ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

北海道産とろろと府中野菜のスープカレー▽いつもと違うレバニラ?&おしゃれな汁なし担々麺▽肉体や内臓を表現する銅板作品▽超高額?貴重な多肉植物▽牧場直営ジェラート

詳細情報
出演者
【旅人】金子昇
番組内容
金子昇が京王線でぶらり旅▽北海道産とろろと府中野菜がいっぱい!独自ブレンドのスパイスで作るスープカレー▽激ウマな一品!いつもと違うレバニラ?&自家製麺のおしゃれな汁なし担々麺▽肉体や内臓を表現する銅板作品▽超高額?貴重な多肉植物▽都内で60年以上続く乳牛牧場直営のジェラート▽液晶画面を使って色々な表情ができる面白マスク▽次回予告!田山涼成が南北線でぶらり旅!おしゃれカフェのやさしい悪魔?&くずし鮨
音楽
【番組テーマ曲】「あれからずっと」なぎら健壱
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 結構
  2. 種類
  3. 本当
  4. 奇麗
  5. 作品
  6. スープカレー
  7. ミルク
  8. レバニラ
  9. ネコ
  10. 野菜
  11. 金属
  12. 自分
  13. 植物
  14. 全部
  15. ザンギ
  16. ニラ
  17. マスク
  18. 商店街
  19. 世界
  20. 団地

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥1,287 (2021/06/13 22:14:19時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

<今日は
京王百草園で待ち合わせ>

<いや~! それにしても
奇麗な梅の花ですね>

<おっ! お待たせしました
ネコちゃん>

小日向さん おはようございます。
<おはようございます>

梅の花 奇麗で かわいいですね。
<ねぇ!>

何か 梅の花が咲き始めると

春が もう すぐそこまで
来てるな~!って感じで

浮き浮きしますよね!
<本当ですね>

この京王百草園には

50種類の梅があるんですって。
<へぇ~>

梅って そんなに種類があるって
知りませんでした。

見て回りたいと思います。
<行きましょう>

本当 これ 全部 梅の木なのかな?

何か書いてますね。

マツゲン…。

「マンゲツシダレ」!

漢字も書いてある 「満月枝垂」
枝が垂れる。

こうやってね
枝が垂れてるから。

これは
白いお花が咲いてます。

かわいいですね。
<ねぇ!>

こっちは
ピンク色の花が咲いてる。

何だろう? これ。

「ウメ ミカイコウ」。

未開発の 未開に 紅。

はぁ~!

すてきな名前です。

うわ~! これも梅かな?

立派ですね! これ。

<あ~ 大きい!>

書いてる 書いてる 書いてる
「ウメ ジュショウバイ」。

ジュショウバイっていう梅。

ほら! こっち
白いお花が咲き始めてますね。

これからな感じでしょうね。

ジュショウバイって こう書くんだ
寿に昌に梅 寿昌梅。

えっ? これ…。

徳川家康 長男

岡崎三郎信康 追悼のために
植えたと伝えられてる。

岡崎三郎信康だ! 俺 以前…。
<はい>

舞台の演目で 『反逆児』というのを
やったことがあるんです。

この三郎信康が主役のお話を。
<へぇ~!>

だいぶ
これ 歴史があるんでしょう。

うわ~!

<この寿昌梅が植えられたのは

およそ300年前>

<江戸幕府 8代将軍 吉宗の
時代だったと伝えられています>

<京王百草園は

元々 松連寺という
お寺の庭でした>

<2万6000m

広い敷地には

一重野梅や蓮久などの
早咲きの品種をはじめ

およそ50種類の梅が
植えられています>

<遅咲きの梅もあるので

3月の中旬頃まで
楽しめるそうですよ>

何か 上も まだ行けるのかな?

行けそうです 上ってみましょう。
<はい>

あっ いいじゃないですか
こういう小道 大好きです。

お~!
<えっ 何?>

いいですね! 見晴らしが。

<お~!>

<どっちの方角ですかね?>

なになに?

「新宿都心 東京タワー
池袋サンシャインシティ

東京スカイツリー」が見える?
<へぇ~!>

あのビル群は何だ?

新宿都心かな?

あっ スカイツリーは あれだ!
スカイツリーは ありますね。

背の高い 鉛筆みたいなのが。
<あっ 本当だ!>

その手前にあるビル群が
新宿なのか?って感じですけどね。

本当 景色に癒やされてますね。
<最高ですね>

あれっ?
<何?>

あれ 富士山じゃないですか?
<えっ?>

あっ あれ 富士山だ。
<本当に?>

うわ~!

奇麗ですね 雪で覆った富士山。
<お~!>

今日 天気がいいから
くっきりです!

こっち 見たら
奇麗な雪化粧の富士。

こっちは東京。

最高ですね~!
<いい眺め!>

日差しも爽やかですし

もう少し この百草園の周りを
歩いてみましょうか。

<いいですね!>
真っすぐ行ってみようかな。

静かだな この辺。

あれっ? かわいい柄の建物が。

<あら! かわいい>

『101匹わんちゃん』みたいな柄
あれ 何でしたっけ?

ダル… ダルメシアンでしたっけ?
<そう そう>

あれっ?
<何?>

ダルメシアンじゃなかった。
<えっ?>

カウさんです。
<カウさん?>

牛さんが! お~!

牛舎?

牛の柄の牛舎! 結構いる!

あれっ? これ 子牛。

かわいらしい!
<あ~ かわいらしいですね>

「MOGUSA FARM」って
書いてますね。

結構な頭数 いますよ!

え~! こんなとこに 牛舎が!

しかも 結構 立派な牛さんですよ。

あっ 今 奥で作業されてる方
いらっしゃいますね。

こんにちは お仕事中 すいません。
(大木さん) はい。

あのう… ここの牛舎

昔から ずっとあるんですか?
(大木さん) そうですね。

以前は ずっと 並びで
みんな 牧場 やってたんですけど。

ここの並びでですか?
そうです みんな もう廃業されて。

今 何頭ぐらい
飼われてるんですか?

現在 搾ってるのが15頭です
あと 子牛が4頭。

で もうちょっと大きいのは
他の牧場に 7頭 預けてます。

この建物の柄も かわいいですね。

これ 20年前は さびだらけの
真っ赤っ赤だったんですが

これじゃあ まずいからと思って
全部 さび落として 塗ったんです。

目立つように 白にしたんですよ。

そしたら
家内が 「どうせ あれなら

牛模様にしちゃえば」って。
いい! かわいい!

かわいい! ハハハ!
めちゃめちゃ かわいいですよ。

おかげで 評判 いいです。
いいですよね これはね。

ちなみに この牛たちは
何用の牛なんですか?

乳牛です 牛乳を搾る。
牛乳を!

う~わ! 飲みたい!

飲めたりしないですよね?

いろいろ事情があるので

この場では…。
なるほどね!

うちの牛乳で 下の通り沿いで

ジェラート屋をやってるんですよ。
ジェラート?

ここを下りて行けば?
すぐ先 看板がありますから

それ 左に折れて
大通り出て 右 行けば すぐに…。

真っ赤な建物なので。
分かりました 行ってみます。

ありがとうございます お仕事中。
<お邪魔しました>

この牛さんたちと
写真 撮ってもいいですか?

撮ろう。

よ~し 行くよ! 行きますよ。

はい チーズ。
(カメラのシャッター音)

お~! ホホホホホ!
<あ~! あら~>

めちゃめちゃ かわいい!

インスタにでも上げちゃおっかな。

<『ぶらり』のインスタに
お願いしま~す>

細い道を

抜けて来たらだね。

もしかして あれかな?
あれですかね 赤い建物って。

あれだな 絶対に。
<どれ?>

おしゃれな感じのね。
<あぁ 確かに>

さぁ これだ これだ!

ほら かわいい! 屋根の上。

風見鶏ではなく
風見牛 付いてますね。

<あっ 本当だ>

ここですね 間違いないですね。

(店員) いらっしゃいませ。
こんにちは。

あっ スプレーがありますね。

お会計が先になるんですね。
はい。

シングルかダブルか。
あっ ダブルが行けるんだ。

じゃあ…
ダブルだな ダブルにします。

450円です。

はい お願いします。
ちょうど お預かりします。

お味 隣で お伺いします。

奇麗 奇麗! かわいい!

ピスタチオ ラムレーズン
マンゴー ラズベリー。

キウイバナナ いちごミルク
ティラミス キャラメル。

結構 いろんな種類がありますね。
<ねぇ!>

上のほうにある牛舎のご主人に

ここ 紹介していただいて
来たんです。

なので やっぱり ミルク
ミルクは外せないかなと思って。

だから
ミルクと あと そうだな…。

これだけあるんで 選べないんで

お薦めってありますか?

今 日野産のイチゴで作ってるので
今は これです。

日野産のイチゴがあるんですね。
はい。

じゃあ それだな 季節限定
いちごミルクを お願いします。

やっぱ ミルク いっぱい出るんだ
量が 全然 違うもん。

いや~!

はい どうぞ。
ありがとうございま~す。

これ どっか
外とかで食べられたりしますか?

外のベンチで。
そうですか すいません。

さぁ 外で食べましょう!

<天気もいいし!>

ここのベンチでいいかな。
<いや~ 最高ですね!>

まずは 普通のミルクのほうを。

<おいしそう!>

いただきます。

<どう?>
う~ん!

おいしい! 濃厚!

おいしい! ○△□×☆※…。

<ちょっと
何 言ってるか 分かりません>

この 日野産のイチゴを使った
いちごミルク 行きますか。

<これも おいしいでしょうね>

せっかくなんで
イチゴが入った所 いただきます。

これも おいしい!

甘さの中に
イチゴの甘酸っぱさが入ってて。

これも おいしい!

<アルティジャーノ・ジェラテリア は

モグサファーム直営の
ジェラート専門店>

<ジェラートは
搾りたてのミルクを使い

お店で 毎朝 手作りしています>

<味の種類は

地元で採れた果物や野菜を
使ったものも含めて

日替わりで15種類以上>

<濃厚なミルクのうま味が
たっぷり!>

<お土産用のカップジェラートは
全国配送もしています>

いや~ おいしかったな!

今日は 百草園駅から

京王線で旅してみたいと思います。

<春の足音を聞きながら

百草園から 都心を目指し

京王線で ぶらり旅>

<最初の途中下車は 武蔵野台>

武蔵野台駅も
初めて降り立ちます。

渡って
こっち行ってみましょうか。

渡ってみましょうか。

団地かな… 団地ですね。

あれ 何て読むんだろう?

しゃ… 車… 返す 団地。

何て読むんだ?
<う~ん… 分かりませんね>

あっ 団地商店街ですって
商店街もあるのか。

行ってみますか。
<行ってみましょ>

クルマガエシなのかな?
シャハン… 読めないもんな。

商店街があるの? この中に
さっき 「団地」と書いてましたね。

<団地に 商店は
付きものですけどね>

団地の中に…。

これのことかな?

これのことをいってるのかな?
商店街。

僕のイメージする商店街とは
ちょっと違いますけど

これのことなんでしょう。

けど 床屋さんがあったり

お花屋さんがあったり
薬局があったり。

生活に必要なものが

全て ここで そろうのかな。

で ここに おしゃれな喫茶店
「鳩時計」。

いい名前のお店ですね。

うん?
「SOUP CURRY」ってある?

あっ メニューがある
スープカレー。

えっ? 見てください。

「トロロと府中産野菜が
たっぷり入ったスープカレー」。

カレーに とろろ 入れますか?
<う~ん?>

北海道では普通なのかな?
「北海道トロロ」って書いてる。

<いやいや!>
知らないですよね 僕も知らない。

おなかも すいて来たしな~。

気になるから 入ろう。

消毒ね。

こんにちは 1人なんですけど。
(栗原さん) どうぞ。

(栗原さん)
こちらがメニュー表になります。

あのう…
ちょっと 確認なんですけど

こちらの商店街は
何ていう商店街ですか?

車返団地商店街です。

クルマガエシって読むんですね。

変わった名前ですよね。
そうですね。

あのう… 「北海道トロロ」って
書いてるんですけど

北海道では とろろを
カレーに入れるのは普通ですか?

ほとんど ないんですけど…。
<やっぱり>

スープカレーが好きな
農家さんが

ぜひ とろろとスープカレーを
合わせてみてほしいという形で

試してみました。
<へぇ~!>

試したところ 意外と行けたので

メニューにしたってことですか。
そうです。

和風ダシと とろろっていうのは

日本料理にあるように
相性がいいと思います。

この 北海道トロロと府中産野菜が
たっぷり入ったスープカレーを

お願いします。
はい。

ザンギは お付けしますか?
えっ?

北海道の唐揚げのことを
ザンギというんですけど

ライスの上に
のせるか のせないかっていう。

じゃあ ザンギも お願いします。
はい。

<ネコちゃん 知らなかった?>

北海道では 唐揚げをザンギ。
<そうですよ>

東京では…。
<はい?>

銀座のこと ザギンと言いますね。
<はっ?>

それと一緒かな。
<全然 違うわ!>

お待たせいたしました
スープカレーになります。

うわ~! 結構 野菜がいっぱい!

あっ とろろも!
<うわ~! おいしそう>

お待たせいたしました
スープカレーになります。

うわ~! 結構 野菜がいっぱい!
あっ とろろも!

奇麗ですね!

これ 野菜
何種類ぐらい入ってますか?

15種類ぐらい入ってます。
15!

すごい!

じゃあ まず ルーだけ…。
<おっ!>

<そうやって食べるタイプね>
いただきます。

おいしい! やさしい!
やさしいスープカレー。

カレーには
甘酒や塩こうじを加えてます。

<甘酒?>

おいしい!
女性が好きそう 野菜に合いそう。

うん! めっちゃ おいしい。

行きましょうか とろろを。
<出ました!>

初めてだな とろろ。

<どうでしょう?>

うまっ!

合いますね。
ありがとうございます。

めちゃめちゃ おいしい
おダシが ものすごい効いてます。

だから これ とろろが合うんだ。
<なるほどね!>

何か メニューに「府中産野菜」って
書いてたんですけど

これ 全部 そうなんですか?
えっと 府中産の野菜は

今 入ってるのですと

シュンギクとシイタケ 長ネギ

ラディッシュ ブロッコリー。
<へぇ~!>

このシイタケも 府中で採れる…
シイタケ 府中で採れるんですね。

いただきます。

うん! 合う。

このザンギ みんな
どうやって食べてるんですか?

そのまま がっついて。
かじってですか。

結構 大っきなザンギが
入ってます。

いただきます。

わっ めちゃめちゃ おいしい!

<スープカレーの専門店 鳩時計>

<ベースとなるダシは

鶏がらに 昆布やシイタケ
香味野菜を加え

丸一日 煮込んだもの>

<さらに 自家製の甘酒を加え

15種類のミックススパイスに

花ざんしょうの入った辛みスパイス
クミンオイルなどを入れて

スープを仕上げます>

<そこへ 素揚げした
新鮮な野菜を盛り付け

最後に 北海道産のナガイモの
とろろを加えれば出来上がり>

<カレーに とろろ>

<考えてもみませんでしたが
合うんですね!>

<他にも
チキンレッグが丸ごと入った

スープカレーも人気>

<たっぷりの野菜で
おなかを満たし

続いての途中下車は調布>

調布駅 降りました。

調布駅 降りたのは
いつ以来か覚えてないな~。

けどね 日活の撮影所に行く時は

ここで降りて ゆっくり歩いてくか
バスで行くか してたんですよね。

<はい! 僕も そうでした>

撮影所しか行ったことないからな。

ここは 甲州街道…。

甲州街道だな。
<ですね>

じゃあ ちょっと 甲州街道 渡って
向こう側 行ってみましょうか。

<はい>
向こう側 渡ってみましょう。

大きな木が並んでますけど…。

「調布市保存樹木」。

「サワラ」。
<えっ?>

魚しか知らないですね。

木でもあったんだな サワラ。
<ねぇ!>

調布市の保存樹木ですって
大きい。

「深大にぎわいの里」って
書いてますね。

深大寺が有名ですからね。

「調布卸売センター」。

「調布のやさい畑」。

…があるんですかね。

<あるんでしょうね>

あ~… ちょっと 今は
シャッターが閉まってますけど

市場っぽい感じですかね。

時間帯かな?
シャッター 閉まってますね。

こっちも
奇麗なお店が立ち並んでますね。

こっちもかな? 中が市場なのかな
どうなってんの?

うん? 何だ? これ。

「街のアトリエ」。

「こどもアート教室」
「街のアトリエ」?

何ですかね? パイプ。

不思議な形の作品ですけど。

<何か 面白そうですね>
見れるのかな? あるのかな?

下? 上?

どっちだろう?

下は市場っぽいんで 上 見ます?
<はい>

あるかな?

あっ!
<ありました?>

街のアトリエさん ある!

これですね 街のアトリエさん。
<ありましたね>

(金属をたたく音)

音がカンカン… あっ ほら ほら!
(金属をたたく音)

ほら ほら ほら!
(金属をたたく音)

さっきのポスターの作品が…。
(金属をたたく音)

(金属をたたく音)

ありますね。

大っきいな!

大丈夫かな 作業中ですけど。
(金属をたたく音)

(金属をたたく音)

こんにちは 作業中に すいません。
(山田さん) はい。

こちらは何なんですか?

街のアトリエっていって…
私の作業場でもあるんですけど

子供たちが 造形教室で来たりとか
そういう所です。

見せてもらってもいいですか?
どうぞ。

ありがとうございます。
<失礼しま~す>

これですね さっき ポスターに…。
そうですね 今 下に。

全部じゃないですけど 部分的に。
そうなんですか 部分的。

これで
全体の半分ぐらいですかね。

えっ これが?
そうです。

こっち側に
ぐ~っと つながって

実物は円形みたいな感じに
なってるんですけど。

何なんだろう? 不思議な形。

こういうアートってね

頭を柔らかくして見ないと
何なのかが 全然 分からない。

<何でしょう?>
管! 管ですね。

管ですね。
あっ 管? 管ですか。

管とポンプみたいな。

管とポンプ!

これがポンプってことですか
管が こんな感じですもんね。

皆さん どくどくと動くやつです。

体の中ってことですか?
そうです そうです。

心臓とか そういうものですか?
そうです 心臓です。

へぇ~!

心臓なんですね! これがね。

本体とつながってる所は

なるべく忠実になっていて

こっちの これと これが
大静脈っていって

体を ぐるっと回った血液が
戻って来るところのパイプで

これで また ど~んと
全身に送り出すっていう。

ちなみに
こちらは何で出来てるんですか?

銅板で出来てます。
銅板!

けど 他にも こうやって…
これも 全く分かんない。

これは何だ?

それも 体のシリーズの作品です。
体のシリーズ?

さっきは心臓でしたけど
こんなの 僕 持ってないですよ。

あります あります。
ある?

小腸の内側の…。
小腸の内側?

小腸の内側の
柔毛っていうのありますよね。

分からないです。
栄養を吸い取る ひだというか。

そういうのがあるんですけど
それを ちょっと 形に…。

すごく拡大して
作ってみたというもので

首から掛けられるように
なってるんですけど。

触ってもいいですか?
どうぞ。

ちょっと くるっと 今 回して…。

こう?
それで 後ろから…。

その ぐ~っと曲がってる所

後ろ… 首のほうから
回して掛けてもらうと…。

こう?
はい… 首 冷たいんですけど。

こんな感じです。
これ 正しいですか?

それが正しい掛け方です。
<ハハハハハ!>

これ 正しい掛け方。
正しい掛け方。

ありがとうございます
楽しいです。

自分のおなかの中で
起こってることを

体験するみたいな。

それを持って 中に こういうの
あるのかな?みたいな。

面白い!

あのう… さっきから
ずっと 気になってたんですけど

この作品…。

これは何なんですか?って
聞いてもいいですか?

ここ 顔があって
こっちも 顔があって

下から入れるように
なってるんですけど…。

中に入って
こっち側と こっち側の人で

コミュニケーション 取るみたいな
そういう作品ですね。

実際に入れたりするんですか?
こうやって入れますね。

あれっ? 入れた。

僕も入っていいですか?
はい 大丈夫です。

失礼します。
低いので 大変かもしれないです。

めっちゃ 声 響くんですけど。
声が すごく響いて。

不思議な感覚ですね。

<人の体をモチーフにした
銅板作品を作っているのは

東京藝術大学 大学院出身の
山田元子さん>

<銅の板を
丁寧に 金づちでたたき

滑らかな曲線美を
作り出して行きます>

<こちらは 花粉症の季節に

頭がぼんやりする様子を
イメージした作品>

<『ハルと空』>

<目元と鼻の下に
金のラメを塗り

花粉を表現しています>

<うあ~!
何か むずむずして来た!>

<一方 こちらは
爽やかな空気を

胸いっぱいに吸い込む様子を
イメージした

『森の呼吸器』>

<頭に乗っているのは
肺につながる管がモチーフ>

<おっ こっちは すっきりとした
いい表情してますね!>

急に来てしまって
すいませんでした。

すてきな作品と
すてきなお話 聞けて

すごく楽しかったです。
よかったです。

すてきな作品でしたね。
<ねぇ!>

川が流れてますね
あっ いい感じ!

川沿いを歩いてみましょうか。
<いいですね>

川の横の遊歩道とか
気持ちいいんだよな。

この木は何なんだろう? 桜かな。

あと1か月ぐらいして
この辺 桜で満開になったら

より楽しいでしょうね。
<ねぇ>

なになに?

「野川でよく見られる野鳥」。

この川 野川なのかな
結構 いますね。

というか この看板 見えねえな!
<ハハハハ!>

「ユリカモメ」「カルガモ」。

「コガモ」「シジュウカラ」とか。

結構 いますね
10種類… 15種類ぐらい。

「ムクドリ」とか
「ヒヨドリ」とか 「メジロ」とか。

いますね カモは います。
<えっ どこ?>

橋の下のほうにいたり。

<あぁ いますね>

来た 来た 来た 来た! ほら。

<これは?>
何だろう? 白いの。

サギかな?
<ですかね>

あれ 何だろう?
オレンジと青い…。

小っちゃな鳥も
木の枝に つかまってるんです。

いるんですよ。
<えっ どこ?>

<あぁ!>
カワセミかな。

おなか オレンジ色っぽいの。
<わ~ すごい!>

この辺… あっ 脇道 ありますね。

入ってみましょうか。

住宅街になるのかな。

住宅街… あっ これは何だ?

かわいらしい植物が置いてますね。

売り物ですよね。

「この札がついている植物は…」。

全て160円? 安っ!

<本当だ!>
安くないですか?

<安い!>

何ですか? これ
「不死鳥」って書いてますよ。

不死鳥ですって。

<多肉植物?>

これも何?
「マサイの矢尻」 何だよ?

<面白い名前ですね>

この形が マサイの矢尻ってこと?

面白いですね
かわいらしいよ この植物。

こっちも! こっちの棚も すごい。

結構な種類がありますね!

何なんでしょうね?

中に お店の方かな
いらっしゃいますね。

こんにちは。
(戸田さん) いらっしゃいませ。

今 表を歩いてて
かわいい植物が160円!

安く置いてるので
気になっちゃって。

うち 多肉がメインというか。

多肉の植物。
ええ 多いですね。

向こうのほうも入れるんですか?
どうぞ はい。

こちら 消毒あります。
はい。

あ~ こっちも かわいい!

こっちは こっちで
さっきのやつが…。

こういう 鉢に入れて
かわいらしい。

寄せ植えすると
風景みたいに 作れるんで

小っちゃな世界で
楽しめるというか。

楽しい!
見てて楽しいです にぎやかで。

これ 何ですかね
石の中に こうやって集められて

いろんな種類のやつが入ってると
より かわいく見えますね。

そうですね
いいとこ取りじゃないですけど

それぞれ いいとこあるんで。

こういう貝殻 入れたり

こういう流木みたいのを
入れたりすると

その世界 いろいろ つくれるんで。

その人によった世界が生まれる。
はい。

裏にもあるんで もし よかったら。
裏にも まだありますね。

また 違う種類のやつなんですか?
そうですね。

今度は お花というより 緑。

ちょっと ご主人!

さっき 160円だったのが…。

うわっ 3万円になってる!
<えっ?>

ちょっと
どうなってるんですか? 高っ!

これ 6万! 7万!

えっ? 一 十 百 千 万…。

ちょっと ご主人!
これ やり過ぎじゃないですか?

20万します これ。
<え~!>

これ 何ていう植物ですか?
ハオルチアという種類です。

へぇ~! 初めて見ました。

これの19万と

これの5万円の

差が 僕には 全く分からないです。
<私も>

上の部分の模様ですとか。
なるほどね。

成長も遅くて

希少だったり 人気があったり。

これ 何かの植物が
上に わ~ってなってたのを

ちょきんと
切った感じになってますもんね。

ハオルチアの良さって
どこですか?

盆栽とかと一緒で
こだわりが強いんですよね。

それぞれ… ドーム形に
なってなくちゃいけないとか

透明度がなくちゃいけないとか

いろいろ もう 本当に。
あるんですか。

本当 究極の
趣味の世界じゃないですけど

マニアの方が多いです。
へぇ~!

ハオルチアのマニアが多い。
はい。

<南アフリカ原産で

「砂漠の宝石」と呼ばれる
ハオルチア>

<乾燥から身を守るため

土の中に埋もれて成長し

天窓と呼ばれる 頭の部分だけを

地面に出して育ちます>

<値段は
模様や 全体の形によって

大きく変わるんだそうです>

<奥の深い 多肉植物の世界に
魅せられた 店主の戸田さんは

流木や 石 サンゴなどの素材と
組み合わせ

独特の世界観で 寄せ植えを作り

販売しています>

<また
予算やイメージを伝えると

リクエストに沿った作品も
作ってくれるそうですよ>

<どれも いい雰囲気ですね>

<旅を続けましょう>

<次の途中下車は 千歳烏山>

千歳烏山で降りました。

どうなってんのかな?

ちょっと 歩いてみましょう。

横断歩道 渡ってみましょうか
向こう側 行ってみましょうかね。

ちょっと
こっち行ってみましょうか。

緑道っぽくなってますね。
<あ~ いい感じじゃないですか>

歩いてみましょう。

さぁ 緑道を歩いて来ましたが

ここいらで ちょっと…。

右のほう行ってみますか。
<はい>

ず~っと 住宅街な感じかな。

うん?
<どうしました?>

何ですかね?
<えっ 何?>

カメラで 何か撮影してるけど
変ですよ。

<あっ!>

話 聞きたいけど めっちゃ怖いな。
<ホホホホ>

声 掛けるか。

気になるもんな。
<ねっ! 聞いてみましょ>

こんにちは。
(松浦さん) こんにちは。

あっ どうも。

大丈夫ですか? 今 お話 聞いて。
はい。

すいません 近くで…。

顔が すごいですね。
ありがとうございます。

撮影しようと思って
カメラの画角を合わせてたんです。

何を撮影されてるんですか?

あの辺の 木の所に立って
撮ろうかなと思って。

ご自身を撮ろうと思ってですか。
はい。

マスクは
どっかで売ってるんですか?

これ 全部 自分で作ってる。
<へぇ~!>

作られてるんですか。

ウエアとかは?
全部 自分でデザインして。

そうなんですか!

映画とか
そういうので使う用ですか?

単純に
SNSで配信しようかなと思って。

撮影をして

SNSで投稿をするという

趣味か何かですか?

こういうアート活動をしてまして。

近未来とか未来感とか 大好きで

そういう
イマジネーションを具現化して

そのまま
アパレルで売っちゃおうみたいな。

じゃあ SNSで
ショップみたいなのを持ってて

これを販売してるんですか。
そうですね。

ちなみに 結構 しっかり
作られてるんですが このマスク。

どんなんなってるんですか?

実は これ 開いちゃって。
怖い 怖い 怖い 怖い!

<う~わっ!>
やばっ!

実は これ 開いちゃって。
怖い 怖い 怖い 怖い!

<はぁ~!>
やばっ!

これ 中に ディスプレーが
入ってるんですけど。

よかったら
事務所 すぐそこなので

他の作品とかも見たりします?
見たいです!

ぜひ見せてください。

いいですか?
はい。

あっ ようやく。
<あっ こうなってるんですね!>

すごっ!

お~ すごい すごい すごい!
すごい すごい!

ようやく!
蒸れ蒸れになっちゃいました。

はじめまして 金子と申します。
よろしくお願いします。

「よろしくお願いします」って…。
<ハハハハ!>

じゃあ すぐそこなんで。
すいません お願いします。

行きましょう。

かっこいい!
本当ですか!

漢字とか 結構 好きで。
漢字 いいですね。

自分で フォント 作ってるんです。
<面白い!>

ちょっと… すいません 何か。
とんでもないです。

すいません いきなり話し掛けて
失礼します。

ここなんで。
すいません。

普通のお宅ですね。

すごい!

<お~!>
今 ディスプレー 動いてないんで。

そういうのが できるんですね。
できます できます。

完全に 未来。

お~!
ついた。

(電子音)
ワオ ワオ ワオ!

やばっ!

出た!
出た。

(電子音)

これもフォント。

僕のアパレル
C2っていうブランドなんですよ。

これ 既存のサバイバルゲームの…
全部 サバゲーの中の。

こういう装備っていうか
プロテクター 売ってて

それに こうやって 自分で
デコレーションしてるんですよ。

ちなみに
これは売ってるんですか?

これは売ってないです
ただのディスプレーです。

自分の世界観を

表現… 具現化したいなと思って。

マスクの中身…
動く液晶っていうか。

画面の中身って
どうなってるんですか?

さっきのやつですね。
さっきのやつです。

こういう感じで。

フレキシブルディスプレーって
いうんですけど

曲がるケータイとかで
結構 売ってるんですよ。

そのディスプレーだけで売ってて
それを使って。

これ ちょっと改造してるんです。

マスクにできるように
自分で こういうフレーム 付けて。

枠 付けて
こうやって やってるんですけど。

これで…。
変わるの? もしかして。

うわっ!

これ 口なんですよ。
へぇ~!

僕ね そういうの大好きなんです。
本当ですか。

違う人になれるじゃないですか。
なれます。

しかも 楽しいし!
いや~ 面白い!

これ ちょっと 消毒するんで
着けてみます?

僕 着けてもいいんですか?
いいですよ。

着けたいです お願いします
やった~!

<ネコちゃん
戦隊ヒーローでしたもんね>

じゃあ どうしたらいいですか?
ちょっと待ってくださいね。

<焦らない 焦らない>

そうだ
せっかくだったら おそろいで。

これと。
着ましょう! 着ましょうね。

楽しそう! ありがとうございます
やった~!

ありがとうございます
これを着させていただいて。

あっ 何これ!
かっこいいじゃないですか。

ありがとうございます。

いいですね! 似合ってますね。
そして?

これを こう。
おでこに当たる感じでいいですか。

ここら辺でいいですか?
はい。

つけてもらっていいですか。
よいしょ。

どうですか?
大丈夫です つきました?

小日向さん!
<はい>

ネコちゃんです。
<お~!>

いい感じですか?
<いい感じ!>

<おっ かっこいい!>
ネコちゃんです。

<「ネコちゃんです」は
どうなんだろう…>

<モーションデザイナーの
松浦さん>

<本業は CGクリエーター>

<グラフィックの技術を生かし

サイバーな雰囲気を
つくり出します>

<ディスプレーが埋め込まれた
オリジナルのマスクを

思い付いたのは5年前>

<SNSを通じて 日々
新しい作品を発信しています>

<松浦ワールド いっぱいの
Tシャツやキャップなど

オリジナルのグッズの一部は

ネットでも
販売しているそうですよ>

<ネコちゃん
かなり お気に入り!>

<近未来の世界から戻って
旅は続きます>

<次の途中下車は
京王新線の幡ヶ谷>

<降りたことあります?>
幡ヶ谷 来てそうで来てないです。

新宿 初台

笹塚… あっ 違う! 幡ヶ谷 笹塚。

何があるんですかね?

裏のほう 入ってみますか。
<はい>

唐揚げ屋さんがあったり
おしゃれなレストランがあったり。

飲食店が 結構 多いんですね。

えっ? 見てください。

「中華食堂」って書いてる。

中華食堂なの? ここ。

<おしゃれですね>

うそでしょ?

中華のメニューですね。

「焼売」
「よだれ鶏」とか「ピータン」とか

「パクチー」とか「チャーシュー」。
<中華ですね>

うわっ 出た! 何? これ。
<えっ?>

レバニラなんですけど その上に

「いつもと違う」って書いてる。
<いつもと違う?>

「いつもと違うレバニラ」とか
いわれると

気になっちゃいますよね。
<はい>

しかも この おしゃれ感。
<行ってみますか!>

行きましょうか。
<行きましょう>

おなかも すいて来ましたし
入りましょう。

ごめんください。

<幡ヶ谷で見つけた
おしゃれな中華食堂>

ちょっと 確認したいんですけど
こちらは中華屋さんですか?

(落合さん) はい 昼は
汁なし担々麺屋さんですけど。

汁なし担々麺 はい。

夜は 一応
一品の中華料理をやってます。

大丈夫ですかね? 券売機は。

「よるはお席にて」。
はい。

<汁なし担々麺も
気になりますよね>

どこでもいいですか?
はい どうぞ。

じゃあ 汁なし担々麺と
いつもと違うレバニラを

お願いします。
分かりました。

「いつもと違う」って
俺 どんなレバニラ 食べてるか

知ってるのかな?
<ハハハハ>

うわ~ すごい!
お待たせしました レバニラです。

ありがとうございます 奇麗!
<お~!>

これは いつもと 全然 違う。

こんなに うちのレバニラ
おしゃれじゃないです すてき!

じゃあ マスク 失礼します。

何か 食べ方ありますか?
下のレバーと 上のニラを

うまく バランスよく つまんで
食べてください。

下のレバーと 上のニラを
バランスよく。

いただきます!
たれも つけたほうがいいですね。

<いや~
これ 間違いないでしょ!>

うん!

う~ん!

ば~りばり おいしい!
<ハハハハハ!>

かぁ~ おいしか!
<ハハハハ!>

たれをね。

うん! たれが おいしいですね。
ありがとうございます。

<いつもと違うレバニラは

四川唐辛子と
オイスターソースを炒め

そこへ 鶏がらスープ

さらに 中国しょうゆを加え

ベースとなる たれを作り

片栗粉をまぶした
鶏レバーを入れて

たれを絡めます>

<あ~ もう
これだけでも おいしそう!>

<その上に さっと炒めたニラを
盛り付けて

いつもと違うレバニラの
出来上がり>

<いや~! レバーとニラは
テッパンですからね>

あっ 来た!

お待たせしました
汁なし担々麺です。

奇麗!
<わ~!>

<色鮮やかな 汁なし担々麺>

一番下にあるの ごまだれですね。
はい。

麺があって
モヤシとニラを炒めたやつと

肉みそですね。
肉みそ。

よく混ぜて お食べください。
はい 分かりました。

じゃあ 失礼します 混ぜます。

うわ~ こんな奇麗なの
そのままにしときたかったな。

汁なしの担々麺は
初めて食べます。

いただきます。

<あ~!>

<初めての汁なし担々麺 どう?>

おいしいですね!
ありがとうございます。

おいしい!

これはタマネギかな…
何ですか? ピンクのやつ。

そちら 赤タマネギの
甘酢漬けになりますね。

これが アクセントになって。

甘酢漬けっていうのも秘訣ですか。
そうですね。

中華の甘酢漬けのたれと
同じベースで漬けてるんです。

この麺も すごく おいしい!

喉越しが いいんですけど
何か こだわってるんですか?

うちは自家製麺で
麺 打ってるんですけど。

この建物の中の
別の部屋に製麺室があって

そちらで 毎朝 打ってる麺を…。
あっ そうなんですか。

大体 あのレバニラを食べた時点で
僕は分かってましたけどね。

絶対 おいしいだろうと。
<ハハハハ!>

本当 おいしい!

<お店で使う麺は 全て自家製>

<特注でブレンドした
小麦粉で作る麺は

もちもちとした食感が特徴です>

<汁なし担々麺は
練りごまのソースの中に

専用で作っている中太麺を入れ

そこに 炒めたニラとモヤシ
カレー粉が隠し味の 肉みそ

最後に サクラエビが入った
トウチジャンをのせれば

出来上がり>

<もちろん 普通の担々麺も
人気のメニュー>

<こちらは
オイスターソースに

トマトペーストが隠し味の
焼きそば>

<麺に添えられた 目玉焼きと

千切りのキャベツを
混ぜて いただきます>

<あ~!
これも間違いないでしょ>

<いや~ いい旅になりましたね>

<いつもと違う ネコちゃん!>

<鳥や花たちが
日の光を浴びて

元気に動きだしています>

<春を感じる
いい一日になりました>