TOKIOカケル【福岡旅(秘)裏側SP!松岡宮司アナ全記録!城島謎会話&太一語る】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

TOKIOカケル【福岡旅(秘)裏側SP!松岡宮司アナ全記録!城島謎会話&太一語る】[字]

福岡慰安旅行の裏側で起きた事件全公開SP▽俺、宮司好きだ…松岡の衝撃発言を太一が暴露!!松岡赤面(秘)未公開映像を3人で検証▽恐怖…城島の会話癖&太一酔ってメンバー愛

番組内容
TOKIOのメンバーと超一流ゲストが「友情を育んでいく」をコンセプトに“お友達”だからこそ聞ける!話せる!力の抜けたぶっちゃけトークや、オリジナル企画を展開していくバラエティー番組『TOKIOカケル』。
今回は、前回放送の“ジェントル旅in福岡”で、まだ放送されていないTOKIOもお互いが知らない3つの謎が存在していたことについて、その謎を解明する未公開完全版スペシャルとなっている。
番組内容2
まず1つ目の謎は、国分太一の暴露で明かされた、松岡昌宏の宮司愛海アナウンサーへの思いなのだが、果たしてどれほどウェルカムに接していたのか?2つ目の謎は、博多グルメ3店舗の全額お支払いジェントルゲームで、他のチームよりも高額だった城島茂チームは、一体どんなお金の使い方をしていたのか?そして3つ目の謎は、お酒が入りすっかりできあがった山﨑ケイ、なぜこんなになってしまったのか?これらの真相はいかに!?
出演者
TOKIO ほか
スタッフ
【チーフプロデューサー】
清水泰貴 

【プロデューサー】
上野貴央 
鈴木浩史 
疋田雅一 
増谷秀行 

【演出】
加藤智章 

【制作】
フジテレビ バラエティ制作センター

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 松岡
  2. 城島
  3. 近藤
  4. 大島
  5. 宮司
  6. 山崎
  7. 山本
  8. ホント
  9. 店員
  10. イメージ
  11. 宮司アナ
  12. 舞香
  13. 箕輪
  14. TOKIO
  15. ケイ
  16. マジ
  17. 梶原
  18. 乾杯
  19. 今日
  20. 最後

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(城島・国分)こんばんは。
(松岡)どうも こんばんは。

(国分)何か…。

(城島)ねえ。
(松岡)この番組ぐらいなもんで…。

そうっすよね。 今回はですね

先週 放送しました 『トキカケ』
ジェントル旅 in 福岡…。

あれ ちょっと 振り返って
みたいなと思うんですけども。

(松岡)質問 いいっすか?
僕 いろんな人から…。

て言われて。 「Twitterに
写真 上がってるよ」っつって

あなたが撮った 3人の
太宰府天満宮で撮った 写真

あったじゃないですか。

あれ 番組のロケ中の合間に
撮ったじゃないですか。

で 「TOKIOで 慰安旅行です」って
あなた 書いたでしょ。

ただ…。

慰安旅行でね。

(TOKIO一同)『トキカケ』 ジェントル旅…。
(一同)in 福岡!

[実は この旅には まだ…]

[存在していた]

[今夜は その謎を解明する…]

[まず…]

(山本)はい。

(近藤)初めて。

楽しかったよね。
(宮司)はい。

(近藤)おいおい おいおい!

俺は…。

[太一の暴露で 明かされた
松岡の 宮司アナへの思い]

[果たして…]

出てる。

[さらに…]

[続いて…]

(宮司)6万2, 120円。

[他の班より
5万円も高額だった 城島班]

[いったい どんな
お金の使い方をしてたのか?]

うまいっす。

[そして…]

あの人さ…。

(大島)あららら…。

[すーっかり 出来上がっていた
ケイちゃん]

[どうして
こんなになっちゃったのか!?]

そこがね
すごく 楽しかったんすけども。

[全ての謎の真相は
3班に分かれ お互いの知らない

博多グルメ食事会に
隠されていた!]

[今回の旅のために
それぞれの人脈から

博多の おいしいお店を
調べてきた TOKIO]

[エンジェルちゃんたちは
どう お店を選んだのか]

[まずは
そこから ひもといてみよう]

(大島)人でもいい。
(近藤)確かに…。

(山崎)確かに!

(近藤)その… やっぱ…。

(大島)
めっちゃくちゃ おいしそうだよ。

(大島)大丈夫でした?

(大島)じゃあ もうさ…。

そうか。

(大島)まずは… じゃあ まずは…。

(近藤・大島)せーの…。

(大島)うわっ!
(近藤)大島さん 1人で…。

(大島)
こっちの方が 1対1でいい。

(近藤)「城島&服部」!
(大島)城島&服部 ヤバいって!

(宮司)どうします?

お話ししてみたいって言ってるよ。
いいね。 いいよ いいよ。

(近藤)こっち?

(近藤)城島&服部を
どうするかなの! 今。

(山本)えっ! どうしよう!?

でも…。

あ~ そうか。
(近藤)それは それで…。

いつも 会ってるからね。
(近藤)そう。 いつも 会ってる。

(大島)いいの?
(近藤)はい。

(大島)好きだよね。

(近藤)むしろ 何か…。

確かに。
(大島)でも…。

(大島)いいじゃん。

[なーんて やりとりがあって
メンバー分けが 決定しました]

そういうことか。 いや~…。

(松岡)宮司さん 聞いた?

だから 俺が聞いたときから
ずーっと 「カワイイわ」って

言ってたじゃないですか。

やっぱ…。

(松岡)あなたは 楽しんだの?

ホントに。 まったり…。

ゆっくり 食事できた…。

[城島班の店は…]

[お店は 美食家 服部 幸應先生が
お薦めしてくれた…]

(城島)今日は
ありがとうございます ホントに。

いつも ありがとうございます。

どうですか? 春菜さん。

(城島)いいねぇ。
(近藤)うまい!

(梶原)
お魚料理か お肉料理ですね。

あっ いい!

(城島)もう1つは?

どうにか…。

(梶原)全然…。

これか!
(松岡)なるほど。

絶対に食べます。
(大島)絶対に食べます。

(近藤)城島さん パスタの量を
減らしてもらったりとか…。

(梶原)これが スパークリングワインと蒸した
アワビなんですけど

その 蒸した 蒸し汁と
アワビの肝のソース。

(大島)え~!? 肝!
(城島)肝。

(近藤)うわっ! 肝のソース…。

(城島)これは いいですよ。
(大島)すごーい!

(大島)もう…。

ありがとうございます。
(城島)いや これは いい。

あ~ おいしいですね。

(大島)このオクラのソース
すごいっすね。

(近藤)めちゃくちゃ オクラの味!
滑らか…。

(城島)
うわっ きた! これは すごい!

(大島)何か お花…。
(近藤)ホント。 お花が…。

(梶原)下に カポナータですね。

『くいしん坊!万才』だよ。

会話してるのが シェフだもんね。
全然 2人と しゃべってない。

昨日 アマダイ… 漁 出て 揚げて。

(城島)
やっぱ 掛けた方が… そっか~。

普通に…。

普通に撮らせてもらいました。

いただきます。
(大島)毎回 いただきます。

(近藤)いただきます。
(大島)うわ~!

うまいな~。

(城島)あっ!
(大島)すごい! 岩を…。

(城島)いや~!

(城島)岩から 牛が生まれた!
≪すごーい! 軟らかそう!

(近藤)軟らか… ジューシー。
(城島)お肉が 軟らかいわで…。

(近藤)しっとり!

(近藤)クァ~!
(大島)すごーい!

(近藤・大島)おいしそう!

(城島)いっちゃいましょう もう。

さっきと違うの? それ。
(近藤)白ワインになりました。

(城島)何これ?
こんなん 見たことないですね。

(大島)チーズみたいのが…。

(大島)これ ヤバいって。
溶けちゃってんもん。

(近藤・大島)うわ~!
(城島)何回も再生するわ 僕。

(城島)いただきまーす。

(近藤)えっ!?
(城島)何つう… 何これ!?

(近藤)新感覚ティラミス。
(城島)これ ティラミスなんすか?

(城島)味は そうですけど でも…。

もう ちょっと ホント…。

よかったね。

ゆーっくり 余裕 持って
大人の食事ができますね。

(大島)飲まないんですよ。

あ~ 何か あったらね。
飛び道具でね。

(大島)
て言って 騒いでたらしいです。

(城島)最後の最後にね。
武器 なくなったら。

あと…。

歯医者の麻酔とか。 あれで…。

(城島)それから
その後 ちょっとしたら…。

(城島)心の門が。

麻酔して 落とすんでって言って
ばーって…。

ここにいた…。

手 握ってはったんやけど
すっと起きて…。

(近藤・大島)え~!?

(近藤)すごい!

「城ちゃん 門 ないの?」って
言われたことあったんですよ。

(近藤)プロだ。

(近藤)ファンの方の夢を
壊さないっていう。

もう 終わり?
(松岡)何これ!? ホントに…。

出ました。
(松岡)うちの城島さんって…。

それが できる方なんですよ。

(松岡)思ったことを
ぱって 話す方だから…。

(松岡)これが リアルだよ。

(松岡)作ってなくて 面白いな。
あと 最後の このポーズは…。

素のリーダー
やっぱり 二枚目じゃないですか。

だから こう…。

あの人さ…。

(大島)あららら…。

何か いいじゃない。

[太一班が 向かったのは

藤井フミヤさん お薦めのお店
ラーメン居酒屋…]

[もともと 中洲の屋台から
始まった 「おかもと」は…]

[お店なんだとか]

(山崎)来た~! 最高でーす!
(店員)どちらに 置きましょう?

私と ケイちゃん。

(箕輪)ありがとうございます。
おいしそう。

(山崎)ヤバッ。

ヤバッ。 鬼が出ましたよ 鬼が。

乾杯は しっかりしよう
っていう感じ…。

お疲れさまでーす。
(山崎・箕輪)お疲れさまでーす。

(山崎)はぁ~!

汗かいたからね。
(山崎)かきましたよね。

来た! まず これか。
(店員)こちらが…。

(店員)そして こちら…。

いただきます。

うーん!

(山崎)うまい!
(箕輪)脂が乗ってますね。

うまっ! 歯応え あって。

(山崎)来た!

ケイちゃんが頼んだやつ?
じゃあ ケイちゃん ちょっと。

うまい。
うまい。 じゃあ いく?

いただきます。

うまーい!

(山崎)裏声 出ました。

(箕輪)軟らかくて。
置いとく? もう。

(店員)焼酎…。

芋か!

私もなんですよ。

(山崎)ハイボールにしますか。

濃いめだよね。

クイズ TOKIOメンバーカラー。

♬「デデデッ デデデッ」

♬「デッデケデッデッデーン」
答えづらい。

リーダーから いこうか。
リーダーは…。

(山崎)イメージで いくと…。
じゃあ それで いこう。

そんなわけはないじゃないですか。
言っていいですか?

えっ!
松岡も 分かるよ。

え~!

あっ! それも イメージ あるね。
それも イメージ あるけど…。

そう。 紫。
確かに。

私です。
(山崎)マジで 分かんない。

そうなると… 青しかないけど

でも イメージでは
オレンジとかのイメージですね。

そうなんだ。

あっ…。
(山崎)何か…。

何か ごめんね。

はい。 ありがとうございます。
うわっ! うまそうなの 来た。

(山崎)おいしそうだよ~。

(山崎)何か 色々 あります。
(箕輪)足すんですか? これ。

やっぱ…。

(山崎)
いい匂い! あ~ おいしそう!

うまいっすね。

(城島)結構 いくなぁ。
(松岡)飲んでるね!

やっぱ 結果ね 難しいよね。

長く いるとね。
そうですね。

TOKIOだって 僕は 16だから…。

わ~! すごい。
結成は。

確かに。

9月21日が デビューだから
9月21日だけは…。

へぇ~!
それは やってるかな。

でもね これ すごいのが…。

(山崎)何!? めっちゃ 面白いじゃ
ないですか! どういうこと!?

(山崎)何でですか?

メジャーリーグの帽子を
横にかぶり

サスペンダー 着けて
ニッ! って笑ってる。

想像できる!? 今日なんて
ただのチンピラだったよ。

短パンに 柄のシャツ 着てさ。

遊び方とか 趣味とか。

何か TOKIOさんって そういうの
あったりしたんですか?

何か 気付いたら
僕らじゃなくて もう…。

時期が…。

僕は どっちかっつうと…。

僕は…。

あ~!

え~… 『とぶくすり』?
何か ゲストに出させてもらって。

(山崎)そこから
付き合いがあるんですね。

「じゃあ 本番 迎えまーす」
「収録 始めまーす」って…。

(松岡)ただ単に もう。

(城島)そうやね。

(山崎)いいです。
カメラは 意識しないでください。

(山崎)もう1杯 下さい。
この後は 飲まないですよね?

(スタッフ)この後は 出ないです。
(山崎)じゃあ もう1杯 下さい。

(松岡)いやいやいや。

やっぱ…。

いや われわれは 見たこと 何回も
あるんです あなたの こういうの。

でも はるかちゃんのボケに対して
何にも…。

(松岡)ひどいね~。
あんなに 頑張った人に対して…。

あれは ちょっと やっぱ
ホントに…。

あれも 反省ですね。

あそこは ちょっと 今後
反省したいなと思いますけどもね。

もう いいじゃないですか。

そういうの。 見られんの あんま…
俺 ヤダもん きっと。

いやいや 何で この順番かでしょ。
(城島)そうなのよ。

僕としては…。

(城島)最初にね。 来たときのね。
そう。 宮司さんが開けた

あの瞬間の 松岡の顔がね。
いや もう いいじゃない!

あのさ… あのさ! あの…。

いいけどさ…。

はい。

いつもどおりでした?

(近藤)初めて。

楽しかったよね。
(宮司)はい。 もう 何か…。

でも あれだよ。 あの~…。

お前…。

(宮司)ちょっと待って!
怖いんですけど。

(近藤)あっ! 何か マジのやつだ。

(近藤)何か マジだ!

太宰府が終わった後に
1回 休憩 入ったじゃない。

そんときに
楽屋に入ってきたときに…。

そんなふうには 言ってない!
(近藤)おいおい おいおい!

(山本)最高過ぎる!

(近藤)
うわっ! 「テレビで見てて」!?

「いや 俺 やっぱり…」

(城島)やけに 詳しいなとは
思ったんやけど。

イタリアンレストランで。

[さかのぼること 2時間前]

(宮司)じゃあ 開けますね。

(松岡)おっ 舞香!
(山本)イェーイ!

(宮司)どうも~。
(松岡)舞香… えっ!

(宮司)はい。 すいません。
ご一緒させていただきます。

(山本)お酒 大好きみたいです。
(松岡)あっ! 飲みますか じゃあ。

(宮司)でも ちょっとね…。

(松岡)いやいや 飲まないって
言うのかと思ったら…。

(松岡)まあまあ 楽しみましょう。

[お気に入りの 宮司アナと
妹分の 舞香ちゃんに囲まれ…]

お気に入りのとかじゃない!
[ルンルンな松岡が 向かったのは…]

[松岡自ら お薦めするお店
居酒屋…]

[地元 九州の
新鮮な魚介を使った料理が

どれも 安く
おいしく味わえると

松岡が 博多に来るたびに
つい 寄っちゃう

行きつけなんだって]

(松岡)生 いこうよ。
(宮司)生 いきます。

(宮司)私も いただきます。
(山本)乾杯!

(宮司)いただきまーす。

(松岡)超うまい。

あ~! おいし過ぎる。

(松岡)うまいね~。

すいません。
(山本)取れました。

(店員)恐れ入ります。
やりいかの活造りです。

(宮司)透き通ってるのが
やっぱ 新鮮な証拠なんですね。

(松岡)
レモン 掛けると 動くもんね。

俺 日本で 一番うまいと思う。
(山本)ヤバいっすね。

(店員)真鯛の荒炊きです。

(宮司)うわっ すごーい!
(松岡)これが 一番うまいな でも。

(宮司)これは なかなか…。
(山本)すごい! これ。

ホント うまいべ。

俺 昨日さ
1人で ぽこぽこ 歩いてて

1個だけ たまたま…。

みたいな感じだったから…。

座って飲んでたのよ。 これから
いっぱいになっちゃうでしょ?

「でも…」

ちょっと 何か…。

こんな うめえし みたいな。
これ 良くないんだけど…。

あ~! でも それ
すてきなことなんですけどね。

かっけえ!
(松岡)かっけえ! 俺。

結局 俺…。

結局 毎日 二日酔い 自分に。

(宮司)私も 今日 ロケしながら
松岡さん めっちゃ…。

「やんなよ」って…。

例えば 御神牛 触るとか
お参りするとか。

(宮司)いや そういうことでは…。
(山本)アニキ 女性に弱いから。

(宮司)と思って…。

飲みなよ。

今日 ちょっと…。

(山本)
俺に恋したら つらい恋になる。

この 決めぜりふが聞きたくて
私は。

お前に…
カメラ 回ってないとこでな。

福岡時代は どこら辺で?
でも そっか。 大学からは…。

大学 どこなんですか?
(宮司)大学は 早稲田です。

うわっ すごっ!
(松岡)すぐ言うね もう みんな。

(宮司)LOVEですか?

(宮司)いましたよ。
(松岡)そりゃそうだよね。

「そりゃそうだよね」

どれぐらいですか?

長っ!
(松岡)それは じゃあ…。

それぞれの道を。

いたらいいね。

でも…。

(宮司)はい。
全然 何の苦しい思い出もなく。

それはね~…。

(宮司)何のバイトですか?
(松岡)何のバイトか…。

(宮司)いっぱい ありますよ。
(松岡)何 やったの?

何か もう…。

「ポテトも どうしますか?」
みたいな感じだろ。 すごいね。

へぇ~…。

これ ホント 駄目なやつだよ。
これさ…。

漏れる瞬間 あったね。
(松岡)だだ漏れだよ。

(松岡)お酒も 入ってくるじゃん。
で 舞香がさ あいつ…。

何ていうのかな?
今 見ると 舞香も ちょっとさ…。

そうなのよ。
押してる部分があんの。

みたいな感じになってる。
(城島)何か 変なパスというかね。

「私 今 引いときますね」みたいな。

ぶっちゃけ 言いましょうか。
宮司アナを カワイイって

言いだしたのは たぶん 俺…。
急な発言で 驚いてるんですけど。

(松岡)
ぶっちゃけ 言いましょうか。

(松岡)でも…。

おっ マジで!?
今回 会えるんだっつって…。

今の 見るかぎりは。
車のドアが開いたとき…。

て思って 言えない自分。

それ!

じゃあ…。

(城島)そう 頭のとこね。

分かってんだよね 来てんのはね。
もう だって 開けてんだもんね。

(山本)イェーイ!

宮司さんも 来れんの!? って。

これ…。

いや 面白いっすね。

あなたとかの 恥ずかしいのと
ジャンルが違うじゃん。

恥ずかしいね こうやって見ると。
俺は いいんだけど…。

それも うれしいよ 宮司さん。
いやいや! ごめんね 宮司アナ。

じゃあ…。

言わねえよ!
(城島)直接ね。

映画 『カラダ探し』が
10月14日から 公開になります。

6人の高校生たちが 死んでも
死んでも 殺されるという

同じ日を繰り返す 超刺激的
ループ型ホラー映画になってます。

(山本)恋人や 友達と
映画館で ぜひ 楽しんでください。

(松岡)乾杯!
(山本)乾杯!

[最後に…]

[個人的なメッセージ]

このたびは 番組の企画とはいえ

私 松岡 昌宏が

ちょっと チャカついたことを
してしまったがために

宮司アナに 多大なるご迷惑を
お掛けしましたことを ここで

ホントに おわびさせていただきます。
申し訳ありませんでした。

ホント あんた して!

面白かった。 ねっ! さよなら!
(松岡)いやいやいや…。

[番組を もう一度 見たい方は
TVerで 無料配信中]

[お気に入り登録も
お願いします]

[さらに 福岡慰安旅行スペシャルは
FODで いつでも 見られるよ]