林修のニッポンドリル 学者と巡る昭和遺産!第2の軍艦島&給食・団地の歴史[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

林修のニッポンドリル 学者と巡る昭和遺産!第2の軍艦島&給食・団地の歴史[字]

軍艦島を超える炭鉱の島!まるで“ラピュタの世界”池島で立ち入り禁止エリアに潜入▽こんなに違う?昭和・平成…歴代給食を巡る▽ニッポンを変えた!団地の歴史

番組内容
今夜の『林修のニッポンドリル』は「学者とめぐるシリーズ」。今回の舞台は「第二の軍艦島“池島”」と「昭和の遺産“給食”&“団地”」!

長崎県にある“第二の軍艦島”とも言われている池島について、学者と学んでいく。「池島では、火力発電所から出た高温の蒸気で島民が使う○〇を温めていた!?」「当時の池島の人々の暮らし」についてなど、意外と知られていない池島を学者とめぐり学んでいく。
番組内容2
また「20代~50代の年代別の給食の違いは?」「学校給食のおかげで〇〇が日本文化に根付いた?」など、昭和の“遺産”とも言うべき[給食]が担った役割などについて学ぶ。

そして、昭和の“遺産”である[団地]についても学んでいく。「団地はなぜ団地と言うのか?」「団地がなかったら普及しなかった可能性があった設備とは?」など、学者だからこそ知っている団地の驚き情報満載!
番組内容3
大人から子どもまで家族みんなで楽しめる『林修のニッポンドリル』を、ぜひお楽しみいただきたい。
出演者
【MC】
林修 
【副担任】
ノブ(千鳥) 
【学級委員長】
風間俊介 
【パネラー】
池田美優(みちょぱ) 
井森美幸 
川島明(麒麟) 
※五十音順
スタッフ
【チーフプロデューサー】
武田誠司 
【プロデューサー】
大和田宇一 五十嵐元 高橋陽平 中村倫久 
【演出】
疋田雅一 
【制作協力】
ワタナベエンターテインメント ハイホーTV ほか 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. レッド
  2. 出水
  3. コカド
  4. 給食
  5. 当時
  6. 田中
  7. 池島
  8. 寺田
  9. 大月
  10. 団地
  11. パン
  12. 子供
  13. 日本
  14. 時代
  15. 石炭
  16. 井森
  17. 場所
  18. コッペパン
  19. 現在
  20. 年代

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



[長崎県の沖合に 浮かぶ…]

[日本の高度成長に欠かせない

石炭を採掘するために
造られた…]

[現在は…]

[この 日本経済を支えた島の…]

(レッド)あれですか?
(出水)あれです あれです。

[そう。 この島が…]

[今にも 朽ち果てそうな
巨大建造物の数々]

[軍艦島より
規模 石炭の産出量も

桁違いに多かった 池島]

[今なら…]

[さらに
学者と巡ることで 許された

立入禁止エリア]

[そこにあったものとは?]

[海に浮かぶ 炭鉱の島 池島]

[広さ…]

[空から見ると…]

(出水)上陸!

(レッド)着きましたよ。
(出水)着きました とうとう。

(レッド)あと…。

[池島で
石炭の採掘が 始まったのは

1959年]

[当時は 石炭から
石油に変わっていった時代]

[しかし
その石油が われわれ…]

[1970年代に起きた…]

[勃発。 これにより…]

[トイレットペーパーや
洗剤などの 買い占め騒動が起き

高度経済成長期も 終焉を迎え
マイナス成長に]

[そんなオイルショックに
日本政府は

石炭の見直しを 発令]

[火力発電所を…]

[などの
対応策が取られることに]

[当時 日本有数の
石炭採掘場だった 池島は…]

[大量の石炭を
送り続けることで…]

[その池島も…]

[現在は まだ 池島への
上陸自体は 許されているが

建物の老朽化などから この島も
いずれ 軍艦島のように

立ち入りが 制限される島に
なるかもしれないと

土木学者 出水は
危惧しているのだ]

(レッド)そうなんですか!
(出水)そうです そうです。

(出水)そうです そうです。

[そんな池島を 今回は
立入禁止エリアを含む

6つのエリアに分け
土木学者 出水が解説]

[まずは
上陸したポイント…]

[一見すると 普通の港だが

土木学者である 出水にとって
実は 大興奮の場所]

(出水)レッドさん。

[そう。 池島という名前だが

写真を見るかぎり…]

[実は…]

[それでは
井森さん お答えください]

(井森)炭鉱業を始める際に 池を?

え~ 分かんない! もう…。

(ノブ)あ~! なるほど。

なるほど なるほど。

[写真を見るかぎり

池は ないように見えるが…]

(出水)それが…。

(レッド)
ここが 池だったんですか!

[そう。 実は 現在 池島港として
湾になっている この場所こそ

池島の由来となった
鏡ヶ池があった場所]

[実は 炭鉱業を始めるために

池を 港にしたというのだ]

[石炭を積み込む船は…]

[当時 池島には 港がなく

こんな大きな船を
止める場所など ない]

[そこで
海の近くにあった 池を

ショベルカーなどで広げ
港にする

土木学者 興奮の
大工事を行ったのだ]

(出水)大工事ですよ。

(レッド)え~!
ここの池だけで 軍艦島!?

えっ!

(川島)
池島って めっちゃ でかいんやな。

[そして
港から 徒歩で 30分]

[いよいよ 池島の心臓部
立入禁止エリアへ]

(出水)そうなんです。

(レッド)すごい。

(出水)見えました?

(レッド)立入禁止!
(出水)入っていきます。

[そう…]

[今回は…]

[池島炭鉱を管理する…]

(レッド)うわ~! もう 何か…。

(出水)
可能性あります。 これは もう…。

(レッド)マジですか!?
(出水)だから…。

(レッド)いや でもね…。

(出水)そうなんですよ。
(レッド)うわ~!

(出水)きた きた きた。

怖いですね。

[この…]

[炭鉱員が
石炭採掘現場まで 向かう際の…]

[と呼ばれる 建物の跡]

[危険なため
建物の中には 入れないが

炭鉱に必要な ある物を
辛うじて 見ることが…]

(レッド)えっ!? どれですか?

(レッド)あれですか? あの中の!?

(出水)そうなんです。

[よーく 見てみると
黄色い階段の奥には

ケージのような物があり
小さな窓も]

[池島の炭鉱では
この第二立坑から

エレベーターで
720m 地下に降り

そこから 何と
海の下を 横に掘り進めていく…]

[その距離は 何と…]

何これ!?

怖過ぎる!

[当時の様子が分かる
貴重な映像が 残っていた]

[朝…]

[こちらが あのエレベーター]

[実は…]

(レッド)100人ぐらい
乗っけることができたと。

[そう。 より多くの炭鉱員を
効率良く 運ぶため

エレベーターを 3段重ねにした

一度に 最大90人も
乗れる物だった]

[さらに それが 2基もあり

片方が上がる際に
もう片方が 下がるという

つるべ式と呼ばれる システムを
採用]

相当 忙しかったんだろうね。
(風間)とんでもない人数 いた…。

[短時間で 大量の人員を
地下に運んでいた エレベーター]

[3交代制で
24時間 稼働していた 池島炭鉱]

[そして 土木学者 出水が
見てほしいという この…]

(レッド)そうか。

(出水)過酷ですよね。

でも…。

たぶん いろんなこと 思いながら。

[エレベーターで
地下720mまで降りた 炭鉱員]

[その先 アリの巣のように
広がった 坑道を

効率良く 移動するために
用意されたのが…]

[海底下に 張り巡らされた…]

[その速さは 当時の炭鉱電車で
世界最速だった…]

[しかも この炭鉱電車…]

[その場所は
島の中心部にある 修理工場跡]

(出水)こちらです。
(レッド)うわ~! なるほど。

(出水)そうです。 けど…。

(レッド)素晴らしい。 やっぱ…。

[この場所も
崩壊の危険性があると

立入禁止にされているエリア]

(レッド)ですね。

(レッド)これも そうじゃない?
もう これ…。

(レッド)はぁ~!

[そして…]

(出水)そうですね。

(出水)レッドさん。

(出水)電車です。

(出水)走ってました。
(レッド)すごい!

[老朽化はしているが…]

[ドイツ製で 当時 世界最速の
時速50キロメートルを誇った

高速移動を 実現するための…]

(レッド)でも…。

(レッド)似てますね。

(出水)4人でしょうね。

[この炭鉱電車で
移動できたのは

坑道の半分 5kmまで]

[その先は 驚きの方法で
炭鉱員たちを輸送]

[その方法が…]

[何と 物ではなく
人を運ぶ ベルトコンベヤー]

[その名も…]

[これらを使い 10kmにもなる
移動の 時間短縮を実現]

マンベルト。
(林)だから…。

結局…。

え~!? ラストの たばこ1本から。

よう われわれ TMCの…。

やめた方がいいよ。 ホント 最低。

[そして 島内には
当時の炭鉱内を

知ることができる
貴重な施設が]

[池島港 近くにある
炭鉱場跡地]

(レッド)トロッコ列車に乗る!?
(出水)はい。

[ここは 先に見た 第二立坑より
以前に掘られていた…]

[2人が乗るのは 当時 実際に
使われていた物を 復元した…]

(レッド)よいしょ。

(出水)
では よろしくお願いします。

(男性)発車しまーす!
(ホイッスル)

(レッド)んっ?

(レッド)お~!

(レッド)意外と…。

(レッド)あっ いいですね。

(レッド)きた きた!

(レッド)うわうわっ! お~!

(出水)続きますね。

[日本を支えた炭鉱を
後世に伝えるため

一般公開もされている…]

[終点地には…]

[地下坑道で行われた…]

[この後…]

[さらに…]

♬~
(上戸)ハミガキ選びはここに注目!

(女性)酵素!?
≪「クリニカPRO」は

歯垢を分解 除去できる≫

日本で唯一の 有効成分配合!

≪7大リスクもケア 誕生「クリニカPRO」≫

(新垣)
《「アロマリッチ」しよ》

《この瞬間が》

好きだ~ 離れられん

《好きな香り ずっと
そのままなのはただひとつ》

やっぱり離れられん

《「アロマリッチ」》ピンクのフローラル出た

[トロッコに乗り…]

(出水)
大きさも 何となく イメージが…。

(出水)広いですね。

(出水)使ってたんですよ。

(レッド)これ そうなんですか?
(出水)これです これです。

[こちらは…]

[当時の体験が できるそうで…]

(ドリルの音)

(レッド)ほぉ~!

[そして 坑道内には

復元された
当時 使われていた 重機の姿も]

[オイルショックで
日本中が パニックになっていた

その裏で…]

[炭鉱で
日本経済を止めないために

当時 考えられる…]

[池島炭鉱]

[その方法は…]

[まず せん孔機で…]

[その 一つ一つに…]

(爆破の合図)

ホントに
危険と 背中合わせの仕事だな。

[その後 ドラムカッターという
当時 最新だった 採掘マシンで

掘り進める]

[石炭採掘面を 何度も往復し
合計距離で…]

[これにより…]

[石炭の採掘が 可能に]

[さらに 削り出された石炭は

直接 ドラムカッターの
下に付いた コンベヤーへ]

[驚きなのは
ダイナマイトの爆破以降

ほぼ 人が関わらない…]

[このスピードで…]

[という 当時の国内炭鉱では
最高クラスの産出量を 記録]

[そして
2人がいた 炭鉱跡の奥には

当時を知る 炭鉱遺産が]

(出水)レッドさん…。

(レッド)うわ~。

(レッド)よろしくお願いします。

(レッド)うわっ!

(レッド)うわ~!

[実は こちら
当時 実際に使われていた

石炭を 外に運び出す トロッコが
通っていた通路]

[今は ふさがれて 行くことは
できないが この先は…]

(出水)そうです。
(レッド)うわ~! 感動!

[地上に運び出された 石炭は…]

[ベルトコンベヤーで…]

[ジブローダーと呼ばれる…]

(レッド)うわっ!

(レッド)満載して。
満タンにしてから こう…。

[そして 池島には
炭鉱以外にも

未来に受け継ぐべき
日本初のものが

眠っているという]

(出水)こちらです。
(レッド)すごいですね。

(出水)レッドさん
ちょっと いいですか?

(レッド)何なんすか?
(出水)あれ…。

[こちらは
海に囲まれた 池島で

島内で 電力を発電するために
造られた…]

[なのだが…]

[究極の多機能発電所
その すご過ぎる能力とは?]

(出水)これですね…。

(出水)当然 出ますよね。

(出水)なので その熱を使って…。

(出水)この火力発電所にも
備え付けられたんですよ。

(出水)すごくないですか!?

[そう。
池島は 水道が通っておらず

各家庭に 真水を届ける 当時…]

[造られていたのだ]

(出水)はい。

[当時は このパイプを通じて

各家庭に 真水が届けられていた]

[そして 土木学者 出水が
注目してほしいというのが

水道パイプの上にある
もう1本のパイプ]

(出水)パイプが。

(出水)はいはいはい。

(出水)あれは…。

(レッド)じゃあ これは…。

(レッド)ちょっと待って。
(出水)これも…。

(レッド)無駄がない?
(出水)はい。

(レッド)それ 何のために?

[池島では…]

[果たして
何を温めていたのか?]

[川島さん お答えください]

難しいね。
「使う」っていうのが 難しいな。

飲むとかじゃないんだ。

(出水)島の中に 幾つか あって。

(レッド)あ~ なるほど!

(出水)そうなんですよ。
(レッド)うわ~! すげえ!

[そう。 正解は…]

[島内に 5カ所あった 銭湯]

[その全てを 火力発電所の蒸気で
沸かしていたというのだ]

(出水)火力発電所…。

(出水)1個目ですね。

(出水)2つ目 それですね。

(出水)これ 3つ目。

(レッド)すごいっす。

(レッド)すごいですよ。

[最後は 池島の
象徴ともいえる場所へ]

(レッド)もしかして これ…。

(レッド)うわ~ すごい!

(レッド)住んでない もう。

(出水)これが 池島…。

(出水)アパートですね。
(レッド)すごいな~。

(レッド)住んでらっしゃった?
(出水)池島 最盛期…。

(レッド)多いんだ。 なるほど。

(出水)にぎわってました。

[そう…]

[7, 700人もの炭鉱員と
その家族たちが 住んでいた

池島]

[当時は
人が にぎわっていたはずの

この場所も 静寂に包まれた…]

(出水)これが もう…。

(レッド)
そういったことも ありながら。

(レッド)悲しいっすね。
(出水)何か こう…。

[そして 当時の生活を知るための
展示用の部屋を

見せてもらうことに]

[当時の様子を
そのまま 再現した

間取り 2DKの部屋]

[レッドが
まず 気になったのは…]

(レッド)いや もう…。

使ってましたね。

(レッド)うわっ!
えーっと 何でしたっけ?

(レッド)音楽番組 ありますよね。

(レッド)テレビの音です。

(レッド)で それを…。

(レッド)
ていう時代でした。 これですよ。

(レッド)すごいですね。 もう…。

(レッド)これは…。

(レッド)でも…。

(レッド)付けといてくれりゃ
いいんだけども…。

(レッド)そうなると…。

そうっすね。

言ってるよ。 違う 違う。

[そして…]

(レッド)あっ! これ…。

(出水)そうです そうです。

[そう! かつては 炭鉱員たちが
つかの間の休息を 楽しんだ

スナックや バーなどの…]

(レッド)あっ! これ 飲み屋の。
絶対 そうだ。

(レッド)深夜。
長崎県公安委員会からの届出済。

(レッド)ここ そうだ。

[さらに 周辺には…]

[そこには 炭鉱員たちが…]

[島内では 餅つき大会や

花火大会まで
行われていたという]

(レッド)ですよね。 だから…。

(レッド)そんな感じだったんすね。
いや いいっすね。

[しかし その池島も

2001年11月29日
その役目を終え

廃鉱に]

[オイルショックから
日本を救った 池島炭鉱]

[その…]

[しかし 池島には…]

(出水)そうですね。
(レッド)小売センターなんすね。

[果たして この場所は?]

(レッド)あ~ いらっしゃった!
こんにちは。 失礼しまーす。

(出水)レッドさん
この おばあちゃんが…。

[そう。 池島の
軍艦島との大きな違いは

廃鉱になった後でも
元炭鉱員たちなどが…]

(池田・風間)え~!
(井森)そうなんだ。

[脇山さんは
池島に訪れる人のために

島唯一の 食事を提供できるお店を
続けている]

(脇山)ここの…。

(レッド)
あっ 閉山後に やられたんですか。

(レッド)でも…。

(脇山)うん。

[買い物は 本土からの…]

[お年寄りが増えているが
池島から離れない理由 それは

自分たちが育った 池島を
軍艦島のような…]

[島に住む
元炭鉱員の 尾崎さんは…]

(レッド)今現在は もう…。

(レッド)この町 見て。

(尾崎)という言葉が 適当かどうか
分かりませんけれども…。

(尾崎)できればなというふうには
思いはあります。

(レッド)
尾崎さんの言葉っていうのは…。

(レッド)最後…。

[かつての日本を支えた…]

[そこには 石炭産業の威信を
懸けて 闘った 人々の思いが…]

[続いては…]

[学校給食を研究し続け 45年]

[淑徳大学
田中 延子客員教授から学ぶ…]

[昭和の学校で起きていた
懐かし給食エピソードと共に…]

[4項目を 調査]

[まずは…]

[実は 給食
その長ーい歴史の中で…]

[早速
研究歴45年 田中先生と…]

[先生に連れられ…]

(田中)こちら…。

(コカド)ここだけですか。

[給食の進化を 50種類もの
歴代サンプルを並べて

展示している
日本で 唯一の資料館]

[給食の進化を 時代を
さかのぼっていきながら…]

[まずは 20代 みちょぱ世代が
食べていた

2000年代の給食から]

2000年代!?
この間じゃん!

これ? ハーブチキン!?
(風間)ハーブチキン!

[2000年代の給食は
食に 関心を持ってもらうため

食育が
色濃く 打ち出された時代]

マジで!?
(池田)何か もう…。

[地域でとれる食材を使って
給食を作る

地産地消が盛んに]

(コカド)いや 何か…。

(コカド)僕らのときより。

(コカド)
あっ 春日部の黒大豆やって。

(田中)いろんなことを
学ぶことができますんで。

[さらに 2002年に
日韓ワールドカップがあったときは…]

(田中)つながるということで。
オリンピックとか 結構 やってますね。

確かに!
そんなジンクス?

[そして…]

(田中)増えてきたりとか。

(コカド)アレルギー対策。

そうですよね。
それ…。

普通というか…。

アレルギーの人も!?

そうそう。

厳しい時代やったら…。

俺 それ あんま いらん いらん…。
大盛りもね。

[続いて 30代の 風間君世代]

[昭和から 平成へと変わる
90年代ゾーン]

[風間君世代は
給食が 多様化した時代]

[フランスパンを筆頭に
メロンパンや クロワッサンなど

バラエティーに富んだパンが
出たり…]

[土用の丑の日には
うなぎご飯が出たり

給食のバリエーションが
広がった時代]

それ 知らんわ。

コッペパンで いいとこ…。

イチゴジャム あった!

レーズンパン あった!
初めて食った!

あそこだけ ちぎって。
それを…。

あったなぁ。 レーズンパン そこで
初めて 食いましたよね。 給食で。

あと 季節によって 結構…
何ていうんですかね。

あっ そう!?
ソーメン あったかも。

ひなあられ あった!
ひなあられだけ 出た。

あと…。

豆 出た。 あれを…。

急に 元気になってましたね。

[さらに…]

[こちら!]

(田中)パンにしようか。

あ~ そうなんや。
いや 夢やん。

[そして アラフォー ノブさん

川島さん コカドさんが
当てはまる がっつり 昭和世代

80年代ゾーン]

グラタン うれしかったっすねぇ。

[80年代は 給食に
洋食おかずが増えた時代]

(田中)出た?

[さらに 給食に ビビンバなどが
出るようになったのも この時代]

[そんな中 子供たちの…]

(コカド)うわ~!

[この大人気カレーで
巻き起こった…]

豆ご飯みたいな。

[日本人が変わった?]

[給食に
取り入れられた物とは!?]

[給食の世代間調査]

[ノブさん 川島さん世代の…]

(コカド)うわ~!

(田中)そうそう。

(コカド)ほんで…。

(田中)それで その日だけ…。

(コカド)ほんで…。

入ってた 入ってた 入ってた!
誰が 入れたんやって。

あ~!

そうそう そうそう!
もう 余って 余って。

豆ご飯みたいな。

あれ 結構…。

何か…。

うまいよね。

結構 給食では レギュラーで…
まあまあ 栄養価 高いんか。

わかめご飯
むちゃくちゃ 人気だったけど

グリンピースご飯は
全然 人気ないっていう。

[そして アラフォー…]

[あのデザート]

(田中)デザートとしてね。

[そう! 実は…]

[再注目されているんだとか]

[そして 大トリ!]

[昭和中の昭和]

[アラフィフ
林先生 井森さんが食べていた

70年代ゾーンが こちら]

がめ煮!

[アラフィフ世代は…]

[実は 給食に
ご飯が出るようになったのは

林先生が 小学校中学年ごろの
1976年から]

[それまでは
給食の主食は パンだったのだ]

僕ね…。

パンですか?

[みちょぱ世代と比べると
明らかに違う

色みと 質素感]

[そんな 色みが少ない…]

[パンと同じ
小麦粉で作れたため

ご飯より先に
給食に登場したのだ]

[そして
当時のテレビで 大流行した…]

[誰しも 自分に
超能力があると信じて…]

[この世代]

[そして いよいよ…]

[それが…]

[そこに並べられている

器に よそわれた…]

[そう。 給食の歴史を
語るときには 欠かせない…]

マッコリやん。
確かに マッコリっぽい。

[そう…]

こうやって 飲むんだ。

うわ~…。
(田中)いかが?

(コカド)やっぱり。

[実は 当時…]

[そして…]

[いったい なぜ ここまで
おいしくないと 分かっていた

脱脂粉乳を
給食に出すようになったのか?]

[そこには…]

[関わっていた]

[日本は 深刻な…]

[その被害を
最も 受けていたのが

育ち盛りの子供たち]

[何と…]

[その証拠の写真が 残っている]

[研究のために撮られた…]

[痩せ細り 肋骨が浮き出ていた]

[当時の小学6年生は

戦前の小4ほどの体格しか
なかった]

[そんな…]

[子供たちが…]

[しかし 当時は 国内に…]

[輸入しようにも…]

[そんな近藤教授の元を
訪ねたのが…]

[近藤は 彼から…]

[何と 日本の子供たちの…]

[申し出てくれたのだ]

[この後の…]

(大佐)えっ!?

[そう…]

[いっときの満腹感ではなく

子供には カルシウムと
動物性タンパク質を 多く含む

脱脂粉乳の方が 必要だった]

[子供たちは
まずい脱脂粉乳を

耐えながら
飲まなければならなかった]

[しかし…]

[この写真に撮られた
4カ月後の子供たちは…]

4カ月後!?
(井森)同じ子たち!?

[がりがりに浮き出た
肋骨は消え

見違えるような 子供たちの姿]

(コカド)さまさまですね。

[近藤教授が推奨した考えは

国内の酪農業が
盛んになったこともあり…]

[日本人の平均身長は

戦後から 何と 10cmも伸び

今では
メジャーリーグを席巻する…]

[世界に通用する 体格の持ち主も
出現]

[そう…]

[ちなみに…]

[歴史あり]

[地域によって
今でも 瓶の学校はあるが

テトラ・クラシックと呼ばれる
三角形のパック

そして
四角形の牛乳パックへと 変遷]

われわれ 瓶でしたね。
(風間・井森)瓶。

川島さん 瓶じゃなかった?
僕は…。

えっ!? 同年代で 岡山 京都で

そんなに違うんだ。
京都でも 四角パックで…。

取りあえず…。

廊下とかで…。

パーン! っていうね。
あった! 三角のやつとかでもね。

(コカド)
めちゃめちゃ 重たくて…。

[そんな…]

(男の子)なあ!

[ひそかに…]

[つくれることも]

(コカド)ほんで…。

(コカド)給食当番で。

(コカド)みたいなの ありました。

(コカド)雑巾戦争…。

(コカド)みんな…。

はいはいはい! ずんどうを。

隣のクラスに…。

いた いた いた!
(川島)2人で 謝りに…。

戦犯みたいな顔で 「カレーが
余っていたら 分けてください」

[さらに…]

[風圧で 相手のフタを
ひっくり返すと 自分の物になる

1円もかからない 遊び]

[なぜ そんなに フタが
欲しかったか 今となっては

分からないが…]

(コカド)すごい! これ…。

(コカド)あ~… あ~!

(コカド)うわ~! でも…。

(コカド)こうやって 持ってる
この感じが 今の。

(コカド)こうやって やってた。
こうやって。 こうやって。

[難易度 高め…]

懐かしっ!

できたから 何やってん。
どこが おもろかったんや。

[そんな 昭和の子供たちを
楽しませた…]

[瓶は 割れると 危険など…]

[口周りに 牛乳が付き

ヒゲが目立つと…]

[というのだが 女の子代表
みちょぱさん お答えください]

ヒゲ以外?

何だろう?
ヒゲ以外。 男子に見られると…。

さあ どうだ?

[思春期の女心が ストローを
望んだといわれているのだ]

そんなこと 気にすんの!?
こんなとこ 見てないって。

(池田)
小学生だから 気にするのかな?

[そして…]

[こちら ミルメークを
ご存じですか?]

知らない 知らない。
通ってきてない。

[給食思い出話をすると

出た 出なかったで
大盛り上がりする…]

(池田)イチゴ味もあった。
(井森)あった あった!

牛乳 苦手だから
これ あった方が うれしかったな。

(田中)あっ 一気。

[最近では ストローぐちから
入れるタイプもあり

世代間ではなく 地域ギャップで

盛り上がること 間違いなし!]

確かに。

あった あった あった!
ちっちゃいエレベーター ありました。

そう!

これで…。

とか言ってた。 あった あった!
乗ろう みたいな話になるけど…。

2段ぐらい 入れれるやつね。

[続いての
日本を変えた 給食のおかげは…]

[そう。 学校給食が 日本に…]

[果たして…]

(田中)給食のおかげって
何だと思います?

(コカド)何か…。

[そこで その…]

[果たして…]

(コカド)はいはいはい 分かった。
(田中)何でしょう?

(コカド)嘘でしょ?

(田中)コッペパン。
(コカド)すごい量。

[そう! ここは…]

[何と…]

[給食パンを製造]

(コカド)パン文化か。

[今では 朝食は パンに
決めているという人がいるほど

日本に根付いた パン文化]

[しかし それが…]

[その…]

[こちらが 戦後始まった…]

[アメリカから もらった
缶詰を使った…]

[何と 最初の給食には…]

[当時は
今では 考えられない…]

[そのため 生まれたのが…]

[それを解消したいと…]

[脱脂粉乳に続き 無償で
小麦粉を 提供してもらうことに]

[こうして 1950年に
初めて 給食に登場した 主食は

何と コッペパンだったのだ]

(田中)どうして コッペパン
っていうか 知ってますか?

(コカド)考えたことなかった。
コッペン…。

(田中さんの拍手)
(コカド)当たり!?

(田中)実を言うと これは…。

(田中)こういう…。
(コカド)そうか。 車のクーペ。

[ちなみに 数あるパンの中で
コッペパンだったのは

型に入れたりせず…]

[今回は…]

(コカド)これ コッペパン?
ちょっと 違いますよね。

(コカド)僕の…。

(田中)茶色い。

(コカド)ぎゅっと…。

歯には 良かったかもな。
まあね 確かに。

歯を鍛えるという意味では。

(田中)そうですか。

(コカド)一瞬で。
(田中)ちなみに…。

(コカド)全然 違う。

(コカド)うん!

(コカド)こんなに…。

[その後 給食に…]

(女の子)ユウちゃん。
[昭和の学校では…]

[行われていた]

(母)わざわざ ありがとう。

[そう…]

[今では 衛生上の問題で
ほとんどの学校で 禁止に]

[しかし…]

[今でも…]

[昭和ならではの この習慣が

伝説の給食パンを 生み出したのを
ご存じだろうか?]

[それは パンが
給食に出始めてから 4年後の…]

[多くの欠席者が出る事態に]

[友達が
コッペパンを届けてくれるが

ただでさえ 硬かった
当時のパン]

[喉を通らなかったのだ]

[その事態を知った
大田区の小学校の…]

[もともと レストランで
働いていた 篠原は…]

[時間がたっても
硬くならなくするために

煮たり 焼いたり

あらゆる…]

[そのときに…]

[何と コッペパンを…]

[さらに…]

むちゃくちゃ うまい!
(井森)そうだったんだ。

[そう。
篠原が作り上げたのは…]

そうなんすよ。 今でも 食べたい。

[油で揚げたことにより…]

[まるで
ドーナツのような おいしさに]

(女の子)おいしい!
[これなら…]

[篠原が作った…]

[時代を超え 令和の小学校でも
人気メニューに]

[そして 給食のおかげで
定着した パン文化は

あんパン クリームパン
カレーパンなど

日本発祥のパンを 生み出し…]

[焼きそばパンや コロッケパン
カツサンドなど…]

[さらに 世界のパン…]

[世界トップクラスの
パン王国になったのだ]

あ~ あった!
きな粉だったかも。 確かに。

牛乳もか。

そうか そうか そうか そうか。
でも そうやって 届けたり…。

あった あった。
うわ~! ヤダ~!

しょっちゅう 起きてましたよね。

あ~! そう!

あの巾着ね。

[そして…]

[実は ほとんど コッペパンと
同じ材料で 作られると

登場は 給食に お米が出るより
11年も早い

1965年]

あ~!

田舎うどんとか あった。

[なぜか
和食にも 洋食にも合う

学校給食用に開発された
不思議な麺だが…]

[昭和の子供たちは これを
4分割にして 食べるのが

大ブーム]

(コカド)
正規の食べ方じゃないですよ。

(田中)すごく おいしいですか?
(コカド)すごく おいしい。

[さらに…]

[理屈としては 麺と よく
交ざるようにしていたのだが

今ほど 給食メニューが
豊富じゃなかった世代の

子供たちは 独自の工夫で

給食を楽しんでいたのだ]

[続いての
日本を変えた 給食のおかげは…]

(田中)パンと 牛乳以外にも
給食が きっかけで

浸透してきたものが
あるんですけれども。

(田中)行ってみましょう。
(コカド)お願いします。

[ということで
早速 給食のおかげで 普及した

主婦の味方が…]

(コカド)うわ~! 何か…。

(コカド)あ~…。

(田中)当たり!
(コカド)それも 給食から…。

[田中先生いわく…]

[中でも…]

[子供たちに 大人気]

[そして 井森さん世代が
大好きな あのおかずも…]

[そう…]

[今回 特別に
当時の給食を 再現]

(田中)試食してください。

(コカド)
て言われて 食べてました。

(コカド)全然…。
(田中)昔はですね…。

[まだまだ ある 給食のおかげ]

[続いては…]

(田中)日本人が…。

(コカド)何だろ?

[やって来たのは…]

(チャイム)
(田中)チャイムが鳴りました。

[こちらの小学校では
給食当番以外でも…]

[ここで 子供たちが行っている
良過ぎることとは 果たして?]

(田中)気付くこと ありませんか?
(コカド)これ自体が… 何だろう?

[果たして…]

え~!

[この給食の配膳で
日本人の良くなったこととは?]

(田中)気付くこと ありませんか?
(コカド)これ自体が… 何だろう?

(コカド)そうですね…。

(田中)実は…。

(コカド)へぇ~。

[そう…]

[田中先生いわく…]

[世界でも 称賛された…]

[田中先生は 言うのだ]

[しかし…]

(女の子)はい ケンタ君 どうぞ!

[確かに 給食のおかげで

日本人の生活は
大改革を遂げていた]

[続いては みちょぱも
高校1年まで 住んでいた…]

[最近では
老朽化で 取り壊しなどが]

[徐々に…]

[実は
われわれが 今 住む家には

団地がなかったら
普及しなかったものが

たくさん ある?]

[そこで 東京大学 大月教授と

歴史大好き
中学2年生になった 心君が

団地が起こした…]

心君!
寺田先生!

この間 ロケ 行ってください
って言ったら 早速!

[まずは 大月教授から
挨拶代わりの基礎テスト]

[団地って
何で 団地というの?]

[さあ 風間君 お答えください]

団地。 何だ?

地が分かんない。

(大月)
もともと 団地という言葉は

一団の土地っていう…。

[1950年代になり
高度経済成長期とともに

東京の人口が
急激に膨れ上がり

深刻な…]

[そこで…]

[それを
一団の土地を略した 団地と呼び

広まったのだ]

(寺田)めっちゃ 思うんですけど。

[今回
ロケで お邪魔しているのは

1959年に
何と 2, 714戸が建設され

日本初のマンモス団地と
いわれた…]

[ちなみに あの 大手…]

[もともとは ひばりが丘団地に
あった 商店から始まり

企業名に使われている…]

うわ~!

[集合住宅といえば ほとんどが
木造アパートだった時代に

整然と並ぶ
鉄筋コンクリートの建物は

当時の日本人にとっては
あたかも…]

(大月)他の人に。

(寺田)なるほど なるほど。

(大月)ちょっと 古いかも
しれないけれど 都心の…。

(大月)あれと おんなじだよね。

[そう。 当時の雑誌には
ヒルズ族ならぬ…]

[という言葉が生まれ 流行語に]

[さらに
あまりの関心の高さから

何と ひばりが丘団地を
舞台にした

プロモーション映画が
製作された]

[その名も…]

この当時 ナレーター
1人しかいない。

[そんな内容で…]

(女性)あらっ! お兄さんたち
テレビの他に ステレオも買ったのね。

(女性)すごい!

(大月)あ~ 私も…。

[そんな…]

[現在…]

[実は スターハウスと
呼ばれる棟が 保存されており

今回…]

(寺田)ヤバいですね これは もう。
(大月)ヤバいです。

(寺田)これ あった!

(大月)あったんだ。
(寺田)これ ありましたね。

(寺田)これ これ!

[玄関の横に付いている
シルバーの小さい扉]

[現在のマンションでは
まず 見掛けないが

当時の住宅には 欠かせない設備]

[それでは
みちょぱさん お答えください]

え~? でも…。

ありました?

置き鍵ね。
置き鍵。 当たってんのかな?

(大月)毎日 お世話になります。
(寺田)昔だから…。

(寺田)おしっ!

[そう。 給食で出るようになり

日本人の生活に 浸透した…]

[当時の玄関先には
牛乳入れがあり

毎朝 配達してもらうのが
常識だったので…]

[造られていた]

(大月)まあ たぶんね…。

[そう。
現在の 玄関ドアの高さは…]

[ひばりが丘団地では
181cmのドアが 使われているが

1950年代 成人男性の平均身長は

およそ160cm]

[じゅうぶんの高さだったのだ]

[さらに…]

(寺田)これが
何で 2つもあるんだろう?

(寺田)のぞき穴みたいなの
あるじゃないですか ここに。

(寺田)誰が来たかな みたいな。

(大月)ほぼ ほぼ
のぞき穴なんです これは。

[心君も驚いた 玄関ドアに付いた
謎の 2つの小窓]

[下は 新聞受けだが
上は 今で言う…]

こんな直で 見んの?

見てることが バレる。
怖い!

[しかし これも…]

[こんな…]

[これが 当時の
のぞき窓だったのだ]

さすがに もう これになってた?
(池田)もう これでした うちは。

だって…。

[そして…]

(寺田)おっ!

(寺田)あっ!

(大月)あ~ そうそう。
(寺田)木の 材質のにおいがする。

[部屋の間取りは…]

[1950年代から
60年代初頭の団地は

この間取りが…]

[玄関を入ると すぐに…]

[4畳半と 6畳の和室が
2部屋]

(寺田)うわっ!

[そう。 アルミサッシが
登場し始めるのは

およそ5年後の 1960年代半ば]

[ひばりが丘団地の窓は まだ…]

[さらに…]

(寺田)ホントだ。 見たことない。

[そう。 部屋に ガス栓があるのも
当時の団地の特徴]

[これは
冬に ガスストーブを使うから]

[そして 心君が…]

(大月)そうですね。

(大月)これは…。

[こちらが…]

私 高1まで 団地だったんで。

[中には…]

[するタイプもあり…]

[ちなみに こちらは…]

[もともと
団地に付いていたのは…]

[まるで 時代劇!]

[ひばりが丘団地を紹介する
映画にも 木製お風呂が登場]

[簡単だという
湯沸かし方法を 説明]

[しかも
昭和時代は 直火だったため…]

[ではなく 井森さん世代は

お風呂の湯沸かし
何と言ってました?]

何と言ってました?

あ~ 風呂 焚くね。

[そう…]

だから…。

あった。 ボコボコなってね。

あ~ あった あった。
あった!

こうね
ガッコン ガッコン やるやつ。

それで いってましたけど。
そうそう。 水 無理やり 入れてね。

[そして 続いては トイレ]

[一見 和式という以外は…]

[大月教授は言う]

[皆さん 分かりますか?]

[果たして
団地のトイレ革命とは!?]

[さらに…]

[それでは
みちょぱさん お答えください]

え~!?

これ ヒント 映ってます?
はい 映ってます。

流せるトイレットペーパー。

そう。
これ 当たり前じゃないからな。

[もともと…]

[そこで 当初は 各団地が…]

[その優れた汚水処理法を 参考に
国も 本格的に…]

[そのおかげで…]

[さらに やって来たのは
八王子にある…]

[団地など 集合住宅の間取りを
再現した この場所には…]

[展示されているというのだが
果たして!?]

(寺田)そんな発達してる?

(大月)これは…。

(大月)これはね…。

(寺田)ご飯 これで炊くんですか!?

(寺田)これ 手 洗うやつ?

(大月)これも 相当 うんと…。

(寺田)難しいな…。

(寺田)へぇ~! それは…。

[正解は…]

[実は 団地ができる以前は…]

[従来の木造建築と比べ…]

[ひばりが丘団地を紹介する
映画にも 注意喚起が]

[と 結構…]

[そこで…]

[現在の…]

[当時のパンフレットにも…]

[と 団地前提の
キャッチフレーズが]

[それが 後に
一般家庭にも 普及]

[つまり 団地のおかげで…]

[起こったのだ]

[さらに…]

[他にも。 まずは…]

[こちら 団地ができる前
戦前の住宅]

[そして
公団が 1957年に建てた団地

板橋区にあった
蓮根団地を見てみることに]

[この中にある われわれの…]

(ルルちゃん)「ルル」の季節です。
かぜをひいたら 子どもも大人も このひと瓶。

ということで…

<日本のかぜには ルル3錠>

(ピエール)だね!
<ピンポーン>

♬~おわんわーん おわんわーん

(斉藤)みんな大好き あの味が

オワウェウィ~!

おかずに!おやつに!お夜食に!

おなじみの味で間違いないよね! ね!

(ジャングルポケット)
<このサイズがちょうどいい!「お椀で食べるシリーズ」>

[この中にある われわれの…]

(大月)ベランダから 入ってきました。
(寺田)ベランダから。 お~! うわっ!

(寺田)いきなり…。

(大月)一緒になっている。

[そう。 かつての 畳に座って
食事するスタイルから

ダイニングテーブルでの食事に
変わった]

(大月)つまり…。

[分けた方がいい]

[これを実現するために

団地では 食堂である
ダイニングルームと

食事を作る キッチンを
一緒にした

ダイニングキッチンを
造ったのだ]

[そう! ダイニングキッチンと

普段 使っている この言葉は
団地が始まり]

[そして…]

(大月)そう。 じゃあ…。

[現在 当たり前に使う

1LDKなどという
間取りの単位も

団地の入居応募のときに…]

だいたい…。

すごく うらやましかった。

そこの…。

へぇ~! そうなんや。