1億3000万人のSHOWチャンネル【松岡昌宏が寺修行へ!梅沢富美男ラーメン】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

1億3000万人のSHOWチャンネル【松岡昌宏が寺修行へ!梅沢富美男ラーメン】[字]

坊主頭の松岡昌宏が寺修行へ!▽梅沢富美男は芸能界引退後の夢?ラーメン屋に弟子入り▽ハリセン春菜の「○○じゃねーよ」が大集合!▽木村昴コーラの中身は何なのか調査!

出演者
【MC】櫻井翔
【企画担当ゲスト】松岡昌宏、梅沢富美男、ハリセンボン、木村昴
【STゲスト】羽鳥慎一、小峠英二、ミキ
番組内容
TOKIO松岡昌宏が坊主頭で寺修行!瞑想・火渡りなど自称1080の煩悩を持つ男松岡の荒行の結末はいかに‥▽梅沢富美男70歳、芸能界を引退したらラーメン屋に‥手打ち麺・チャーシューなど究極の醤油ラーメン作りに挑戦▽ハリセンボン春菜の「○○じゃねーよ」を検証!あえて寄せたら誰に一番似るのか?はるかの重機への熱烈愛告白!▽木村昴の疑問!コーラは何からできている?自家製コーラ作りに挑戦!果たしてお味は?
制作
【演出】古立善之
【プロデューサー】國谷茉莉・宮崎慶洋
【チーフプロデューサー】江成真二

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタジオ
  2. 梅沢
  3. 近藤
  4. 小峠
  5. 櫻井
  6. 木村
  7. 松岡
  8. スゴ
  9. 本当
  10. ハハハハ
  11. お願い
  12. スタッフ
  13. 箕輪
  14. 小林
  15. 川名
  16. コーラ
  17. 時間
  18. 先達
  19. チャーシュー
  20. ラーメン

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(松岡) 火渡り?

(川名さん) とにかく
パラパラになるように。

(梅沢) 何 言ってんの そんな…。

<ハリセンボン・春菜…>

♬~ It’s a little bit funny

<みんなの「やりたい」で作る
全国民参加型バラエティー>

(櫻井) 『1億3000万人の
SHOWチャンネル』!

(羽鳥)
よっ! 『SHOWチャンネル』!

よろしくお願いいたします。
局長!

ありがとう!
さぁ それでは
本日のゲスト お呼びしましょう。

こちらの方です お願いします。

おいっす!
こんにちは! こんにちは!

どうぞ こちらへ。
はい 失礼します。

改めて ご紹介します。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

いやぁ~ 来ていただきました
本当に あの

正月のTOKIOの番組に
出させていただいたときにも

ちょっと
この番組の話なんかもして。

やりとりして。
そんなことまで

やってくれたんですか?
そうよ!

さぁ そんな松岡君ですけれども
まずは こちらです。

(近藤) ハハハハ…!
いやぁ~ これ もう…。

要は 去年の2月で…。

(亜生) 「iモード」
久しぶりに聞いたな!

(小峠) ハハハハ…!

それこそ コロナで いよいよ…。

そっか
打ち合わせとかもそうだし。

それで。
スマホに替えて…。

見れるでしょ
ガラケーでも見られる…。

しばらく見れなかったよ
もう ガラケー…。

それで…。

分かります 分かります。

そう それがスゲェじゃん。

いやいや…。

(小峠) …どっちかだね。
ただ やっぱ…。

ハハハハ…! 振動 強いからね。

細かすぎる?
そう。

フルで…。

(小峠) 大体 「バイブ」ですよ。
そうですね。

写真 楽っすね!
そうですよね。

(近藤) 「キレイ」 そっか。
じゃあ 結果として

あれだけ替えなかったけど…。

(笑い)
(近藤) じゃあ よかった。

さらに こんな最新情報もあります
こちらです。

そうですね。

毎年… もう4年か。
珍しいですよね。

(小峠) 確かにね。
そうなの そのたんびにね

「お前 何かやったの?」
みたいなこと 言われる…。

何もやってないんだよね。

そうそうそう!
羽鳥さん 坊主頭のとき ある?

中学 高校 ずっと坊主頭で。
小峠さんは 坊主はいつから?

坊主っていうか もう
俺のは ちょっと

こっちは…。

「死滅組」?
ちょっと違う…。

坊主とは
またちょっと違うけどね。

何の瞬間で 何きっかけで
そうしようと思ったんですか?

(笑い)
(小峠) 他 ないでしょ。

お兄ちゃんは?

(昴生) なんか…。

僕 なんか 坊主にしたら。
スゴく悪いことしたみたいに

なっちゃうってこと?
(昴生) なんか うん…。

(笑い)
どっちが?

ちょっと待って。

ごめんなさい!
この流れで回ってきて…。

うちの城島だって…。

「難しいですよね」って何だよ。
(亜生) 「難しいですよね」…。

ちなみに 松岡君の
今回 やりたい企画というのが…。

そうそう 今
ちょうど 坊主頭なんで。

ちょっと 以前から
興味あったことがあったんで

せっかくだから
「何でもいい」って言われたんで

やらせていただきました
では こちらを ご覧ください。

ちょっと…。

(スタッフ) 禅?
はい。

まぁ 大体…。

…ぐらいあるもんですから。
(スタッフ) だいぶ 煩悩まみれですね。

本当に…。

このへんで 1回…。

…みたいなことが
できればいいなと。

自分は もう テレビとかでしか
拝見したことないですけど…。

…しっかりと時間をかけて
いただくとか。

(スタッフ) ちょっと
調べたんですけど やっぱり…。

そうですね。

あんまり 僕の中に…。

それで 城島は…。

…を やってるので。

意外と じゃあ…。

何でもやってるイメージあるけど

でも
どっか カメラ回ると
われわれ… あるじゃないですか。

そうですね。

ガチで 本当にリアルに
やってみたかったんですよ。

お兄ちゃん
やったことあるんですか?

お前…!
どうしたんですか?

(近藤) 何かあったの?
今日は 別に…。

みんな 親戚じゃねぇぞ。

さぁ それではまいりましょう
松岡昌宏企画 こちらです。

さぁ VTRです ご覧ください。

<修行の場となるのは…>

<指導してくれるのは…>

(村上さん) いや うんとね
修行ということですので

「先達」と 呼んでください。
「先達」?

「先達」。
「先達さん」とお呼びすれば…?

「先達」。

「先達!」ってことですよね?
あっ…!

そりゃあ そうですよね。
(スタジオ:櫻井) 厳しいんだ。

(スタジオ:近藤) 結構 ピリっと…。

(スタジオ:近藤) あら! スゴい!
はい。

いや なんかね やっぱり

こういうものを
着させてもらうと ちょっと…。

なんか もう少し われわれは

修行僧というか
一休さんというか

そういうものの形なのかと
思いましたけど

こういった きちっとした

本当 修行の格好だっていうのを
初めて着させてもらったんで…。

じゃあ まず…。

「止観」っていうね 「止める」
「観想」の「観」っていうんだけど

やることは同じです
広く言えば「瞑想」だな。

そういった修行です。

じゃあ 座ってよろしいですか?
これ 形は 正座…?

形はね まぁ 本来
正座がいいんだけれども

ここを絞ってるじゃん
だから あぐら…

座ってください。
こちらでよろしいですか?

そうだね はい 今…。

これは 曹洞宗 臨済宗
黄檗宗が やってるのを

指して言う言葉。

まぁ あらかたなんで。
なるほど。

天台宗 あるいは 真言宗なども
やってるんだけども

名前も違う…
「座禅」とは呼んでないし。

なるほど 宗派によって
言い方が違うんですね。

あぁ~ なるほど。

<さらに 「警策」と呼ばれる棒で
たたくのも

曹洞宗などの禅宗で
行われているもの>

これは 「端座思実相」という。

「端座思実相」?
うん。

多くの悩み事 苦しみ

そういうものは
そういった一種の偏見だな。

だから 自分の まず
生い立ちっていうものを

検証してみよう。

時間は 大体 90分ぐらいを
目安にしてください。

(スタジオ:櫻井) 90分もやるの?
(スタジオ:木村) そんな長く

やるんですね。

(スタジオ:近藤) うわっ 似合うな。
(スタジオ:羽鳥) 格好いい。

(スタジオ:櫻井)
いやぁ~ これ できないな。

(スタジオ:近藤)
これ90分 スゴいですね。

(スタジオ:松岡)
これ スタッフも修行だからね。

(スタジオ:松岡)
やることないんだもん。

(スタジオ:小峠) そっか。
(スタジオ:近藤) 確かに 90分間…。

(スタジオ:小峠)
ハハハハ…!

<あのおしゃべりな
松岡昌宏が

カメラが回っている中…>

<…という 驚異のロケ>

<驚くべきは その…>

<早送りにしても ほぼ…>

<スタッフ全員…>

(スタジオ:羽鳥) 確かに 90分
変わんないんですもんね。

う~ん… なんか…。

それでいいと思う。
…ことでしたね。

たぶん…。

そうですね 30分… だから…。

うん。

ありましたね
一番びっくりしたのは 自分が…。

例えば?

大人になってて…
よく考えてみたら

俺 別に そんなに…。

そんなことを なんか 思いながら。

こういうの たま~にあると
いいなと思いますね。

それが…。

はい ありがとうございます。

続きましては…。

これは 大事な…。

<いただくのは…>

<…を使った精進料理>

<こちらでは
肉 魚 卵などをはじめ

にんにくやニラ ネギなどの
精のつく食材も

使用しないメニューに
なっている>

お願いします。

あぁ~ 全部
いただいていいんですか?

食べなきゃいけない… はい。
もう1つは…。

えっ?
俺より早く食え。

そうです。

はい もちろん… もちろんです。
だから…。

あっ そうか 先にいただいて
片付けをしなきゃいけない…。

そういうこと。
なるほど なるほど。

いただきます。
いただきます。

なんか われわれの
勝手なイメージだと

ねっ なんか あんまり…。

そのとき いろいろな
まぁ 世間話なんだけど…。

なるほど。

いやぁ~ 多かったな。

いやぁ~ 料理っていうのは…。

あっ そうなんですか?

子どもね ここから…。

あぁ そういうことですか。

いやいや いやいや…。
ファンだっていうからさ

「じゃあ 来いよ」っつってさ。

えっ どんな?
乗りますよ。

そうです 今日は修行でした。

次は…。

火渡り?
はい 火渡りというのは…。

われわれには 煩悩ってあるよね。
あります。

誰にもあるよね
そういうものを…。

あぁ~ なるほど。
…ことが原点。

実際には…。

熱いよ たぶん 今まで…。

あっ…。
(スタッフ) あの~…。

そういうことじゃないと思います。

あなた… あなた…。

(スタジオ:櫻井) でも
実際にやるものなんですよね?

(スタジオ:松岡) やるものなのよ。

<清めの儀式を行ったところで

いよいよ…>

(スタジオ:櫻井) これ 結構スゴいな。
(スタジオ:木村) スゴっ!

(スタジオ:木村) いやっ…! えぇ~!
(スタジオ:小峠) スゴい火!

<これこそ われわれが求めてきた
テレビ的な映像>

<目の前で巻き上がる炎を見て

緊張感が増してきている松岡>

<火が落ち着いたところで
いよいよ…>

<渡る道は 炎さえないが

赤々とした炭で かなりの高温>

<まずは…>

ハッ!

(スタジオ:近藤) えっ! えぇ~…!

<跳ねるように渡らなければ
やけどは必至>

<そして
いよいよ…>

(スタジオ:櫻井) いやいや いくんだ!
スゲェな マジで!

(スタジオ:近藤) えぇ~! マジで?
(スタジオ:櫻井) スゲェ!

<見事 火の上を渡りきっている>

<松岡 緊張のあまり…>

<気を取り直して…>

(スタジオ:近藤) もう1回?

(スタジオ:羽鳥) うわうわ…!

<松岡 最後の1歩で
火をまともに踏む>

<それでも なんとかやり遂げた>

(スタッフ) いかがでした?
いや だから…。

初めて見ましたし。

…と思って。

(村上さん)
半分も落ちたんだ スゴいね。

これで…。

いやぁ~ なんか 最初
テレビ的にどうだみたいなこと

言ってたけど 最後 ヤバいですね。
実は カットされてるけど

1時間ぐらい儀式があるの
いろんな… 弓を撃ったり

いろんなことがあって
バ~って燃えて

いきなり 先達がバ~って行くから
「今 行くんだ? もう」みたいな。

えぇ~!
(小峠) 松岡さん あれ…。

熱くないの?
全く! だから 1時間

2度か3度の所にいるから
もう…。

あぁ~!
だから もう…。

でも…。

(近藤) えぇ~!
お兄ちゃんは 今日 いいですよね。

ここは?
一応 考えてたけど 正直…。

続いての企画です 企画担当は
梅沢富美男さんです。

よろしくお願いします。
お願いします。

さぁ 梅沢さん 今 あることを
真剣に考えているそうです。

こちらです。

梅沢さんって 今 おいくつ…?

えぇ~!

いや そっか。

(笑い)

ちょっと待ちなさいよ。
さぁ 梅沢さんですけれども

老後は
2つのことをやるそうです。

まずは こちら。

最高じゃないですか。
最高ですけど動物のイメージが…。

俺ね 裸族なのよ
できれば 裸でいたいの。

(梅沢) だから 寝るときは
もう 私は全裸ですよ。

俺 夢は…。

ハハハハ…!
それは夢ですね 確かに。

(小峠) いやぁ~ そうですよ。

動物に囲まれてっていうのは
じゃあ 裸になる以外にも

じゃあ 例えば何だろう?
他にも 牛だとか

なんか いろんな動物…。
牛も好きよ 馬も好きだし。

あっ そうなんですか。

(梅沢) だから できれば
北海道なり 沖縄なり行って

そういう 動物に囲まれて…。

広い土地で?
広い土地で。

(梅沢) 何? その…。

いやらしい顔してないです!

櫻井君…。

さぁ そして
もう1つ こちらです。

えぇ~! これ あながち
できそうっちゃできそう…。

こんなに長く ほら テレビとか

それから 舞台とか
やれると思わなかったし

ほら 全然…。

成り上がりだから。
(小峠) 何年に一度でしたっけ?

お前 長い間
仕事 一緒にやってるだろ!

300年に一度って
ちょっと 俺…。

(小峠) 誰が言ってるんですか?

(近藤) 死んでますからね
300年前の人。

あぁ~ もう 好きなの決まって…。
私は…。

そんなにも こだわってるんだ。
もう あれをね 作りたくて。

本当は ラーメン屋のおやじに
なりたかったのよ。

へぇ~!

もちろん… 何?

ハハハハ…!
(梅沢) こうやるんだよ。

下半身に近く こうなるんだよ。
(近藤) ハハハハ…!

(小峠)
湯切りどうこうじゃねぇよ。

<今回の…>

大丈夫か?

(スタジオ:櫻井) えぇ~!

(スタジオ:小峠)
はぁ~! こんな住宅街。

<口は悪い梅沢だが…>

(川名さん) はじめまして。
(梅沢) どうも はじめまして。

<手打ちラーメンの名店…>

<実は ここ
国産小麦を使った手打ち麺が

とにかくうまいと評判>

<ラーメン好きの間で
知らない人はいないほど>

<そんな名店が 5000円で教える
ラーメン教室は

おうちで
プロの味が出せると話題>

<手打ち麺を そのままで食べる>

(梅沢) 生まれて初めて
そんな ラーメンの麺を

こうやって食べるっていう。
(スタジオ:櫻井) 麺を味わうんだ。

(川名さん)
ありがとうございます。

俺ね 何が嫌いってね…。

…とか言うやつ。

いつも思うの。

(梅沢) 味がね 非常にやわらかい
歯応えもいいね。

(梅沢) えぇ~!
(スタジオ:櫻井) 格好いい。

<それでは…>

(スタジオ:櫻井) 教えはするけどね。

似合うだろ?

役者っていうのは…。

<というわけで…>

<というわけで…>

<まずは…>

<もちろん 入念に…>

<小麦粉は
強力粉と全粒粉を4対1>

<生地が…>

(スタッフ) 結構…。

(笑い)

<塩と重曹を入れた水を
2回に分けて加え

ダマにならないよう
優しく かき混ぜる>

(梅沢) 何 言ってんの そんな…。

(笑い)
(スタジオ:櫻井) 語尾!

<15分ほどで パラパラに>

<この状態で…>

<その2時間で…>

<基本となる鶏ガラスープの
材料は これだけ>

<こだわりたいのは
鶏ガラの掃除>

<内臓を丁寧に取ることで
雑味がないスープとなる>

こういうところを…。

そうすると…。

だから…。

(笑い)

<大きめの鍋に
水 3.5リットルと

材料を入れ…>

<さらに 煮干しと昆布で
魚介のだしを取る>

(梅沢) なるほど! ってことは
合わせスープ?

(川名さん)
そうですね ダブルの…。

(梅沢) なるほど!
じゃあ おいしいわ。

(川名さん) 1リットルのお水に
その分量を入れていただいて。

(梅沢) これ おだし取るときも
いつも言うんですけどね

僕は ほら…。

<このなりで 梅沢…>

後から聞いたんだけど…。

ただ…。

(梅沢) 昔のおやじって
みんな そうなんだよ。

だから 俺も…。

(笑い)

<一方 具材も簡単に作れる>

<まずは チャーシュー>

<縛った豚肩肉と
バラ肉の表面に

軽く 焼き目をつける>

<これを
先ほどの鶏ガラスープに>

<こうすることで 豚のうま味が
スープに加わる>

<1時間ほど煮込んだら
たれを入れた圧力鍋で加熱>

<短時間で 味を
染み込ませることができる>

オープン!
<ご覧ください>

<ふっくらジューシーな
チャーシューが完成>

<さらに
市販の水煮メンマも

先ほどの鶏ガラスープと醤油で
煮詰めるだけで

簡単に 自家製メンマとなる>

それで 最後に言えばいい。

ハハハハ…!

いろんなことが起きるのよ。

そういう…。

俺が名言 吐いただろ。

(笑い)

<ラーメン作りも佳境となる…>

<2時間寝かせた生地を
まとめたら 丈夫な袋の中へ>

(スタジオ:梅沢) これ 大変だった。

<あとは
生地が沈まなくなるまで

ひたすら 踏み続ける>

夢だったから 究極のラーメンを
作りたいっていうのが。

<…を掲げていたが>

<実は 梅沢 ラーメンに
あるこだわりが>

(梅沢) 俺は…。

醤油だって…。

背脂入って
なんていうのがあるけど。

あれを…。

おぉ~!

<生地を丸め
1人前ずつ切り分けたら

薄く延ばす>

パスタマシンでもいいんですか?
(川名さん) はい 大丈夫です。

<こんなに簡単に
うまい麺が出来る>

<製麺後は…>

<麺を軽く握れば
ちぢれ麺にすることもできる>

<いよいよ…>

<鶏ガラスープと
魚介スープの割合は2対1>

<あとは 醤油を入れるだけ>

<お店では
2種類をブレンドしているが

お好みの醤油を使用すればOK>

<スープを温め始めたら
たっぷりのお湯に麺を投入>

(川名さん) 入れたら 大体
1分半ぐらいがいいと思います。

(梅沢) あとは もう…。

<さすが 梅沢 流れるような
見事な手さばきで

ラーメンを作る>

<…もトッピング>

ラーメン夢芝居の完成です。
(スタジオ:羽鳥) おぉ~! スゴ~い!

<難しい技や特殊な素材は
一切なし>

屈託ないご意見を。
はい では ちょうだいします。

いただきます。
いただきます。

おかみさん…。

これ…。

(笑い)

いい感じですね。

醤油です!

<梅沢一番のお気に入りが これ>

(スタジオ:櫻井) チャーシュー。

(笑い)

これは うまい!
(川名さん) 終了。

この醤油ラーメン
ちょっと 食べてほしい。

<では スタジオの皆さんも…>

それでは 私が作りました
特製のラーメン夢芝居

ぜひ ご賞味いただきたいと
思っております。

どうぞ どうぞ!
いただきます。

気を付けて。

ちぎったら殴るって 何ですか?
(梅沢) ラーメン

歯でちぎったりなんか
しやがったら。

その長さに作ってあるんだから。

お願いしますよ。
これ まず…。

(梅沢) おいしいでしょ?
あっ これ うまいわ!

(梅沢) いけるでしょ?
最高ですね!

(近藤) おいしい!
なんか 懐かしい。

いいか?

ちょうど食いやすい長さに
してあるんだ。

ツルっといけ! ツルっと。
麺も これ

梅沢さんが作ったやつですか?
(梅沢) そうですよ。

麺も 私が打ったんです。
おいしい!

麺そのものの味も
あるんでしょうけど

なんか 味がスゴい染みてる
スープの。

(近藤) チャーシュー ヤバい。
(梅沢) うまいでしょ?

…と 名前付けてちょうだいよ。
(近藤) チャーシューのトミー?

(梅沢) うまいでしょ?
チャーシュー うまい!

俺 自分で作って
びっくりしたもん。

やっぱりね…。

時間との闘いだから あんまり…。

骨から。
改めて やっぱり…。

やっぱり このね 幸楽でも作り…。

(笑い)

続いて 木村 昴さんの企画です。
(木村) はい。

今回はですね…。

僕 行ってまいりました
たぶんね 皆さんも

絶対好きだと思う
あるものなんですけれども。

…が結構きてる。
本当ですか?

僕が気になってたのと
同じやつですか?

なんだ もう 同じこと考えてる…。

心の友!
さすがだな。

<アニメ『ドラえもん』の…>

♪~ 声を出して KEEP ON MOVIN’

<2017年からは
ヒプノシスマイクの一員として

アーティストとしても活躍中>

…ぐらい コーラが好きです。

<そんな…>

いや だってさ…。

こうなったら。

<木村 昴企画…>

確かに 言われてみれば。

…っていうのを調べてきました。
めちゃめちゃ面白そう。

勉強になるね。
勉強になる。

おぉ~!

(小林さん) こんにちは。

(小林さん)
よろしくお願いします。

ここですね。

(木村) スパイスのお店?

5種類?

<まずは…>

<手に取ったのは
チャイなどに使われる…>

グリーンカルダモン
におい かいでみますね。

(小林さん) 貼ってないです。
(木村) いきます。

なんか ちょっと こう…。

(小林さん) 入って…。

…ます。
よし!

入ってます。
<その後も シナモン

ナツメグと 次々と当てる>

ブン ブン ブ~ン!

<残るスパイスは2つ>

<と ここで目を付けたのが…>

スターアニス? やっぱ…。

それがコーラ。

コーラに
スターアニス入ってますか?

ないんかい!
(小林さん) ないです。

<と ここで…>

<残る2つは バニラビーンズと

肉料理の臭み消しにも使われる
クローブ>

<スパイスの他に使うのは…>

<さぁ どうやって作るのか?>

<まずは 皆さんおなじみ…>

2本 一気に… ウィ~!

<続いて…>

(木村) 結構 硬いですね。
<さらに…>

<バニラビーンズは
香りの核である種を

包丁の背で しごき出す>

<最後は…>

これも 香り 素晴らしいですね。
(小林さん) 素晴らしいです これ。

<このナツメグ…>

(小林さん)
ある程度の厚さで大丈夫です。

<そして…>

<きび糖 グラニュー糖 水が
入った鍋に…>

(木村) おぉ~… よっしゃ~!

DJ コーラ小林
スピン ザ シット!

(小林さん) ドゥク ドゥク…。
(木村) イエア!

♪~

プププププ… プ~ン!

(木村) 「沸騰してきたんで」?

<火を止め
バニラビーンズを入れる>

うわっ 本当だ! もう…。

いただきます。
(スタジオ:松岡) 色 出てるね 少し。

(スタジオ:櫻井) どうだ?

分かりました。
<これを 火にかけると…>

うわっ! あっ 本当だ!

(木村) これが…。

<そう このカラメルこそが
あの…>

<ここまで 作業時間は…>

(木村) ワオ ワオ ワオ…。
(スタジオ:松岡) スゲェ!

(木村) プププププ… プ~ン!

ちょっと 改めて ご覧ください
皆さん。

(木村) よいしょ!
<あとは グラスに入れて

炭酸水と
1対3で割ったら 完成>

<それでは…>

さぁ ということで スタジオに
コーラを用意いたしました。

どうですか? 見た目は もう

完全にコーラですよね。
(近藤) コーラですね。

(木村) お召し上がりください
どうぞ!

(木村) そう! その感じですね。
(昴生) 確かに 駄菓子屋のコーラ。

あっ!
うん?

(近藤) とっても。
小峠さん ずっと言ってるよ。

(木村) 本当ですか? よかった!

(亜生) やりすぎてる。
(小峠) だって

友達んち 行ってさ…。

えぇ~!ってなって。
しかも…。

これ スゴいよ!
取りあえず…。

さぁ 続いて
企画 考えてくれたのは

ハリセンボンのお二人です
お願いします。

(箕輪) 今回 私たちが
やりたい企画は

春菜の…。

スゴい似てるなと思う人と

そんなに似てないんじゃない?
っていう人が 結構いるんです。

幅がある?
(箕輪) はい。

だって こういうのってね…。

定義を作るとね。
(近藤) 定義を作られると。

いや これで…。

(笑い)
(昴生) 言い方。

あぁ~…。
(箕輪) へぇ~。

…ところもあるんですけどね。

<「じゃねーよ」シリーズの
特徴は

性別は問わず
丸顔 眼鏡 ぽっちゃり系>

(スタッフ) ちなみに…。

これはね…。

(箕輪) 確かにね。

<今回は 春菜が
いけそうだと思うものを

いろいろ試し その中の…>

<今回は 春菜が
いけそうだと思うものを

いろいろ試し その中の…>

<まずは…>

♬~ (スタジオ:櫻井)
似てるんだよな。

♬~
(スタジオ:近藤) 第4位か。

♬~
(スタジオ:亜生) ハハハハ…!

♬~

(箕輪) スゴいね。

<続いて…>

(スタジオ:松岡)
これは なんか 分かるね。

♬~

♬~
(スタジオ:櫻井)
マジ これ 何やってる…?

♬~

♬~
(スタジオ:近藤)
自分でも分かんない…。

♬~

♬~
(箕輪) いいよ。
(近藤) いい?

ステラおばさんには 本当…。

私 生涯無料券 頂いてたりとか。
(スタッフ) そうなんですか。

スゴい量 送っていただいて…。

(笑い)
(スタジオ:櫻井) 本当だ。

<ところで…>

<はるかは…>

あぁ~ あった! ASTACO!

<実は 重機が大好きで
運転もできる はるか>

<特に
一度 運転してみたかったのが

2本の腕を持つ重機…>

(箕輪) これだよ これ!

<この重機を使って…>

<まずは
けんを付けた鉄パイプをセット>

<繊細な作業が要求される>

(ひびが入る音)
(スタジオ:近藤) あぁ~!

<キャッチしたら
玉を けんの上へ>

<さぁ はるか いけるか?>

はい いきます。

(つぶれる音)

(箕輪) しまった!

<一方 春菜の…>

♬~ 『Your Song』

♬~

♬~ It’s a little bit funny

♬~ this feeling inside

知らない 知らないもん だって。

<そして 栄えある…>

♬~ (スタジオ:松岡) 久々に見たね。
(スタジオ:櫻井) 1位なんだ。

♬~
(スタジオ:近藤) そうなんですよ。

♬~
(スタジオ:松岡)
卓造さんじゃないんだね。

♬~
(スタジオ:櫻井) 確かに。

♬~

♬~
(スタジオ:亜生) もう ちょっと…。
(スタジオ:小峠) もう似てるな。

♬~
(スタジオ:亜生) 本人ちゃうの?
(スタジオ:小峠) これは似てるよ。

♬~
(スタジオ:松岡) あぁ~! 似てるね。
(スタジオ:小峠) 似てるわ。

(箕輪) 完璧です スゴい!

ハハハハ…!

(笑い)

さぁ それでは 最後に
松岡君から お知らせです。

5月の6日から
新国立劇場 小劇場のほうで

『東京ゴッドファーザーズ』
というですね

舞台 やらせていただきます
共演させていただくのは

マキタスポーツさんと夏子さんと
他にも いらっしゃるんですけど。

元ドラァグクイーンの役で
ずっと女装してますね 最後まで。

ぜひ 劇場に足を運んでください
よろしくお願いします。

<次回の…>

変な… 変な人だ。

(一同) おぉ~!
≪格好いい~!≫

スリー ツー ワン…。

(笑い)

<さらに…>

<次回も お楽しみに>

<この番組は
TVerで無料配信>

<詳しくは 「ティーバー」で検索>