遠くへ行きたい「村田雄浩の岐阜の旅!立体迷路型鍾乳洞&魂のマイ包丁作り」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遠くへ行きたい「村田雄浩の岐阜の旅!立体迷路型鍾乳洞&魂のマイ包丁作り」[解][字]

今回は村田雄浩が岐阜県へ▽戦国時代に活躍した木曽馬▽駅と一体化した温泉▽匠から教わるマイ包丁作り▽鍛冶屋が愛した絶品うなぎ▽伝統漁でアユを堪能▽鍾乳洞を大冒険!

詳細情報
出演者
村田雄浩
番組内容
今回は村田雄浩が岐阜県の名物・名所をめぐる旅に出る。旅の始めは天下統一を目指した織田信長が拠点とした岐阜城から。戦国時代に活躍した木曽馬に乗って町中をめぐり、郡上市では駅舎と一体化した温泉で心と体をリフレッシュ。伝統漁で獲れたアユを活け造りと塩焼きで堪能し、美山鍾乳洞では迷路のような地下空間を探検する。日本刀と同じ工程でマイ包丁作りに挑戦した後は、鍛冶屋のスタミナ源である絶品うな丼を頂く。
音楽
【テーマ曲】
「遠くへ行きたい」
作詞:永六輔
作曲:中村八大
制作
ytv
テレビマンユニオン
番組ホームページ
★http://www.ytv.co.jp/tohku/
★http://www.to-ku.com
★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!
取材地
岐阜県 郡上~関

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ホント
  2. アユ
  3. 関市
  4. 木曽馬
  5. 岐阜
  6. 気持
  7. 吉田
  8. 自然
  9. 場所
  10. 刃物
  11. 体験
  12. 長良川
  13. 長良川沿
  14. 刀鍛冶
  15. 藤原
  16. 洞窟
  17. 日本刀
  18. お願い
  19. ハハハ
  20. 景色

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(村田雄浩) <戦国時代

数々の合戦が繰り広げられた
岐阜へやって来ました>

<村田雄浩です>

<ここは
天下統一を目指して戦った

織田信長が拠点としていた…>

展望台 あっ いいな。

いやこれは確かに
天下取った感じだよな。

これから戦が起こりそうな
雲の動きしてますよ。

何かス~って 雲が動いて。

<実は岐阜は僕にとって
思い入れのある場所なんです>

大河ドラマでこの城で
多分 働いてたんですよ 昔。

<そう ここ岐阜城は

僕が出演した大河ドラマの舞台>

<一度 来てみたかったんです>

こっから武将たちも
見ていたと思うと

ちょっと感慨深いですよね。

長良川
きっとこう通ってたんだろうし

山もこういうふうに
あったんだろうし。

だってこんなに雄大な自然の中で
育ってる人たちは

ステキじゃないわけがないと
思いますよ。

こっから先が ものすごい

ここに上ってから
楽しみになりましたね。

遠くへ行きた~い!

<今回は

長良川沿いの絶品探しの旅>

<さぁ 行くぞ!>

<燃え上がる灼熱に輝く
伝統の技>

いや…。

<職人の仕事飯 特上うなぎ>

うわっ すごい すごいすごい!

もう来てる来てる来てる!

<驚き アユの活き作り!?>

高原の花畑 出ました。

<動物と触れ合える天空の楽園>

(唾を吐く音)
きた!

やったのに 何てことするの。

ちょっと…。

そっちに行くんですか。
はい。

ほい っしゃ はい。

<時代を超えて受け継がれる
岐阜の名物 名所巡りへ

いざ出陣!>

<旅の始まりは長良川の源流域
ひるがの高原>

<標高900m
豊かな自然が広がる場所です>

すっごい。

ちょっと霧の中の深呼吸は
気持ちいいな。

(深呼吸をする音)

あっ 出ました。

高原の花畑 出ました。

<ここは人気の高原リゾート>

<寒暖差のある気候で

花がより色鮮やかに
育つそうです>

「ちちしぼり」って書いてある
できるの?

こんにちは。

え~ すごい。

うわ~ こんな所に

搾られるのを待っている牛が。

(女性) 根元を上からギュ~っと。

根元を握って。

あっ これで出る。

いや~ すごいすごいすごい。

出る出る!

<このミルクで作るのが…>

<こちら 高原ソフトクリーム>

(店員) どうぞ。
ありがとうございます うまそう。

では早速
いただいちゃいましょう。

何かすごくクリーミーで濃厚
奥行きがある感じの。

<実はここに
会いたい動物がいます>

何十年ぶりなんだろうな。

こんにちは~。
(清水さん) こんにちは。

すいません。
いらっしゃいませ。

いや~ うわ~ 何か懐かしい。

27~28年 30年近く前に

こっちの方に来て木曽馬に
乗らせていただいたことがあって。

じゃあここかもしれない…。
そう そうなんですよ。

ここかもしれないなと思って。

戦国時代とか
そういう頃からいたわけでしょ?

そうです これ…。

<…は 日本古来の在来馬>

<古くから合戦で用いられ 後に

農耕馬としても
活躍したそうです>

<西洋馬には
よく撮影で乗りますが

木曽馬は実に30年ぶり>

基本的に木曽馬って
穏やかなイメージですけど。

おとなしいですね。

外 行けるんですか?

行きましょうよ。
ハハハ…。

<なんと
町中でのホーストレッキング>

<車や人がいても動じない
木曽馬との楽しみ方です>

コタロウって呼んでる。

知ってるんだ みんなコタロウを。

乗りに来ますか?
はい。

ハハハ…。

ハハハ…!

おやつタイム。

<古くから人々と共に
生きてきたという木曽馬>

<楽しい ひとときでした>

<長良川を下り

城下町 郡上市へやって来ました>

<江戸時代の面影が残るこの町に
一度 来てみたかったんです>

うわっ キレイだわ。

存在感あるな~ 美しい。

<木造で再建された城の中で
日本最古の…>

<美しい山城として人気です>

あ~ ここもすごいわ。

何かすごい山に囲まれて キレイ。

美しい風景ですね。

<城下町を歩いてみます>

何か風情があるよな やっぱり。

湧き水? あっ 飲めるんだ。

コップが置いてある
ちょっと飲んじゃおうかな。

うん。

何かスッキリする
やっぱり水いいんだな。

<江戸時代に周りの山々から
引かれたという水路が

今も暮らしに生かされています>

<ここからは
長良川沿いの鉄道に乗って

とある名物の駅を目指します>

あっ 来た。

よいしょ。

やっぱいいな
景色もいいし 川もいいし。

(車内アナウンス)
次は みなみ子宝温泉です。

<お目当ての駅に到着>

ここで渡して。
(車掌) ありがとうございます。

はい。

えっ そうなの?

すいません
ありがとうございます。

思わぬものをもらった。

風がすごい。

あっ こっからですね。

わっ ちょっと待った 何? これ。

えっ? もう ここが?

<なんと駅舎が
温泉施設になってるんです>

どうもすいません お邪魔します。

300円で入れるんですか?
(女性) はい。

<こんなにお得>

どうして こんな造りになってる?

<25年前
線路の脇に温泉が発見され

珍しい駅を造ろうと

温泉付きの駅舎が
誕生したのだそうです>

こんにちは。
(男性) こんにちは。

こんにちは。

あ~。

あ~ 気持ちいい。

いい加減ですよ。

いい加減ってのは
ホントにありますな。

<気持ちのいいお湯でした>

<温泉からすぐそばの
長良川にやって来ました>

いや~ こっち来たらアユですよ。

<ここで
伝統漁が見られるそうです>

すっごい激しい
こんな激しい所で取るの?

こんにちはどうも。
こんにちは~。

<やな漁はすのこ状に組んだ竹で
川の流れをせき止めて

魚を取る漁法だそうです>

わっ!
わ~ 雨が来た。

雨が来た。

今こうアユが。
あっ ホントだ!

すごい すごいすごい!

もう来てる来てる来てる!

アユが来てる!

こういう感じで取れます。
うわ~ うわうわうわ…。

<産卵のために川を下る
この季節のアユは

落ちアユといわれ

香り味共に
格別なのだそうです>

<早速
宮近さんの店でいただきます>

<ほら この活きの良さ>

<数日
泥抜きしたアユをさばいて…>

では お待たせいたしました。

アユの活き作りになりますね。
活き作りなんですね。

うわ すごい。

うわっ
ピクってなってるんですか?

生きてるからこそ召し上がれる。
そうか。

いただきます。
はい どうぞ。

ん~!

かめばかむほど
味が出る感じですね。

そうなんですよ。
食感がちゃんとあるのがおいしい。

そうですね。

<さらに生とはひと味違う
塩焼きもいただきます>

ガブっと。

うん うまい。

後味も何かさっぱりしてますね
スッキリしてるっていうか。

アユがなかったら
僕の人生はないのかな

…というぐらい。
あ~。

<天然のアユのおいしさ
堪能しました>

<続いて 山の中へ向かいます>

<森に囲まれた美山では

山奥ならではの
体験ができるそうです>

もうちょっと何か
結構大変かもしれない。

すいません。
(山田さん) いらっしゃいませ。

どんな鍾乳洞なんですか?

分かりますか?
立体迷路型?

真っ暗自然の所へ
ヘルメット ライトだけつけて

ガイドをつけて
探検をしていただくという

ツアーをやっております。

<整備された道から外れた

自然そのままの洞窟を
探検するツアー>

<早速 挑戦してみます>

トリッパーの太田と申します
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
何なら「隊長」で構いません。

隊長。
はい じゃあ行きましょう。

未知の世界に入り込んでいく感じ。

元々…。

なるほど。

はぁ~ こっから。

いよいよ…。
いよいよ あ~。

この下にもちょっと
面白い空間がありますので。

えっ?
下りますよ。

そこに行ける道があるの?
はい。

<内部の総延長は
およそ2000m>

<なんと2億5000万年以上の
歳月をかけてできたという

地下の空間です>

これ 村田さん これ見てください。

うわぁ~。

宇宙だ。

すごい。
星空が見えますよね。

ホントですね。

この辺 一面そうですね。

あれは何でしょうか?
すごいな これ。

自分で照らして
星を触ってみてください。

あれ? なくなるな。

水滴?
そうです。

下手すると水晶とかダイヤが
この中に入ってるのかと…。

下りれば足が…
着地点があるはずです。

そろりです OKです。

<細長い洞窟の中は
地上とは まるで別世界>

<非日常的な暗闇の中を
無心で進みます>

村田さん
ちょっと足元 見てください。

あ~。

<洞窟の多い郡上では

長い年月をかけて
ろ過された水が

麓の町を潤してきたんですね>

えっ これ 抜けられるの?

大丈夫。
よいしょ あっ いけた。

ちょっと上を見上げると…。
お~。

自然の景色が…。
ホントだ すごい。

行ってみる よいしょ。

んっ… うっ よいしょ!

どうだ? 出ましたか!

お~ 下界に出た。

よいしょ。

足場を探すのが大変。

出ましたよ あ~ うわ~。

こっちの方来ると
水と森のにおいが。

ホントだ。
緑のにおいがすごく。

素晴らしい景色だ。

精神的なレベルで何か違う場所に
スッて持ってかれた。

ただ単に洞窟に行ってる
っていうだけではなくて。

あの水滴が水源になって
人々の体の中に入っていって。

感動的ですね ホントに。

<生まれ変わった気分>

<神秘的な体験でした>

<次に向かったのは

今回
僕が一番楽しみにしていた関市>

<侍たちの必需品だった
あるものの産地です>

ちょっとホントにこれを
何か見たかった。

これ 「刃物屋 三秀」さん。

お邪魔します。
(吉田和弘さん)いらっしゃいませ。

今これは
何をやってらっしゃるんですか?

実際にここで
つくってらっしゃるんですね?

はい。

<関市は鎌倉時代から
刀が盛んにつくられてきた場所>

<今も
刃物の産地として有名です>

あっ そんなに上がるんですね。

<自然豊かな関市では
水や砂鉄など

刀づくりに必要な原料が
豊富だったため

刀鍛冶が集まってきたそうです>

(吉田さん)
中にちょっと入っていただいて。

中に入っていいんですか?
(吉田さん) はい。

(藤原さん)
一回たたいてみますか?
え~!

たたいてみてください
いい精神が入りますから。

どうぞ。

真ん中。

(藤原さん) はい。
いや 重労働。

(藤原さん) これ 一日やるんだよ。

(藤原さん) …ということを
言われるんですけど

刀をつくることによって

これが100年先 200年先

1000年先まで残ってく…。

<ここでつくった真剣を
見せてもらいます>

えっ ちょっと待ってください。

ホントにしっかりと鍛錬して
つくってある感じの。

何だろうな ぞわぞわしますね。

多分 師匠の魂が

伝わってくるんでしょうね
これ きっと。

<ここの館長を務める吉田さんは
居合斬りの達人>

<真剣の斬れ味とは?>

ヤッ!
うお~!

いや~!

この斬り口
スパっといってますね。

こんなの初めて見ましたね。

何かホントに
人変わりますよね。

ハハっ
刃物を持つと人が変わる。

ちょっと危ない意味で…。
危ない意味で。

今の関の刃物の皆さん使う
一般的な包丁 ハサミ 爪切り

…っていうのはもう全てここに
これが もとですから。

なるほど。

<日本刀の技術が今も息づく
関の刃物>

<伝統の技 大切にしたいですね>

<次は鍛冶屋に弟子入り?>

うわ もう薄くなってきた。

<村田雄浩の岐阜
長良川沿いの絶品を巡る旅>

<関市の隣町 富加町に

日本刀づくりの技を受け継ぐ

鍛冶屋があると聞いて
やって来ました>

(鉄をたたく音)
たたいてる音が聞こえてきた。

どっから聞こえてんのかな?
あっ ここだ。

ちょっと聞いてみるか。

すいません。

これは何をやってらっしゃる…?
(吉田政也さん) 今…。

ホントだ 刀つくってるんだ。

ここで?
はい。

<…の工房では

日本刀と同じ工程で
包丁作りの体験ができます>

今コロナとかでずっとうちに
いることが多かったりして。

昔から料理をするのが
決して嫌いじゃなかったんで

自分の包丁が欲しいなと思って。

なるほど。

よろしくお願いいたします。
はい お願いします。

よろしくお願いします。

<鉄を火で熱して
刃先をたたいて つぶします>

ホントだ もうすでに形が。

うわ もう薄くなってきた。

<見てください>

<刃先が1mm以下まで
薄くなりました>

<次に日本刀づくりと同じ
土置きという作業>

<表面に砥石などを混ぜた
土を塗り 火を入れて

刃先を強くします>

じゃあちょっと見ましょう
今 こういう状態。

もうちょっと この辺を…。

じゃあすぐ…。
入れる?

入れます。
すぐすぐ… はい そうそう…。

<水で急速に冷ますことで
鉄が硬くなるそうです>

今こういうふうに剥がれました。
はぁ~。

これで成功です。
ありがとうございます。

すごくいいです。
刀っぽいですよね… すごく。

<念願だったマイ包丁>

<美しい>

<早く切れ味を試したい>

<次は絶品のうな丼
いただきます>

<刀鍛冶 吉田さんのご自宅へ>

<体験の後に
用意してくれたのは…>

こちらなんですけど。

そうなんですね。

<昔から
刀鍛冶が多くいた関市では

うなぎが町の名物>

<身を蒸さずに
そのまま焼き上げる関西風です>

<いただきます>

食感が全然違うんですよね
関東とね。 そうですね。

やっぱり焼いてるからパリっと
するようなとこもあるしね。

うなぎは格別ですよね やっぱね。

あ~。

そうなんですか。

…とか言って よく行ってたので。

<家業を継いだばかりの
政也さん>

<常に父の背中を
追い掛けていたといいます>

…とは思ってますけど。

<脈々と受け継がれていく
刀鍛冶の魂>

<感動しました>

<長良川沿いの絶品を巡った
今回の旅>

非常に基本に戻るというか

洗われる いろんなものが。

また真っさらな気持ちで
一歩 踏み出せるみたいなね。

<新しい発見満載の旅でした>

<また来ます>