鶴瓶の家族に乾杯「軽井沢SP!YOUが女子トークで軽井沢ライフに迫る!」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

鶴瓶の家族に乾杯「軽井沢SP!YOUが女子トークで軽井沢ライフに迫る!」[解][字]

YOUの長野県軽井沢町の旅後編。中軽井沢の商店街を訪ねたYOUは地元に暮らす人たちに軽井沢ライフについて話を聞く。さらに、スケートリンクへ!鶴瓶は別荘地を訪問!

番組内容
YOUは、中軽井沢の商店街へ。地元の電気屋さんや移住したばかりの女性に、軽井沢ライフを聞く。さらに、スケートリンクのあるアイスアリーナへ!子どもたちがスケートの練習をする様子を見学しながら、ママさんと女子トークに花を咲かせる。一方、鶴瓶は別荘地を訪問!別荘を設計する建築家と出会う。その別荘に興味津々。さらに、軽井沢で年中過ごすという男性とのんびりトーク。豊かな自然の中で暮らす悠々自適ライフを聞く。
出演者
【出演】YOU,【司会】笑福亭鶴瓶,小野文惠,【語り】常盤貴子,三宅民夫

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタジオ
  2. 軽井沢
  3. ステキ
  4. 洋史
  5. イチゴ
  6. 石上
  7. ジャム
  8. 稲垣
  9. 大丈夫
  10. 面白
  11. YOU
  12. お母さん
  13. 写真
  14. 多分
  15. 猟師
  16. カモシカ
  17. スケート
  18. ホテル
  19. 古越和雄
  20. 朱璃

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥399 (2022/12/09 20:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

さっきの群衆パニックも
起きますし

もう一つは
心理的な動揺が

広がったりする。

(常盤)<「鶴瓶の家族に乾杯」>

<旅の舞台は…>

<ジョン・レノンも宿泊したという
クラシックホテル。

上皇さまと
上皇后さまが
出会われた

テニスコートが
有名ですよね>

<中軽井沢を訪れた
YOUさん。

いきなりの大歓迎>

♬~(「Birthday」)

♬「幸せをありがとう
ぬくもり届きました」

♬「なによりあなたが
元気でよかった」

♬「宝物をありがとう」

(三宅)<鶴瓶さんは
別荘地として有名な

旧軽井沢を歩きます>

こんにちは… すいません。
いえいえ 全然全然。

ここ行ったら 何があるんですか?

あっ そうですか。

[ スタジオ ] えっ やば!

[ スタジオ ] うわ!

ああ~。

ああ そうか。 ああ ああ。

はい。

[ スタジオ ] へえ~。

そうです。

[ スタジオ ] アハハハ! 面白い。

アハッ すみませんです。

はい 分かりました。
奥さん 下は何ていうんですか?

真由美さん。
はい すみませんです。 すいません。

[ スタジオ ] いいでしょ この奥さん。
ちゃんとこう 嫌がらんと答えて。

[ スタジオ ] いや ほんと そうですね。
なあ。

おい! おい! おい!

誰や。
名前は?

おうみ ひかり?

わべ ひかり。

どこなの? 家は。
家は 三笠っていう

白糸の滝の方なんですけど…

で ここ どう… どう…。

そこへ帰るわけや。

(笑い声)

ど… どの辺り? こっから近いの?

アッハハハ!

[ スタジオ ] あっ こういう入り方
すればいいんだ。

(スタジオの笑い)
[ スタジオ ] だめでしょうね。

いや 出てるやん 今 出てんのよ これ。
あれ テレビなんだって。

(スタジオの笑い)

なんでやねん。

[ スタジオ ] すごいやろ。
すごい。

ほんまの軽井沢やんか。

先住民や ほんまに。
はい。

何を勝手に触ってんの。

ほいじゃあね。
すいません。 ありがとうございます。

[ スタジオ ] いいでしょ。
ね~。

[ スタジオ ] 怖いわ~。 なるほどね。
ハッハッハッハ!

<YOUさんは 更に
中軽井沢の商店街を進みます>

お仕事中ですかね~。

そうですね~…。

[ スタジオ ] これ うれしいわ~。

[ スタジオ ] YOUが ここまで
ちょっと苦労してんの見んの うれしい。

[ スタジオ ] アッハハハ。 楽しいでしょ。
楽しい。 楽しいわ。

[ スタジオ ] めちゃくちゃ苦労してるんだから。

[ スタジオ ] ハッハハハ!
泥棒みたい。

[ スタジオ ] 空き巣や!

あっ すいません…

ご家族っていうか…

そことかで…

お座りになって下さい。

あっ そうなんですね。

[ スタジオ ] 親切にね お話ししてくれた。

あ いとこさん。
あ~ なるほど。

じゃあ みんな
皆さんでっていうか…

(大日方)家族経営です。
…やられてて。

あっ そうなんですね。

ここ何年?

≪(小平)5年ぐらいですね。

うん。 だって3年間で 1, 000人以上
人口 増えて…。

[ スタジオ ] すごいよね~。

[ スタジオ ] すっごい
おっきいスーパーがあって。

うん。 もう乗ってる車がね
止まってる車が ベンツ BM アウディ。

なるほど。
うん。

要するに 多分 移住してきた方たちが…。
(大日方)とか 別荘の方たちとかですよね。

うん。

(笑い声)
そう。

ないですよねえ。

並べないね。

ああ~ いないのか。
[ スタジオ ] あっさりしてんな この2人。

[ スタジオ ] そうなの。
なあ。

[ スタジオ ] いいよねえ。

新しいお店ね。

地元なのに。
[ スタジオ ] 面白いな この人。

いえいえ。 テレビで放映できるような
話じゃないですよね。

すいません! なんか。

すいません すいません。
ありがとうございます。

社長さんじゃないですか。 いえいえ
じいちゃんですから。

なんかこう みんな

ここに お世話になりに来て
忙しくなってもなんですけど…。

困りましたね~。 その辺の…

いやいや いやいや
そんなことないですよ。

あっ ああ よかったです。 ごめんね。
[ スタジオ ] もめさすな YOU。

あっ そうですか。

[ スタジオ ] あ きた お父さん。
古越和雄さんでしたっけ?

[ スタジオ ] 和雄さん。
古越和雄。

これやんか 駐車場。

え?
[ スタジオ ] あ~ ほんとだ。

[ スタジオ ] あ~ 古越和雄さん。

[ スタジオ ] びっくりしちゃうよね。

はい。

[ スタジオ ] ああ きちっとしてらっしゃる。

はい。

[ スタジオ ] すごいよね これ 土地…。
うん。

[ スタジオ ] 広いよね この土地。
うん。

ええ。

はい。

はい。

[ スタジオ ] 同い年!?
同い年や。

同い年や。

[ スタジオ ] あら うれしい。

(和雄)はい そうです。

[ スタジオ ] すごいとこに…。

(和雄)そうですね。

八百屋さん?
はい。 それから もういろんなとこの…

注文 持っていったりして。
はい。

八百屋さんから!
昔は…

はいはい はいはい。

子ども3人?
はい。

はい。

[ スタジオ ] あ 職人さん。

そうですね。

[ スタジオ ] みんな なんか作ってんだね。

[ スタジオ ] あら… 耳が痛い。

暮らしてくには きついかもしれないけど。

[ スタジオ ] あら 偉いのね~。

[ スタジオ ] 同い年やからね。
ねっ 同い年。

わざわざ すいません。
ありがとうございます。

これはこれで もうほんとに
軽井沢の また違うご夫婦ですよね。

ね~。
かっこいいですね。

さあ ちょっとここで お二人に…。
なんやの? 何?

軽井沢の朝を体験して頂きます。

え?
しましたよ。

したやん。
(笑い)

それでは ご賞味下さい。

やった~!
なんや?

すご~い ホテルだ ホテル。
おお~。

そうです。 パンとジャムです。

旧軽井沢で
行列のできるパン屋さんのパン

そして これまた大人気の
ジャム屋さんのジャムです。

いや!

それ 何ですか?
イチゴ イチゴ。 イチゴから?

イチゴでしょう。
うわあ~ もう。

優雅な朝。
これは 軽井沢の朝?

軽井沢の そうです。 ジャムも大人気の
軽井沢で大人気のジャム屋さん。

そのミルクティーも 実はですね

ジョン・レノンが定宿にしていたホテルの
従業員だった小澤孝道さんが

ジョン本人から直接教わったレシピで
作ったものなんです。

あら。

うん… うん?

はい。

植物の茎みたいなところで作った
ちょっと酸味のあるジャムです。

どれ?
いちばん右。

野菜っぽい 不思議なね。
おいしい。

見た目 セロリみたいな植物で。
私 好き 好き 好き。

茎のところを 煮ると ドロドロに
溶けて ジャムになるんです。

う~ん! ブルーベリー
おいしいな。

(笑い)

アハハハハ…!

イチゴ。 イチゴですか?
(笑い)

<鶴瓶さんは
和部さん親子の家を探しますが…>

[ スタジオ ] うそ!
広すぎて 番地も あれなんですけど。

[ スタジオ ] 全く分からへん。

[ スタジオ ] ほんで ポッと見たら
これや ちょっと。

[ スタジオ ] あら。
ここ見て!

[ スタジオ ] なんか おしゃれな感じ。
立ち尽くしてるよ。

[ スタジオ ] 怖いよ~。

[ スタジオ ] 「そんなはずは」と思うもんね。

[ スタジオ ] すごくない?

[ スタジオ ] ほんとだ。 ステキです。

でも いい家やね これ!
[ スタジオ ] あれ 人んちなの?

[ スタジオ ] 人んちやねん。

[ スタジオ ] カーッ。

そんな家ばっかり建ててはるんですか?

(笑い声)

すごいね!

[ スタジオ ] 若く見える。
若う見えるね。

これ どれぐらい かかったんですか?
建つのに。

(石上)工事自体は
1年と ちょっと かかってますね。

でも すりあわせからしたら
だいぶ かかるでしょ?

(石上)最初に お会いしてからは…
でも ちょうど2年ぐらいですね。

この木の雰囲気からね…。

[ スタジオ ] すごいステキな雰囲気が
伝わってきます。

石上さん。
はい。

石上さんに頼もうとかいう。

[ スタジオ ] すご!
すごいね。

(スタジオの笑い)
そんな建つ? だから 次から次へ?

[ スタジオ ] お金持ちが いっぱい引っ越して。
そうそうそう。

狭い地域ですし 皆さん…。

あの人に建ててもらおう
みたいに なってやね。

そうですね そういった…

ありがとうございました。

ありがとうございます。

あれ ステキやろ あの別荘。
もっと見たかったですよね。

もっと もっと ちゃんと見たかった。

あの時 石上さんは あの家の写真を
撮りに行かれてたんですね。 ね 撮影。

その日 撮った写真を
送って下さいました。 うわうわ!

これです。
石上さんは 人の家 建てたら

これ 気持ちええで これ。
ね~。

残るしね。
いや~ 見てみぃな これ!

すごいステキ。
ステキですね~。

あっ ここも なんか…

何だ?

[ スタジオ ] また おしゃれな。
もう 隣の隣ぐらいに バーが。

あっ お話を聞い… あっ…

[ スタジオ ] 暑いからね。
暑いから。

[ スタジオ ] おいしかった~ アイスコーヒー。

一応…

あ ほんと~。

お酒ね いっぱいあるから。
そうなんです。 夜メインでやってて。

[ スタジオ ] この人が バーやってはんねん。
うん。

ふだん 昼 開けてないんで。

ここは…

ああ じゃあ 1年。
1年たったぐらいです。

あ 私は…

もともと…

なるほど。

で 今は こっちを
やってるような感じです。

東京は…

えっ! え?

はいはい。

ああ はいはいはい!

[ スタジオ ] 同郷だった。

来て。
行ってこい みたいな感じで。

え~ どういうとこなんですかね。

あ おっしゃってました?

うん。 いや ほんとに…

そういうのはいいよね~と思って。
うんうんうん。

ああ!

はいはいはい。
[ スタジオ ] 旅の前半で出てきた。

あっ そうなの?

[ スタジオ ] みんな友達だった やっぱり。
友達やったんなあ。

いえいえ。

…っつうか なんつうか
なんっつっていいか分かんないけど。

なんか あの~…

ああ。

アッハハ!
30以下の子たちと 会った時とかに

「アンダー30」に一旦入る みたいな。

グループLINE。
グループLINE。

なんか…

こっちに そういう なんか結構…

うん。
なんで…

ああ。
ああ!

「いや 実は なになにやってます」。
で 「実は… やってて」みたいな。

ウフフッ!

小金井で会いましょう。

すいません。 こんな ぎょうさん連れて
うろうろして。 こんなとこで…。

いやいや。 ちょっと…

友達は どこに
いてはんですか?

[ スタジオ ] これ もう
ステキな方。

鈴木さんに?
うん。

稲垣さん。
(稲垣)はい。

稲垣さんと小池さんね。

稲垣さんと小池さん。
回って聞きなさいと。

ここじゃないね。

え ここは…。

和部さんって…。
[ スタジオ ] あ 光くんだ!

え~ やっぱ…。

そうです そうです。

あ 妻
会ったんですか? 会ったんですよ。

あ~。

そうです そうです。

何て言うんですか? 名前。 (洋史)光です。
あ せや 光や。

(洋史)
で あっちが お姉ちゃんで 朱璃です。

[ スタジオ ] 朱璃 光なの かわいいね。
光と朱璃や。 (洋史)そうです。

さっき… お母さんに。

(洋史)え なんか約束したの?

(スタジオの笑い)

よかった よかった~。
いや 光に謝ったからね。

さっき約束したのに来てなかった
ごめんなさいって。

(洋史)仲直りで握手。

[ スタジオ ] うぇ~い 優しい。

ほな ここは
何なの?

あ そうか そう…。

マスオさん。 でも…

[ スタジオ ]
こっからやで。 こっから読み解きや。

また こんなん…。
[ スタジオ ] 角!

[ スタジオ ] あ~! ちょっと
ちょっと…。

[ スタジオ ] は~!
あ 猟師?

はい。[ スタジオ ] すごい!
へ~!

今 活動中です。
これは ほんまですか?

フフ…。
はい。 これが こうやって
山の中 歩いてるんです。

こんなおんの?
あ います います。

猟師 増やそうと思って…

そういうこともやって…。
面白いな 面白いな。

知ってんの?
ちゃんと。 知ってます。

[ スタジオ ]
へ~!

あれなんです。 多分そこ入ってくる時…

僕も 越してきたの8年前で
で なんか…

そっから やりだしたの?
あとは…

そんな人と…

え~と…。
え 何 何?

お店行って 「すいません
今度から来る…」っていって 話をして。

その そこで働いてたの? バイトしてて。
あ バイトじゃないです。

社員でいてた。
やってたんです。

ぽんと来て。 それがええよね。
ものすごいスタンス軽いな。

(洋史)車 持ってなかったんで…

すごいやっちゃ…。

[ スタジオ ]
ほんとだよね。

そらそうやな。

これ おもろい人やな この人も。

(笑い声)
(洋史)あ でも なんか…

新幹線の運転手になりたいの?

頑張って勉強してや。

まだない?

考え中か。[ スタジオ ] かわいい。
かわいい。

お母さんは…

(スタジオの笑い)
[ スタジオ ] 分かりますよ。

そらそうやんな。

ありがとうございました。

(笑い声)[ スタジオ ] うれしいわ ちょっと。
私も会いたかった。

なんで今言うの?
ひどいよね。

(笑い声)

[ スタジオ ] ちょっと あの
公園の方に 向かっていきました。

なんか
集まってそうなところに行こうかって。

ここはですね いわゆる…

お散歩も もちろんできるし…。

あ! もう…

あ!

[ スタジオ ] あ これは軽井沢っぽい…。

[ スタジオ ] 長野オリンピックやろ。 うん。

あ!

あ こんにちは。

あ こんにちは。
すいません。

あ そうです。
クラブ…

あ~。 スピードスケートやってんの?
うん。

すごいね~。

5時からだ。
いや。

あ~ 大変! じゃあ 急いで下さい。
すいません。 すいません。

いってらっしゃい!

[ スタジオ ] うん ちっちゃい子も…。

大丈夫ですか?
あ 大丈夫です。 すいません。

5歳です。

スケートできるの?
おばちゃんね できないんだよ。 (笑い声)

お兄ちゃん
小学生の…。

あ そうなんですね。
はい。

すごいね!

はぁ~!

[ スタジオ ] そうでしたね さっき…。

回ったら…。 そこちゃうの?

[ スタジオ ] 稲垣さんに紹介された鈴木さん。
そうそう。

[ スタジオ ] 鈴木さん いらっしゃった。
うん。

いらっしゃいませ。
いや 今 今…

ええ。

しゃべってくれる…。 まあ どうぞ。

[ スタジオ ] 上品やろ この人も。

あ! 16年ですか。

そうですか?

そうでしょ? 東京で おられて…。

え~とね…

[ スタジオ ] そうですよね~。

[ スタジオ ] あ~。

いや~。

(笑い声)

あ それはいいね。
それで
え~ ちょっと…

(笑い声)

いや でも 一人で ここでね
酒飲んでるって…。
いいでしょうね。

はい はい はい…。

[ スタジオ ] 僕より 一回り上なんですよ。

ヘヘ…。 はい。

ハハハ…。
あ そうでしょう。

なんっつっても…

虫にして… 昆虫にしてもね。

あ ほんまや!

[ スタジオ ] すご~い もう。

あれ置いといたから。
餌 置いてある。 置いてあるから。

面白いのは…

カモシカが
来る?
カモシカ。

[ スタジオ ] カモシカ
見たことないかも。

(スタジオの笑い)[ スタジオ ] あ ほんとだ!
猟師さんが。

鉄砲打ち… 猟師がね。

ほ~。

あ いてはるんですか?
ええ あの 買い物 行ってますけど。

[ スタジオ ] わぁ~!

[ スタジオ ] あら!
送るって どういうこと?

作りすぎたら…。
いやいや。

[ スタジオ ] あら~!
何を?

例えば…

そうするとね…

全然 全然。 え?

う~ん 何でしょう。
だから お写真。 違う?

[ スタジオ ] あ~。

どれ どれ…?
これね。 はいはい。

[ スタジオ ] あ やっぱ お写真。

わ~!

(2人)「ありがとうございました」。

いやいや。
こういうことになる。

[ スタジオ ] あ~!

これ 帰ってきたあと…

16人! すごいですね。
すごいんです。

ね!

(スタジオの笑い)
[ スタジオ ] あ すごそう。 そらそうでしょう。

鈴木昭郎さん 83歳。
ねえ よかった。

ステキな人や この人。 ねえ!
この方も 実は すごい方でした。

どういうことなの?
なんと…

言わはれへんな。 俺…。

(笑い) うちらなんか もう。
俺が言うたらあかんわ。

はい。 ええ!
ほんとに 奥ゆかしい方でした。

すごい。

う~ん! あ お兄ちゃん?

(由佳)そう お兄ちゃんです。 そうです。
あ そっか そっか。

≪自分で結べた!
何?

(由佳)あ 自分で結べた? あ ほんと?
すごいね。

あ~ あ~。 そうなんですね。

ああ はい。
この冬じゃない…

…っていう形で。
なるほど!

そうです そうです そうです。
わぁ~!

[ スタジオ ] ここがね~ 寒くて最高でした。

あ いいんです。
大丈夫ですか? 私も そんなもんだから。

こんにちは~。

あ!

え もう…

そうですね。

それは 何で…?

ちょっと 今まで通ってた…

ちょっと待っててもらって。
そう 我慢してもらって それで…

あ! そうです…。
で 2年ぐらい?

あ 3年目。

じゃあ ちょっと先輩で。
先輩ですね 頼りきってます。

学校で知り合って。
そう そう…。

よかったですね。 仲良く。
そう そう。 誰も知らない人ばっかり。

[ スタジオ ] そやな。

あ~。 でも じゃあ…

そうですね。
その 軽井沢でも…。

足が痛いよ!
ああ 疲れた!

[ スタジオ ] ず~っと コーン
離せへん。 ハハハハ…!

あ。 東京から?
あたしは えっと…

横浜から。 そうです そうです。
あ じゃあ 都会から来て…。

すごい 漂わずには…。 そもそも
そうなとこ あるじゃないですか 軽井沢。

多分そうです。 私たちは もう…

そう そう…。
でも それは ちょっと…

でも なんか
こっちは生活になるじゃないですか。

[ スタジオ ] うわ ここで持ってなかったら
大変やろな。 ねえ 大変ですね。

…じゃないと 絶対
引っ越さないっていって。
これ でも…

みんなに言われるんですけど
いや この年で…。

何だろう。

まだ若いから取んなさいよ!
いやいやいや…。

(笑い)
そう そう そう。

それ 結構みんなに びっくりされる。
ほんと?

あ 一緒にやるんだ ママは。
あ ほんとだ! ちょっと じゃあ…

あたし そんな滑れないのよ。

ごめんね。
いってらっしゃい。 ごめん ごめん。

マジで?

[ スタジオ ] ものすごい。 お母さん なんや。
お母さん…。

[ スタジオ ] あ でも もう大丈夫ですね。

[ スタジオ ] あ 滑りだした 滑りだした。
やればできるのよ~。

あ そう。 すごい親切にしてもらってます。
あ~。

同じ年ぐらいの…

あ います います。

[ スタジオ ]
移住組…。

見ましたよ お母さん。

いや 多分…。

[ スタジオ ] 地元の…。

ちょっと映っちゃっていい?
大丈夫ですか?

あ~ じゃあ もう… ねえ おばあちゃん
おじいちゃんも きっと NHKだから…。

絶対 見てる。
ねえ。 見てくれてるから ちょっと…

うん?

「僕 スケートをやってるよ」っつって。

わ~ よかったよ。 これ見てくれたら
いいなと思って…。 永久保存版だよ。

そうか そうか。

今のとこ 週1で…

そうね。 うん。 ねっ!
なるほどね。 そっか じゃあ…

はい。 大エンジョイです もう。
引き続き じゃあ 軽井沢 楽しんで。

ありがとうございます。
ねえ ありがとうね 本当に。

ありがとうございました。
お邪魔…。 ありがとうございました。

ありがとうございます。

バイバ~イ!
ファンで~す!

[ スタジオ ] ええ人たち見つけたやんか。

そうして。

いい方に会われましたね。
はい。

寺島さんは 「スケートは 私 滑れない」と
おっしゃってたじゃないですか。

え~!
ほら みんな そうやって

できる方って お隠しになるのよね。
そうやな ほんまに。

え!?

何で 滑れないって滑れるやんか。

じゃあもう 崇裕くんも

佳祐くんも涼葉ちゃんも

そっちの道に…。
…かもしれないです。

お母さんの運動神経は遺伝しますからね。

よう知ってんな。
そうなんです。

母親やねん あれ みんな。
そうなんです。

ごめんね 息子!
(笑い)

軽井沢のステキな面を いっぱい
見ることができました。 ほんとに。

長野県軽井沢町の皆さん
この度は お世話になりました。

(2人)ありがとうございました。
ありがとうございます。

ありがとうございました。
(拍手)

♬~