さんまのお笑い向上委員会【ジャンポケおたけ脱退の危機!?まんじゅうの恋の行方】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

さんまのお笑い向上委員会【ジャンポケおたけ脱退の危機!?まんじゅうの恋の行方】[字]

和田まんじゅう離婚後にファンとの恋が急加速!ジャンポケのエースおたけ脱退計画で解散の危機!バズらない男太田!?

おしらせ
「SMBC日本シリーズ2022 第6戦 ヤクルト×オリックス」延長の際は、放送時間繰り下げの場合あり。
番組内容
笑いの神に挑む芸人たちが集結!お笑い向上長・明石家さんまと共にお笑い界のネクストステージを目指して英知を結集させる“笑撃”番組。
先週の放送で、爪痕を残そうとプライベートをさらけ出した和田まんじゅう(ネルソンズ)を励まそうと始まった“まんじゅう応援作戦”。今週はその後の物語が本人の口から語られることに!?さらにゲスト向上芸人のジャングルポケットには、本気の愛のクレームが連発!
番組内容2
愛のクレーマー芸人としてやって来る井口浩之(ウエストランド)やアントニー(マテンロウ)からだけではなく、スタジオの芸人からも驚きの新情報が!まさかの“ジャンポケ崩壊へのカウントダウン”な展開を3人は乗り切ることができるのか!
ノンストップで回り続けるカメラの前で、予測不能のトーク展開。すべては“笑い”のため…。お笑い界に嵐を巻き起こす、ハラハラドキドキの爆笑エンターテインメント!
出演者
【お笑い向上長】
明石家さんま 

【アシスタント】
藤本万梨乃(フジテレビアナウンサー) 

【ゲスト向上芸人】
おたけ(ジャングルポケット) 
太田博久(ジャングルポケット) 
斉藤慎二(ジャングルポケット) 

【出演芸人】
青山フォール勝ち(ネルソンズ) 
飯尾和樹(ずん) 
菊田竜大(ハナコ) 
岸健之助(ネルソンズ) 
陣内智則 
関町知弘(ライス) 
剛(中川家)
出演者2
野田クリスタル(マヂカルラブリー) 
藤本敏史(FUJIWARA) 
蛍原徹 
村上(マヂカルラブリー) 
礼二(中川家) 
和田まんじゅう(ネルソンズ) 
※五十音順 

【愛のクレーマー芸人】
アントニー(マテンロウ) 
井口浩之(ウエストランド) 
※五十音順
スタッフ
【チーフプロデューサー】
渡辺俊介 
【総合演出】
池田哲也 
【監修】
渡辺琢 
【制作】
フジテレビ バラエティ制作センター

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 太田
  2. 藤本
  3. 陣内
  4. 井口
  5. 野田
  6. 和田
  7. 関町
  8. お前
  9. ホント
  10. アントニー
  11. 一同
  12. 村上
  13. エロ
  14. 気持
  15. 全然
  16. 先輩
  17. 面白
  18. お母さん
  19. ジュニア
  20. ネタ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



[先週 爪痕欲しさに
突然 吐露した まんじゅう離婚]

(さんま)お前 無理すんなって。

目が めちゃくちゃ潤んでました。
(藤本)気持ち 分かるんすよね。

[先輩を巻き込みながら

全員で
元気づけようとしたのだが]

(一同)えっ?

(和田)向こうも彼氏がいて。

≪向こうも?

[そして]

(太田)そうなの?
(井口)やっぱ 慕われてない…。

(アントニー)
太田は 人生が面白くないから

ネタも つまんない。

[ジャンポケ崩壊への
カウントダウン]

いったん
2人きりにさせてもらえませんか。

殺される 待って。

(陣内)どうなったの?
(藤本)彼氏いてんねや。

(野田)最後まで知りたい。
ファンがいてた。

今度は ご飯に行った。

(和田)
彼氏がいるって言われて

じゃあ 駄目だと思って それは
向こうの人によくないと思って

その日は
そのまま終わったんですよ。

「その日は」?
カッコイイな!

俺も気持ち分かるし。
俺は今日帰るって帰ったんや。

離婚した後の男の体って
求めるもんなのよ。

それを抑えた グッと。

涙をこらえながら。 なっ?

ほいで? ほいで?

それで そっから
LINEが来るようになって

向こうから。

1週間ぐらいたったときに
振られたって言われたんですよ。

彼氏に。
で 向こうの家だったんで

彼氏の家に 住まわせてもらった
状態だったので 彼女が。

だから 行く家がないって
今 状態で。

(一同)うわっ! えっ!?

和田!
やめろ 和田!

(野田)どうなった?

で 荷物が
置く場所がないって言われて。

それで それで
まんじゅう どうした?

(藤本)一緒に住んでんの?
(和田)いや でも…。

この前 引っ越したばっかり。
嘘!

荷物が置いてある状態なんです。
だから住んではない。

離婚したから引っ越したのか。

(和田)僕は1人暮らし始めて
家具も何もない。

(陣内)そこに その子の
荷物があるんだ ファンの子の。

(青山)知らなかった。
(野田)すごい話だな。

お前らも知らなかったのか。
知らないっす 知らないっす。

(関町)エロまんじゅうだよ お前。
(和田)エロまんじゅうじゃない。

エロまんじゅう。
(和田)エロまんじゅうじゃない。

マジで そんなつもりないっす。
ホントに困ってたからです。

エロまんじゅうやないか お前は。
(和田)エロまんじゅうじゃない。

和田まんじゅうですから。
エロまんじゅうや。

いや 和田まんじゅうですよ。
エロまんじゅう言うてるやないか。

いやいや 和田まんじゅうですよ。
もうええわ!

(藤本)何回やんねん!
≪切り替え早いわ。

切り替え… いや その…。

もらい泣きした
フジモンの気持ちになったってくれ。

いや ホンマに。
(和田)違うんですよ ホントに…。

これから もう お前
彼女とか見つけんの大変やぞ

みたいなこと言うてたのに
すぐ見つかってるやん。

(陣内)え~ すげえな。
(藤本)何やねん お前。

ブスやろ どうせ。

嫉妬やわ こんなん。
幸せやん ほんなら。

(陣内)もう忘れてるやん。
(和田)いや 複雑です。

複雑ちゃうやないか お前。
新しい彼女いてて。

でも 前へ踏み出せって
言ってくれたんすけど フジモンさん。

めっちゃ前向くやん お前。

前向き過ぎやって お前。
何やねん。

(関町)藤本さん いまだに
タピオカ屋 行けないんですから。

うるさいな。

めちゃめちゃスベっとるやないか。

(蛍原)タピオカ出して
スベるなよ。

(藤本)お前さ 攻めた感じで
イジるときは 絶対ウケて。

(陣内)そのワードで
スベったらアカンわ。

今日 大事だと思って
かかっちゃってる…。

(藤本)絶対ウケて そこは。
絶対ウケてあげてね。

でも よかったわ。 心 落ち着けて。
その子のおかげでな。

[まんじゅう恋物語の続きは
次回のゲスト収録で聞くとして]

濃い話しないと 喜ばないから。

[ここから ハナコ 菊田発
ジャンポケ解体論へ]

おたけが だから
やめちゃうんだよね? もうね。

やめちゃう可能性ある。
えっ 何がや?

(菊田)実家のもんじゃ焼きを
継ぐらしいんですよ おたけさん。

(陣内)えっ マジで?
(おたけ)はい。

お母さんが
ほぼ引退みたいな形で。

(村上)エースが抜け…。
エースが抜けるの?

(村上)エースが抜ける可能性
あるってことですよ。

(おたけ)違うんですよ。
さんまさん それ違くて

確かに 嘘ではないんですよ。
もんじゃ焼き 継ぐのは?

(おたけ)継ぐのは
ホントなんですけど

別に お笑いを
やめるとは言ってないし。

でも 現場に立つんでしょ?
現場には立ちたいです。

もんじゃ焼きをしながら
お笑い やんのか。

しかも それも僕らは

こういうことしようと思ってるって
相談 一個もされてないんですよ。

何か 番組で おたけが

お母さんに恩返しするみたいな
企画があって

お母さんに おたけが
色々 おしゃれさせてあげて

で これから つぶれるお店の前で
記念写真 撮るみたいな

すてきな企画があったんです。
結構 感動の雰囲気で。

で そのVTRで最後に

お母さんに
今までの感謝の気持ちを伝える

手紙を書いてきましたっつって
バーって話してて

今まで いろんなこと
迷惑掛けてきたけど

来年からは俺が この店を継いで
しっかり やってくから

お母さんは安心して
ゆっくりしてくださいっていう

感動の手紙を読んでるVを
スタジオで見て

僕は知ったんすよ。

えっ! 俺…
えっ お前 やめるの? みたいな。

芸人で店やりながら お笑い
やってる人 何人もいるからな。

(おたけ)勝手に書いてたら
勝手にペンが走って

そう書いてたんですよ。
だから 素直な気持ちが

出ちゃったって
後で気付いたんですよ 僕も。

もんじゃやりながら お前ら
お笑いやるって ええのかどうか。

俺は嫌や!とかいうのは
グループ内で あるやろうからな。

けど どれぐらいの頻度なのか…。

僕も だから 何となく
誰かに任せて 経営面とか

そういうこと
やってくのかなと思ったら

何か バイトの面接から全て
自分 一からやりたい…。

(陣内)もんじゃの人やん。
(村上)毎日いなきゃ駄目だろ。

(野田)もんじゃ焼き屋だよ それ。
(陣内)それはアカンよ おたけ。

ライブとかあるやん 舞台とか。
(野田)お笑い やれない。

いや でも
コントをやりたくない人なんで

舞台は別に やらなくても
大丈夫なんです おたけは。

おたけ そうなの?
コントやりたくないの? お前。

最悪 やらなくてもいいかなと…。

(野田)解散だよ。

おたけ いったい
何をやりたいの? お前。

(おたけ)それは 何か あの…
何ていうんですかね。

まあ 夢ではあったんだよね。
夢ではあったんですよ 店…。

やるのが? そりゃ夢やから
しゃあないな これ。

だから 結構
分かってくれる人もいるんすよ。

この前 川崎 麻世さんも
それに同意してくれて。

(陣内)誰に相談してんねん!

まず誰に相談してん この話。

麻世さんと ホント
馬が めちゃくちゃ合うんですよ。

(村上)合うな!
(おたけ)めちゃくちゃ合うんすよ。

めちゃくちゃ仲良くて
おたけのこと大好きで

「君のやりたい気持ちは
全部分かる 僕には」って言われて。

分かってくれる人もいるんすよ。
うちらも強く言えないんすよね。

もともとは もんじゃ屋を継ぐ
っていうのがあったんで。

これは トリオが解決せな
しゃあないな。

ですけど 2人も別に

すごい
手伝ってもらいたい部分もあるし。

何をや?
(一同)えっ? もんじゃを?

(村上)ホールやってくれ ホール。
(おたけ)気持ち的には

どっちかを
バイトリーダーにしたいなと…。

こっちやわ。

俺 やるよ。
接客業 ずっと やってたんで。

「ずっと やってたの」じゃない。
怒るとこだから。

でも お前 仕事ない若手に
ホールとかアルバイト

やらしてあげたらええねん。
それは でも いいんすけど

でも 僕自身も立ちたいんすよ
そこに。

僕もいて バイトもいるんだったら
いいんすけど

任すのは嫌なんすよ 店を。
(陣内)店 行きたいんだ。

働きたいんですよ 店で。
(陣内)もんじゃの人やん。

もう もんじゃの人 なってるよ。
そうなんですよ ホントに。

これね… さんまさんでしたら

今 言ったら
この世界 お笑いの世界

真ん中に 今 立たれてて
一番 輝いてるわけですよ。

輝いてる? 俺。
(おたけ)輝いてます キラキラです。

まぶしい? まぶしい?
まぶしい… まぶしい~!

ですけど それで…。

(村上)何だ 今の!
(岸)おたけさんが切った。

(おたけ)すいません…。

(陣内)さんまさん史上
最低の絡みやった 今。

(野田)見てらんない。

さんまサイコッチョーに
持ってくように やったのにやな。

あいつは これはこれとしてとか
言いやがってやな。

まあ そうじゃないですか。
で 僕は やっぱり

その姿には お笑いではなれないと
思ってまして 自分自身を。

そんなことないよ。
全然 諦めることないやないかい。

いや それは絶対無理なんです。
もう これは分かってるんです。

斉藤 そんなことないよな?

そうですよ
そんなことないですよね。

はーい!
ちょっと待って…。

訳分かんなくなってるから。
すいません。

さんまさんも
目でタイミング送るって

聞いたことありますけど
ここまで合図…。

もうちょっと手前で気付かないと。

うっす!
過保護過ぎますって。

(野田)さんまさん
やっちゃってたから。

さんまさん そういうこと
話したいわけじゃないんですよ。

「はーい!」なかったら
どうしてんだ お前。

(おたけ)ですけど
僕が もんじゃを作ってる姿

店に来てくれた方
何人か この中でも

いらっしゃると思うんすけど。
あっ そうなのか。

(おたけ)ホント
もんじゃを作ってるときだけ

どんな先輩芸人さんにも

「お前 一番 輝いてるよ」って
言われるんですよ。

まんじゅう そうなの?
すごいです。

めちゃくちゃカッコイイですよ。
やってる姿。

(おたけ)こないだ
ジュニアさんのYouTubeで

ジュニアさんが
うちの店 来ていただいて

トーク ちょっと… もんじゃだけ
作るのもあれですから

笑いも入れながら
トークやったんですけど

これ マジ
自分で言うのもなんすけど

その日 ジュニアさん
俺 食ったんすよ 完全に。

(おたけ)ホントなんですよ。
(村上)もんじゃ屋なら勝てる。

(おたけ)完全 食えたんすよ。
(陣内)ホームやからね。

(おたけ)ジュニアさんが マジ
ちっちゃく見えたんすよ その日。

いや そりゃ お前
ジュニアさんも自分のYouTubeで

ゲストの前で 本気 出さねえだろ。

(おたけ)いや 俺が
結構 すごかったんで

途中で目の色 変わったから
本気 出してきたんすけど

完全 食っちゃって。
食っちゃった?

[もんじゃパワーで
開花しつつある

トリオの飛び道具 おたけだが

ここで ジャンポケ向上の
キーパーソン太田に

刺客が登場する]

(万梨乃)ここで ジャングルポケットさんに
言いたいことがある方々に

お越しいただきました どうぞ。

≪誰だ?

お願いします。
(陣内)アントニー。

お願いします。

(村上)ちっちゃ! でかっ!
面白そうなコンビやなぁ。

面白そうなコンビやなぁ。

何や? 井口とアントニー来て。
いや うちは あまり関わり…。

いや 井口君とは
ほぼ絡みないというか。

ああ そうか。
いやいや でも めちゃくちゃ

どうしても言いたいことあるので。
なるほど 見てみましょうか。

はい それでは
井口さん アントニーさんから

ジャングルポケット 太田さんへの
クレームです こちら。

太田に?
太田 堂々としてるやないか。

(井口)やっぱり 太田さんって

後輩から まったく
信頼されてないというか。

そうなの?
(井口)やっぱ 慕われてない…。

そうなの?
(井口)そうです。

斉藤 どうなの?
いや そんなあれはないですけど。

青山とは しょっちゅう…。
(青山)僕と岸は 太田軍団で

一番お世話になってる先輩なんで。

めちゃくちゃ 1年目から
お世話になってます。

慕われてないことにせえ。

(青山)むずっ。 むずっ!

お前ら 流れ分かるやろ!

(井口)だから慕ってる人も
何か 訳分かんない人しか…。

そんなことない。
めちゃくちゃ言ってんの あの人。

(井口)もっと すごい
能力のある人が慕ってたら

もっと今のも うまく絡めたのに

全然 能力のない人にしか
慕われてないから…。

手当たり次第に言ってる。
(井口)どう考えても

トークの流れで
「慕ってない」でいいのに

「はい 慕ってます」みたいな
めちゃくちゃ…。

井口 あした決勝やねん。
(陣内)やめたってくれ。

お前も 大会 出てるから
分かるやろ。

(井口)ああ そうか。
太田さんは そういう意味では…。

僕らも後輩で
ずっと見てますけど

一回も聞いたことないです。
太田さんが すごいみたいな。

でも… いやいや 実は
めちゃくちゃ すごいじゃない。

振りの部分で傷付け過ぎだろ
俺のこと。

(井口)ホントに そうなんすよ。
だって キングオブコント

4回も決勝いってて
そのネタを作ってるのに

こんなに誰からも
信頼されてないっていうか

何の評判も聞かないというか。

お前 誰からも信頼されてないの?
今 初めて聞きましたけど

そうみたいですね。
じゃあ お前ら 信頼してんのか?

はい 僕らは…。

(和田)ちゃんとやれよ!

今のは…。

いや お前もよ。

ちょっと待ってくれ 俺との13年間
あのひとくだりで終わりか?

もっと こいよ!

ほいで?
(井口)何か 卑下し過ぎなんすよ。

自分のことを?
(井口)自分のこと卑下し過ぎ。

いや 卑下はしてないよな?
太田 お前。

確かに キャラが薄いというか

僕 自覚してなかったんですけど
そこまでは。

何か NHKから
すごい仕事が入ってきて

最近 若者ウケする食べ物
出したりとか

バズることだけを目的にしてる
番組が多いから

バズらない番組を作ろうみたいな
クソとがった番組があったんすよ。

で キャスティング…
絶対 バズらない食べ物とか

あとは もう 絶対に
何か はやらないような

長ったらしい説明が
いるようなものを紹介する

とかっていうのがあって
その中の

絶対バズらないタレント代表で
僕 呼ばれたんすよ。

嫌やなぁ。
(野田)大正解。

≪合ってるじゃないですか。

で 俺 何の仕事か分かんないから
取りあえず 行ったんすよ 現場に。

そしたら 大人が4人ぐらいいて
いろんな資料があって。

取りあえず 聞いてくださいと。
太田さん 1回テレビ出たときに

太田さんの名前がTwitterで
つぶやいている回数

つぶやかれている回数
一番組で だいたい平均何回です。

で Twitterのフォロワーに
何万人います。

それに対するリプの数 これぐらい
いいねの数 これぐらいです。

PowerPointとか使って
ありとあらゆるテクノロジーを使って

僕が はねてないってことを
説明されたんすよ。

≪うわっ 嫌だな。
(野田)お墨付き。 お墨付きじゃん。

こちらをご覧ください ピって
僕がバズってない表を出されて。

確かに。
(陣内)泣いてまうな。

泣いてまう。
(陣内)泣いてまいますよね?

よう お前 我慢したな。
俺も 何か分からず行ってて

そこで それ 説明聞いたから
帰るわけにもいかないじゃない。

なあ 仕事やし。
一番最初の僕のせりふが

「太田さん 最近バズってますか?」

「安心してください
バズってませんよ」っていうのが

最初のスタート。

いいかげんにしてくれよ。
司会 安村?

いやいや…。
違うの?

安さんが出ちゃったら
ちょっと話題になっちゃうんで。

話題にしちゃいけない番組なんで。

はぁ~ いや お前ら トリオやから
ピンやったら落ち込むよな?

いや それ落ち込む。
それ言われたら。

いや 頑張ってる…。
太田 ホントに 一番 ネタ作って。

(井口)誰も知らないんすよ
そんなの。

(一同)言い方。 言い方や。
(井口)前回も見てたんすけど

太田さん すごいんすよ
能力すごいから。

全部 入って すごい
ぶん回してたじゃないですか。

でも 世間の人は
太田さんがネタ書いてるとか

太田さんがすごいって
誰も知らないから

何で 一番無名が
生意気に はしゃいでんだとしか

見えないと思うんすよ。
それはええけど ホンマは…。

アントニーどうやねん お前。

(アントニー)太田さんって 見てて
わくわくすることがないというか。

(アントニー)芸人として致命的な。

で これ おたけさんも
言ってたんすけど

太田は 人生が面白くないから
ネタも つまんない。

(一同)最低! 最低だな!
最悪!

(村上)もんじゃは捨てろ!
(野田)なめんじゃねえぞ!

(おたけ)それは言ってない。
これは違う!

さんまさん すいません。
大先輩方ばかりがいるとこで

こんなこと言うの
申し訳ないっすけど

いったん
2人きりにさせてもらえませんか。

殺される 待って 言ってない!

いや これは…。
すごいこと言うね。

(おたけ)言ってない!
飲みの席でや。

ネタは面白いけど
人生が出てないってことやろ?

そうです。

「郷です」の言い方で。
「郷です」の言い方でした 今。

これはしかたがない お前。
人生が乗っかるお笑いって

おいらの時代で
終わってんねんけどもな。

そういうことやな?
(アントニー)そうですね。

で 今も 太田さん
マジで 2人にして

やるぜみたいな
感じあったじゃないですか。

レスリングやってて 太田さんって強い。
すごいんやろ? こいつ。

(アントニー)でも おたけさん
普段 言ってるんすけど

実際 ケンカしたら
俺の方が 全然 強い。

言ってない 言ってない。
言ってないっす。

いや 言ってんねんって お前。
酔うてる席やからやな。

お前の言うてんのは
ケンカっていうか 口ゲンカや。

トークは
俺の方がうまいということや。

せやろ?
そうです。

変なの生まないでください
さんまさん。

何か生まれましたよ 今。

まだ赤ちゃんですけど
何か生まれてますよ 今 確実に。

ちょっと やめてください。
頭が出てきました。

だから アントニー そういうことやろ?
(アントニー)そうなんすよ。

でも ジャングルポケットって
斉藤さんも おたけさんも

ちょっと 太田さんに
気 使ってるんすよ。

これは前から そんなこと…
ネタ作っていただいてるしとか。

いや ネタ作ってもらってるし
俺と おたけは 別に

そんな強く言うってことは
ないですね 今。

もう任してんの? ネタは。
任してます 任つ… 任してます。

かんでるやないか お前。
「任してます」 かんでるやないか。

おたけが はね過ぎて
俺 怖くなってきちゃって。

(野田)大丈夫だよ。
おたけみたいな特大ホームラン…。

あれ ファウルや。

えっ 特大ホームランですよね?
特大ホームラン気味のファウルや。

だって 俺 「そうです」のとき
こいつ ホントに すごいなと…。

(陣内)「そうです」言うただけや。

ちょっと高い声で
「そうです」言うただけや。

そのとき 俺 天才って
思っちゃったんすけど。

「そうです」っつったとき。

プライベート 付き合ったり
飲みに行ったりしてんの誰やねん。

僕らです。
2人。

お前らもないのか?
(野田)全然ないっすね。

(関町)あと まあ 僕も…。
あっ いけ いけ いけ!

(藤本)関町!
(野田)助かる!

こいつや。

あなた 言うのは勝手だけど
駄目なときもあるんです。

[ここまで 太田の良さを
まったく引き出せない一同だが

ここで この状況に
しびれを切らした

コント王者が ついに動く]

プライベート 付き合ったり
飲みに行ったりしてんの誰やねん。

僕も…。
あっ いけ いけ いけ!

(藤本)関町!
(野田)助かる!

こいつや。

僕 先輩なんすけど
太田はね ホント もっと

僕ぐらいの近い先輩には
がんがん くるんすけど

ちょっとでも上だと
真面目なんで いかないんすよ。

僕が いっつも…。

(一同)声。 声。

喉 終わりました。
(陣内)終わりなん?

(関町)体が…。
すいません 俺ですわ。

お前ら 休憩時間 何してんねん!
声 出しとけ アホ お前!

本番中 声 出ない芸人って
アカンねんで。

(藤本)いつになったら
本番 強なんねん もう。

プライベート
おもろいねんけどな。

これで終わり?
(藤本)関町 あるやろ?

挨拶するとね
普通 先輩が来たら

まずは 「おはようございます」
言うよな。

(関町)そっから ミニコントとか
始まるじゃないですか。

太田はね
俺が 「うぃっす」っつったら

「何か ドブ臭えにおいすると
思ったら てめえか」って

まず 入ってくるんですよ。

あるやん あるやん。
何だ てめえかって

先輩やのに言われるわけ。

これ まず1つ。

(陣内)1回で仕留めてよ。

(藤本)死んでくれ~。
「死んでくれ~」じゃない…。

死んでくれ~。

「死んでくれ~」 おかしいだろ。

(藤本)かわいがってるだけに
恥ずかしいのよ。

「死んでくれ~」はおかしいでしょ。
死ぬことはないよ。

(藤本)いや 死んでくれ~ですよ。
死ぬことはない。

いっつも失敗するから。

飯尾 どうや? 今のは。

(飯尾)関町
はっきり見え過ぎてんだよ。

眼鏡取って
ぼやけさせりゃ言えるから。

眼鏡を取れば…。

(陣内)見えてるからね。
(飯尾)はっきり見え過ぎてるから。

眼鏡取って ぼやけさせりゃ。
はっきり見えてない リアクションが。

(飯尾)眼鏡取って。

何にも おもろない顔やな お前。

かわいそうですよ。

顔は 面白くなくて
いいじゃないですか。

これ 問題 僕ですね。

こんなに… 俺の話になってから
全員 嘘のように静けさが。

テーマが「太田」になった瞬間

あんなに しゃべってたのに
みんな 背中つけて。

(蛍原)ないんですか 全然。
(藤本)人生 おもろないねん。

(井口)全然 頼りにならない
仲間しか いないじゃないですか。

いや そんなことない…。

(井口)関町さんなんて
見てらんなかったっすよ。

あんな…
キングオブコントチャンピオンが

エピソード中に
喉が どんどん 締まっていって

声が出なくなるなんて。
もっと ちゃんとやってね。

もう 閉店シャッターいくわ お前。
さあ 閉店シャッターいく人。

あっ サイバーもいく。
こっちから閉店シャッターいく人。

(関町)今 駄目出ししなくて…。
(藤本)お前が返せ!

(一同)もめてます。 もめてます。
何や フジモン。

井口に
めちゃくちゃ言われたのに

全然 返さへんから
怒ったんですよ。

何か返せよ お前は。

(関町)さんまさんが
違う方いったから…。

井口が めっちゃ悪者になるやろ
お前が返さへんかったら。

あなた 言うのは勝手だけど
駄目なときもあるんです。

やめてください。

あなた それ 楽に言うけど
まだまだ 出たてなんです。

まだ そんな言わないでください。
(藤本)出たて ちゃうやろ。

結構やってるやろ 芸歴。

藤本!
(藤本)俺 関係ないやん。

<日清のお椀で食べるシリーズは

いつもの あの味が お椀で食べられるんです>

♬~おわんわーん おわんわーん

(斉藤)みんな大好き あの味が

オワウェウィ~!

おかずに!おやつに!お夜食に!

♬~おわんわん おわんわん

オーケー おなじみの味で間違いないよね! ね!

(ジャングルポケット)<このサイズがちょうどいい!「お椀で食べるシリーズ」>

(一同)閉店ガラガラ。
[今夜も あっという間に

サバイバルタイム]

[サイバー警察
初オンエアをゲット]

閉店ガラガラ。
今日 誰や。

全員 動くな!

サイバー警察だ。

この中に
サイバー犯罪者がいるらしいな。

いや いないと思いますよ。

藤本!

ネットの知恵袋に

「フジモンと ファンモンの違いは
何ですか?」

という質問が寄せられていて

「顔のでかさだと思います」
というのがベストアンサーだったけど

もっと いっぱい あるだろ!

(藤本)俺 関係ないやん。
(鳥谷尾)サイバー逮捕してやる!

(藤本)俺が書き込んだわけ
ちゃうからさ。

俺 関係なくない? それ。

うるさい! しょっぴくぞ!

はい そのまま そのまま。
(藤本)犯罪?

パワー!

ふざけんじゃ… おらっ!
大きい。

パワー!

ふざけんじゃ… おらっ!

お前のじゃないよ。
≪何してんねん。

♬(演奏)
(床に背中をこする音)

[さらに]
♬(音楽)

今は そのタイミングじゃない。

(おたけ)そうです。