。

98年!?

この建物も古いですけどね
60年超えましたのでね。

ステキですね この感じ。

うちの祖父母…。

岩手の大船渡ってとこにいて。

こういう商店が
結構あったんですよね。

今は
なくなっちゃったんですけどね。

何か いい町ですね。

住みやすいと思いますよ。

これからも
ずっと続けて行かれるんですか?

再来年
100年になりますのでね。

100年超えたら
もう どうしようかと思って。

一応 100年までは
頑張ってと思って。

後が やる人 いませんので。

私も 年も年なので。

でも ぜひ 頑張ってほしいです。

ありがとうございます。
どうも ありがとうございます。

失礼いたします。
<頑張ってください>

いい感じ。

見てください お家。

本当にステキですね。
<昔ながらのね>

田舎に帰ったような
懐かしい気分になりますね。

<本当 いい雰囲気でしたね>

うん? お店ありそうな
雰囲気なんですけど。

<どこに?>

あっ!
「ネコモチーフジュエリー専門店」。

<これ?>

行ってみようかな。

私 猫 大好きなんですよ。
<あっ そうなんだ!>

昔 飼ってたし。

ただ お店 どこにあるのかな。

<この先? 行けます?>

ここに書いてある。

「ハンドメイドアクセサリー
ギャラリーちぃぷぅ」。

「この先 ずーっと奥」。

どこだろう?

ここ お店なのかな。

あっ お店ですね。
<本当だ>

ギャラリーちぃぷぅ。

行ってみようかな。

入っていいんですよね。

(井坂さん) いらっしゃいませ。
こんにちは。

失礼しま~す。

消毒して。

うわ~ かわいい!
(瑞紀さん) こんにちは。

お邪魔します すいません 突然。

かわいいね! いい子だね。

触りたい。
<アハハハハ>

これ ネコホトケって
何ですかね?

(瑞紀さん) 猫の仏像の
ネックレスになりますね。

<猫の仏像のネックレス!?>

<どういうこと?>

<鬼子母神前で出会った
猫のアクセサリー専門店>

これ ネコホトケって
何ですかね?

(瑞紀さん) 猫の仏像の
ネックレスになりますね。

仏様の髪形になってる 猫が。

ハハハハ!

(瑞紀さん) こんな感じで
チェーンを通していただいて

ネックレスとして お使い
していただくことできますし。

あと こちらの台も
ついておりますので

置いて飾っていただくことも
できるようになってます。

仏様なんですか? 猫が。

猫が仏像になったら
どんな感じになるのかと思って。

<14金>

手作りですか?
そうです 一点物になってまして。

1個ずつ
ちょこちょこ 作ってますね。

これなんかも すごいですよね。

獅子に乗っている。
猫が獅子に乗ってるって

すごい縁起がよさそうですね。

「ちぃぷぅ」って
書いてあったんですけど

もしかして…。
この子 コハク君になってまして。

ちぃぷぅが
こちらの写真の子になってます。

(瑞紀さん) 奥で お昼寝してます。
お昼寝してるんですね!

そうなんだ。

アクセサリーも見ていいですか?
(瑞紀さん) どうぞ ご覧ください。

あっ かわいい!

これも 猫の顔になってる。

ヒゲと目と… かわいいですね!

これも かわいいですね。

上から見ると分からないけど

横から見ると 猫ちゃんが。
<本当だ>

尻尾が星になってますよ。

これは ピンバッジですか?

(井坂さん) ネコタイピンですね。

全部 かわいい!

これは いっぱい猫ちゃんが。

1 2 3 4 5。

5匹 ぶら下がってる。

コハクちゃん
おとなしいですね とっても。

ずっと こんな感じで
お昼寝してるんで。

触りたい。

触りたい!とかダメなのかな。
大丈夫ですよ。

お客さんも よく触ってるんで。

かわいいねぇ!
いい子してるのぉ?

ピンクのお鼻 かわい~い!

久しぶりに 猫ちゃん 触りました。
よかったです。

猫 かわいいですよね。
(瑞紀さん) そうですね。

私も飼ってたんで。
そうなんですか。

やっぱり 猫ちゃんが好きで

このお店を
始められた感じですか?

(井坂さん)
元々は 僕たち2人で

このブランド
立ち上げようって話を

10年ぐらい前にしたんですね。

ちょうど その時に

そこの庭で
1匹 子猫が生まれたんですよ。

その子が ちぃぷぅなんですけど。

生まれた時に 母猫ちゃんが

育児放棄しちゃった感じに
なっちゃってて。

それで 保護して
うちで引き取ることになって。

僕たち それが… 猫との出会いが
初めてだったんですけど。

そこから 猫の魅力に取りつかれて
こんなふうになっちゃった。

ほぼ 今はメインって感じですね。
そうです はい。

<デザインや原型を作るのは
奥さんの瑞紀さん>

<現在は 新作の猫土偶を試作中>

<金属を磨き 仕上げるのは

ご主人の智宏さん>

<金と銀で作られた
ご夫婦オリジナルのアクセサリー 猫仏は

釈如来などの仏像をモチーフに
作られています>

<全てが一点物で

一つ一つのポーズや表情に
微妙な違いがあります>

<猫をモチーフにデザインした
指輪やネックレスは

猫好きの方なら
思わず 手を伸ばしたくなる

かわいいアクセサリー>

<ご夫婦の猫愛が
あふれています>

(瑞紀さん)ありがとうございます。
またね!

名残惜しいけど 帰ります。

(瑞紀さん) また お越しください。
はい ありがとうございます。

<楽しかったですね>

<東京さくらトラムの旅は
続きます>

<次に降りたのは 終点 早稲田>

終点だ~。

へぇ~。

初めて降りましたね。
<あっ そうですか>

どっちに行こう?

こっち! こっち!

渡りま~す。
<は~い>

「ゆたかはし」。

すごい! 豊かな橋?

何ていう川ですかね? ここ。

<神田川じゃない?>

神田川ですか?
<そうそう>

桜の木ですかね? これ。
<あ~ そうですね>

春は 満開になってキレイそう。
<でしょうね>

はぁ~ 気持ちいいですね。

「氷」 かき氷?

あっ 「発酵菓子専門店」。
<発酵菓子?>

えっ? 「ユルーム ザイモロジー」。

何だろう?
<何でしょう?>

ここを右折して 突き当たりを左。

じゃあ
ここの酒屋さんじゃないんだ。

<あっ そういうこと?>

ちょっと 行ってみますね。
<はい>

本当だ ここじゃなさそう。

う~ん?

曲がって…。

突き当たりでしたっけ?
<はい>

とすると ここを左?

あっ そうですね。

あそこに
アルファベットで書いてあります。

へぇ~!

何か すごいですね。

緑が いっぱい! へぇ~。

オープンって書いてある
ちょっと 入ってみますね。

<こっちでいいんですかね?>

すごい! ハハっ。

緑のカーテンみたい。

入って大丈夫ですよね これ。

<合ってます?>
う~ん…。

うん? どこだ?

あっ ここですかね。

(今泉さん) いらっしゃいませ。
どうも こんにちは。

すごい! え~!

ジャングルみたいな所に
ようこそ。

すごい 緑が たくさんあって。

東京の 猫の額ですけど

少し リラックスができるような。

何か 発酵菓子専門店って
書いてあったんですけど。

こちらでは Zymollyという

生きた発酵ゼリーというのが
一番のメインで。

生きたまんま こうじや 菌を
お客様に召し上がっていただく

当店オリジナルの
ゼリーになってます。

<生きた発酵ゼリー?>

イメージがしづらいと
思いますので

ご説明だけ失礼します。

Sサイズの瓶
もしくは Lサイズの瓶に

そのゼリーが
入ってるんですけども。

台湾の種子のオーギョーチを…。
あっ 食べたことあります。

植物性の ふるふるしたゼリー
あれが全てベースになっていて。

シロップ ソース あと フルーツ。

それを うまく組み合わせて
ゼリーになってます。

で シロップとかソースがですね

フルーツをベースに
ハーブとか あと こうじ

そして 酵母などで 発酵させて
それを重ねて いただくんです。

例えば ソースは リンゴ
真ん中は かんきつ… ミカンとか。

で シロップは
アンズとかいうように

全て オリジナルで カスタム
していただくことができます。

で お味を 1番から7番…。

その中から お客様に
選んでいただくんですけども

いかがなさいますか?
どうしよう。

悩みますよね。
悩みます。

自分じゃ決めかねるかな。

例えば 今 お薦めがですね

長野県の千曲市から取り寄せてる
アンズがあります。

真ん中のフルーツは
そのアンズを入れて…。

カスタムするんであれば

ブラッドオレンジの
発酵のソースに

シロップは すっきり系で
お味をまとめるような

リンゴなどは いかがですかね?
いいと思います。

アンズ 食べたいと思ってたので。
お薦めなんです!

それで 用意させていただきます。
お願いいたします。

番号札をお渡しいたしますので
お呼びいたします。

それまで お待ちくださいませ。
ありがとうございま~す。

<ここ お店だったんですね>

何か…。

都会にいるという感じが
しないですね。

<いい雰囲気です>

1番のお客様。
は~い。

できました。
ありがとうございま~す。

こちら イートインで?
あっ はい。

こちらが アンズと
ブラッドオレンジのソース

そして リンゴのシロップの
発酵ゼリーになります。

<発酵ゼリー
どんなお味なんでしょう?>

<早稲田で出会った
生きた発酵ゼリー Zymolly>

<高校生の時に
発酵食品に目覚め

大学では 農学部で
食品栄養学を研究した今泉さん>

<その こだわりは

玄米と こうじ菌を合わせ
発酵させるところから

全て 自分で行うこと>

<そして 旬のフルーツを
発酵させたシロップや

玄米こうじとフルーツを合わせた
ソースなど

菌や酵母が生きたままの状態で
お客さんに提供しています>

<伊藤さんが頼んだ
発酵ゼリーは

国産ブラッドオレンジのソース

台湾の植物由来ゼリー
オーギョーチ

国産のアンズの果肉

そして 有機リンゴを
アガベシロップ で発酵させた シロップの

4つを一緒にして食べる
オリジナルスイーツ>

<一体
どんなお味なんでしょう?>

1100円になります。
1100円 は~い。

どこで食べたらいいですか?
中に入っていただいて

席で お召し上がりいただくことが
できます。

分かりました
ここからで いいんですよね。

<中で食べられるように
なってるんですね>

お邪魔しま~す。

うわっ ステキ!

中庭もあるんですね ステキな。
<あら ステキ!>

まず 消毒… よし。

とってもキレイですよ。

こういうの 女の子 大好きですね。
<男子も好きですよ~>

う~ん! 満杯に入ってます。

<うわ~ すごい!>

じゃあ
早速 いただきたいと思います。

お~! いただきます。

おいし~い。

<どんな感じですか?>

とっても さっぱりしてるけど…。
<ええ>

う~ん!

このジャムと ジュレと

発酵したアンズの酸っぱさが
おいしいですよ。

<へぇ~>

う~ん! うん!

アンズ とっても おいしいです。

あと これがオーギョーチ。

う~ん!

いいですね さっぱりしてて。

多分 ひと瓶 食べられちゃいます。
<あ~ そう!>

<その日のうちに食べないと

瓶の中で発酵が進んでしまい
味が変わってしまうそうです>

<他にも お店では 季節ごとに

さまざまな発酵ゼリーを
楽しむことができます>

<また 発酵ゼリーを
かき氷と一緒に味わう

発酵ゼリー氷も
人気だそうですよ>

<これも おいしそう!>

<発酵食品の新しい道を見つけた
今泉さん>

<これからも おいしいもの
作り続けてくださいね!>

また 川に戻って来ました 神田川。

「ゆたかはし」ですよね ここね。
<そうでした>

こっちに渡ってみましょうか。
<神田川沿いを ぶら~り>

う~ん! いいですね やっぱり。

川の近くって。

うん? ここ カフェかな?

<おしゃれな感じ>

あれ? カフェじゃないのかな?

あっ!

「iro」っていうカフェと…
「Zakkaya Maeda」?

カフェと雑貨屋さんが
一緒になってるんですね。

<へぇ~>

「アートペーパー専門店」
「デコパージュ教室」?

デコパージュって何でしたっけ?

<確か ペーパーナプキンを
貼るんじゃなかったかな>

あ~!

興味あるんで入っていいですか?
<どうぞ どうぞ>

へぇ~。

こんにちは~! お邪魔します。

(前田さん) いらっしゃいませ。
どうも こんにちは。

よいしょ。

うわ~ かわいい!

あっ!

ペーパーナプキンの
専門店ってことですか?

ペーパーナプキンを
はじめとした

アートペーパーの専門店です。
そうなんですね!

それと
こういったペーパーを使った

デコパージュという工芸が
あるんですが

そのお教室を 奥で行ってます。
そうなんですね!

こちらには 季節のペーパーを
そろえております。

今だったら やっぱり…。
カボチャだったり。

もうすぐハロウィーンですもんね。
そうですね。

ヒマワリのガラスプレート?
そちらがデコパージュの作品です。

えっ? でも ガラスですよね。
そうなんです。

ガラスのお皿に
裏から ペーパーを貼って

他にも 金箔を散らしたりとか。

すごい美しいですね。
ありがとうございます。

入ってみていいですか?
どうぞ お入りください。

失礼します うわ~!

たくさん 種類がありますよ。

こちらで扱っているペーパーは
デコパージュで使うペーパー。

ふ~ん!

ヨーロッパから輸入してるものが
ほとんどなんですが

一部 こちらで 日本のブランドで
作っているものがございまして。

どれになるんですか?
あちらに展示しております。

あっ これですか?
はい そうですね。

日本っぽい 和柄というかね。

北斎とか そういうことですよね。
はい 浮世絵だったりとか。

あと 下のペーパーは…。

キクやモミジというのは

京都の 清水焼の職人さんに
描いていただいてるペーパーです。

ステキですね!
ありがとうございます。

教室って
書いてあったんですけど

この中で
教室をされてるんですか?

奥が お教室でございます。

へぇ~!

こういった小物だったり
大きい作品を作ったりとか。

生徒様と一緒に作って行くんです。

せっけんにも貼れるんですか?
せっけんにも貼れます。

普通に使えるんですか? その面。
使えます。

最後に
コーティングの部分が残ります。

身近な生活雑貨の
ほとんどのものに

デコパージュすることが可能です。

やってみたいけど
予約しないと できないですよね?

そうですね 通常のレッスンは
ご予約いただいてるんですが

こちらの
デコパージュの無料体験ですと

約20分ほど
お待ちいただければ

ご案内できるんですが。
本当ですか!

マスクに
ワンポイントで 紙を貼ることで

デコパージュを体験していただく
内容になっております。

ぜひ やってみたいんですけど…。

こちらで受け付けを行いますので
お越しください。

やった~! フフっ。

<Zakkaya Maedaは
元々 友禅染の工房で

そこを改装して造ったお店>

<そのため 欧米の文化である
デコパージュに

和の要素を取り入れた

オリジナルのペーパー作りなどに
力を入れています>

<お店を開いたのは
前田さんのお母さん>

<前田さんは 6歳の時から
デコパージュに取り組み

現在は
教室の講師を務めています>

<また
20年のキャリアを生かし

作家としても活動中>

<ガラスのお皿の裏に

いくつものペーパーから
切り出した絵柄をレイアウトし

さらに アクリル塗料で
色付けをした 美しい作品など

さまざまな技法を使って
作っています>

<中でも 友禅の職人だった
おじいさんの影響で

ぼかしの技法などを
取り入れているのも

前田さんの作品の特徴です>

では こちらに。
ここで よろしいですか。

本日は こちらの
和紙のタイプの紙を使って

デコパージュして行きます。

まず 切る時に
絵柄の1cmほど離れた所

水筆ペンを当てて なぞります。

強く押さずに ゆっくりと
こんな感じで。

緊張する!
<頑張って~>

1cm。
外側で 絵が ぬれないように。

えっ!? こんな感じですかね?

そうですね しっかりと
ぬれてるほうが切りやすいです。

その後に ペーパーの左右 持って
引っ張ります。

ちぎって行く感じですね。

意外と 力 入れます。
お~!

ぎゅっと引っ張って
ちぎってください。

やっぱり 和紙ですね
こうやって ちぎってみると。

繊維が分かるというか。
そうなんです。

あ~ 取れました!

そしたら 貼って行くんですが

マスクのほうに のりを塗ります。

そしたら ペーパーをのせます。

えっ…。
位置ですね 大事ですね。

あれ? ちょっと もう1回。
もちろんです。

<どんなマスクが
できるんでしょう?>

<専用のアートペーパーなどを
貼って作る デコパージュ>

<さまざまなものに貼って
楽しめるそうです>

<オリジナルのマスク作りに

チャレンジしている
伊藤 歩さん>

<その出来栄えは?>

そろそろ…。

はい 大丈夫です。
乾いたんですね。

乾きました。

以上で完成でございます。
早い!

<お~!>
あっという間にできるんですね。

本当に短時間で
かわいく作れるので。

どうですか? 小日向さん。

<いいですね!>
ちょっと 上からですが…。

似合います?

<あら かわいさ倍増!>
フフフ!

<いやいや 本当ですってば!>

とっても かわいいです!

<楽しい出会いと思い出を
人生にデコパージュ>

<いい一日でしたね! 伊藤さん>

<時が流れても 街の片隅に
まだまだ残る 懐かしい風景>

<立ち止まって
あの頃を思い出す>

<それも
ぶらり旅の醍醐味ですよね>