アウト×デラックス【戦力外になったプロ野球選手衝撃の珍プレー連発!】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

アウト×デラックス【戦力外になったプロ野球選手衝撃の珍プレー連発!】[字]

衝撃のアウトパフォーマンスで戦力外になったプロ野球選手!そのとき美人妻の心境は?

番組内容
独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開するトークバラエティー『アウト×デラックス』。
現在のプロ野球界をけん引する黄金時代と言われている1988年生まれ。しかしその中にアウトが隠れていた!それは、チームに貢献していたのに戦力外通告をうけてしまったという元東京ヤクルトスワローズ上田剛史。一体どういうことなのか?
番組内容2
現役時代のプレーをスタジオで検証する。しかし、プレー以外にもアウトな面が次々と明らかに!そしてそれは野球の枠を越え…さらに番組初出しのカミングアウトも登場!
ご案内
“アウトな人”募集中!詳しくは番組ホームページで!! 
http://www.fujitv.co.jp/outdx/index.html 
Twitter公式アカウントはこちら⇒@outdx_fujitv 
https://twitter.com/outdx_fujitv 
〈#アウトデラックス〉でつぶやいてね!
出演者
【MC】
矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ) 
【ゲスト】
上田剛史、吉田サラダ(ものいい)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
大江菊臣 
【演出】
鈴木善貴 
【監修】
渡辺琢

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 上田
  2. 吉田
  3. チケット
  4. アウト
  5. 上田選手
  6. 選手
  7. 美央里
  8. サラダ
  9. ホント
  10. 結構
  11. 山里
  12. 今日
  13. 反省文
  14. 番組
  15. 名前
  16. チーム
  17. 気持
  18. 写真
  19. 戦力外通告
  20. 野球

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/06/16 20:46:50時点 Amazon調べ-詳細)

[現在の野球界を けん引する…]

[実は その中に…]

[アウトが 隠れていた]

(マツコ)戦力外だね。

[彼のアウトは
これだけではなかった]

(上田)ご祝儀袋の意味が
まず 分かってなくて。

[さらに…]

ホント 運命のいたずらって
すごいわね!

うわ~! ツイてない!

(山里)こちら。

(山里)この方でございます。

(山里)昨シーズンで
東京ヤクルトスワローズを引退。

(山里)ヤクルト一筋 14年の
生え抜き選手だったと。

(矢部)若いよね。
(山里)チームに貢献したのに

なぜ 戦力外通告?
結果 出せばいいから スポーツ選手は。

(山里)じゃあ なぜということは
ご本人に 聞きたいと思います。

お願いします。 どうぞ。
≪(ドアベルの音)

(上田)こんにちは。
こんにちは。 初めまして。

こんにちは。
何か…。

そんな薫りは しますけどね。

見えないわよ。
『戦力外通告』じゃなくて…。

でも どんな人間であろうと…。

どうしてなのか 上田選手の
活躍ぶり VTRに まとめました。

[昨シーズンで
現役を引退した…]

[関西高校時代には
ハンカチ王子の愛称で

全国に 名をとどろかせた
早稲田実業の…]

[話題に]

[昨シーズン
2度目のMVPにも 選ばれた…]

[と語るほどの…]

[ちなみに この年は…]

[現在の…]

[2015年には
1番バッターとして

シュアなバッティングで
チームを引っ張り…]

[さらに ファンを熱狂させた
シーンが こちら]

[延長 11回裏 2アウトランナー
一塁 二塁の場面で

熱戦に 終止符を打つ…]

[しかし 上田選手
あるプレーの数々で…]

[それは…]

[ヤクルト 対 巨人
さあ バッターは 高橋 由伸]

[打った! センターへ。
上田の出番だ。 俺だぜ…]

[おっとっとっと!?
あららららっ…]

[前進してきた上田が…]

[あ~! ヤバいよ。 ヤバいよ
ヤバいよ。 やっちゃったよ]

[さあ ピッチャー 投げました。
センターに上がった。 センター 上田]

[オーライ オーライ。 任せてって
余裕のよっちゃーん]

[あらっ ボールは いずこへ?]

ハハハハハッ!
めっちゃ 笑ってる!

[上空で ボールを見失い

はるか…]

[後方へ]

[まずいよな。 ベンチ怒ってるよな
見えなかったんだもんな]

[ヤベえぞ ヤベえぞ]

真後ろが
フジテレビの看板だったわよ。

[極め付けは…]

[平凡な打球なのに…]

(実況)前に出てくる! ボトンと
落ちた。 ランナーが帰ってきます。

[えっ!? 何やってんの?
どこ 投げてんのよ?]

[その間に 先ほど打った
ランナーは 三塁を回った]

[ホームイン!]

[アホ~! っと]

[ラッキー ラッキー]

[何やってんだよ!?
上田 勘弁してくれよ。 勘弁…]

[高ーく
センター前に上がった 打球]

[捕って…]

[落として…]

[あらっ! 悪送球]

[投げた上田も…]

[この顔! まずいよね]

(上田)そうですね。

[しかし この凡ミスが

戦力外通告の引き金に
なったわけではないんです]

[ミスが原因じゃなーい]

戦力外だね。

[時々…]

[喜びの表現として行う
個性豊かな…]

[その選手を迎える
ベンチにて…]

[そこにいるのは…]

[はい 上田です。 僕]

[これが 通称…]

[こちらのシーンでも…]

[西浦 やったよ。 同点ホームランだよ。
すげえ。 でも カメラ 見てるよ]

[俺 見てるよ。 上田を見て。
上田を。 よくやった よくやった]

[ナイス ナイス ナイス。
でも 上田を見て。 ほい!]

[特大ホームランを打った
青木選手には…]

[よくやった 青木。
あざっす。 あざーっす]

[どうも 上田です。
上田 上田 上田です]

[今日も 上田が主役]

[いや 俺が主役だろ]

[その後も 上田新喜劇は
どんどん エスカレート]

[上田です! 高津監督の
追い上げ クリスタルキング!]

[監督より 似合ってるでしょ]

のっけだした のっけだした。

[坂口 逆転の一発に沸く
ベンチでは…]

[あらっ! 1 2 3 4と…]

[お~! 上田新喜劇
劇団員が増えてます]

[他の選手をも 巻き込んで
チームに貢献してきた 上田選手]

[しかし 最終戦の…]

[いきなりの…]

[新聞にも 上田選手の
突然の首が 報じられた]

まあ 気持ちは
分からんでもないねんけどなぁ。

(上田)でも…。

あれっ?

ものいいの サラダちゃんですよ。

(吉田)どうも 山田 哲人です。

(吉田)違うか!

久しぶり!
違うのよ。 ものいいですよ。

何で サラダちゃんが ここに
いるのかって話なんですけども。

何かね…。

そもそも どういうつながりなの?
(吉田)僕 ヤクルトファンで

すごい 選手とかと 仲良く
させてもらってたんですけど。

暇やから。

さっきの あのヅラは 何?
そういうことやんな。

アイデア 渡した?

(吉田)勝手に やってました。
上田さんが 勝手に…。

どうやって 仕込んだのよ?

(上田)朝 球場 行く前に
ドン・キホーテに寄って

そのカツラを買って
今日は これでやるっていうので

行ったんですけど…。

盛り上げたかったんですもんね?
コロナの影響で お客さんも

入ってなかったんで 球場に。
何か できないかな? と思って。

(上田)
ベンチは 結構 笑ってくれてて。

結構…。

全員 ことし 戦力外になる…。
今 関わった人たちが。

ファンの人にも
好評ではあったんですか?

ファンの方にも
そこそこ 好評だったんですけど

中には やっぱり… SNS上では
かなり たたかれましたね。

上田さんが…。

本業が しっかりしてればね。
そう! そこ。

野球 あんまり 知らないんですが
ファーストがいて セカンドがいて

ライトとか 色々 いる中で
僕 初めて ムードメーカーというポジションを。

誰を イメージするのが 一番…。

誰を イメージしたら 一番近い?
パンチさんも 結構 活躍はした…。

パンチさんは すごかったよ。
サラダちゃん どうなの?

(吉田)チームでは 野球の戦力…。

(吉田)存在なんです。
あらっ!

(吉田)八重樫さん!?

言っちゃった。
正直やな。

それは サラダちゃん
全然 援護射撃じゃないよ。

(吉田)足 すごく 速いんですよ。
なっ 剛史…。

まあ まあまあ… まあまあですね。
もう…。

ただ 今 ちょっと
まだ 猫かぶってるといいますか

結構 アウトなんだよね?
サラダちゃん。

(上田)何でや…。

野球に振り切り過ぎちゃって 色々
足りないところがございまして。

[野球の試合中も
上田新喜劇と題して

ふざけていた 彼ですが

実は 野球以外でも

耳を疑う 新喜劇のような
アウトだらけ]

「反省文を書け」と言われたときが
あったそうでございます。

まったく
意味が分からないんですけれども。

遅刻をしてしまって

監督に 次の日…。

(上田)て言われて。 僕は
反省文だけ 持っていくもんだと

思ってたんですけど…。

結構 力強く言われて。
「封筒」って めっちゃ 力強く…。

寮の近くに 当時 コンビニが
1個しかなかったんです。

そこに行って 反省文 書いて…。

て思ってて。 何か
僕が イメージした封筒が なくて。

(上田)でも…。

みたいな。
そうっすね。

何で 俺も 気持ち 分かったんや?
よく くみ取れましたね。

(上田)
反省文 入れて 提出するときに

最後 折り畳むじゃないですか。
でも 何回 折り畳んでも

開くんですよ。

(上田)これは もう…。

と思って 上から こういう…。
こういうやつな。

こういうのって!
もう ここが バカっぽいな。

水引を付けたのね。
こういうやつな。 こういうやつな。

もう 上田選手のやつで 2人が
水引を 体で表現しようとしてる。

これね!
(上田)これです。 これを付けて

まず マネジャーに提出したんですけど。
そしたら 「何?」って言われて。

(上田)いや あの… 昨日 言われた
反省文ですっつって。

て言われて。 そのとき…。

(上田)何ですか? これ
っていう感じだったんですよ。

「寿」って
張ってあるじゃないですか。

(上田)そうです。 金色の。
うわっ すげえ!

その文字は。
まあ 言ったら…。

(上田)でも さすがに
こっちは 駄目と思いました。

買うときに。 こっちだろうなって。
水引の位置が。

上やろうなと。
(上田)これは 違うと思いました。

サラダちゃん どう?

(吉田)
抜けてるんで 何も考えずに

携帯の登録とか してたんで…。
プランも 全然 分からないんで

何か知らんけど それ
みたいなのにしてたら…。

(吉田)選手とかと
月 なんぼ 払ってる? みたいな。

(吉田)みんな
1万5, 000円とか 1万円とか。

(吉田)で 後輩の選手に
行ってきてもらったら

「お前 ありがとう。
来月から 1万になるみたいだよ」

(吉田)ずっと 10万 払ってました。
もう そういうもんやと思ってた?

(上田)だから…。

面白っ!
やっぱり…。

高校ぐらいまではね
これで いけるんだろうけどね。

よく言うよね。 スポーツ選手が

ホント そのスポーツしか
やってきてないんで

何も分からないんです
って言うけど もう その…。

ちょっと…。

[アルプス級のアウトを
炸裂する 上田選手]

[しかし 彼が 実は
エベレスト級のアウトだとは

このときは
誰も 予想していなかった]

(吉田)上田 剛史の同級生に
聞いたんですけど

高校時代…。

(吉田)スキー合宿に
なったらしいんですけど

その友達が言うには
上田 剛史は…。

どういうこと? どういうこと?

(吉田)題名だけ 聞いたら
謎なんですけど。

これ どういうこと?

韓国 修学旅行 行きまして。
僕ら 男子校なんですけど…。

「泊まらされた」っていうか…。

最高じゃないっすか。
最高なんすけど。

(上田)「今日は 出るな」って
言われたんですけど

部屋が 2階だったので…。

雪も積もってたんで。 僕ら
全然 スキーもやったことないし

スノボも 未経験のまま
ボードと 服だけ着て

そっから 飛び降りて。
何を思ったか もう いきなり

リフトに乗って
上から 滑ろうって話になって。

(上田)リフトのとこに行ったら
みんな チケット 渡してたんです。

リフト券。
リフト券 渡してたんで

あれがいるってなって
そこら辺の人に…。

みたいな ジェスチャーで
韓国語も 分かんないんで

やってたら あそこって説明されて
で 行って ここかと思って

その場所で すいません…。

5人 いたんで…。

プリーズは 分かったんで
言ったんですけど。

韓国やけどな。
あと 肝心のリフト券が

出てこなかったのね。
「プリーズ」だけ 言われてもね。

(上田)言ったら…。

5って言ったから。
それ もらって…。

いやいや!
(上田)僕も 信じられない…。

て言われたんで もう これ
しょうがないと思って これが…。

何!? その話!
みんなに渡して。

「これ チケットやで」言うて。
他に 4人いたんだよね 同級生。

みんな それ 信じたんだな。
信じました。

でも 言うてるもんな 受付の人が。

(上田)僕は 3回 確認したんです。
チケット? チケット? って言ったら

「イエス イエス」って言うんで
これは 信じるしかないと思って

持って… むっちゃくちゃ
でかいんですよ しかも。

ジャンボフランクフルト。
(上田)見たことないぐらい

おっきくて。

(上田)でか過ぎて。

見えへん。 絶対 見えへん!
普通のフランクフルトなはずないと。

だとしたら これは チケットだと。

おもろいな!
(上田)で こう…。

(上田)そしたら 周り… が
写真 撮りだしたんですよ。

「あいつら 何だ!?」みたいな。

武士みたいに こうやって。
(上田)結構 笑われてて。

僕らは 堂々としてる。
チケットだと思ってるんで。

(上田)自分の順番 来て
こう はいってやったら 何か…。

(上田)で 後ろのやつらも
「チケット チケット」っつって。

(上田)困っちゃって その係の人が
「ノー ノー。 いらない」みたいな。

(上田)僕ら 修学旅行生だったんで
要は ここに入ってたんです。

チケットが付いてたんや。
でも ハングルで書いてたんで

僕ら 名前か何かだと
思ってたんですよ。 分かんなくて。

結局 ここに入ってたんで
行けたんですけど。

はい。

「カッチカチ」!
そこは…。

アメリカンドッグと チケット 一緒に
売ってないでしょ!? 窓口で。

売店やってん。

サラダちゃん
いいパスを ありがとう。

あと 他に 4人いるのよ。

4人 すごい。
4人いるのよ あと。

あと これ こうやった後
後ろの4人も うお~! って。

一緒に 言い張るっていう。

(上田)最初…。

(上田)だんだん…。
俺のかもしんないと。

誰かので 行けるかも。
そうです そうです。

[まだまだ あります]

若手の芸人で あるやつや。
誰? 誰が メインだったの?

(上田)これは もう 今…。

ていう選手が いるんですけど。

これ そのときの お写真ですね。
あ~! あれ 右だ!

知人男性です あれ。
(上田)そうです。 僕です あれは。

これ 撮られて 恥ずかしいかな
と思いきや… どうなんですか?

これが 出たときってのは。
最初 球団の広報の方に

僕と 山田が呼ばれまして…。

(上田)一応 僕の名前も
リストっていうか…。

載りますよっていう写真のときは
僕 顔 出てたんです。

そうやんな。
(上田)で 僕は ちょっと

下心 働いて…。

逆に。
(上田)ついに 俺も 名前が

知れたのかな。 知れ渡ったんじゃ
ないかなと思って 僕は…。

理由がな。
理由が 逆の発想やねんな。

合コンしてる様子 撮った写真を
親に報告して 買ってくれと。

『FRIDAY』 載ったよ! って。
載ったと 電話して。

(上田)当日 もう 楽しみに
球場に行ったらですね

誰かが ページをコピーして
拡大して

ホワイトボードに 張ってたんです。
ちょっと いじるために。

僕は 山田の友達っていう扱いで
載せられたんで。

(上田)その年 優勝したんですけど
ビール掛けのときに

よくあるじゃない… 「本日の主役」
とか書いてるような たすき。

あれの 何も書いてないやつを
買って 「知人男性」って書いて

ビール掛けをしたんですよ。
そしたら 思いの外 Twitterで…。

よかった。 やって よかったやん。
他に出てこないだろうしね。

そりゃそうだよね。
でも 何か…。

ニュースとかで 結構…
いろんな事件とかでも。

(上田)よくあるじゃないですか。
今 ひょっとして…。

恥ずべきことですよ。

これは ちょっと
掘れば 掘るほど 魅力を感じる。

ですよね。

[マツコも とりこになるほど…]

[上田選手]

[さらに テレビ初出しの…]

もっと 謎めいた行動も…。
これより 謎めいてるの!?

でも ここで 言っていいのかな?
っていう あれなんですけど…。

ていうか つまりは
まだ 誰も知らない状態ですか。

ほう!

(上田)そうですね。
これは 痛いな。

言ってないねや 世間に。
(上田)そうですね。 コロナで

なかなか
発表しづらいところもあって…。

うわ~!
だから…。

なるほど。 『アウト×デラックス』で
発表することになった。

引退後に。

あっ 奥さん?
(美央里)初めまして。

(美央里)そうなんですよ。

[実は 結婚していた 上田選手]

[こちらの 美人な…]

愛知の人なんですけど…。

奥さんが?
(上田)はい。 何かの番組で…。

ローカル番組?
(上田)東海テレビの番組だった。

(上田)一瞬だけ映って
えっ! って思って

すぐ 番組表で調べて…。
名前を。

(上田)
名前 出てなかったんですけど…。

(上田)電話をして
今 こういう番組があって…。

すげえな! 行動力。

たぶん 彼女が出てると
思うんですけど ちょっと…。

(上田)そっから…。

その時期が ちょうど…。

いや もう ホント…。

すごいな。

すげえわ。 これ すげえ。
うわ~!

そっち!?

その10秒で つかまったんやな。
で 連絡して 何と

連絡先を知ることができた。

[その後も 愛知に出向き
アピールし続けていたところ

ある日…]

(上田)LINEのやりとりのときに…。

て言われたんですよ 僕。

マーキングですよ。
マーキングね。

(上田)そんときに 僕
ホント 意味 分からなくて。

どう捉えた? どう捉えた?

みたいな
出てくるじゃないですか。

て思っちゃって。
何てことを! 好きな女性に。

ひでえな こいつ!

俺も ひどいけど
こいつは もっと ひどいわ。

(上田)でも そんなこと
言えないんで 女の子の友達に

これ どういうこと?
って言ったら…。

教えてもらって
そういうことか! と思って

告白したんですけど。
危なかった。

しかも 四つんばいで 片脚を
上げてっていうアドバイスが くるから。

しまいには 友達が 実技でね…。
「こうやって やるんだよ」って。

奥さんは…。

(美央里)東海テレビさんの
ちょっとした番組の

リポーターだったり。 あと 一応
モデル事務所には 所属してて。

(美央里)ホント 愛知県で…。
じゃあ リポーターとか そういうのを

やってて それを たまたま…。
(美央里)たまたま…。

マスクっていうのは この
ご時世ですけど… いいですか?

いや でも…。

上田さんの…。

マーキングされた女だって
なるからね。

それは お任せしよう。
どうですか?

やっぱり 嫌なのよ!

せめて 隠させてください! って。
せめて ここだけは! っていうね。

せっかくですから ヤクルトスワローズに…。
絶対 ヤクルトの経営陣

この番組 見てないと思います。

[交際中 野球選手だった彼が…]

奥さま 戦力外通告になったって
どういう気持ちでした?

(美央里)
びっくりでしたね。 私も…。

(美央里)まさか…。

悲しいよね。

(美央里)誰でも なれるような世界
ではないですし そこで 14年間

頑張れたっていうのは
すごいことなので。

すごい…。

この人。

いや いいですよね。
ここまで フォロー…。

せっかくですからね…。

「ヤクルトスワローズに 一言」!?

やっぱりね。 今日 見てるかも
しれませんから 関係者の方が。

どうつながるか 分からんしな。
今日 見てね あんな面白い選手

手放したら もったいない
と思ったかもしれません。

嘘?
見てないわよ!

嘘や!

じゃあ つながる… ちょっと
薄いけども 思いの丈をね

言っていただければ。

[スワローズの皆さん
見ててくれ!]

スワローズに戻りたいと
思っているので…。

…ファミリーとかに
入れてもらえないの?

14年間 ホントに

僕みたいな ふざけたやつを

育ててくれて ホントに
ありがとうございました。

(上田)また スワローズに戻りたい
と思っているので…。

あっ。
おっ。

よかったら お願いします。

今んとこは 片思いやけどね。

ちょっと オーナーさんに
言っといたら?

アピール。
戻りたいっていう気持ちをね。

現役時代は そんなに
戦力になれなかったので

次は 戦力になれるように
頑張りますので。

つば九郎ファミリーとかに
入れてもらえないの?

何か 家族いるからさ 1人ぐらい
こういうのが 入ってても…。

羽だけ付けとけば
何か 紛れ込めそうじゃない?

[『アウト×デラックス』は…]