全力!脱力タイムズ【アインシュタイン稲田&松下洸平、パラレルワールド?の巻】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

全力!脱力タイムズ【アインシュタイン稲田&松下洸平、パラレルワールド?の巻】[字]

アインシュタイン稲田が強気なイケメンにトホホ?生再現ドラマで出来ないトラブル連発!▽超大胆な松下洸平にドキッ!感動生ライブ▽滝沢カレン絶品カニラーメン

出演者
【MC】
アリタ哲平(くりぃむしちゅー 有田哲平) 
【全力解説員】
岸博幸、齋藤孝、山崎世美子 
【ゲスト】
松下洸平、稲田直樹(アインシュタイン) 他 
【「THE美食遺産」ナビゲーター】
滝沢カレン 
【キャスター】
小澤陽子(フジテレビアナウンサー)
番組内容
今回は、コミュニケーション問題の専門家・山崎世美子氏を招き「令和のコミュニケーション問題」を特集する。番組に寄せられた対人コミュニケーションで困った実例を別室で生再現し、対処法についてスタジオで議論していくという構成。まずは、職場で異性の上司から食事に誘われ、断っているものの受け入れられず、しつこく誘われて困っているという投稿。生再現を見た後に、山崎氏が専門家の立場からコメント。その後、アリタ哲平
番組内容2
は松下洸平に意見を求めるが、松下からは彼のイメージとは全く異なるドSすぎる解決法が飛び出て、稲田直樹は驚きを隠せない。

続いては、人生初の彼氏ができたものの浮気をするイケメン彼氏で、別れる際に相手がダメージを受けるような言葉を言いたいという投稿。最初の悩み同様に、別室で生再現されるがイケメン彼氏役の役者にアクシデントが起きて感情移入できない。そこで、アリタは松下に代役を頼むが急すぎて難しいと
番組内容3
断られてしまう。解説員の岸博幸氏、齋藤孝氏にも当たるもダメで、稲田に代役を依頼。演じる役柄がイケメン彼氏役ということで躊躇(ちゅうちょ)する稲田だったが別室に向かう。稲田が演じるイケメン彼氏は一体どんな仕上がりになるのか?その後も、生再現に出演する役者に次々とアクシデントが起こり、その度に稲田が代役を演じることに。さらに、松下も参加し稲田と共演を果たすが、生再現は予期せぬ事態になっていく…。
ご案内
【公式HP】
http://www.fujitv.co.jp/DNN/

【公式Twitter】
https://twitter.com/datsuryoku_cx
スタッフ
【企画】
狩野雄太 
【チーフプロデューサー】
神原孝(FCC) 
【プロデューサー】
大泉正太(ファウンテン) 
中村倫久(ハイホーTV) 
大川泰(STAY TUNED) 
橋本孔一(FAT TRUNK)
中垣佐知子 
鈴木裕奈(FCC) 
【総合演出】
有田哲平 
【制作総指揮】
名城ラリータ(FCC) 
【制作協力】
FCC 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 松下
  2. 稲田
  3. お願い
  4. 山崎先生
  5. 小澤
  6. フランス語
  7. ホント
  8. 山崎
  9. ケース
  10. コウジ
  11. 今日
  12. お戻りください
  13. 女性
  14. 場合
  15. 男性
  16. 二枚目
  17. 俳優
  18. キュン
  19. クロワッサン
  20. コノ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/06/16 20:46:50時点 Amazon調べ-詳細)

(小澤)こんばんは。
『全力!脱力タイムズ』です。

さて 有田キャスター…。

(有田)そうですね。

いつも…。

まあね… うーん…。

私が 主催してるわけじゃない。

(小澤)そして 本日の すてきな
コメンテーターを ご紹介いたします。

(小澤)まずは
俳優の 松下 洸平さんです。

よろしくお願いします。
(小澤)そして もう一方

お笑い芸人 アインシュタインの
稲田 直樹さんです。

(稲田)よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

まあ…。

松下さんですね こちら。
出身が 宮城県ということです。

好きな歌が 『フォルティシモ』と。

座右の名が 愛が全て
ということでございますけども。

(松下)ちょっ ちょっ ちょっ…
ちょっと ごめんなさい。

(松下)松下 洸平ではなくて…。

あの~…。

そういう場合はですね
あちらに いらっしゃいます…。

はい? あっ そう… ツッコミを?

ツッコミというか
訂正をしていただくというか

そういうのが
まあ だいたい 多いんですね。

あの… ちょっと ごめんなさい。

稲田さん そんな感じなんで
よろしくお願いします。

それでは 稲田さんのプロフィルも
やらせていただきたいと思います。

こちらですね。

出身地は ドイツということで
ございますね。 特技が 物理。

主な作品は 相対性理論
ということでございますけどもね。

いや それ…。

こういう感じです
こういう感じです。

いやいや ぎりでした。
何がですか?

もう1回 やってみますね。
本物 こちらです。

稲田さんは こういうですね…。

フランス語で クロワッサン
ということですけどもね。

フランス語で… えっ!?
陰暦3日の夜の月と。

陰暦3日 夜の月?
フランス語で クロワッサン!?

はぁ~…。

アホなことを言うな! ホンマに。

最悪 これでもいい
っていうことですね。

じゃあ…。

えっ… 何でしょう?
細かく いく場合はという。

3日の月ですから。 3日の月。

もうちょっと…
もうちょっと 上げて 上げて。

[去年 発表された
ある調査によると

友人や 家族とのコミュニケーションを
取る手段が

SNSや アプリが 中心に
なっていることが 明らかに]

[今や…]

[それに伴い…]

[何と 未婚男女の およそ7割が
恋人がいないと 回答]

そうなんや。

[その理由として…]

[などといった…]

弊害があるんですね。

[あらゆるケースを
どう 切り抜ければいいのか

男女問題研究家
山崎 世美子先生に

徹底解説していただきます]

さあ こっからですね 実際
番組に送られてきました 悩み…。

たくさん ありました。 その中で
異性とのコミュニケーションで

困ったという実例を 紹介しまして
それぞれの場面で

どう 対処すればいいかというのを
山崎先生の答えを

教えていただきながら われわれも
学んでいこうということです。

ちゃんと 台本とかは できてます。
生で やりますので それを

ご覧いただきながら 勉強して
いただきたいなと思います。

さあ それでは 早速
1つ目のケースですね。

それでは どういうふうに言うのが
山崎先生は

いいと
おっしゃってるんでしょうか?

下手やな 男。

ちょっと…。

ちょっと… ちょっと すいません。
1回 俳優の方 止めまーす。

あの~…。

落ち着いてね。

それで もう一度…。

気にならないようにしたいので。
緊張するのは 分かると思うけど。

お願いしまーす。 どうぞ。

(松下)完全に 何か 見てますね。

ひどくなってる…。

はい 止めます 止めまーす!
すいません。

緊張でね。

(男性)いや…。

できない!?

そうですか。

じゃあ まあ 松下さん… こんな
お願いするのも あれですけど…。

(松下)でも ちょっと 今日…。

急にはね。

じゃあ 齋藤先生 いかがですか?

(齋藤)まあ 私もね…。

「今日」!?
言ってなかったですもんね。

岸先生。

じゃあ… すいません。

もちろん あの~…
カンペは ありますので。

やっていただけますか?
次に進まないんで。

そこが 問題じゃないんですよ。

全然。 われわれは 全然。
よろしくお願いします。

さあ 山崎先生 どう
教えていただけるんでしょうか?

生再現ドラマ ご覧ください。
どうぞ。

[こんなときの…]

はい! ありがとうございました!

稲田さん ありがとうございました
お戻りくださーい。

いいんですか?
いやいやいや… ねえ。

突然にしては すーっと。
(松下)すごいですね。

ありがとうございました。
いえ すいません。

ありがとうございました!
おかげさま…。

(小澤)すっと入ってきました。
さあ あらためて 山崎先生に

解説 伺いましょう。

(山崎)そういうことを伝えて
ダメージを与えることができます。

なるほど!

さあ ということですけども
松下さん いかがでしょうか?

まあ 先生の答えも
すごく 分かるんですが

ここは…。

[続いては…]

山崎先生の答えを 再現ドラマで
見てみましょう。 どうぞ。

確かに カッコイイ。

んっ?

んっ?

あ~! そうだったんですか。 今
お芝居の中で やってんのかなと。

台本 忘れちゃったんですね。

分かりました。 じゃあ…。

「ムリデス」!? いやいや…。

何で 今日の 再現の俳優さんは

「ムリデス」って
簡単に言うんですかね。

松下さん 何か
カツラとか かぶって ちょっと…。

さすがに ちょっと…。

じゃあ… 東大 行ってんですから。
もちろん 東大 出てますし

フランス語ぐらい
楽勝ではありますけども

ちょっと…。

じゃあ すいません。

僕 フランス語 しゃべれないですけど。
何となくでいいです。

フランス語っぽい感じで。

要は 通じないけど どうするんだ
っていう お芝居なんですよ。

この後も あるんです ホントは。
いや 変やと思いますよ 僕…。

何人にも見えない。
何を おっしゃいますか。

言葉が通じない男性には
どう 気持ちを伝えればいいのか

山崎先生の答え 見てみましょう。
どうぞ。

(松下)「スンボロンボン」…。

コノ… コノ…。

[こんなときの…]

んっ?
(松下)あ~。

はい! ありがとうございました!

こちら お戻りください
稲田さん。

ということで どこら辺が
ポイントなんでしょうか?

(山崎)ていうのが 大切なポイント
なんです。 警戒されますから。

なるほど! 松下さん
山崎さんの答え いかがでしょう?

先生の言ってることも
すごく よく分かるんですが…。

ていう手も ありますよね。

さあ 続いて 参りましょう。

これは 確かに
われわれも 聞いてみたい。

どうすればいいのか
っていうのはね。

(タクヤ)え~? そうかな~?
(コウジ)じゃあ 俺も…。

(タクヤ)いや コウジは 確かに
話 うまいから 芸人になれそう。

(コウジ)コンビ 組んじゃう?

(コウジ)俺ら 芸人になったらさ
お前 ライブ 来てよ。

ちょっと… ごめんなさい!
(チンベルの音)

何か… 女性の方 どんどん
進めてらっしゃいますけども…。

じゃあ 松下さん
ホント お願いします これ もう。

さすがに さっきの稲田さんの
頑張ってる姿 見たら

やってみようっていう気に
なってませんか?

よかった! よかった!
よかった よかった。

(松下)二枚目をやる心積もりが
ちょっと できないので…。

じゃあ 稲田さん すいません。
二枚目の方は 稲田さんに。

いやいやいや!
すいません。

稲田さん 今までの感じでいいんで
二枚目の感じを やって…。

ほら せっかく 松下さん…。
何で 三枚目のやつは

そんなに 前のめりなんですか?

[急きょ
稲田さんと 松下さんが 代役に]

[このケースの
最適な対処法とは?]

いや…。

まあまあまあ…。

(女性)うるさいな。

あ~… でも…。

俺が こいつに
勝ってるところといえば

何だろうな~?

負けてるところ?

[こんなときの…]

(松下)んっ?

はい! ありがとうございました!

いいんですか? すいません。
お戻りくださーい。

ここはね 色々 工夫するとしても
難しいところなんですよ。

この邪魔者の人に 自分が
その人が好きだって 伝えて

協力してもらうっての
非常に 大事です。

吸い込まれてしまいそうな
気持ちになりました。

いや 目力 すごいですよ。

いいですね やっぱ 演技も。
ノってますね。

(松下)
ちょっと 自信つきましたね。

やってらっしゃるんですか!
やってるでしょ。

(松下)僕が 今 出演してるドラマ
『知ってるワイフ』は

過去に タイムスリップをして
妻を入れ替えてしまうことで

大切なものに 気付いていくという
ファンタジーラブストーリーです。

毎週木曜 夜10時から
放送しております。 ご覧ください。

息が合ってたから もしかしたら
やってらっしゃるのかなと思って。

(松下)僕も 錯覚してしまうぐらい
すごく 息が合ってたんで。

えっ?

ホントに言ってるんですか?
ホントに言ってんのかなって…。

さあ 続いてのケースですね。
こちら。

確かに。
山崎先生は どういうふうに

教えていただけるんでしょうか。
答えを見てみましょう。 どうぞ!

[街で
好きな芸能人を 見掛けた場合

どう 声を掛けるのが
最適な対処法なのか?]

すいま… すいません!

何やって…
一瞬 何やってんのかなと…。

そこ 誰か いた方が…
会話にならないから。

女性役。
誰でも よかったんですけどね。

いない?

じゃあ… すいません。

稲田さん
やっていただけますでしょうか?

だって いないんで。 誰も
いないんで。 すいませんけども。

いいんですか?

いっぱい やっていただいたんで
もう ノリで やっていただくと…。

すいません。 さあ それでは
いい言い方があるんでしょうか?

再現ドラマで 見てみましょう。
どうぞ!

あっ…。

まあ…。

ゆい… ゆい…。

あっ ここからなんですね。
(松下)そうか。

[こんなときの…]

(男性)あの… これ…。

サイン… えっ?

シンプルな お願いの仕方だな
結構。

はい。

はい ありがとうございました!
ちょっと…。

お疲れさまでした~。
お戻りくださーい。

あっ ガッキーのオフショット。

(滝沢)[ナビゲーターは 私
滝沢カレンが お送りいたします]

むちゃくちゃやん。

「しょうゆあぶら」…。

多いんですよ 「油」が。

気まずくないでしょ。

おいしそうに聞こえへんわぁ。

すごい。

その味じゃないでしょ。

さあ 松下さんはね…。

報道番組の最後って こういうこと
ないんですけど 何か…。

(松下)はい。 今日 実は
ギターも 持ってきてまして。

うれしい!

うわ~! うれしい!
ちょっと 歌いたいなと思います。

じゃあ よろしく… 何かね
いい終わり方になりそうですね。

(松下のせきばらい)

ちょっと あの…。

なので…。

そしたら…。

演奏は 大丈夫ですね。
じゃ 演奏だけ していただいて…。

え~!? いやいやいや
絶対 松下さんが歌った方がいい。

[ご覧ください]

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

はい ありがとうございました。
(小澤)ありがとうございました。

いや~ 素晴らしかったです。

これ いつも 歌って
らっしゃるんすか? 稲田さん。

カラオケなどで…。
だからか。 すごいカッコ良かった。

閉塞された世の中で これ
見ていただいてる 女性の方

ちょっとした 恋心みたいなの…
もしかしたらね。

あの~ 心に ぽっと こう…。
ぽっと 火を付けられたのかも…。

(山崎)キュンとしますね。
キュンとしたと思います。

また 来週。

しっかり 言った!
しっかり 言った 最後。

(スタッフ)はい OKでーす!

ありがとうございました。
(小澤)すごい! うまーい!

もっと ホントは
ダサくしてほしかったのに…。