NHK地域局発 えぇトコ「漁師がうなる!幻の幸 秘伝の味」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

NHK地域局発 えぇトコ「漁師がうなる!幻の幸 秘伝の味」[字]

関西各地を巡る「えぇトコ」。今回は、海に湖に、関西の豊かな漁場で守り継がれてきた宝の味の数々、漁師たちが教えてくれた四季折々のウマイもんを、再構成して紹介。

番組内容
関西各地を巡る「えぇトコ」。今回は、海に湖に、関西の豊かな漁場で守り継がれてきた宝の味の数々、漁師たちが教えてくれた四季折々のウマイもんを、再構成して紹介。
出演者
【出演】藤岡弘、,関根勤,勝村政信,マギー,西村知美,濱口優,雛形あきこ,ゆりやんレトリィバァ,【語り】子守康範,橋本のりこ

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 秘伝
  2. セタシジミ
  3. アカイカ
  4. ワカメ
  5. 漁師
  6. シノハ
  7. シジミ
  8. 旨味
  9. イカ
  10. サバ
  11. 関根
  12. 手掻
  13. 舟屋
  14. 日本海
  15. 本当
  16. ウマイ
  17. コノシロ
  18. マギー
  19. 宮津
  20. 漁場

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥512 (2021/06/12 22:02:34時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

(浅野)すっご~い!
果てしない太平洋。

(藤岡)うわ~!

厳しい日本海。

え~!
すごいな これ。

穏やかな瀬戸内海。

(西川)うお~ すごい!

神々しい びわ湖。

関西津々浦々 波のかなた。

海から 湖から届く

そこにしかない 幻の幸。

(藤岡)すごいね!
(天翔)うわ~! えっ すご~い!

知らんかった
漁師がうなる秘伝の味。

(マギー)お~!
(勝村)来た~!

(関根)すごいね ここ。
(雛形)わ~ すごい!

(藤岡)これは すばらしい。
(ゆりあん)すご~い!

今回の「えぇトコ」は…

(関根)うわ~!

(関根)こんなイカ 食べたことない!

(ゆりやん)おいしい!

釣って とり… 網で とり…
潜って とる。

関西各地の漁師たちが
教えてくれた

四季折々のウマイもん。

おなかいっぱい
いただきま~す!

まずは 春に訪れた淡路島。

潮の流れと穏やかな気候が育む
秘伝の味に 舌がとろけました。

(マギー)お~! (勝村)来た~!
来ましたね~。

淡路島の中心 洲本から見渡す
きらめく海。

やって来たのは
勝村政信さんとマギーさん。

海の幸には
目がないという2人

活きのいい魚が集まる由良港へ。

実に150種類以上の魚介が
水揚げされるといいます。

目の前にある紀淡海峡の
速い潮流のおかげで 身が締まり

おいしくなるのだそう。

おっ! うわ~!
鯛? 本当だ きれい!

うわっ 生きてる 生きてる。
うわ~ 立派な。

そんな由良自慢の幸は
魚だけではありません。

港の一角で見つけたのは…。

あっ!
これは何ですか? これは。

ワカメ。
ワカメ。

そう これも潮が鍛えた天然ワカメです。

とったばかりのワカメを湯がくと
瞬く間に鮮やかな緑色になります。

肉厚で味がいいと評判の天然ワカメ。

食べていい? やった~!

とれたて ゆでたてのワカメを
いただくことに。

うめえ。
うまい! また 塩加減がちょうどいい。

うま~い!

そんなワカメのおかげで
おいしくなるという幻の幸があります。

その幸を求めて いざ海へ。

漁師歴50年という山家正明さんの船に乗り
漁場を目指します。

幻の幸 とり方は素潜り。
お願いします!

行った!
行った! うわ~!

体一つで
由良の海から 幻の幸をとるのです。

潜った!

海の底から とってきたのは…。

やった~!

潮で もまれた由良の自慢
黒ウニです。

なんと その場で割って
食べさせてくれました。

東京の有名寿司店が
日本一と絶賛する 由良の黒ウニ。

あまい! お父さん おいしいよ!
クリーミー! 本当に おいしい!

抜群のおいしさの秘密が
このワカメです。

エサにするわけだ。

そう 栄養豊富な海で たくましく育った
ワカメを食べるため

日本一と呼ばれる
おいしいウニになるのだそう。

山家さん そんなウニ以外にも
ワカメで育つ秘伝の味があると

ごちそうしてくれることに。

それじゃあ 食べましょか。
(2人)はい。

ありがとうございます。
おお~!

ウニに負けないおいしさを誇る
アワビ。

これを ワカメと一緒に食べる
秘伝の味。

まず…

漁師自慢の秘伝の味
アワビの肝焼きです。

うわ ぜいたくだな~!

昔から わしら…

へえ~。

うん… うま~!

あっ ずっと おいしい。

これこそ ビールがいけるやつですね。

なんぼでもいけます。
なんぼでもいける これは。

いや これは おいし…。
あっ まだ おいしい。

せっかくだから これもと
つくってくれたのが

ワカメの根っこの部分
メカブを揚げた天ぷら。

とってきたもので すぐにできる
ぜいたくな漁師料理です。

粘りけ すごい!
あっ 粘ってる!

めちゃくちゃ うまい!
何だ これ?

うまい!
楽しいよね。

自慢じゃないけど…

へえ~。

日本一と豪語する ふるさとの海で
50年 潜り続けてきた

漁師自慢の秘伝のおいしさです。

続いては 秋の京都 宮津湾。

穏やかな内海が育んだ秘伝のうまさに
しびれました。

お~ これは すばらしい!
すご~い!

わあ~!
いや~ いいね。

目の前に天橋立を望む阿蘇海に
やって来たのは…

また この穏やかな海がね…。 そうですね。
何とも言えない。

天橋立が自然の防波堤となって守っている
宮津の海。

日本海なのに 実に穏やか。

そんな海だからこそ生まれた
独特の暮らしがあります。

そう 海に面して開け
直接 舟を出し入れできる舟屋は

隣町の伊根が有名ですが

実は ここ宮津湾の海辺にも

昔と変わらぬ舟屋の暮らしが
残っています。

あっ すごい!
初めて入らしてもらいました。

これは 便利だね。

この海が穏やかだから
できるんだよ こういうことがね。

静かな海ですね。

そんな静かな海へ
幻の幸を求め 出港です。

阿蘇海の漁師 村上純矢さん。

3歳の頃から20年 舟に乗り続けている

若きベテランです。

庭みたいなもんだね。

なるほど。

慣れ親しんだ海を走ること10分
漁場に到着。

あっ すごい!
とり方は 伝統の追い込み漁です。

張った網の反対側から 棒で舟をたたき

その音で シノハを脅かして追い込む。

単純なようですが 音の強さやリズムで
とれる魚の数が変わってくるといいます。

追い込むには 祖父から受け継いできた
この棒でないと駄目なのだそう。

たたくこと1分 網を揚げていきます。

さあ シノハは
かかっているのか?

あっ! あ~ すごい!
これが シノハです。

ちょっと小さいですけど。
へえ~! キラキラだ すごいきれいな。

これが 宮津の幻の幸 シノハ。

一般には ヒイラギといいます。

僅か10センチという
小ささなのに

濃厚な旨味を
持つのだそうです。

次々と揚がるシノハ。

若きベテランは
よどみなく手を動かします。

やっぱり 手際いいですね。
ちっちゃい頃から やってるからかな。

手慣れてますね。

見事な腕で とったシノハ。

この日は 上品な旨味で人気が高い
コノシロも かかりました。

ちっちゃい頃から
海と共に育ったっていうのは

いいね。
そうですね。

23歳で 初めて お会いした時
かわいい感じの人だったんですけど…

…っていう感じ。

宮津の海を知り尽くす漁師 自慢の幸
シノハを食べさせてもらうことに。

舟屋で待っていてくれた
純矢さんの父 和彦さんが

取って置きの秘伝の味を
作ってくれました。

この日は 舟屋の中で食べることに。

漁師の父と祖父も一緒になって いただく
阿蘇海秘伝の漁師メシ

シノハの煮つけです。

これは おいしそうだな。
いただきます。

ん~! あっさりして
とっても おいしいよ。 うまい。

小さいけど とっても味がいいね。

おいしい~! 身が滑らかですね。

うん 癖のない味ですね。
そうですね。

やめられなくなるね これ。
そうですね。

どんどん どんどん 気ぃ付いたら
もう 大量に食べてしまいそう。

更に
コノシロを使った秘伝の味。

つみれにした味噌汁です。

う~ん! こんな いい味出るの?

このコノシロは
すごい おいしいと思います。

ねえ おいしい。
おいし~いです!

やっぱり これ
出汁が これから出てるんだね。

大先輩の前で 恐る恐る ボケ。

アハハハハ すいません。

思わず笑顔になる おいしさ
宮津秘伝の味です。

宝の海の若き名人が生む
旨味が詰まった 秘伝の漁師メシです。

続いては 関西の母なる湖 びわ湖。

ここにしかない 感動の秘伝料理に
出会いました。

いや~ 大きいですね。
大きいね! すごい。

びわ湖を見晴らす 秋の大津
なぎさ公園に やって来たのは

大の仲よし よゐこの濱口 優さんと

雛形あきこさん。

楽しみやね この周りね 何があるのかね。
本当ですね。

びわ湖ならではの おいしい幸を求めて
向かったのは

大津の南にある 瀬田の港。

今から漁ですか?

シジミ? シジミが とれるんですか?

びわ湖にしかいない幻の幸
セタシジミをとりに行くという

漁師の吉田 守さんに
漁へ連れていってもらいました。

気持ちええね これまた。
ねっ!

およそ10分で漁場に到着。

ここは びわ湖の南の端
瀬田川との境です。

びわ湖から唯一出ていく川
瀬田川が始まる辺りで

セタシジミをとります。

あっ これでやるんですか。
うん そうそう。

(濱口 雛形)平安時代!?

伝統の手掻き漁。

7メートルもの長く重い竿を使います。

竿先の小さな網を川底まで落とし
底を掻き

テコの原理を利用して
引き上げるのです。

すごいね。

カゴよりも 格段にとれる量は少ない
手掻き漁。

しかし この方が
シジミを傷つけずにとれるため

苦労の多い手掻きに こだわります。

果たして セタシジミは入っているのか!?

泥を洗い落として網の中身を空けます。

大小さまざまな貝の中から
出てきたのが…。

はい セタシジミ。

そう これが セタシジミ。

川底から丁寧に引き上げた
びわ湖が誇る 幻の幸です。

そんな セタシジミの手掻き漁に
挑戦することに。

これまで 数々の漁に挑戦してきた
達人 濱口。

さすが すぐに要領をつかんだようです。

さあ セタシジミは とれているのか!?

いいじゃん いいじゃん。

すごい!
ありがとうございます。

見事 濃厚な旨味が出るという
セタシジミが とれました。

そんなに?
へえ~。

そんなセタシジミの秘伝の味を
妻のひろ子さんが作ってくれました。

わっ もう 量が もう すごい!
すごいね!

味噌汁ではなく
すまし仕立てにすることで

セタシジミ本来の旨味を
堪能できるのだそう。

いただきます。
いただきます。

はい。
あっ 今お気付きになったんですか?

ありがとうございます。
うわ~ うれしい!

うれしさあふれるセタシジミ
そのお味は…。

わっ! え~ すごい!
すっごい濃厚な…。

ホンマや。 後から どんどん来るね。
味の深みが。

身も めちゃめちゃ おいしいわ。

続いて セタシジミとネギを
甘めの酢味噌であえた…

わっ おいしい!
ちゃんと シジミの香りも。 あっ する?

お味噌に負けてない。
セタシジミ すごいっすね!

更に セタシジミの出汁で炊いた
シジミごはん。

うわっ おいしい!
めちゃめちゃ香りいいですね!

シジミ すごい主張してきますね。

炊いたのに まだ こんな 身が
しっかり おっきいんですよ。

別に炊き 後でごはんと混ぜることで

身がふっくらしたまま 食べられるのです。

伝統の技で 大切にとってきた幸。

いつまでも残したい秘伝の味です。

続いては 冬の日本海。

豊岡の荒波が鍛えた幸から生まれる
漁師秘伝の味をいただきました。

うわ~! 豪快だな~。

これぞ 日本海って感じがしますね。
うわ~!

兵庫県の最北端
猫崎半島にやって来た

関根 勤さんと 西村知美さん。

いや~ 何か 自然がすごいね。

この海から おいしいものが
たくさん あがってくるんですね。

ねえ! これは楽しみですね。
うん。

ここ豊岡は 冬 松葉ガニで大にぎわい。

ですが…

海の恵みを知り尽くした
漁師ならではの

幻の幸があります。

うお~!
うわ~!

すごいね ここ!

切り立った断崖の狭い土地に家が密集する
豊岡ならではの風景です。

こんにちは。
何をなさっているんですか? 今 作業。

これまた 真っ黒な…。

この地でとれる冬の幸 岩のりです。

岩のり漁師の永田新一さん。

寒くなると岩場に生える岩のりを
とるため

磯へ渡り 掻きとっていくのです。

荒波が打ちつける中
命懸けでとる 貴重な岩のり。

おいしいんですか?

めちゃめちゃウマイって…。
そんなウマイですか!

丁寧にたたき 洗ってきれいにするのが
おいしさの秘けつ。

実に手間がかかる 冬の恵み 岩のりを
いただくことに。

さっき つけたやつが これです。
干してね。

ちょっと…。
おっきいですね!

これ 僕が いつも いただいてるのりの
3枚分ぐらいですね 厚さは。

また このストーブが いいですね この…。

軽くあぶって 少し緑色になってきたら
食べ頃です。

濃いですね。 すっごく深い。

香りが 本当に 磯の香りが強くって。

香りがね。
違いますね。

そんな岩のりで…。

あ~ あの のりで!

巨大な岩のりを そのまま一枚使い
具材を入れて巻き込んだ

豪華な のり巻きです。

恵方巻き ムリですね。

その お味は…。

のりが 中の具に負けないですね。
のりが主役です。

一口で もう 磯の香り のりの香りが
フワ~ッと広がりますね。 おいしい!

荒れる海がくれる宝の味は
まだまだあります。

風情がありますね。
ね! すごい 何かね。 いいですね。

古い漁師町の たたずまいが残る
竹野漁港で出会ったのが…。

こんにちは。
こんにちは。 何されてるとこでした?

アカイカ 見ていいですか?
どうぞ。

お邪魔します。
お邪魔します。

あの 大きい…。

ちょっと ちょっと びっくりしました。
びっくりした! でっかい。

え~?
ちょっと 想像を絶しますね。

うっわ! うわっ 重たそう!
すごい!

これ 初めて見ました こんなおっきいの。
立派!

何キロぐらいあるんですか?

うわ~! すっごい!

実に巨大な幻の幸 アカイカ。

そのアカイカをとる漁師が

永田兼彦さんです。

漁法は 樽流し漁。

樽の代わりの浮きに疑似餌を取り付け
海に流して

イカがかかるのを待ちます。

そして 疑似餌に
アカイカが食いつけば

一気に 引き揚げるのです。

暴れ回る10キロ以上の巨体を操るのは
大変な作業ですが

アカイカのプロは
難なく 引き揚げていきます。

食用となるイカの中では
最大級というアカイカを

多い日は
20匹以上とるのだそう。

そんな巨大アカイカの秘伝の味
港でいただくことに!

永田さんの友達
民宿のおかみさんたちが

腕を振るってくれました。

来ました。 これが さっきの!

まずはアカイカを お刺身で。

イカですか? これ。

やわらかい!
こんなイカ 食べたことない。

食感は トロ食べてるみたいな
ものすごい トロトロ。

ね!
ほんと! ね!

ほんと やわらかい。

いや 初めて!

あっ 1回 冷凍してるから 繊維が切れて
やわらかくなるんですね。 そうなんです。

冷凍した方が おいしくなるという
アカイカ。

竹野では 大抵の家で

ブロックに切ったアカイカを
冷凍しているのだそう。

そんなアカイカを使った
おかみさん秘伝の味があります。

醤油に一晩漬けた 沖漬け。

地元竹野の醤油でないと

味が まろやかにならないといいます。

これ おいしいですね! これ!

周りの味付けも 最高に おいしいですね。
おいしい!

更に 持ってきてくれたのが…。

うわ~!
うわ~ おいしそう!

寒い冬にうれしい 秘伝の味

この地でジャウと呼ぶ
サバが入った鍋。

すき焼き風の味付けで
簡単に作れる漁師鍋です。

そうですね。

甘めで 優しい。

あ~ おいしいな これは。 たまんないな。
あ~ ほんと!

サバ おいしい!
野菜に サバの旨味が染み込んで。

サバには この野菜のね
爽やかさが染み込んで お互いに。

合いますね~。

いろんな おいしいものが
食べられるわけですね。

そうです。
そうです。

どんな困難な時でも

海へ繰り出す漁師が届けてくれる
秘伝の味。

また いつか
食べに行けますように。