歴史の専門家が選ぶ 難攻不落!最強の城総選挙[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

歴史の専門家が選ぶ 難攻不落!最強の城総選挙[字]

日本全国の歴史の専門家にアンケートを実施!最強の城を大発表!果たしてNo.1に輝くのはどの城か!?

◇番組内容
攻めも守りも強い!「最強の城はどこなのか?」
日本全国の歴史専門家が選んだ難攻不落!「最強のお城」ベスト20を生放送で大発表!
▽「石垣が高くて攻められない」「自然の地形をうまく利用している」「城下町が要塞のようになっている」などなど、様々な観点から《難攻不落》《最強》だと思うお城5つを、歴史の専門家が難攻不落順(最強のお城順)に列挙。その結果をもとにランキングを作成し、ベスト20を選出します!
◇番組内容2
▽スペシャルプレゼンターとして木村文乃、菜々緒、広瀬アリスといった豪華女優陣も登場!
◇出演者
MC:爆笑問題(太田光、田中裕二)、ウエンツ瑛士
スペシャルプレゼンター:木村文乃、菜々緒、広瀬アリス
◇出演者2
ゲスト:石原良純、大久保佳代子、新納慎也、ビビる大木、山崎怜奈、本郷和人
◇おしらせ
☆公式Twitter
 https://twitter.com/sousenkyo6

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. お城
  2. 天守
  3. 石垣
  4. 熊本城
  5. 大阪城
  6. 小田原城
  7. 攻撃
  8. 難攻不落
  9. 場所
  10. 当時
  11. 卓也
  12. トラップ
  13. 宮崎
  14. 最強
  15. 大木
  16. 仕掛
  17. 萩原
  18. 本丸
  19. 江戸城
  20. 斎藤

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥730 (2022/12/08 20:08:19時点 Amazon調べ-詳細)

当番組は同時入力の為、誤字脱字
が発生する場合があります。

<皆さんが最強だと思う城は
どこですか?>

城の魅力、それは
心奪われる芸術的な美しさ。

城の魅力、それは

風情ある城下町を
散策する楽しさ。

そして、最も大事な城の魅力
それは…。

<歴史上、日本に存在した城の数
4万>

木村:攻め落とすのが
難しかったであろう城を

歴史の専門家が厳選。

難攻不落、最強の城を決める。

<徳川20万の兵でも
落とせなかった

大阪城>

<8000発もの砲撃を
受け止めた

会津若松城>

<3カ月にわたる
籠城戦にも耐えた

小田原城>

<桁違いの攻撃力で
敵を寄せつけなかった

姫路城>

<果たして
最も強いのは、どの城なのか?>

いざ、開戦!

<今回は、皆様からの
ご意見ツイートを紹介>

<「#城総選挙」で
どんどんつぶやいてください>

<選ばれたのは
島根県安来市にあった城…>

<お城がある安来市は
どじょうの養殖で有名!>

<いろんな、どじょう料理も
楽しめるんだよね!>

<そうそう!>

<あと、町の演芸場では
安来節に合わせて踊る

どじょうすくい踊りも
見られるんだ!>

<楽しそう!>

<そんな、安来市にある
月山富田城のすごさは

上空から撮影すると
よくわかる>

<田園地帯を抜けた先に
見えてくるのが月山>

<この山の頂に立っていたのが
月山富田城なのだ>

<今は、城は残っていないが

当時の様子を再現した
模型を見ると…>

<狭い崖の上に
天守があった事がわかるね>

<実は中国地方を統一間近だった
戦国武将の毛利元就が

この城を
3万の兵で攻めたんだけど

3分の1の兵で撃退したんだ!>

<すごい!>

<そして
この城の強さのポイントは

山頂まで続く
曲がりくねった道>

<それが、こちら>

<急斜面の崖を
グネグネとした細長い道>

<その名も、七曲り>

<登る敵兵を疲れさせるように

わざと
グネグネする道を作った>

<本丸を目指して
登っていくと…>

<この道の細さにも
敵を撃退する狙いがあった>

スタッフ:結構、道が細くて
不安定ですね、ここは。

平原さん:そうですね。
道は原則、狭いです。

要するに、大軍が来ても
1列に並んでいく。

<登れるのは、この一本道のみ>

<大軍で攻めても
隊列が引き伸ばされて1列に>

<そこを
弓矢で一網打尽にされる>

<うわー!
これは逃げられないや>

<そして
ポイントは、この場所>

こういう所がですね

ちょっと
平らな所があったりする。

<曲輪っていう
兵士たちが待ち伏せるスペースが

山頂の城までの間に
いくつもあったんだって>

平原さん:後ろからとか
前とかから攻撃をされる。

もちろん
上からの攻撃がありますから

これをですね
攻め上がるっていうのは

とても大変だった。

<なんとか
山頂にたどり着いても

強固な城門に
阻まれちゃうんだ>

<続いて、第19位の城は…>

敵兵を見てですね
ほくそ笑むような

つくった人のいやらしさが
見えてくるようなですね

つくりになっている。

<選ばれたのは
滋賀県にある…>

<彦根城は、あの徳川家康が
大坂にいる難敵

豊臣家を監視するために
つくったお城>

<400年以上も
当時の姿で残っている天守は

国宝に指定!>

<実は、このお城の強さは
城や城下町に隠された

巧妙なトラップと
いわれているんだ>

<それでは、ここから
そのトラップの数々を

実際に、彦根城を攻めながら
見ていこう>

<調査するのは土佐兄弟>

<兄の卓也さんは

社会の教員免許を持つほどの
歴史通>

<まずは、あいさつ代わりに

お城に修学旅行に来た学生の
あるあるを披露>

ちょっと待って、おい。
買っちゃった。

買っちゃったわ。
卓也:えっ?

木刀。
卓也:意味ねえお土産。

いたけど、木刀買うヤツ。

<彦根城の巧妙なトラップ>

<2人が向かったのは
彦根城の南側>

<ここに1つ目のトラップが>

<実はこの町は、当時の区画が

ほぼそのままの姿で
残っているという>

斎藤さん:狭いでしょ?
こういう趣のある通りには

まだ残ってる感じですね。
卓也:趣すごいな。

有輝:風情がすごいよな。
斎藤さん:そうですね。

卓也:T字路だね。

<現れたのはT字路>

<一見
ただのT字路に見えるけど

実は、ここに巧妙なトラップが
仕掛けられているんだ>

<ええー!嘘!>

卓也:そこですか?
斎藤さん:はい。

はい、こんな感じ。
有輝:あっ、なんか。

<この道は
くいちがいという名の道>

<道を微妙にずらす事で

この先に待ち伏せた兵士たちが
狙っているかもと

警戒させる事を狙ったトラップ>

斎藤さん:そういう仕掛けです。

彦根城
まだ城内じゃないんですけど

お城の中入ってからも
こんな道がいろんなとこにあって

やたら
相手のスピードを落とす作戦を。

有輝:迷路みたいに
なってるんですね。

<城内に入ってきた2人>

<彦根城の巧妙トラップ
続いては…>

卓也:これが最後のお堀。

有輝:券売所だ。こんにちは。
斎藤さん:券売所です。

有輝:天守。
卓也:いいね。

有輝:すごくね?こんな
なんか、あれなの?急なの?

卓也:別に、でも
今は、トラップらしいトラップは

あんまりわかんないけどね。

<この、天守へ続く

一見、普通に見える坂道にも
トラップが>

斎藤さん:今、ここ…。

卓也:幅、すごいですよね。
斎藤さん:そう。

幅、一定だったら、同じリズムで
トントントンって上がれるんで

下、見ないで
上れるじゃないですか。

卓也:なるほど!
斎藤さん:こうなってると…。

<この階段
一段一段の段差や幅がバラバラ>

<転ばないように
足元を気にしている隙に…>

<櫓から一気に狙い撃ち!>

<うわー!この罠は
絶対引っかかっちゃうな!>

<彦根城の巧妙トラップ
続いては…>

<この階段を抜けた先には
次なるトラップが>

<それが、こちら>

<石垣に囲まれた
大堀切という空間>

<この空間には
一度入り込んだら超危険

すごいトラップが
仕掛けられているのだ>

斎藤さん:しっかり窓あって
今も、多分狙われる。

今、ここ石垣なんですけど
こっちからも撃たれてます。

卓也:嘘だろ?

<石垣の上から一斉攻撃>

<3方向からの攻撃で
袋のネズミ状態にされてしまう>

<彦根城の巧妙なトラップ
続いては…>

<この橋>

斎藤さん:実はね
ここの橋なんですけど…。

<攻め込んだ敵が
橋を渡ろうとすると…>

<こんな風に橋げたは簡単に外れ
一気に崩れてしまう>

<そして、天守へ続く道が
なくなってしまうのだ>

これ、設計に関わった人たちは
ちょっと性格悪いよ。

<彦根城の巧妙トラップ
続いては…>

<2人は
最後のトラップがある場所へ>

斎藤さん:はい。
卓也:これじゃないですか?

有輝:うわっ、すげえ!あれ。
卓也:ここ。

有輝:あれだ。

<白漆喰が美しい、この天守>

<実は、ここに

外からでは気付く事ができない
トラップが

仕掛けられているのだ>

卓也:中に入ったら
わかるんですか?

斎藤さん:中入ると
わかります。

<という事で、天守の中へ>

<果たして
どんなトラップなのか?>

斎藤さん:卓也さん、すぐ後ろ。
卓也:すぐ後ろ?

有輝:これか?なんだ?これ。
斎藤さん:空いてますよね。

よく見たら
他にもポコポコ空いてますよね。

卓也:これ?
斎藤さん:はい。

卓也:へえー!なるほど!

斎藤さん:彦根城は
漆喰壁でキレイに塗り固めて

キレイなお城に
なってるんですけど…。

<最後のトラップは
この隠し狭間>

<普段は
漆喰に塗り固められ、見えないが

戦の時には…>

<壁をぶち抜き、攻撃>

<油断している隙に、不意打ちで
攻撃されてしまうのだ>

卓也:すごすぎる!
もう勝ちでいいよ。

<という事で、第19位は

思わず引っかかってしまう
トラップだらけの彦根城でした>

≫素晴らしいほら貝と

太鼓で始まりました。
3時間の生放送で

お送りします。今回は
日本全国4万以上ある城の中から

難攻不落な最強の城を
決定します。

≫いよーっ!
≫歴史の専門家の

皆様にアンケートを取りまして
攻撃力が高い

防御力が高いなど

お城の強さだけを基準に
ランキングしました。

ちなみにすでに
なくなってしまったお城も

対象になっております。

日本の歴史上、どのお城が
一番強いのか今夜、決定します。

≫俺、シンデレラ城だと思う。
≫強くはない!

夢はあるけど…。

スタジオには
芸能界のお城好きや

強いもの好きの皆様に
お集まりいただきました。

≫よろしくお願いします。

≫強いもの好きの方も
いるんですね。

≫何?強いもの好きって。

≫強けりゃ何でもいいっていう。

≫良純さん、お城好き?

≫まあ、好きよ。
やっぱり、城を見てるだけで

ワクワクするというか。

お城がある街が
すごくうらやましくて

しょうがない。

≫城下町も素敵ですよね。

≫良純さん、VTRで
パッと何々城って分かったもん。

≫今、行ってみたいのは
月山富田城。

最近、整備されて山の上まで
ずっと上がっていけて。

尼子氏だから
山中鹿之助ですよ。

≫詳しいんだよ、いろいろ。
≫知識をひけらかしてる。

≫そして、新納さん
大河ドラマにも

出演されていました。
どうですか、お城に

印象とかお持ちですか?

もちろん、その中で
お芝居されますものね。

≫セットなんですよ
僕ら、お芝居と。

大河ドラマに出てるからと言って

お城に詳しいと思ったら
大間違いっていう。

≫今日、呼ばれて困ってる?
≫困ってます。

≫あとで皆様の1位予想も

聞いたりしますからね。
楽しみにしております。

≫大久保さん、この枠の中での
強いもの好きなんです。

≫強くて長いものには
巻かれたい。

巻かれたいほうで来てますね。

≫お城は?
≫小学校のころ

近所にお城のお堀があって

田原城っていう。

そこのコイに給食のパン
あげてました。

それが唯一の思い出です。

≫大木さんも歴史はやっぱり…。

お城はどうですか?

≫お城でいうと
埼玉の岩槻城っていうのがあって

今、城址公園に
なっているんですけど

子供のころ、そこで
カッパ見たので。

≫本当に?すげえな。
≫今日、その話も

また時間があれば…。

≫またカッパベスト10で。

≫怜奈ちゃん
いかがでしょうか?

≫私もお城巡り
しょっちゅうしていて。

この間も長野、小諸、上田って

全部長野にあるお城
3城を回ってきました。

≫小諸にある
古城のほとりだもんね。

歴史詳しいんだよね。
≫楽しみです。

≫そして、本郷先生にも
今日はいろいろお願いします。

≫よろしくどうぞ
お願いいたします。

≫更に今回
我こそは難攻不落だと自信を持つ

3つの城と
生中継を結んでおります。

早速、呼んでみましょう。
≫まずは大阪城の皆さん!

≫大阪城です!
大阪城天守閣の職員の皆さん

そして
ボランティアガイドの方々に

集まっていただいております!

ABCの増田にも
熱気がしっかり伝わっていますが

スタジオのほうにも
届いていますでしょうか。

≫届いてますよ!
≫良かったです。

≫適当に受け流したでしょ!

≫お前のボケがよく分からない。

≫適当になんて
受け流してないです。

とんでもないです。

我々もしっかり
盛り上がっていきますので。

大阪城天守閣広報部長の

イトウさんにお話を伺います。

今のお気持ちは?

≫こんばんは。大阪城は

今年この後ろに見えます
天守閣が90年を迎えました。

という年と、強さといえば
やっぱり石垣かなと思いますが

日本一の石垣を持つ大阪城
その名に恥じないような順位を

狙えればと思っています。

≫やっぱり1位予想でいきます?
大阪城は。

≫日本一ということは
それにふさわしいというと

やっぱり1位でしょうか。

≫そりゃそうだよな。

≫10位だと思いますって
言うわけないもんね。

≫続いて、呼んでみましょう
熊本城の皆さん!

≫はい!
熊本城盛り上がってますか?

≫おー!

≫この熱気
伝わりますでしょうか。

熊本城は
2016年の熊本地震で

大きな被害を受けましたが
2037年度の

完全復旧に向け
一歩ずつ歩みを進めています。

今回の総選挙も
励みにしたいと考えています。

所長、意気込みいかがですか。

≫難攻不落の城といえば

やはり熊本城。絶対1位とるぞ!
≫おー!

≫熊本城、気合十分です!

≫よろしくお願いいたします。

≫いろんなバケモンが後ろに…。
≫バケモンじゃないよ!

ゆるキャラ的なやつだよ!

≫くまモンはいないの?今日は。

≫くまモンは
こういうの出ないんですよね。

≫こういうのって何ですか…。
≫断られました。

≫参りましょう、最後は
神奈川県・小田原城の皆さん。

≫はい、小田原は
たくさんの方が来てくれました。

まずご紹介しますのは
小田原城天守閣館長の

スワマさん。

≫こんばんは。
よろしくお願いします。

≫そして、小田原市のゆるキャラ
うめまるくん!

≫こんにちは!
≫そして大勢の皆さんですが

手作り甲冑隊の皆さんです。

≫えい、えい、おー!
≫ありがとうございます。

予定にないところで
忍者の方も来ていただきました!

スワマさん
今日の意気込みをお願いします。

≫やっぱり、戦国最大の城郭
小田原城ですので

相当、好位置に
つけるんじゃないかと思います。

≫力強いお言葉を
いただきましたが

今日は、後ろの応援メンバーも
たくさんいますし

勢いづいてますね。
≫頑張ります!

≫強力な布陣の小田原です。

≫ずばり何位だと思います?
≫1位ですね!

≫よろしくお願いいたします。

≫ということで
難攻不落な最強の城

見事に頂点に輝くのは
一体どの城でしょうか。

≫中継が出てるということは
この中のどれかだよ。

≫それは分からない。

そう思う人も
いるかもしれないけど

そうとも限らない。

決めつけないでください。

≫さあ、このあと
18位の発表です。

<ここで
プレゼントキャンペーンの

お知らせです>

<番組終了後
見事第1位を当てた方の中から

抽選で30名様に
ネスレ日本より

人気のキットカット ミニ
4品セットをプレゼント>

≪(スターター)テイク ユア マークス!

(コーチ)おいで! 大丈夫だよ。

≪(スタート音)ビーッ!

<東京海上日動は

1989年から ずっと

青い 青い…

青い青春を 応援しています>

<難攻不落!最強の城総選挙
続いて、第18位は…>

<選ばれたのは
兵庫県朝来市にあった城…>

<竹田城といえば
なんといっても…>

<まるで
空中に浮かんでいるような

雲海に囲まれた、この景色>

<まさに絶景>

<観光するなら
これからの季節が

ベストシーズンだね>

<今は、石垣だけしか
残っていないが、当時は…>

<ご覧の姿に>

今や観光スポットとしても名高い
竹田城の雲海。

実は、この雲海は
ただただ美しいだけではなく

強さの秘密でもあったんです。

<雲海が強さのポイントって
どういう事なんだろう?>

<江戸時代の思想に詳しい

大阪学院大学の森田先生に
教えてもらったよ>

<このルートで上っていく>

森田さん:出てますね、だいぶ。
うわっ、すごい!

<雲海が出やすいのは、早朝>

<険しい山道を上っていくと…>

えっと、この辺りから
もう、ありますけども

こういった巨大な石がですね
結構あるんですね。

<この山の石は
大きくて強度が高いんだって>

<だから
防御力の強い石垣を作るのに

最適だったそうだよ>

<なるほどね>

<そして、山頂に着くと
そこには…>

森田さん:これ、本当
嘘じゃなくて

疲れが吹っ飛びますね、これは。
すごい。

<現れたのは、雲海>

<この雲海が持つ強さとは?>

雲海っていうのは
やっぱり、人ならぬもの。

例えば、神の力によって発生した
っていうような事を思う。

当時の人も、やはり、神の力で
そういった雲海が作られて

そして
城が守られてるという風に

思ったんだと思いますね。

<当時は
「山には神がいる」っていう

山岳信仰が根付いていて

武士たちも、雲海に
人間の力を超えたものを感じて

恐れをなしていたとも
考えられていたんだって>

武士というのは

いつ死んでしまうかわからない
というような状態で、やっぱり

神仏にすがりたいという
気持ちがあるわけですが。

結果的に攻めにくい。攻めるのは
よろしくないかなっていう風に

思わせるような効果が
あったんだと思いますね。

<攻めたら
自分に良くない事が起きると

思ったのかもしれないね>

<確かに
まさに神に守られた城なんだね>

<続いて、第17位は…>

<選ばれたのは
新潟県上越市…>

<この春日山城は、14世紀に
建てられたといわれている

あの上杉謙信のお城なんだ>

<えっ?
お城なんて、どこにもないよ?>

<残念だけど、今は
その姿は残ってないんだ>

<でも、かつては
山を埋め尽くすように

武士たちが
暮らしていたんだって>

<そして、その暮らし方にこそ

春日山城の強さの秘密が
あるんだ>

<実際に攻め入ると
どうなる?>

<目指すは、山頂の天守>

<ここは、かつて
武士が暮らす屋敷があった>

<一般的な山城の場合

武士たちは
山の麓にある屋敷に住み

戦の時だけ城に向かう>

<しかし、上杉謙信は

忠誠心の強い
トップ格の武士たちに

城へ住むように指示>

<そのたびに、もともと
ただの山だった所を切り開き

平地を作り、屋敷を建築>

<そこに武士たちを住まわせ

文字どおり、身をていして
城を守らせていたのだ>

<へえー!すごい、すごい!>

<すごいだろ!そして、これが

誰がどこに住んでいたかがわかる
貴重な資料>

<ここを、よく見て>

<えっ!
「直江」って書いてある>

<そう、「愛」の兜の
直江兼続で有名な

直江氏が住んでいたんだ>

<つまり、春日山城は
一歩足を踏み入れれば

次から次と屈強な武士に
襲いかかられる城だったんだ>

<これは攻めるのが大変ね>

<という事で、第17位は

すご腕武士だらけの城
春日山城でした>

≫ということで、17位は
春日山城ということでしたけど。

≫ここで本郷先生にもお話を
伺いたいと思います。

竹田城、春日山城と
出てきましたけど

まず、春日山城は
何で、山の…辺鄙というかね

結構上のほうに
立ってましたけど。

≫それもあるし、新潟県って
長細いじゃないですか。

それの端っこなんですよね。
結局、要するに、攻撃に強い

守りに強い城と言ってるけど
さっきの竹田城なんかは

あそこをとったからといって

何か経済圏を手に入れられる
わけではないんですよ。

ところが春日山城の場合は
直江津という港を

手に入れるためには
どうしてもあそこを

落とさないといけなかった。
直江津の港っていうのは

金の卵を産む
ニワトリなんですね。

当時、日本海交易で

ものすごくもうかるんですよ。
だから、そのためにも

直江津を守るためにも
上杉謙信は春日山城に

いたんです。

≫武士を住まわせるというのは
なかなかないですよね。

≫防御力が2倍になりますから。

≫効率がいいよね
そっちのほうが。

≫では、どんどん参りましょう。
続いて16位の発表です。

続いて、16位の難攻不落の城は
四国からランクイン。

天守の部分に、とにかく
なかなかたどり着けないというね

違う方向に行かされるような

そういう仕掛けが
随所にあるっていうのは

やっぱり
すごいなという感じはします。

<そのお城とは…>

<松山市の中心部
勝山の山頂に本丸がある

松山城の城内には

21もの重要文化財が
残されている。

<実は、この松山城には
さまざまな仕掛けがあるのだが

攻めるなら、どうする?>

<そこで今回、早稲田大学出身で
大河ドラマにも出演した

香蓮さんに
調査してもらった>

回りました。
うわっ!いってきます!うわー!

<山の上にある松山城は

現在は、人気の
観光スポットにもなっていて

ロープウェイやリフトで
向かう事ができるんだ>

宮崎:ちょっとだけ見える。
あれが松山城ですね。

おっ?うわっ!
オレンジジュース出てきた!

<蛇口から出てきた!>

宮崎:欲張っちゃおう。

<愛媛の名物
みかんジュースが楽しめるんだ>

<そして、ここから
松山城の強さを教えてくれるのは

城郭ライターの萩原さん>

宮崎:こちらこそ
楽しみにしてきました。

萩原さん:そうですね。松山城は
まさに巨大迷路のような

さまざまな
待ち受けるトラップを

体感できる面白さがある
お城なので

脳内シミュレーションをしながら
歩いてもらえると

より楽しいと思います。

<宮崎さんには
ここからスタートして

このように
天守まで攻めてもらいます>

<背後に気を付けろ!>

<松山城
最初の難攻不落ポイントは

目の前なのに
たどり着けない天守>

<やって来たのは
正面に天守が見える場所>

宮崎:うわー!
なんか見えてきましたね。

萩原さん:今、正面に見えるのが
天守なんですね。

宮崎:あれがもう、天守?
萩原さん:そうなんです。

宮崎:このまま、こう行ったら
着けちゃいそうな感じしますね。

萩原さん:そうなんです。
じゃあ、行ってみましょうか。

宮崎:攻め入る気持ちで。
萩原さん:攻め入る気持ちで。

攻めてます!攻めてます!
フフフ…!

<目の前に天守があったら
普通は一直線に攻めるよね?>

<でも
そんな簡単な話じゃないんだ>

行き止まりですね?
萩原さん:そうなんです。

ここは、もう
天守が目の前に見えるので

今の香蓮さんみたいに
勢い良く、うわっ!って

行こうとするんですけど
実は…。

<正面に
天守が見えるにもかかわらず

進むと行き止まりになっている>

<正しい順路は

ここでUターンしなきゃ
いけないんだけど

これが罠なんだ>

萩原さん:見てもらうと、ここの
せり出した石垣の上に建っている

この櫓の壁から。
あそこに城兵がいっぱいいて。

萩原さん:そうなんです。だから
勢いよく逃げるしかない!

宮崎:うわっ!みたいな。
うわっ!やめてください!

背中、狙わないでください!
みたいな。

萩原さん:でも、本当にそうで
ここを急いでる時も

ずっと、背中を狙われてるので。

<背後に気を付けろ!
松山城の強さ>

<続いては
門を突破しようとしている

その隙に…>

<やって来たのは…>

<この門を突破する時も
背後には要注意だよ!>

萩原さん:香蓮さん、この門を
閉まってると想定して

ちょっと、こう攻略するように

シミュレーションしてもらって
いいですか?

私、ちょっと
先、行って城兵の役をやるので

迎え撃つので。
宮崎:わかりました。

<という事で
宮崎さんは、門を攻める敵兵>

<萩原さんは
門を守る城兵として

シミュレーション、スタート!>

でも、まだ多分、きっと
開いてないんだろうけど。

うっ!うっ!うっ!うっ!
うわっ!

萩原さん:ヤー!
宮崎:うわっ!ビックリした!

ビックリした!えっ?あれ?
前に進んでましたよね?

萩原さん:そうなんです。ここが
すごい、最大のトラップで。

実は、こういう
奇襲用の仕掛けが、そっちに。

宮崎:えっ?ビックリした!
萩原さん:気付いてました?

こっちに。
宮崎:どういう事ですか?

萩原さん:実は
この石垣が目隠しになって

見えないように
なってるんですけど。

<実は、石垣の裏にもう1つ
「隠門」と呼ばれる門が>

<目の前の門を攻略しようと
夢中になっていると

隠門から出てきた敵に
奇襲を受けてしまうんだ>

まさに奇襲用の。
宮崎:その名のとおり。

萩原さん:そうなんです。
ここから見ると

さっき、香蓮さんがいた
大きい門の前って見えないので

敵としても、この奇襲用の隠門に
気付かない。

<背後に気を付けろ!
松山城の強さ>

<最後は…>

宮崎:あとは、もう
ここを一直線だな。

うわー!近付いてきた。

いよいよ、本丸が
見えてくるのかな。

<やっと、天守の近くまで
やって来たね>

<実は、ここに
最大の仕掛けがあるんだ!>

宮崎:ここは、なんですか?

萩原さん:ここは
松山城の天守が

この建物なんですけど。
宮崎:着いた!

<一見
ただの中庭のようだけど>

宮崎:うわっ!カメラが!

うわっ!うわっ!あっちからも!
すごい狙われてる!

<待っていたのは
予期せぬ四方向からの攻撃>

<松山城の天守は
「連立式天守」と呼ばれていて

周囲をぐるっと囲んでいる
珍しい天守なんだ>

<この連立式天守がある事で
360度、全ての方向から

敵を狙い撃ちにする事が
できるんだ>

なるほど!こうやって当時も。

ただの広場と思いきや
四方八方から狙われるんですね。

<ここまで来た敵は
まさに袋のネズミなのね>

ここまで
やっと、たどり着いたのに

こんな所で、また、四方八方から
めった打ちにされるわけですね。

これは、もう、難攻不落だー!

城壁が低いと思って
油断して寄ってきた敵に対して

十字砲火で、敵を
せん滅させる事ができるという

そういった
優れた面がある城なんです。

<ランクインしたのは

北海道の観光名所にもなっている
あの城>

<選ばれたのは
北海道函館市にある城…>

<五稜郭がある函館市は

下田とともに
日本が最初に開港した町>

<ベイエリアに立つ
赤レンガ倉庫や

一本道が美しい八幡坂に並ぶ
洋館や教会など

風情のある西洋建築を
楽しめる>

<中でも、五稜郭は
代表的な函館の観光スポット>

<桜の名所としても有名なんだ>

<そして、他の城の多くが

戦国時代や江戸時代に
建てられている中

五稜郭は
ほぼ明治に近い幕末に建てられた

新しいお城なんだ>

<1853年、ペリー率いる
アメリカ艦隊が来航>

<それをきっかけに
江戸幕府は

もしかしたら
欧米が攻めてくるかもしれないと

攻撃に備える事に>

<そこで、当時
海から近い函館山の麓にあり

行き交う外国の船から
丸見えだった

幕府の重要な施設、箱館奉行所を
内陸の方に移転する事を決定>

<その箱館奉行所を守るために
つくられたのが五稜郭なんだ>

<へえー!外国の攻撃から
守るためだったんだね>

今や、函館のランドマークとも
なっている五稜郭。

この独特な形にこそ
強さの秘密がありました。

<五稜郭といえば

なんといっても特徴的なのは
この星形デザイン>

<この形こそが
五稜郭の強さの秘密だった>

<この星形の由来になったのが

当時、最高峰の軍事技術を
誇っていた

フランスの城郭都市>

<ヨーロッパには

強固な防御力を持つ星形要塞が
いくつもあった>

<当時、函館に入港した
フランス軍艦の軍人が

箱館奉行所に贈った
西洋式の築城術の書籍をもとに

五稜郭はつくられたんだ>

<その高い防御力の秘密は2つ>

<まずは
死角、全くなし!5つの角>

<実際に
角の、ここの部分から見ると

隣の先端部分が見えるのが
わかる>

<その五稜郭を攻めたとすると

お互いの稜堡からカバーされて
どこへ行っても丸見え状態>

<5つの先端に配置された
大砲や銃から

雨あられの弾丸が
飛んでくるんだ>

<うわー!どこから攻めても
狙われっ放しだね>

<更に、もう1つの仕掛けが>

<唯一の進入路を狙い撃ち>

<五稜郭には、入り口につながる
唯一の橋がある>

<そこから攻めようとすると

難関になるのが
この突き出た場所>

野村さん:ここは
半月堡といって、向こう側

五稜郭の中に入っていく
入り口になるんですけれども。

<半月堡は、正面入り口を
防御するための場所>

<もし、入り口につながる
唯一の橋から攻めようとしても

半月堡と稜堡から、十字砲火を
浴びせられちゃうんだ>

<これじゃ
どこからも攻められないね>

<しかし
そんな強さを誇っていた五稜郭も

陥落する日がくる>

<五稜郭に陣取った旧幕府軍と
新政府軍との戦いが勃発>

<翌年、旧幕府軍が降伏して
五稜郭を明け渡したんだ>

<外国からの侵攻に備えてたのに

日本人同士の戦いで
敗れちゃったんだね>

<選ばれたのは
大分県にある…>

<岡城があるのは、竹田市>

<城を中心に栄えた

江戸時代の風情ある
街並みが残る町>

かの有名な音楽家、瀧廉太郎は

幼少時代を
岡城があった地域で過ごし

代表作『荒城の月』は

このお城をモデルにした曲だと
されているんです。

<実は、岡城は
阿蘇山と大きな関係がある>

<岡城があるのは
阿蘇山から30km離れた場所>

<阿蘇山は
9万年前に噴火したのだが

実は、岡城は
その噴火の火砕流で運ばれた

岩石の上に立っているのだ>

<そして、それこそが
岡城の強さの秘密だったんだ>

<阿蘇山の岩石の上に立つ
岡城のすごさ

1つ目は
進軍を防ぐ!ツルツルの川>

<あなたならどう攻める?>

<岡城に攻め入るには
この川を越えなければならない>

南側の、この白滝川と

岡城の北側には
稲葉川という川がありまして

この2本の川で囲まれています。

この川がですね
実は、お城を守る

天然の堀となっておりまして。

<この川底の石こそが
阿蘇山の岩石>

小松さん:そうですね。
多分、こんなのが

もっとあったような
イメージですね。

<阿蘇山の岩石でできた川底では

水ゴケが増殖しやすく

川底全体に広がり
滑りやすくなっていた>

<じゃあ、この川を越えようと
攻め込んだら

どうなっちゃうの?>

<攻めようとすると
スムーズに進めなくて

そこに対岸から
弓矢で容赦ない攻撃がきちゃう>

<これは
ひとたまりもないわね>

<阿蘇山の岩石の上に立つ
岡城のすごさ

2つ目は
火山の力!固すぎる石垣>

<川を越え
山頂に迫ったとしても

そこには強固な石垣が!>

<その特徴がよく現れているのが
こちらの石垣>

<この岩石は
他の石より加工しやすいため

隙間のない石垣をつくれたんだ>

<更に、岩石を六角形に切り出し
この積み方をする事で

中央にかかる力が分散され

より頑丈なものに
なっているのだ>

<という事で
阿蘇山の岩石を利用した岡城が

第14位でした>

<最強の城総選挙
続いて、第13位は…>

<そのお城とは

富士山の絶景が望める場所にある

静岡県三島市の山中城>

<今は城跡になっているが
当時、山中城は

標高およそ580mの
山の中にあり

その面積は
東京ドームおよそ5個分>

<天守閣がない土の城で
こちらの高台には

天守の役割を果たす
櫓が立っていた>

実は、山中城は
私の地元、静岡にある

絶景が有名なお城なんです。

でも、そんな表の顔に
だまされてはいけません。

裏の顔は敵を陥れるために
張り巡らせた

大きな大きな蟻地獄。

一度、多分はまってしまったら
抜け出せない蟻地獄のような。

<専門家がやばいと言う
蟻地獄がこちら>

<正式名称は、障子堀>

<落とし穴のようになっていて
侵入者を防いでいるのだ>

<この障子堀は
山中城のバリケードとして

砦の周りのほとんどの堀に
作られていたんだ>

<重要な役割を
果たしていたんだね>

<強さのポイントは
3つあるんだ>

<山中城、障子堀の強さ>

<まずは、あみだくじの畝>

<専門家は
この障子堀の畝の部分に注目>

単純に、真っすぐ、こう

チェックのような形に
なっているんではなくて

くねくね曲がっていますよね。

あみだくじのような、そういった
真っすぐ歩けないような

そういう畝の上をですね
歩こうとしてもですね

くねくね曲がってるものだから
非常に歩きにくい。

すぐに上からの攻撃の
餌食になってしまいます。

<障子堀の難攻不落ポイント
2つ目は、ツルツル滑る>

発掘した当時の
写真がありますけれども

これ見てもらうと
わかると思いますが

上は、かまぼこの背のように
丸くなっておりますので

非常に不安定な状態の
通路となっております。

土の質、赤土
ツルツルの土になっております。

非常に不安定な状態で
走ってくると思います。

<ツルツル滑る赤土を生かして

落ちやすい工夫が
されていたんだね>

<そして
障子堀の難攻不落ポイント

3つ目が
這い上がれない蟻地獄の中>

望月さん:こうやって
ジリジリ、ジリジリ、ジリジリ

手の中で操られた敵は穴の中へ。
ここからは、もう思う壺です。

深さ2mほどの
まさに巨大蟻地獄の餌食。

周りを囲まれ
逃げ場がなくなった敵は

鉄砲や弓矢の
餌食になってしまいます。

<中も、もちろん
ツルツルとした赤土で滑って

駆け上がる事は到底困難>

<落ちたら最後、出られないのが
蟻地獄といわれる理由なんだ>

<続いて、選ばれたのは

静岡県にあった韮山城>

<専門家からは
城の西側には湿地帯が広がり

東側は
険しい山岳地帯になっていて

どの方向からも攻めにくい
というポイントが

高く評価されました>

豊臣が一番すごかった時に
落とせなかったんですよ。

しかも、これ、豊臣が
一番大事にしてる家臣である

石田三成を投入して
ダメだったんですから。

<第11位は
埼玉県行田市にある…>

忍城の名が
全国に知れ渡ったきっかけは

2012年に公開された
映画『のぼうの城』。

この映画では、たった500人で
2万の軍を撃退した

忍城の戦いが描かれています。

では、この城は、なぜ圧倒的な
兵力差を覆す事ができたのか?

その秘密は沼にありました。

<現在、忍城は
市街地の中に立っているけど

当時は、全く様子が違ったんだ>

<江戸時代の忍城を描いた絵図を
見せてもらうと…>

<こんな感じで
城の周りは、360度沼地>

<じゃあ、攻め込むには

この沼を越えなきゃいけない
って事ですね?>

<そのとおり。でも、簡単には
越えられない仕掛けがあるんだ>

<実は、その仕掛けこそが
忍城の強さのポイント>

<それは…>

<当時の忍城は

沼地に浮かぶ島を
橋でつなぎ合わせたような状態>

<城に侵入するには、必ず
橋を渡らなければいけないので

攻め入ろうとしても

待ち伏せた兵士に
返り討ちにされてしまうのだ>

<歩いて侵入するのは無理そう>

<じゃあ
どう攻めたらいいんだろう?>

<実は、橋の守りを固められ
攻めあぐねた石田三成は

ある大胆な作戦に出るんだ>

<それが…>

<石田三成は、一説によると
2万の大軍を使い

わずか5日で
28kmにも及ぶ堤防を建設>

<せき止められた川は氾濫>

<忍城には、大量の水が>

<実は、この作戦
一説には

豊臣秀吉が命じたとも
いわれているんだ>

<秀吉は、過去に
忍城と同じく沼の中に立っていた

備中高松城を
水攻めで攻略した事があって

忍城も同じ作戦で落とせると
考えたんだ>

<しかし、結果は…>

<1カ月経っても
忍城が完全に沈む事はなかった>

<実は、その理由にこそ

もう1つの難攻不落の
ポイントがあった>

本丸の場所を
高めに設定してるんですね。

それが大きかったわけです。

この城は、別に
誰かに攻められなくても

氾濫で沈む可能性が
あったんですよ、めちゃくちゃ。

大雨による川の氾濫に備えた
城だった。

<忍城の周りには
たくさんの川が流れており

常に氾濫の危機と隣り合わせ>

<そのため、普段から水害に備え

本丸を他の土地よりも
高い場所に建てていたのだ>

<更に…>

氾濫を何回も何回も
繰り返していれば

学ぶわけですよね。ですから
どこに水を逃したらいいか。

そこに、水路を
作ったりしていくわけです。

その結果、水が
どんどんどんどん逃れていく。

<この強さに、あの三成も降参>

<11位は、忍城でした>

≫11位まできましたけど

いろんなお城があるんですね
こうやって見るとね。

いよいよ
このあとベスト10ですが

その発表の前に
皆さんの1位予想を

ちょっと見てみましょう。

フリップを一斉にオープン!

いろんなお城、皆さん
1位予想しましたけど

誰から聞いてみましょうか。

太田さん、熊本城ですね。

≫熊本城は
僕はこの番組でロケで

何回か熊本城へ
行ったことがあるんですけど

やっぱりね
攻めにくかったです。

≫攻めてないでしょ。
攻めてはない。

≫上がっていく時に

ものすごく、くたくたになって

これは大変だなって思ったよ。
実感した記憶があります。

≫実体験に基づいてますね。

≫山崎さんも熊本城ですね。

≫太田さんのおっしゃるとおり
攻めづらさもあるんですけど

このお城は

籠城にも優れていて
お城の中での

食材、食料の蓄え方が
すごく上手なんです。

壁とか、畳とか
いろんなところに仕掛けがあって

人を守るという意味でも
優れてるんです。

≫やっぱり今、熊本城

ああやってさ、地震があったけど

頑張ってるじゃないですか。
これは勝ってほしいね。

≫そうですね。

ウエンツは?津山城。

≫歴史に疎い僕が唯一知ってる

森蘭丸を
演じさせてもらったんですけど

森蘭丸の弟が治めていた
城なんですけど

僕も1回だけ
行ったことあるんですけど

一二三段っていって

石垣がめちゃくちゃ高いんです。

そこへ行くと高さがあるので
迷路に入ってるみたいに

行く先が
分からなくなっちゃうので。

結構守備力は高いんじゃないかと
思って津山城にしました。

≫いろいろ分析されていますね。

≫ここで
中継先とつないでみましょう。

≫熊本城、聞いてみますか。
≫熊本城!

≫はい、熊本城です。

今日は熊本城初代城主の
加藤清正公に

来ていただきました。

≫皆の衆、こんばんはじゃ!

≫めちゃくちゃ
礼儀正しいですね。

≫夜空に熊本城が映えますね。

≫うむ!
我が自慢の城であるからのう!

≫世界観が…。
こっちと違っちゃってたんで

ごめんなさい。

≫熊本城
今、再建してると思うんですけど

どうですか?

≫皆々のおかげで天守閣は
完全復活を果たし申した!

≫全体は2030年度に…。

≫やっぱり熊本の人にとって
あれが見えてるっていうのは

勇気づけられるだろうね
きっとね。

≫続いては大阪城の皆さんに
聞いてみましょう。

大阪城の皆さん!

≫大阪城最強!
≫大阪城は1位を取るべく

先ほどの中継から

ほんの少しですが
のぼりを増やして

お届けしております。

≫分からないな。

≫ものすごいのぼりを
振ってるのは見えるんですけど。

≫それくらい
私たちの思い強いんですけど

大阪担当ボランティアガイドの
藤井さん、どうですか。

≫実はね、太田さん。
私ら、ここが小さいころ

遊び場でしてね。
遊びほうけてました。

このでかい、広い、東京ドーム

約23個分あるらしいです。

それだけ広い面積を持っている
お城は

やっぱり難攻不落じゃないかと
思っております。

≫スタジオ、新納さんが
1位予想しておりますね。

≫スタジオの皆さん
最後に私たちの強い思い

届けさせてもらっても
いいですか。

≫お願いいたします。

≫大阪城
1位目指して頑張るぞ!

≫大阪城-!

≫強そうだね。
大阪城ー!はね。

≫小田原城の皆さん
いかがですか?

≫小田原は大阪より
全然負けないくらいの人が

まだいるんですよ。

スタジオの皆さんの1位予想に
書いてないのが

信じられないぐらいですが。

いかがですか。

≫ちょっとショックですかね。
≫そうですね…。

≫やっぱり自信ありますよね。
≫戦国時代の

最後の城なんですね。

小田原が
秀吉に負けたことによって

日本の国が戦国が終わって
近世に変わるわけですね。

歴史の転換点の城なんです。

それが戦国最大の中世城郭
小田原城なんです。

≫上杉にも武田にも勝ったという

本当に強いお城なんですけどね。

≫小田原城の掛け声も
いただいていいですか?

≫もちろん
ご用意しております。

≫小田原城、最強!

≫おー!

≫どうも
ありがとうございました。

≫3つの城は

ランクインするんじゃない
でしょうか。

それでは、いよいよ
ベスト10の発表です。

<最強の城総選挙
いよいよ、ベスト10の発表>

<第10位は…>

<歩いても歩いても
たどり着かない

敵を絶望させる
険しい道のりのお城>

<第10位は、奈良県にある…>

<高取城があるのは

奈良県の中央に位置する
この町>

<かつては、高取藩2万5千石の
城下町として栄え

現在でも
風情ある建物が多く残っている>

<そんな町の先にあったのが
高取城>

<今は、もう
石垣しか残っていないけど

明治初期までは存在していた
お城なんだ>

<白漆喰で塗られた天守は
蓮の花みたいにキレイで

芙蓉城と呼ばれていたんだって>

<へえー!
実際に見てみたかったな>

<そんな高取城が

難攻不落といわれる
ポイントは…>

<高取城は

攻め入る敵を絶望させる広さを
持つというのだ>

<どれほど険しい道のりなのか
調査に行ってくれたのは…>

どうも
ビビる大木でございます。

今日はですね、奈良県にあります
高取城にやってまいりました。

<スタートしたのは
城の入り口の、ここ>

<天守があった山頂へ向けて
出発!>

<比較的緩やかな道が続くが…>

本岡さん:敵を迎え撃てるような
そういう場所ですね。

<徐々に
勾配がきつくなり始める>

大木:ビニールシートか?

本岡さん:崩れてるんじゃ
ないですか?

大木:やっぱ、なかなか
遠いですよ、これは。

うわっ!ちょっと、すごい!

大木:よいしょ。
本岡さん:よいしょ。

まだだな。まだまだですね。
本岡さん:まだまだですね。

<20分、上り続けた現在地は
ここ>

<まだ3分の1だという>

<そして
ここから、更に過酷に>

大木:何が最強の城だ!
ちきしょー!

<着の身着のまま上るだけで
この状態>

<鎧兜で武器を持って上った
武士のつらさは

相当なものだったはず>

<ついに、到着?>

<40分歩いた現在地が、ここ>

<この先が、石垣に囲まれた
高取城の中心部>

<そう、ここから天守跡まで
まだまだ長い道のりが続くのだ>

大木:まだ、ここですか?
ここ行くんですか?

本岡さん:そうです。
大木:もう無理ですって、先生。

攻めにくいです。
難攻不落ですね、ここは。

本岡さん:そうなんです。

<なんとか気を取り直し
再出発>

<しかし…>

大木:520から635に。

測り直したら、100m以上
ずれてるよって事ですか?

どうやって測ったんですか?
520。

<まだまだ続く険しい道のり>

<更に、高取城には
もう1つ、敵を苦しめる強さが>

<ここは、かつて
敵の侵入を防ぐ門

大手門があった場所>

<険しい道のりにもかかわらず

石を運び、強固な門を
作り上げていたのだ>

<しかも、その数

なんと、33門>

<ただでさえきつい山道を上り
クタクタの状態なのに

その先に待ち受けるのは
防御の堅い門>

<更に、櫓からの攻撃>

<この門を突破するのは
至難の業なのだ>

<ようやく、天守跡に到着>

<移動距離は1.6kmながら
要した時間は2時間>

本岡さん:そうですね。
大木:ハア。

<最強の城総選挙
続いて、第9位>

<選ばれたのは
静岡県掛川市にあった城…>

<当時の姿が、こちら>

<山の四方に広がった尾根の形が
空を舞う鶴のように見えた事から

鶴舞城とも呼ばれていた>

<その強さの象徴は
なんといっても

険しすぎる断崖絶壁>

<本丸に向かう道は
この断崖絶壁の道しかなく

敵は、ここで

一網打尽にされていたと
いわれている>

<実は、今も
そのリアルな断崖絶壁が

当時のまま残っているという>

<高天神城のリアルな断崖絶壁が
当時のまま残っているという>

<本丸を目指して
上っていくと…>

柴田さん:そういう尾根が
ずっと続いていってですね

足を崩すと
すぐ滑らせてしまうので

すごい危ないです。
スタッフ:両サイド、崖ですね。

柴田さん:人ひとり通るのも
やっとな場所ですよね。

スタッフ:確かに、これ
すれ違えないですね。

<うわー!本当、ちょっと
ぶつかったら落ちちゃうよ!>

<それだけじゃないよ>

<実は、この山
地盤が弱くて崩れやすいから

攻めるのが、本当に
難しかったんじゃないかって

いわれているんだ>

<ひょえー!>

<そんな高天神城が
難攻不落と称されるポイントが

実は、もう1つ>

<それは、世にも珍しい
本丸が2つある城だという事>

<本丸が2つとは、一体?>

柴田さん:ここが本丸跡
という風に伝わっています。

<高天神城は、東と西
2つの峰からできていて

実は、東にも、西にも

本丸が存在していたと
いわれているんだ>

西を守る管轄の大将が
やっぱり、いて。

東峰にも、大将が
やっぱり、ここにいますので…。

<たとえ、西の本丸を
攻め落とせたとしても

すぐに東の軍が現れ、攻撃>

<つまり、2人の大将を
同時に落とす事ができなければ

苦しい戦いに
なってしまうという>

<そんな高天神城は
大物たちにとっても魅力的>

<あの武田信玄と徳川家康が
奪い合った事もあるんだ>

<武田と徳川!
それはすごいですね!>

<続いて
第8位にランクインしたのは

東北地方の守りの要…>

<1868年

新政府軍と旧幕府軍との間で
起こった戊辰戦争では

旧幕府軍の中核として戦った
会津藩>

<会津若松城に立てこもった
会津藩に

新政府軍は、およそ8000発の
砲弾を撃ち込んだけど

その天守は
崩れ落ちる事はなかったんだ>

<でも
猛攻を受けるお城の姿を見た

会津藩の
白虎隊と呼ばれる少年部隊は

お城が落ちたと勘違いして
城の向かいにある飯盛山で

自ら命を絶つという
悲劇も生まれたんだよ>

<悲しいお話ね>

<ちなみに
彼らが最期にいた飯盛山には

今でも、多くの観光客が訪れ
白虎隊をしのんでいるんだ>

<でも、なんで会津若松城は

そんなものすごい攻撃を受けても
耐える事ができたの?>

その強さの秘密は
2つの防御システム。

合言葉は「V」と「Z」です。

<会津若松城を守る、VとZ
2つの防御システムとは?>

<まずはV>

<それは天守に迫る敵に対抗する
防御システム>

<攻めるなら、どうする?>

<天守を目指して
進んでいくと…>

<さあ、攻めるぞ!と
意気込む矢先…>

<あら!
石垣から多くの兵が現れたわ!>

<実は、この大勢の兵を

一気に石垣の上に集める事を
可能にしたのが

Vの防御システムなんだ>

<Vシステムとは
石垣の裏にある

こちら!>

<ええー!
階段がVの字になってる!>

<会津若松城のVの防御システム
その名も、武者走り>

<仮に階段が1つだった場合
前線に向かう兵と

弾薬の補充などで下に下りる兵が
ぶつかってしまい

一度に多くの兵が移動できない>

<しかし、階段をVにして

上りと下りに分ける事で
移動がスムーズになり

多くの兵が
素早く前線に向かえるんです>

<Vシステムは、すごく
考えられたシステムなのね>

<そして、もう1つ>

<会津若松城の
強さの秘密が、Z>

<Vシステムを突破して
天守に近付いたとしても

待っていたのが、Zシステム>

いなもとさん:本丸の真ん中に
天守が

会津若松城の場合
建ってるんですけども

そこを、ちょうど
南に向かって仕切るように

続櫓、表門
南走長屋、干飯櫓という

Zの形をした仕切りが
あるんですね。

<城壁を直線につくった場合
攻撃できるのは、1方向のみ>

<しかし、Z型の城壁にする事で

さまざまな方向から攻撃が可能>

<城に近付く敵を
広い範囲から迎え撃つ事ができる

防御形態なんです>

<という事で
実戦でも、その強さを証明した

会津若松城が、第8位でした>

<7位に選ばれたのは…>

<1610年頃、徳川家康が

天下に威厳を示すためにつくった
名古屋城>

<その象徴といえば
金のしゃちほこ>

<そして、これが
およそ150億円もかけて

復元された
豪華絢爛な本丸御殿だ>

<すごいキレイね!>

<城のすぐ横にある
金シャチ横丁では

たくさんの名古屋名物が
楽しめるんだ>

<うわー!おいしそう!>

<そんな…>

あちらが、本丸にある
西南隅櫓という隅櫓ですね。

とにかく
これ、大きいんですよ。

<名古屋城の本丸の隅には

見張りや攻撃を行うための
2つの巨大な櫓がある>

<更に
戦争でなくなってしまったが

ここに、もう1つ
大きな櫓があったという>

<実は、名古屋城の櫓は
この3つだけじゃなかったんだ>

今、木になっちゃってますけど

実は、これ、あそこ
もともとは木じゃないんですね。

あそこにも全部、櫓が。
非常に長い櫓。

これが、石垣の上に全部、こう

ぐるっと
本丸を取り囲んでたんですね。

<名古屋城の石垣の上には
3つの巨大な櫓につながる

多聞櫓と呼ばれる
長屋状の建物があったのだ>

<天守を目指して
進んでいくと…>

<多聞櫓の中に
兵を配置する事で

敵は
本丸の周り、どこから攻めても

一方的に
攻撃されてしまったんだ>

<これじゃ、どこも通れないわ>

<更に、多聞櫓は
防衛施設としてだけではなく

別の働きも持っていたという>

倉庫、兼、渡り廊下
みたいなものですから。

だから、中には
いろんな武器とか

食料とか保管しているわけで
食料調達とかね

武器調達なんかも
中で全部できちゃうわけです。

塀1個建てるだけでも
十分なんですけれど

それを、名古屋城は
全部、多聞櫓にしたっていう。

それだけの鉄壁性を
誇ろうとしたわけです。

<しかも、万が一
多聞櫓を突破できたとしても

天守には簡単には入れない
仕掛けがあるんだ>

実際に攻めようと思ったら
天守に入るのは

まず不可能と言っても
いいかもしれない。

スタッフ:なんでですか?
原さん:大天守に入るには

まず、こっちの小天守に入るしか
ないんですよ。

<名古屋城天守の横にそびえる
小天守>

<実は、名古屋城の天守には
外へとつながる出入り口はなく

隣に立つ
小天守の中を経由しなければ

天守の中に入れないのだ>

<しかも、その道の途中には
4つもの門があり

そこで攻撃を受けてしまう>

もっともここまで攻め込まれたら
落城寸前なんですけど

それでも、最後の抵抗が、ここで
見られるような城なんです。

<さすが、徳川家康>

<侵入者を許さない、徹底した
城づくりをしていたんだね>

<怖い罠がいっぱいの城>

<6位の城は、見た目が
とっても美しいあのお城ですよ>

<選ばれたのは
兵庫県姫路市にある城…>

<日本の城の中で
初めて世界文化遺産に登録>

<真っ白いその見た目から
白鷺城ともいわれているお城>

<その強さの秘密は
罠だらけという事>

<姫路城は、徳川幕府にとって
西側の大名が攻めてきた時に

その最前線で
食い止める役割を担っている

大事なお城>

<だから、罠もたくさん作って

ガチガチに
防御を固めたんだって>

<一体
どんな罠があるのかな?>

<という事で
あなたなら、どう攻める?>

<姫路城に
どれだけ罠があるのか

実際に城に攻め込む目線で
見てみよう>

<この地点から、スタート>

<城の入り口である
この門を過ぎると…>

あの穴はですね
狭間と言いまして、鉄砲や弓を

あの穴から敵に向かって
射るための仕掛けになってます。

放て!

<この狭間は
お城の至る所に設置>

<なんと3000カ所以上とも
いわれているんだ>

<すごい!>

<天守を目指し、更に先へ>

<現れたのは二股に分かれる道>

<その道は…>

お城の中の通路っていうのは

基本的に
あんまり直線で通しません。

防御という事を考えると
ポイント、ポイントで

わざと、こう、カクカクカクッと
曲げてみたり

敵の勢いを
そこでそぐという事もあります。

<更に、その先には、門>

<最初の門に比べると
入り口が小さい>

やっぱり、小さいと、勢いが
どうしても止まるという事で

敵が、もし、本当に
すごい勢いで入ってきても

ここで、その勢いを止める事が
できるという事です。

<ここを突破すると
本丸に到達>

<この天守の中にも
さまざまな罠が待ち受けている>

<階段があるけど

なんと
ここに仕掛けがあるんだよ>

<えっ?普通の階段にしか
見えないけど>

上がってきた所に
このように、両側に

比較的大きな扉が
付いてると思います。

普段は、これ、閉じておいて

下から上に
簡単に人が出入りできないような

仕掛けになっています。

他の場所では
引き戸になっていて

ガラガラガラっていう風に
シャッターみたいな感じで

閉めるようなですね
そういう所もあります。

<階段の上が閉められる仕組みに
なっていて、敵の兵が

簡単に上がってこられないように
なっているんだ>

<お見事!>

<そして、階段を上がると…>

<そこは、がらんとした空間>

<よし!敵兵の姿は見えない!
今のうち!>

<すると、突然!>

<ええー!
どこから攻撃がきたの?>

<壁の下にある小さな穴>

通称、武者隠しと言ってます。

室内に向かって鉄砲狭間が
開けられてるので

いつ頃から
言われるようになったか

わからないんですけど
籠城した時に

伏兵が、この部屋の中にいて
その敵に向かって

射撃するための鉄砲狭間だ
という風にいわれてます。

<こんな奥にも
隠し部屋があるんだね>

<用意周到!>

<更に、天守には
敵を倒すためだけではなく

籠城のための設備も
充実しているんだ>

<普段は非公開だという
その設備を

今回、特別に見せてもらった>

工藤さん:かわや。便所ですね。

<このトイレも
考えられた構造に>

<実は、ある工夫が>

<ご覧のとおり
便座の両サイドの幅が違う>

一説には
ここにしゃがんだ時に

刀の長い方は抜いてですね
この右側に

置くためだっていうような話が
残ってます。

<という事で、第6位は

罠だらけの城、姫路城が
ランクイン>

≫皆さんの予想、大久保さん
名古屋城が7位

僕と本郷先生の1位予想の
姫路城が

6位にランクインされました。
≫姫路城、1位って思ってた人

多いんじゃない?
≫いると思いますけどね。

石原さん。

≫だんだん実力者が
上に来てるんだけど

僕は会津若松城に

思い入れがあって
白虎隊の話が

あったじゃないですか。

僕は城が好きになったのも
会津若松城の

白虎隊の城を見てっていう。

城は国であって、父であって
母であってっていう

すごいランドマークとして
いいなって思ったのが

会津若松城なので8位。
そうか…と。

≫あの写真すごかったですよね。

≫ボコボコにやられて
城が燃えてて

自分の殿様がいて
父、母がいてという

思いというかね

それで生き残ったんだから
この城は。

≫そして、大木君は
高取城に行ってきてね。

≫本当、オール坂道で
こんだけしんどいのを

家臣団が
通勤していたのかと思うと

本当に攻められないです。
だから、本当に

江戸時代なんかは
あまりにもきついんで

殿様が俺、下に住みたいと
言ったらしいです。

≫それじゃ意味ないじゃん…。

≫予想は何だっけ?
≫岐阜城です。

良純さんが江戸城。
まだ出てないですね。

≫熊本城も出てないし
津山城も出てない。

このあといよいよ
ベスト5の発表です。

いよいよ、トップ5の発表。

5位に選ばれた城は
東西南北、どの方角からも

攻め入る隙を与えなかった
お城です。

<第5位、長野県にある…>

<旅情をそそる古き良き街並みに

名物、志゛まんやきなどが
堪能できる城下町も魅力の一つの

上田城>

<およそ400年前

戦国最強の武将ともいわれる
真田幸村の父、昌幸によって

つくられた城なんだけど

その難攻不落ぶりが、すごい!>

<徳川3万8000の軍に
攻め込まれた時に、真田軍は

なんと、わずか3000の兵で
それを撃退>

<圧倒的勝利を
つかんでいるんだよ>

<へえー!すごい!>

<その勝利をもたらした秘密が

東西南北、どの方角からも
攻め入る隙を与えない

鉄壁の守りにあった>

<という事で、上田城
東西南北が、すごい!>

<まずは、南側>

<城の南にあったのは…>

<高さおよそ12mの崖
そして

川を利用した
尼ヶ淵と呼ばれる天然の堀>

<このダブルの防壁が

敵の行く手を阻んでいたと
いわれているんだ>

<実は、北と西を守っていたのも
天然の堀>

<この絵図を見てみると

尼ヶ淵より大きい巨大堀が
確認できるよね>

<うん!うん!>

恐らく、この場所に
っていうような事を考えたのは

昌幸自身だと思うし
しっかりと計算したうえで

この場所を選んだんだと
思っていいかと思います。

<南、北、西には
崖と大きな堀>

<という事で、一番簡単に
攻め込めそうだったのが、東>

<実は、この東の突破が容易だと
敵に思わせる事こそ

天才策略家
真田昌幸の狙いだったんだ>

<へえー!
どんな狙いだったの?>

<城下町があったという
上田城の東>

<その道のつくりに

敵を一網打尽にする
ある仕掛けがあった>

<先を見通せない道

それを連続的に作る事で
敵をかく乱>

<動揺したところを…>

<建物の隙間などに隠れていた
真田の兵が次々攻撃>

<やっとの思いで
城下町を抜けたとしても

城門には…>

和根崎さん:それにプラスで
昌幸自身の

天才的な戦術の巧みさ
というものがプラスして

やっぱり、上田城が一番
不落の城ではないかと思います。

<徹底的な守り!街ごと全部
囲い込んじゃった城>

奥羽最大の戦国大名の伊達政宗が

とんでもない城だと。
言葉が出ないと。

多分、政宗が見た城の中で

一番すごかったんだと
思いますね。

日本の城のつくり方っていうのを

かなり変えた城と
言えるんじゃないでしょうか。

<第4位の城は…>

<室町時代に築かれた小田原城>

<小田原城があるのは

相模湾に面している
神奈川県小田原市>

<漁業が盛んな街で
小田原かまぼこが有名なんだよ>

<ええー!おいしそう!>

<その街にある
小田原城なんだけど

強いお城だと
知られるようになったきっかけは

上杉謙信との戦いだったんだ>

<およそ10万もの上杉軍に
攻められても

1カ月の籠城戦を耐え抜き

見事、撤退させる事に
成功したんだ>

<そんな難攻不落の小田原城には

門をくぐろうとした敵の上に
石を落とす、石落とし

狭間と呼ばれる
弓矢を放つ数々の穴など

城を守る
さまざまな仕掛けがあるが

専門家が口をそろえて

強いと挙げるポイントは
他にあった。それが…>

総構とは
敵の侵入を防ぐためにつくられた

城の一番外側にある
堀や土塁でできた囲いの事。

<堀や土塁は、普通は
城の周りにつくるんだけど

小田原城の場合は
ちょっと違うんだ>

<どういう事?>

ここ、小田原城は

城だけでなく、城下町ごと
囲ってしまったそうなんです。

その長さは
なんと、およそ9キロ。

領地を全て囲ってしまう発想は
当時、革新的なものでした。

<地図で見てみると

ご覧のとおり
堀で城下町を全部囲い

城内だけではなく

城下町への侵入も
防いでいたという>

<そして
総構は、ただ長いだけじゃない>

<攻め入る武将たちを
絶望にたたき落すほどの

秘密が隠されていたのだ>

<その秘密を調査してくれるのは
お城が大好きな、この方>

どうも~!こんばんみ~!
ビビる大木でございます。

というわけで、難攻不落の城
小田原城にやってまいりました。

今日は、いろいろと、リポート
したいと思いますけどね。

難攻不落の小田原城の
総構ですけれども

実は、ここではないんです。

大木:館長!

諏訪間さん:一応
ここの館長なので

ここも、一応、ご案内しないと。

大木:館長、どこですか?ここ。

諏訪間さん:小田原城の
さっきの天守閣から

西側に1.1kmちょっと
来たとこですね。

大木:えっ?
ええー!なんですか?これ。

うわっ!えっ、何?ここ。
諏訪間さん:ここがですね…。

<これが、城下町ごと囲む
小田原城の総構>

<当時は、これが
およそ9km続いていたんだ>

<その高さは15m>

<5階建てのビルの高さに相当>

<こんな高さ
侵入できるわけないと思うけど

みんななら、どう攻める?>

<登るしかないよね?>

大木:館長も行きますか?
諏訪間さん:行きましょう。

大木:館長、結構、急ですね。
諏訪間さん:そうですね。

大木:これで15mは
無理ですよ。

攻められないですね
小田原城、じゃあ。

<そうなるよね>

<そして、城下町ごと囲い込む
総構のメリットは

ただ単に、敵の侵入を
防ぐだけではないのだ>

諏訪間さん:これは
小田原城の絵図なんですけれども

この範囲が総構ですね。
こちら、海で。

ちょっと
字がちっちゃいんですけれども

こういった所に、畑とか
田んぼとか書いてあるんです。

っていう事は
どういう事かっていうと

兵糧を自給できるような

それだけの広い範囲を
城が囲んでたって事ですね。

大木:すごい。
自給自足のできる城なんですね。

<もし、小田原城が敵に囲まれ
持久戦に持ち込まれたとしても

総構内では自給自足が可能>

<つまり
食糧に困る事はないって事ね>

<そればかりか、敵の持つ食糧を

先に尽きさせられる可能性が
高いんだ>

<という事で
城下町ごと囲い込む

総構がすごい!>

<小田原城が、第4位でした>

≫ということで、5位は上田城

そして、4位が
小田原城でございました。

小田原城、予想した人は
スタジオにいませんでしたけど。

≫ちょっと
伺ってみましょうか。

小田原城の皆さん、残念ながら
今回、4位となりました。

≫小田原は大変複雑な感情に
包まれております。

拍手はしたいんですけど

何と申し上げていいか…。
諏訪間さん、どうですか?

≫恐らく上位は
近世のお城なので

小田原城は中世
戦国時代の城として

勝負してますので。
戦国だったら最強。

ナンバー1ってことで
その辺をご理解いただければと。

≫気持ちとしてはどうですか?

≫まあ、ちょっと
残念は残念です。

≫気持ちの中では
小田原は強いのにと?

≫前回の総選挙の時は

13位だったんです。
ですけども、今回は歴史家の方が

選んでくれたってことなので
ぐっと上がったってことですね。

≫複雑な感情が
入り混じっています。

≫ちょっとスタジオの皆さんにも
聞いてみたいんですけれども

ここまで山崎さん、上田城

この間
ちょうど行ってきたという。

≫そうなんです。
私がすごく好きな上田城も

載ってたんですけど
あの場所って

そこを治めている人間が

その恵まれた立地条件を

いかに把握して
それを最大限生かす

お城づくりをしなきゃいけない
っていうところでいうと

真田昌幸、天才なんですよね。
誰よりも把握してるし

人の心理の裏をかくというのが

すごくうまいんですよ。

≫わざわざ甘いと思わせて
東側から攻めさせてというね。

≫人をだますことが
すごくたけた

人間だなと思います。
いい意味で。

≫大久保さんは
ここまでどうですか。

≫このあとのコメント
難しいですけど

小田原城、よく20代のころ

デートで行ってて。
≫えー?

≫いや、そんなに驚きます?
動物園があるんですよ。

≫動物としていたんじゃなくて?

≫私が?違います。
ああいうお城のつくりとか

一切見てなかったなと思って。
今後は、ちょっとそういうの

興味持てるようになりました。

≫その時の彼とはどうなったの?

≫ひっどい男でね。

≫話長くなりそうですね。

≫良純さん、小田原城は…。

≫小田原城は、本当に
東京からも近くて

ぜひ1回行ってみると
規模とかいろんなもの見えてきて

面白いですよ。

≫外側を見るのも面白いですね。

城だけじゃなくてね。

≫大木は、今回はいろいろ
登らされてたね。歩いてね。

≫小田原城も先ほど出た
関東ローム層の赤土で

滑っちゃって
登れないんですって。

赤土っていうのが
いいらしいです。

≫さあ、残すところベスト3。
熊本城、そして江戸城

大阪城、スタジオはあと
津山城もいますけど。

さあ、まだ残ってますけど

どうなんでしょうか。

≫聞いてみましょう。
大阪城の皆さん

今のお気持ちいかがでしょうか。

≫ちょっと緊張感もあり

そして、祈る気持ちが
本当に強いんです。

必死に結果を待っていますけども
スタジオの皆さん

この大阪城チームの
スタッフの皆さん

先ほどから変化があるんですが

何だか分かりますか?

≫のぼりの数が
減ったんじゃない?

≫だんだん元気が
なくなってきてるみたいな…。

≫実は、のぼりの数ではなく
スタッフの方の数が

減ったんです。

というのも
こちらご覧ください。

あとはもう、1位をとろうと。
天下をとろうということで

天守閣の展望台から
のぼりを一生懸命

振っています。

これくらい気合十分です。

お気持ちは今、どうですか?

≫ここまできたら日本一の
難攻不落のお城目指します。

≫大阪城、頑張ります!

≫熊本城の皆さんにも
聞いてみましょうか。

熊本城の皆さん!

≫独特の緊張感が
漂い始めています

熊本城です。

熊本城総合事務所のタバタさんに

お話伺います。
まだ、呼ばれていませんが

今のお気持ち、いかがですか。

≫熊本城が絶対1位を
取ってみせます!

≫はい!頑張ってください!
≫意気込みをお願いします。

≫熊本の皆さん
熊本城が1位を取るけん

風呂に入らないで
待っとってはいよ!

≫スタジオは明るいですけど

向こうは真っ暗ですからね。

≫ずっと
待たされてるんだものね。

≫いよいよ、このあとベスト3の
発表です!

<ここで
プレゼントキャンペーンの

お知らせです>

<番組終了後
見事第1位を当てた方の中から

抽選で30名様に
ネスレ日本より

人気のキットカット ミニ
4品セットをプレゼント>

<なお応募は、9時20分で
締め切りとさせていただきます>

<皆様、奮ってご応募ください>

<いよいよ、ベスト3の発表!
第3位は…>

もう、なんといっても
日本有数の高さを誇る石垣と

幅の広い堀に囲まれた
鉄壁の名城です。

(岡田)君の幅広ハブラシは
ヘッドがぶ厚すぎて

奥まで届いていないんだ!

(女性)ハァッ!
薄型の「システマ」なら届く

♬~「システマ」 《極上プレミアム》

(二宮)服のニオイ気にして
いろんなもの使ってない?

はい 古い~

今やニオイ専用これ一本で
ぜ~んぶいけちゃいます

紫の「NANOX」ニオイ専用
《青い「NANOX」は4つの機能に!≫

<選ばれたのは…>

<日本三大名城の1つ>

<大阪のシンボル、大阪城>

<春には、見事な桜や梅の花が
場内を彩ってくれて

これからの季節は
紅葉も見頃なんだ>

<うわー!キレイ!>

<内堀を周遊する御座船からだと

こんな天守閣の絶景も
眺められるんだよ>

<今は、観光名所として
大人気の城>

<しかし、当時
攻めようとする側からすれば

恐るべき城だった>

<あなたなら、どう攻める?
大阪城攻略戦>

<大阪城のすごさを
教えてくれるのは…>

<大阪城の事を全て知り尽くす
北川先生>

<では、攻撃開始!>

<大阪城の天守閣は、ここ>

<ここまで向かうには
3つの関門がある>

<周りを囲んで一気に攻めようと
石垣を登ろうとすると…>

なんといっても、石垣ですね。

この今見てる部分が

大阪城の石垣の中でも
一番高い場所で

堀の底から石垣の天端
っていう所までで32m。

日本一高い石垣
っていう事になりますね。

<へえー!すごい!>

<32mをよじ登るのも
困難を極めるが

それに追い打ちをかけるのが…>

この上には、実は
他のお城に行ったら

天守閣になるぐらいの
三層の櫓が立っていまして

本丸周囲で11カ所立ち並んでた
っていう事になります。

それが、こんな写真になります。

スタッフ:すごい。

北川さん:このね、三層の櫓も
1つ1つの櫓が

他のお城へ持って行ったら
天守閣になります。

例えば、有名な国宝の彦根城。

これが、本丸の地面から
天守閣の大棟までの高さが

大体20mですけども

大阪城は、この櫓全部ですね
23m、1つ1つの櫓が

あの彦根城の天守閣よりも
でかいという。そんなのが

ずっと、ぐるっと回ってた
っていう事になりますから

その迫力たるや

今とは比較にならないぐらいだと
思います。

いかにすごい城だったか
っていうのは

よくわかっていただけるんじゃ
ないかなと思いますけどね。

<三層櫓は、今は残っていないが

今回、特別に
二層櫓の中を見せてもらった>

北川さん:大阪城に残ってる
櫓の中でも

とりわけ貴重な乾櫓。

スタッフ:あっ、外!
北川さん:外、見えますよね。

堀の幅が随分広いのと
それと、向こうから比べて

こちらが、かなり高くなってる
っていうのが

わかっていただけるんじゃ
ないかなと思います。

100m近い堀幅がありますので
戦国時代の火縄銃とかでは

なかなか、有効射程距離
っていうところまでならないのと

上から下へ向いて撃つ方が
はるかに効果的で

そういう点では
やっぱり、こちら内側が

非常に高くなってるっていうのは

守る側にとっては長所というか
ポイントになると思いますね。

敵が攻めてくると
あそこまで迫ってくるわけですね

掘の向こうまで。
それを、こう狙い撃ちするために

この銃眼っていう装置がね。
ここから火縄銃を構えて

向こうにいる敵を
狙い打つっていう。

その鉄砲を撃つための窓です。

1階に8カ所、2階に8カ所
計16カ所から

鉄砲が撃てるようになってます。

<更に、外堀に面した
壁側の足元には…>

北川さん:これ、実は
開くんですね、こうやって。

<真下が見えるわ!怖い!>

北川さん:石垣が見えますよね。
この上から、こう

石をゴロゴロっと落として

敵もろとも
堀の中に落とし込むという

そういう石落としっていう
装置があります。

北川さん:仮に、ここまで来て
やっとよじ登ってきても

最後、これで
やられてしまうという。

<登っている間に
頭上から、大量の石の雨>

<奈落の底へ落ちてしまうよ>

<周りから攻めるのは難しい>

<ならば
ここは大手門へ向かって

端から素直に攻めてみる。
すると…>

北川さん:真正面に見えるのが
大手門と、大手口の土橋です。

横矢掛っていうんですけども

敵が、あの土橋、スロープを
駆け上ってくるわけですけど

その敵を横から攻撃して
相手をやっつけるという。

大阪城の正門
大手門を守るという

非常に大きな役割を負わされた
櫓なんですよ。

<ここで
多くの犠牲者が出るのは必至>

<なんとか、ここをくぐり抜け
次の門へ向かうと…>

北川さん:この多聞櫓は

大手門を破って侵入してきた
敵を攻撃するための

そういう櫓です。
今、私たちが立ってる所の下が

ちょうど、大手門を破って
次、二の丸へ入っていくための

門になってます、この下が。

下から見ても
わからないんですけど

実際には
これ、槍落としになってます。

北川さん:知らずに
下から眺めても

上に、こんなものがあるのは
全然わからないです。

ここをくぐろうとすると
上から槍の雨が降ってくると。

スタッフ:突然降ってくる。
北川さん:そうですね。

<他にも、17mの二層櫓が
いくつもあったり

全部で32棟の櫓が
城内から目を光らせていたんだ>

<怖いわ!>

<この32棟の櫓がある事で
大坂城を守っていた>

<これは
難攻不落と言われるのも納得>

<そんな現在の大阪城は
豊臣秀吉が築いた大坂城を

徳川秀忠が再築したものなのだが

豊臣時代の大坂城も
相当な強さを誇っていたという>

北川さん:こちらの碑を

ご覧いただきたいと
思うんですど。

ここが、豊臣大坂城の強さが
わかる場所になっています。

「大坂城惣構跡」という風に
冒頭に書いてあります。

この「総構」っていう範囲まで
全部含めると

今の大阪城公園からすると
約4倍。

<実は、豊臣秀吉がつくった
大坂城の規模は

今の、なんと4倍以上!>

<えっ!広い!>

<しかも
ただ広いだけじゃないんだ>

西側にですね、秀吉の時代は

まだ海が、この近くまで
迫ってたんですよね。

海で天然の要害になっていたと。

北側は、淀川によって
要害になってたと。

東側は、巨大な池もあって

広大な湿地帯が
広がってたんです。

<北、西、東は鉄壁
自然の要塞>

<更に南側には…>

南側には空堀を掘っておりまして
その堀を掘る事によって

南側からの侵入も阻むというね
役割を持っていたわけですよね。

<その空堀が
今わかる場所が…>

北川さん:ここが
空堀商店街といいまして

大阪でも代表的な商店街ですね。

スタッフ:下に下がってますね。
北川さん:そうなんですね。

空堀商店街とありますように

豊臣大坂城の南側の総構堀
空堀があった場所なんですね。

大体、30mから40mぐらいの
堀幅があったという風に

調査の結果、推定されてましてね
深さも6mとか、そのぐらいの

深さがあったという風に
考えられています。

この堀がある事によって
やはり、いったん降りて

登っていかないといけませんから

守護神のような役割を果たした
すごい堀だったと思います。

<そんな商店街にある
「お好み酒家 ん」さん>

<鉄板焼きや
お好み焼きが食べられる店>

<地下に下りてみると…>

<空堀の底を体験しながら
食事ができる>

<という事で
櫓で、攻め手を恐怖に陥れる

大阪城が3位にランクイン>

<難攻不落!最強の城総選挙
いよいよ、第2位!>

<第2位に輝いたのは

来年の大河ドラマの
舞台にもなるであろう

あの城です>

(市原)
本日からお世話になる市原です。
(西島)君か 新人というのは。

俳優の道が どうしても諦められなくて。
それで社長が 僕に付けと…。

その社長からです。
新規の出演依頼だそうです。

…で 君も見たんだろ?
申し訳ありません!

…で 君はどう思った?
ちょっと面白いかと。

じゃあ やろう。
え?

僕は常に他人が見たい西島を
演じるべきだと考えてるんだ。

素晴らしい。

《なんだ これは…》
僕が ダイワマン?

<ダイワマン!>

<難攻不落!最強の城総選挙>

<いよいよ、第2位>

<選ばれたのは

東京都千代田区にあった城…>

<今は皇居となっている
この場所>

<当時の姿が、こちら>

<歴史の専門家によると

江戸城には、日本一の
規格外のものが多いという>

<では、一体
どんな日本一があるのか?>

<最初の日本一は
規格外の巨大天守>

<江戸城の天守は
いろんな資料から

日本一高い城だった事が
わかっている>

<その高さは

およそ59m>

<20階建てのマンションと
同じくらい>

<現存する天守の中でも
トップの姫路城と比べても

1.3倍も大きいんだ>

<江戸城、続いての日本一は

規格外の枡形虎口>

<枡形虎口とは、敵を閉じ込め
3方向から攻撃できる

門と門の通り道を
四角く囲った空間>

<江戸城の場合は…>

普通のお城と比べると
大体4倍から5倍。

あきれ果てる大きさ。

<その大きさは

なんと、1041平方メートル>

<テニスコート
およそ4面分の大きさなんだ>

<これは、大型の枡形虎口を
たくさん持っている名古屋城の

およそ3倍>

<更に、規格外なのは、その数>

<名古屋城の枡形虎口の数は
13なんだけど

江戸城は…>

<専門家によると

40から50もの枡形虎口が
あったといわれているんだ>

<すごい!>

<江戸城、続いての日本一は

規格外の堀>

<お城の周りを囲む、お堀>

(インタビュアー)もったいな~インタビュー!
コップさんと ティースプーンさんは

もったいないと思うこと ありますか?
(コップ)洗剤の泡切れですね。

(ティースプーン)そう! 泡切れが悪いと
お水 たくさん使うでしょ~!?

あっ 今 ティースプーンに
泡切れ 関係ないだろと思ったでしょ。

いえ 思ってないです。
でも 花王さんは

泡切れを すごく
研究されているので…。

サ~ッと すすげますよね~!

(コップ・ティースプーン)ホホホ…。

あっ 今 ティースプーンに
洗剤いらねえだろと思ったでしょ。
いや 思ってないですって~。

<もったいないを ほっとけない。 花王>

<最強の城総選挙、第2位は
日本一だらけの江戸城>

<続いての日本一は
規格外の外堀>

<外堀とは

お城を囲んだ二重のお堀のうち
外側にあるものをいう>

<埋め立てられた
江戸城の外堀の一部は

現在、外堀通りとして
知られている>

<その総距離は

なんと、およそ16km>

<小田原城を囲んでいた
巨大な外堀、総構の1.7倍>

<東京ドーム400個以上が
すっぽり入る大きさだったんだ>

<そんなに広いの?ビックリ!>

<これら規格外の江戸城を
徳川家は威信を懸け

家康、秀忠、家光の3代
30年もの歳月と

莫大な費用をかけて
築き上げたのだ>

<という事で
日本一だらけの規格外の城

江戸城が第2位でした>

≫3位が大阪城、そして2位は
江戸城ということでした。

良純さん、江戸城。

≫僕、1位いけると
思ったんだけどね…。

≫大阪城の皆さん
聞いてみたいと思います。

大阪城の皆さん

惜しくも3位でした!

≫あれ?
≫大阪城!大阪城!

≫すみません
皆さん3位でした。

≫イエーイ!

≫今、声聞こえますでしょうか。

この3位にランクインしたことを
聞きつけた

市民の方々が20人以上
集まってきてくださいました。

≫さすが生放送!
≫聞きつけたんだね。

≫大変盛り上がっております。

伊藤さん、どうですか?
3位にランクインしました。

≫ありがとうございます。
おかげさまで

3位になれました。

大阪城って、さっき
VTRで見ていただいたように

攻撃が
どこからされてるかなとか

どこで攻撃できるかなとか見て

楽しんでいただけると
たくさん見るところありますので

ぜひ、訪れてください。
≫3位で悔しくないですか?

1位狙ってたじゃないですか。
≫そこは大きな気持ちで

江戸城に2位は譲ります。

≫そして新納さん、大阪城が

1位予想でしたが…。

≫1位だと思ってたんですけど
こうなってくると

じゃあ、1位は?って
なりますね。

≫2位が江戸城ですね。

≫すみません
今告知の時間になりました。

≫急に?

≫ウエンツさんも?
≫僕も一緒にやらせてもらって。

≫すごいタイミングの
告知でしたね。

ということで、太田さんと
山崎さんが1位予想した

熊本城はまだ出ていませんが。

≫自信ないな、ちょっと。

≫中継は出てます。

≫ちょっと自信ないっすけどね!

≫津山城は
かなり厳しいですかね。

≫さあ、全国4万以上の城の
頂点に立つのは

どこなのか?
「最強の城総選挙」

このあと第1位の発表です!

歴史の専門家が選ぶ
難攻不落!最強の城総選挙。

いよいよ、第1位の発表です。

1位に選ばれたのは

今年、新発見があった
あのお城。

<ここで
スペシャルプレゼンターの

お三人から、お知らせ>

ドラマ『七人の秘書』が映画化。

スケールアップして
帰ってきます。

表の顔は名もなき秘書

裏の顔は
最強のエージェントとして

私たち7人の秘書が

悪いヤツらを
ぶっ潰させていただきます。

広瀬:皆さんの身の回りに
イヤな先輩や上司はいませんか?

でも、懲らしめたくても
なかなか難しいと思います。

そんな皆さんの
モヤモヤした気分を

私たち7人が吹き飛ばします。

菜々緒:映画ならではの
スケールと、華麗なアクションで

過去最大の敵に挑みます。

10月7日
いよいよ、来週金曜日公開です。

ぜひ、映画館で
一緒にスカッとしましょう。

<難攻不落!最強の城総選挙
いよいよ、第1位の発表>

<選ばれたのは…>

<6年前の熊本地震で
深刻な被害を受けた熊本城だが

去年、天守閣が完全復旧>

<復興への道を歩んでいる>

<熊本城といえば
築城の名手、加藤清正が築いた

通称、武者返しと呼ばれる
高石垣が特徴>

<国内最大規模の内戦
西南戦争では

西郷隆盛率いる
1万3000の攻撃に対し

わずか3300人で

およそ50日間
守りきった事で有名>

<のちに西郷隆盛は

「新政府軍に負けたのではなく
清正公に負けた」という意味の

言葉を残したと
いわれているんだ>

<そんな熊本城の
強さのポイントは?>

ひと言で言うと、過剰防衛の城と
言えると思います。

城に必要な要素が
全部詰め込まれたような

そんなお城という感じが
いたします。

<それは
超やりすぎの防衛システム>

<例えば、熊本城の城壁は
長さ、およそ242m>

<現存する城郭の中で最も長い塀
その名も、長塀がある>

<この威圧感たっぷりの
巨大な塀で城を守っていたのね>

<更に、城の入り口には

敵軍の侵攻を遅らせる
枡形虎口>

<しかし…>

通常のお城ですと

枡形虎口1つでも
強固な守りを誇りますけれども

熊本城のこちらでは

その枡形を
2つ連続させています。

その結果、6回折れ曲がらないと
城内にたどり着く事ができない。

そういう風な場所に
なっています。

<ダブルの枡形!これは鉄壁!
まさに難攻不落ね>

<更に、今年6月
調査で、熊本城の誇る石垣に

すごい事実が隠されていた事が
わかった>

こちら、宇土櫓下の石垣ですね。

現在でも
ここは、高さが21mあって

城内での最高の高さの
石垣なんですけれども

実は、もっと高かったという事が
わかりました。

<震災からの復旧工事に伴う
発掘調査を行ったところ

埋まっている
およそ4mの石垣の続きを発見>

<今でも、日本随一の高さを誇る
熊本城の石垣だが

築城当時は
もっと高かった事が判明>

<という事で、難攻不落!
最強の城総選挙、第1位は

復旧へ向け
一歩ずつ前進している

熊本県民のシンボル
熊本城でした>

≫熊本の皆さん
おめでとうございます!

見事、1位です!

≫やりました!

≫テンション高い。
喜んでるね。

加藤清正公も喜んでたね。

≫さあ、本郷先生
熊本城が1位でしたね。

≫はいはい。
難攻不落の城っていう言葉どおり

熊本城は落ちてませんからね。

だからやっぱり1位というのは
よく分かります。

≫まだまだ、これから
完全復旧にはもうちょっと

かかりますけど。

≫いまだに
勇気づけてるわけだからね。

≫新しい発見もあったという
石垣がね。

≫喜んでるね。
喜ぶタイミングを

いつにすればいいのか
迷いながら喜んでるね。

≫ということでございまして

3時間の生放送で
お届けしましたけれども。

結構スタジオ2人
1位ということでしたね。

≫まさかでしたね。

≫一時はどうなることかと
思いましたけど。

≫自信あったじゃないですか!