ロンドンハーツ キモいけど面白い芸人 こんな恋してきました[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ロンドンハーツ キモいけど面白い芸人 こんな恋してきました[字]

好きな女性に対して、異様な執着心を見せる芸人2人を大フィーチャー。
キモいけど面白い。2人の片思い遍歴を深掘りする!!

◇番組内容
好きな女性に対して、異様な執着心を見せる、ななまがり森下。
女性の前ではカッコつけで、ナルシストなチェリーボーイ、カカロニ栗谷。

収録が始まるや、次々と出てくる、キモおもしろエピソード。
「中学3年間、ずっと女子から無視されていた」
「いつの間にかレンズを通して好きに…」
「好きな女性の家の周りを自転車で毎日…」
◇番組内容2
切なく歪んだ片思い話に、スタジオの有吉やザキヤマ、女性陣たちも驚愕!!
皆さん、決して怖がらず、笑って観てあげて下さいね!!
◇出演者
ロンドンブーツ1号2号/有吉弘行、山崎弘也(アンタッチャブル)/カカロニ、ななまがり、藤田ニコル、横山由依 【50音順】
◇おしらせ
☆公式ホームページ
 →https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 山崎
  2. 森下
  3. 有吉
  4. 藤田
  5. 栗谷
  6. 横山
  7. ホント
  8. 一同
  9. メール
  10. 二重丸
  11. モテ
  12. 黄緑
  13. 学生時代
  14. 当時
  15. 彼女
  16. 不良
  17. コホン
  18. シュッ
  19. バイク
  20. ムーヴ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥730 (2022/11/30 15:38:36時点 Amazon調べ-詳細)

キモイけど面白い芸人
こんな恋してきました!

(拍手と歓声)

今回はですね

先日 放送致しました
キモイけど面白い芸人グランプリで

恋多きピュアボーイっぷりが
発覚致しました

こちらのお二人

ななまがり 森下と
カカロニの栗谷の

片思い遍歴を深掘りしよう
という企画です。

へえ~ すごい。

若干 こちらの方 興味なさそう…。
(藤田)気になる 気になる。

こいつらの恋愛のために
朝早いなっていう…。

(藤田)確かに。
(有吉)それは やっぱり…

ダメージはありますね。
そうね。

人の恋に
朝も午前中も午後もないから。

〈ななまがり
森下〉

バラは 相手に渡す本数によって
意味があると

聞いた事があったので
調べてみると 3本は…。

〈カカロニ 栗谷〉

〈そんなキモおもろい2人の
片思い遍歴を深掘り!〉

まずは 2人の片思い年表を
こちらに用意致しました。

(有吉)ちょっと すいません…。

私も打ち合わせしたんですけど

想像の3倍ありましたから
片思い遍歴。

で 最初から言っておきますけど
2週にわたって…。

(山崎)えっ!

またぐんですか!?
またぎます。

力入れてますね
『ロンハー』も。

まずは 栗谷の学生時代から
見ていきましょう。

こちらです。

よかったですね。
これぐらいおっきいですから。

そして 高校生になると…。

めちゃくちゃきれいだよ。

…に 今まで恋をしてきた
という事なんですが。

特に印象に残る
女子とのエピソードをですね

アンケート頂いているので
紹介したいと思います。

まずは 初恋のAさん。

(藤田)「奪っちゃうぜ!!」。

小学校の時は
俺様キャラみたいなのが

みんな
大好きだったんですよ 僕の。

結構 モテてましたし。
(有吉)悪い男を

好きになっちゃうんだよね。
(栗谷)そうです はい。

これは ホントに
モテてたんですよね

学生時代は 栗谷さんは。
学生時代は。

元々 イケメンだったんで。
あっ そうなんだ。

いつから溶け始めたの?

(すがや)いや それも
ちゃんと転機があるんですよ。

融点みたいなのが。

融点に達しちゃったんでしょ
だって。

(有吉)「溶けて」…。
(山崎)魔法と共に。

まあ でも
ホントにモテてたのかどうか

卒アルがあるんですよね?

(山崎)あっ なんか あったね
ランキングとかね。

クラスの色んなランキング
みたいなのがあって…。

かっこいい人。

かっこいい人で
まず 2位に入ってます。

そして 有名になりそうな人で
2位に入ってます。

人気者だったんでしょう。

しかも
スポーツのうまい人で2位に。

これ モテますよ。

だけど おもしろい人には
一切 入ってないっていう。

(山崎)じゃあ
そういう感じじゃなかったんだ。

みんなを笑わすみたいな。
(栗谷)そうですね。

なんか どっちかっていうと

バラエティー班より
ドラマ班みたいな。

(山崎)そうだよね 確かに。
(有吉)そうだね。

だから 女子から見ても

クラスで人気があったっていう
証しだと思うんですが

あのメールに関しては
ニコルさん どうですか?

いや メールで告白する時点で
ちょっと なしというか

女の子の気持ち 考えたら
「メール?」ってなっちゃいますね。

で その追いメールが来るからね
そのあと。

「奪っちゃうぜ!!」が来ます。
(藤田)「奪っちゃうぜ!!」…。

その当時 スクショなかっただけ
よかったですよ。

そうだね。 その時に…。

バンバン…。
(すがや)激バズり画像。

その女の子は
彼氏がいたわけじゃないですか。

それでも いけそうだって
思ったって事ですもんね?

この卒アルの最後に

みんな
書くやつあるじゃないですか。

寄せ書きみたいな。
(栗谷)その子が…

僕 「天才」って
呼ばれてたんですけど。

あだ名?
(栗谷)はい。

って書いてあって。

これって そういう事なのかな?
って思っちゃってて。

その時に
すでに彼氏はいたんですけど

僕と付き合いたいんだけど…。

直接は言えないから。
言えないから

違う人と付き合っちゃったのかな
みたいな感じで…。

なるほど なるほど。
どうですか?

なかなかの
勘違いっぷりのような気も…。

(横山)いや すごいですね。
意訳がすごいですよね。

なんか こう
どんどん 巡り巡って…。

そういう事じゃないんだ
女子からすると。

脳内のね 変換がすごいんです
自由自在にやってくるので。

ポジティブです すごい。

続いて
森下の学生時代が こちらです。

(山崎)あったんだね 学生時代が。
(横山)アハハハ…!

ちょっと長めになっております。
(横山)めちゃくちゃ多いじゃん。

なんだろう? 二重丸みたいな…。

(山崎)ええー!
そして 高校生です。

(有吉)怖いね それ。
(山崎)すごい気になる。

ああ~! ちょっとお姉さんか。

で 二重丸が もう付いてるんです。
(山崎)なんですか? これ。

怖いんですけど。
これは

こっち側が付けたわけじゃなくて
ご本人が…。

「アンケートを書いてくれ」って
言われて

思い出してたら
楽しくなっちゃって

2万文字ぐらい 書いてしまって。
(横山)ええっ!

すごいね! 『Quick Japan』…。
(山崎)2万文字!?

『Quick Japan』…。
(森下)その中でも

ホントに大好きだった人が
二重丸みたいな感じですね。

特に思い入れがある…。
(森下)はい。

中3 すごいよね なんか。
(藤田)ねえ。

(森下)二重丸の大好きな子が
彼氏できちゃったりとか…。

できなけりゃね!

揺さぶられちゃうのね。
はい。 もう…

別の人を思って ちょっと
気持ちをラクにしないとみたいな。

そんな二重丸の付いてる

小6で身長180センチの
Sさんのお話から。

ああ いいね。
しかし…。

狙ったわけじゃないんでしょ?

狙ったわけじゃないですよ。
たまたま当たっちゃったんでしょ。

まだ 性の事とか
何も知らない状態で

ホント いつもみたいに
ウエ~! って ふざけてたら

たまたま… ホント

ちょっと発育してたの 180なので。
(山崎)そうか そうか。

この盛り上がりに
やってしまって…。

ポーズが嫌だ。
(山崎)たまたまね。

で そんな顔を初めて見たので。

いつも 「何よ!」みたいな感じで
返してくれるのが

なんか 無言で…。

…みたいなので にらまれて

ちょっとゾクッとしたというか。
(有吉)始まってるね。

始まったね。 早いな~!

で その子が…
中学も一緒やったんですけど

中学1年の時に
僕の 一番 仲良かった

(森下)それで 傷ついて…。

いや 小6だよ!
(一同 笑い)

今の… 今の この風貌 捨てて!

見た目は…
あれじゃないんですか?

見た目 全然違うから!

横乳 思い出す? 今でも。
(森下)そうですね…。

夜中 思い出してしまう時も
ありますね その…。

夜中?
(山崎)どうすんの?

夜中 思い出して。
横乳 思い出してどうするのよ。

えー…
なんて言ったらいいんですか…。

(山崎)ギリギリ いいとこね。
頭の中ね。

ギリギリのとこで頼むよ。
いいとこよ。

(有吉)カフェオレ…。
カフェオレ?

混ざっちゃったのかな?
混ざっちゃった…。

コーヒーと牛乳で。
混ざり合った…。

いい表現だね~。
男子と女子が混ざり合ったのを

ミルクとコーヒーに例えたんです。
(山崎)素敵。

続いて 栗谷の19歳以降
こちらです。

(一同)えーっ!

〈次回の『有吉クイズ』は
一茂と出川のナビなしドライブ〉

〈さらに
京都で『マツケンサンバ』〉

♬~「マツケンサンバ」

栗谷の19歳以降 こちらです。

(一同)えーっ!

(横山)すごい!
(有吉)これ やばい!

この辺りからね
スパークしてくるんでしょう。

(有吉)やばいね これ。

誰よ?

この前ね
伊東さんの話は出てきました。

(山崎)アンゴラ村長似…。
アハハハ…。

そうですね。
(藤田)そんなマッチングできるんだ。

まずは 中島美嘉似の
Hさんのエピソード。

アハハ… ホント?

二十歳で不良になる人とか
いるの?

二十歳から不良始めたんです。
(山崎)二十歳で不良始めたの?

いや なんか 結局
遅咲きがかっこいいなみたいな。

(山崎)ああ そうなったんだ。

男だね~。
ドラマ。 ドラマだね!

なんで 友達の彼女
好きになっちゃったの?

いや 知らなかったんですよ
友達の彼女っていう事を。

で 高校から一緒で

かわいいなと思ってて
遊ぶようになって…。

で 好きになって
普通に お酒飲んでた席で

実は 付き合ってるんだよね
みたいな事…。

ああ~。
うわ~。

当時 もう
不良には なってたんだよね?

はい。
(山崎)不良になってたら

なんか 言っちゃうみたいな
そういうのない?

積極的になるみたいな。
(栗谷)ああ でも 不良になったら

全部バイクにいってましたね。
当時は その…。

(すがや)すいません
ちっちゃいウソなんですけど

バイクじゃないじゃん。
(有吉)何?

黄緑のムーヴじゃん
当時 乗ってたのは。

(有吉)黄緑のムーヴ?
軽自動車。

黄緑の軽自動車に乗ってた…。

お母さんの?
お母さんにもらったやつ?

(藤田)バイクは?
(山崎)いや なんで? なんで?

黄緑のムーヴなんて
お母さんのやつ…。

でも それに乗ってた。

みんなが
黒いシャコタンとか乗ってる中

栗谷さんは一人
黄緑のムーヴで来てたんです。

(山崎)悪くないけどね。
不良じゃないじゃん。

バイクも乗ってた時期あります…。
何 乗ってたの?

なんか チョイノリっていう…。
チョイノリ!

制限速度30キロのやつよ。

あれ バイクっていう…?
(有吉)相当悪いね。

続いて
25歳の頃に所属していた人力舎

そこのマネージャーさん
Eさんのエピソード。

ええ…!
その後…。

泣いてくれたっていうのは
ホントなの?

「私が担当するので
辞めさせないでください」

みたいな感じ。

で 「レンズを通して好きになった」
っていうのは?

(栗谷)あの時
初めての感覚だったんですけど

なんか レンズを通して
目が合ったんですよ。

向こうは のぞいてるって事?
のぞいてるんですけど。

カメラを。
(山崎)あっちが のぞいてる側?

あっちが この… こっちです。
(横山)えっ?

(栗谷)俺が撮られてる側で…。
(横山)そんな事あります?

逆だと思ったよね?
(山崎)逆だと思った。

(有吉)なんか でも 禁断の恋だね
スターとマネージャーの。

(栗谷)いやあ そうなんですよね。

「先輩のライブの流す
VTRの撮影」って…。

スターではないだろうよ まだ。
(一同 笑い)

実はですね

当時のマネージャー Eさんに
コンタクトが取れまして

コメントを頂いております。
(藤田)泣いた理由…。

泣いた理由… 確かにね。
泣いたのかっていう。

(一同)ああ~!

(山崎)ああ やっぱ そうなんだ。
(横山)事実ですね。

(藤田)えっ!? 盛った?
盛ってますね。

(有吉)「泣いてません」。
自分ですね。

僕をおいしくしてくれたんだと…。
(山崎)ああ~! そっか

「泣いた」じゃあ…
あんまり盛り上がらないもんね。

おいしくしてくれたと
思うんだったら

のっかってやれよ それに。
(一同 笑い)

なんで のっからないんだよ?

続いて…。

すごいね。
(藤田)すごい!

(有吉)優しいね。

これ どう捉えます?

(有吉)そうだよね。
(山崎)退職… 仕事 辞めてね。

「辞めて
このあと どうするの?」とか

ストーリーが始まりそうですけど
どうなんですか?

俺は 終わりだと
思っちゃったんですよ。

なんでなんですか?

3回目だったんです この方は。
(藤田)すごいじゃん!

3回目で ドライブで
わざわざ迎えに来てくれて。

えっ 女性の運転で?

めちゃくちゃ脈ありじゃない?
(栗谷)夜景を見に行って

告白しようかなって思う
タイミングで

その話をされたんで。

ちょっと 雰囲気は
僕 出してたんですよ

告白する雰囲気というか。

その時に なんか
話をそらすような感じで

退職願の書き方みたいなのを…。

そうかね?
(山崎)そうなの?

でも なんか 自分のこれからとか

相談事みたいな事を話すのって

ちょっと気になってる人にしか
言わない気がするんですね。

きっかけになるよね
退職届だから

「このあと どうするの?」とか。

鈍感だね~!
(横山)確かに。

まだ間に合う?

繋がってる?
(栗谷)LINEは。

めちゃくちゃきれいな子なんで。

きれいな人だとね…。

ホント 鈍感なんだね。
(藤田)惜しい。

「いいのよ」って なんだよ。
どこがいいんだよ。

モテるのに気づかないっていう。

森下の19歳以降 こちら。

(藤田)どれくらい… おお~!
(有吉)あるね。

結構ありますが

こちらも
二重丸が付いております。

ご自身でね 付けて…。

(藤田)元アイドル。

なんで 待つんだ?

この前 『ロンハー』で紹介した…。
(山崎)もう やめてくれっていう。

まずは 大学時代
10年間 好きだったNさん。

これは… はい。
(藤田)長い。

(山崎)前回のね? ああ~!

あの Googleで 場所を…。
ああ そうです。

前回 この企画で
グーグルマップを使い

Nさんの家から中学校までの
通学路を

調べていた事が暴露されたが

他にも やっていた事があった。

ちょっと!
なんで 全部言わなかったの?

えっ…!?

やめろよ!

怖い…。
これを繰り返すんだよね。

それを繰り返してたんですか?

回る事も 繰り返しやるし

見たら逃げるっていう
それ セットで

繰り返してたんだよ。
えーっ! 怖い!

じゃあ
結果 会ってないって事ね?

結果 会ってないです。
でも 一瞬だけ見て…。

…って もう 旋回して。
(有吉)やめた方がいいよ。

なんか 別に 手ぇ出したりとか
声かけたりとか しませんから…。

全く手は出さないです。
犯罪行為は及んでないです。

(横山)いや…。

例えば その子と たまに
まだメールとかできてた時に

メールの受信口を…

こう 股間に当てて…。

ああ…。
「ああ」じゃないのよ…!

着信…。
(すがや)バイブがね。 バイブの…。

バイブでっていうのを よく…。

その人の振動だって感じるわけ?
(森下)はい。

だから
たまに 初瀬の振動の時がある…。

ちょっと
知りたくなかったな! マジで。

(山崎)そういうのが
交ざっちゃうのね たまにね。

空気読まないで メールとか
LINEとかするからだよ。

いやいや…
わかんないでしょ! そんなん。

股間に当ててると
思わないですもん! だって。

僕のメールを…。

ピュアなんだよね。
(横山・藤田)確かに。

犯罪は… はい。
犯罪者じゃないんだけど…。

予備軍ではある…。

(一同 笑い)
なんにもしてないから。

なんにもしてないんだよな!
っつって。

ただ 家の周りは グルグル…
グルグル回ってるんだよ。

自由だからね。

何時間ぐらい 回ってたんですか?

(有吉)すごいね!
(藤田)トイレも行かずに?

野球場に 桑田ロードっていうね
なんか…

桑田さんが 毎日 こう 走って
桑田ロードができた…。

そんないいもんじゃないんだよ!

森下ロードが できてきた…。

なんの跡なんだよ? って こう…。

(一同 笑い)
(山崎)森下ロードですよ。

細い跡が もう…。

(山崎)桑田さんも
4時間は走ってないよ。

続いて…。

僕は…。

えーっ!
怖いよ!

(秘書)あと1周! 網野さん
頑張れ~!
(網野)おう!

(部下)あと1人! ふんばれ~!

続いては…。

優しい。

(横山)えっ…!

(横山)えーっ!
怖いよ!

怖い…。
(森下)いや でも

ホント 嬉しかったです あれは。
(山崎)好きな人のウイルスがね。

確実に あの子のが入ったんだって
思ったのね。

(森下)ちょうど早退したんで
その日。

「ちょっと風邪なの」って
言いながら

コホンって言ったやつを
こう シュッて吸って…。

結ばれた感じがしたの?
そうなんですよね。

一つになれたというか…。
(藤田)一つに…。

前 彼女の体にいた菌が
こっちに来たというか…。

吸ってる姿はバレてるんですか?

でも ちょうど この…
コホン これの時に

シュッ。
バレるだろ!

(山崎)うまい うまい うまい。
いや バレるじゃん!

(山崎)いや 見てないもんね。
吸った! と思うよ。

吸った! って思う…。

(一同 笑い)
いやいや…。

そんな動きしたら…。
(山崎)吸うなんて思わないから。

もう一回やってくれる?
(森下)いや だから 彼女が…。

(山崎)コホンでしょ?
(森下)コホン。

シュッ。
吸うた!

(一同 笑い)
吸うたやん!

(初瀬)めちゃくちゃ吸ってるよ。
(山崎)そもそも

吸うなんて思わない…。
バキューム音もしたし。

なんか その女の子なんですけど
実は 今までで

(藤田)いけそうだったって事?
(森下)はい。

居酒屋のホールで…
お互いホールだったんですけど

ずーっと こう 見ちゃって…。

まあ そこで ずっと
明らかに好意は伝えてて…。

見てるよっていう。
(森下)で ある日

2年ぐらいしたら
急に その子が

今日 森下くんと一緒だ!
みたいな。

えーっ?
あら。

なんか はしゃいで… ホントに
はしゃいでくれてたんですよ。

2年見てた…。
(森下)で ある日

なんか 僕が出勤して
更衣室いる中で

外で話してるのが
聞こえたんですけど

「なんなの? 森下に その感じ」
って誰かが聞いてて。

「いや 私 森下くんの事 好きなの」
って。

あら。 聞こえてきたんだ。
(山崎)えっ 聞こえてきたの?

はい。 で なんか どうやら

彼氏と
ずっと付き合ってたんですけど

別れたらしくて。
(山崎)なるほど。

そのタイミングだ。
(森下)キープされてたのか

なんか
こっちに振り向いた時があって…。

そういう時に
僕 めっちゃ恥ずかしくなって

ずっと にらんじゃうんですよ
その人の事を。

どんな感じ?

もう その…。

(横山)怖い。
(森下)にらんで

で もう 無視しちゃって…。
(有吉)えーっ!

その子が ずっと
話しかけてくれるんですけど。

なんで?
変だよ。

興味ないよって
したくなっちゃう。

なんで…。
かっこつけちゃったの?

はい。 心の中では こう…。
嬉しいのに?

嬉しいんですけど
裏腹というか…。

どんな にらみ方だっけ?

でも その状態で 彼女が
ゴホンって せきしたら?

シュッ。
吸うんかい!

吸うんかい!
(初瀬)吸うなって。

(横山)それは吸う…。
(藤田)変な人…。

こちらです。
(横山)えっ?

〈次週は ついに

ネットで検索したら…。

〈キモ面白さが
さらにパワーアップ〉

〈そして 意中の女性登場で
どうなっちゃう?〉

髪の毛1本もらう事…。

愛に満ちてるところが…。

〈その翌週は
究極恋愛シミュレーション

ラブマゲドンを開催!〉

女の子の気持ち
考えた事あんのかよ!

〈最後の一人になるのは誰だ?〉

オバハンのやつばっか
持って帰ったからかな。

〈そして TVerでは 津田・ナダルの
嫁出ていったドッキリも〉

(スタッフ)伊達さんの
コメントから…。