ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【秋田】えっ?半チャーハン1キロ250円…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【秋田】えっ?半チャーハン1キロ250円

普通盛り2キロ600円!!にんにく巨大海鮮みそちゃんぽんほかメニュー表の写真と違い過ぎる(秘)食堂/パパはいつも大笑いチャーハンヒーロー!!Dと過ごす小3息子の秋休み

詳細情報
出演者
【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】インディアンス、小芝風花、朝倉海
URL
https://www.ctv.co.jp/omouma/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 田渕
  2. ハハハ
  3. 小芝
  4. 朝倉
  5. スタッフ
  6. 店主
  7. 漣音
  8. 写真
  9. ヤバイ
  10. チャーハン
  11. マジ
  12. 半チャーハン
  13. ウソ
  14. ビアボール
  15. ヒロミ
  16. 結構
  17. ダメ
  18. 大丈夫
  19. 柄本
  20. 無理

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



<テレビの前の皆さん>

<日本の とある町で
見つけました>

(小芝)うわ~っ。

(ヒロミ)どこ?これ。
(朝倉)すごい。

でも はやってるじゃん。
(田渕)なるほど。

あっ 買うやつ。
(小峠)うん。

(田渕)食券ですね。
(きむ)ねぇ「半チャーハン」

いや そうですよね。
すごい いいシステムだよな。

(田渕)すごい市民権 得てますよね
半チャーハン。

もう半チャーハンで
どれだけ助かってるか。

(きむ)半ぐらいが
いいですもんね。

(小芝)え~っ!
え~っ?

(田渕)どこがやねん!
(小芝)半って…。

どこがやねん!
(田渕)どこがやねん!これ。

半?これで半?
ハハハ…[笑]

え~っ。
(田渕)ヤバイ ヤバイ もうこれで。

田渕いいよ。

ハハハ…[笑]

(小芝)でかい!
これで半だよ。

(きむ)でかい。(田渕)普通盛りって
じゃあ倍あるんですかね?マジで

いや すごいね そうなんじゃ
ないの?うわっ これ…。

どういうシステムで
これが半になったんだろうな。

(きむ)半?巨人の半?

(田渕)富士山と間違えて誰か
登ってまうで これ。

(朝倉)ハハハ…[笑]

イヤホンだから お前のツッコミが
聞き取りづらいんだよな。

(田渕)ハハハ…[笑]

やっぱり もう ちょい
張るべきですかね?

ハハハ…[笑]

これ どれぐらいあるんだろう?
半で。

すごいよね 量。
ねぇ。

(田渕)2合以上ありますよね?
うん。

(朝倉)ハハハ…[笑]
(田渕)マジ?これ。

うわっ 何か お玉も でかいもんね

でかい うん。
何か でかいよね これ。

でかめ うん。

うわっ。
(小芝)へぇ~っ。

あ~っ。
(田渕)チャーシュー。

うまそうだな これ。

なると。なるとも多めだね。
へぇ~っ。

全体的に多いわ。
うん。

いや すごいボリュームよ これも。

(田渕)見てられる。(きむ)なぁ。

あんなに入れるんだ。
あっ 結構いきますね。

(きむ)結構 味がしっかりしてそう

俺も作るとき あれぐらい入れよう
あんなに入れるんだな。

(きむ)今ので感銘 受けます?

買ったんだよ 中華鍋。
へぇ~っ。

(きむ)「はいさー」?
あっ これは でも…。

(田渕)これは?
これは 普通ですね。

これは もう どういう
あれなんだろうな?量的には。

(田渕)そうですね。
あ~っ ここからか。

(きむ)あっ 仕上げがあるんだ。

(田渕)だから
すごいラップ敷いてたんや 下。

(小芝)固めてる[笑]
すごいね。

盛り付けって
手でやるもんじゃないよね?

(きむ)おにぎり やってるみたい。

(小芝)え~っ。

押さえ込んでるもんな。
(田渕)これ すごいですね。

(朝倉)すごいな へぇ~っ。

(田渕)…ぐらいありますよ これ。
(小芝)ハハハ…[笑]

(きむ)電車で言うたらね。
(朝倉)たとえ[笑]

満員電車に たとえなくて いいよ!
(田渕)いいんですか?

<さぁ いくら?>

半チャーハンだからな。
(田渕)半ですから 半。

半だから…でも 500円!

(田渕)でも この量…。
(小芝)えっ これ500…?

700円ぐらいかな?

(一同)え~っ!(きむ)安い!

250円だよ?
(小芝)安い[笑]

(田渕)価格破壊すぎるやろ。
(きむ)一生これで いいわ。

値段だけ 半チャーハン。
半チャーハン[笑]

(きむ)確かに[笑]
値段が半チャーハンだ。

値段は 半チャーハンですね。
値段だけ。

(きむ)量が全然 違うけど。
何だよ これ。

(田渕)これ うれしいけどな。
(きむ)これ 最高やな。

いや これ すごいね。

いや いらねぇんだよ 断面は。

(きむ)あっ 中身ね。
(田渕)断面?

うわっ 詰まってる。
(小芝)ぎっしり。

これ確かに
400%ぐらい入ってるな。

(田渕)乗車率で言ったら
400%ですね これ。

えっ となると…

いや すごいんじゃない?
(田渕)そうですよね そこですよね

(朝倉)確かに。

あれで250円って。

(田渕)あれ?米 付いてる。
(きむ)あれ?ほんまや。

(田渕)顔に米 付いてたよ?
(きむ)ほっぺたに 付いてた。

(田渕)ちょっと待って。
(きむ)あれ?食べてたんかな?

(小芝)ハハハ…[笑]かわいい。

(田渕)そこ 付く?あれ?何で?

どうやって 付くんだ あんなとこ。

振ったんだよ 振ったんだよ!
あ~っ 振ったやつが付いた?

(田渕)普通盛り。
(きむ)普通盛りだ。

あら。

ダメダメ!逃げて!

逃げて 逃げて!
ハハハ…[笑]

(田渕)勉強不足やで ちょっと!
(きむ)ヤバイ。

いや これ ヤバイよ。
(きむ)この写真じゃ 分からんな。

(朝倉)これじゃ分からない。
ダメダメ!

(きむ)分からんぞ これじゃ。
これは 普通よね?

これ ダメダメ!
写真に だまされちゃ!

(小芝)ハハハ…[笑]
(きむ)上空からじゃ 分からへん。

(小芝)えっ!ハハハ…[笑]

(きむ)ヤバイ!
(田渕)返ってなかったやん!

(きむ)ヤバイやん。

やめて!
いや こりゃ 無理よ。

これ 無理だよ。
(きむ)すごいよ。

(田渕)大男が
両手で振ってましたよ。

見た?あれ。
すごい量よ これ。

(朝倉)すごいですね。

(きむ)大丈夫かな?
えっ 何で うなずいたの?今。

(田渕)いや 大丈夫?いける?
ヤバイよ これ。

えっ!大丈夫?

うなずいたよね?
うん。

(田渕)いや 写真 信じたら
あかんって!

女性だよね?
女性ですね。

(朝倉)写真 変えた方が いい。

(田渕)いける?マジで。
いける?

(きむ)これじゃ 分かれへん。
何で写真ウソついてるの?これ。

(田渕)これウソですよね?
ウソよね?これ。

(きむ)そうですよね。
(田渕)ウソですよ。

(小芝)すごそう 何か。

えっ?
(田渕)う~わ!

(きむ)でかい!(田渕)ウソや!
これマジで?[笑]

(小芝)いや…うわっ!
(田渕)すごいね。

いや すげぇな。
(田渕)何じゃ?この量。

激しいね。
これ何?これ。

1升以上あるんじゃないの?
(田渕)ありそうですね。

(小芝)ハハハ…[笑]

ほら ほら!

「え?」って言ってるよ?ほら。

(きむ)「マジ?」って言ってる。

(田渕)びびってる[笑]

ハハハ…[笑]

こんな ウソある?
ねぇ。

写真と。
(田渕)写真。

うん。これ どう思うんだろう?

ハハハ…[笑]

(田渕)いや そりゃそうよ。

これは だまされちゃうよな。

大丈夫です。

これは無理よ。

これは分からないよね 上からは。

(小芝)ハハハ…[笑]
いや そうね。

そうなるよ。
そりゃ そうだ。

(田渕)逆の詐欺みたいなのって
あるんですね?

≪絶対ウソだよね。

(きむ)怒ってるよ。
そうね。

(田渕)
「皿こんなに余ってねぇもん」って

(朝倉)ハハハ…[笑]

うわ~っ。

(スタッフ)あっ それで?
え~っ?

≪これ普通盛りです。

(田渕)足りない!?
(小芝)ハハハ…[笑]

(きむ)足りない?目分量で?
(朝倉)ハハハ…[笑]

あれで足りない。
足りない。

(きむ)足りないとかないけどね
ちょっと少なくても

分からへんけどな。
(田渕)6人家族の量よ あれ。

いや 6人家族でも
食いきれないよ[笑]

大将!頼むよ。
(田渕)やり過ぎてる これ。

どういくんだよ これ。

(田渕)ええの使ってた。

ニッコニコしてる。
すげぇ いい人そう。

(きむ)ねぇ いい笑顔。

うわ~っ[笑]

(きむ)ちょっと沈むぐらい…。

(田渕)「あきたこまち」
あらへんがな。

(小芝)ハハハ…[笑]

(田渕)大変やろ 炒めるの これ。
(朝倉)確かに。

これで1人前なんだよ?
(朝倉)これ すごいですね。

(田渕)エグいですね。
エグいよ!

(朝倉)これは腕 太くなりますね。

(きむ)そうか ちょっとずつ
せな あかんの?

(田渕)だから向こうに
移動してから 盛るんやな。

固める仕事 なんなんだよ あれ。

何で 餅つきの雰囲気があるの?

(小芝)ハハハ…[笑]
「ほいさー」「はいさー」

(田渕)あんま米で やらへんやろ
これ。

餅つきの雰囲気。

あれ 熱くないのかな?手。
熱いよね。

(田渕)むちゃくちゃ熱いですよね。
熱いよね。

(朝倉)ハハハ…[笑]
ねぇ。

(きむ)これ いくらなんやろ?

<さぁ いくら?>

さぁいくら?
小芝さん いくらだと思う?

(小芝)え~っ?
(田渕)半チャーハン 250円でしょ?

これ800円だとしてもさ
安いじゃん。

(きむ)確かに 安いですね。

(田渕)いや 安すぎますね
800円では。

並で…

(田渕)ハハハ…[笑]

安いね。
(きむ)安い!

これ どうするの?
(田渕)600円?

俺 持って帰っても1週間ぐらい
チャーハン食うと思う。

(小芝)冷やしてね。
持ちますよね 1週間。

(田渕)小分けにして 冷凍してね。
(きむ)ねぇ いける いける。

うん。

うわ~っ!
(田渕)のらんやろ。

(きむ)あれ?まただ!
(田渕)何で?

(きむ)米粒だ。
いや これまた 違う…。

米 付くんだね。

飛ぶんだよ。
(田渕)飛ぶんですね。

そこには理解あるな めっちゃ。

OKです。
あんなとこ いく?

もう自分でも量 分かってないよね
(朝倉)ハハハ…[笑]

(田渕)分かってないですよね
みんな食べきれるんですかね これ

いや これ無理じゃない?
(田渕)無理ですよね。

持って帰るんじゃない?
(きむ)持って帰るんですかね。

さっきの人 最初から「パック
お願いします」って言ってた[笑]

(田渕)あれ?(朝倉)ハハハ…[笑]

(きむ)これはウソでしょ!
(田渕)これはヒロミさん ない!

ヒロミさん!
これは付きようがないよ これ。

(きむ)おもしろですよね?
ハハハ…[笑]

これは 無理よ。
いいねぇ いいよ。

(田渕)こんなわけ ないやん。

これは迎えに行かないと
付かないよ。

(田渕)そうですよね?
2kgってさ。

(朝倉)すごいな。

優しそうだな。
(きむ)ねぇ。

あっ かわいい。

おちゃめだな。
(小芝)かわいい[笑]

かわいらしいですよね。

あ~っ いつも笑ってるもんな。

すげぇ いい人そう。

(小芝)ハハハ…[笑]

≪チャンポン…お願いします。

ハハハ…[笑]
(小芝)ハハハ…[笑]

(朝倉)ハハハ…[笑]

何も起こってないでしょ 今。

(田渕)何が面白いんですかね?

えっ この人って
えびすさんじゃないの?

本物のね。
(きむ)本物 生き写し。

本物のね 絶対 神様だよね。

(田渕)七福神?(きむ)チャーハン
作ってたんですね。

(田渕)なになに…?急に なに?

何のシーンだよ これ。

<このお店 どこだ?>

えっ どこ?
(朝倉)どこだ?

(田渕)さっきのシーン何やろ?
全然 分からない きょう。

ねぇ どこだ?

(小芝)あっ。(田渕)秋田。
秋田。

へぇ~っ。
へぇ~っ。

秋田。
もう並んでるんだ。

(スタッフ)ネギなんですか?
(田嶋さん)ネギもぎに行ってきます。

(スタッフ)もぎに行く?

あ~っ あるんだ。
(田渕)畑あるんや。

(きむ)ご自身で。

ハハハ…[笑]
(小芝)楽しそう[笑]

ねぇ。
(田渕)ずっとですね。

(きむ)何が そんなに面白いんだ?

(スタッフ)え~っ!

へぇ~っ 安いわ。

安い。
(田嶋さん)これ1袋ですからね。

え~っ!
え~っ!

それも安い!

あっ これは安いわ。
(朝倉)すごい!

(田渕)ハハハ…[笑]
バレたから笑ってる。

(きむ)幸せそうやな。

(田渕)あれ?やらせそう。

(きむ)かじらそうとしてる。

ハハハ…[笑]
(田渕)あっ やらんかった。

やらんかった 流れや。
(きむ)全然 目あわさへんもん。

面白いね。

あ~っ。
2回 言うってことは本気だよね。

ハハハ…[笑]
(田渕)完全に。

これは いくしかないね。
(田渕)完全に やってほしそうです

これは 完全にね。
(きむ)やるんか?

(店主)だから 今 ほら ちょっと。

(田渕)何回 言うんや!

系統的には 俺タイプだったんだね

(田渕)そうですね
属性は一緒ですね。

(田渕)うわ~っ すごい!
(店主)大丈夫?

(店主)1回 車に行くらしい。

これで500円なの?
(田渕)ヤバイですよね。

安すぎでしょ。

ハハハ…[笑]
(田渕)違います ネギ泥棒…[笑]

ハハハ…[笑]
同じことを。

(田渕)すげぇ泥棒だ!
感性が 全く同じですね。

やっぱり 根は一緒だな。
(田渕)何ですか?今の。

同じ感性。
(きむ)同じ人間だ。

八王子の人かな?
ハハハ…[笑]

(きむ)家まで?
ハハハ…[笑]

また米 付いてる。
(小芝)あっ![笑]

(田渕)このアングル 何?って
思ってたんですよ。

(きむ)なんで 誰も
「付いてますよ」って言わないの?

(田渕)スタッフさん 言って。

誰も教えないもんね。
(きむ)ねぇ 教えない…。

いつものことなんだろうね
だから。

(小芝)ハハハ…[笑]

(朝倉)ハハハ…[笑]

チャーハン。
ほかも いっぱいなのかな?

(田渕)かもしれないですね。
ねぇ 何か。

(小芝)大盛り?
えっ 大盛り?

(田渕)チャーハンの大盛り 頼んだ?
えっ?

えっ 誰?
(田渕)ハハハ…[笑]

(きむ)バケモノ来たみたいな
リアクション[笑]

(田渕)そんな顔 なる?
ハハハ…[笑]

(田渕)いや この ご飯
食べるときの顔 違うでしょ これ。

チャーハン大盛りって
こんなに黙らせるの?

ねぇ[笑]

(田渕)絶句してるやん。

なんで大盛り頼んだんだろう?

(朝倉)う~わっ[笑]

うわ すごいね。

うわっ[笑]
でかい!

(田渕)マジ?これ。
うわっ[笑]

(きむ)すごいな。

(小芝)ハハハ…[笑]

(きむ)あ~っ チャーハンのね。
それは そうだ。

(きむ)自分で頼むとね。
ハハハ…[笑]

チャーハンを撮る人。
(田渕)珍しい。

えっ?
(スタッフ)写真どうするんですか?

あ~っ。
(田渕)共有するんや みんなで。

(きむ)あれ?ほかの人も?

いっぱい 写真。

そうなんだ。

すごいね みんな撮りに来るんだ。

(きむ)大盛り頼む人が いないんだ
あ~っ なるほどね。

うわ~っ!
(田渕)エグい!

3kg!

いや もう分からない もう。
分からないですね。

1500円。

(スタッフ)チャーハンの大盛りって
おいくらですか?

(小芝)え~っ!
え~っ?

(小芝)100円しか 違わないの?
100円しか 上がってないの?

(朝倉)100円しか
変わらないんですか?

(田渕)珍しすぎて
写真 撮ってたじゃないですか。

その写真 見せられた 友達は
多分

「あれ?オーストラリア?」と
思いますよね。

ハハハ…[笑]
(きむ)ないよ。

(田渕)写真 パッて見せられたら
チャーハンだと思わないじゃないですか

結構 時間かけて頑張るわりには
外すよね。

(田渕)ハハハ…[笑]

お前 オンエア見て 腰 抜かせよ。
(田渕)ハハハ…[笑]

(スタッフ)野菜炒め定食。
ですね。

チャーハン。
ほかも いっぱいなのかな?

(田渕)かもしれないですね。
ねぇ 何か。

(スタッフ)あ~っ それですか?
はい。

まぁまぁ…。
(田渕)でも写真は 信用ならんです

(朝倉)確かに[笑]
写真はね。

怪しいよ これも。
(きむ)怪しいですね。

(田渕)びっくりしてる。

いや~っ!

やめて やめて!

えっ?えっ!
うわっ あっ!

(田渕)うわっ…!
(きむ)うわ~っ!ヤバイ[笑]

(田渕)マジで?(きむ)ヤバイな!

<ヒューマン グルメンタリー
オモウマい店>

<今夜も どうぞ
よろしくお願いします>

何しに来たんだよ。

(田渕)賑やかしですよ
分かるでしょ!

いつもの 2%で いい。

(赤楚)
<脂肪を分解するとか 吸収を抑えるとか>

…の その先へ!

<新時代の脂肪対策>
始まる。

<明治 脂肪対策ヨーグルト>
ご一緒に!

(田渕)ずっと笑ってる。
(小峠)ハハハ…[笑]

(ヒロミ)やっぱな
さっきの写真だったんだよ。

あ~っ そうか。
(店主)一般的なのより

ちょっと多いかな。

でも…

(朝倉)なんで?[笑]
いや 知らなくないでしょ。

(店主)この写真 2年前の写真が。

写真 詐欺なんですけど。

写真より 少なくて
怒られることは あっても…

(店主)思ったから。
(スタッフ)確かに[笑]

(店主)勝手なんですね[笑]

(スタッフ)野菜炒め定食。

うん 怪しいよ これも。
(田渕)多いんか?

どれだっけ?

(スタッフ)あ~っ それですか?
はい。

まぁまぁ…。
(田渕)でも写真は 信用ならんです

そう 写真はね。
(朝倉)確かに[笑]

(きむ)怪しいですね。

お待たせいたしました。

ハハハ…[笑]

笑っちゃってる。
(田渕)いや 多いやろ!

(朝倉)うわっ[笑]
(きむ)うわっ 多い。

あ~っ…。
ハハハ…[笑]

いや すごいよ!
(田渕)いや めちゃめちゃ[笑]

いやいや そのつもりが なくて
あれが出てきたら

ちょっと恥ずかしいよな。
ハハハ…[笑]

(小芝)ハハハ…[笑]
(朝倉)ハハハ…[笑]

(きむ)ちょっと
怒ってはるけどな[笑]

(小芝)うわ~っ!

(きむ)いや~っ。

(きむ)そんな…。
いや そんなことは ねぇ。

(きむ)それは 言い過ぎや。

(小芝)ハハハ…[笑]
(田渕)そっちですか?

間違えましたね すみません
少なく感じるな あかんわ。

大失敗。
たとえが でかすぎたよ お前。

(田渕)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

うわ~っ 塩コショウ
結構するんだな。

(田渕)いや この量だったら もう
だいぶ しっかり入れないと

味 付かないですよね。
あ~っ そうね。

(きむ)ごま油。

(小芝)うわ~っ。
(きむ)うわっ キクラゲ。

(きむ)そうですね。
(田渕)十分ですから。

(きむ)これでも ちょっと多いかな
十分だよ 多いぐらいだよ。

やっぱ ここから いくわけね。

(田渕)いや 皿でかくして もう。
(きむ)絶対 手やねん。

野菜炒め 押さえつけることある?
(小芝)ハハハ…[笑]

この絵は ないですね。
ないよね?

(きむ)野菜炒め あんまり
手で いかないですね[笑]

これは ないわ。
野菜炒めを 押さえつけるって

なかなか ないな[笑]
(小芝)ハハハ…[笑]

すげぇな。

いや これ すごいな!
(きむ)これ すげぇ。

(田渕)これ いくら?
いくら?これ。

(小芝)え~っ?
900円!野菜 高いから。

あ~っ!安いね。

(朝倉)安すぎるって。

(田渕)十分すぎるけどな。
(きむ)ねぇ。

安いよな。
安い。

<さらに>

やめて やめて!

でも これ 結構 多いけどね
写真で。

これ 麺まで いかないね。

うわ~っ あの方?
(田渕)いや お母さん?

お母さんが注文した?
(きむ)無理やて。

(田渕)お母さん!
確認してからじゃないと。

これ人間が 一生で食べる分ですよ

いや それにしては少ないな。
そうですね 少ないのよ。

(朝倉)ハハハ…[笑]
(小芝)ハハハ…[笑]

(きむ)笑ってる。
(田渕)めっちゃ笑ってる[笑]

(小芝)ハハハ…[笑]

いや もう笑っちゃうよな。
お母さん そうなるよね。

ハハハ…[笑]
(田渕)めっちゃ ウケてる。

いやいや そうなる そうなる。

(きむ)何?これ。みそ。

(朝倉)へぇ~。

うまそうだな ここの。うわ~っ!

いいですね。

(小芝)うわ~っ!
はぁ~。

(田渕)うまそうやな。

これ いいな。
うん。

(きむ)うわ~っ!うまそう。

えっ?
(田渕)ここに移して?

ここに移して野菜 入れるのかな?
へぇ~。

(田渕)そういうことか!
あ~っ。

(田渕)ブタと なるほど。
(きむ)うわ~っ おいしそう。

(田渕)ブタ 1頭分ぐらい
ありますよ これ。

いや ないよ!そんなに。
小さいな!お前。

小さいブタだな お前。

(田渕)小さいブタでしたね
あれで1頭分やったら[笑]

ハハハ…[笑]

あ~っ でも これもあるな 量は。
(田渕)いや 麺 多いですよ。

(田渕)ここから盛る作業に。

1回 やっぱ ここで止めて

そこからの盛り付けに なるんだね
(きむ)こぼれないように。

(田渕)ステーションが あります。
(朝倉)いやいや…。

いやいや…。

いや 押さえつけ!みそラーメンの
押さえつけ ないよ。

(田渕)熱い!
これスープだし 熱いで!これ。

これ熱いよね?これ 絶対ね。
(田渕)ねぇ!ヤバイですって。

慣れてくるのかな?

(田渕)これ全部のる?

(きむ)これは?

うわ~っ すごいね!これ。
(きむ)たっぷり。

(田渕)いや いくらや?
1200円!

(田渕)1000円!
そこそこするでしょ これは。

1000円ぐらい…。
(きむ)1000円ぐらいか?

(朝倉)え~っ!
(きむ)1000円 切る。

いい人 いい人。
いや すげぇな。

(田渕)この店で「たっぷり」って
付いてたら もう ダメですね。

もうダメですよ。
ヤバイよ。

あぁ ボクちゃん。
(田渕)ボクちゃん いますね。

どうした?ボクちゃん。

え~っ。

(スタッフ)あ~っ!ありがとう。
(小芝)え~っ 優しい。

すごいですね 気遣いが。

うん。

(店主)名前 教えた?

(田渕)漣音君。
(漣音くん)須藤漣音。

(スタッフ)漣音君 お願いします。

8歳?結構 でけぇな。

(田渕)でかいですね。

(朝倉)え~っ!

(店主)食べてるじゃん!

(スタッフ)ごはん 好きですか?
(漣音くん)うん。

(店主)ごはん 甘くて好きだもんね

(朝倉)優しい。

何か…

(田渕)ハハハ…[笑]

もう気遣いがね。

あ~っ やっぱ…

うん。
(きむ)いいな。

(小芝)えっ!
うわ~っ[笑]

(朝倉)でかい!
でかい でかい!

(田渕)今の文庫本ですか?
肉ですか?

電話帳 電話帳。
(田渕)電話帳ですか?分厚い!

(田渕)うわ~っ 大丈夫?
箸で いける?

(きむ)箸で いくの すごいな。

(小芝)うわ~っ!おいしそう。

いや うまそうね。
いや~っ…。

やっぱ ちゃんと火が通って。
うん。

(田渕)しかも
衣 薄いじゃないですか。

(きむ)これ いいな。
(小芝)うわ~っ!

(きむ)うまそう!

(田渕)いや~っ うわ~っ!
(小芝)うわ~っ!

(田渕)うまそう。
あ~っ これがチーズ。

(田渕)ヤバイって。
いや これ うまそうだな。

(きむ)これ いいな。
(小芝)うわ~っ!

(きむ)うまそう。
これ うまいね。

(朝倉)これは おいしい。
いや~ すごい すごい。

すごいな。
チーズのカーテンや~!

(小芝)ハハハ…[笑]

(田渕)彦摩呂さん…。
言いそうですね。

彦摩呂が言うな。

(きむ)結構 薄手のカーテンや。
ハハハ…[笑]

うるせぇな!きむ。
(きむ)すみません すみません。

(田渕)いらんこと言うな!お前

(きむ)すみません。

<さらに さらに>

(小芝)すごそう 何か。

からあげ?これ。

(朝倉)えっ?
(田渕)何してるねん!

何?これ。
(田渕)何してるのよ!

えっ?
(田渕)何?これ。(朝倉)えっ?

(黒島)やっほ~ (柄本・渡邊)おっつ~
すみません「ビアボール」ひとつ! ≪「ビアボール」ひとつ…≫

(柄本)なにそれ ビール? (渡邊)ハイボール?

(店員)どうぞ~
(柄本・渡邊)「ビアボール」って なに?

<サントリー「ビアボール」>

飲みたい?

(柄本)ねえねえこの「ビアボール」ってなに?
(黒島)つくってみる?

(柄本・渡邊)つくっちゃう~?
まずは氷からの炭酸!
(柄本・渡邊)入れ~の~

1:3で~
(柄本・渡邊)
「ビアボール」!

<サントリー「ビアボール」>

(3人)初「ビアボール」!

♬~
(上戸)ハミガキ選びはここに注目!

(女性)酵素!?
≪「クリニカPRO」は

歯垢を分解 除去できる≫

日本で唯一の 有効成分配合!

≪7大リスクもケア 誕生「クリニカPRO」≫

♬~
(高畑)わっ
(妹)生理痛がつらくて…

そんな時はルナなのだ!

でも…眠くなったら困る…

<「バファリンルナi」は痛みによく効く>

だけじゃない!
<眠くなる成分無配合>

ぴんぽん

(朝倉)えっ?
(小峠)うわっ!何?これ。

(田渕)何してるのよ!
(きむ)ヤバイ[笑]

えっ?
(小芝)ハハハ…[笑]

(朝倉)えっ?
(田渕)何ていう ご飯?これ。

これ なんだ?

(朝倉)そんなこと ある?
うわっ!

(ヒロミ)俺…

…嫌だな 何かね。

そう。

ひとりだと…[笑]
(田渕)この量で ひとり。

(きむ)ひとりで カウンターで
あれは ちょっと キツイな。

うわ~っ わんぱくだね。
(小芝)多すぎる。

え~っ!
(田渕)めっちゃ のせるやん!

もう限界 きてるじゃん。
うん すごい すごい。

(きむ)左腕 しんどそうやけど[笑]

えっ?これ 全部いくの?
これ…え~っ?

(きむ)「いってまえ!」って…。
いやいや…。

全部いくんだ。
(田渕)ウソ!マジで?[笑]

いや~っ!
えっ これ…。

これ何 作ってるの?
(小芝)ハハハ…[笑]

いやいや 何でしょう?
(きむ)まだ分からないですね。

(田渕)分からん!
(きむ)まだ分からない。

分からないよね?

(小芝)ちょうど いいんだ[笑]
うわ 全部!

(朝倉)ちょうど よくないです[笑]
え~っ?

いやいや もっと手前に
ちょうど いいところ あったよ。

(田渕)ありましたね。
ありましたよ。

(田渕)肉どうするのよ?これ。

これ どうするの?ここから。
えっ これ 何なの?これ。

(小芝)うわ~っ 大きいな!
(田渕)ゴツイ!

でかいで これ。
(きむ)ここ おいしそう。

いや~っ うまそうね。

もう これ 鶏1羽じゃないの?
これ。

(田渕)横?
うわっ すげぇ[笑]

(きむ)押し込んでる[笑]
(小芝)ハハハ…[笑]

タイルの 貼り方!
ねぇ。

押し込んでましたからね。

(きむ)うわっ!

いろんな味。
(きむ)ねぇ。

味 変えてるんだ。
(きむ)ヤンニョムチキンと。

(田渕)これ たまらんな でも…。
(小芝)おいしそう!

(朝倉)う~わっ!

これは これで うまいけど。

(田渕)ユーリンチー 最高!
(きむ)ユーリンチー。

すごいね。

(きむ)え~っ?

お前 何か 軽く スベってるね[笑]

(田渕)いや 相手してくださいよ!
スベってると思った時ほど。

なんで ほったらかしなんですか?

(田渕)肉の ボルダリングや!
(小芝)ハハハ…[笑]

うわっ すげぇ。

(田渕)これは
まあまあ いくでしょう。

これは いくんじゃない?
これは いくな。

これは。
(きむ)うまそう。

4人分ぐらい あるかな。
4kgだもん。

(朝倉)安いよ。
安いよ これでも。

(田渕)安すぎでしょ!

ねぇ すごいよね。
(小芝)うわ~っ たくさん。

(スタッフ)お味 おいしいですか。
いや うまそうよね。

(スタッフ)大丈夫そうですか?

(小芝)えぇ~!
えぇ~!

それが めっちゃ
不安になってくる。

(きむ)こげる 最後。
(田渕)ちょっと入れすぎやろ。

気になるね この方。

えっ 食べきったの!?
えっ!

うわぁ~ すげぇ。
(きむ)食べてる。

うわっ いってるね。
(田渕)だいぶ進んでますよ。

あぁ でも 残ったんだ。
ちょい残しか。

いや でも ずいぶんいったよ。
(田渕)いきましたよね。

うん。
(田渕)めっちゃ食えたな。

(きむ)ここから 自転車で。
自転車 乗れないだろ。

(朝倉)ハハハ…[笑]
(田渕)あっ お弁当や。

(きむ)背中に入れてる。

あそこにね
自転車の人は入れるのよ。

(田渕)あっ そうなんですか?
そうそうそう。

(きむ)あんなに
入れるもんなんですか?

(田渕)ものすごく 出てるけど。

背中 バリ膨らんでる。
(朝倉・小芝)ハハハ…[笑]

(田渕)タートルズみたいに
なってる。

まさか あそこに からあげ弁当が
入ってるとは思わないよね。

からあげ仕込んでるとは
思わないですよね あれ。

(きむ)残りやとは 思わへん。

(田渕)ハハハ…[笑]何が?
ハハハ…[笑]

なんで朝から笑ってるの?
(田渕)マジで なんで?

何だろうね[笑]何?
(田渕)何が 面白いんですか?

何で笑ってるんだろうな?

(店主)しかも そんな
すぐ来るとは思わずに 俺…

本当だよ。
(スタッフ)今 チャーハンフェアなんですか?

(店主)はい。

ですよね もうセルフですもんね。

(朝倉)ハハハ…[笑]

(スタッフ)
「半ガーリックチャーハン」と。

(店主)「半海鮮チャーハン」と

「半旨辛チャーハン」でした。

すいません…。
(スタッフ)ありがとうございます。

(田渕)半で十分やな。

また増えたの?今の メニューが。

(きむ)新しいメニューなんですかね?
やっぱり そうでしょうね。

あっ!
(田渕)あっ 漣音君。

漣音君だ。

(スタッフ)そうなの?

(スタッフ)へぇ~。(田渕)おぉ せな。

せな あかんじゃん。
ハハハ…[笑]

えぇ!
(きむ)秋休み?

へぇ~ そんなん あるんだ。

(きむ)夏と冬だけじゃ ないんや。
へぇ~。

地域によって 違うもんだな。
ねぇ。

(田渕)そうですね。
秋休みってあるんだ。

(きむ)へぇ~。

(朝倉)ハハハ…[笑]

(スタッフ)何回も 間違えちゃうんだ。
(漣音くん)うん。

ハハハ…[笑]

(田渕)気がする?
いやいや。

(田渕)なんか ノリで書きましたよ

はい 花が15本。

はい 分けます。

いやいや かけちゃダメだろ。
(きむ)かけるじゃないよ。

(田渕)かけて どないすんねん!
(きむ)逆よ 逆。

(田渕)かけちゃ あかんがな。
(きむ)逆やね。

(朝倉)ハハハ…[笑]
(田渕)真逆やないか。

全然 覚えてないじゃない
かけちゃダメなやつだよ。

(田渕)振りが完璧すぎ。
ハハハ…[笑]

(スタッフ)これね…

あぁ それ教えて…バカ!

「割る」とかって教えちゃ
ダメなんだよ お前。

自分で考えさせなきゃ
ダメなんだよ お前。

(漣音くん)「両手」の「両」

(きむ)おっ 書けるか。

(田渕)いけるのかな?

ハハハ…[笑]
(朝倉)ハハハ…[笑]

いいね。

結構 似てない漢字 いったな。
そうね。

全然 違いますからね。
(田渕)全然 似てないな。

(漣音くん)「何周」とかの「周」

だったような気がする。
(スタッフ)これを…

(スタッフ)違うな 違うね。
ハハハ…[笑]

(きむ)ねぇ 仲むつまじい。

(スタッフ)ここに入れると
違う漢字になる。

(漣音くん)何だっけ?

(漣音くん)このままでは
「しゅう」だけど…。

「言」の方いれたら…。
(田渕)なんやねん 今の?

(朝倉)ハハハ…[笑]
(きむ)そういうことか。

そういうことか。
気になって仕方ないのよ。

そりゃそうよ。
子どもの宿題よりも

ガーリック半チャーハンが
気になって

次の問題が入ってこなかった[笑]
ハハハ…[笑]

行かなきゃ 行かなきゃっていうね

(きむ)新しいやつが
撮りに行かないとダメなん。

新しいメニューだから。
あぁ そうね。

まだ出てないから。
(きむ)これを 見に行ったんですね

えっ まさか?

うわぁ~。
(小芝)多すぎる。

(きむ)すごいね。(小芝)えぇ~。
すげぇな。

おいおいおい。
(小芝)うわぁ これは。

ガーリック いくな。
ねぇ。

それで また これでニンニク。

おいおい これ元気になるな。
うん。

(田渕)これ 結構ニンニク
きいてますね。

だって お玉が でかいんだから。

(田渕)最後も チップ…。
すごいね さらに。

(田渕)3種類 入ってます これに。
はぁ~。

いやぁ~ これは なかなか。

うわぁ~ きたな。
(田渕)入ってるな ニンニク。

すごいね。
(きむ)ほぼニンニクみたいな。

(田渕)ウソやろ。

(朝倉)えぇ~!
(きむ)うわっ 安い。

安い。
ねぇ。

(きむ)これで いいやん もう。
これは すごいね。

(朝倉)安すぎでしょ。
(田渕)これ なかなかですよ。

(スタッフ)分かりました。

へぇ~ 何かやってるのかな?
(きむ)どこ行きはる?

(田渕)何か ほかにもあるん?

えぇ~!何?何?

(きむ)メリーゴーラウンドみたいな。
えっ 何?これ。解体やってるの?

(田渕)おぉ!
はぁ~。

(田渕)そういえば ハンマーで…。
これは すごいわ。

へぇ~。

あっ 本業!
(きむ)本業が!?

あぁ そうなんだ。

(小芝)楽しそう。
(田渕)楽しそうに 仕事するな。

ハハハ…[笑]
アトラクション乗ってるみたいにね。

(朝倉)楽しそうだな。

ハハハ…[笑]

すごいな。
(きむ)ハハハ…[笑]ヤバイ。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

えっ?本業が解体屋さんなの?

(きむ)じゃあ ずっと
働いてるってことですか?

(田渕)めっちゃ大変やんけ。
そうね ずっと動いてるんだね。

(田渕)解体 終わったあとに
仕込みやろ?これ。

めっちゃ大変やん。

ハハハ…[笑]

(田渕)あれ?終わったか?

待ってたな。
(田渕)待ってましたね。

やってないかわいいな。

(田渕)正直やな。
かわいいね。

≪まだ早くない?

笑ってるよ おい もう朝から。
(田渕)朝から笑ってるな。

(店主)ヤバイぐらい きてるよ。
(小芝)あっ お米が。

(田渕)お米が すごい!

ちょっと1日 大変すぎません?

ねぇ また違う仕事って
ことだもんね。

(きむ)ていうことは
5時起きぐらい。

早い。

朝5時に よう笑えるな。
ハハハ…[笑]

(小芝)わぁ!

ハハハ…[笑]
(朝倉)ハハハ…[笑]

(スタッフ)30キロ。(店主)はい。
(小芝)30キロ。

(田渕)1個で30って ヤバイな。

(店主)…運びながら。
(田渕)2000個?

いや すげぇな!

これ簡単にやってるけど
そんな簡単じゃないと思うよ。

30キロを こう来て
それをバッとね。

これ なかなかの運動量だと思うよ
そうですね。

(小芝)ハハハ…[笑]

(田渕)明るいな!
仲いいね。

(田渕)いいな。(朝倉)いいな。

(店主)知り合いから「倉庫の米
運ぶの やらねぇか」って言われて。

「やります」って言った
ひと言ですよね。

やっぱり こう…

へぇ~。
(田渕)いい人。

こうやって まだ自分がね

あの時に いろいろ
やらせてもらったのを。

そうですね。

(田渕)そういうことですね。

(小芝)わぁ!(田渕)うわぁ~!

へぇ~。
(田渕)マジですか?

(きむ)すごい!
(スタッフ)これ全部 運んだんですか?

すごい2週間で。

(店主)20日から。

(スタッフ)あっち側もですか?
(店主)あっち側も全部です。

あれ すごいトレーニングだよな。
(朝倉)すごいですよ。

大将 1回…

ハハハ…[笑]
(田渕)持ってましたね。

(朝倉)すごいですよ。
いや すごい。

(きむ)ハハハ…[笑]

(田渕)すごいな。

明るいな。
(きむ)めちゃくちゃ いい職場やな

(小芝)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(田渕)取り合いになってる。

楽しそうね。
明るいな。

(田渕)すてきですね すごい。
うん。

(田渕)すごいな
めちゃくちゃ明るい。

(朝倉)ハハハ…[笑]
(田渕)多分 そこしか知らんねん。

(小芝)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]いいね。

(朝倉)10時!(きむ)10時。

(田渕)米運び 4時間ですよ。
ここから店か!

うわぁ~。

すごいね。
(田渕)かっこいいわ。

(スタッフ)おはようございます。
≪おはようございます。

(スタッフ)お願いします。

従業員さんも いっぱいいるもんね
いや そうですよね 多い。

(田渕)お店も はやってるんや。

(漣音くん)今…

(田渕)漢字や。

(漣音くん)こんな感じで書いた 最初

(スタッフ)あぁ はいはい あぁ~。
(田渕)なんか 惜しいぞ。

うん 惜しい。
(きむ)原っぱの「原」か。

消すのが偉いね。
(田渕)ハハハ…[笑]確かに。

なんかね 書きっぱでも
いいのにね。

(漣音くん)惜しい?

(漣音くん)「指」?えっ?
(小芝)ハハハ…[笑]

(きむ)「指」が あぁ~。
(田渕)面白い間違え方ですね。

めちゃめちゃ「北」だもんな。
(きむ)そうか。

あの上だけね あるもんな。
あぁ~ そうか あれね。

(漣音くん)あれ?違ったっけ?

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(漣音くん)うん。
(スタッフ)ちょっと まずは…

(田渕)家庭教師みたいに
なってきましたね。

あぁ~ いいじゃない。
何 撮りに行ったんだ?

(田渕)何か オーダー通ったかな?

(きむ)これを見に行ったんですね。

(きむ)あらら かわいらしい。

(小芝・田渕)ハハハ…[笑]

(きむ)初めて しゃべった。
やっぱ多いって分かるんだね。

(田渕)分かる びっくりしてた。
分かったな。

ねぇ 分かってるもんね。

(きむ)普通のチャーハンの量
知らんでしょ。

ねぇ 今 言ったよ。

「ねぇ ちょっと多くない?」って
言ったよね。

(田渕)目でね。(朝倉)そうだ。

(きむ)生まれて すぐでも
分かるもんなんや。

(田渕)友達の赤ちゃんだと
思ったん違うの?

(田渕)ヒロミさん。
えっ?

(田渕)友達の赤ちゃんやと
思ったかもしれないですね。

でかすぎて。
聞こえたうえで 無視なんだよ。

お前の もう入ってこないんだよ。
(田渕)何でなんですか!

張っていきますよ じゃあ。

(小芝)あぁ~ おいしそう。

(きむ)これ いいな。
(田渕)これ うまそうやな。

うまそう これ。

これ うまいね。
(朝倉)これは おいしい。

うん 食べてみたい。

(店主)はい はい
捨ててきてください。

お母さん若いんだよな。

(漣音くん)嫌だって言ったら
どうする?

(店主)嫌だって言ったら
そこ…鍵しめる。

(漣音くん)嫌だ。

違う[笑]

違うって[笑]
(店主)何が違うの?何が違うの?

(漣音くん)違うって[笑]
(店主)何 違うの?聞くから。

何 違うって 何?言って。
(漣音くん)ハハハ…[笑]

(田渕)仲いいな。
(店主)言って 何 違うの?

(漣音くん)だから違う[笑]
(店主)何が だから 言ってごらん。

(漣音くん)ハハハ…[笑]
(店主)何 違うのよ。

ハハハ…[笑]
(田渕)うれしそう。

ほほ笑ましいね。

(きむ)ずっと見てられるな。

そうですね。

えっ 終わってからも やってるの?
いや すごいね。

(きむ)あしたの仕込み?
(田渕)寝れてるんですかね?

これ すごいよ。
そうか。

(店主)う~ん。

(店主)やっぱ…

(小芝)うん。

(店主)やっぱり…

(店主)結局…

(店主)疲れてようが…

(店主)笑い話して…

そんな人間になりたいな。
そうですよね。

おっ。

(田渕)すごいタイミング。

(きむ)タジーさん。
タジー。

(店主)やることは いっぱいあるよ

やれとは言ってないよ。
(田嶋さん)えぇ~。

そういう社長って すごいね。

うん そうですよね。
社長のためにっていうね。

(小芝)ハハハ…[笑]

(田渕)それも仕事っちゃ 仕事か。
(店主)俺のズボンが下がってる。

お願いだから それだけ上げて。

(田渕)むっちゃ下がってた!
むっちゃ下がってたやん。

(きむ)限界までガマンしてたな。
(小芝)ハハハ…[笑]

(田渕)お尻 出てたやんね。
ハハハ…[笑]

(きむ)ハハハ…[笑]かわいいな。

(田渕)かわいい!

(小芝)かわいいな。

(漣音くん)ご飯 炊けたよ。

(店主)炊けた?(漣音くん)うん。
(店主)ありがとうございます。

へぇ~ ここが好きなんだね
ずっと いるもんね ここに。

(スタッフ)よいしょ。
(小芝)ハハハ…[笑]

(小峠)へぇ~ ここが好きなんだね

(田渕)へぇ~。

へぇ~ そうなんだ。
(スタッフ)裏で勉強して。

(ヒロミ)偉い!
(スタッフ)お父さんと お母さんが。

(漣音くん)うん。

(漣音くん)それ見てて…

(スタッフ)お父さんと お母さん。

そうか そうか。

(漣音くん)なんか…

(スタッフ)おぉ~。

(漣音くん)う~ん。

(漣音くん)でも…

(漣音くん)…て思ってる。
(スタッフ)お父さんの?

へぇ~。
(田渕)やっぱ チャーハン。

(スタッフ)そうか。

(小芝)私が出演している
日曜ドラマ

「霊媒探偵 城塚翡翠」が
なんと今週から新しく

「invert 城塚翡翠 倒叙集」
となって スタートします。

私が演じる千和崎 真が

清原果耶ちゃん演じる
城塚翡翠とバディを組んで

事件を解決していきます。

今週日曜 よる10時30分から
ぜひ お楽しみに。

(小峠)へぇ~。
(スタッフ)ここを継ぐんですか?

何で やりたいんですか?

(ヒロミ)ちゃんと後継ぎに
なってるもんな。

(漣音くん)ここを もっと。

(漣音くん)…のも あるし。

こんなの聞いたら
オヤジ たまんないよね。

(田渕)めちゃくちゃ
うれしいでしょ これ。

すごい すごい!

まぁ 俺たちもね
ああいう人になろう。

すごい。
なかなかだよ。