ザワつく!金曜日 市川猿之助参戦!極上「パンケーキ」を食べられるのは誰だ!?[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ザワつく!金曜日 市川猿之助参戦!極上「パンケーキ」を食べられるのは誰だ!?[字]

長嶋一茂&石原良純&高嶋ちさ子のなんでもややこしくしちゃう3人が好き勝手に喋りまくる!愉快!痛快!言いたい放題バラエティー!

◇番組内容
歌舞伎役者・市川猿之助が再びザワつくに参戦!
猿之助の大好物“パンケーキ”を巡り、ザワつくメンバーと白熱対決!
北海道産の食材を味わえる一品、見た目も楽しい“映える”一品
そして…究極の“ぷるんぷるん”パンケーキが登場!
「最強の刺客」と評される猿之助…果たして勝負の結果は!?
◇番組内容2
正解者のみが食べられる“ごほうびグルメ”を巡りクイズ対決!
今回は…温かくて冷たい(!?)新感覚のチョコレートスイーツが登場。
並々ならぬ気合でクイズに挑むものの、超難問に大苦戦!
そんななか、一茂&ちさ子が同時に解答することになるが…?
さらに“小豆”を使った食べ物では、ちさ子から鋭い質問が飛んでくる!
◇出演者
MC:石原良純 長嶋一茂 高嶋ちさ子
ゲスト:市川猿之助
司会進行:高橋茂雄
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/zawatsukufriday/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 高橋
  2. 猿之助
  3. パンケーキ
  4. ホント
  5. キャラメル
  6. 生地
  7. クリーム
  8. 北海道
  9. 一同
  10. 銀座
  11. ハハハハ
  12. 階段
  13. お願い
  14. お店
  15. ドーナツ
  16. 食感
  17. VTR
  18. 一茂
  19. 結構
  20. 今回

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥730 (2022/11/30 15:38:36時点 Amazon調べ-詳細)

ごほうびグルメをかけた
工場クイズでございます。

2問中1問でも正解できれば
食べる事ができますので

皆さん 頑張ってください。

〈本日の

〈東京 港区にある

〈シンガポールの
高級チョコレートブランド

Chocolate Originが
今年2月 日本初上陸〉

〈その甘美なラインアップは…〉

すごいね ここ。
これ 相当高いよね。

〈チョコレートガナッシュを

しっとりとしたスポンジで
閉じ込めた

定番チョコレートケーキや…〉

値段もすごいけど
うまそうだな これ。

〈サクサクのタルト生地で

とろける食感のチョコレートを
包み込んだ 絶品タルトなど〉

〈そんな
高級チョコレート専門店が

自信を持って おすすめする

新感覚スイーツが…〉

うわあ 何? これ。 アイス?

〈それが 今回のごほうびグルメ〉

スフレ?
スフレ。

ラバケーキっていうの? これ。

〈冷たいミルクジェラートの上に

温かいフォンダンショコラという
異色の組み合わせ〉

これ うまそうだね。

〈フォンダンショコラとは

中心部をとろけるような食感に
焼き上げた チョコレートケーキ〉

〈その濃厚な
フォンダンショコラが

甘く爽やかなジェラートと
溶け合う〉

〈そのジェラートにも
こだわりが〉

〈その甘さに合わせて…〉

を使用したものに
なっておりまして…。

〈シンガポールから上陸した
大人気のラバケーキ〉

これは食べた事ない。

〈皆さん

さあ ちさ子さん どうですか?

これは ちょっと 新感覚の
食べた事ないやつなんで…。

やばいな これ食べないと。
これは 俺も絶対食べたい。

上があったかくて
下がジェラートなんでしょ?

いやあ これは
いっとかないとダメでしょ。

これは うまそうです 良純さん。

これは
いって頂きたいと思います。

さあ 早押し問題です。

この工場は 一体
何を作っているのでしょうか?

わかったところでボタンを押して
お答えください。

さあ…。

さあ まずは…。
何? これ。

大きな…。

小豆? また小豆?
あっ ナッツか。

小豆が出て参りました。
小豆をゆでてるんでしょうか?

小豆を炊き上げております。

まだ わかんないな ここじゃ。

さあ そして

こしたあとに
砂糖を加えていきます。

スイーツね。

さあ… こしあんです。
こしあん。

こしあん…。

〈続いて…〉

こしあん 使ってます。

小麦粉?
さあ…。

小麦粉だよね。

この番組のレギュラー
小麦粉が出て参りましたところで

一茂さんが押しました。

いきましょう。

まあ ちょっと 最初だから…
お団子。

お団子。

違います。

ちさ子さん。
あんパン。

あんパン。

違います。

小麦粉と あんこが出て…。

けど こしあん縛りね?
こしあん縛りですね。

(スタッフの笑い)
これが つ… えっ?

つぶあんである事が
あるかどうかって事ですか?

そう。 重要 これ。

これ こしあんで もう
それだけに特化した商品なのか

つぶあんバージョン
食べた事ある?

そうそう。

でも

こしあん縛りでいいの? ホント?
はい。

ホント? これ違ったら
ただじゃおかないよ。

ただじゃ… いや…。

(一同 笑い)

ギッタギタにしてやる…。
ギタギタにしてやるじゃないんですよ。

いきます。 続きをご覧ください。

小麦粉…。

〈そして

マーガリン イースト 塩 砂糖と
一緒に…〉

塩 イースト 砂糖 出てきた!
さあ これで…。

これは
あんパンでねえとすると…。

ミキサーで15分
混ぜていっております。

さあ もう一気に
答えに近づくかもしれません。

まあ 一応 一応…。
あっ 良純さんが…。

ここで 良純さんが押しました。

あんドーナツ…。

正解!
ハハハハ…!

あんドーナツか…。
あんドーナツです。

(一同 笑い)

あんパンを差し置いて
あんドーナツはないよ。

ああ だから…

まず 師匠である
あんパンを先に出せと?

あんドーナツか… 確かに。
あんドーナツ?

さあ 続きのVTR ご覧ください。

あんドーナツか…。

〈練り上げた生地を 今度は…〉

♬~

ん? こんな形してるの?
これで わかるのか…。

(高橋)生地を切り分けて
1つの長さにして…。

♬~

(高橋)球型に
成形していっております。

あっ 手でやってる…。

(高橋)そして 最後
これを 生地を… 包んで。

これ でも ここまで見ても
わかんないかも…。

(高橋)発酵室で50分
寝かせまして…。

えーっ?

(高橋)そして 200度で焼きます。

〈この焼き上がった生地を…〉

(高橋)油で揚げる。

ああ 美味しそう…。

(高橋)1分半かけて
揚げていきます。

♬~

ふーん… うわっ!
(高橋)そして 最後

表面に 砂糖を
たっぷり まぶしましたら…。

〈正解は あんドーナツでした〉

(高橋)という事で
良純さん 見事正解!

ごほうびグルメ ゲットです。

さあ 続いても 早押し問題です。

この工場は 一体
何を作っているのでしょうか?

わかったところでボタンを押して
お答えください。

さあ…。

まず出てきたのは…。
鉄板。

この鉄板が…。
何? これ。

♬~

レーザー光を照射して
切り抜いていっております。

四角…?

これじゃ わかんないな…。

さあ パーツが出て参りました。

〈切り抜いた このパーツを…〉

さあ ちさ子さん

ここで取らないと
食べれないです。

「15」って書いてある。
さあ 誰も押さない。

真剣な表情で見ております。

プレスして…。

さあ ヒント。

安全性を高めるため
端をコの字に曲げる。

さあ 押さない。

そして 溶接作業に入りました。

おっと…。

あっと きました ここで

まずは ちさ子さん!

ガードレール…

違います!

一茂さん!

これはね…。

これは…。

違う。 今ね…
今ね ちさ子ちゃんが押したから

なんか 反射的に押しちゃったの。
そんなバカな…。

釣られて?
あーっ 遅れた! と思って。

はい 答えます。
はい。

雨どい…。

あの 家の…。
家の。

雨をこう… そう。
あれ 雨どいって言わないの?

違います。
ええ~! これ でも

なんか 見た事はあるんだよね。
なんか 組むんだよ あれを 絶対。

安全性を高める…。
おお おお…。

危険な…。
組むんだよ…。

一応 ヒントのところだけ
もう一回だけ言っておきますと。

安全性を高めるため
端をコの字に曲げる。

明るめのカラーで
今 塗装していました。

あっ…。

はい ちさ子さん!

シーソー。
(チャイム)

違います。

明るめのカラー…。
はい 一茂さん。

スキーの板。
あっ 違う。

あれ 鉄板で作らないわ。

グラスファイバーで作ってるんだ。
違うな。

「はい」じゃない…。
「はい」じゃないんだよ。

はい ちさ子さん!

違います!
今 なんて言ったの?

ベンチ。
座るベンチ?

いいですか? 見ますか?

いこう。 よし いこう。
続きをご覧ください。

もう 嫌だよ。
もう 出そうだな これ。

明るめのカラーで塗装して…。

あーっと きた ちさ子さん!

だって これ ベンチでしょ?

シート?
ほら だって

15番とかって書いてあったもん。
えっ…。

席! 席! 席! イス!

(一同 笑い)

違います。
ええ~?

ええ… 何に使うの? これ。
「15」って書いてあった…。

穴がいっぱい開いてたよな…。
なんで あの穴がある…?

言ったら わかっちゃうって事?
すぐわかる?

はい。

(一同 笑い)

ええ~ これ わからないな。

答え知って 今 見てたら

ああ ここでわかる人もいるかもな
っていうぐらい

結構 難しいんですけど。
ああ そうなんだ。

いきましょう。
続きをご覧ください。

負けたくない…。

さあ 明るめのカラーで

ちさ子さんが気になっている
15番は あんまり気にせずに…!

これは…。
VAR VAR。 これは VARだ。

ほぼ同時だったと思う。
音が一つだったもん。

ほぼ同時だったらさ
いっせーのせ! で言って…。

一緒に言って 答え一緒やったら
2人とも正解にしますわ。

当たればね。
確かに。

間違えた人は もちろん その人
ダメなんだから。 いっせーのせで。

で 2人とも じゃあ 当たったら
3人食べられるでいい?

いいでしょう…。 いきます。

いいですか?

いきます。 せーの!

違いまーす!
ええーっ!?

えーっ 階段じゃん!

階段じゃん あれ!

あれ お前 階段だよ お前。

ピンマイク そうしないで。
あーっ!

あっと ここで良純さんが押した。
この隙に!

脚立…

違います!
違うの?

今 だから…。
何?

あの… なんて言うんですかね…。
なんだよ?

(スタッフの笑い)
何? 何? 何?

今のから

3手先? あそこから?

はい。

もう 言っちゃったら
答え 出ますけど。

いきます。 いきますね。
ちょっと待って。 ちょっと待って。

ちょっと待って。 3手先?
3手先 読んでほしいんですよ。

階段でしょ?

階段の上に
なんか付いてるもの…。

えっ?

ハハハハ…。

3手先? 3手先?

あっと! ちさ子さんがきました!

やった~!

なるほど。
なんだ…。

(二宮)
「NANOX」から自動投入洗濯機専用洗剤でた!

超~濃縮だから

最大4ヶ月継ぎ足し不要

入れっぱなしでいいのよ!4ヶ月!

しかも洗濯槽もカビから守る!

自動投入洗濯機には 「NANOX」

(新垣)
《「アロマリッチ」しよ》

《この瞬間が》

好きだ~ 離れられん

《好きな香り ずっと
そのままなのはただひとつ》

やっぱり離れられん

《「アロマリッチ」》ピンクのフローラル出た

3手先?

あっと! ちさ子さんがきました!

正解!
やった~!

なるほど。
なんだ…。

そうです!
すべり台の階段か あれは。

これだ。 こう こうだ。

悔しい…。
ハハハハ…。

すごいね。
遊具縛りだったから ずっと。

確かに
公園にあるって言ってたから…。

もったいなかったよね。
公園にあるって言ってたから…。

安全性と派手な色で
なんとなく遊具だな…。

で シーソーとか
おっしゃってたので

もう これは出るなと
思ってたんですけど。

続きをご覧ください。

そっか… すべり台か…。
ここな。

これ 階段っていうのは
浅はかだったな。

そりゃ階段には違いないよ。

〈今度は
3メートルの鉄パイプを…〉

♬~

(高橋)鉄パイプを曲げて
成形していって

同じ色に塗って…。
あっ 柵か。

(高橋)これで
階段の部分が出来上がりです。

♬~

♬~

(高橋)そして
それを また溶接して…。

(高橋)はい。

(高橋)そして 内部は黄色に。

♬~

(高橋)明るめのカラーで
塗装していっております。

〈これらの

あっ そうだ。
こういう色んな色だな。

〈正解は すべり台でした〉

という事で ちさ子さん
見事 正解でございます。

やった~。
ごほうびグルメ獲得です。

よく出たね これ。

いやあ…。
いや いや いや…。

うちの兄が 時々…
この間 オルゴールが出た時に

「俺は あのブツブツ
見る前に わかった」。

「ガトーショコラ
ゲット!」って

そういうふうにね
ショートメッセージ

来るんですよ。
ハハハハ…!

戦ってはるんですね。
そうそう。

…と思って。
ハハハハ…。

多分 これ 見て

「気づけよ!」ぐらいに
思ってるんだろうなと思ったら

フッと湧いて…。
おりてきましたね。

さあ という事で
ちさ子さんと良純さんに

ごほうびグルメ ラバケーキを
召し上がって頂きましょう。

いや これ 食べたかったな…。
あっ そんな大きいものじゃない。

ホントだ。 うわっ すごい。
マジで うまそう。

いや 嬉しい! ちょっと 今日
無理だと思ってた もう。

冷たい。
そう。 下 冷たい…。

あっ 上 あったかい。 面白い。

これは もう あの

中から混ぜた方がいいですよね?
下と上を。

下と同時に味わうのが
いいんじゃないですか?

ホントだ。
これ…。

さあ 良純さん
いかがでしょう?

あっ! ちょっと待ってね。
あっ…。

へえ~!

なんていうの? 熱い 冷たいが
両方くるの 唇に。

熱冷たいのよ。

そんな甘くない。
でも あれでしょ?

熱い 冷たいが くると
もう ちょっと…。

うまっ。

ちょうどいい。
いい。

これ 熱いのと冷たいのがくると

どういう感じになるんですか?
ちなみに。

ああ~! 美味しそう。

(一同 笑い)
あれはね。

続いては こちらの企画。

(拍手)

さあ 今回は この企画に

スペシャルゲストに
お越し頂いております。

この方です。 どうぞ!

(猿之助)こんばんは。
よろしくお願いします。

お願いします。
お願いします。

(高橋)という事で
市川猿之助さんでございます。

よろしくお願いします。
(猿之助)お願いします。

2回目ですよね? 猿之助さんね。
2回目です。

いやいや… でも あと なんか

(高橋)眉毛がない。
ドラマだ ドラマ。

(猿之助)そうです。
(高橋)あっ ドラマの役で…。

眉 そっちゃうんすか。

(猿之助)こっちが普通なんです。
(高嶋・長嶋)えっ?

(猿之助)歌舞伎では
いつも そってるんです。

それで 今回は
ドラマで これを提案したら

「あっ じゃあ それを…」
受け入れてくださったんです。

へえ~。
(高橋)へえ~!

前回 出演頂いた時は
反響は どうでした?

ウソばっかり…!

(高橋)なんで 猿之助さんの電話が
鳴りやまなかった…。

ウソだってば!
(高橋)お店やったら わかるけど。

巣を取りにいったのは
よく覚えてます。

VTRがあって…。

おっ きたきた!

うわ~!

うわ~! ちょっと待って。

全くわからん 神経が。

(高橋)相方…
スズメバチハンターを。

もう それは もう…。

(高橋)という事で 今回は
猿之助さんの大好物をテーマに

お送りしていきたいと思います。
(猿之助)そうですか。

(高橋)さあ という事で 改めて
今回 テーマになってる

猿之助さんの大好物
教えて頂けますでしょうか?

(高橋)おお~ きた!
イエーイ! 一緒!

〈これから紹介する
3つのパンケーキの中から

猿之助さんが食べたいものを
他の4人が推理〉

〈見事 当てたら
食べる事ができますが

もし 4人全員に当てられたら

猿之助さんだけが
食べられなくなってしまいます〉

〈そして 今回は

パンケーキ好きのメンバーを
惑わす

驚きのパンケーキが
続々登場!〉

(猿之助)ホイップクリームが
ブワーッとのったやつですね。

アメリカンなやつね。
(猿之助)そうですね。

だから どちらかというと
パンケーキは いらないですね。

(高嶋・石原)えっ?
そうなの?

(高橋)パンケーキ いらないって
言いだしたら…。

(一同 笑い)

という事は デコレーションの方が
ウワーッとした方が好き?

(猿之助)そうですね。
(高橋)そっちがお好き。

デコレーションだけだと甘いんで

やっぱり
パンケーキを頂くんですけど

やっぱ
パンケーキが美味しくないと

デコレーションも美味しくない。
(高橋)なるほど。

お願いしますよ。
はい。

自分が食べたいものですよ。
(猿之助)はい。

必ず あの…。

(高橋)絶対 1人は外す。
うん。

とにかく 食べたい… 自分が
ホントに食べたいものですね。

ホントに食べたい。
はい わかりました。

それだけを
とにかく選んでください。

(猿之助)はい わかりました。
(高橋)ホントに食べたいものを選ぶ。

確かに。
(猿之助)圧が もう…。

我々も食べたいので 絶対に。

さあ という事で参りましょう。

まずは
1品目のパンケーキのVTRです。

猿之助さんの表情にも
注目しながら ご覧ください。

〈一流ファッションブランド店が集まる
銀座6丁目〉

(高橋)銀座。

〈大通りから一本入った
路地にある 雑居ビル〉

〈このビルの3階にあるのが…〉

(高橋)こんな所に。

ピアノバー?

(高橋)よう みんな
見つけるもんやな。

〈北海道の食材にこだわった
ジェラートや

北海道で焙煎した豆を使った
コーヒーなどが人気のカフェ〉

〈中でも 一番人気なのが…〉

お待たせ致しました。

北海道ほっとけーき
プレミアムでございます。

(猿之助)2枚で こんな?
わあ~ すごい。

ホイップ。
そうね。 結構 シンプルだね。

ホイップ 少ないんじゃないですか?
猿之助さん。

〈こちらが人気ナンバーワン

(猿之助)
でも なんかついてますよ。

〈しっかりと
厚みのある生地は

フワッフワの
焼き上がりで…〉

揺れてる 揺れてる。

(高橋)サクッ?
サクッ…。

〈この生地は

卵に コクのある
優しい甘さが特徴の

北海道産のてんさい糖を加え

適度な弾力と
しっとり食感を生み出すため

北海道産の小麦粉を
2種類ブレンド〉

〈さらに…〉

(高橋)おお~
メレンゲたっぷり。

〈この生地を150度に熱した鉄板で
焼き上げていくのだが

ここに
優しい口溶け食感を生み出す

さらなる秘密が〉

(猿之助)油?

へえ~。
へえ~。

〈東京 銀座 椿サロンの

北海道ほっとけーき プレミアム〉

〈このパンケーキには

優しい口溶け食感を生み出す
ある秘密が〉

(高橋)何? 何?
(猿之助)油?

〈甘さ控えめの生クリームと

北海道産 てんさい糖シロップを
たっぷりかければ…〉

メープルじゃないんだ。

〈口の中で優しく溶ける
フワッフワのパンケーキに〉

〈猿之助さん

(高橋)
さあ 1品目のVTR

猿之助さん
いかがでしょうか?

場所がいいですね。
(高橋)銀座。

行きやすい?
(猿之助)はい。

場所も大事です。
(高橋)あっ 場所も大事。

てんさい糖というのを使ってて

北海道で収穫できる
野菜から取れた お砂糖…。

だから
とてもヘルシーだと思うし。

(猿之助)
シンプルなのがいいですね。

(高橋)なんか パンケーキと
メレンゲがあってみたいな。

(猿之助)そして なんか

あんこと
バターとチーズと…。

(高橋)
はいはい はいはい。

Vを見てる感じでは…

僕は ずっと猿之助さんしか
見てないんですけどね。

ずっと見てるんですよ。

っていう
僕の印象なんですが

そこも もう
役者さんですから…。

元々 リアクション 薄い?
はい。

他局かな?

すごいビックリ映像を
100発 見せられて。

ある ある。
ホントに

そうそう それね
リアクションは 僕も一緒で

そういうのはね
高橋が呼ばれますから。

いやいや 節操ないみたいに
言わないでください。

驚いた時に驚くだけ…。
(猿之助)でも 一応…。

興味 もちろん 持ってますよね。
けど だから

銀座だから 外れても

「そうです」…。
「そうです」 言っちゃった。

甘みは あんまりね ドロッと
いってなかったじゃないですか。

結構 甘い方が好き…?
甘い方が好きなんですけどね。

でも やっぱ
こういうのを見て 冒険したいな

いくつまでも冒険しないと
開拓できないなっていう気持ちも

今 ふつふつと こう 湧き…。

高橋君 聞いた?

あっ そうね。

「いくつまでも冒険したいです」…。

いや 冒険しますよ 今日も。

今日の…
僕も解答で冒険しますし。

高橋 ちょっと 情報を
ここで入れたいんだけど。

今日 3本
VTRあるんですけど

僕も知りませんよ 今
1本目しか見てないんで。

全て 作りに来てるのか
っていうのもあるんですよ。

(高橋)そう… そうなんですよ。
だから つまり

もし外しても 外しても
銀座6丁目行けるじゃないですか。

でも わからないですけど
急に 北海道から わざわざ来て…

わからないですよ 何が出るか。

…頂いたら なかなか 北海道って
すぐに行けないじゃないですか。

そうすると 北海道
選びたくならないですか?

いや でも やっぱ

さすがですね!
(高橋)猿之助さん 確かに

そんな感じするなあ。
別に来てくれてるからって

別に そこを選ぶわけでは…。

(一同 笑い)

高橋 高橋
さっきの質問は どうなの…?

今回は 来ている店はない?

(高橋)全部 来てる!

じゃあ 全部 銀座だ。 違う?

全部 銀座じゃないです 絶対に。

銀座ばっかり集めないですよ
猿之助さん。

だから 今
このスタジオの近くの所に

お店の方が

やばい。
だから もう 作りたて食べれる…。

ねえ 食べられますね。
作りたてが食べれちゃう。

ちなみに ちさ子さん さっきの
パンケーキは いかがですか?

いや あの なんか
健康的なパンケーキだし。

私 フワフワ系も
好きなんですよ。

なんでかっていうと
量 食べられるから。

(高橋)ああ なるほど。
たっぷりと。

ベチョベチョ系は そんなに
量 入らないんですよね。

飽きちゃう 途中で。

(高橋)ほんで ちょっと
水入れて蒸し焼きにして

サクサク食感を
生み出してるところも…。

カリッといってたもんね。
(高橋)いってましたから。

表面がね。
さあ じゃあ 続いていきましょう。

2品目のパンケーキのVTRです。

猿之助さんの表情にも
注目しながら ご覧ください。

どこでしょう?

(猿之助)おっ この間
行きましたよ ロケで。

〈京王線 布田駅の程近くにある

パンケーキ専門店…〉

〈この店の

〈思わず揺らしたくなる

ぷるんぷるんパンケーキが
こちら〉

これは やばい。 キャラメルだ!

うまそう! これ。

(高橋)あらあら。
食べたい。

(高橋)ちょっと ちょっと…。
(猿之助)すごい すごい。

いや いや いや
これは なんか違うぞ。

〈これでもかと言わんばかりの
生クリームとキャラメルが

たっぷりとかかった ひと品〉

〈その見た目とは裏腹に
食感は軽く

口に入れると 溶けるように
なくなっていくという〉

〈軽い口当たりに仕上げるため
卵黄に加えるのは…〉

〈そして

粉末のバターミルク〉

バターミルク…。
(高橋)へえ~。

(菅さん)その時に…。

えっ 食べたい これ ちょっと…。

〈こうして出来上がった生地を
ひと晩 寝かす事で

風味が さらに良くなるという〉

〈生地に対して ほぼ同量

1対1くらいの割合で
メレンゲを加える〉

〈そして
溶かしバターを引いた鉄板に

優しく生地をのせ 焼いていく〉

♬~

(高橋)うわあ…。
これは うまそうだな。

やっばい。 これにして…。

〈焼き上がったら
優しく盛り付け…〉

俺 これだな。
(高橋)うわあ…。

〈きれいな焼き目が付いた
ケーキを3段に〉

〈見てください この揺れ具合〉

やばっ。 おお…。

うわあ ホント
ぷるぷるしてるな これ。

〈生クリームを
たっぷりとかけ…〉

ぎゃあ~!

これ 相当かけたよね。

やめて…。
(高橋)うわあ~。

〈仕上げに
キャラメルをあしらえば…〉

これ でも
食べれちゃうんだろうな これ。

軽いから。

のパンケーキが完成〉

これにキャラメルホイップだよ。

〈フワフワ食感がたまらない

クリームたっぷりの
大人気パンケーキ

キャラメルバナナ〉

〈猿之助さん

(高橋)見た事ないですね。
(猿之助)ぷるぷるっていうのはね。

(高橋)相当
美味しそうでしたけれども…。

あら キャラメル
嫌いなんですか?

(高橋)割と キャラメル自体…。
(猿之助)キャラメルがあんまり…。

(高橋)得意じゃない?
(猿之助)あんまり食べた事ない。

(高橋)これは 参考に…。
猿之助さん

ケーキって よく食べられます?
ケーキは。

(猿之助)ケーキ やっぱ…。

白い… ミルフィーユ… えっ?

(高橋)ミルクレープ。
(猿之助)…とか。

今のミルクレープですよ。

(猿之助)
いや そう思ったんですよ。

キャラメルが…。
キャラメルが引っかかるって

そっちの方なんだ。
(高橋)なるほど。

ちさ子ちゃん やっぱ
キャラメルと

メープルシロップとは全然違う?
うん 全然違います。

だから ホントは
2回 楽しみたいんだったら

別添えっていうのが
やっぱり 良心的ですよね。

(高橋)ああ なるほど なるほど。
途中からね。

ヨーグルトは問題ない?
(猿之助)大好きです。

大好き?
大好きです。

じゃあ 今のは
キャラメルが引っかかったんだ?

(高橋)でも まあ
お店の人も来てますし

お店のご主人が

『ザワつく!』の大ファンで
毎週 見ておられて

ちさ子さんが大好きだ
という事なんで

ちさ子さんが
別添えにしてくれって言ったら

してくれると思います。
よろしくお願いします!

(一同 笑い)

まあ まだ
当たるかわからないけどね

食べれるかもね。
ちさ子ちゃんは2を上げそうだな。

でも 結構 逆の フワフワだったり
ぷるぷるだったり…

ちょっと
最先端っぽいのが来てますけど

どうですか? この辺りは…
ラインアップとしては。

次次第です 多分。

まだ ありますからね 3本目が。
さあ それでは

3品目のパンケーキのVTRです。

猿之助さんの表情にも
注目しながら

ご覧ください。
楽しみです。

(高橋)クリームの…。
(猿之助)花が咲いちゃう。

〈2019年にオープンの
ISHIYA NIHONBASHI〉

(高橋)近いんじゃないですか?
(猿之助)日本橋だ。

〈実は こちらのお店…〉

〈あの白い恋人で有名な

北海道のお菓子ブランド
ISHIYAが…〉

〈満を持して
東京に出店したカフェ〉

(高橋)へえ~。
そうなんだ。

ここも よさそうだね。
日本橋だって…。

〈北海道産の
新鮮な乳製品を生かした

本格的なスイーツが
楽しめる〉

〈その中でも…〉

〈一番人気がパンケーキ〉

(店員)パンケーキでございます。

〈すると…〉

あっ 動画ね。

〈そんな驚きを誘うパンケーキが
こちら〉

(高橋・長嶋)うわ~!
うわ~…。

ハハハハ…!

〈SNSで
大ブレイク中の

クリームの花咲く
パンケーキ〉

〈それが こちら〉

へえ~…。

(高橋・長嶋)うわ~!
うわ~…。

ハハハハ…!

〈フィルムを外すと

上にのっていたクリームが
流れ落ち…〉

〈まるで花が咲くように
美しい模様が広がる〉

〈人気の秘密は

見た目だけではなく
その味にも…〉

軽いので 最初…。

〈クリームチーズで
コクを加えた生地を…〉

〈スチームオーブンで
しっとり焼き上げ…〉

(高橋)へえ~。

〈酸味と食感を加えるため
イチゴを挟めば 土台の完成〉

これは もう
パンケーキというよりも…。

〈たっぷりとのせる

(武田さん)
重くなりすぎないように

脂肪分の異なる
2種類の生クリームを

ブレンドしております。

〈クリームのやわらかさは

その日の気温や湿度が
大きく影響してくるので

必ず 手作業で微調整〉

〈焼き上がった生地に…〉

うわっ 練乳?

〈そして

絶妙なやわらかさのクリームを
たっぷりと注ぐ〉

(猿之助)
おおーっ いっぱいだな…。

〈その厚さ およそ6センチ〉

(高橋)うわ~ すごい。

〈そして 仕上げに
軽い生クリームと相性抜群の

甘酸っぱい
フランボワーズソースで

手早く模様を描けば…〉

どうしよう?
これ 迷うね。

〈パンケーキの上に
見事 クリームの花が咲き誇る〉

〈その美しさ… だけでなく

しっとりパンケーキと

甘酸っぱいアクセントが利いた
クリームの味わいもまた

絶妙なハーモニー〉

〈猿之助さん

(高橋)さあ 最後の
イシヤパンケーキ

出て参りました 猿之助さん。
(猿之助)いや 難しいね…。

(高橋)いかがですか?
今のパンケーキは。

結局 その3つ…。

(猿之助)まあ アメリカのも
詳しくないですけど

水で蒸したりとか 繊細さで…。

そうですね。
(猿之助)ファッと 目でも楽しめる。

(高橋)最後の最後に
あれを取った瞬間…。

(猿之助)あのベリーというか
イチゴか…

王道なんだよな…。

映えとかは
どうなんですか?

よく みんな食べるのに
映え~ とかって そういう。

でも あれ 全員が
あんな 同じ事を上げて

何が面白いの?
と思っちゃいますよね。

逆にね。
(高橋)まあまあまあ 確かに。

人が行かないようなとこに行けば
わかるけど

みんな行ってるとこを
載せたって…。

もう 何人も上げてます。
ねえ。 だから…。

なるほどね。
そうすると 今 バッと 皆さん…。

(猿之助)あれは自分が楽しむ。
やっぱ 目で楽しむ…。

その瞬間には
やっぱり惹かれる。

恐らく 今日 出てきたら
目の前で…。

(猿之助)
やって頂けるんですよね。

イチゴは
どうですかね?

フルーツの中では好きです。
好き。

昔の あの こういう
平たいやつで

こう潰して 砂糖を入れて…。

昔ね… 潰したよね。

めっちゃ昭和だなあ。

チーズケーキっていうか
チーズが入ってました。

あれは どうですか?
それが ちょっとね

引っかかるんですね…。

(高橋)あら~!
(猿之助)NGっていうか あまり

自分からは頂かないので。
チーズケーキが。

(猿之助)だから ちょっと その

チーズクリームっていうので
フッと こう… うん? っていう。

(高橋)コクを出すために
加えている。

甘さは控えめだそうですが。

じゃあ 要するに 今のは

チーズクリームが
ちょっと引っかかって。

2番目は
キャラメルが引っかかって。

(猿之助)1番目は
ちょっと クリームが少ない…。

そう ホイップが… クリームが…。
どれも引っかかってるんです。

(高橋)引っかかってるポイントが
あるんや。

ビッグポイントは全部あると。
ただ それをこう

上回る何かはあるんです 絶対。
(高橋)全部 絶対ありますよね。

(猿之助)さらに その上回る何かを
どれを…

3つのうちのどれかの上回りを
取るかで…。

これ 今 銀座 日本橋 調布って
こう 出たんですけど

そこは なんか 自分の中で…。

今までだと 調布 遠いなとか
思ったんですけど

この間 もう
ドラマのロケで行ったら

すごい近かったんで。
近いね。

ああ もう なんの…
立地条件は もう どれも。

じゃあ 利便性とか関係ないと?
(猿之助)今は関係ないです。

これ どうですか? 今 この時点で
もう決まってますか?

(高橋)もう決まってる!?
早いな…。

それは どうですか? その
どっち? どっち? で もう…

3つのうちの1つって
パーン! っていきました?

(高橋)揺れて 揺れて

今 これやなっていうとこに
1個 行き着いているわけですね。

これ 結構 我々 何回か
もうやってるんですけど

結構 最強の刺客に
近いかもわからない。

やっぱり リアクションで
全然 表情が出ない。

ああ そうですか。
うん 全部 同じ表情だった。

(高橋)眉毛がないって 確かに。

さあ 皆さん 質問。
いや これ 難しいわ…。

それとも…?

やっぱり その品…
なんていうんですか?

結構 猿之助さん 今日

おなかすいてる感じですか?
すいてますね もう。

えっ!
(長嶋・高橋)ええ~!?

でも おなかはすいてる。
はい。

別腹でございます。
(高橋)甘いものは別腹。

別腹でございます。

さあ 皆さん
決まりましたでしょうか?

なんとか当たってほしいけどな…。
よし いこう!

(高橋)決まりましたね。
さあ ちさ子さんは…。

はい。
(高橋)決まりました。

僕も上げます。

あれ…?
上げてた! 上げてた!

お前も やってたっけ?
ごめん 見てなかった…。

(高橋)見てください 僕の事も
たまには。

ああ ごめん ごめん。
上げるのか… そうか。

(高橋)そろそろ ジャッジタイム
参りたいと思います。

いきましょう。

猿之助さんが
一番食べたいパンケーキは

1番。 北海道の恵みを感じる
フワフワ食感。

椿サロンの
北海道ほっとけーき プレミアムか?

2番。
胸躍るようなとろける食感に

リピーターが続出。

バター&ミルクの
キャラメルバナナか?

3番。
花が咲くようなパフォーマンスで

見た目にも楽しい。

ISHIYAの
イシヤパンケーキか?

皆さん
一斉に札を上げてくだい。

どうぞ!
(猿之助)私もですよね?

私もですね。
(高橋)せーの… ドン!

(猿之助)ドラマ『最初はパー』が
なんと このあと

よる11時15分から始まります。

お笑い養成所が舞台の
新感覚のコメディーです。

私はですね SixTONESの
ジェシー君とコンビを組んで

ガチでお笑い芸人を目指します。

このあと11時15分。 ご覧ください。

(高橋)はい。
よろしくお願いします。

皆さん
一斉に札を上げてください。

どうぞ!
(猿之助)私もですよね?

私もですね。
(高橋)せーの… ドン!

2番!
やった~!

やった~! やった~!

やった~!
やった~! すっげえ嬉しい!

やった~!
やった~!

やった~! 嬉しい!

やった~!

やった! すっげえ嬉しい!

よかった~!
すっげえ嬉しい。

(猿之助)やっぱり あの…。

(高橋)ああ 確かに。

(猿之助)サクサクとか
まあ その…

クリームに工夫するっていうのは
大体あるじゃないですか。

ぷるぷるは もう…。
ない。

(高橋)確かに。
全然 発想にないですよ その…。

うん。 それが もう キャラメルが
かかっててもいいです。

おっ いいです?
別添えじゃなくていいです?

(高橋)キャラメル
かかっててもいいぐらい?

いいです。
いや これは素晴らしい。

(高橋)さあ という事で
食べられるのは

猿之助さん ちさ子さん
一茂さんとなります!

よっしゃ~!

めちゃくちゃ嬉しい。

じゃあ いっちゃおうかな。
(高橋)いっちゃってください。

(猿之助)いただきます。
どうぞ。 いきましょう。

うわっ これは
どうやって頂くんですかね?

(高橋)もう 猿之助さん…。
(猿之助)よだれが…。

(高橋)よだれが…。
よだれ出てきた?

よだれ?
(猿之助)ものすごい よだれ。

よだれ…。
(猿之助)スプーン…。

(高橋)おお~!

あれは どうですか?

ハハハハ…。

(猿之助)
世界に溶け込んでるので。

別にキャラメルだけが
主張してこないので。

(一同 笑い)

(高橋)ちょっと待ってください。

えっ?
あれを全部いきそうな勢い?

(高橋)ええ~?

調布市国領町
京王線布田駅 徒歩1分。

(高橋)なかった?
それは残念ですね。

(猿之助)これ
わざわざ行く価値 大ありです。

(高橋)うわ~。 ホンマに…。

すごい勢い。
これ どうですか? 猿之助さん。

また行く勢いですか?
お店の方には。

ええ。 もう 機会があったら。

(高橋)うわ~。

いやいや…
これ 完食するゲストって

多分 俺 今まで
いないと思うんだけど。

(猿之助)このぐらいで
いつも スピードが早いんです。

芝居の合間に食べるから。
(高橋)ああ~! なるほど。

いや これ お店の人も
喜ぶんじゃないですか?

(高橋)嬉しいと思いますわ。

ハハハハ…!
(高橋)よかった~。

だから この企画やるために
猿之助さんに 事前に

「好きな食べ物 何が
やりたいですか?」って聞いたら

最終的には
パンケーキになったんですけど

「なんか ないですか?」って言って
猿之助さんが答えたのが

ハモ。
んっ?

(高橋)フカヒレ。

あと すっぽん。
うわっ…。

(高橋)それから フグ。

「企画 知らんのかい!」
ってなって…。

(一同 笑い)

それは 猿之助さん
ご自分で行って頂いて…。

高橋。

うわ~っ!

これは もう
完全にスフレちゃん。

スフレですか?
パンケーキじゃない?

うまっ。

これは うまい。

だいぶ違う。
これは違う。

すごい!
これ… これ すごい軽い。

軽い?
軽い!

美味しそうな…。
ごめんなさい。

いい 聞こえなくても。
ごめんなさい ちょっと…。

これ バランス感覚っていうか…
全く 何も主張しないんだけど

トータルで 素晴らしい味に…。

だって バナナが
すごく甘く感じるから

それぐらい軽くて
甘さ抑えめ。

ちさ子ちゃん やっぱり
キャラメルって感じじゃないの?

全然 全然!
(猿之助)全然。

アクセント アクセント。

いや これ すごいよ。
美味しい!

このパンケーキは
猿之助さんもおっしゃってたけど

これ アメリカじゃできない。

この繊細さは無理。

これは。

〈…と語る

一茂さんのお気に入りの
パンケーキのお店は

やっぱり ハワイにあるそうで〉

僕も もう ハワイに行ったら
やっぱり パンケーキは

必ず2店舗行きますから。

Boots&Kimo’s
ってとこと

Sunny Days
っていうとこの

この2店舗は まず行きます。

〈一茂さんお気に入りの
パンケーキの店

〈秘伝のレシピで作る

マカダミアナッツソースが
かかった パンケーキ〉

〈地元の方はもちろん
観光客にも大人気のお店〉

〈そして 一茂さんの
もう一つのお気に入りの店

Sunny Daysの
パンケーキは…〉

そこは やっぱり ホントに
フワッフワで…

フワッフワ系の…。

で やっぱり バナナが
ちゃんと添えてあって

あとは ベリー系のものが…
果物が 周りに こう あってね

で こう 生クリームが
ベチャッと こう のってて…。

そこは最高ですね。

それは やっぱり…
ハワイ いいですよ ハワイ。

えっ?
(猿之助)行った事ないです。

(猿之助)行った事ないです
ホントに。

いや そうですよね。
絶対 そうですよね。

そうだと思います。

猿之助さん
何やってるんですか? 今まで。

ホントですね。
何やってるんですか…。

〈そんな猿之助さんが

ベガス ベガス。
あっ ベガス。 やっぱり そっちか。

お札が書いてあって
右端にドルマークがある…。

そこがパパパパッて…
4回 チャレンジできる。

それを持って帰るのか
次 できるのかを

もう ひたすら…
ひたすら それを…。

へえ~。

もしかしたら…。

多分 猿之助さん ハワイ
合わないかもわかんない…。

そんなに もう
ベガスとかでガーッて もう…。

多分… 寝ずにやってるイメージ
あるんだ 俺は。

1時間 風呂入るぐらいでしょ?
そうです。

飯食って。

でも ある日 ホントに それは…
伝説。

ホントに ポンポンって
肩たたかれて… ホントですよ。

「いつまでいるんだ?」って
言うから

「これ こうこう」…
「明日の夜 空いてるのか?」…。

「何 食べたい?」って言うから
「いや イタリアン」…。

「もう ここ予約入れとくから」…。
3日間ぐらい。

それで もう こっち チキンだから
そんなとこ 予約入れられても…。

払おうとすると
「もう いい… いいから」。

なるほどね。
(猿之助)3日間。

それだけいるとね。

そう。 だから かわいそうに
なっちゃったんでしょうね。

ずーっとやってるから。
逆にね。

瞬間的でも ガーッと

瞬間的… けど そこから バッと
使っちゃうんですよね また。

パッパッ パッパッ… サー…
バーッ バーッ バーッですよ。

そうだよね いきますよね。

1回で。
1回で?

じゃあ もう みんな
黒山の人だかり?

もう あっちなんか 別に…。
普通ですよね。

普通ですよね。
行った事ないって…。

あっ そうだ! そうだ!

「そうですよね」って
言っちゃったけど そうだ!

(猿之助)言っちゃった。