ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【富山】聞き間違い!?ラーメン200円…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【富山】聞き間違い!?ラーメン200円

一口で恋に落ちる豚骨スープ!!名物どろどろイカスミラーメン【東京】頼むなキケン・でもウマい(秘)しょうが焼き定食!!中ボス『ハンバーグ』注文が難しい定食屋さん!?

詳細情報
出演者
【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】北山宏光(Kis-My-Ft2)、高橋みなみ、トラウデン直美
URL
https://www.ctv.co.jp/omouma/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 高橋
  2. 北山
  3. 直美
  4. ハハハ
  5. スタッフ
  6. マスター
  7. 競歩
  8. 本当
  9. 結構
  10. スープ
  11. 面白
  12. 絶対
  13. 生姜焼
  14. ウソ
  15. 大丈夫
  16. ソース
  17. ヒロミ
  18. 小峠
  19. キャベツ
  20. ハンバーグ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



<テレビの前の皆さん>

<日本の とある町で
見つけました>

(ヒロミ)並んでるじゃん もうね。
(北山)ラーメン屋さん。

人気なんだよ。
(高橋)うわっ すごいな。

(直美)すごい めっちゃ混んでる。

ハハハ…[笑]怪しいけどね。
(高橋)ねぇ ちょっと。

(北山)ボリュームすごい。
(小峠)あ~っ きてますね。

(直美)あふれてる。
うん。

でも1回ぐらい
チャレンジしたいんだよな。

まぁ そうですね。
(高橋)確かに食べてみたい。

これ何なの?
(高橋)いや すごい量。

(北山)いや ルフィみたいなの
いるよ?

(直美)何かルフィみたいな人が…。
この「ワンピース」の人は 何なの?

この集団 気になるな。
この人「ワンピース」の人だよね?

「ワンピース」の人ね。
(高橋)ひとつなぎの大秘宝を。

<さぁ いくら?>

(高橋)え~っ いくら?これ。
いや~ 1200円。

(北山)いや~ 1300円ぐらい
するんじゃないの?

(直美)1500円。

1000円とかかなぁ。

でも ちゃんとしてるじゃん。

(スタッフ)金額は おいくらですか?

(ヒロミ・小峠・北山)え~っ!
(直美)200円?(高橋)ウソだ!

(直美)1000円 間違ってない?
(高橋)えっ 200円?

(北山)だいぶチャーシュー
入ってるよ。

(直美)ウソだ。
(高橋)どういう値段設定?

えっ ちょっと すごいね これ。

(高橋)200円の
量じゃないですよね。

(北山)ハハハ…[笑]
絶対 赤字でしょ。

えっ 何で200円で出してるの?
えっ ちょっと 本当?

(高橋)いや量すごいですよ だって
えっ 女子 これ いけるのかな?

(直美)すごい これ。
いや 厳しそうですけどね。

(北山)ガッツリですね。
いいね!

いいね。
いい!この子 いいね。

(高橋)わっ 結構いく。
いいよ!

いや いいですよ。

このあいだのカレーの子よりか
いけるんじゃない?

(高橋)7連敗した?
うん。

(北山)れんげ使うタイプね。

ハハハ…[笑]
(高橋)すごい食べる。

(直美)ハハハ…[笑]
なに?この子。

いいですね。
この子 かわいい。

(高橋)えっ すごい!ウソ!

(北山)完食?
あっ いけるんだ。

絶対カレーと対決したら勝てるよ。

(直美)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(高橋)いい食べっぷり。

(北山)いや 一緒に食べたら
気持ちいいんだろうな。

(高橋)ちゃんとスープまで。

女の子でラーメン スープまで
飲んでるの かわいいよね。

ねぇ うん。
(北山)いいですね。

(高橋)わっ すごい!本当に。

(北山)スープ 全部いっちゃった。
(直美)すごい!完食だ 本当に。

いや すごいね きれいに。
これ 北山よりも いけるだろ。

(北山)いや 俺より食ってますよ
多分ね[笑]

ハハハ…[笑]
(高橋)ハハハ…[笑]

あ~っ きれいに。
あっ いいね。

(北山)これは すごいな。
素晴らしい。

(高橋)いい食べっぷり。

いや ちょっと分からないですよ
これ何だろう?

…て 言われてる[笑]

(高橋)おいしいんだ。

いいね。
はいはい…。

(北山)背脂系か?
なに?これ 背脂?

(高橋)う~わ おいしそう。
(直美)すごいな これ。

ニンニク?

(直美)おいしいんだ。

(高橋)あ~っ。

えっ 何で200円なの?

いや ちょっと不思議だよな
どういうことなんだろう?

絶対に赤字だよな。
うん。

(直美)絶対 赤字ですよね きっと。

うわっ これ うまそうだな。

(スタッフ)すいません。

(高橋)え~っ 食べてみたい。

あっ これは900円なんだ。

どういう あれなんだろうな。

(直美)あれ?さっき…。

えっ?
(直美)あれ?さっき…。

これ900円?
何でしょうね?何かあるのかな?

さっき 何か200円っていうのは
何なの?

(北山)あっ 麺も。
(高橋)へぇ~っ。

自家製麺だ。
自家製麺で。

(北山)こだわってるんだね?
太かったもんね。

うどんみたいな麺だったもんね。

(北山)えっ こんなに
こだわってるのに?

うわっ でかい圧力鍋 怖い。

(高橋)うわっ すごいな。
(直美)すごい。

(スタッフ)あっ そうなんですか。
≪はい。

これ。
(高橋)こんなに なってるんだ。

俺ね これ そのうち動きだすん
じゃないかと思うんだよな。

(北山)手とか 生やしちゃって。
子どもの頃 そう思ってたもん。

(北山)手とか 足 生えちゃって。

そのうちに
動きだすんじゃないかと。

(高橋)スープが?
(直美)えっ スープが出てくる?

(直美)へぇ~っ 面白い。

(北山)えっ?

へぇ~っ。
(北山)あそこからスープ出るの?

(直美)すごい。
え~っ?

(高橋)こんな感じなんだ。
ここから出すんだ。

ほら!動きだすよ これ。
ハハハ…[笑]

これ 動く前だから。
いやいや そうよね。

これ きそうですよ これ。
(北山)今にもね 動きそうな。

音がすごいな 音と蒸気が これ。

(直美)うわ~っ 絶対いい匂いする

(高橋)もくもくですね[笑]
すごいな。

すごいね。
(北山)こんな煙 出るの?

こんなに なる?
煙…まぁ 水蒸気だけどね。

(北山)水蒸気。
へぇ~っ!

(直美)すごい。
はぁ~。

すげぇな。

(高橋)ピント合わなく
なっちゃった[笑]

(北山)真っ白になっちゃう。

はぁ~ すげぇな。

うわ~っ[笑]
(高橋)すごい!

(直美・高橋)何も見えない。
何?これ。

(直美)何も見えない。
(高橋)何?これ。

こんなに なるの?厨房。

面白いな。
面白い。

で あの人がいなかったら
笑えるのにね。

ハハハ…[笑]
(北山)イリュージョン。

(高橋)いなくなるっていう。
(北山)イリュージョンだよ。

(スタッフ)熱いですね。

(直美)いや そりゃ熱いよな。
熱いんだ。

(高橋)熱いんだ。
うわっ すげぇ。

(高橋)本当に何も見えない。
え~っ!

(直美)真っ白。
大丈夫?これ。

(北山)ここから見た人
マジ わけ分からないですよね。

(高橋)この瞬間 チャンネル変えた人
焦りますよ。

何だろう?って。
そうね 今ね。

(北山)今 変えたらね。

(スタッフ)スープが
入ってるんですよね?これ。

≪はい?
(スタッフ)今この中にスープが入ってる?

≪入ってます。
(スタッフ)え~っ。

(北山)量が分からん。

(スタッフ)すごい…。

白くなってるっていうね。

これ すげぇな。

(北山)みんな心配になるのよね
これね。

確認しないとね やっぱ。
(北山)やっぱりね。

これ普通に 中にいる人
ホワイトアウトしちゃうよ?

今どこか
分からなくなっちゃうよ これ。

(直美)別世界に
行ってそうな感じですね。

すげぇな これ
これ怖くなるよ 中にいると。

(高橋)もう何が起きてるのか
全然 分からん。

(北山)ハハハ…[笑]
すげぇな。

(北山)これオンエア尺ですよね?
えっ?

(北山)オンエア尺ですよね?
これって。

そうだよ?
普通 流さないよ 全部。

そんなの気にしちゃいないから
この番組。

(高橋)ハハハ…[笑]
(北山)すごい。

見る人の気持ちなんか
全然 考えてくれてないんだから。

(高橋)ハハハ…[笑]

編集を習ってきてない人たちが
やってますからね。

そうそう…。
(高橋)ハハハ…[笑]

(直美)カメラ曇っちゃってる。

(北山)あっ 見えてきた
見えてきた。

(スタッフ)これが 今 出来たての。
はい これまだ…。

(高橋)あっ やっと見えてきた。
お~っ!

(スタッフ)これが 今 出来たての。
≪はい。

≪これまだ 味が浅いので。

(スタッフ)こんな真っ白な豚骨スープ
見たことないですね。

へぇ~っ。

いや それはさ
この手間で200円ってさ。

ねぇ これ 200円は ちょっと
不思議だよな。

(高橋)「塩ダレ」

いやいや…うまそう。
うまそう うん。

(直美)すごい。

(北山)300g。
結構あるな。

結構ありますね 麺300は。
(高橋)結構ありますね。

いや これ うまそうだな。

(直美)たっぷり。

(高橋)ボリューム[笑]

(北山)いや~
このチャーシューも…。

自家製か。(高橋)チャーシューも
おいしそう。

200円じゃ ダメでしょう。
いや そうですよね。

(高橋)何で そんな値段なんだろう
(北山)大赤字。

ねぇ。
うん。

(高橋)うわ~っ いい香り。
(北山)ニンニクなんだ。

いや~ ニンニクすげぇな。
(直美)おいしそう。

このサラダは何だろう?

(高橋)小さいキャベツ。
(北山)ちょい のせの。

珍しいタイプですね
最後キャベツのせるの。

(高橋)あっ
みんな やっぱりスープ。

すごい飲んでる。
やっぱりスープ うまいんだろうね

(直美)でも あふれちゃってるから
下のお皿に いっぱいスープが。

あ~っ ねぇ たまってるね。
(高橋)あっ 本当だ。

わっ すごいわ。
相当うまいな。

まぁ そうでしょうね。
(直美)おいしそう。

…あんまり全部は。
(高橋)そうですよね。

こんな飲みきる人 多いって
よっぽど 飲みやすいんだ。

うわっ すげぇ!

(高橋)え~っ 食べてみたい。

(北山)「いまどき」?
(高橋)「いまどきラーメン」?

あ~っ やっぱ
キャベツは入るんだな。

(高橋)最後キャベツのるんですね。
(直美)ねぇ キャベツが…。

「いまどき」は いくら?

あっ これ 麺が違うんだ。
(北山)あっ 麺が違う。

(高橋)最後キャベツ[笑]
うん キャベツ これは…。

このキャベツが[笑]
ねぇ これもう絶対。

(北山)これサラダじゃ
ないんですからね。

分からないんだよな サラダが。

「いまどき」

「いまどき」いくら?

(スタッフ)おいくらですか?

これ200円なんだ。

(北山)ちょっと値段設定が
マジ分からん。

(高橋)何で?何で?
分からないね。

(直美)さっきの900円…。
いや これ安いよ。

やっぱ これ200円。
これ安いよな。

うん どういう設定なんだろう?

(高橋)あ~っ おいしそう。

(北山)学生の頃あったら
すごい通うな 俺。

いや うまそうだよな これ。

(直美)本当だ。(北山)いいですね。

えっ?
え~っ。

えっ 何で?さっきのと違うの?

(高橋)どういうことなの?
どういうことだ?これ。

(北山)えっ?
(直美)どういうこと?

分からない 分からない。
(高橋)一緒ですよね?

どういうことなんだろう?

<このお店 どこだ?>

あの方言 どこだろうな?

(北山)「桃鉄」みたいな[笑]

(直美)富山なんだ。
富山なんだ。

だから ちょっと
岐阜と絡んでるから

何か そういう方言なんだな。

≪はい いらっしゃいませ。

出た!お前か。
出た あれだ。

あいつですよね。
お前だよ あいつだよ。

こいつね
絶対ここから入るんですよ。

(直美)ハハハ…[笑]「何の理由で」

すごいね。

(岩元D)他のお客さんが写らない
ように させていただきますんで。

そりゃそうだよな。
うん。

ホテルの人も正しいよね
「それ どんな理由ですか?」って。

これだけ撮りたいだけなんだから。
いらないのよ ここ。

(直美)どうしても必要なのか?
これは。

(高橋)こだわりなんですね。

で これ右ふってね。

で 特に何もないんだよ。

とにかく これを撮りたい。
うん。

これを撮らせてくれるホテル
探してるんだよ。

えっ 競歩の人?
競歩だよ。

(北山)ランニングじゃなくて
競歩なんですね。

競歩の人って なかなか…。
競歩の!

(高橋)競歩の人だ!
なかなか…。

競歩の練習してるの
俺 初めて見たな。

(北山)すごい気になるわ 今の人。
何で競歩の人

ちょっと追わないんだよ。
ハハハ…[笑]

(北山)そう。何で走らず
競歩なのかっていうのをね

聞きたいですね。
競歩の人 なかなか会えないよな。

(高橋)あれは…[笑]

俺 プライベート競歩
初めて見たな。

俺も。
ねぇ!

すげぇな 今の絵。

貴重な絵だよ。
いや 貴重ですよ 今の。

圧力鍋 好きだな。
(直美)うわ~っ。

(北山)いいダシが
出てそうだな これも。

(スタッフ)シャケで
ダシ取ってるんですか?これ。

(店主)そうです。
シャケで ダシ取るの?

(高橋)ダシ。
へぇ~っ。

すごいな。
これ ちょっと何だろうな?

(直美)へぇ~っ。

この人 すげぇな。
うん。

(直美)へぇ~っ。

これ 飲み始めたら
すごいんだけどな。

(北山)プロテインのように。

(北山)うわ~っ 何?これ。
うわ~っすごいな この鮭スープ。

(北山)どろどろ系?

これ何でしょうね?

(高橋)大きいね。

(直美)すごく豪華。

いいね。
(高橋)わっ おいしそう。

いや うまそうだよな これ。
(直美)おいしそう。

(高橋)うわっ すごい とろみ。
うわ~っ とろとろだな。

とろとろよ これ。
どうなんだろうか?これ。

(北山)シャケ。

(高橋)「はいっ 勝ちました」
「はいっ 勝ちました」

(高橋)みんな完食。
やっぱ みんなスープ飲むんだな。

すごいな スープ…。

いや スープ 相当うまいんじゃ
ないですか?ここのが。

(高橋)食べてみたい。

(北山)「どろラーメン」
これは…

1000円でも安いよな。

(高橋)安いですね
これだけ入ってたら。

手が込んでますからね 相当。

でも本当 天才かも この人。

まぁ 一ミリも食べてないけど。
ハハハ…[笑]

いや でも うまそうですよね 何か
うまそうだ。

(高橋)おいしそう。
ねぇ 手が込んで。

いや これ食いたいよな。
うん。

(高橋)食べたいですね。

あれ?
(直美)おいしそう。

何か また違うじゃん。
(直美)あっ 何か黒い。

(北山)黒い。
何か 黒いですね。

(直美)黒いの食べてる。
イカスミ?

へぇ~っ!
(直美)え~っ。

イカスミラーメン。
イカスミ食べると 恥ずかしいんだよな

ちょっとな。

(北山)歯が真っ黒になってね。
(高橋)付きますもんね。

(北山)これも うま味すごそうだな
(直美)うわ~っ!

(高橋)種類 豊富じゃないですか?
いや そうなのよ。

何種類あるんだろう?ここ。
だから ちょっと食べて

おいしいと思ったら 作れるんじゃ
ないかって思っちゃうのかな?

(高橋)すごい 本当 天才ですね。

うわ~っ。
うわ~っ 墨汁だもんな もう。

(高橋)うわ~っ すごい色。
強烈だな これ。

強烈だな これ。
うん。

女の子 好きなんだよな 何か
イカスミ。

(高橋)イカスミ 好きですね。
(直美)好きです。

うわ~っ。
(直美)すごい。

(北山)うわ~っ。
うわ~っ[笑]

(北山)味が想像つかないな。

ハハハ…[笑]そうですね。
(直美)おいしそう。

いいね うまそうだわ。

(高橋)あっ 結構いく。
いいね。

(高橋)すごい!

(北山)食い方が…いいですね。

いいね。
(北山)男らしい。

あんまり…

(高橋)確かに[笑]
うん[笑]

(北山)れんげ放ってますからね。
(高橋)ハハハ…[笑]

でも 相当うまいんだな。
うん。

(北山)こんな夢中になるって
いうことは そうですよね。

もう フチが水墨画だもんな。

そうですね[笑]
(直美)ハハハ…[笑]

いいね いいね。
気持ちいいですね この人。

(高橋)口元 見たい
どうなってるんだろう?

ハハハ…[笑]
(北山)結構…。

すごいことになってる。
(北山)結構 下まで飛んでますね。

(高橋)クチ…[笑]
ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
(北山)これ[笑]

本当に?
あぁ~。

(直美)ウソだ。
(北山)これ ウソでしょ。

ハハハ…[笑]
いいよ いいんだよ。

なっちゃうんだよな
やっぱり これぐらい。

うわぁ~ 結構 いってるね。

(高橋)真っ黒。(直美)Tシャツも。

いいね。

これ 取れないね。

ハハハ…[笑]

これ 取れない。
(高橋)どっちがどっち?[笑]

(北山)本当に
墨汁みたいになってる。

確かに。
(直美)ハハハ…[笑]

うわっ すげぇな これ。

(スタッフ)お味は いかがですか?

≪おいしいです。

(北山)あれ?
えっ 何?これ。

これは また 何か 違うのかな?

(直美)うわっ なんか?
(高橋)あれ なんか。

うわぁ~ 来たな 何か。
(高橋)来ましたよ。

(北山)あの人。
えっ ちょっと右肩

何か 切られました?
なかなか いいところに…。

(北山)穴 空いてましたね。
うん なんか。

すごい所 ダメージ 受けてるな。
(高橋)ハハハ…[笑]

(直美)うわぁ~ すごい。

うまそうだよな これ。

(直美)いいな。
おぉ~!

鉄鍋に クチつけたぞ!
(北山)えっ 鉄鍋 そのまま?

(高橋)大丈夫ですか?やけどする。
えぇ~!

(直美)絶対 大丈夫じゃない。
(北山)うますぎて

熱さとか もう
分かってないんですよ。

ハハハ…[笑]
(直美)鉄鍋 いった。(北山)素手で?

(高橋)鉄鍋[笑]
熱いでしょ?まだ さすがに。

この人 すごいね。
すごいですよ この人。

この人 すごいな。
この人 すごいよ。

(北山)グツグツ いってるでしょ
だって あの鉄鍋。

(北山)家系?
家系も あるんだ。

(北山)そんなに いろいろ
種類があるんだ。

これ いくらだ?
(高橋)これ いくらだ?

さっきの200円が なんでかが
気になる。

あれがね まだ ちょっと。

えっ!?
(高橋)えっ!?もっと安くなった。

いや ちょっと 分かんないですね
これ なんでだろう?

<ヒューマン グルメンタリー
オモウマい店>

<今夜も どうぞ
よろしくお願いします>

うわぁ~。
どういうことだろう?

いや ちょっと 不思議だよな。

(ヒロミ)出た。
(高橋)また言ってる。

いらねぇよ。

いらないよ。

(平山AD)交渉は もう
しなくて大丈夫ですか?

(北山)えっ?(高橋)えっ?

運動会?

(小峠)あぁ~ なるほどね。
(直美)あぁ そういうことか。

自分の。
お前の 子どもの運動会の映像

いらないだろう。
いらない。

(高橋)ついに お子さんの
運動会の映像まで。

なんで 流してるんだよ?
お前さ ホームビデオじゃないかよ

(一同)ハハハ…[笑]

いや こんなことあるの?
ねぇ。

(高橋)ハハハ…[笑]
関係ないから。

これ 誰が許すんだろうな。
(直美)かわいい。

本当に
ただのホームビデオよ これ。

(北山)ホームビデオ[笑]
(高橋)ホームビデオが流れてる。

だって 検査を通って
ここに来てるんだよ これ。

(高橋)そうですね。
ハハハ…[笑]

(平山AD)1 2 3 4 5。

いいよ そんなもん。
いい いい そんなの。

なんだよ お前。

5秒 撮ってから行くみたいな。

いらないよ こんな映像。

いらないのよ マジで
何も ないんだから。

(北山)あれ?どうした?
(高橋)あれ?また戻った。

あれ どうしたの?撮りなおし?
(北山)どうした?どうした?

えっ?
(高橋)えっ どうしたの?

もう1回やるの?
(北山)ハハハ…[笑]

いる?この2テイク。
いらないよ いらないよ。

今のでいいよ OK。
(北山)テイク2。

何が
気にくわなかったんだろうね?

何?何が 足りなかったんだよ。

(北山)何 見てるんだろう?俺。

何やってるの?

(高橋)逆撮り 逆撮り。
(北山)逆なんだね。

左から 行きたかった訳ね。

(北山)右パンは撮ったから 左ね。
そういうことか。

(スタッフ)あっさり醤油。

(直美)すごい種類豊富だな
本当に。

これ いくら?
(北山)1番 大人な。

えぇ~!
(高橋)これは130円。

分かんないね。

もう分かんない。
(北山)今 なんか 一瞬

メニューのとこに なんか
「無料」って書いてありましたね。

小さいのかな?

いや どうでしょうね?

でかさは どうなんだろう?

(直美)何?何?
(北山)そうそう これこれ。

続いて
会員登録だけ お願いします。

会員?
(高橋)何か やってますね。

(直美)賞状?(高橋)賞状?

(北山)「たすきリレー大会」

「賞状」へぇ~。

へぇ~[笑]

あぁ~!
(直美)そういうことなんだ。

(スタッフ)100円引きってことですか?
すごいな。

見たことがない。
面白いな。

(スタッフ)100円ですか?
(店主)100円ですね。

(高橋)へぇ~。

(北山)スポーツ大会?

(店主)800円以内が 100円なので。

950円とかになると

100円プラス 差額分も。

面白いね。

(店主)世界大会とか出た方は
無料ですね。

(直美)なるほどな。

なるほど。
(直美)へぇ~。

(高橋)優しい。

(スタッフ)賞状ないし
メダルみたいなのがあれば。

(北山)だから 運動会のあれとか
あったんだ 映像が。

(直美)あぁ そういうこと。
あぁ~ だから あの子が

こうやって
何位みたいなのやってるの。

そんなの わかんねぇよ!
(北山)ハハハ…[笑]

くみ取れるわけないよ
あそこから。

(北山)ハハハ…[笑]
あぁ そういうことね。

(直美)なるほどな。

ジャニーズの運動会あるじゃない。
(北山)ありますね。

あれで1位とかって
いけるんじゃない?

(北山)あっ 確かに[笑]

芸能人水泳大会でも いいのかな?

(高橋)スポーツ
やられてたんですね。

(店主)もともとは…

えぇ~!
(直美)えっ!?

何の選手ですか?

(高橋)えっ すごい!
(北山)えぇ~!

何の競技?
(直美)何の競技?

えっ さっきの競歩の人かな?

(高橋)えっ まさかですか?
つながって?

(北山)まさか競歩?
(高橋)競歩で?

いや 違う…
いやいや 通った!えっ!?

ハハハ…[笑]
(高橋)えっ また来た。

出た!
(北山)競歩じゃないの?

(直美)そういうこと?
(高橋)そういうこと?

<話は変わり>

競歩の人なのかな?どうなんだろう
えっ!終わりなの!?

うわっ 気になるね!
(北山)定食屋 やらないで!

ちょっと 気になって仕方がない!

(直美)気になる!気になる!

ウソ。

(北山)ハハハ…[笑]

(直美)うそじゃないでしょ。

なかなか
激しい目の接客ですよね。

(高橋)ハハハ…[笑]

「こんなもん」って
自分 作ってるのに。

♬~
(上戸)ハミガキ選びはここに注目!

(女性)酵素!?
≪「クリニカPRO」は

歯垢を分解 除去できる≫

日本で唯一の 有効成分配合!

≪7大リスクもケア 誕生「クリニカPRO」≫

(二宮)
「NANOX」から自動投入洗濯機専用洗剤でた!

超~濃縮だから

最大4ヶ月継ぎ足し不要

入れっぱなしでいいのよ!4ヶ月!

しかも洗濯槽もカビから守る!

自動投入洗濯機には 「NANOX」

(小峠)ハハハ…[笑]
(ヒロミ)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
これ お客さんに言ってるのかな?

お客さんだったら ヤバイですね
この からみ方。

なかなかだな。
うん。

≪ピーマンで。
(お客さん)ご飯も。

ていうことは お客さんだな。
(高橋)お客さんですよね。

ハハハ…[笑]

(お客さん)いつもある
生姜焼きだったんで…

(お客さん)で マスターが…

あぁ そういうこと。
(高橋)あぁ~。

ハハハ…[笑]
へぇ~。

(直美)そういうことなの。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

どういう あれ なんだろう?
(高橋)ハハハ…[笑]

負けた。
ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
おかしいよね。

食べたいのが 食べれないからね。
すげぇな。

話してたんだ。
そういうことですね。

(スタッフ)生姜焼きですか?

(高橋)デンジャラスメニュー[笑]
これが一番 危ないです。

(高橋)何で?
これ 初見で…

ハハハ…[笑]

いや 頼むよ 結構 定食屋で。

生姜焼き 頼むけどな
普通 定食屋 結構。

難しい店だな。
難しいよ これ。

(高橋)うわぁ~。
あれ頼むよ あんな

おすすめの一発目にきたら。
そうだよな。

(北山)生姜焼き 食いてぇ!
(高橋)食べたい 生姜焼き。

(北山)何でダメなの。

あっ!ヤバイ。
(直美)大丈夫?

ない?
ない。

(直美)ハハハ…[笑]

この店の 生姜焼きなんていうの

本当に けったいだよ うちのは。

(高橋)「理由を述べよ」
ハハハ…[笑]

(直美)難しい。
難しいよね。

食べたいのが 食べれないからね。
すげぇな。

(北山)全然 食べたいもの
食べれない。

うん。

(高橋)あっ きた。

どう?どう?

<このお店 どこだ?>

うわ 気になるね。
(高橋)えっ?

どこだ?

(直美)ウソ。

えぇ~?
えぇ~?

(北山)東京?
杉並なの?

はぁ~!
へぇ~!

(直美)ハハハ…[笑]
怖い。

(高橋)お店の前で。
厳つすぎるよな。

(高橋)わぁ すごい。
(直美)わぁ 絶対おいしい。

(スタッフ)赤じそ?
梅とかのやつですか?

(マスター)そうそう。

うまそうだな 体にいいぞ。
(直美)おいしそう。

(マスター)これ…

(スタッフ)いいんですか?

(高橋)ハハハ…[笑]

「口切りまで!!」
こだわりが…。

「口切りまで!!」
(高橋)ハハハ…[笑]

ギリギリまで入れろ。

(高橋)入れれるかな?口切りまで。

(直美)わぁ でも おいしそう。

(スタッフ)もうちょっと?

(マスター)はいはい。

(高橋)いい感じ。

(スタッフ)飲んだことないです。

(スタッフ)すごい。

(直美)メニュー 多いな。

(マスター)…ていうんだからね。

(スタッフ)「レツ」はい。

(マスター)こっち これがね。

(スタッフ)これから。(マスター)これ…

(北山)へぇ~。

へぇ~。
(マスター)温めてないから。

へぇ~ ぬるいんだ。

(直美)不思議。

(高橋)何で?

(スタッフ)いただきます。
(北山)どういうことだ?

どういうことよ?
(北山)温めると恥ずかしいのか?

どういうこと?恥ずかしく…
温めたら恥ずかしい?

(高橋)何なんだろうな?
(直美)それこそ理由を述べよ。

(北山)うわ ボリューム すごい。
(直美)えっ おいしそう!

(北山)ソース?
いや うまそうよ。

(高橋)おいしそう。
(北山)うわ!(直美)えぇ~!

でかいね。
(高橋)うわ すごい!

(北山)でかい!(高橋)何?これ。

大きいね。

(北山)食べれる?大丈夫?

なかなかだね。

うわぁ~ すげぇな。

(高橋)結構 大きいですね。
うん でかい。

(直美)本当だ おいしそう。

(北山)あの お父さんが
揚げてるんじゃないのか。

いや でかいよ これ。
うわ でかいな。

うわ。
(直美)うわぁ~!

いいな。
(高橋)いい色。

いや うまそうね。

そこそこっていうか
だいぶ でかいよ これ。

(北山)これでオーブンか。
(高橋)はぁ~。

オーブンに入れて。
≪これで待つ。

やっぱ オーブンって すげぇな。
うん。

(高橋)おいしそう。
(直美)おぉ~!

いいね。

(高橋)サクッと。
(直美)うわ おいしそう。

これ うまそうだ。
(北山)食いてぇ!

食べたい。

なんか 切り方が独特ですよね。

もう切ってる感じが
やわらかいもんね。

(北山)切り方 独特。

ちょっと切り方もな。
ねぇ 三角に切ってる。

(直美)扇みたいな感じに
なってますね。

(北山)そうですよね。

(北山)お好みソース?
(高橋)お好みソース。

お好みソースなんだ。
へぇ~。

まぁ お好みソース うまいからな。
うん。

(北山)間違いないですよね。

<さぁ いくら?>

いやぁ~ 1200円!

(高橋)おっ!(北山)ドンピシャ。
(直美)ちょうど。

俺 もう 長年やってるから
この番組。

ハハハ…[笑]分かってきた。

何で 味噌汁…。

(マスター)できて まだ
30分ぐらいだから。

いや これがね 分かんないです。

それが うまいのかな?

どういう あれなんだろう?
ねぇ。

(マスター)常温。

ハハハ…[笑]
(高橋)確認?

(マスター)温め直さない。

(マスター)いやいや!

温め直してくれるんですか?

(マスター)もう 今もう。
ハハハ…[笑]

(直美)何で聞くの?

ハハハ…[笑]
分かってないです。

(マスター)味噌汁…

(高橋)2時間半。
(北山)そんな かけてるんだ。

ハハハ…[笑]

あぁ~ 味が よくわかるんだ。

でも お前は…

あったかい[笑]
(北山)声 小さい!

声 小さい!

仁王立ち。
うん。

怖いな。
怖いよ。

(高橋)何を見てるんですかね[笑]

(マスター)いや。

(高橋)そうですよね
どこにいるのかとか。

(高橋)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(マスター)最近 マスクしてるんで
分からないな。

多少 自分でも 分かってるんだね。
分かってるんですね。

(スタッフ)分かるんですか?ちょっと。

(マスター)ハハハ…[笑]

面白いよね でも こういう。
うん 面白い。

ハハハ…[笑]

(北山)めちゃくちゃ
覚えてるじゃん!

すげぇ 覚えてる。

そりゃ そうだよね。

もう こっち側 歩くのも ちょっと

ハハハ…[笑]

(マスター)聞けば
「はい いいえ はい いいえ」だね。

もう 視線を合わせないの。

こいつ 彼なんかも そうよ。

ハハハ…[笑]
(直美)すごい!

(北山)すごい好かれてる。
(マスター)嫌なやつだからね。

でも こうやって
怒ってくれたりとか

こういうの 楽しんでる人
いるかもしれないね。

(高橋)何 頼んだの?次。

…きょうは。
(スタッフ)はい。

…言われて。

おかしいよね 食べたいのが
食べれないからね。

(北山)全然 食べたいもの
食べれない。

ここ2~3年前に
近くに引っ越してきて。

ハンバーグも何か 嫌がるんだ。

(高橋)ハンバーグも
なかなか難しいんですね。

(スタッフ)そうですよね ハンバーグ。

(直美)中ボス[笑]
中ボスぐらいなんだ[笑]

ハンバーグも なんか
「何でハンバーグなんだ」って

言われちゃうんです。

面白いね。
(高橋)みんな攻略 頑張ってる。

うまいんでしょうね
それでも行くってことは。

(北山)どういうことだ?
どういうことだ?

(直美)へぇ~。

(マスター)輸入もんだよ ハハハ…[笑]

うちは 儲かるよ。

でも これも…

へぇ~。

(マスター)もっと…

(マスター)自分のために。

いいね。
(直美)優しい。

(マスター)例えば…

(スタッフ)はい。

(マスター)…こうやって。(スタッフ)はい。

(マスター)顔を見て…

(高橋)すごい!(スタッフ)へぇ~。

(スタッフ)そうなんですね。
へぇ~。

(スタッフ)はい。
そうか。

そうなんだよ。

≪これ食っておけば とりあえず
絶対 栄養は いける みたいな。

へぇ~。
(スタッフ)そうなんですね。

地元の なんか

うるさい オヤジの。
そうですね。

いいよ。
いや いいですよね この人。

いい いい。

あのオヤジね…

「もう来ねぇよ!」って言って
出ていったていうのが

過去 何度かあったりとか。

俺もね…

(スタッフ)もめたんですか?
(高橋)へぇ~。

「もう来るな!」とか言って
「うるせぇよ!」って…。

(スタッフ)10年ですか。
でも なんか

「もう来るか!」って言っても
なんか また行って。

(高橋)来ちゃうんですね。
「おっ 来たか」みたいに

なるんだろうね。

おっ?
(スタッフ)こんばんは。

(北山)あれ?

(スタッフ)また
来てるんで お願いします。

お願いします。

≪ハハハ…[笑]お願いします。

(マスター)ハハハ…[笑]

そうです どうしても。

おっ。
おぉ~。

あぁ~。
(直美)すごい。

いや でかいよ これ。
(北山)うわ。

いや うまそうだもんね。
(高橋)わぁ おいしそう!

(直美)めっちゃ おいしそう。

(高橋)肉汁。
いいね この焦げ方 いい。

(マスター)チーズ のっけないで…。

≪これ ソースが温まるように。
そうか。

(北山)なんか 後ろで
「チーズのっけるな」って

なんか言ってるな[笑]

そうですね。
(高橋)お母さんが全部 作る。

大将は作らないんだ
盛り付けと運び役なんだね。

(北山)あと 青じそですね 青じそ
赤じそか。

そうですね[笑]

さては。
いや 野菜 多いよな。

さてはマスター 作れねぇな?

ハハハ…[笑]
(高橋)確かに[笑]

あぁ~ これ うまいな。
うまそう。

(高橋)うわぁ~。
(直美)うわ おいしそう。

これ うまいよ。

(スタッフ)念願の。

(北山)これは うまいやつ。

≪いただきます。
(直美)めっちゃ おいしそう。

(高橋)いいな。

これは いいよ。

これは頼みたいよ。
うん。

(北山)いいですね。

(実況)ワンストライク…。

(スタッフ)ハハハ…[笑]

(マスター)29歳。

マスター ずっと こうやって
テレビ見てるんだな。

マスターの位置だもんな。

こうやって言ってるんでしょうね
いろいろね。

(高橋・直美)ハハハ…[笑]

(高橋)やっぱり作らない[笑]
(北山)当たってましたね。

やっぱ そうなんだな。
やっぱ そうなんだ。

面白いね ここ。
(高橋)みんな攻略 頑張って。

難しい でも 行くんだからね
おいしいんだろうね。

うまいんでしょうね
それでも 行くっていうことは。

(高橋)あっ きた!
(マスター)生姜焼き。

(北山)あっ。(マスター)おすすめの…

おぉ~。
(直美)おぉ~!

何よ。
(高橋)すごい!

何?この機嫌よさだよ。
(マスター)食べてみな。

(スタッフ)はい いただきます。
(高橋)すごい ついに。

(スタッフ)すみません いただきます。
(マスター)はい。

(北山)どんなやつなんだろう?

(直美)あっ!(高橋)おぉ~。

えぇ~。
(高橋)うわ おいしそう。

(北山)結構
ボリュームあるんじゃない?

♬~
(中島)ジョーンズさん ちょっといい?

あたしのこと
覚えてる?
「地球へ行きなさい」

この惑星の住人 なんでこんな働くの?
(ジョーンズ)ワカリマセン

じゃあ働くの禁止!

(女性)働いちゃだめらしいよ?
(男性)仕事行こ (ビリビリ音)ウッ

(杉咲)働きます
(神木)あ ちょっと待ってビリビリするって
(ビリビリ音)アッ

(役所)人はなぜ働くのか…

<「BOSS」>

(ヒロミ)そりゃ
周りも食べたくなるよ。

(北山)うわ。
(直美)うわ おいしそう。

(北山)結構
ボリュームあるんじゃない?

(高橋)うわ 自家製ダレ。

(小峠)うまそうですね。

これ うまいよ。
(高橋)うわ おいしそう!

(直美)おいしそう。

(北山)いやぁ~。

うわ~ 大好き ハムエッグ。
(高橋)ハムエッグ!

いいね。

大体 作ってるの
お母さんなんだよな。

そうなんですよね ハハハ…[笑]
(高橋)ハハハ…[笑]

(北山)そうですよね。
(高橋)実は。

(北山)チキンカツレツ辺りから

なんか お母さん 作ってるなって
ずっと思ってたんですけど。

作ったの 見てないですね。
大抵 お母さんなんだよね。

(高橋)うわ これ食べたいな。
(直美)うわ おいしそう!

(北山)うわ これ最高だな。
(直美)これは おいしいな。

安いね うまそう。
これは いいよ。

これは頼みたいよ。

(スタッフ)えっ?(直美)茶そば?

≪前…

マスターが すごい ちょっと。
(スタッフ)そうなんですか。

あるからさ
あるんだから メニューに。

すごいな 見たことがない。
多分…

(高橋)あっ ラスボスなんだ。

こういうマスター いるんだよな。

茶そばのタイミング。

(高橋)あっ 聞いてきた。

通るのかな?
(高橋)頑張って!

(北山)言えるか?
(直美)いけるか?

(高橋)チャレンジ!

(北山)僕たちKis-My-Ft2
の出演する「Best Artist」が

今週土曜 よる7時から
4時間 生放送です。

僕たちはメンバー
玉森が主演を務める ドラマ

「祈りのカルテ」の主題歌
「想花」を披露します。

ぜひ ご覧ください。

(北山)怖い 怖い。(高橋)大丈夫?

(マスター)茶そば 食べてみたい。

(スタッフ)いいですか?茶そば。
(一同)おぉ~!

(ヒロミ)何よ?
(高橋)すごい!

(小峠)
通ったよ 茶そば。

(北山)なんか ついてる。
(直美)卵?(高橋)オムレツ?

オムレツが ついてるの?

(高橋)面白い!(直美)へぇ~。

皆さん ラスボスですよ これね。
これがね。

通ってる人たち。
茶そばがラスボスっていうのが。

(北山)隣で食べてたら
「茶そば!?」て なりますよね。

どうやって頼んだんだろう?てね。
ハハハ…[笑]

1回 生姜焼き いって
1回 軽く怒られて

「あっ すみません」て
言えばいいんだよ。