有吉ゼミ▼ヒロミキャンプ場を作る▼はなわ家柔道3兄弟!三男全国大会へ[字][デ]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉ゼミ▼ヒロミキャンプ場を作る▼はなわ家柔道3兄弟!三男全国大会へ[字][デ]

ヒロミのキャンプ場作り!今回は64m^2の巨大ウッドデッキ作り!まさかの「石」から手作り▼はなわ家三男・昇利くん 得意技猛特訓で初の全国大会に挑む!

出演者
【教授】有吉弘行
【秘書】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
【SPゲスト】白石麻衣
【ゼミ生】坂上忍、博多華丸・大吉、矢作兼、ギャル曽根ほか
【ゲスト】はなわ
【ロケ出演】ヒロミ ほか
番組内容
【ヒロミ、キャンプ場を作る。】
八王子リホーム史上最大!新プロジェクトは河口湖に広さ2000坪の土地で”究極の癒やしキャンプ場”作り!
まさかの土台の石から手作り!ウッドデッキ作りがスタート!
矢作兼も初ショベルカーでお手伝い

【はなわ家柔道3兄弟】
柔道に燃える三男・昇利くんが大将として全国大会へ!
五輪メダリストも指導に!はたして猛特訓の成果は?
監督・演出
【企画・総合演出】橋本和明
制作
【チーフプロデューサー】倉田忠明
【統轄プロデューサー】渡邊政次
【プロデューサー】安彦真利江
【制作協力】えすと、AXON、極東電視台
おしらせ
有吉ゼミはTver&Huluでも見逃し配信中!
水曜7時からの姉妹番組「有吉の壁」もぜひご覧ください!

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – 旅バラエティ
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 蛯原
  2. 矢作
  3. スタジオ
  4. 朝飛先生
  5. ヒロミ
  6. 昇利君
  7. 有吉
  8. 一本
  9. 智子
  10. スタッフ
  11. 朝飛道場
  12. 一同
  13. 今里
  14. 昇利
  15. 電子音
  16. 内股
  17. 払腰
  18. ホント
  19. 回戦
  20. 相手

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(水卜) 『有吉ゼミ』。
(有吉) 開講!

<ヒロミが購入した…>

<どうしても…>

<進行中>

<目指すは 日常に疲れた
大人たちが癒やされる

究極のキャンプ場>

<その第一歩として>

<夜になると 野生の動物が

山から下りて来るため

ゲストが…>

<この土地の外周300mを
壁で囲むのだという>

<そこで
ヒロミが取り出したのは>

<特殊な発泡スチロール製で
とても軽く

地震などの揺れにも強い壁材>

<これを一気に並べ
作業の効率化を図る>

<さらに 夏の紫外線や

冬の凍結に耐えられる壁に
仕上げるべく ひたすら下地材を>

(スタッフ) 確かに そうですよね。

<突然の雨にも ひるまず…>

(ヒロミ) 取りあえず…。

(スタッフ) あっ ホントですか。

<これでも まだ…>

<そして 次なる作業は

50mの壁から続く…>

<ここは
ヒロミ お気に入りの場所で>

このエリアはね 俺の中ではね…。

…に しようかな。
(矢作) おぉ 喫茶店!

勝手に。

<ヒロミがイメージしているのは
自然を満喫できる 癒やしの…>

<ここにも…>

<建てて行くのだが>

(スタッフ) ヒロミさん…。

ここは そう このまんまで。
(スタッフ) えっ!

あんまり ほら…。

(スタジオ:有吉) そうか なるほどね。

<…ことを気にしていたヒロミ>

<この…>

<変えてみせるというが 一体?>

よし。

<あっという間に…>

<もともと 道路から
丸見えだったのだが

壁が目隠しにもなり…>

<…エリアに>

<すると 壁の穴に…>

<そう…>

≪うわ!≫
(スタジオ:有吉) 奇麗!

<…を埋め込んでいたのだ>

(スタジオ:ギャル 曽根)
確かに すごい いい雰囲気。

<木々を優しく照らす

癒やしのオープンテラスの
壁が完成>

<この日 取り掛かるのは
壁の手前に広がる およそ…>

取りあえず…。

どうにもこうにもならないので。

<自然の中では
平らな地面が ほとんどなく

イスやテーブルが置ける
フラットなスペースが

とても重要に>

<そこで ヒロミは…>

<…をつくり上げるという>

(スタッフ) ヒロミさん…。

これは…。

束石って…。

…のが あんだけど。

<建物の基礎として…>

<1つ 4500円ほどで

ホームセンターでも売られている
一般的な建築資材>

<この束石の上に 柱を立てれば

地面に沈み込まない…>

<…なるというが>

そこそこ…。

(スタッフ) あぁ~。
これを…。

<なんと この…>

<型に使っているのは
ボイド管という厚紙でできた筒>

<コンクリートの…>

≪ハハハ 何だ これ ハハっ≫

<今回 必要な束石の数は
なんと…>

(スタッフ) えっ?

<ヒロミが取り出したのは

羽子板のような形が
特徴のボルト>

<木造建築で 頑丈に…>

<乾く前のコンクリートに…>

これに あの…。

<そう ヒロミは 羽子板ボルトを
埋め込むことで…>

<作り上げていたのだ>

<この…>

<…と 愚痴をこぼしながらも

作業時間1時間で…>

<…の仕込みが完了>

<これが固まった後に…>

<後日…>

<ヒロミ>

<と…>

おはようございます。

<キャンプ場の進み具合を
チェックしに

3か月ぶりに
河口湖を訪れた矢作が>

ちょっと あの…。

ハハハハ。

(矢作)
ウッドデッキ? あっ そこ…。

そう 取りあえずは。

今 線 引いたのが
8m 8mだからね。

<広大な敷地なので
分かりづらいが…>

<…と ここで>

これはね…。

これ 紙なんだけど これをね…。

切って 中 出さなきゃいけない。

(矢作) 切って 中 出す?
お前…。

大体…。

(矢作) そうですね。

<せっかくなので
矢作も一緒に…>

<これが…>

(スタジオ:有吉) おぉ! あぁ いいね。

よいしょ。

(スタッフ) すごい。

<ボイド管が
くっつくことなく…>

<早速 矢作も
見よう見まねで やってみる>

(矢作) 結構 これ…。

切って こう…。

≪へぇ~≫
(スタジオ:有吉) うわ いいね。

<つるんと むける感覚に
ハマったようで

楽しそうに
作業を進めて行く2人>

お前 こうやって…。

お前なんかさ。

そうなんだよ。
ねっ。

忍も この間 会ったら
「ヒロミさん あんな…」。

…って あいつ 言うんだけど。

俺は。

あいつも ほら ひとのこと
言うんだけど お前だって…。

(矢作) 確かにね。

僕…。

すごい…。

そのために…。

(矢作) そうそうそう。

<早速…>

<運び込み>

ここに…。

だけど ここ ほら…。

今…。

<ということで>

(矢作) すげぇ!

(スタジオ:白石) たくさん あったのに
全部 奇麗に作られてたので

すごいなって思いました。

(坂上) まさかね…。

(スタジオ:坂上) 思いませんでしたね。

いや でも いい話でした。
(スタジオ:有吉) いい話でしたね。

<巨大ウッドデッキの
土台となる束石は完成>

<しかし>

今…。

<実は このエリア

両端で かなり高低差があるため

この長い…>

<測ってみると…>

<束石だけで この差を補うには
少し不安>

<そこで>

これの…。

高さが…。

今 斜めじゃん。
(矢作) 斜めでしょ。

これを持って これが…。

持って行くと だから 随分…。

あんだけ 木の下の。

(矢作) 違うんだ。

<こちらは…>

<離れた場所でも 簡単に
水平をとることができるのだ>

<高低差が分かったところで>

(矢作)
グ~って… うわ~ すげぇ!

すげぇ!

<高い地面を20cm掘り下げ

低いほうに20cm盛ることで

40cmあった…>

<…という作戦>

(矢作) 斜面って…。

これで。

(電子音)

(電子音)
(矢作) ここだね ここだね。

<なぜか 矢作が…>

<…する役割を>

(矢作) ここ 高いです。

(電子音)
(矢作) ここです。

(電子音)

(電子音)
(矢作) 来ました ここ。

(電子音)

意外とな。

ちょっとでも平らじゃないと…。

そういう…。

<矢作>

<すると>

(矢作) うん うん。

(矢作の声) これ たぶん 今…。

(矢作) 今 これ
すごい集中してやってるでしょ。

<…と ここで>

自分で こう やってみて。

私有地だから。
俺が…。

これで…。

<ということで 矢作が…>

下ろします。

急に やんなよ。

左 右 左 右。
そう。

で これが…。

(矢作) なるほどね これで…。

何で この 下がると…
あっ あぁ そういうことか。

これが やって
こういうふうにして 下げて…。

ガタガタ ガタガタ。

(スタジオ:有吉) おぉ! すげぇ!

(矢作) ここでいいね?
うん ガン!って… そう。

そうそう。

(矢作) 何 これ 何か…。

いやいや。

だから…。

「この人…」。

(矢作) いつも 結構…。

(矢作) ただ 今回の…。

(スタジオ:有吉) あぁ そう。
(スタジオ:矢作) ユンボも あれ…。

ホントに 俺…。

これが…。

こいつが やると
どうなるかっつうの

見せてあげる。

<ヒロミが
運転を教わったという達人…>

<すると>

(矢作)何? これ これやりながら
動いてるよ 自分も!

(矢作) あぁ そういうことね。

<なんと…>

<…という荒業に>

<さらに クローラーと呼ばれる
駆動部分を

右側だけ回転>

<簡単に…>

<テクニック>

分かると…。

<重機に乗って 20年の武藤さん
もちろん…>

見て ああいう…。

(矢作) …みたいな こう。

<さすがベテラン>

<そして 水平も>

こういうのも…。

思う。

<が見ている間に
ものすごい早さで…>

<ものの30分で>

(白石) うわ 奇麗!

<重機の達人
武藤さんの すご技で

ものすごい早さで整地が進み>

<40cmもの傾斜が…>

(矢作) これは…。

これ やっぱ…。

<転圧作業で使われる…>

<最後に…>

何? これ。

<実は この機械…>

<思う方向に進めない>

(矢作) すごいよ。

<それでも 少しずつ…>

<1人で…>

これは 心 整うね いや~ いいよ。

俺…。

俺が ほら…。

ちゃんとした土地になったんだ
ホントに。

<ものの半日で…>

<ここに いよいよ…>

<だが ここからの道のりが
果てしなかった>

<ヒロミが…>

<なんと…>

<一体 どんなウッドデッキが
出来上がるのか?>

<家族で 横浜に
引っ越して来ても

食欲は一向に衰えない

はなわ家の3兄弟>

(智子さん) ヤダわ もう。

<この日は 三男…>

<現在…>

<教育実習を経て…>

(龍ノ介君) いや 俺 センス…。

<芸術祭で…>

<そして…>

<そんな…>

(笑い)

(はなわ) じゃあ 昇利君 どうぞ!

来た 来た 来た 来た。

はい どうぞ。

(はなわ:智子さん) イエ~イ!

(はなわ) おめでとうございます!

(はなわ) すごいケーキだぜ。

(はなわ) 昇利君だよ ほら。

(はなわ) 似てるよ!

<そう 実は…>

(はなわ) おぉ~!

<今夜…>

(昇利君) よいしょ!

(朝飛先生) よし。

みんなは…。

<…は
全国大会に出場することに>

<先鋒は>

<得意の背負投で…>

<その強さに昇利君…>

<そして…>

<昇利君…>

<とにかく明るく…>

<…的存在>

<1学年 下ながら…>

<頼れる存在>

<そして 昇利君は…>

<それは…>

<昇利君は…>

<…となる1回戦では>

(蛯原)
おっと 塙 いきなり飛び込んだ。

がっぷり組んで

内股 一本!

<その後も>

<順調に勝ち進み>

<迎えた…>

<対するは…>

<格上の相手に>

(蛯原) またしても…。

(蛯原) 抑込…。

<0対1で追い込まれた
朝飛道場>

<ここで 副将の昇利君>

お願いします!

<対するは 千葉県1位の並木君>

(蛯原)
さぁ ここは取りに行きたい 塙。

一方 並木は 何としても守りたい。

並木 大腰!
先手を打って来ました。

<その後も>

(並木君) よいしょ~!

<相手に先に仕掛けられ>

<残り時間は2秒>

わ~!
(蛯原) 塙 突進!

(ブザー)
(蛯原) …が ここでブザー!

<そして 大将戦は>

(蛯原) 石毛 払腰! 一本!

<全国の切符は
手に入れたものの…>

(一同) はい。

(一同) はい。

(朝飛先生) いくらだって。
(一同) はい。

<この時…>

あんまり 俺が…。

<そう…>

(朝飛先生) 礼!
お願いします。

(朝飛先生) 始め!
はい!

(朝飛先生) 1・2…。

(朝飛先生) 8・9。

(ブザー)

(朝飛先生) おい 待て 待て…。

(朝飛先生) はい 始め!

はぁ はぁ…。

(スタジオ:曽根) 水筒 デカっ。
(スタジオ:有吉) 何ちゅうデカさ。

<しかし さらなる課題が>

(朝飛先生)
決めろよ 決めろよ 決めろよ!

<大きい相手に
技をかけに行っても…>

(朝飛先生)
決めろよ ほら だから!

<すると…>

(実況) 一本!

<実は…>

<そう 投げる時…>

(朝飛先生) スピード スピード!

<頭を上げ 丁寧な打ち込み>

<来る日も来る日も…>

(朝飛先生) あぁ いい いい。

<そんな…>

<佐賀から引っ越して来た時は

名門の道場で…>

<昇利君>

(元輝君)うわ すごい… あっぶな。

<憧れの…>

<…するため>

<互いに高め合って来た…>

<この日は>

(はなわ) ということで みんなで…。

(スタジオ:有吉)
IKKOさんじゃない。

<みんな 大好き…>

<さらに>

<鶏 丸々1羽の…>

<大会前に…>

うまっ!

≪えっ≫

≪見た 見た!≫
(智子さん) 見た? ホント?

≪あれ ワゴンのやつ?≫
(智子さん) そうそう そうそう。

(笑い)
(智子さん) お利口さんね。

さぁ。

来ました。

<極め付きは…>

(はなわ) じゃあ 昇利 行け!

(一同) オ~!

<迎えた…>

<3年前の前大会…>

<メンバーが総入れ替えした…>

(はなわ) ちゃんと…。

(智子さん) ホント そうだよね。

(スタジオ:有吉) 大物だね。

<リベンジを掲げ 一層…>

うまいな。

<いよいよ…>

<…で 勝ち上がって来た
つわものぞろい>

礼!

(一同) お願いします!

<背負投を得意とする…>

(蛯原) さぁ どちらが先に 試合の
流れをつくり出せるんでしょうか。

(角田)≪メンチに「翠ジンソーダ」 推せる…≫
(桜井)推せる…!!

いたの?
勝手に飲んでんじゃねぇ!

えっ何それ
ん~! んーじゃなくてさぁ

(店員)≪「翠ジンソーダ」の缶です!
それもしかして もう流行ってんの?

まだ

<缶だよ。サントリー>

(山本)まあ
PSBはイクとして (堺)イクとして?

春巻きか~?
焼売か~?

≪(女性店員・男性店員)
いらっしゃい!

焼き餃子(堺・山本)か~!

<「パーフェクトサントリービール」 糖質ゼロ>

♬~
(上戸)ハミガキ選びはここに注目!

(女性)酵素!?
≪「クリニカPRO」は

歯垢を分解 除去できる≫

日本で唯一の 有効成分配合!

≪7大リスクもケア 誕生「クリニカPRO」≫

(二宮)
「NANOX」から自動投入洗濯機専用洗剤でた!

超~濃縮だから

最大4ヶ月継ぎ足し不要

入れっぱなしでいいのよ!4ヶ月!

しかも洗濯槽もカビから守る!

自動投入洗濯機には 「NANOX」

(蛯原) さぁ どちらが先に 試合の
流れをつくり出せるんでしょうか。

大柿 おっ けんけんで

そのまま 大内刈! 一本!

<続く 次鋒の…>

(蛯原)
田島 内股… おっ 冨樫 耐える!

返した 谷落! 一本!

<そして 中堅の井上君>

(蛯原) 井上 大外刈
けんけんで追い掛ける。

よし 転んだ! 技ありです!

(ブザー)
(蛯原) 抑え込んで

合わせ技一本!

<副将の今里君は…>

(朝飛先生) 何も迷うことはない。
<チームの勝利は決まったものの…>

<果たして?>

<対するは
払腰を得意とする 大野君>

(蛯原) 両者 勢いよく前に出ます。

塙 前に押し込み
利き手を取りに行く。

塙 大内刈 足技。

距離は遠いが
先に攻めて行きます。

(蛯原)足技で じわじわと前に出る
塙 強気です。

(蛯原)
大内刈… 塙 返した 大内返!

一本!

<目線を上げ
軸がしっかりとした状態で技に>

<練習の成果が>

よっしゃ。

<朝飛道場 2回戦 進出>

(智子さん) アハハハ。

<続く…>

<対するは…>

<今年5月の大会で…>

<手ごわい相手>

礼!
(一同) お願いします!

<先鋒は 安定のポイントゲッター
大柿君>

(蛯原) 一戸 背負投!

大柿 これをつかまえて

裏に投げた! 一本!

よし!

<そして 次鋒の…>

<そして 中堅の…>

(蛯原)武田 払腰! 井上 耐える!

内股 一本!

<これで…>

<試合は…>

<鍵を握る 副将戦>

(蛯原) チームに流れを
持ち込めるのは どちらか?

今里 前に出る。

川浪 体落で けん制。

引き寄せた 足車!

一本!

<朝飛道場 一歩リード>

<昇利君が
一本負けしなければ勝利>

(朝飛先生) 分かった? はい。

<果たして…>

<対するは
払腰を得意とする 今君>

<身長163cm リーチが長く

昇利君が苦手とするタイプ>

(智子さん) 昇利 お願い。

(スタジオ:曽根) みんな緊張してる。
(はなわ) 頑張れ 頑張れ。

(蛯原)
運命の大将戦 がっちり組んだ!

(スタジオ:有吉) 大っきいね。

(蛯原) 今 払腰 体落。

立て続けに攻めて行きます。

塙 一本負けを警戒してか
腰が引けている。

体落 大外刈。

今 またしても 連続です。

(蛯原) ここで
消極的と見なされて 塙に指導。

さぁ ここは
先に攻めたいところです。

今が詰めて来る。

塙 払腰 内股!

つぶれたところで
寝技を狙います。

返せるか?

(蛯原)待てです。
(朝飛先生)昇利 そういうことだ!

(はなわ) 行ったれ 昇利!

(蛯原) さぁ 塙 前に詰めて行く
強気です。

今は 下がります。

場外に出たため 今に指導です。

残り時間 およそ10秒
塙 前に出ます。

後がない 今 攻めて行く 内股!

(朝飛先生) 昇利 しっかり持って
しっかり入れば行くから。

(蛯原)
残り時間わずか 組み合って。

試合終了 引き分けです。

(はなわ) 頑張った。

<朝飛道場 これで ベスト8>

<3回戦 進出>

(朝飛先生)
昇利 行ってしまって…。

(朝飛先生)
はい もう すぐだぞ すぐ。

(スタジオ:有吉) 分かりやすい。

<気合を入れてくれた大柿君>

<その訳は>

山武まで。

<リベンジを果たしたい
山武柔道は

ここまで 関東王者の風格で
順調に勝ち上がり>

<順当に行くと…>

<実は…>

<…と>

<山武柔道の前に
立ちはだかるのは…>

<ここまで 1回戦は 全勝

2回戦では 2対0と

圧倒的な強さを見せつけて来た>

<果たして 準決勝へ進むのは
どちらか?>

(蛯原)
さぁ 全国3位に どう戦うか。

斎藤 内股のフェイント 小外刈!

技ありです さらに 抑込。

(蛯原) 合わせ技一本!

(智子さん) 強えぇな。

(スタジオ:曽根) 優しい。

(スタジオ:矢作) 悔しいよね。

<続く 次鋒の冨樫君は
指導2と追い込まれ>

(蛯原) 下農 大内刈! 支釣込足!

冨樫 伏せる。

(蛯原) ここで 待てです。

極端な防御と見なされ
指導3つ目。

ここで 反則負けです。

<さすがは 全国3位>

<朝飛道場>

<果たして?>

(蛯原)
さぁ 後がなくなった朝飛道場。

何とか 次に つなげたいところ。

相手が引き倒そうとする。

井上瑛太 耐えます。

さぁ 体勢 整えて。

あ~っと ここは 技に入れない。

体落が来る!
何とか耐えて粘ります。

小外掛! 負けじと返して行く。

(蛯原)
井上瑛太 次に つなげました。

(はなわ) よし!

<山武と戦うために
もう勝つしかない>

≪新汰 ファイト!≫

(蛯原)
大将に つなげたい 朝飛道場。

対して
ここで決めたい 宇治柔道会。

ファイト! 今里。

語り:大坂なおみ

(ナレーター)あなたにとって幸せとは?

パナソニックは ひとりひとり違う幸せに

くらす はたらく 環境の領域で

答えを出していきたい。

幸せの、チカラに。 パナソニックグループ。

<山武と戦うために
もう勝つしかない>

≪新汰 ファイト!≫

(蛯原)
大将に つなげたい 朝飛道場。

対して
ここで決めたい 宇治柔道会。

(蛯原) 足技で けん制。

タイミングをうかがいます。

大垣 大内刈! 今里 崩れる。

すかさず 寝技を狙って来ます。

今里 耐える。

あっと これは めくれてしまった。

抑込。

20秒で 一本負け。

今里 逃げられるか?

≪逃げれる 逃げれる!≫

(蛯原)
必死に逃げようとする 今里。

大垣
うまく位置を変えて 抑え込む!

(蛯原) 抑込 一本!

<そんな中…>

(昇利君) はい。
(朝飛先生) なっ。

<元輝君の背中を追い掛け

ついに たどり着いた
全国の舞台>

<対するは
ここまで2連勝の西尾君>

オイ!

(蛯原) 塙 前に出る! 強気です!

(蛯原)
支釣込足 大外刈 西尾も返す。

大外刈! 塙 猛攻です。

オイ!
≪チャンスだぞ≫

(蛯原) 勢いが止まりません。
(スタジオ:矢作) いい動きしてるよ。

(蛯原) 塙 小外掛!

執念の一本!

<チームは惜しくも…>

<しかし…>

(朝飛先生) みんな…。

(朝飛先生) それから…。

<そして 決勝戦は…>

でも…。

<全国大会を通して

また ひと回り大きくなった
昇利君>

最後の 昇利君の 試合の…。

(スタジオ:白石)
みんなで喜んで…。

(スタジオ:白石)
…って思いましたね。

(はなわ) まさか…。