有吉ゼミ▼ギャル曽根VS現役力士&アーティスト!大食い猛者名勝負SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉ゼミ▼ギャル曽根VS現役力士&アーティスト!大食い猛者名勝負SP[字]

食欲の秋!デカ盛りVS大食い猛者▼現役力士参戦!豊昇龍&天空海&若元春&荒篤山▼林遣都&マキシマム ザ ホルモンも爆食▼五輪メダリストバスケ髙田&ワイナイナ

出演者
【教授】有吉弘行
【秘書】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、ギャル曽根ほか
【ロケ出演】豊昇龍、天空海、U字工事、ダイスケはん・ナヲ(マキシマム ザ ホルモン)、ジョイマン、若元春、荒篤山、林 遣都、shoji(s**t kingz)、からし蓮根、髙田真希、エリック・ワイナイナ、ほか
番組内容
▼食欲の秋チャレンジグルメ祭り!大食い猛者集結5番勝負SP
1.爆盛り天ぷらそばVS豊昇龍&天空海がギャル曽根に迫る!!
2.巨大ガパオVSマキシマム ザ ホルモン&連勝中ジョイマン池谷!
3.横綱級メガちゃんこ鍋VS現役力士・荒篤山&若元春!
4.豪華食材3食丼VS林 遣都&世界的ダンサー“シットキングス”shoji
5.ドカ盛り焼うどんVS五輪メダリストバスケ髙田&マラソンスター・ワイナイナ
監督・演出
【企画・総合演出】橋本和明
制作
【チーフプロデューサー】倉田忠明
【統轄プロデューサー】渡邊政次
【プロデューサー】安彦真利江
【制作協力】えすと、AXON、極東電視台
おしらせ
有吉ゼミはTver&Huluでも見逃し配信中!
水曜7時からの姉妹番組「有吉の壁」もぜひご覧ください!

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – 旅バラエティ
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 曽根
  2. スタジオ
  3. ギャル曽根
  4. 有吉
  5. 大食
  6. 到達
  7. ワイナイナ
  8. 一方
  9. 伊織
  10. 福田
  11. 完食
  12. 天空海
  13. 店員
  14. 益子
  15. 若元春
  16. 池谷
  17. 水卜
  18. スタート
  19. ダイスケ
  20. ナヲ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(水卜) 『有吉ゼミ』。
(有吉) 開講!

<今夜は…>

<これまで 数多くの芸能人が
挑んで来た 巨大グルメ>

<その中には>

<ギャル曽根と渡り合う
大食い猛者たちが>

<そこで…>

<まずは>

(ギャル曽根) この方たちです!

(豊昇龍) 相撲でも…。

<元横綱 朝青龍を
叔父に持つ…>

<そして>

<…で 九州場所は勝ち越し>

<さらに>

(益子) お願いします。

<U字工事の益子が参戦>

<挑んだメニューが>

(店員) お待たせいたしました。

(益子) うわ~ すげぇ デッケェ!
何だ この天ぷらのデカさ。

<その量 なんと…>

<どど~んと…>

<脂ののった…>

(スタジオ:有吉) あぁ 余裕かも。

<続いて 九州 霧島産の黒豚を

しょう油や野菜などで
じっくり煮込んだ

トロトロの自家製チャーシューも
天ぷらに>

<これが3つで…>

<さらに マイタケの天ぷらを
添えれば…>

<のせれば…>

<…が完成>

<総重量は 横綱級の…>

(店員) スタート。
(一同) いただきます。

(曽根) うわ 大っきい!
(福田) すごいっすね。

んっ。

(益子) うまい。

<さらに>

んっ。

<百戦錬磨のギャル曽根は

天ぷらの油で 後半
胃が もたれることを恐れ…>

(スタジオ:有吉)
思い付かないよね 普通。

<大食い現役力士軍団を前に
早くも…>

(益子)
早えぇな やっぱり。

<…に到達>

<一方>

(福田) 型破りですね
いきなり お稲荷さん。

<出身地の茨城県にある
アクアワールドに ちなんで

しこ名が付いた 天空海>

(福田) 天空海関…。

(天空海)
そうなんです 自分の家…。

ん?

<実家が おそば屋さんで
高校時代は…>

<食べ続け…>

<柔道部だったが その体格が

相撲関係者の目に留まり…>

<巨体を生かし 驚異の
スタートダッシュを見せる>

(曽根)
早い ペースが。

<ギャル曽根をしのぐ…>

<一方>

<あに弟子の頑張りに
負けず嫌いに火が付いた…>

えぇ~。

<実は レスリング選手として
スカウトを受け

日本の高校に入学>

<そこで 目にした…>

<…を
掛け合ってくれたのが

朝青龍なんだそう>

<今日は…>

(福田) おぉ~ すごい。

<ギャル曽根をしのぐ…>

<…に到達>

<一方 U字工事・益子も
負けてはいない>

実は 今日…。

(曽根) 食べ慣れてる。

やってやります。

行けますよ これ。

(福田) おぉ~。

<毎日…>

<あえて そばには行かず…>

<…という奇策に>

<しかし
これが衝撃のスピードで…>

(スタジオ:水卜)
あっ すごい減ってる。

<ギャル曽根をしのぐ…>

<だが ここで
思いも寄らない…>

(益子) かなり こたえますね。

<そう…>

<豪快に揚げているため 超濃厚>

<これが…>

<そんな中>

でも…。

<ホロッホロのチャーシューに
テンションが上がる 大食いクイーン>

<ここから
さらに ペースを上げる>

(豊昇龍) すごいっすね。

<一方 ここまで
順調に食べ進めて来た…>

(福田) 天空海関は…。

(曽根) ホントだ。

<しょう油だれと
風味がいいゴマだれを

交互に食べ

飽きを回避する
天空海の頭脳プレー>

(曽根) そば めちゃ減ってる!

<…に到達>

<と ここで…>

こ… これは?

(曽根) うわ ホントだ!

<そう サービス精神から…>

<挑戦者の…>

<恐るべき吸引力で
食べ進める天空海>

<キラキラネームの
しこ名に加えて…>

最近 ちょっと こう…。

(曽根) ピアス?
はい。

まだ 全然…。

<小さな頃から
手先が器用だった 天空海>

<休みの日に
たまたま
アクセサリー体験をしたら どハマり>

<いつかは オリジナル…>

<できるよう…>

(曽根) 早い!

<…に到達>

<この後 ギャル曽根と力士軍団が
壮絶な…>

これは すごい。

♬~
(アキ)♬~ く~るくる く~るくる

(トシ)♬~ぬるミノン~
♬~くるりとまわしてぬるミノン~

<繰り返しがちな
肌あれに>

<敏感肌を
守りながらうるおす>

<お風呂あがりも ミノン>

(トシ こどもたち)♬~くるりとまわして
ぬるミノン~

<天空海の あまりの早さに

負けず嫌いに火が付いた
大食いクイーン>

<もちもちの うどんも
自慢の吸引力で

どんどん吸い込んで行く>

(福田)
曽根さんも追い上げてんな。

<一方

相方 福田が…>

<そんな益子には
なかなか言い出せなかった…>

ハハハハ。
(スタジオ:有吉) そりゃ そうだろ。

(益子) 俺…。

<最近 『有吉ゼミ』では

ずっと 肩身の狭い思いをしていた
益子>

<胸を張って…>

<…に到達>

<一方 天空海は>
(曽根) なるほど。

<さらに ペースを上げる>

<…べく こちらも死角なし>

<…に到達>

<すると>

<果たして 完食できるのか?>

(スタジオ:有吉) すごい勝負だ。

(スタジオ:矢作)
大抵 このへんで止まんのにね。

<天空海 チャーシューの脂に
やられ…>

<その隙に>

では。
(スタジオ:坂上) あら。

(福田) すごい。

(スタジオ:坂上) うわ~。
(スタジオ:博多華丸) すごいなぁ。

ごちそうさまです。

(福田) おぉ~ やった 完食!

<ギャル曽根…>

<その頃 天空海は マイタケ天が
1個と つけ汁だけで…>

(福田) 天ぷら 全部 行った。

<天空海…>

<残りは ゴマだれのみ>

(福田) おぉ~!

(スタジオ:有吉) すごいね
やっぱりね お相撲さんは。

ごっつぁんでした。

<天空海…>

<そして>

≪タイムアップです≫

<…という結果に>

<続いては
すごい食べっぷりを見せた

人気ロックバンドのボーカルと

番組が誇る 最強の大食い芸人>

<熱いライブで
観客を熱狂の渦に>

<アメリカやブラジルなど…>

<ボーカルの
ダイスケはんが参戦>

さらに…。

♪~

♪~

(高木) イエイ!

<負けなしの大食い芸人

ジョイマン・池谷が参戦>

<挑んだメニューが>

(店員) お待たせいたしました。

≪うわ~!≫

(曽根) お肉 すごい! いい匂い!

<その量 なんと…>

<まずは 炊きたてのご飯で
巨大な皿を埋め尽くす>

<その量は…>

<大量の豚ひき肉に
甘辛たれを加え

ピーマンやタマネギと
一緒に炒める>

<それを ご飯の半分を
覆うように盛り付ければ…>

<脂身たっぷりの豚バラ肉を
極厚サイズにカットし

大量の しょう油や 数種類の
スパイスで じっくり煮込み

これを ご飯の もう半分に
600g 豪快にのせれば…>

<どっさり…>

<ガパオライスを彩る…>

<真ん中には ゆで卵を並べ

最後に…>

<…を盛り付ければ

アジアのダブル肉かけご飯…>

<…の完成>

<総重量は 驚異の…>

(店員) スタート。
(一同) いただきます!

(曽根) いただきます。

(ダイスケはん) しゅんでるわ。

<巨大肉を
見る見る減らして行き>

(ナヲ) ギャル曽根さん 早っ!

<ルーロー飯をほぼ制覇し…>

<…に到達>

<一方 地元 香川の…>

<して来た…>

(ナヲ) いいよ!

<ライブMCでも…>

<ダイスケはん>

<得意の…>

(曽根) ダイスケはんさんが早い!

<…に到達>

<その隣で

ダイスケはんの作戦…>

<巨大角煮をほぐしながら
食べ進める…>

(池谷) …って言ってくれて。

<と言いつつも…>

<…に
今日もアピールすべく>

(曽根) いや 池谷さん 早い!

<ギャル曽根を超える…>

<…に到達>

♪~ 今日は…

<だが ここで ある…>

<そう このガパオライス

スパイシーな お店特製…>

<戦って来た挑戦者の…>

<…と のしかかる>

<そんな中>

やっぱり…。

アハハハ!
あれ いいです なかなか…。

<まだまだ…>

<実は 今回 どうしても…>

<長年 続けて来た…>

<の影響で…>

<そんな時>

(ダイスケはん) すごい…。

フフフ…。
(ナヲ) 泣いちゃう。

(ダイスケはん) 今でも ホントに…。

♪~

<桜井さんに…>

<…の気持ちを伝えたい>

(曽根) すごいな。

<残るは ほぼガパオライスのみ>

(ナヲ) 男だ!

<池谷も負けじと懸命に>

いってきます!

♪~

<夢は…>

<…を建てること>

≪すごいわ 池谷さん≫

≪すごいっす マジで≫
<お互い譲らず 2.8kgに>

<果たして…>

(ナヲ) すごい。
(高木) 行け!

<と ここで ギャル曽根>

<卵がなくなり
最後は にんじんを使って

濃厚ガパオライスを和らげる>

≪マジで すごい≫

<対する池谷も>

<すかさず マネをして 一気に>

(スタジオ:有吉) おぉ!

(ナヲ) うわ~ 出た!

(ナヲ) すごい。
(スタジオ:有吉) 余裕。

(曽根) ごちそうさまです 完食。

<ギャル曽根…>

<余裕の完食>

<その頃 池谷も…>

(ダイスケはん) 池谷さん すごい!

(スタジオ:水卜)
すごい もう 当たり前のように。

(ナヲ) えぇ~ すご~い!

<ジョイマン・池谷…>

<そして>

≪終了で~す≫
あ~!

<結果…>

<完食ならず>

<豪快なパワープレーで
食べ進めた現役力士>

(若元春) 今日は…。

<寄り切りを得意とする…>

<さらに>

<…が参戦>

<挑んだメニューが>

(店員) お待たせしました。

(曽根) おぉ~! ちゃんこ!

<その量 なんと…>

<どど~んと…>

<そこへ…>

<…など 定番の具材も
どっさり!>

<しょう油ダシで
下味を付けた…>

<さらに お店自慢の鶏つくねを

ピラミッドのように積み上げる>

<その数 なんと…>

<スープは…>

<うま味が強い…>

<を加え…>

<これを…>

<豪快に注ぎ入れる>

<火にかけ
じっくりと煮立たせれば…>

<…が完成>

<総重量は 驚異の…>

(店員) スタート。
(一同) いただきます!

<この後 最強力士軍団が…>

♬~
(上戸)ハミガキ選びはここに注目!

(女性)酵素!?
≪「クリニカPRO」は

歯垢を分解 除去できる≫

日本で唯一の 有効成分配合!

≪7大リスクもケア 誕生「クリニカPRO」≫

(新垣)
《「アロマリッチ」しよ》

《この瞬間が》

好きだ~ 離れられん

《好きな香り ずっと
そのままなのはただひとつ》

やっぱり離れられん

《「アロマリッチ」》ピンクのフローラル出た

<…に挑む>

(店員) スタート。
(一同) いただきます!

(曽根) おいしそう いただきます。

おっ!

(曽根) おいしい。

<と…>

(曽根) え~! お~ すごっ!

(荒篤山) はい!

(スタジオ:有吉) 負けず嫌いだね。

すげぇな おいおいおい!

<開始早々…>

うん。

<つくねが 瞬く間に減って行き>

(若元春) すごい。

<一方
実家が 福島の ちゃんこ店で

子供の頃から
鍋を食べまくって来た若元春は

大好物のお肉から片付ける作戦>

おめでとうございます。

(曽根) 3兄弟なんですね。

<…に育った若元春>

<幼少期から3兄弟

土俵の上で切磋琢磨し

今では…>

(笑い)

(笑い)

<…と げきを飛ばされた
という お兄ちゃん>

(曽根) 早い。

<見せつけたい!>

<肉が見る見る減って行き>

<…に到達>

<だが
破竹の勢いを見せたのが…>

…と思って。

<今日は…>

<喜びをかみしめつつ…>

(曽根) すご~い!

<…を見せる>

<3人が ほぼ互角の展開に>

<と ここで 荒篤山が…>

うわ!

(曽根) ホントだ!

<そう 鍋の底には
しょう油ダシで味付けした…>

<しかも…>

<なかなかのボリュームで>

<肉を食べ続けて来た
挑戦者にとって…>

<そんな中>
(スタジオ:有吉) うわ~!

(スタジオ:有吉)
いいね 食べっぷりが。

<実は…>

<…の荒篤山>

<豚角煮の脂で むしろ…>

(曽根) ヤバっ。

<と言いつつ

大食いクイーンが…>

<…で 応戦>

<そのままの勢いで
豚角煮も豪快に減らして行く>

<お互い 一歩も譲らず
食べまくり

両者 ほぼ…>

<すると>

<そう このチャレンジでは…>

うん!

<だが 荒篤山は>

<…を発揮!>

(曽根) 荒篤山関が…。

<負けず嫌いに火が付き…>

<…を見せる>

<片や 若元春も食らい付く>

<三つどもえの
ハイレベルな戦いに>

(若元春) めっちゃ すごい。

(スタジオ:水卜) やっぱ早い。

(スタジオ:有吉)
行け お兄ちゃん ダメか?

≪うわ すごい≫
(愛)すごいとしか言いようがない。

<と ここで 若元春>

(スタジオ:水卜) あ~!
(スタジオ:有吉) ヤバい!

んっ!

(愛) すごい。

(スタジオ:有吉) どっちか? 早い。

(スタジオ:有吉) ハハハ かわいい。

(荒篤山) あと 汁だけです。

負けますよ。

≪鍋が傾いた≫

うわ すごい すごい。

(スタジオ:有吉) 曽根ちゃん 早いか!?

(愛) すご過ぎる!

(若元春) 吸い込まれて行く。

(スタジオ:有吉) 早い 曽根ちゃん。
(若元春) ヤバっ。

(スタジオ:有吉) ヤバい!
(スタジオ:矢作) 飲むの早いな。

(愛) どっち?
(スタジオ:水卜) 頑張って!

うん!

早えぇ。

ごちそうさまです 完食!

<ギャル曽根 僅差を制し…>

<荒篤山も>

行きました!
(曽根) お~!

はぁ~。

<そして>

≪終了です≫

<若元春は 完食まで あと少し
大健闘の…>

<…に終わった>

<ギャル曽根を驚かせた…>

<…が まさかの参戦>

<そして>

♬~

<…を達成>

<…が挑戦>

<さらに…>

<挑んだメニューが>

(店員) お待たせいたしました。

うわ~!
(shoji) ハハハハ!

すげぇ~!

<その量 なんと…>

<敷き詰め…>

<どっさり…>

<さらに…>

<…をしょう油だれで煮込んだ
牛しぐれを

ご飯に たっぷりと>

<…を豪快に>

<トッピングには…>

<盛り付ける>

<さらに…>

<これでもかと
大量にトッピング>

<その量 なんと…>

<極め付きに 霜降り肉を
炭火で こんがり焼いた

カルビの炭火焼きを
ぜいたくにも…>

<仕上げに
ツマとガリをのせれば…>

<…の完成>

<総重量は 驚異の…>

≪スタート≫
(一同) いただきます。

<この後
大食い猛者たちが 熾烈な…>

えっ 来た。
(矢作) うわ 行ってる。

<…に挑む>

≪スタート≫
(一同) いただきます。

サシが! いただきます。

(スタジオ:矢作) 軟らかそう。

(曽根) うわ!

(伊織) うまっ!
(曽根) ヤバっ。

<人気俳優から褒められ…>

<…の大食いクイーン>

<サーモンと ご飯から
怒濤の…>

<…で食べ進める>

<…に到達>

<一方…>

(曽根) 早っ!

<お肉2枚食いで 序盤から…>

(林) 番組で…。

<実は ギャル曽根の
食べっぷりが大好きで

いつか共演したいと
思っていた林>

<この日のために
1週間 ごはんを倍にして

胃を広げて来たそうで

特訓の成果を存分に発揮し…>

(曽根) えっ もう お肉ない。

<ギャル曽根を超える…>

<一方…>

<…も負けてはいない>

やっぱ…。

ちょっと…。

♬~

♬~ (曽根) ノリノリ!

<スタートダッシュ>

(曽根) shojiさんも 早い。

<こちらも ギャル曽根超えの…>

<そんな中 割って入ったのが
この男>

(杉本) ハハハ!

<…が人気の からし蓮根>

<…が 大食いに挑戦>

(曽根) 伊織さんって…。

(伊織) この前…。

<実は 家族…>

<…を消費していたそうで>

<事務所プロフィールの特技は
大食い>

(曽根) 伊織さん 早いですね。

(曽根) ヤバっ!

<…と トップに!>

<だが ここで
挑戦者を襲う…>

<そう 使用しているのは…>

<さらに 霜降り肉は
サシが きめ細かく入った…>

<食べ進めるにつれ…>

<挑戦者の…>

ちょっと。

(曽根) 確かに。

(杉本) 何や このトレーナー。
(笑い)

<一方 ギャル曽根は>

…されますね ガリって。

<ガリ1枚で
おかずを3口 放り込み

効率よく食べ進める>

<と 負けじと
からし蓮根・伊織も怒濤の…>

<脂をものともせず食べ進める>

<両者 一歩も
譲らない…>

(杉本) マジで 一緒ぐらい。

<両者 共に…>

<だが ここで…>

(曽根) 私 いまだかつて…。

<立ちはだかったのは
かみ応え抜群の巨大天ぷら>

<を使用した…>

<身が ぎっしり詰まった…>

<ここまで 濃厚な和牛と
サーモンを食べて来た…>

急に…。

(曽根) あっ。

いや~。

(曽根) おぉ~! さすが。

(スタジオ:水卜) あれ?
(スタジオ:有吉) 苦しい。

<そんな中 今年こそ 全国的な
大ブレイクを狙う

からし蓮根・伊織は
ひるまず…>

<実は>

今…。

…あるんです。

(杉本) やめろ。

<結婚の勢いで
組んでしまった…>

<ここで…>

<1つでも増やしたい>

(スタジオ:水卜)
これ 行けそうな気が。

(スタジオ:有吉) 行け 曽根ちゃん。

<焦ったギャル曽根が…>

<負けじと…>

<…に到達>

ギャル曽根さんには…。

<大食いクイーン相手に
真っ向から挑む

からし蓮根・伊織>

<果たして…>

<最後は のり巻きで一気に>

(杉本) えっ のり巻き 終わる。

最後です。

(杉本) うわ!
(伊織) すげぇ。

(杉本) うわ~!
(伊織) すごい。

<ギャル曽根…>

<完食>

<…と 思いきや>

(伊織) そういうことか。
(shoji) うわ あっ いる。

(スタジオ:矢作) 信じらんないよね。

<そう 器の底には…>

<が のった…>

<このサプライズには 伊織も…>

<だが>

うん。

<さすがは 大食いクイーン>

<終盤のサプライズにも
全く動じず…>

(杉本) すごいスピード。
(林) すげぇ。

(曽根) 行きます。

<最後は 器を持ち 一気に>

(スタジオ:有吉) さすが。

完食!

<ギャル曽根…>

<そして>

≪4・3・2・1≫

≪終了です≫

<からし蓮根・伊織は 完食まで
あとわずかの2.9kg>

<林 遣都と shojiは
2.2kgに終わった>

<ギャル曽根と激闘を演じた…>

<…に貢献>

<さらに>

<マラソンで…>

<ケニア出身の…>

<…が 大食いに挑む>

<挑戦したメニューが>

(店員) お待たせいたしました。
(ワイナイナ) ワ~オ!

(曽根) すごっ!
(あさひ) すっごい大っきい!

<その量 なんと…>

<まずは
大量の野菜と豚バラ肉を炒め…>

<どっさりと>

<たっぷり かけ

じっくりと炒めた…>

<豪快に>

<その量 なんと…>

<たっぷり くぐらせた…>

<のせれば…>

<極め付きに…>

<のせたら…>

<…の完成>

<総重量は 驚異の…>

(店員) スタート。
(一同) いただきます!

<この後
大食いアスリート軍団に

ギャル曽根 大ピンチ!>

(稲垣)はぁ~ ごちそうさま! ♬~

今日は そのあとの話をします

飲み終えた後のボトル

正しく捨てれば 何度でも何度でも蘇る

君たちはゴミじゃない 資源だもんね

また会おう

(ボトルをつぶす音)

<素晴らしい過去になろう>
(香取)おっ おっ

(3人) <サントリー> (草)助かるわ~

語り:大坂なおみ

(ナレーター)あなたにとって幸せとは?

パナソニックは ひとりひとり違う幸せに

くらす はたらく 環境の領域で

答えを出していきたい。

幸せの、チカラに。 パナソニックグループ。

<…に挑む>

(店員) スタート。
(一同) いただきます!

いただきます。

おっ。

<…と>

(ワイナイナ) 上だけで。
うん。

<と言うと
焼き鳥と巨大天ぷらから

自慢の大口で片付けて行く
ギャル曽根>

(高田) 半端ないな。

<見る見る 具材が減って行き…>

<…に到達>

<一方

お腹をすかせるために

朝から40km走って来た
ワイナイナは>

<天ぷらを手づかみで食べ
豪快にスタートダッシュ>

<実は>

(ワイナイナ) はい。

<…していたという
ワイナイナ>

<お昼ごはんには…>

<1kg 食べていたそうで

実は かなりの…>

<怒濤の早さで食べ進め…>

(曽根) ワイナイナさんが…。

<…と トップに>

<一方>

<長さ20cmの…>

<高田>

<実は>
(高田) 私…。

(曽根) え~!

持ってるんですよ。

<幼い頃から食べて育った
豊橋の…>

<自分が ちくわを食べることで

地元 豊橋の ちくわを
全国に広めたい>

(スタジオ:水卜) あっ 進んでる。

<…に到達>

<だが ここで
挑戦者たちに…>

<そう この焼きうどんには

喉越しがよくなるようにと
油が たっぷりと>

<と ここで
ワイナイナが ある…>

<と言うと>

♪~ 『言葉にできない』

(曽根) 小田和正?
≪これ 上がりますか?≫

(曽根) 何か もっと…。

♪~

<で ワイナイナが…>

(スタジオ:有吉) えっ!

<ワイナイナが なんと
ギャル曽根を超える…>

<と ここで 高田が…>

ちょっと待ってください。

(曽根) え~!

<そう 麺の下から現れたのは…>

<で巻いた…>

<これが なんと 2個も出現>

<だが ギャル曽根は>

<難敵メニューの出現にも
一切 動じず>

(スタジオ:有吉) 急げ。

<ワイナイナも
最後の力を振り絞る>

<果たして…>

(スタジオ:有吉)
うわ ワイナイナさん 頑張れ。

(曽根) すいません。

≪うわ すげぇ≫

<最後は 器を持ち 一気に>

(ワイナイナ) あと少し すごいね。

ごちそうさまです。

<ギャル曽根…>

≪2・1≫

≪終了です≫

<結果 ワイナイナは
終盤に失速し 2.8kg>

<高田は 2.7kgと奮闘するも
完食ならず>

私 ジョイマン・池谷さんの…。

ジョイマンさんの…。

あれ…。

…ぐらい ファンになって。

曽根ちゃんに…。

ちょっとね。
はい。

<TVerでは
番組の最新話を無料配信>

<見逃しを防ぐ
「お気に入り」登録も忘れずに>

<そして Huluでは 本日の放送も
過去の放送も配信中>

<イギリス西部のソニング村>