ニッポンわが町うどんMAP3【うどんMAP全国版!華丸&岡澤アキラ強力タッグ】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ニッポンわが町うどんMAP3【うどんMAP全国版!華丸&岡澤アキラ強力タッグ】[字]

日本全国のわが町うどんを大調査▽スタジオ激震の意外なシメうどん▽うどん界を盛り上げるべく白熱の議論「うどんサミット」▽福岡のうどんはオイシイ?華丸が全力プレゼン

番組内容
うどん好きのうどん好きによるうどん好きのためのうどん番組!第3弾!うどんを通して土地柄が見えてくる?日本全国のわが町うどんを大調査。身体のある部分の名前がついた変わった形のうどんや、そばの名産地に根付く強烈な辛味が特徴的なうどんが登場。シメのうどんにスポットを当てるコーナーでは、あの名物鉄板料理のシメうどんや、1日のシメとして愛されるうどんが登場する。
番組内容2
そして、香川一強体制が続くうどん界をさらに盛り上げるため、スタジオ出演者が自身のわが町うどんの魅力を語り合う「うどんサミット」を開催。ケンドーコバヤシは庶民の生活に深く染み渡った大阪のうどんを、ハナコ岡部はありがたいものとして県民に敬愛される秋田のうどんを、生見愛瑠は多様性に富んだ愛知のうどんを、そして博多華丸はいろんな意味で『オイシイ』福岡のうどんを熱くプレゼン!白熱の議論を繰り広げる。
出演者
【MC】
博多華丸・大吉
橋本真衣(TNCアナウンサー)
【パネラー】
ケンドーコバヤシ
岡部大(ハナコ)
生見愛瑠
【リポーター】
達川光男
岡澤アキラ

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ケンコバ
  2. お店
  3. 大阪
  4. 福岡
  5. 華丸
  6. 出汁
  7. コシ
  8. 普通
  9. 稲庭
  10. 岡部
  11. 特徴
  12. 発見
  13. サミット
  14. 全国
  15. 存在
  16. 地元
  17. MAP的
  18. カレー
  19. ジンギスカン
  20. 最後

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<わが町うどんを求めて
まず やって来たのは

長崎県>

<長崎の麺料理といえば
ちゃんぽんが有名だが

ちゃんぽんには 目もくれず

わが町うどんが
愛されている場所がある>

<それは 五島列島>

<うどんについて聞いてみると…>

(スタッフ)長崎って ちゃんぽんの
イメージなんですけど。

<島の皆さんが愛する 五島手延べうどん>

<あご出汁と呼ばれる トビウオから とった うまみの強いつゆ>

<そして つゆが絡むと光り輝く 細麺が特徴である>

<五島手延べうどんは 島の皆さんのお昼の定番メニュー>

<こちらのおねえさんは そのおいしさに 思わず ニヤリ>

<細麺にもかかわらず
ツルツルとした食感とコシの強さは

どのようにして
生まれているのか?>

<製麺所に その秘密が 隠されていた>

<職人さんの中に 謎の作業をする人を発見>

<ハケを握りしめ
黄色い謎の液体を

うどんの生地に
塗りたくっている>

<椿油といえば 髪の毛や
肌の保湿ケアに使われるが

その椿油で うどんの生地を
コーティングすることで

保湿力が生かされ ツルツルとした
食感が生まれるのだ>

<さらに 調査を進めると ある独特な食べ方を発見!>

これは 名前とは裏腹に すごく…。

<地獄炊きの正体が こちら>

<グツグツと煮えたぎる鍋から
うどんをすくい上げ

好みのつけつゆで食べるのだ>

<かつお節と醤油を加えた
生卵に

熱々のうどんをくぐらせる>

<これで おいしくないわけがない>

<ニッポンには どんな場所にも わが町が誇るうどんがある>

<地元で愛される わが町うどんを求めて>

(拍手)

(大吉)好評につき
第3弾でございますが

華丸さん これ 年に一度の特番。

(ケンコバ)
ゆくゆくは 季節に一回ぐらい。

スタジオには
うどんを愛してやまない 通称…

(めるる)何? それ!

(ケンコバ)うどんアベンジャーズでしょ?
(華丸)うどん 大好きでしょ?

(ケンコバ)華丸さんとは うどんの話
よく しますもんね。

「あの店の夢を見たばい」って
報告されたことあります。

(橋本)スタジオには 五島うどん
地獄炊きをご用意いたしました。

あご出汁ベースのつけつゆか
卵や醤油に 薬味を加えて

召し上がってください。

うわ~ 細い!
(めるる)めちゃめちゃ細っ!

(ケンコバ)これは 確かに
椿油のあれを感じるな。

あ~ 俺は やっぱ この…

(めるる)細いから食べやすいです。
女性には ありがたいと思います。

<続いて
わが町うどんを求めて

やって来たのは 栃木県>

<餃子を愛し 餃子に愛された町で
餃子にも負けないくらい

愛されている
わが町うどんがある>

<「耳」とは人間の聴覚をつかさどる あの器官のことなのか?>

<お店へ向かうと…>

<お店の看板に まさしく 「耳」の文字が>

<栃木名物 耳うどんの正体が こちら!>

<イメージしていたうどんとは ちょっと異なるスタイル>

<醤油仕立てのつゆに
うどん麺ではなく

人間の耳の形をしたような
ものが入っている>

<そのお味は?>

<家庭でも よく食べられるという
耳うどんだが

これを
うどんと言っていいのか?>

<耳うどんと名付けられた訳は その作り方にある>

<すいとんなどと違い…

<また 耳うどんは
悪い神様の耳を意味しており…

<2021年は よい年に なりますように!>

この耳うどん アベンジャーズの皆さん
食べたことあるぞっていう人…。

さすがだな~。

(ケンコバ)意外と 全国いろいろ
行ってるんでね。

ちょっと うどんっぽくないよね。

確かね 僕 行ったお店…

耳かじり事件ありましたけど。

(ケンコバ)そのままの勢いで 試合で
耳 かじっちゃったんちゃうかな。

諸説あるでしょうけどね 確かに。

<突然ですが 問題です 四国のうどんと言えば?>

<うどん界の絶対王者…

<だが…>

<四国には 香川以外の県にも

特色ある わが町うどんが
あるにもかかわらず

うどん県をうたう香川県の
圧倒的知名度のせいで

陰に隠れてしまっているのだ>

<やって来たのは 香川県のお隣 徳島県>

<讃岐うどんの陰に隠れた この町のうどんとは?>

<その名も たらいうどんというらしい>

<お店があるのは 山の中という ことで 山道を進んでいくと…>

(スタッフ)あっ ここにもあります。
ここにもありました。

<コンビニすらない山道に

たらいうどんの
お店が ずらり>

<たらいうどんとは 一体 どんなものなのか?>

<徳島県の隠れたわが町うどん
たらいうどんとは

一体 どんなものなのか?>

<讃岐うどんに勝るとも劣らない インパクトのあるうどん>

<これが 徳島の隠れわが町うどん たらいうどんである>

<魚介ベースのつゆにつけて食べる つけ麺スタイル>

<その歴史は古く 江戸時代に
林業を営んでいた人たちが

器に取り分けるのが面倒で
うどんをタライに移し

みんなで一緒に食べたのが
始まりといわれている>

<令和になった今でも ドリフターズサイズのタライで提供>

<隠れたままではもったいない たらいうどんだった>

<このように 地元で愛され
めちゃくちゃ おいしいけれど

近くに あまりにも有名な名物が
あるせいで

隠れてしまっているうどんが
全国には たくさんある!>

<ということで ここからは 全国の隠れわが町うどんを紹介>

<やって来たのは 長野県>

<長野といえば 圧倒的な そば王国>

<そばの種類や
食べ方も多様で

至る所に
そば屋さんがある>

<「そば県といえば?」という
イメージ調査を見てみても

圧倒的に 1位は 長野県>

<そんな長野県民に うどん愛はあるのか?>

<長野県民は 意外にも うどんも大好き>

<しかも 地域に根づく わが町うどんも存在していた>

<名前だけでは 想像がつかない おぶっことは?>

はい お待ちどおさまです。
おぶっこです。

<おぶっことは 大根やニンジンなど
具だくさんの野菜が入った

味噌煮込みうどんのこと>

<平打ちの極太麺が入っており 食べ応えは 抜群>

<寒い日に 熱々の麺をすすれば

体の芯から温まること間違いなし>

<さらに 長野県には わが町うどんが まだまだあった>

<またも変わったネーミングの うどんが!>

<辛いおしぼりとは どういうことなのか?>

<おしぼりうどんを提供するお店を のぞいてみると…>

<謎の白い液体を 器に注いでいる>

<おしぼりうどんの正体が こちら>

<何ともシンプルな つけ麺スタイル>

<おしぼりうどんに
使われる大根は

辛味の値が 普通の大根の
2倍以上もある ねずみ大根>

<その辛味の強い絞り汁100%が つけつゆになるのだ>

(せき)

<しかし 地元の人が食べてみると…>

<この余裕>

<絞り汁だけだと
むせるほど辛いので

お好みで 味噌やネギなどの
薬味を入れ マイルドにする>

<すると 辛さのあとから
ほのかな甘みを感じる

奥深い味わいになるのだ>

<そばにも負けない 通好みな おしぼりうどんだった>

<ここまでは 隠れているとはいえ
地元の人には 知られている

わが町うどんを調査してきた>

<しかし調査を進めると地元民にも
知られていないという

あまりにも隠れすぎている
うどんを発見した>

<その名も でんがくうどん!>

<どれほど 隠れてしまっているのか?>

<でんがくうどんがある 広島県へ>

<広島県民に でんがくうどんに ついて聞いてみると…>

(スタッフ)でんがくうどんって…。

<聞けども聞けども その存在を知る人が現れない>

<ということで 広島を愛する この人に特別調査を依頼した!>

<カープのレジェンド 達川光男調査員>

(スタッフ)達川さん ちなみに
うどんは お好きですか?

これ もう めっちゃ うまいのよ。

カープうどんを試合前に
買ってきてもらって 食べよった。

えっ! でんがくうどん?!

<広島在住の達川調査員も 知らなかった>

<ということで お店がある 広島市西区へ>

<田楽というと豆腐やこんにゃくを
味噌につけて焼いた料理を

想像するが
どんなうどんなのか?>

この辺は よう通るんじゃけどね。
うどんの おいしいとこがある

しかも でんがくうどんと言ってね
初めて聞く名前の…。

大吉さん 先に食べます。
いただきま~す。 あっ ここ?

一回だけ さしたことあるよ。
一回だけ。

日本シリーズでよ。

はい こんにちは~。

こんにちは~。 ありゃ~。

看板娘?
一応 させてもらってます。

あなたを目的に来る人が
多いんじゃね。

結構 おるかもしれん。

<本題の でんがくうどんとは?>

はい お待たせしました。

<これが 広島の隠れわが町うどん でんがくうどん>

<うどんの上にのっているのは 山盛りのホルモン!>

<ハチノスやセンマイなど 牛や豚のホルモンを 塩茹でしたものが てんこ盛り>

(達川)ちょっと いただきます。
通は まずはね 出汁を飲む。

これ もう 広島では ここから。

めっちゃ うまい。

これ あっさりしてるね。
めっちゃ あっさりしとる。

普通は 醤油の味がするんだけど
ホルモンの出汁が うまく絡んでるね。

(達川)これ うまいわ。
これ センマイだな。

ビール 飲みたくなるような
感じのうどんじゃね。

(店員)飲まれる方
結構 いらっしゃいます。

ノーエラー。 文句なし。

ちょっとぐらい
ケチのつけるとこあるんだけど

ケチのつけようがないという。

<そのおいしさは 折り紙付きで

達川調査員は スープまで完食>

外国人のクロンというのがね

デスパイネより飛ばしますよ。
え~ 柳田なんて…。

怒られるばい。 あんな…

さあ めるるちゃん
何か気になったうどんは?

今のやつ ホルモン。 合うのかなって
思ったんですけど

意外と おいしそうだったので
ちょっと気になります。

でも ほんと
変わったうどん 多かったですね。

長野の ねずみ大根を絞った
うどんなんですけど

もともと おろしたほうを
食べるじゃないですか。

絞った汁を使うということで
逆に 贅沢ということで

おもてなしの料理として
使われているそうです。

(岡部)最後の達川さんに
全部 持っていかれて…。

ほんと すごいよね あの人のロケ。
好き放題。

<うどんに関する こんなデータがある>

<平成の時代から
令和の時代も続く

自他ともに認める
うどん県 香川の一強体制>

<このまま 香川一強を 許してよいのか?>

<うどんは 香川だけのものなのか?>

<いや 違う>

<ということで
うどん界の未来を案じる

芸能界きっての うどんファンが
ここに集結!>

<わが町で愛されている
うどんの魅力をプレゼンし

うどん界を盛り上げる!>

<うどんMAP的うどんサミット 開幕です>

一気に 「ケンミンSHOW」感が
グッと高まりましたけど。

なんせ 今回 ケンコバくんがいるんで。

今回 皆さんの地元のおうどん
語っていただけるということで

自信のほどは 大丈夫ですね?

そんなことないよ。

じゃあ 皆さん
楽しみにしております。

うどんMAP的うどんサミット

まずは ケンドーコバヤシさんの出身地
大阪府からです。

(ケンコバ)「しゅんでる」っていうのは
「しみわたっている」という

意味なんですけど
万物に お出汁 利かせるというか。

それが いかに大事かっていうのが
この大阪のうどんなんですよね。

大阪のうどん
ちょっと食うてみい!

<まず 名乗りを上げたのは 天下の台所 大阪府>

<うどんがしゅんでる それが 大阪>

<調査すると 味だけではなく

生活にも うどんがしゅんでる
ことが明らかになった>

<まず 大阪は 出汁がしゅんでる>

<大阪を代表するうどんといえば こちら>

<きつねうどんである>

<フワッフワの お揚げさんに

甘めの関西風のつゆが
しっかりと しゅんでるうどん>

<こちらのお店では
天然真昆布などで

コクとうまみのある
上品なスープに仕上げている>

<今や 全国的に親しまれている
きつねうどんだが

何を隠そう
発祥は 大阪なのである>

<そのお店は 明治26年創業の うさみ亭マツバヤ>

<ちゅう房をのぞくと お揚げさんが どっさり>

<砂糖と醤油で 3日かけて 甘く炊き上げられている>

これこそ しゅんでるですよ。

<これが 元祖きつねうどんである>

<こちらの男性は つゆも ゴクリと飲み干して 完食>

<そのお味は?>

<今や 大阪うどんの定番となった きつねうどん>

<その誕生のきっかけは?>

<そして 大阪には ケンドーコバヤシが愛するお店がある>

その駅近くにある あめやさん。
これ 安いでしょ?

僕が子どものとき
50円ぐらいやったんですかね。

(堀北)怪童と呼ばれていた
という話を聞いてます。

これね 甘く炊かれたお揚げが。
いいでしょ? これ。

大きいね お揚げが。

これが 出汁の辛味と合わさって
とんでもないことになりますんで。

(ケンコバ)この かやくご飯
うどんの出汁で炊いてます。

だから うどんと
合わない訳がないんです。

お近くに行ったときは 地元の人に
交じって 食べちゃってください。

<さらに 大阪は 鍋文化にも うどんがしゅんでる>

<普通 鍋のうどんといえば おいしく食べたあとの〆だが…>

<うどんを具材としたお鍋 うどんすきである>

<この うどんすきを始めたのは 日本料理店の美々卯>

<鍋の〆に食べる うまみが
しゅんだうどんのおいしさを

最初から味わえないかと思った
ことがきっかけで生まれたという>

<今や全国に広まり家庭でも気軽に 楽しめる料理となっている>

<さらに これだけではない>

<大阪には 生活に うどんが しゅんでる 最たる例がある>

<向かったのは 大阪市東住吉区>

<そこで発見したのは 「うどん」の文字>

<しかし うどんだけでなく 「薬」とも書かれている>

<ここは うどん屋さんなのか?!>

こちらって 何屋さんなんですか?

<大阪市東住吉区で発見した 「うどん」の看板>

<しかし うどんだけではなく 「薬」とも書かれている>

<ここは うどん屋さんなのか?!>

こちらって 何屋さんなんですか?

<ここは 風邪薬を中心とした

医薬品の製造・販売を行う
製薬会社>

<しかし なぜ 薬に「うどん」と 名前が付いているのか?>

<大阪は 風邪の治し方にまで うどんがしゅんでる町だった>

私 きつねうどんが
大阪って知らなくて…

(めるる)びっくりしました。
でも 珍しいよね。

はっきりと発祥の場所が分かる
食品っていうのもね。

うちのおやじとかの世代は
「けつね」って言いますもんね。

店入って 「けつねや」って
言うんですよ

ほんなら きつねうどんを
持ってくるっていう。

あれも言うたら
肉うどんですから。

本末転倒ですけどね。
でも あれも大阪名物みたいなね。

(ケンコバ)今や大行列ですから。
いろんな店も始めてますしね。

さあ 続いては
岡部さんの出身地 秋田県です。

今 ケンコバさんが大阪のうどんを
紹介されてましたけど…

(ケンコバ)うどんは出汁を飲むための。
(岡部)秋田は…

麺を愛してる?
(岡部)麺を愛してますね。

(岡部)高級品のイメージなんで…

でも うどんって
庶民のためのみたいな。

いやいや ちょっと いいときに
贅沢で食べるうどんもいいんで。

<うどんMAP的 うどんサミット>

<続いては 秋田県>

<仙北市にある 小劇場を訪れてみると…>

♬~(劇中歌)

<何やら ミュージカルのようなものが 行われている>

「うん? デリシャスばい!」。

「こんなに質のいい
うまいうどんは 初めてだ」。

<その題材は うどん>

<秋田県を代表する うどん職人の 家族の物語である>

<ミュージカルにしてしまうほど

秋田県民が愛してやまない
うどんが こちら>

<稲庭うどん>

<およそ350年前に誕生した
手延べ製法の干しうどんで

明治時代には
宮内庁御用達となり

古くから 贈答用として
重宝されている>

<スーパーで売られている
うどんと比べてみると

その値段は
およそ4倍から10倍>

<高級品なのに なぜ 日常的に食べられるのか?>

われわれは 贈答品みたいなのは
高いから食べられないんで

出荷できないくずを
ひとまとめで袋に入れて

500円ぐらいで売ってるんですよ。
それ 食べてます。

<では なぜ 稲庭うどんは そんなにも高いのか?>

<その秘密は 稲庭うどん独自の作り方にある>

<機械も導入されているが 基本的には 手作業>

<完成しても
厳しい選別が行われ

少しでも形が悪ければ
出荷はされない>

<つまり 私たちの手に届く
稲庭うどんは

セレクションを通過した
エリート乾麺なのである>

<そんな稲庭うどんの魅力を 秋田県民は こう語る>

<このコシは 手綯という

ひねりを入れながら延ばしていく
技術によるもの>

<ひねりを加えることで
細麺であるにもかかわらず

しっかりとしたコシを
感じられるのだ>

<そのコシを
最大限に楽しむ方法が

ここ 寛文五年堂にはある>

こちらですね 二種三味うどん。

普通 やっぱり 稲庭うどん
乾麺のイメージなんですけど

寛文五年堂さんだと
生麺でも楽しめるんですよね。

<現在も作れる職人が
限られているため

大変 貴重な麺なのだ>

<そんな生麺のおいしさを 伝えるのは この方>

<うん? この人は?>

「兄貴です」とか
そういうのかと思った。

岡部さん 秋田に帰ってきたら
寛文五年堂に ぜひ来てたんせ。

へばな~。

(ケンコバ)最後のお店の広報に
近い人が うまさを言うって…

僕も行きたかったんですけど
なかなか行けず。

(岡部)やっぱり コシですかね。

モチモチ感が
生麺のほうが強いっていうのと

稲庭うどん 平たいんですけど
もうちょっと四角くて…。

(ケンコバ)讃岐うどん?

続いては めるるさんの出身地
愛知県です。

秋田のうどんも
おいしそうだったんですけど…

愛知は それと比べて
めちゃめちゃあるんですよ。

愛知のうどん 食べてみゃ~。

<うどんMAP的 うどんサミット>

<続いては 愛知県>

<この町には
全国的に知名度の高い

2つのエース級わが町うどんが
存在している>

<その一つが こちら!>

<きしめんの最大の特徴は 平打ちタイプのうどん麺>

<箸で持ち上げると
ツルッと落ちそうになるほど

チュルッチュルの食感が
クセになる>

<普通のうどんとは 一線を画した 独自路線を突き進んでいる>

<そんな きしめんは 愛知県民にとっては 身近な存在>

<こちらのお父さんは 2時間のウォーキング帰りの一杯>

<ゴクリと つゆまで飲めば…>

<そんな きしめんと双璧をなす 有名な わが町うどんが?>

<味噌煮込みうどんである!>

<優しい味わいのうどんとは
真逆で

ガツンとした味噌味が特徴の
わが町うどん>

<そんな味噌煮込みうどんを

愛知県民は
ふだんから食べまくっている!>

<実は その食べ方に 多様性が あるのをご存じだろうか?>

<一般的に 生卵がのっていたら 溶いて食べるが…>

卵 生で来るやないですか。

<…と語る女性は 少し固まった 卵を 白ご飯にオン!>

<スープを足して おじや風に>

<まさに 十人十色 多様性のある 卵の世界>

<トロトロの状態で最後までとっておき
味わう人がいれば

しっかりと火を通した
固ゆで派の人も>

<卵だけではなく 麺の形状や

普通のうどんとは 一線を画した
濃い味付けなど

愛知県民は
うどんの多様性を尊重している>

<しかも 2大エースうどんが あるにもかかわらず…>

<多種多様な
わが町うどんの存在こそが

愛知県民の
うどん愛の表れなのだ>

<調べてみると
2大エースうどんのほかに

15もの わが町うどんを発見!>

<中でも 近年 知名度が急上昇中
だという わが町うどんが

豊橋市にある>

<お店に伺うと…>

(店員)
豊橋カレーうどんになりますね。

<その名も 豊橋カレーうどんである!>

<昔から うどん文化が根づく
豊橋市の新たな名物として

10年前に誕生したうどんだが
ただのカレーうどんではない>

<食べているお客さんを 観察していると…>

<愛知県で 近年 知名度が 急上昇中の豊橋カレーうどん>

<その驚きの具材とは?>

<器の底から ご飯が登場>

<ボリューム満点の わが町うどんである>

<作り方を見てみると
まず 器に飛び込むのは

うどんではなく 白ご飯>

<ネバネバのとろろで コーティングされた
ご飯の上に

やわらかめの麺を盛りつけ

とろみのある出汁の利いた
カレーがのっかって 完成!>

<うどんを食べたあとは カレーライスにして 〆るのが豊橋スタイル>

<しかし なぜ ご飯を 入れるようになったのか?>

<老若男女問わず うどんで おなか いっぱいになってもらいたい!>

<うどん愛あふれる 豊橋カレーうどんだった>

豊橋カレーうどんとかも
ほんとに 女性って やっぱり…

あの人 めっちゃ食べるじゃん
みたいに思われるじゃないですか。

すてきな人やなって思うよ 俺は。

(ケンコバ)
見られてるうちが花よ 人って。

多様性を認める
愛知県だからこそ生まれた

さまざまな
わが町うどんがあるんです。

(ケンコバ)うどんなんですか?
台湾まぜそばうどんバージョン。

(ケンコバ)それ 台湾まぜそばやし
西尾ナポリタンは ナポリタンでしょ。

うどんなんですよ。

(ケンコバ)台湾まぜそばも うどん?
うどんバージョンって言ってるけど。

バージョンが たまたま
付いちゃったっていう。

(ケンコバ)確かめに行きたいですね。

果たして うどんなのかどうか?

さあ 最後は 福岡県です。
いよいよですね。

もう ほんと それぞれ
やっぱり いいんですよ。

全部 おいしい。 争う気はないの。

ちなみに 福岡のタイトルは
こちらにしました。

いろんな意味で オイシイという
ことも お届けしたいと思います。

福岡のうどんば
食べてみんしゃい。

<うどんMAP的 うどんサミット>

<続いては 福岡県>

<福岡うどん 最大の特徴

それは 讃岐うどんの対極をゆく
コシがない 柔麺である>

<福岡県民は せっかちで
待つことを嫌うため

少しでも早く提供できるように

注文が来る前から
麺を茹でておく

茹で置きと呼ばれるスタイルが
浸透している>

<あの食通で知られるタモリさんも
このうどんを愛し

「うどんにコシはいらない」と
たびたび発言するほど>

<そして 博多にある
鎌倉時代に建立されたお寺

承天寺の石碑を見てみると…>

<「饂飩蕎麦発祥之地」と はっきりと書かれている>

<つまり 日本のうどんは

福岡から始まっていると言っても
過言ではない>

<そんな歴史のある福岡のうどんは
うまいだけじゃなく

オイシイのだ!>

<ちなみに…>

<例えば 皆さんが見ている
この番組 制作しているのは

福岡にある テレビ西日本
というテレビ局である>

<これまで
2度の放送があったが

どちらも 福岡県で
大きな反響を呼んだ>

<つまり 福岡のテレビ局にとって うどんは とってもオイシイのである>

<そして 福岡には うどん三大チェーン
なるものが存在するのだが

福岡県民は ここで
いつもオイシイ思いをしている>

<ということで 華丸が その理由を解説!>

まずは うどんウエスト。

福岡市民は このうどんウエストに
だいぶ お世話になってますが

今日は ごぼ天じゃなくて
丸天のほう。

どうでしょう?

ウエストの特徴は ネギ入れ放題。
これが いいんですよ。

これを求めて ウエストに行くと。
ちなみに 天かすも入れ放題です。

続きまして 北九州地方で
庶民の味といえば 資さんうどん。

ここでは 肉ごぼ天うどんですね。

そして 付け合わせとして
この ぼた餅が。

北九州市の人 好きなんよね
この ぼた餅が。

そして この資さんうどんでは
なんと とろろ昆布を入れ放題!

さあ そして
これぞ ソウルフード 牧のうどん。

(ケンコバ)減らないやつですね。
食べても食べても減らない

牧のうどんの ごぼう天うどんを
ご紹介させていただきます。

麺が 結構 太麺で

そして うどんが減らない分
汁を吸うんですよ そのうどんが。

足らなくなるから
やかんにあるスープを入れ放題。

池の水かっていうぐらい
なくなります。

<このように 福岡県民は いつも

オイシイ思いをしているのだ>

<そして ここからは…>

<やって来たのは 福岡空港から 車で およそ1時間>

<自然豊かな みやま市にある 大力うどん>

<そのお店を リポートしてくれるのが…>

<この人物は 福岡で活躍する タレント 岡澤アキラ>

<これまでに食べた うどんの数は 実に 500杯以上!>

<華丸も信頼を寄せる うどん人なのだ>

失礼しま~す ごめんくださ~い。
見てください この歴史のある

老舗感漂う この店内。
もう おいしいの間違いない。

ここはですね
究極のファストフード。

とにかく出てくるのが
早いんです。

テレビだからとかじゃ
ないですから。

<華丸が本当は内緒にしておきたい 福岡のオイシイうどんを紹介>

<大力うどんは とにかく 提供が早いということだが…>

お待ちください。

待ってる間に こちら
見ていただきたいんですけど

かけうどん 180円ですよ。
めちゃくちゃ安くないですか?

ごぼう天うどんでも 300円。
安さに まず驚きますよね。

早っ! ありがとうございます。

もう できましたね! 安いし
そして 早い。 さすがですね。

<大力うどんは 福岡うどんの 特徴でもある 茹で置き麺>

<そのため この早さが実現するのである>

<リポートするのは 華丸が 実際に注文している こちら!>

<ごぼう天おぼろうどん ねぎ多め>

いただきます。

途中で切らない
岡澤アキラ。

あ~ やわらかい モチモチ。
おいしい もう ほんとに。

全国の方にとっては この太麺

しかも フワッフワの
やわらかい麺っていうのは

結構 珍しいとは思うんですけど…

好感持てる食べ方でしょ?
分かるやろ? 人気があるの。

絶対 最後まで。

あ~ 完食しました。
華丸さんが愛する 大力うどん

そして 福岡のうどんは やっぱり
最高です。 ごちそうさまでした。

<しかし うどんで 一番
オイシイ思いをしているのは

何を隠そう
この 岡澤アキラ自身>

<5年前に 番組のオーディションに合格し
テレビは ほぼ素人という状態で

この うどんコーナーを
担当し始めたのだが

ただただ 毎週
うどんを食べ続けていたら…>

<いつの間にか 福岡県民に うどんの人として浸透>

<うどん本を4冊も出版し

サイン会を開けば この行列!
さらに…>

(3人)おはようございます。

<うどんのロケしか
経験がないにもかかわらず

26歳の若さで 情報番組の
MCに抜擢されるという

オイシすぎる男なのだ!>

<そして…>

♬~

<今では 毎日
「うどん体操」を披露し

子どもたちにも 大人気>

<福岡は 味だけではなく
いろいろな意味で

うどんが オイシイ町だった>

岡澤くん 何か…

すごく売れっ子になりましたね。

岡澤くんが 朝の情報番組で
うどんを食べるコーナーを始めて

そっから この特番が
立ち上がったというか。

(ケンコバ)岡澤くん 呼んだほうが
いいんじゃないですか?

でも 忙しいの。
うどんのロケ やってるから。

福岡県民 うどん大好きなの。
食べるのも好き 見るのも好き。

しゃべるのも好き。
もう みんな 好きなの。

あれは われわれは ロケの合間に
昼食休憩で よく行くんですけど。

めちゃくちゃ早かったですね。
18秒。

「ズレたのかな? オーダー」ってぐらい
パッと出るんですけどね。

では 大吉さん
総括をお願いいたします。

あと やっぱね

サミットするなら 香川は いるよ。

アメリカ呼ばないみたいなもんだから。

<普通に食べても
おいしいうどんだが

もう一つ
うどんが輝く瞬間がある>

<鍋の〆である>

<しかし 〆のうどんといっても
全国には さまざまな形の

〆うどんがあるのを
ご存じだろうか?>

<ということで ここからは

「ニッポンわが町
〆うどんMAP」をお届け>

<まず 〆うどんを求めて
やって来たのは

北の大地 北海道>

<あまり知られてはいないが
北海道民は

ある名物と共に
うどんを楽しんでいる>

<その名物とは ジンギスカン>

<ただ ジンギスカンといえば
ラム肉と

たっぷりの野菜を焼いて食べる
鉄板料理>

<そこに うどんが入る隙は あるのか?>

<ジンギスカンを楽しむ お客さんを観察してみると…>

<テーブルに うどんを発見!>

<ひとしきり楽しんだあとの 鉄板に 豪快に投入した!>

え~?

<北海道民が愛する ジンギスカンの〆うどん>

<野菜やラム肉から出た
うまみを

ジュワッと吸い込んだ
うどん麺のうまさは 格別!>

<箸が止まらなくなる!>

<北海道民が ひそかに 楽しむ 〆うどんだった>

(ケンコバ)何で こっちで食べる
ジンギスカン屋やってないんでしょうね。

華丸さんとコバヤシくんはね プライベートで
よく ジンギスカンに行ってますけど。

隠してるのかな?

言った?
言ってない。

(ケンコバ)「そろそろ帰りましょう」
って言われただけです。

言うよね たまにね トシがね。
今度 タカトシを…

<続いて 〆うどんを求めて やって来たのは 山形県>

<ある名物料理の〆うどん
ということなのだが

お店を訪れてみると…>

<登場したのは どう見ても 普通のカレーうどんである>

<麺を持ち上げてみると 平麺タイプで コシはない>

<では 一体 何の〆うどんなのか?>

おいしい。

えっ これ 何かの〆?

カレーライスのあと 〆る?

おいしい。

えっ これ 何かの〆?

サトイモ 入ってますよね?

あっ ほんと サトイモだ!
カレーにサトイモって珍しいよね。

川沿いで 何か食べる県
どこでしたっけ?

芋煮や。

さあ どうなんでしょうか?
果たして 何の〆なのか

こちらをご覧ください。

<スタジオの皆さん 正解! その名も 芋煮カレーうどん>

<山形県民は
バーベキュー感覚で

河原で 芋煮会を開くほど
芋煮が大好きなのだ>

<山形県民いわく 芋煮の汁は
余りがちだそうで

そこに カレー粉や
市販のルーを入れて

カレーうどんにして楽しむのが
定番なのである>

<話を聞いてみると…>

<今では 専用のうどん麺が
開発されるほど

山形では 定番の
芋煮カレーうどんだった>

<続いて やって来たのは 宮崎県>

<一般的には うどんは 朝ご飯や
昼ご飯として食べられるが

宮崎県民にとっての
うどんは 少し違う>

都会とかだと 朝とか
昼かもしれないですけど…

<宮崎県民は 1日の〆に うどんを楽しんでいるのである>

<お店に伺うと 登場したのは 白く輝く うどん麺>

<その名も 宮崎名物 釜揚げうどんである!>

<麺は 細麺で やわらかめ>

<熱々の麺を熱々のつゆに つけて いただく>

<寒~い冬に食べると

熱々の麺とつゆが
体に ジュワッと しみわたる>

<釜揚げうどんが 宮崎県民を
とりこにする秘密は

つけつゆにある>

ネギと あと 天かすと

柚子が少し入ってるのかな
って感じですね。

<その味わいや
うどん麺のスタイルは

お店によって
さまざまに アレンジされている>

<宮崎を代表する釜揚げうどんの お店を見てみると…>

<ソフトバンクホークスの王会長が
よく通うという 重乃井は

少し太めのうどん麺が特徴で
モチモチ感を楽しむことができる>

<織田薪は 卓上にある
柚子入り七味をお好みでかけ

あげ玉は 小麦粉から
手作りするほどのこだわりぶり>

<いろんなお店の味を
制覇したくなる

釜揚げうどんだった>

<私たちの生活が 大きく変化した この一年>

<苦境に立たされるうどん屋さんも 少なくはありません>

<でも うどんの前では みんな 笑顔になります>

<そのおいしさに 無心になれます>

<心おきなく 思いっきり
うどんを楽しめる日が

早く訪れることを願って>