火曜は全力!華大さんと千鳥くん[字]【中村倫也に絶品うどんを作ろう!華大がケンカ?】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

火曜は全力!華大さんと千鳥くん[字]【中村倫也に絶品うどんを作ろう!華大がケンカ?】

中村倫也が絶賛!おいしいうどんを作ったのは誰?濱家おしゃれうどんに大悟は鉄板焼きで勝負!大吉の最新調理家電うどんで華大が大ゲンカ?あばれる君vs山内も!

番組内容
雑誌などでお料理企画を行うなど、俳優界きってのグルメで知られる中村倫也をゲストに迎え、おいしいうどん料理でメンバーが対決!実際に中村が試食を行い、おいしかった順番にランク付け。その順位を当てられれば賞金をゲット出来る。これまでのお料理6連単では1位と2位を千鳥大悟とかまいたち濱家隆一が独占してきたが、今回はあばれる君が参戦で大波乱!?濱家がおしゃれうどん、大悟が味の濃い鉄板うどんを作ったのに対し、
番組内容2
博多大吉は最新調理家電で勝負し、博多華丸&かまいたち山内健司&あばれる君はそれぞれが地元のうどんを披露しまさかの展開に!さらに調理に集中するあまり、あばれる君vs山内、華丸vs大吉の大ゲンカが勃発!?はたして中村が1位に選んだのは誰のうどんなのか?そして順位を的中して賞金をゲット出来るのか?
出演者
【MC】
博多華丸・大吉(博多華丸、博多大吉)
大悟(千鳥)
【準レギュラー】
かまいたち(山内健司、濱家隆一)
【ゲスト】
中村倫也
ダイアン(ユースケ、津田篤宏)
あばれる君
【ナレーション】
遠藤綾
スタッフ
【チーフプロデューサー】
前洋平
【総合演出】
高橋諒太
【演出】
渡辺将司
【プロデューサー】
近藤照代
帯川航
山ノ内禎枝
工藤翔平
【チーフディレクター】
柳信也
【ディレクター】
境太資
川崎敬
山田翔太
榛澤祥希

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 津田
  2. ユースケ
  3. 濱家
  4. 山内
  5. 華丸
  6. 中村
  7. 大吉
  8. 完成
  9. 今回
  10. 大悟
  11. 料理
  12. 中村倫也
  13. ワシ
  14. 予想
  15. ショウガ
  16. 最後
  17. 仕上
  18. 出来
  19. 多分
  20. 拍手

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(あばれる君)よいしょ!

(津田)さあ というわけで

大好評の料理6連単
第7弾でございます。

皆さんが作った料理を
家でも作りたいと

SNSでも今 話題となっている
企画でございます。

へえ~ そうなんや。
(津田)すごい話題なんですよ。

(ユースケ)そして
本日のゲストは中村倫也さんです。

(あばれる君)よいしょ!

(拍手)

(津田)
中村倫也さんといえばですね…

(あばれる君)大丈夫ですか?

(ユースケ)めちゃくちゃ大事な…。

(津田)
料理連載企画もやっている

俳優界を代表する

ゴイゴイスーな
料理男子でございます。

(あばれる君)よっ!
(華丸)いやいやいや。

(あばれる君)パスタ。
(大悟)パスタね。

(笑い)

(ナレーション)<今夜の…。>

<料理好き俳優
中村倫也くんのために…。>

(中村)もう これ…

< つい まねしたくなるような

おいしいオリジナルうどん作りに
挑戦。>

(濱家)
すご~い! これは うまいわ。

(あばれる君)
大吉さん どういう事ですか?

<出来たうどんを
中村倫也くんが試食し…。>

ほんとに。

< その順位を
6人で予想し

最大賞金50万円を
目指します。>

(あばれる君)はい。 結構 好きで。

これ…

(大吉)紫の 何?

って 僕は
名付けたんですけど。

料理は ええけど…

これは ちょっと…。

(濱家)わかんないっすね。

どうにか。
(津田)それでは

料理を始めてもらいます。

うどんクッキング ゴイゴイスー!

ノブさんの代わりの
ノブさんの代わりの。

<料理の腕前は

それぞれ違う6人。>

<中村倫也くんを
満足させるため

一体 どんな
うどんを作るのでしょうか?>

(津田)それでは…。
(ユースケ・津田)クッキング スタート。

(拍手)

さあ まずは大悟さん。
OK。

これは ちょっと…。
はい ちょっとね。

鉄板 使ってるじゃないですか。
どうせ みんな うどんやから

あの~ まあ
だし系のうどんにするだろうと。

かぶらないように ちょっと…

焼きうどん!

中村さん
焼きうどんなんですけども。

そうですね。

(津田)豚キムチを作る。

豚キムチは どうですか?
中村さん。

大きめに切ってる…。

ニンニクの芽 好きですね。

さっき焼いた豚を…。

(津田)これ ちょっと
焼肉のタレの味が付いている?

うん。
豚キムチに焼肉のタレも

珍しい感じなんですけど。

家族が怒ります。
いやいや 怒らん。 大丈夫。

(津田)料理6連単 ここまでですね
大悟さんか濱家が

1位を独占しておりますけども。
そうやろ。

(津田)今回 どうですか?
大悟さん 自信の程は。

今回 うどんはな…。

まあ でも…

(津田)負けない?
はい。

(津田)砂糖?

(津田)はははっ。
ほんで…。

醤油 はいはい。

ちょっと香り付け的な。
ほんで もう…

(津田)めんつゆ 入った。

麒麟の川島さんみたいな。

(濱家)

中村さん。
(中村)はいはい。

(ユースケ)これは? 山内。
(山内)はい 今回

こちらを使います。 ジャ~ン。

僕は島根県松江市でして。

今 この料理6連単で
全ての回で シジミを使ってます。

(ユースケ)中村さん的に
シジミは いかがですか?

今回…

(ユースケ)ちゃんぽんうどん。 すげぇ。

(山内)こちらですね。

(山内)
そして こっちが…。

(ユースケ)山内は最下位が
定位置やったんですけども

前々回が なんと5位で
前回が4位と

着々と
順位 上げてきてるんですけど。

(山内)いや…

(山内)いつまでも同じ順位じゃ
面白くないんで。

ここら辺でね
革命を起こしたいと思います。

(中村)すっごい 今
抜けが すごいんですけど。

(山内)何をしゃべってる…。

(ユースケ)何かやってるな?

(スタッフ)あはははは。

(ユースケ)こちら あばれる君に
ちょっと動きがありまして。

(あばれる君)はい 今回はですね…

(ユースケ)けんちんうどん。

すごい…

(あばれる君)こちら ダイコン ネギ

ゴボウ サトイモ ニンジン
これ全部 福島のものです。

(中村)ああ ほんとだ。
(ユースケ)これ全部 入るんですか?

(あばれる君)はい。

(あばれる君)だったら 僕は…。

(濱家)

あはははは!

(津田)中村さ~ん。
(中村)はいはい。

(津田)ちょっと 今から
華丸さんの 華丸さんの…。

(津田)いや 重鎮なんで。

(華丸)しかも 福岡でも…

北九州。 違うんですか?

やっぱり ちょっと。
違うんよ。

あっ そうなんすか。
はい。

<今回 華丸さんが作るのは

甘い醤油ベースの黒いつゆに

牛肉がたくさん入った

北九州の肉うどん。>

(津田)これは
何だしになるんでしょうか?

(津田)あごだし。 やっぱり…

(華丸)ああ そうばい。

こうやって。
船 ビャーッて走らせたら

トビウオが飛んでくるとを

虫取り網で こうやって…。

ピッ!(ホイッスルの音)

あっ 料理?
これ 華丸さん…。

脱線 脱線…。

っていうシステムです。
ああ そうですか。

これは?
みりんでしょ。

で お酒。
(津田)お酒。

(華丸)ちなみに…

中村さんは。
中村さんは?

すめ!
はい。

ですから 今日は 中村さんに…

やった! スー バージョン2!
差し上げます!

あはははは。

こちら 大吉さんでございます。
お待たせしました。

(中村)こんにちは。
(津田)今回は

また
すごい機械がありますけども。

まあまあ 私 調理家電ばっかり
使ってますけども…

なるほど。

押しますよ。 すぐにスタート。

これも すぐにスタート はい。
(津田)ええっ。

(ユースケ)セット。

< これまで
さまざまな調理家電を使って…。>

<足りない料理の腕を
補ってきた大吉さん。>

中村さんも すごく料理される
という事ですけど…

麺は 僕…

やっぱり。
そばは打った事あるんだ。

すごいですね。
その時点で すごいんですけどね。

さらっと
「そばはあります」。

だから あの~
ちゃんとしたのはね 私…

こちらを頼らせていただきたい
と思います。

<今回 使用するのは

ボタン1つで
自家製麺が作れる…>

これ押します。
<「こねる」ボタンを押せば…。>

はい。

やってくれるんだ。
で あとは

ここから…

(津田)えっ
それで うどんが出来るんですか?

出来ます。 という事で この…

(津田)なるほど。

ははははっ!

(ユースケ)さあ 続いて 中村さん
濱家ですけども。

今回はですね 私が作る料理…。

(ユースケ)「カチョ・エ・ペペうどん」?

(笑い)

ははははっ!

(濱家)演者の方に笑われたのかな
と思ったら

演者 誰も笑ってなくて…。

<カチョ・エ・ペペとは

カルボナーラ
アマトリチャーナと並ぶ

ローマ三大パスタの1つ。>

< それを大胆にも…>

<…するという濱家くん。>

カチョはチーズ ペペはコショウ
っていう意味らしいんですけど。

(ユースケ)なるほど なるほど。
これは?

(濱家)これ クリームチーズです。
(ユースケ)クリームチーズ。

これ ソース。
(濱家)はい。

(濱家)ああ~
よかったです。

<更に 羊のミルクを原料とした

ペコリーノ・ロマーノという
塩気の強いチーズを入れ

溶けるまで熱します。>

(濱家)とりあえず…

(ユースケ)チーズソースが出来ました。

(濱家)西澤さん じゃあ
ちょっと 味見してください。

(ユースケ)いいですか?

(濱家)どうぞ。

(濱家)ありがとうございます。
(ユースケ)えっ これが

うどんと合わさる?
そうなんすよ。 ただ…

と思いますので。

(ユースケ)続いて 山内
何か ちょっと進んでます。

(山内)…なんですけど
ちょっと ユースケさん 味。

(ユースケ)いいの?

いただきます。

(山内)うまいですよね?
(ユースケ)うまっ。

(ユースケ)
えっ これが載る? 入るの?

入ります。
入ります。

(山内)やっぱり 僕も…。

ははははっ そやな。

中村さん。 こちら
華丸さんのとこでございますけど。

今から これは?

あっ!
(中村)おお~ ごぼ天。

(華丸)タモリさんが ずっと…

(津田)ははははっ。

まだ言ってる。
(津田)まだ言うてる。

ないんですか。

(華丸)その ごぼ天でも
ちょっと 今 はやり…

福岡で はやってる
「大地のうどん」って
うどん屋さんがあって

そこは ちょっと薄いゴボウで。
(津田)はいはい。

(華丸)それを大きめの感じで
かき揚げ風にやるんですけど。

(津田)
なるほど。 中村さん ごぼ天は?

(華丸)あっ そう。
(津田)いいですね~。

<「大地のうどん」にならい

薄くスライスしたゴボウに
衣を付け

1枚ずつ重ねるように
揚げていきます。>

これ 多分…

(津田)はははっ。

(津田)あっ ええ感じ。
(華丸)いい感じやね。

(笑い)

ちょっと上がる。
50円上がる。

(ユースケ)
続いて あばれる君ですけども。

(あばれる君)
今回の。 鶏のムネ肉ひき肉に

ネギ ショウガ 砂糖。

シンプルな味付けで…

(ユースケ)鶏団子。 (あばれる君)そして

こちら 先ほどとった…

(ユースケ)カツオだし。

(ユースケ)なるほど。
整えすぎずにって事?

(あばれる君)…といいますか。
(ユースケ)なるほど。

(あばれる君)しかも
こっから だしが出てます 鶏の。

(ユースケ)なるほど。

(あばれる君)
はい ショウガも結構 入ってます。

(ユースケ)あっためて。

福島でしたっけ?
はい 福島です。

…の味を すごく
手作業でやる事で

感じられそうで。
ありがとうございます。

(あばれる君)何ですかぁ?

おいおい おいおい!

(あばれる君)何だと~!?

(笑い)

見てない 見てない
見てません 見てません。

私 これ 見てたんです。
ははははっ。

あれっ 大悟さん 料理…。

どうしたんすか?
あそこで…

(津田)ほんまや!

ネタの練習してんねん。

ずっと
ドロンしてんねん あの子ら。

さっきから。
(津田)はははっ!

(津田)
大悟さんが優しい目で見ている!

(笑い)

(笑い)

(津田)

ははははっ。

(津田)さあ 焼きうどん。
唯一の焼きうどん。

ちょっと 湯がいた…。

ジューッ!
(中村)ああ~ いい音。

この…

おお。

(津田)「かかってもいい」。
めんつゆかかるぐらい気にしない。

こんなもん ちょっと…

ははははっ! 絶対あかんよ。

洗濯物の中に。

軽く あれした…。
(津田)ああ~っ!

豪快。
あとは もう混ぜて。

(津田)うわ~ ええ感じ。

ああ おいしそう ほんまに。

やっぱりな…

(津田)これは?

(津田)ソース!

もう これ…

あとは もう仕上げ。

(濱家)豪快やなぁ。
(津田)豪快やで。

(濱家)ああ ああ~っ。

よいしょ!
(津田)これでOK?

あとは 鉄板に載せて。

(津田)ああ~ いく!?

ジューーッ!
(津田)ああ~っ うまそう!

ほんまに うまそうやで。

ほんで…。
そして?

(津田)すごい!

<仕上げに…>

完成!

すばらしい。

<鉄板で 豪快に作り上げた

大悟くんの豚キムチ焼きうどんが
完成です!>

中村さん こちら…
大吉さんでございます。

大吉さ… あれ?

(津田)すいません。

興味あったけども。

すいません。
申し訳ございません。

麺 ちょっと固まってます。

こんな感じになってます。
(津田)ああ!

で 1回 取るんですよ。
自分でね こうやって。

先生。

(笑い)

これからね 多分 舞台や。

(津田)オーディション。
すてきな話です。

で こうやって置きます。
<丸めた生地をセットしたら

「製麺」ボタンを押し

専用の器具で
生地を押し込みます。>

この辺見てて。
あっ うどんが。

(中村)ああ なってきた
なってきた なってきた。

うどん麺がきましたよ。
(津田)うどんがきた。

(中村)ほんとだ。
ほら こんな感じで。

(大悟)

という事で…

(津田)なるほど。
はい また来てください。

ちょっと 待て。

(津田)今 麺です。

(ユースケ)あばも もう…。
(あばれる君)もう 完成です。
この色見てください。

黄金色に輝く このつゆ。
(ユースケ)なるほど。

(あばれる君)ごま油と野菜のうまみで
キンキラに輝いてます。

(ユースケ)ええっ やわらかいって事?

(あばれる君)やわらかい。 もう…。

(山内)

(ユースケ)もう ええって。

(ユースケ)もう ええって。

(笑い)

(あばれる君)
大吉さん どういう事ですか?

ははははは。

こちら 北九州の…。
これ 肉うどんって

だいぶ
濃い感じしません? これ。

(華丸)これ
このまま売ってんのよ。

それを もう…
出来合いのやつを買って
もう載っけただけ。

(津田)レトルトみたいな。
(華丸)レトルトで。

おつゆ。
< そこに…>

<…をかけます。>

(津田)はい。

(華丸)ショウガ
大丈夫ですか?

(華丸)ありがとうございます。

もともと。
(華丸)「薬味が好き」。

私も薬味が好きなんですよ はい。

(津田)はははは。

(中村)ははははは。

ピッ!

(笑い)

(華丸)で もうネギも多め 福岡は。

(華丸)さあ そして天ぷらが。
(津田)天ぷらが。

(華丸)いい色なってきたよね。
(津田)あっ いい色。

はいはい はいはいはい いい感じ。

(華丸)いい感じ。
(津田)めちゃくちゃいい香り。

(華丸)
これで最後うどんに蓋します。

(津田)ええっ?
(華丸)ほら。

(津田)ああ~っ わあ 出来た。

完成でございます。
完成。

(拍手)

<北九州・小倉の名物

ごぼ天載せ肉うどんが
完成です!>

< そして…>

≫オープン。
<次回は。>

うわっ いい香り。

<秋の2時間SP。>

(笑い)

<更に その翌週は

「日清食品」 最新ランキングを
当てたら100万円。>

これが…

< しかし。>

<「カップヌードル」史上 最高のキャンペーン!>

<欲しい物あった?
2500名に当たる! カップヌードルクエスト>

<中村倫也くんのために

オリジナルうどん作り。>

(ユースケ)さあ 中村さん。
(中村)はい。

(ユースケ)濱家も もう
終盤になってきてます。

(濱家)えっと…。
ここからは はい。

(濱家)ちょっと。

(濱家)はい。
で ボウルに入れてですね。

それ。
(濱家)はい。 細麺の

おうどん用意しました。
(ユースケ)ソースと からめる?

(濱家)はい。
(ユースケ)これをからめる。

(濱家)からめます。
(ユースケ)はい。

(濱家)でっ…。
(ユースケ)はい。

今 巻いてる。

それ…

(笑い)

(ユースケ)巻いてる。 ええっ。

うわっ きれい。

<イタリアのチーズ…>

(ユースケ)確かに。 おしゃれ。

(濱家)最終的にですね この…

(濱家)これで つけて…

(ユースケ)すげぇ。

じゃあ これでも食べて
こっちでも食べる。

(濱家)
はい 両方楽しんでください。

(ユースケ)すごい。

<ローマ三大パスタの1つ

カチョ・エ・ペペをアレンジした

濱家くんの斬新なうどんが
完成です!>

< と ここで…>

(津田)生麺です。

(津田)山形?
はい。

(中村)ほう。
中村さん…

この具材が これなんですよ。
(津田)はい はい はい。

トマトや納豆 ネギ で この

サバ缶。
(津田)サバ缶 はい はい はい。

…と 卵と。 これを

山形のお醤油でブレンドして
ご自身で…。

(津田)あっ なるほど
つけダレに これ入れて。

そうです はい。

(笑い)

(津田)ええっ まさか。

(華丸)そう。

(笑い)

(華丸)

(華丸)「あんた」って。
(津田)ちょっと 冷たかったですよね。

(華丸)
世良公則さんやないんばい。

あんた!

(華丸)古い?
古い。

(華丸)古いは 古い。

(津田)さあ 中村さん
大吉さんのうどんが上がりました。

(津田)なるほど。

(津田)これで?
はい 完成でございます。

(津田)完成ですか? 完成です。
出来ました。

<自家製うどんに
お好みの具材を合わせて食べる

大吉さんの ひっぱりうどんが
完成です!>

(ユースケ)
続いて山内も だいぶ進んでます。

(ユースケ)すごい
めっちゃ全部入ってる。

(ユースケ)島根が全部入りました。

(ユースケ)確かに
そうですよね。

<山内くん自信満々の
ちゃんぽんスープは

地元 山陰地方の海鮮と

島根のブランド豚
石見ポークを炒め

醤油 味噌 鶏ガラなどで
味付けしたスープで

野菜と共に煮込み

牛乳を入れ ひと煮立ちさせた

具だくさんスープ。>

(ユースケ)うわっ 具だくさん。

(山内)味見してみてください。
(ユースケ)味見いいですか?

いただきます。
(山内)はい。

(笑い)

きてるでしょ。
うまっ!

期待できますね すごく。

(山内)いちばん うまいですよね。

(笑い)

(山内)

(華丸)どんな事してんの?
(ユースケ)山内のが…。

集まってきた。

(山内)全然ありえる事なんです。

うそやろ。
(山内)最後 仕上げですね。

(ユースケ)これね。
(山内)ここに シジミちゃんです。

(津田)多いって。
そんな…

(笑い)

(山内)はい。 完成で~す。
(ユースケ)完成しました。

(拍手)

<地元 山陰地方で取れた
海鮮のうまみを凝縮。>

<山内くんの
ちゃんぽんうどんが完成です!>

<残すは けんちんうどんを作る
あばれる君だけに。>

でも これ 絶対うまいねんな。
(ユースケ)うわっ うわっ!

(濱家)うわわっ
すご~い! これは うまいわ。

おお~っ。

(あばれる君)はい。 ここに ほら!

(ユースケ)鶏団子。

(あばれる君)
というわけで僕も完成で~す!

(津田)それでは…

(スタッフ)ははははっ。

<6人のうどんが
出そろったところで

中村倫也くんが試食し

おいしいうどんランキングを
作成します。>

< なお…>

<是非 ご覧ください。>

(津田)早速
召し上がっていただきましょう。

1番目か。

いや 有利やで。
有利よ。

(濱家)おなか すいてる状態で…。

(津田)見た目 どうですか?
(中村)いや もう…。

(津田)お~い。

<ゴボウやダイコンなど

地元 福島県産の野菜と

ショウガをたっぷり入れた
鶏団子が具材の

醤油ベースの けんちん汁で

麺がやわらかくなるまで煮込んだ
田舎風うどん。>

<中村倫也くんのお口に
合うのでしょうか?>

(あばれる君)山の幸 召し上がれ。

(濱家)
うまいやろな。

おいしそう。

(津田)あっ。
(あばれる君)ああ~っ。

優しい 優しい。

(あばれる君)ほらほらほら!
箸で持てない このうどん。

ちぎれるんだ。
ほんとだ。 やわらかい。

(あばれる君)やわらか~くして。

うん。

うわぁ そうなんです。

うまそう。

(あばれる君)はい! 鶏団子です。

おお~っ よし!

(山内)マジで?
(ユースケ)すげぇ。

よし!
(山内)そんなに?

(津田)じゃ 皆さんも
お召し上がりくださ~い。

うまい。

(笑い)

(濱家)すごい まとまりのある
おうどんになってます。

(あばれる君)ありがとうございます。
(濱家)うまい!

いや…

何 言ってんすか。

まとめるんですよ。

(2人)

冷め… 冷めた?

<続いて
地元 山陰地方の食材を使い

海鮮ちゃんぽんうどんを作った
山内くん。>

<毎回
こだわって入れるシジミは

バターで炒め
まろやかな味わいに仕上げた

自信作!>

<今回こそ…>

これ ほんとに…

はい。

(津田)おお~っ。

まず じゃあ 汁からね。

(山内)あったな。 あったな。

(津田)これは どっちなのか?
(華丸)すごい。

確かに 山内ので
あの顔 見た事ないな。

(山内)ないですよね。

うん。

(山内)はい。

(山内)ありがとうございます。

(濱家)高評価。

(山内)シジミの方も
いってみてください。

(華丸)どうなんですか?

うん。

(山内)おお 出てる。

(山内)置かれてます。

いっつも この時点でな。

じゃ どうぞ 皆さん。
いただきます。

おお~っ。

漁港で食べるやつやね。

<続いては
ヌードルメーカーを使い

山形の郷土料理
ひっぱりうどんを作った

大吉さん。>

<好みの具材を混ぜて食べる

楽しいうどんに
仕上げました。>

ふふふっ。
ほら。

(華丸)引っ張れる?

ああ。

これに
じゃあ ちょっと好きなもの。

はい。 好きな具材を足して

皿に載ってるやつを
うまい具合に もう好きに混ぜて

山形のお醤油かけて

それを麺につけて食べる
っていう食べ方で

ちょっと
食べていただきたいという事です。

(津田)珍しい。

うん!

(山内)ええ~っ!

ちょうどいいっすね。

(津田)おお~っ。

ありがとうございます。

(津田)
あら 皆さん すごい高評価。

(津田)ああ~っ!

ちょっと…

<続いて 華丸さんは
牛スジ肉を使った肉うどんに。>

(津田)きれい。

<甘辛い醤油ベースのつゆと

たっぷり載せたショウガが
こだわりです。>

(華丸)とにかく もう
甘辛の醤油ですけども

肉の味も染み込んでるんで…

これで やっと混ざりました。
肉は甘辛のやつでしょ。

(華丸)甘辛の ちょっと。
スジ肉 絶対うまいよ これ。

(濱家)うわ~ このリアクションは。
(山内)うまいリアクションだな。

(ユースケ)めちゃくちゃうまそう。

(華丸)福岡のうどんは
ちょっと やわめですけどね。

(津田)ああ~ いい匂い。

ええ~?

坂上忍さんの
モノマネ?

ええ~?
(津田)寄せてるやん。

(中村)ごぼ天を。
(津田)ごぼ天。

カリッ!
(津田)あっ ええ音。

ええ~?

どっちや?

どっち?

(津田)ええ~?
(山内)ちょっと待って~。

(津田)これは
ちょっとわからないです。

ショウガ全入れ いきます。
(津田)全入れ いった。

(津田)大悟さん
どうすか? これは。

(津田)ええ~?

甘辛のやつやから
逆にショウガ入れないと。

ショウガで ちょうどいい。
(津田)なるほど。

(あばれる君)中和される。

うまい。

うどんと一緒に食って
邪魔になんない。

(濱家)

< このあと…>

<続いては…>

<濱家くんの洋風うどん。>

(ユースケ)いやもう パスタやん。

<味変用の白だしにつければ

和風の味わいにもなるという

独創的なうどんです。>

すごい 見た目きれいで

女の子が キャッキャしそうな。

(津田)確かに
すごいおしゃれな感じですけど。

(津田)ねえ。
ハマのがいちばんわからへん。

じゃ まず こっちだけ。

(津田)パスタやな。

うわ~
ありがとうございます!

(濱家)チーズは。

(濱家)それ もう
おだしつけて食べてください。

だしつけて?
(ユースケ)これを だしに。

(あばれる君)和なの?
洋なの? これ。

うん。

ありがとうございます。

(中村)温かいおだしにつけて…

(濱家)そうなんです。
(中村)それが より からまって。

(あばれる君)へえ~。
(濱家)ありがとうございます。

最後 だしなんで。

そうですか。

そうでした?
そうでした?

ははははっ。
(津田)信用できますね。

(津田)じゃ 皆さん
お召し上がりください。

ありがとうございます。

おだしつけた方が ちょうどいい
って言うてるけど 多分…

うまいけど。 だから その…

<最後は 豚キムチと
ニンニクの芽が たっぷり入った

大悟くんの焼きうどん。>

<ウスターソースとマヨネーズで
焼きそば風に仕上げました。>

(中村)いただきます。
(あばれる君)ああ~ いいですな~。

(津田)ボリューミー。
もうもう まさにのやつよ。

うん。

うまいのよ。 全部知ってる。

(中村)何だかんだ言っても
こういうの好きやろって感じが…。

そういう食い物ですね。
(津田)ええもん食べても。

じゃ 皆さんも
お召し上がりください。

(あばれる君)う~ん。
(ユースケ)うまそう。

(笑い)

これとビール。

<以上 6人が作った

個性豊かな
オリジナルうどんを…。>

<中村倫也くんが…>

<6人は
力を合わせて順位を予想。>

<全て的中させられれば

50万円ゲットです。>

(濱家)これ でも…

(濱家)ってちょっとあるんすけど。

みんな せ~ので
1位 言ってみます?

(一同)せ~の。

(スタッフ)ははははっ。
(華丸)えっ どれを指差すの?

(津田)モニターで?
(ユースケ)わからんでしょ。

(津田)わかるわけない。
ちょっと待って ワシらは華丸さん。

(津田)あっ。
はい。

これが
ほんと難しくて
ワシとハマが…

いや ありえます。
全然あると思います。

(山内)
今回 濱家と
大悟さんは…

(津田)ええっ?
絶対1位2位 入ってたよ。

いや でも これマジで 多分

ワシのはBクラスやと思う。

僕も自分で
思ってます。

ごっそり替わるんじゃないですか。

ほんまに言いたくないけど
ワシ 山内…

おおっ!

(山内)何でなん? 言えよ。

ワシは 山内は…

(ユースケ)2位か3位。

誰なんですか?
ワシは あばれるか 先生。

あばれる君やと思う。
ワシも多分そう。

(津田)あばれる君を。

味的な感じでは そうかな。

オーソドックスでしたね
いちばん。

4 5 6が 逆に難しい。

(華丸)う~ん そうだよね。

多分
大悟くんとか濱家くん ちょっと…

ほんまに自分で
ちょっと言いますけど…

とは思い…。

(津田)自分自身が。

それはあんねん ワシも。

(津田)なるほど。
じゃ ハマ的には 自分は?

僕は…

ちょっと思ってます。
濱家6位ってすごいよ。

数々の…

このコーナーの時は。

(ユースケ)

(ユースケ)2位は
もう山内で決定ですか?

でも ほんまに山内…。

そうなんよ。
(華丸)ねえ~。

(津田)
今までのランクと全然違いますよ。

(濱家)
ほんまに替えるとしたら 俺は

大吉さんと大悟さんの
とこら辺やと思います。

でも その…。

(あばれる君)ずっとやってましたよ。
どこに 急に…。

MCやないか!

ほんまや。

何で俺がMCで
疑問に思とんねん!

ええ~ どう?

(濱家)難しい 今回。
むずい。

ピーーッ!(ホイッスルの音)

(津田)終了~!

そうか。
(山内)これは むずいわ。

まあ でも…

<予想は
ご覧の順位に決定。>

< いよいよ50万円を懸けた
運命の結果発表です。>

それでは
結果を見ていきましょう。

まずは第6位です。

(華丸)ここ当たると すごいよな。

いきましょう。

(笑い)

第6位は!

♬~

(一同)うわ~!

(ユースケ)すげぇ。
(山内)濱家が6位!

(ユースケ)すげぇ。
すげぇ。

(津田)あんだけ
1位2位 獲ってきた濱家が。

これは悔しいですが。

(ユースケ)すげぇ。

(笑い)

という感じはしました。

これ ハマ6当てたんは
すごいな。

いや もう
全部おっしゃってたとおりで…

(スタッフ)ははははっ。

(濱家)そんな事は言ってません。

そんな事は。

(津田)
続いて5位にまいりましょう。

ここやねんな。
(津田)皆さんの予想は大吉さん。

はいはいはいはい 来い。
(津田)さあ いきましょう。

(津田)OK。

第5位は!

<優勝候補の濱家くんが

まさかの最下位という

波乱のランキング。>

< 一体 どうなる?>

青! 俺!

<中村倫也くんが選ぶ…>

(津田)
続いて5位にまいりましょう。

ここやねんな。
(津田)皆さんの予想は大吉さん。

はいはいはいはい 来い。
(津田)さあ いきましょう。

第5位は!

♬~

(濱家)青色 青色。
青! 俺!

(一同)うわ~っ!

ほんま そうっすね。
(津田)大悟さんでした。

(中村)でしたね。

それを超える味があったって事や。

(津田)見た目どおりっていう。
そうですね。

<残念ながら…>

< しかし まだ…>

続いて第4位まいりましょう。

第4位は!

♬~

(一同)ああ~っ!

ああ そっか。
(山内)これは意外。

(津田)あばれる君でございました。

いや~ そっか 確かに…

(津田)

(華丸)感想の予想してる。
(津田)感想の予想。

(中村)今回 ほんと…

(中村)4位5位は見て…

(あばれる君)なるほど。

って事ですね~。

3的中 まだ残ってると。

次が大吉さんなら
って事ですね。

(津田)そうやね。
次 大吉さんやったら

3的中は残っております。

(津田)
さあ 運命の3位でございます!

ユースケ 大丈夫ね!?

(津田)OK! やっと慣れた。

(津田)第3位は!

(濱家)

(津田)第3位は。

♬~

(津田)大吉さん!
まあまあまあまあ。

(津田)ああ~。

(中村)それこそ
家族で…。 言ったように
みんなで やったりとか。

おいしかったです。

< いよいよ。>

<果たして…>

< どっち?>

最後は1位2位を
同時にオープン!

ユースケ
当然いけるよね?

(津田)よっしゃ。

さあ…

(津田)それではいきましょう!

1位2位 同時オープン!

1位2位は!

約7年ぶりに
ミュージカルに出演いたします。

「ルードヴィヒ
~Beethoven The Piano~」。

ベートーベンを取り巻く 愛 影 喪失

そして
運命を描くミュージカルです。

私は ベートーベンの
青年時代

そして中年時代を
演じます。

精いっぱい
頑張ります。

皆さん
是非ご覧ください。

<中村倫也くんが選ぶ…>

<現在
3位までオープンし 1的中。>

<残すは1位と2位のみ。>

迷ったとこだよな。

<6人は…>

<果たして…>

最後は1位2位を
同時にオープン!

1位2位は!

♬~

(津田)正解!

(拍手)

やった~。
(津田)という事で 見事…

(拍手)

やっぱり1位は 皆さん
おっしゃってたように…

(中村)料理としても
全てが調っていたので…

というのが
正直な感想でして。

(ユースケ)1位が。
(濱家)みんなで5万よりな。

華丸さんが
ミルクボーイに見えます。

(津田)あの時の。

今日のなら獲れてたな。

<次回は…>

(ノブ)ちょっと待て。

<更に。>

ああ~!

待て待て待て 待て待て。

僭越ではございますが 私が主演を
務めさせていただきました

舞台
「羽世保スウィングボーイズ」が

10月23日より
明治座にて上演されます。

タップあり和太鼓あり
それからジャズありと

どなたでも楽しめる舞台と
なっております。 待ってま~す。