関ジャム 完全燃SHOW【GReeeeN初登場!本人に直接質問して魅力を徹底解剖!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

関ジャム 完全燃SHOW【GReeeeN初登場!本人に直接質問して魅力を徹底解剖!】[字]

GReeeeN本人が初登場!「顔出ししない経緯は?」「詞はどう生まれる?」「歯科医との両立は?」など、視聴者やプロからの質問を直接本人にぶつけて、その魅力を徹底解剖!

◇番組内容
GReeeeNは、メンバー全員歯科医として働き、医療と両立するため顔を伏せて活動している。そこで、メンバーと10年来の仲で数多くの編曲にも携わったnishi-kenと、作詞家zoppをスタジオに迎え、名曲とともにGReeeeNを徹底解剖!!GReeeeNのHIDEとnaviが初登場!「顔出ししない経緯は?」「詞はどう生まれる?」「歯科医との両立は?」など、視聴者やプロからの質問に答える!貴重な「手書き歌詞のノート」「スタジオ写真」まで公開!
◇出演者
関ジャニ∞
支配人:古田新太
アーティストゲスト:HIDE(GReeeeN)、navi(GReeeeN)、nishi-ken、zopp
トークゲスト:山崎弘也(アンタッチャブル)、藤田ニコル
◇おしらせ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/kanjam/

☆番組Twitter
 https://twitter.com/kanjam_tvasahi

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – 音楽バラエティ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 村上
  2. HIDE
  3. 山崎
  4. GReeeeN
  5. 安田
  6. 丸山
  7. 藤田
  8. 歌詞
  9. 質問
  10. 大倉
  11. ken
  12. nishi
  13. 本当
  14. zopp
  15. 音楽
  16. 一同
  17. navi
  18. メロディー
  19. 楽曲
  20. ギター

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



(HIDE)はじめまして!

今夜は GReeeeNが初登場。

一体 どんな姿で登場するのか?

♬~ (杉咲)自動車保険の進化?

(山中)もし事故にあったら? アワアワします

東京海上日動の通信機能付き

ドライブレコーダー DAPは 事故後すぐ

自動的に数秒で
オペレーターにつながり

アドバイスをもらえるんです

AIで事故状況を解析したデータで

事故の解決をサポートします
アワアワしなくてすみそう!

私たち代理店と 東京海上日動が

安心をお届けする 人の力とデジタルの

合わせ技です! おっうまい!
アワアワせ技ですね!

東京海上日動のDAP

♬~

今夜の『関ジャム』は…。

そもそも GReeeeNは

HIDE navi 92 SOHの
男性4人組ボーカルグループ。

メンバー全員
歯医者さんとして働き

医療と両立させるため
顔を伏せて活動。

しかし 彼らは露出が少ないため

「本当に実在するの?」など

さまざまな噂や憶測が飛び交う。

そんなGReeeeNが 今夜
『関ジャム』のスタジオに登場!

という事で…。

番組では 視聴者の皆さんから

GReeeeNに
聞いてみたい事を大募集。

その中から 楽曲制作や
顔出ししない訳

歯医者との両立など

さまざまな質問を
ぶつけていきます。

(HIDE)あります あります
そういう時も。

そんな事あるんだ!

更に
貴重な直筆の作詞ノートや

本人たちが使っている
スタジオまで公開。

そして スタジオには
GReeeeNをよく知る

音楽プロデューサー
nishi-kenに

番組では おなじみ
zoppを迎えて

GReeeeNの音楽を
ひも解いていく。

(丸山)こんばんは!
(拍手)

nishi-kenさんは
仕事で もう 何年ぐらい…?

もう 10年ぐらいですかね。
(村上)あっ 10年?

10年ぐらい経ちますね。
一緒に やり始めてから。

見た事はあるんですよね?
もちろん nishi-kenさんは。

(nishi-ken)そうなんです。
僕 あるんですよ。

(村上)でも…
言えないんですよね 何も。

「こういう雰囲気」とかも
言えない…。

何も言えないんですよね。
(安田)へえー!

GReeeeNのHIDEさんが

主に このブランドの服 着がち
みたいなの ないんかな?

(村上)あるでしょうけども
それもね…。

でも 大きめの服 着がちですね。

(村上)そんなんはええんや。
(山崎)そういうのはいいんだ。

そんなん 山ほど おるからな。
(山崎)ちょっと ぶかっとね…。

にこるん イメージいかがですか?
GReeeeNのイメージというのは。

私 GReeeeN世代っていうか。

(村上)あっ そうか。 世代的には。
(藤田)『キセキ』とか

ヒットした曲 もろ
小中学校 聴いて 青春時代…。

カラオケも歌ってましたし
もう 当たり前に入れてたので。

今日 GReeeeNと
しゃべれる…?

(村上)そう しゃべれる…。
(大倉)すごい!

今 歯医者の仕事中なんですよ。
(大倉)なるほど。

のちほど 休憩時間 リモートで。
(山崎)ええー!

(村上)実際に ご本人の声で
出てくださるという…。

視聴者の質問にも
答えてくださるし。

(山崎)夢のような話だよ。
(丸山)見た事ないで そんなテレビ。

GReeeeNと話せるテレビ。
(村上)ないない ないない。

歌ってるところというか
声しか知らんから。

(村上)そうね。
(山崎)素しゃべりみたいなね。

(丸山)そうそう…。
(村上)そう。 歌ってない時のね

しゃべり声がどんなんか
わからへんから。

2人のプロが選んだ
GReeeeN名曲選。

2008年発売 GReeeeN
最大のヒットシングル。

『キセキ』。

この曲の
テクニックを感じたポイントが…。

(村上)
「はあー なるほどね」

響くね。
(藤田)響く。

続いては…。

2020年発売 『星影のエール』。

(安田)「すごいな。 朝ドラの主題歌
歌ってるんだもんな」

続いては…。

2007年発売 『愛唄』。

♬~「僕ら空の下
出逢って恋をして」

zoppが注目したのは
サビの歌詞。

♬~「いつまでも」

(村上)「“歌詞が謙虚"」

(安田)「へえ…!」
(村上)「そうか なるほどね」

歌詞については
多くの質問が寄せられたので

のちほど ご本人に。

続いては あの俳優の登場も
話題となった この曲。

2009年 『刹那』。

この曲に
nishi-kenは…。

2007年発売 『道』。

(藤田)「やっぱ いい曲だな」

zoppは
この曲の歌詞について 分析。

このデビュー曲から

ずっと顔出しせずに
活動しているが

その経緯も ご本人に。

改めて聴いて こんな
「君」とか「僕」とか

確かに言ってたって
思って。 でも…。

(村上)あっ そうか。 それをね
ちゃんと 多感な時に

ストレートに
受け止められてるからね。

はい。 すごい うれしいですね。

(村上)さあ そして
nishi-kenさんに聞きました。

GReeeeNの 音楽ではない
GReeeeN自体の魅力というのを。

音楽1本でやっていない強み。

(nishi-ken)そうですね。

やっぱ こう
歯科医をやっていて

そして
音楽をやっていてっていう。

で この 音楽だけを
やっているっていう生活の中で

発見できる事と
それも伴いながら

社会に入り込んだ中というか
その中で こう…

まあ ある意味
みんなと同じような視線…

視界の中で気付いた事とか
思った事とか

なんか そういう事を
引き出しに こう

持ってきやすいのかなという。

そこが やっぱ
強みだろうなと思いますね。

あとは やっぱ

顔出ししないっていう

このフォーマットが…。
(村上)今 増えましたけどね 随分。

今 めちゃくちゃ
いっぱい いるじゃないですか。

ちょっと スタンダードにも
なりつつあるね。

そうなんですよ。
…なんですが これも やっぱ

GReeeeNが やっぱ
切り開いたものかなと思いますね。

(村上)あっ!

(山崎)
終わった? 治療 終わった?

(村上)休憩 入られるそうなので。

(丸山)ちょっと なんか もうね…。

いい質問せんと これ。
(藤田)何 聞こう? 何 聞こう?

さあ ええー では

ここから GReeeeNの
HIDEさんと naviさん

お二人が登場してくださる
という事でございます。

さあ 回線
つながってますでしょうか。

HIDEさん naviさん。

(丸山)可愛い!
(HIDE)はじめまして! どうも!

はじめまして!
どうも よろしくお願いします。

(山崎)こういう形式なんですね!
(村上)ねっ!

(山崎)ビックリしちゃった なんか
出てくるのかと思っちゃって。

すみません。 このたびは
治療の合間の お忙しいところを。

(HIDE)とんでもございません。
ありがとうございます。

こちらこそ
よろしくお願いします。

めっちゃ謙虚な…。
(村上)こういった形で

いろいろと このあと 質問にも
お答えいただきますけど

こういう形のテレビ出演って
今までは ございます?

(HIDE)あの あんまり
こういう形では… はい。

ありませんね はい。
(村上)そうですよね。

直後だから…。

あんまり 声出して
仕事してはらへんから。

今 歯医者さん寄りなんやな。
(村上)これ でも

また なんで 今回 この出演
了承してくださったんですか?

(HIDE)
いや もう それは 僕 ちょっと

出身が
高槻ってとこなんですけど。

えっ!

近いとこに おったんや!
(村上)えっ!

高槻なんですか?

(安田)えっ!

(村上)あれ?
じゃあ 世代によっては…。

もしかしたら 同世代で
同じ学校かもしれんな それ。

(村上)ひょっとしたら。

(丸山)夢ある!
(山崎)同級生でいなかったの?

いつか歯医者になりたいんだとか
言ってる人。

いや おらんかったな! そんな
ええ学校ちゃうかったからな 俺。

(大倉)アカン アカン
身元わかっちゃうから。

(村上)あと スタジオに 今
nishi-kenさん

いらっしゃってくださるんですよ。

(山崎)あっ 見えてるのね。

あんまり…
nishi-kenさんに

「ここ言わんといてくれ!」
とかいう事あったら

ストップかけといてくださいね。
我々 もう

ボーダーラインがわからないから。

(村上)いいんですね。
(丸山)あっ 優しい。

さあ ちょっとね
zoppさんはじめ

プロの質問と 視聴者の皆さん。

そして まあ
ゲストの皆さんの質問にも

お答えいただきたいと
思いますので

ひとつ
よろしくお願いいたします。

(HIDE)はい よろしくお願いします
ありがとうございます。

さあ では 早速
最初の質問 まいります。

最初は こちら! さあ これは

まおりん 21歳
女性からいただきました。

(村上)…という 率直な これは
世間の声だと思います。

21歳のね 率直な…。
(山崎)確かに。

さあ まずは この 顔出しNGで
デビューされようと思ったのは

どういう いきさつででしょう?

(HIDE)えっとですね 一番初めに

デビューをしないかという話を
いただいた時に

歯科大におりましたので あの…

まあ
顔を出さないという事でしたら

デビューっていうのも
もしかしたら

ありかもしれませんみたいな話を
したところ

いいですよって言われまして。
あっ いいんですねっていう…。

当時のレコード会社…
スタッフから。

(HIDE)そうです そうです。
(村上)じゃあ だったら

そういう形で
デビューしてみようかなと。

その判断も すごいですね。
(HIDE)そうですね。

面白い。 さあ そして これだけの
キャリアになられました。

途中で もう いろいろと
面倒くさいから顔出したいなとか。

これは 絶対
誰か言ってると思う 絶対。

心境…
メンバー1人が言い出したとか

そういう事はないんですか?
(大倉)だってね

モテたいな とかね。
(HIDE)そうですね。

僕たち 顔を出したいっていうのは
そんなになかったですね。

(安田)ええー!
(山崎)いや でも ほら なんかね

変な話 こう 顔 出して

ミュージシャンの友達が
できたりとか。

そういう ちょっと
なんだったら…。

そういうの ないんですか?

(HIDE)本当に こう…。

(HIDE)
それが一番だなとは思ってます。

ええー! すごい。
(村上)じゃあ 逆に もう

顔出し ずっとしてきてなくて
よかったなっていう

メリットの方が大きいですか?
(HIDE)でも やっぱり その…

先ほどね…。

僕たち 結構 日常の…
まあ 電車乗ったりとか

バス乗ったりとかしながら。

そっか。 だから

(村上)だから にこるんとかがな
刺さったっていうのは

もう まさにじゃない?
(藤田)うん。

先ほどまで
治療された方も…。

ハハハハ…!

今まで じゃあ
バレた事ないんですか?

ないんだ!
(大倉)なるほど。

ちょっと怪しまれたとかは?
(HIDE)うーん まあ…。

(山崎)あっ それぞれ…。
(藤田)あれ聞きたい。

…みたいなの言われたりしない?
(一同 笑い)

(村上)これは どうですか?
(山崎)どう? 歌うでしょ。

(HIDE)そうですね。 まあ でも…。

知ってる友達としか行かない
っていう事ですよね?

(HIDE)そうです そうです
そうですね。

(藤田)「俺 GReeeeNだ」。

(HIDE)…というか その
なんていうんですか。

ともに。 経緯も知ってる。
(村上)大学生時代からとか。

(安田)でも その…
GReeeeNさんとして

世に出始めてから
仲良くなる人もいますよね。

友達… 友達になる…。
(村上)そうですよね。

いまだに 友人付き合いしてて

GReeeeNって知らない方も
中には いらっしゃるんですか?

(HIDE)ああ でも…。

(藤田)ええー! 面白っ!
(山崎)ええー!

むっちゃ質問があふれるけど
まだ 全然 音楽の話

できてないんだよね。
(村上)ここから ここから!

(丸山)こうなるよね でもね。
(山崎)このスタイルが やっぱ

すごいもん。
(丸山)気になるわ。

我々 だから
顔 見せてる人間からしたら

もう それこそ 異次元の
やり方だからね これは。

むしろ 顔を出したくて
生きてるわけだから こっちは。

逆に なんか
しゃべりなんて出なくても

顔が出りゃいい みたいな。

(一同 笑い)

さあ では すみません。
続いての質問

まいりたいと思います。 こちら。
さあ 歌詞について。

「彼らの楽曲は
作詞 GReeeeNが多い」

「これは どういう手順で
書いていますか?」。

(一同)へえー!

2000年から2020年の間で
プロたちが選んだ

最高の名曲ランキング
BEST30を発表!

3月3日 水曜 夜。

では すみません。 続いての質問
まいりたいと思います こちら。

さあ 歌詞についてという事で
まず zoppさんからは

「彼らの楽曲は
作詞 GReeeeNが多い」

「これは どういう手順で
書いていますか?」というものと

シオンさん 18歳 男性からは

「歌詞から曲は書きますか?」

「それともトラックから
作りますか?」という質問ですが。

彼らの楽曲の作詞表記は

「GReeeeN」となるものが
ほとんど。

歌詞を作るうえでの手順や
こだわりを

ご本人に聞いてみよう。

基本的には

(村上)ほう!
(安田)へえー!

(HIDE)…っていうものを
引っ張り上げる。

まず一番初めに。

そこから今度は それを こう
メンバーに見せたりとかしながら

全員で話し合って
「ここ どう思う?」とか

「これだと伝わるかな?」
とかやって

曲を作っていってます。
(村上)あっ それは

ほぼほぼ 毎回毎曲
メンバー 皆さんとの

ディスカッションをしたうえで
じゃないと

世には出てこないわけですか?

(村上)うわー…!
(丸山)ホンマに みんななんや。

喧嘩にならないんですか?

(藤田)仲いい…。

でも まあ 歌詞なんて

本当に 人が増えれば増えるほど
アイデアが膨らみすぎて

まとまりにくいものだと
思うんですけど。

そうですね。 逆に あの…

こういう言葉が出てきたら
面白いねとかっていうのが

自分のね… 自分たち以外の
脳から出てくるっていうのが

非常に 僕は
面白いなと思っています。

zoppさん これは
1人で作業されてる側としたら

いかがですか?
(zopp)僕 何が衝撃的だったって

多分
言葉 先じゃないんですよね。

(HIDE)そうです。
(zopp)こういう言葉を使おう

っていって メロディーに
当てはめるんじゃなくて

聞いてたら言葉が
こういう言葉を言ってるな

っていう風に
思い付くって事ですよね。

そうですね。
(山崎)じゃあ 「君」を

いっぱい使おうって考え方じゃ
ないって事ですよね?

(山崎)曲が「君」って
言ってるよねっていう。

(zopp)そういう事ですよね。
(HIDE)あとは その やっぱり

誰か1人を心に浮かべて
歌詞を書く事が

結構 多いので…。

自然と こう…
なんていうんですか?

手紙じゃないですけど 相手が
より出てきちゃうんでしょうかね。

そして zoppが
GReeeeNの歌詞を

研究していると
ある特徴が。

(村上)これは いろんなパターンの
韻があると思いますけど

GReeeeNさんの場合は
どういったところでしょう?

とにかく
GReeeeNさんの曲は

どの曲も
韻を踏みまくってるんですよ。

(丸山)踏みまくってるんですか?
(zopp)例えば 『キセキ』とかが

すごく やっぱり 印象的な
韻 踏んでいるところで。

1行目と2行目は

全部 え段で
韻 踏んでるんですね。

そのあとは頭とお尻で

両方とも
韻を踏んでるんです。

歌詞を書いている人には
申し訳ないんですけど

仮に内容が入ってこなくても
これだけ

はあー! 耳心地が良くなるんだ。
(zopp)はい。

なんか 歌詞って 内容に 最初
結構 こだわりがちなんですけど

やっぱ 最初から歌詞の中身に
興味を持つ人って 少ないんで。

まずは 聴き心地が すごく大事で。

それを GReeeeNさんは
全部やってのけてるんですよ。

他にも…。

多くの楽曲で
韻を踏んでいるのだが

その理由は…。

この韻っていうのは どれぐらい
意識されてるんですか?

でも やっぱ…。

あと メロディーが
「ここは踏むよね?」っていう

感じのところを踏んでる
っていう…。

またメロディーと
話してるんですね。

メロディー側からの?
(大倉)メッセージがあるんだ。

(村上)メロディー側から
降りてくるんだ?

(HIDE)それを踏まなかった時
やっぱ気持ち悪くなっちゃうんで

自分の中で。
これは まあ 作ってて

歌ってても 気持ち悪い?

(安田)へえー!
(村上)にこるん どうやった?

最初は やっぱり 聴いてて
「気持ちいいな」から…?

「気持ちいいな」から歌詞ですよね。
(村上)じゃあ もう まさに…。

(藤田)やっぱ カラオケでも
その… いいですよね。

気持ちいいですよね 歌ってて。
(藤田)気持ちいいです。

これは

(山崎)naviさんとか
他のメンバーは どうなんですか?

メロディーと?
そうですね。

HIDE君の方が
より会話してる回数は多いかな

っていう印象はありますね。
(大倉)没頭してるんだ。

HIDE君が もう やたら
しゃべってるんですね

メロディーと。

(山崎)ハハハハ…!

(丸山)なんか
よく アーティストによっては

シャワーに入ったりとか
お風呂入ってる時に

ハッ! と思い付いて

ビチャビチャでも出ていってって
あるじゃないですか。

その… 治療中とかに
思い浮かんじゃったりとかって…。

あります あります
そういう時も。

どうするの? どうするの?
(藤田)それ どの曲なのか

めっちゃ気になる。
(一同 笑い)

(村上)そりゃ聞かん方がええって
にこるん!

治療は止まんないんですよね?

例えば こう 麻酔を打って
そうすると

しばらく 数分待つんですけど…。

(藤田)ええー! すごい。
(山崎)そんな事あるんだ。

すごい それ。
(村上)これ 書き留め方は

どうなんですか? 方法としては。
(HIDE)作詞は えっと 基本的に

紙というか ノートとかに書いて
作っていきます。

その歌詞を書き留めてらっしゃる
ノートの一部を

見せていただけるという事で。
(藤田)ええー! 見たい。

直筆の?
(丸山)いいの? そんな…。

(村上)さあ こちらは…。
(安田)「電光石火」って書いてある。

この作詞メモを
基にできたのが

『ボクたちの電光石火』
という曲。

最新アルバムの表題曲で…。

「今を生きてるボクらへ」
「朝を待ちわびてんだ」など

この時代を象徴するかのような
内容。

GReeeeNが リスナーに
エールを送っている歌詞として

話題となっている
ロックナンバー。

そんな曲だが まずは
創作段階でのメモはというと…。

(村上)一番最初に
つづられた時ですか? これ。

(HIDE)そうですね。
どういう内容にしていくか

っていうのを
まず言葉にしていって…。

ここから
歌詞も生まれてますし

曲のコンセプトも
生まれていってるという。

注目して見てみると

最初に書かれているのが

昨年 学生たちが実現できなかった
行事の数々。

これが

2020年
みんなができなかった事とかを

全部つづられてるんですね
最初にね。

(HIDE)そうですね。 なんか
みんなが こう やっぱり

超えなきゃダメな時だったんで。
(藤田)確かに。

(HIDE)そうですね。

「今っていうものを燃やす」
っていうのは

なんなんだろう? とか。
「昨日」ってなんだったのか?

「未来」ってなんなのか?
っていうのを こう 考えながら。

確かに。
(HIDE)それを でも こう

思い浮かんだら そのまま
バーッと書いちゃうんで

ちょっと すごい…
もう乱雑なんですけど。

その成し遂げられなかった
出来事に対し

「肯定」という

この出来事を認めている言葉を
つづっているが…。

「肯定」っていうのは
なんなんですか? 「肯定」。

なんか こう…
ねえ。

やっぱり どうしても
叶わなかったものが

去年って やっぱ
多かったと思うんですけど。

だから それを こう
叶わなかったと

マイナスに捉える
だけでもなくて。

だからこそ 何か特別な
経験をした事もあったりとか

っていう風になっていけば
いいなと思いまして。

(安田)プラスにね…。
(山崎)こういう事なんだ。

この 逆に消してる
「たった一度だけでいい」

「心から笑えるように」って
なんで これ消したんですか?

その下に 「疲れた」って
書いてますもんね。

なんなんですかね?

ついつい
ぼやいちゃったんですかね。

でも なんか
前向きな曲が多い気がする

やっぱり GReeeeNさんは。
(安田)そういう事や。

更に 「倒れない強さではなく
何度も立ち上がる強さ」などは

GReeeeNが リスナーに
訴えかけるような言い回しになり

実際の歌詞に
反映されたりしている。

そして この曲の制作には
HIDEの兄でもあり

GReeeeNの楽曲を
ずっと支えてきた

音楽プロデューサーJINとの
あるエピソードが…。

(HIDE)初め アルバムを作ろう
という流れの中に

候補曲が こう
何個もあったんですけども

その中に この曲は
実は なかったんですね。

ただ まあ ちょうど その時に

ちょっと うちの兄が
重めの病気をしまして。

で その時にですね
なんか こう…

やっぱり 電光石火っていうか
「今を生きる」というか。

「今 命を燃やす」ってなんなんだ?
みたいな事を考えてた時に

この曲が
ドンと こう 降りてきて。

(村上)はあー!
(HIDE)それを こう…

もう そのまんま
あとは 兄にぶつけてですね。

どういうサウンドにするかは
もう 兄次第という感じで。

えっ!
(HIDE)お任せしました。

(大倉)バンと渡したんですね。
(HIDE)そうです。 そうですね。

ただ まあ 兄は 今は もう
ピンピンしてますんで

全然 問題ないんですけど。

2人のプロが選んだ
GReeeeN名曲選。

2009年発売 『遥か』。

(山崎)「野球好きもくるからね
やっぱ これは」

(大倉)「なんか 青春というか
汗臭さを感じるよな」

(安田)「へえー!」
(大倉)「そうなんだ」

(安田)
「確かに展開が」

頑張りなさい。

(丸山)「ああ
時間 経ったね」

続いては…。

2013年発売 『イカロス』。

(藤田)「カルピス色には
なってるんだね」

GReeeeNは これまで
ジャンルを問わず

さまざまなタイアップ曲を
手掛けてきたのも特徴。

♬~「そこにいつもあると
思っていた」

この楽曲で
プロデューサーJINの

音楽制作に対する情熱が
垣間見れたという。

これは 僕が
編曲に携わった楽曲。

なんか 最近の曲になって

また ちょっと

生音っぽさが増えてませんか?

なんか 前は打ち込みだと
思ってたんだけど

最近の曲って なんか すごく
バンドっぽいっていうか。

そんなアレンジに
なってきてるんじゃないかな…。

古田同様に視聴者からも

楽曲の音の変化に

まつわる質問が。

あの…
まあ 僕たちはですね

基本的に 楽譜も
あんまり読めないんですね。

だから コードも
自分が 今 鳴らしてる音が…

まあ もちろん
ギターの 普通のCとか

そういうのは
全部わかりますけど。

オーギュメントがどうだとか

サスフォーがなんだ
みたいなのって

実は そんなに
よくわかってなくて。

ほう ほう ほう ほう…!
(HIDE)ただ 押さえてとか…。

(村上)あっ なるほど。
(古田)ああ 以前よりね。

(大倉)そういう事なんですか。
(HIDE)はい。

ただ それが ちゃんと
正しいコードかどうかは

まだ いまだに
わかってない…。

(山崎)作りながら
成長していってるっていうか

いろんな音楽の知識が
増えていってるって事ですよね?

(HIDE)そうですね。
押さえられるコードが

増えたっていう。
(安田)という事は『電光石火』で

ちょっと また新しいコードが
増えたなって事ですか? それは。

『電光石火』は えっと…

そうですね
まあ 増えた部分もありますね。

あと アレンジを
こう ちょっと やっぱり

こだわって 作ってみたりとか。
(山崎)それは なんか

ギターがしゃべりかけてきてる
みたいなのもあるんですか?

このコードは押さえろよ
みたいな。

すごい!
(山崎)HIDEさん しゃべりすぎよ!

いろいろと。 メロディーだったり
ギターだったり。

素直に。
でも そういう人…

天才肌なんですね。
(村上)nishi-kenさんは

ずっと 近くで見てて
こういった変化は?

アレンジという面で さっきも
HIDE君が言ったとおり

コードを やっぱ 覚えてくると

えっと まあ…
いろんな こう 知識が…。

どういう音で
こういう音を奏でたいとか

なんか 連鎖反応で
アレンジに関して

こう 意識が向くように
なってきてるのかなと

思うんですよね。
(村上)はあー!

(nishi-ken)コード進行とかも
いわゆる 僕の中で

GReeeeNの
ザ 必殺コードなんですけど。

♬~(シンセサイザー)

なんか この間の新曲も 例えば…。

♬~「タラタ タラタータ
タラタータ タン」

♬~「タン タラタータ
タラタータ タンタン」

(nishi-ken)そんなに こう
ピアノだけでアナログ的に語ると

そんなには
変わってはないんですけども。

この最近の新曲とかも
すごく やっぱ

ストリングスアレンジも秀逸だし。

ベースも やっぱ
生で こう 弾いてたりとか。

やっぱ そういうところで

曲に対しての変化を
GReeeeN自体が こう

作り上げてるんだろうな
っていうのは。

皆さんって 音楽の好みとかって

みんな バラバラなんですか?
メンバーは。

(HIDE)そうですね。
結構 バラバラではありますけど

基本的には みんな
割とヘビーなものは通ってて。

僕とかも ずっと…。

ええー! 嘘?
(山崎)ハードコアバンド?

(丸山)イメージできない!
(大倉)ハードコア?

基本的な… なんていうんですかね
姿勢というか。

J-POPでは ありながらも
どこかで こう…

こういうのってありなの? って
思われながらも

いや ありでしょって言えるって
僕は パンクだと思ってて。

なんか そういう姿勢では

音楽に向いていたいな
っていう感じはあります。

どっちかっつうと
こっち側だったんだね。

(村上)そうですよね…。
(安田)ホンマやな。

『エール』作ってる曲のギターも
ドロップDとかで作って…。

(大倉)そうなんだ。

ドロップDとは

1から5弦は
同じスタンダードの音だが

通常 「ミ」の音である
ギターの6弦を…。

(ギター)

(ギター)

「レ」まで下げる
チューニング方法。

この低めのチューニングは

音色が強く出せるパワーコードが
弾きやすいという事から

ヘヴィメタルや
ハードコアバンドなどで

よく使われる。

ドロップDっていうのは

あんまり ポップスでは
使わないようなものなんですか?

そうですね。 重くなっちゃうんで。
(山崎)ああ…!

プロデューサーのJINも
言ってたんですけど

ポップスこそ
ちょっとした毒素があると

やっぱ 中毒性が
こう 出てくる…。

(村上)まあ エッセンスですもんね
スパイス利かせる。

『キセキ』とかも
「ドゥンツクツーン」って

結構 重めにいったりとか
してるんで。

だから そういうものを いかに
自然に聴かせられる範囲で

どう注入するかみたいなところは

結構 5人と曲を作ってて 僕も…。
(丸山)すげえ集団だ!

習得したというか
教えてもらったというか。

『キセキ』のサビで使っている
ドロップD。

低いギター音を意識して
聴いてみると…。

ただキレイなだけじゃなくて
なんか

泥臭さを感じたりするところでも
あったりするんですかね。

(山崎)その… 聴いていた
アーティストの方とかっていうのは

誰になるんですか?
(村上)そういったね 方々。

でも 本当に
もう 満遍なく

BLUE HEARTSも
もちろん聴いてましたし。

Hi-STANDARDの
コピーとかもしてましたし。

でも 本当に 最近のバンドの曲も
格好いいと思ってますし。

若手アーティストの音楽も
聴いたりなさるんですか?

いっぱい聴きます はい。
洋楽もそうですけど。

洋楽も聴くんや 幅広く。

(山崎)一緒にやりたいな
みたいなのはないんですか?

コラボみたいな。
(村上)フェスとかね。

オファーは おありだったでしょ?
(安田)あるやろな。

(HIDE)あっ フェスね。
本当 出てみたいなっていうのは

ありますけどね。
脳内フェスはしてます。

(安田)盛り上がるやろな。

ねえ。 でも まだ
実現はね してないですが。

もし 出たくない
っていうんだったら

体 貸しますよ 私。
(一同 笑い)

(村上)我々でよければね。

それは もう 体は
私に任せてください 本当に。

(村上)顔ぐらい
なんぼでも使うてもろうても。

さあ では 続いて
質問 まいりましょう。 こちら。

さあ こちらの質問なんですが。
(古田)ファミレスやろ。

決まった場所があるっていう…?
(HIDE)そうです。

うちの兄のスタジオがあるので
そちらで。

レコーディングスタジオのお写真

今回 お借りさせていただきました
こちらです。

さあ JINスタジオという…。
(古田)誰や!

(HIDE)これは
真ん中が うちの兄ですね。

(丸山)可愛い兄ですね!
(藤田)兄 可愛い!

(HIDE)そうですね。
(安田)すごい!

(大倉)顔 出さんねやったら
そんな金かけんといてください…。

(一同 笑い)

(村上)顔 出さへんから
金 かけてんねや。

(nishi-ken)JINさんが でかすぎて
機材 隠れてますね。

(村上)ホンマやねん。
メインのとこ 見えへんのよ…。

(山崎)JINさんなしの写真
欲しいけど これ。

(大倉)すごくないですか?
(丸山)これ 相当 あれですね。

マニアな人がいますね。
(山崎)ねえ!

めちゃくちゃ詳しいですよ。
(村上)JINさんも?

もう 機材オタクですね。
(山崎)そっちの回もいきたいね。

(村上)沼タイプですか?
(HIDE)そうです。 沼タイプですね。

(村上)ああ… なるほど。
これは わかりました。

じゃあ こういうスタジオに
なるんだっていう。

デビュー当時から あのスタジオで
やってたんですか?

(HIDE)いや
デビュー当時はですね 本当に

5畳ぐらいの間取りの中で…。

うち メンバー4人…
更に うちの兄もいて。

5畳に 6人 7人 8人ぐらいの
所で作って…。

(山崎)うわ ぎゅうぎゅう。
(HIDE)レコーディングは

もう あの… クローゼット…。
(村上)クローゼット? はいはい。

(HIDE)…の中で 歌を歌って。
(山崎)ええー!

レコーディングして?
(藤田)いい。 なんか 楽しそう。

僕たち 当時 学生だったので
ちょっと長い休み…

ゴールデンウィークとかを使って
一気に 東京まで来て

レコーディングっていう
形だったんですけど。

(村上)そうか! なるほど。 はい。

(navi)
5畳ぐらいの部屋で この…

機材が ぎっちり詰まってる所の
床で寝泊まりするっていう。

(安田)ああー…!

(山崎)ぎゅうぎゅうじゃない?
川の字になって。

いや そういうの いいね なんか。
(村上)いい…。

もう エピソードがほっこり。
(安田)ねえ。 みんなで休みの日に

NOAHに入ってるのかな
思うたもん。

(丸山)あっ NOAH 入ってそう。
(村上)予約してんねや ちゃんと。

(HIDE)いやいや でも…。
(navi)NOAHは 全然…。

(一同 笑い)
(山崎)さすが!

(安田)さすがですよ。

続いては 視聴者から

楽曲提供や

タイアップに
関する質問。

GReeeeNといえば
数多くのアーティストに

楽曲提供を
しているが

中でも…。

♬~「あのね 大好きだよ」

♬~「あなたが心の中で」

MISIAが
昨年の『紅白』で披露した

『アイノカタチ』も
GReeeeNが手掛けている。

どのような流れで
曲を作っていくのか?

(村上)制作過程で まあ
キャッチボールっていうのは?

例えば MISIAさんやったら
どういうテイストで

やられたんですか?
(山崎)直で?

(HIDE)そうですね。
MISIAさんは えっと…

「バラードで いいの なんか
作らないか?」と言われまして。

で ある程度
その 曲の原型のデモを作って

それを聴いていただいて。

そしたら これでいこう
みたいな感じになって

そこからは
アレンジャーの亀田さんに

入っていただいたりとかしながら
一緒に作っていきました。

(村上)はあ…!
(山崎)へえー!

ちなみに ボツになった作品とかも
あるんですか?

(一同 笑い)

(村上)何を安心しとんねんな!

なんの確認なんですか?
誰にでも あるんですね。

ちなみに 今 現在
ストックというのは

おありなんですか?
(HIDE)基本的には

その デモ曲だけで
数百曲は 多分 あると思うんです。

700曲とかぐらい…。
(山崎)えっ?

世に出てないやつで?
(HIDE)そうですね。

なんか その700曲の中で

「これ 関ジャニっぽいな…」
あったりするかなって。

ちょっと ごめんなさいね。
ないから 来てないねん!

ああ そっか そっか そっか。
(大倉)いや 僕らも

元気で泥臭いし なんかね…。

(丸山)自分で言った!
(山崎)元気で泥臭い…?

合うと思うんですけどね。

大体 君たちは
この番組でオファーを頼むね。

(一同 笑い)
(大倉)ここしか ないんですよ。

つながるとこが
ここしか ないんですよ。

(山崎)そういう番組でもあるのね。

本当ですか? これは。

いや でも これは…
可能性は なきにしもあらず…。

(山崎)楽しみじゃない 関ジャニと。
(藤田)楽しそう。

更に この『星影のエール』は

昨年 放送された朝ドラ
『エール』の主題歌。

主人公 古関裕而の出身
福島県。

なじみのある
GReeeeNが

この曲を作るうえで
行った事とは?

♬~「あなたこそが エール」

朝ドラのケースとかは
どういう風に作られた?

朝ドラの時は

(HIDE)「内容としては 古関さんの
ドラマになります」っていう事で。

そこからの
その なんていうんですか?

台本とかも あまり読まずに
逆に その

古関裕而記念館っていうのが
福島県にあるんですけど

そこに メンバーで行って。

で その古関さんの歴史を
ずっと こう 見させていただいて。

そこから こう メロディーが
先に出来上がるんですけど

メロディーを持って
福島県の その中を

車で走ってみてとか こう…
猪苗代湖っていうとこが

あるんですけど
そこに こう 止めてみて

メロディーが合うかどうかとか
自分で感じてですね。

(山崎)福島との相性。

イメージ先行なんですね
GReeeeNさんっていうのは。

なんか ビジュアルみたいなのが
初めにあって

そこから こう…。

こんだけ…。

(村上)見せへんからこそね。
(山崎)…からこそね。

続いての
視聴者からの質問は こちら。

(村上)KARiiiiNちゃん
19歳 女性から。

「初めてのバイト代で GReeeeNの
ファンクラブに入りました」

(HIDE)ありがとうございます
本当に。

(山崎)うれしいね。
(村上)質問ですが

「コロナウイルスが収まったら
GReeeeNの皆さんが

挑戦してみたい事は
なんですか?」という。

(HIDE)そうですね。 もう 本当に
皆さん そうだと思うんですけど

なかなかね 旅行とかも
できませんでしたから

なんか あの ツアーって…
僕たち 全国ツアーも

やってたんですけど
それも 飛んじゃったので

なんか そのツアーがてら
各地をね

旅してみたいなって思いますね。

さあ もう1つ 質問ございます。
こちら。

さーちゃん
26歳 女性。

これは 僕 よう言われます
確かに 歯医者さんから。

「歯科医師の皆さん

村上さんの八重歯
どう思いますか?」という。

(大倉)いや もう
プライベートで行って。

これは でも
HIDEさんとnaviさんで

感想は 違うと思う。
(村上)違うでしょうからね。

そうですね。
僕 個人的にはですね あの…

並べたいっていうのが…。
ですよね! ですよね…!

(丸山)「並べたい」って面白いな。

(安田)「並べたい」…。
(古田)並べれるからね。

(大倉)キレイに…
キレイにするのが仕事やから。

(村上)俺の歯ごときで
気ぃ使っていただいて もう…。

申し訳ない。
これ でも やっぱ…。

(山崎)HIDEさんは?
(村上)HIDEさん どうなんですか?

まあ だから その…
やっぱり そこの3番がですね

上に上がってる… 3番がね。
(山崎)専門用語。

(HIDE)で 2番が
奥に下がってるんですけど

やっぱり
そこの2番と3番の辺り

そして 2番と1番の裏辺りが
ちょっと…。

(一同 笑い)

(村上)確かに。

ちゃう この番組
なんの番組やねん これ。

まあ… でも naviさんは
並べたいっていう。

初めて言われました
「並べたい」っていうのは。

(安田)面白いな。

そして

最後に あの…
視聴者の方やファンの皆さんに

メッセージあれば ぜひ
お願いいたします。

(HIDE)あの… 本当に 僕たちは
こういう ちょっと まあ

普通のね 形とは 違う感じで

活動は
させていただいてるんですけども

聴いてくださる皆さんが
いるおかげでだと

本当に 思ってます。
また これからも頑張って

たくさんね 楽しんで 曲
作っていこうと思ってますので

よろしくお願いします。
(navi)よろしくお願いいたします。

音楽に人間性が出るんだなって
改めて思いました。

(村上)そうやん。

もろ やったでしょ
今日のケースは。

おしゃべりでね
人格って わかるけれども

なんか こう
実際 ホンマに 音楽でも

表現されるんだなって
人たちが… 中身がね。

そう感じましたね。
(丸山)いや なんか その…

まだ駆け出し時代の
青春の話みたいなのも聞けたので

なんか より
GReeeeNのイメージが

ホンマ そのまんまの人なんやな
っていうのを感じられたので。

(藤田)気取りすぎてない
っていうか。

なんていうんですかね。
なんか 近い… 自分に近い…

身近な存在な感じがして
なんか すごい

いろんな事 聞けて
楽しかったです。

うわー!
(村上)なんじゃ? これ。

次週は プロがハマった
音楽動画を紹介。

音の変態は
やっぱ 楽器 作るんですよね。

なんやて!?

YouTuberの音ネタの
最高峰かなっていう。

何? これ。

僕が
一番好きなピアニストですね。

清塚先生 見てる?