徹子の部屋 TRF[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

徹子の部屋 TRF[字]

~来年デビュー30年…高齢者を“ダンス”で健康に!~TRFが今日のゲストです。

◇ゲスト
来年デビュー30年。平均年齢は50代後半になったが、今もなおエネルギッシュなライブでファンを魅了!数々の国民的ヒット曲を持ち、日本を代表するダンス&ヴォーカル・グループのTRFがゲスト。今日は“脳トレ”にも良いというダンスに黒柳さんも挑戦!
◇番組内容
これまで解散の危機は一度もなかったというTRF。ダンサーのSAMさん、ETSUさん、CHIHARUさんは年齢を重ねる中で、自分の身体への向き合い方に変化が。なかでもSAMさんは、高齢者向けのダンスを考案し「踊ることの楽しさ」を通じて高齢者の健康づくりに一役買っている。DJ KOOさんは、来年の記念イヤーに向けダンスを習得したいと意気込みを明かす。ボーカルのYU-KIさんは、小室哲哉さんに見いだされ一変した歌手人生を振り返る。
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. yeh
  2. ダンス
  3. 本当
  4. 大丈夫
  5. SAM
  6. wow
  7. 普通
  8. TRF
  9. CHIHARU
  10. DJ
  11. KI
  12. KOO
  13. YU
  14. ダンサー
  15. ハハハハ
  16. 可愛
  17. 仕事
  18. CHIHARU
  19. ETSU
  20. SAM

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥730 (2022/12/09 20:08:29時点 Amazon調べ-詳細)

♬~「CRAZY GONNA CRAZY」

(黒柳)大ヒット曲 多数。

日本を代表する音楽グループ
TRFの皆さんです。

なんと16年ぶりのご出演。

来年
デビュー30年という事ですね。

皆さん お変わりなくて
ビックリしていますけれども

最近は
高齢者向けのダンスビデオも

話題になっています。

それから DJ KOOさんは

なんか 大病を5年前…
大変だったそうでございますが。

CDのトータル売り上げは

2100万枚以上という…。
(KOO)ハハハハ…。

大変でございます。

まあ 当時としては
珍しいメンバー構成です。

ボーカル1名 DJ1名。
はい。

ダンサー3名っていう
そういうグループでございます。

まず
メンバーのご紹介からしますね。

DJ KOOさんから いきます?
はい よろしくお願いします。

最年長で61歳。
はい。

リーダー。 で 子煩悩。
ハハハハ…。

お嬢さんは もう
大学生でいらっしゃるという事で。

はい もう 22歳…
あっ 今 写ってますね。

ちょうど大学院に入りました。
あら 可愛い これ… ねえ。

可愛い。
ありがとうございます。

でも お父様の方も派手だから
ちょっと…。

(一同 笑い)

わからない…。 それから
ダンサーのSAMさんは

もう 長髪がトレードマーク。
はい。

で 今年 還暦におなりですって?
あっ そうです。

1月に還暦になりました。
すごいですよ。

還暦になって まだ踊ってる人って
少ないですよね?

そうですね。 はい 頑張ります。
まあ あの…

あとで いろいろ… どうやって
体を鍛えていらっしゃるのか

いろいろ伺いますけど。

それから
ダンサーのETSUさん。

はい。
はい。 子どもの頃 インド舞踊を?

はい やっていました。
インド舞踊やってらっしゃって…

あら 可愛い!
(一同)おおー!

可愛い! ええー… 驚いちゃう。
(YU-KI)衣装もいいね。

(ETSU)可愛い…?
ねっ 可愛い。

顔も合って 衣装もね
素敵だと思います。

それからCHIHARUさん。
(CHIHARU)はい。

CHIHARUさんは
5歳からバレエやっていらして

草刈民代さんと
バレエ学校が同じという。

(CHIHARU)はい そうです。
同じ時期で。

あっ 本当 クラシックバレエ
っていう感じで。 ねっ 素敵。

このまま『白鳥の湖』
踊る人やなんかにならなかった?

(CHIHARU)なれなかった…。
なれなかった? そうですか。

で YU-KIさん。
はい。

はい ボーカルです。
はい。

小室哲哉さんに見いだされて
キーの高い曲を歌い続ける。

まあ…
間違ってはいないですけど。

デビューの時から
イントロがないとか

高い音から始まる曲が

なぜか めちゃくちゃ多いです。

はい それでTRFのセンター。
はい そうです。

それでは まずは ライブ映像を
ちょっと ご覧いただきます。

TRFです。

♬~「寒い夜だけは
あなたを待ちわびて」

♬~「どんな言葉でも
きっと構わないから」

♬~

あっ すごい!
SAMさん すごい!

(SAM)ハハハハ…!
フフフフ…!

♬~「CRAZY GONNA CRAZY」

♬~「雪が降る街並みを」

♬~「LOVE YOU GONNA TAKE YOU」

♬~「2人踊り続ける」

「東京で!」

♬~「yeh yeh yeh yeh yeh」
♬~「wow wow wow wow」

♬~「yeh yeh yeh yeh yeh」
♬~「wow wow wow wow」

♬~「yeh yeh yeh yeh yeh」
♬~「survival dAnce!」

♬~「survival dAnce!
trail dAnce!」

すごい!

SAMさんは 30年続いた感想は
どうお思いになります?

(SAM)なんか あの… 気が付いたら
30年だったんですけど

「解散」っていう
言葉も出なかったし

メンバーもね おかげさまで
みんな 元気でやってこれたので

本当に こう…

いつまで続けるのかな?
っていう気持ちで

毎年やってきてるんですけど。

こう なんていうんですか。
求められる場所がある限りは

やっていこうかっていうのが
割と こう 合言葉で。

なるほど。 でも すごいんですよ。

SAMさん 今年60歳で…

50歳くらいまでは 割と普通に
不摂生な生活してらした?

そうですね。 僕 もう
本当にひどくて 40代は

朝7時ぐらいまで飲んでて。
うわあ…。

毎晩 それで こう…
まあ 12時ぐらいに起きて

それで仕事してっていう生活。
もちろん 体 動かしてたんで

お酒飲んでも
その分 消化はしてたんですけど。

ただ やっぱり ある時期 こう

体が衰えてきたっていう事に
気が付いて。

で もう1回 引き締め直して

それで今に至るっていう感じです。
ふーん… でも よく

その体の変化に気が付いて
それで直りましたよね。

そうですね。
(一同 笑い)

それまで 結構 この…

まあ 結構
アクロバチックな動きが多くて。

で 難なくできてた動きが

ある時期 こう
できなくなったんですよね。

久しぶりにやってみたら。
ええ。

で まあ それができなかった事が
ショックで

もう1回 ちゃんと こう
体を鍛え直そうと思って

まあ それが
50手前ぐらいの時期でしたね。

おお…。 何時頃に
朝 お目覚めになるんですか?

6時に起きて 犬の散歩して。
うん。

で まあ 帰ってきて
また朝食 食べるんですけど

あの… 納豆と卵っていうのが
必ず欠かさず食べてます。

それで なんか お子さんを
バス停まで送っていく?

そうです そうです。 送りがてら

犬の散歩して
帰ってくるっていう感じですね。

全く でも 普通…
普通の人みたいですね。

そうですね。
普通のお父さんですね。

普通のお父さん? フフフフ ねっ。

で あの…
ダンサーのETSUさんと

CHIHARUさんは
50代でいらっしゃる?

はい。
それで ダンスの練習は 毎日?

(ETSU)そう…
ほぼ毎日ですね はい。

じゃあ もう お若い頃から
ずっと踊りっぱなし?

(CHIHARU)そうですね。
そうですね やっぱり こう…

まあ でも それでも
やっぱり 50代になってからは

ちょっと 休みも大事なので。

こう 体の様子を見ながら
休んだりとかもしますけれども

基本的には ほぼ毎日
トレーニングはしてます。

週に1回は みんな一緒に練習…。
(CHIHARU)あっ そうそう

私とETSUで。
そう 2人で。

踊りましょうっていう日を作って。
なるほど。

で センターにいらっしゃる
YU-KIさん。

はい。
のどのケアは

どうしてらっしゃる?
あんな大きい声出して。

この歌うための
筋肉っていうのが

使わないと衰えてしまう
っていうのは聞いてるので

やっぱり あの… 持ち歌に
もし ファルセットがなくっても

ファルセットを強化するものの
レッスンをしていたりとか

それをやっていないと 急には
やっぱり 歌えないと思いますね。

あなたは 随分
不思議な声の方ですね。

あっ それ あの… 前も

なんか
突然言われたんですけど…。

私 前にそう言いました?
えっと 黒柳さんに

「あなたの発声は
鼻から声が出てるわね」って

前に 突然言われたんですよ。

ねっ そうだよね。
言われたよね?

不思議な声ですかね?

ありがとうございますで
いいんでしょうか。

珍しい声じゃありません?

ちょっと褒めるなら
小室さんには

「シンセ音に合う声だね」
っていう風には

言われますけど。
何に合う?

「シンセの音に
なじむような声質だね」とは

言っていただいたので。
なるほどね。

やっぱり ダンスミュージックに
すごく映えるというか

そういう声だっていうのは
すごく…。

本当 不思議な…。
不思議ですかね?

うん。 やっぱり

ここの声帯を通して出てる声
っていうよりは

なんか 違うとこから
こういう風に

回って
巡り巡って出てくるみたいな。

頭で鳴らしたりとか
まあ いろんなのが

あるみたいですけど。
やっぱ そういう声の事とか

どうされてたんですか?
逆に聞きたいです。

私 音楽学校出てるので

音楽学校では
毎日やるじゃないですか。

みんな 「アア~ アア~」なんて。

特にソプラノだったので

そういうのをたまに
ちょっとやる時ありますけども。

あの… ハハハハ…。

♬~「アアー…
アア~! アア~!」

おおー… すごい!

SAMさんは
お医者さんの息子さんで。

はい。
大学の通信で

加齢学っていうものを
勉強なさったんですってね。

ジェロントロジー
っていうんですけど。

いわゆる 老化していく事を
科学的に捉えた学問で。

老化する事によって
例えば 経験値とか

ポジティブな面もあるよ
っていう事を

勉強していく学問ですね。
なるほど。

これ 南カリフォルニア大学
っていうところが

それが盛んなので。
それで 60講義 勉強して

その大学から 修士課程いただいた
っていう感じです。

医者のいとこと一緒に
高齢者向けのダンスを考案して

病院で それを教えたりなんか
なすったんですって?

そうです はい。
みんな ちゃんと踊れましたか?

えっと そうですね…
高齢者向けのダンスなので

大体 平均年齢が70歳以上の方が
やるんですけど

皆さん ダンスは
した事ない方ばっかりで

一番最初 やる時に
僕が目の前 現れたら

本当に 顔が固まってて

おびえた顔をしてたんですよ
皆さん。

何やらされるのかな
っていう顔をしてて。

まあ そこから こう
ダンスやりますけど

本当に
皆さん向けのダンスなので

ソフトで 難しくない事やりますよ
っていう事を説明して。

いとこの医者と組んだので
全部が終わった時に

心拍数とか そういうものに
問題がないかっていう

データも取りながらやったので。
すごい。

ETSUさんと
CHIHARUさんも

教えにいらしたんですって?
どうでした?

すごい こう…
皆さん 本当にお元気で。

「ちょっと 休憩しましょうか」って
言っても

全然 休憩しないんですよ。 もう
みんな 立って おしゃべりして。

で こう 1曲全部終わると

まあ コロナの前だったので
ハイタッチしに来るんですね

イエーイ! みたいな感じで。
ものすごくお元気なんですよ。

なんか でも 楽しいみたいですね
ダンスをするっていうのが。

なんか ダンスっていうのは
見せるものだと思ってたけども

やってみたら 教えるのも楽しい
っていう事に気が付いた?

そうですね はい。

ちょっと なんか こう やります?
やってみてください じゃあ。

すごく簡単な… ちょっと こう

脳トレを含めた
ダンスなんですけど

すごく簡単です。
脳トレって 頭ですか?

そうです そうです。
まず クラップしてください。

で ひざをたたく。
で 胸の前でクロス。 で 開く。

この4つの動きです。
はい。

(SAM)1 2 3 4

1 2 3 4。

クラップ ひざ クロス オープン
クラップ ひざ クロス… はい。

この4つの動きが まあ
一応 振り付けなんですけど

これを ゆっくりのテンポから
だんだん速くしていくんです。

これだって難しいですよね
やっぱり。

(SAM)どこまでついてこれるか
っていう事をやっていくと

脳が すごく反応するので
これが脳トレになるんですよね。

ちょっと やってみましょうか。
ゆっくりから いきますね。

ワン ツー スリー フォー

ファイブ シックス
セブン エイト。

ワン ツー スリー フォー

ファイブ シックス
セブン エイト。

これ 忘れるね…。
(SAM)はい。 …っていう感じです。

そうか
これを忘れる可能性がある…。

(SAM)はい そうですね。
まあ こういう…

これは ちょっと
ウォーミングアップなんですけど

これを 一番最初 座った状態で
いろいろ こう 体ほぐして

それから 立った状態で
振り付けを覚えていくんですね。

最終的には TRFの曲で
テンポをすごく落としてね。

TRFの曲 速いので
そのテンポだと

ちょっと危険なので
テンポを落として

大体 ほとんど1曲4分半ぐらい。
ええー!

(SAM)まず ダンスの場合って
振り付けも覚えるので

振り付けを覚えて

体のあらゆる部分を使って
踊って

なおかつ その…
曲に合わせますよね。

この3つがそろってる
っていうのが すごく

脳にも体にも心にもいいって
いわれてます。

ちょっと あの… 高齢者向けの
ダンスのDVDっていうの

見ていただいていいですか?

♬~「くやしいけれど お前に夢中」

♬~「ギャランドゥ(ギャランドゥ)
ギャランドゥ(ギャランドゥ)」

♬~「行かないでお嫁サンバ」

♬~「ひとりのものにならないで」

なんか いいみたい。
(CHIHARU)なんか いいですか?

そう… これは 特に

今 『ギャランドゥ』と
『お嫁サンバ』だったんですけど

本当に その… 昔懐かしい曲で
踊っていただく事によって

頭の中で 昔を思い出しながら
懐かしい気持ちに浸りながら

しかも 軽く口ずさめるっていう。

飽きずにできるっていうのは
すごく大事だと思うので。

飽きずに楽しくできる
っていうのを

考えながら作ってます。

DJ KOOさんは
ダンスはなさるの?

いや 僕 あの…

ダンスはしないんですけれども
実は このほど ちょっと

ちゃんと ダンスをしよう…
できるようになりたいと思って

習い始めました。
偉い…!

そうなの?
61歳から。 先生に付いて。

ちょうど 来年 30周年なんで

あの… ちょっと
TRFのステージで

僕も ダンサーに入って…。
いいですよね。

踊れるところを披露できたらなと
思ってます。

いいと思いますよ。
それは できると思いますよ。

大丈夫ですかね? 大丈夫ですか?
大丈夫。

体がね ちゃんとついていかないと
ダメですけどね そこにね。

頑張ります。

YU-KIさんは この30年で

一番変わったメンバーは
どなただと思います?

もちろん…
ここの人っていいますか。

視聴者の皆さんも
そうだと思いますけど

昔 私たち2人で
スタジオに入ってる事が

ほぼ…
多かったんですね。

もう
音楽的なものとか

そういう…

普通に
ちゃんと話せるのは

もちろんなんですけど。

いつの間にか 小室さん…
小室哲哉さんから

Jesus Jones
みたいに

してきてねって
言われたらしく

ドレッドに
なったんですよ。

結構… あっ これ
こちらですね。

どうしたんだろうと
思いましたけど

小室さんが… なんか 言われて
してきたみたいで。

私は… 似合ってて
好きだったんですね。

いつの間にか
こういう風になりまして。

サングラスは したりしなかったり
とかだったんですけど

何より トークが変わったねとは
みんな 思ってると思いますし

視聴者の皆さんも

明るい 元気なおじさんねって
思ってると思います。

本当に?
はい。

でも 基本は
すごい優しくて 真面目な…。

いやいや ありがとうございます。

あっ そうですか。 ちょっと
見かけとは違うっていう。

ハハハハ…!

いや もしかしたらですけど
笑ってなかったら

話しかけづらいかもしれないな
って

昔とかは
そうだったかもしれないけど。

今は すごい話しかけやすい
おじさんなんじゃないでしょうか。

そうですかね。
でも ドレッドヘアっていうのは

お金かかるんですって? 時間も。
そうですね。

当時 こういうドレッドを

日本で なかなか
やっている美容室がなくて。

1回行くと 25万円ぐらい。

ええー! それはすごいですよね。

取られすぎちゃってるんじゃ
ないの?

それも 3人がかりで
2日間 やってたんで

まあ しょうがないかなと思って。

美容代が一番
お金かかってましたね 当時。

これ グルグル いろんなものに
カールみたいに

巻いていくんですか?
そうです。 編み込んでいくんです。

毛を増やして…
長さも伸ばしていくっていう。

はい。
そう。 なんか 維持が大変で

子育てには向かないって
お思いになったって?

そうですね。
ちょうど 99年に…。

これ そう?
はい そうです。

99年に長女が生まれて。

やっぱり あの…

抱っこしたり なんだかんだ
引っ張ったり…

なっちゃうと
ぐちゃぐちゃになって

衛生的に悪いかなと思って
ドレッドをやめましたね。

それで こういう風になった…?
はい。

でも お嬢さんの授業参観は
皆勤賞で。

そうですね。 小 中 高

あと 大学まで行っちゃいまして
全部。

大学まで ついていく親は
いるんですかね?

あの… 僕1人でした その時。
そうでしょうね。

はい いなかったです。

でも 「そういう派手な姿は
やめて」とは言われなかったの?

あっ… 僕 やっぱり
中 高の時に毎回行くんで娘に

「気ぃ使わないで

もし 友達に なんか
言われるようだったら言って」

って言ったんですけど 娘が

「あっ 大丈夫。
授業参観とDJ KOO

セットだと思ってるから
大丈夫だ」って言ってくれたんで

もう 行くようにしました。
そうですか。

でも あなたは
脳動脈瘤っていうので

命の危険もあったんですって?

そうですね。 ちょうど
5年前になるんですけれども

番組でですね 脳ドック…

人間ドックスペシャルで
脳ドックを受けた時に

ちょうど 目の後ろに

僕 9.8ミリの脳動脈瘤が
発見されて。

それまでは もう

その日 元気だったら
大丈夫だな もうっていう感じで

夜も 普通にポテチ食べて あの…

ケーキ食べて寝ちゃうぐらいの
生活だったんですけど

やっぱり…
それで 発見された時に

えっ まさか! と思って
もう それで

このままだと
ちょっと 命の保証ない…。

で 破裂すると

くも膜下とか…。
あっ そういうのに…。

脳梗塞になってしまうので
サイレントキラーと

言われてる病気なんですけど。
あら イヤだ。

それで 人生 真っ暗に
1回 なってしまって。

でも 開頭手術を すぐ…
家族で話し合って。

頭 開けるっていう事?
そうです。

半分… ここから ここまで切って。
うわあ…。

手術中に破裂しちゃうと
危険だっていうんで

まだ 首に残ってるんですけど

首のここから ここまで切って
ここから血を逃がしながら

6時間半ぐらい手術をして。

で どうにか それで
リハビリを経て 復帰しました。

皆さん 心配なさった?

します します。

KOOちゃんのご家族の
奥様とか娘さんとかも

もう ずっと つながりがあるので

親戚みたいな感じですし

今まで 一緒にやってきてるので

ねえ… どう言葉をかけて
励ませばいいのかとか

普通に… 考えましたね。

これ ちょうど 毎年
定期的に検査に行ってですね…。

よかったですよね…。
今年も行って 大丈夫でした。

大丈夫でした?
よかったですよね。

メンバーの皆さんから見ても

病気の前と あととでは
なんか 変わった事ありましたか?

私は 感じました。

健康を維持する大切さ
だったりとか。

あと すごい明るい…
前から明るいんですけど

明るくなりましたし

すごい しっかり…
してないわけじゃないんですよ。

しっかり お仕事を
前より 念入りにしている気が…

そういうのが感じます。

大事に生きてる感じが…。
そう。

仕事も すごく積極的に
なんか こう…。

いろんな事やってるなと
思ってたから…。

ああ そう。
仕事も積極的にやる…。

だから 命の その…
すごい 危険さというものを

身に染みているから

今まであった事が
当たり前ではないんだとか

そういう事を感じたんじゃ
ないかなと思いますし。

YU-KIさんだけは なんか
歌が未経験だった…?

あっ そうです。
私 小室哲哉さんに

スカウトして
いただいたんですけど。

あの… うちのメンバー 3人…
ダンサーは

もう 教えているような人で
ずっと… プロ生活も長くて。

KOOちゃんも
ずっと DJとして

活動していたんですけど
私は 歌を歌ってなかったので…。

踊ってらしたの?
踊ってたっていっても

ストリートダンサーなので
プロではないですし

ただ 小学校から高校生までは
楽器だけは やってたんですけど

歌は歌ってなかったので。

それで 「ボーカルでどうですか?」
って言われたので

うわっ! って
そりゃ 思いましたね。

歌のオーディションとかでは
なかったですし。

だから みんなが
プロとして ずっと…

ずっとやってきた 第一線の人…
みんなだったので

もう 早く なんか
追い付くっつったら変ですけども

あの… なんでしょうね

失敗を繰り返して
繰り返して 繰り返して

今があるという感じです もう。

でも 小室さんから
スカウトされた形なんですって?

そう… 踊ってたところを
スカウトしていただいたので。

それから レッスンをして

デビューしたわけでも
なかったので

まあ 大変っつったら
大変でしたけども

やっていくしかないな
っていう風に

思うしかなかったです。

だから 発声方法とかも
知りませんでしたし… はい。

両側の方たちは

この方の声 聴いて
どう お思いになったんですか?

いや なんか
すごく特徴が なんか こう…

例えば 街なかで流れても
すぐわかるっていうか。

TRFの曲じゃなくても
なんか こう…

すごい 特徴がある。

なんか YU-KIちゃんにしか
出せない声っていうか…。

ありがとうございます!

日頃 こういう話はしないので。
あっ そうなの?

はい。 うれしいな!
そうですか。

ご家族は
心配はなさいませんでした?

私の場合は 私 一人っ子なので

そんな… 「東京行ったら大丈夫?」
ぐらいの事

言われそうな気がしたので

もう アルバムを全部
レコーディングしてしまって

デビュー日が決まってから
報告しました。

そしたら
なんて おっしゃいました?

「頑張りなさい」って
言うしかないといいますか…。

だから 私
母に 「『徹子の部屋』に

また 出させていただく事に
なったよ」って言ったら

本当に喜んでいて。

うちの母も喜んでました。
でしょ?

高齢ですから こういうね…
黒柳さんのお部屋に来れて

うちの娘も
ちゃんと仕事してるのね

っていうのが伝われば

もう それも
1つの親孝行になればいいなと…。

(SAM)確かに。
だよね。

じゃあ YU-KIさん
お母様に ひと言 ちょっと…。

えっ! 今…?
今。

だって せっかく…。
出てますよ。

ちゃんと お仕事してますから
安心してください。

ものはついでだから

ETSUさんも
ちょっと なんか…。

ハハハハ…!
ご家族におっしゃる事があったら。

いつも ありがとうございます。
元気で頑張ってますので。

そうですか。
CHIHARUさんは?

出てます。
フフフフ…!

見てますか?
フフフ…!

あの… あっ!

来年 30年。
(KOO・YU-KI)はい。

あの… 目標は? 何か。
目標ですか…。

どこでもいいので
皆さんに会いに行って

パフォーマンスをお届けして
元気になっていただければ…。

なるほど。 リーダーは?

なんか。
やっぱり もう あの…

最高 DO DANCEです。
(一同 笑い)

『徹子の部屋』は