遠くへ行きたい「虻川美穂子が伊豆半島で大興奮!春の息吹をみぃつけた!」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遠くへ行きたい「虻川美穂子が伊豆半島で大興奮!春の息吹をみぃつけた!」[解][字]

300万本の水仙が咲き誇る岬▽深海のごちそう!巨大タカアシガニ▽港町でお座敷遊び▽船で行くの洞窟探検▽西伊豆の名物“潮かつお”の秘密▽かわいい切り絵アート

出演者
虻川美穂子(北陽)
番組内容
今回は、お笑いコンビ北陽の虻川美穂子が春の息吹感じる、静岡の伊豆半島を旅する。▽1)最高の癒し!300万本の水仙が咲き誇る岬▽2)深海350mのごちそう!ぷりっぷりの巨大タカアシガニ▽3)港町で芸者さんとお座敷遊び▽4)船で行く天然記念物の洞窟“天窓洞”探検▽5)明治から続く匠の技!名物“潮かつお”▽6)思わず笑顔になるカワイイ切り絵アート▽7)1日1組限定!まるで絵のような里山の春のごちそう
音楽
【テーマ曲】
「遠くへ行きたい」
歌手:森山直太朗
作詞:永六輔
作曲:中村八大
制作
ytv
テレビマンユニオン
番組ホームページ
★https://www.ytv.co.jp/tohku
★http://www.to-ku.com
★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!
取材地
静岡県伊豆半島

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ステキ
  2. ホント
  3. 伊豆半島
  4. 下田
  5. キレイ
  6. 虻川美穂子
  7. 息吹
  8. 桝家
  9. カニ
  10. キャ
  11. セリ
  12. タカアシガニ
  13. 加藤
  14. 贅沢
  15. お花
  16. お節
  17. お待たせいた
  18. チャンピオンベルト
  19. ハハハ
  20. ビックリ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥1,286 (2021/06/15 22:19:32時点 Amazon調べ-詳細)

(虻川美穂子)
<伊豆半島の下田には

ひと足早く春が訪れています>

キレイ~。

うわぁ 全部ここ!

すごいキレイですね~!

甘~い香り。

お花の香りに癒やされる。

<虻川美穂子です>

<私がやって来たのは
花盛りの岬>

<300万本もの水仙が
咲き誇っています>

<心躍る 温暖な伊豆へ>

<春の息吹を探しますよ!>

チャンピオンベルトみたいです!
重い!

<深海のごちそう>

贅沢!

<港町を散歩>

<お姐さんも頑張ってますよ>

あぁ~!

<西伊豆の隠れ名物>

硬い!

<いい香り~!>

<驚きの切り絵とは?>

キャ~! ステキ!

(加藤さん)
お待たせいたしました。

<里山の春のごちそうを発見>

ビックリです!

絵みたいです 絵!

<さぁ伊豆半島で
春の息吹を見つける旅へ

いざ出航!>

うおぉ すご~い! 広~い!

<目指すのは下田港>

ひゃ~!

<あのアメリカのペリー提督が
乗って来た

黒船の遊覧船です>

こういうふうにペリーさんは
下田に来たんですね。

<下田は伊豆半島
南東部の港町>

<江戸時代 帆船の

「風待ち港」として栄えました>

<海の幸も豊富です>

うわっ
ザザザザザザ…!

おぉすごい
どっち見よう。

これ山盛りのキンメダイなんて
信じられない!

え~!

大っきいですね~!

うわ すごい!

<下田には巨大なカニも
水揚げされます>

<ほら!>

えっ これ 何ですか?

タカアシガニですか?

(田中さん) 持ってみます?
キャ~!

チャンピオンベルト!
チャンピオンベルトみたいです!

重い!

こういうのはどういう所で
取られるんですか?

深海は謎深いですねぇ。

こんなカニがもしいたら
ビックリしちゃいますよ。

<駿河湾は日本有数の深海>

<餌を付けた仕掛けを沈め

入ったタカアシガニを
引き揚げるんです>

<さて漁師さんお薦めの
居酒屋へ>

<取れたてのタカアシガニを
料理していただきます>

<うま味を逃さないように

40分ほど蒸せば…>

うわぁ~!

<いい香り~!>

えいっ。

うわ~! え~!?

身が多い!

よく抜いたら「あれ細いな」
みたいのありますけど

ほとんど変わらない。

(松下さん) カニみそを付けて
食べると おいしいんですよ。

うわっ
それ やりたいですね~!

<カニみそもおいしそう!>

もう贅沢に
のせさせていただき…。

濃厚!

身のプリプリ具合に
ぬた~っと絡み付く感じ。

たまらない!

<タカアシガニは だしも上品>

カニ鍋ですね~。

う~ん!

プリプリ度が増して

おだしと混ざって
最高ですね これ!

ハハハ…。
(松下さん) ハハハ…。

<下田ならではのごちそう
堪能しました!>

<次は港町のお散歩>

ステキ~
タイムトリップです これ。

時代劇の世界みたいですよね
この通り。

<海運業で栄えて来た下田には

当時の面影が残されています>

(三味線)♪~

<無料休憩所から
三味線の音色が聞こえます>

♪~

<踊りの稽古中?>

♪~

先生!

(桝家さん)
ぬっと いらっしゃったんですね。

ハハハ…すいません!
ぬるっと。

ぬる~っと入って来て
しまったんですけれども。

芸者さん?
(桝家さん) そうです そうです。

下田は…。

(桝家さん)
そうしますと接待が必要に
なって来る場がございまして

町の中で…。

(桝家さん)
…といわれております。

(桝家さん) …といわれてます。

<お座敷遊びを
教えていただきました>

♪~ 金毘羅船々 追風に帆かけて

♪~ シュラシュシュシュ

<負けたほうがお酒を飲みます>

♪~

あぁ!
♪~ (女性) あぁ~!

♪~ あぁ~!

<あらら… 負けちゃった>

♪~ 良い酒 良い酒

♪~ まだある まだある

♪~ 良い酒 良い酒

♪~ まだある まだある

う~ん!
(一同) お姐さん お強いわ~!

ありがとうございま~す!

この…。

これだけね…。

♪~

♪~

<次に向かったのは
伊豆の松島とも呼ばれる

堂ヶ島>

<珍しい海の洞窟探検へ
ゴー!>

気持ちいい~!

うぉ~ すごい!

迫力ある~!

何か冒険に行くみたいですね~!

おぉ あっちにも道がある。

<…とも呼ばれています>

おぉ~暗闇の洞窟から
空洞が上に!

うわ キレイ~。

美しい~。

<さらに駿河湾を見渡す
露天風呂も楽しめます>

うわ~!

おぉ~!

波の音が
ザザ~って聞こえますから。

うわ~。

最高ですね これ。

<贅沢な時間ですねぇ>

<次は伝統の手仕事>

<虻川美穂子
伊豆半島で春の息吹を探す旅>

<西伊豆伝統の
手仕事といえば…>

こちらですね 「カネサ鰹節商店」。

お邪魔します~ こんにちは。

もう何か燻された
いい香りが漂ってます。

こんにちは。

今「手火山式」で焙乾を
やっているので

よかったら
見てください。

<そう! かつお節作り>

ホントに かつおの切り身が。

これがかつお節になるんですよね。
そうですね はい。

下に火が!

簡単に言うと…。

はぁ~!

(芹沢さん) 手火山式という
焙乾法なんですけど

かつおのうま味を
一番 閉じ込められる方法

…っていわれてるんですよ。

<表面がこんがり焼けたら
1回目の燻煙が終わり>

<香ばしく燻すポイントは

クヌギやサクラなどの
薪にあるそうです>

香りが…。

<なんと10回も燻して
香りを深めるそうです>

<そして…>

おぉ~!

サウナ室みたいです!

へぇ~!

<こうじ菌を付けて
発酵させます>

<すると脂が分解され

より うま味が増すのだとか>

<さらに天日に干して
しっかり乾燥させ

何十年も食べられる
うま味の塊に仕上げるのです>

硬い!

全然 割れません。

不思議ですね 魚だったのに。

<塩漬けにしたかつおを
正月 神棚に供える伝統も

守られて来ました>

<縁起物の潮かつお>

<神様のお下がりは保存食として
食べられて来たそうです>

<その食べ方とは?>

<塩で熟成したかつおの身は
しっとり つややか>

<これを炙れば
脂がじゅわっと滴ります>

<合わせるのは削り節>

<意外に難しい!>

難しいな…
ちょっと待ってください。

いや~ これは困りましたね。

おっ! 思ったより

上手に削れてるんじゃ
ないでしょうか?

<香りは?>

あっ…! ほほほ… すごい!

すごい香りが!

<削りたてに湯を注ぎ

だしを取れば琥珀色に>

<先ほどの潮かつおに かけ…>

<かつお節を散らせば
だし茶漬け>

うわぁ~ おいしい!

おだしが香りでやられて

潮かつおのうま味がすごい!

<先祖から受け継がれて来た
郷土の味だそうです>

そんな形で…。

…っていうふうに
すごく思ってます。

<虻川美穂子
伊豆半島で春の息吹を探す旅>

<続いて やって来たのは

古くからの温泉地 修善寺>

<人けがない早朝の散歩へ>

あそこに湯気が見えるんですよ
湯気が。

足湯です
しかもテーブルがある!

よいしょ… 熱っ! おぉ!

温かい~。

贅沢。

<早起きは ちょっと得した気分>

気持ちがいいですね~。

<竹林も爽やかです>

青々しい香りがしますね。

ホントに真っすぐ生えるんだな
竹って。

<これが夜になると…>

幻想的だ~。

うわっ何これ!
月の絵みたいになってる… あっ。

男の子と女の子が
楽しそうに会話してます。

<かわいらしい影絵>

<その作者を訪ねます>

こんにちは~。
(水口さん) こんにちは

いらっしゃいませ~。
うわ~ ステキな。

あっ もう早速!

修善寺の町ですね
こちらは橋の所からの風景で。

通りました。

通りました?
はい。

あっ かわいい~!

<どこか懐かしく
ほのぼのした作品>

<シルエットでも
表情が豊かですね>

<小学校などで
切り絵を教えている…>

<下書きなしで切り進める
驚きの手わざです>

素晴らしい!信じられないです。
ありがとうございます。

ウソ~!ウソですよね!
(拍手)

始めた きっかけは何なんですか?

大変な思いして来てくれる…。

へぇ~。

<似顔絵も切り絵で>

私ですか?
(水口さん) はい。

メガネ取ってもいいですか?
女心で… すいません ちょっと。

これで。
いつもの感じで。

どうですかね?
はい そうしましたら 今…。

いいですね
ランドセル背負って行くんですか?

ランドセル背負うんですね~
もう数か月後に。

旦那はですね…。

そうですか じゃあ

お料理のアイテムを
持ってる感じにしようかな。

息子と旦那さん…。
キャ~!

ステキ! ちょっと~!

感動です~!
よかった。

ランドセル背負ってる~!

主人も…。

…みたいに言ってるように
見えます。

完成ありがとうございます。
素晴らしいです~!

よかった
ありがとうございます。

<家族にステキなお土産が
出来ました>

う~ん!

おいしいです。

<虻川美穂子
伊豆半島で春の息吹を探す旅>

<次は独特なスタイルで
里山料理が楽しめる宿へ>

<一日ひと組限定だそうです>

キャ~ ステキ。

こんにちは~。
(加藤さん) ようこそ…。

<女将の加藤敦子さん>

<それには訳があるといいます>

へぇ~。

<生け花も
家の周りで摘んだもの>

<季節感ありますねぇ>

<その日取れるものを
楽しんでもらいたいので

一日ひと組>

ちょっと こんな所にもね。

フキノトウですか?
そう!

取れました~。

<ほら かわいらしい…>

今もう ホントに出始めの時。

だんだんだんだん
大きくなって来た時に

1枚ずつ葉が
広がってくんですけれども

この緑の色がキレイよね。
キレイですね~。

やっぱこういう色見ると
「あぁ 春だな~」って思いますね。

あっちょっとちょっと
これ何だと思います?

これですか~? えっ これは…。

…でしょうか?

<一体 何でしょう?>

あっ いい香りです~。

あれ? 何の香りだろう?

いい香り。
これはね セリ 川ゼリ。

セリの香りがします。
そうそう。

こういうお水のキレイな所に
自生して来るんですよ。

<こちらは伊豆名物の わさび田>

ホントに段々ですね
奥まで段々!

そうなんです。

<江戸時代に築かれたという
石垣の棚田に

清水を引いて育てています>

緑も青々してて

太陽の光で
お水がピカピカ光ってて

キラッキラしてる。

今収穫っていう感じなんですか?
うん。

へぇ~!

こういうふうにですか?
失礼いたします。

うわっ!何か結構太い!
ゆっくり。

よいしょ! くぅ~。

全然ビクともしないんですけども。

よいしょ! これでいいですか?

それで上げて。
上げてみます。

どうでしょうか?
いいですね。

わさびがいないと思ったら
茎の中に。

わさびです!

(加藤さん)
今の この時期っていうのも…。

一年中 取れてるんだけど…。

へぇ~。

見ていいですか?

かわいいお花 咲いている。

食べられるんですか?

うわ~!

<わさびと その花>

<伊豆ならではの食べ方を
教えていただきます>

<わさびは擦る時に
コツがあるそうです>

…って言ってますので。
え~!

ホント!
ホントですか?

失礼いたします。

ハハハハ~ ハ~ハ~ハ~。

<これでいいのかな?>

<お手本を見せてもらうと…>

フフフ…。

<ここで役に立つのが

あの西伊豆の かつお節>

あら これで…。

おぉ~!

出来ました~。

<細かく砕いて香りを立たせ…>

<ご飯にのせて 醤油をポタポタ>

<そこへ 擦りたてのわさび!>

おぉ…!

シンプルな お料理でございます!

<早速 味見>

う~ん!
フフ… いかがですか?

かつおの この深いコクの中に

わさびがピリピリって入って来て
すごい いいアクセントで。

おいしい!

<わさびの花は
茎と葉を 一緒に刻んで

甘酢漬けに>

いただきます。

おぉ…!

噛んでるうちにどんどん
辛くなって行きます これ!

お花もね 辛みがあるんですよ。

だまされた こんなかわいいのに。

目が覚めました~
おぉ… 暑くもなりました。

はぁ~! 春ですね。

フフフ…。

お待たせいたしました。

<次は 山菜が変身!>

ビックリ~!

お待たせいたしました。

<里山料理
加藤さんの山菜アート>

美しい~!

絵みたいです 絵!

セリやフキ
ノビルが入ってるんです。

<私が摘んだフキノトウは
天ぷらに>

う~ん!

力強い。

もう セリ ぎゅうぎゅう詰め。

いただきます。

う~ん!

もうホントに春だな
っていう感じがします。

私にとっての
お料理の先生はね…。

<食卓に咲いた春の料理>

<ステキですね>

春の訪れはまだかなと思ったら
いやいやいやいや!

自分が見落としてるだけでした。

はい。

<伊豆半島を巡った今回の旅>

<冬は終わり
きっと希望の明日は来る>

<皆さん
春はもう すぐそこですよ!>