幸せ!ボンビーガール[字]恋に踏み出せない秘密を抱える男女6人の恋物語…完結編…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

幸せ!ボンビーガール[字]恋に踏み出せない秘密を抱える男女6人の恋物語…完結編

ボンビーな秘密を抱え恋に踏み出せない男女6人の7日間限定恋物語!先に進むにはボンビーな秘密を告白「こんな私でも好きになってくれますか?」相手は受け入れられる?

出演者
【進行】DAIGO、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
【ボンビーファミリー】劇団ひとり、植松晃士、杉村太蔵、ハリセンボン、森泉
【スタジオゲスト】鈴木伸之、ラランド、若槻千夏
番組内容
夢の為の極貧生活…借金…コンプレックス…様々な秘密を抱え恋に踏み出せずにいる男女顔も声も知らない相手とスマホで恋人探し!期間は7日…相手との恋を進展させたければ誰にも言えなかったボンビーな秘密を告白!「こんな私でも好きになってくれますか?」はたしてカップル成立なるか?完結編▽劇団ひとり激怒!?フリー芸人ラランドが事務所の名前を報告▽スタイル抜群の超人気女優!餃子の匂いだけでご飯を食べたボンビー過去
監督・演出
【演出】新井万季
【統括プロデューサー】島田総一郎
制作
【制作協力】クリエイティブ30、ザ・ワークス、ランブルビー
おしらせ
詳しい内容はコチラへ!
http://www.ntv.co.jp/bonbi/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. コウ
  2. スタジオ
  3. ゲスト
  4. デート
  5. 若槻
  6. 鈴木
  7. 秘密
  8. ホント
  9. 水卜
  10. DAIGO
  11. コウ君
  12. ヤバ
  13. 借金
  14. お願い
  15. オーディション
  16. コンプレックス
  17. スタッフ
  18. 時間
  19. お金
  20. サーヤ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥1,287 (2021/06/13 22:14:19時点 Amazon調べ-詳細)

<デビュー当時から

多くの人が憧れる
プロポーションの持ち主の…>

<…を受賞>

<映画やドラマの主演は
もちろん…>

(ゲストさん) ハッ!

<…スポーツ万能タイプ>

<興行収入世界一を記録した
ハリウッドアニメでは

ヒロイン役で…>

(水卜) え~ 早っ!

<大手飲料メーカーや
大手化粧品会社をはじめ

今まで出演した
CMは30社以上>

<…なのですが

まだボンビーだった頃の
ゲストさんが

お世話になったという
ミキさんによると…>

…みたいな。

全然。

<と 実は いくつもの逆境と

どん底のボンビー 時代を乗り越えた
苦労人>

<その最初のボンビー体験>

<今や…>

<完璧過ぎる美脚と
抜群のプロポーションで…>

<…ゲストさん>

<中学時代は…>

<でも…>

(ゲストさん)《タ… タカアシガニ?》

<好きだった男子の
心ない ひと言で

身長が一気にコンプレックスに>

<さらに…>

<学校の部活は
バスケ部だったんですが…>

コラ!

(部員たち) はい!

<ただでさえ 高い身長が…>

<でも この つま先立ちが

後々 ゲストさんの助けに>

<そんなゲストさんが…>

<相変わらず 身長がコンプレックスの

ゲストさんでしたが

竹野内 豊さんや
戸田恵梨香さんが

家族が勝手に
オーディションなどに応募して

デビューしたように

ゲストさんのお母さんも…>

<すると…>

<…の中から

見事 グランプリ!>

<当時 ゲストさんが
住んでいたのは

甲子園球場や

福男で有名な神社がある…>

<だったので…>

ダメよ!

(ゲストさん) 何で?

<コンテストに…>

<結婚する時に…>

<でも ゲストさん…>

(ゲストさん) お願い!

<でも…>

<と…>

<引っ越しを
手伝ってくれたのは

芸能界入りを反対していた

お父さん>

<軽トラックを借りて
実家がある兵庫県西宮市から

大阪 名古屋 静岡 東京と

およそ500km>

<引っ越し先に
荷物を入れ終わると…>

これで全部だな?
うん。

(ゲストさん) えっ お父さん
もう帰っちゃうの?

<と 無事 上京したんですが…>

<当時 住んでいたのは…>

<こんな感じのアパート>

<で ゲストさん
テレビやCMのオーディションを

受けまくるんですが…>

<雑誌モデルの仕事は
ちょくちょく あったものの

月収は
どんなに多くても10万円>

<その中から

家賃や光熱費

オーディションへ行く
交通費など払うと

食費も ほとんど残らず>

<今でこそ
ゲストさんの食事は

体に気を使っていて
おしゃれで美容に良さそう

…と
こぞってマネされるんですが

当時は…>

(ゲストさん) は~い。

(母親の声)
「援助はしない約束だけど

せめて お米と

あなたの好きな
梅干しだけ送るね

母より」。

<おかずを買うお金も
なかったので

ごはんは ほぼ これだけ>

<でも さすがに
梅干しと白米だけが続くと…>

<すると…>

(匂いを嗅ぐ音)

(匂いを嗅ぐ音)

<そう ゲストさんが住んでいる

アパートの1階は…>

<そこから上がって来る
匂いをおかずに…>

<…と

0円で お腹を満たしていた>

<そんな…>

<ミキさんによると…>

…みたいな。

何でも…。

<さらに 周りのモデルさんは

服やアクセサリーなど
ファッションは もちろん

住んでいる部屋の
インテリアにも

お金をかけて
おしゃれにしていたんですが

ゲストさんは…>

(ゲストさん) あの…。
(撮影スタッフ) はい。

はい じゃあ…。

<撮影で使い終わった背景の紙

…を家に持ち帰って>

(ゲストさん) うん!

<壁に張って
おしゃれに模様替え>

<と…>

<そんな中…>

<と ついに…>

<ゲストさんのキレイな…>

<そう!>

コラ!

<…の おかげ>

<ちなみに ゲストさん…>

<を続けているので…>

<で その美脚で勝ち取った
CM撮影へ

臨んだんですが…>

<オーディションで
決まったのは…>

<さらに その状態のままで半日>

<しかも 一切…>

<それでも…>

<オーディションを
受け続けること…>

<ゲストさんに…>

おい。

(ゲストさん) えっ。

<それは

フジテレビで放送していた…>

<ゲストさんの出番は

また 脚だけ

…じゃなくて>

<今度は
セリフもあったんですが…>

<だけなのに…>

<…と そのシーンが反響を呼び

3か月後には…>

<木村拓哉さん主演の

「月9」に抜てき>

<映画 ドラマ 舞台の主演は
もちろん

大手飲料メーカーや
大手化粧品会社など

今まで出演した
CMは30社以上>

<…と マルチに活躍>

<そんなゲストさん 皆さん

誰だか 分かりましたか?>

(拍手)

知りませんでした。

匂い嗅ぎながら
米 食べるっていうのは…。

(ニシダ) 芸人のね。
(サーヤ) モデルさんとか女優さん

…ってことですもんね?
(DAIGO) はい。

(ニシダ) 木村拓哉さんと
ドラマやってたイメージ。

(DAIGO)
なるほどね はい はい はい。

(笑い)

(春菜) 中学3年間
バスケ部なんですよ。

(DAIGO) というか…。

それでは
ご登場いただきましょう!

本日のスペシャルボンビーゲスト さんは
この方で~す!

今夜のスペシャルボンビーゲスト は

藤原紀香さんで~す!

(DAIGO) すご~い!

(拍手)

ちなみに その…。

(藤原)
ミス日本グランプリ大会でした。

(藤原) 若い! めちゃくちゃ
若いですけど。

キレ~イ!

全部
自分で出して行きなさい
っていうところから始まって…。

何か入ってるんじゃないか
って思うんですよ。

何回も何回も
ず~っと記帳してました。

(DAIGO) え~!
はい。

サーヤさん どうですか?
藤原紀香さん。

私 結構…。

…っていうのがあって

こんな…。

そりゃ そうだよね。

(ニシダ) いやいやいや
そんなことないですよ。

さぁ そして ラランドのお2人。

番組内で事務所の物件探しに

密着させていただきましたけど…。

<今まで フリー芸人として

活動して来たラランドが…>

<…の事務所を構えることに!>

(劇団ひとり) 僕ね…。

素晴らしい!

ここはれて。
(森) ここはれて…。

<ラスト陰陽師 橋本京明さんに
よれば…>

評価は こちら!

お~!
98点!

すごい!
(春菜) めちゃくちゃいい!

(DAIGO) これいい!

え~!

(DAIGO)
ひとりさん 超高得点ですよ。

では…。

サーヤさん お願いします。

(サーヤ)
会社名 こちらになりました。

レモンジャムです。

(笑い)

<続いては…>

<今日は
朝から一人でお風呂の掃除>

<数年前までは
お掃除担当の人もいたし

お弁当作りをしてくれる人も
いたけど…>

<今は お母さんと
唯一の従業員の3人だけ>

<創業99年 群馬県にある

ホテルを受け継いだ
ボンビーボーイ…>

(スタッフ) 失礼しま~す。

<さとるさんの
ひいおじいさんが建てた

歴史のあるホテル>

<一見 御曹司のようですが…>

(さとるさん) あそこ…。

(スタッフ) ホントだ 天井がない。

(さとるさん) ちょっと でも…。

(スタッフ) 直すお金がない…。

(スタッフ)
お客さんは いらっしゃらない?

ないです。

ホント そんな感じです。

<数年前までは 15室の客室が
満室になるほど

にぎわっていたことも
ありましたが

コロナの影響もあり
客足は遠のき

創業以来の莫大な借金が…>

<でも さとるさんは
諦めてなくて…>

僕は 一応…。

…やって行きたいなと
思ってるんで。

<だから…>

僕も ずっと…。

<そんな さとるさんの元に…>

(メッセージの受信音)

(さとるさん) え~っ。

マジか~!

<さとるさんに
デートのお誘いをしたのは…>

(もえさん) ヤバっ 送ってもうた。

<京都に住む 大学4年生の
もえさん>

<があり…>

<彼女も 恋に踏み出せない

秘密を抱えている>

<いきなり…>

<SNSの専門家に
アドバイスをもらいながら

番組が貸し出した
スマートフォンで

まずは…>

「群馬から参加する さとるです
28歳です」。

<コンプレックスや
トラウマを抱え

恋に踏み出せない…>

(コウさん) えっ めっちゃ おしゃれ。

<でも 御曹司の さとるさんを

誘った もえさんは

別の男性と…>

(鈴木) え~!

<でも そのお相手は

また 別の女性と…>

<さらに その女性は…>

(さとるさん) 結婚?

え~!

(もえさん) かわいい! ペンギン。

<群馬にあるホテルの御曹司
さとるさんは

焼肉屋さんで
アルバイトをしながら

モデルを目指す もえさんから
誘われたデートで…>

(さとるさん) …というか。

(さとるさん) あの~…
ホテルをやってるじゃん?

(もえさん) うん うん。

(さとるさん) 経営状態的なのも。

(もえさん) うん うん。

(さとるさん) 話しました。

<もえさんも…>

何か 昔…。

<それが ずっと…>

(もえさん) 太ってる時のさぁ
自信のなさがあって。

へぇ~。

(さとるさん) へぇ~!

(もえさん) 相手に言われてから

好きになるみたいな感じで。
なるほどね。

そう 今日も初めて…。

(さとるさん) そうなの? ホントに?
うん うん。

そう。

それは。

(もえさん) ありがとう 今日は。
(さとるさん) うん ありがとね。

<お互い恋に踏み出せない
秘密を打ち明けた

さとるさんと
もえさんだったのですが…>

実は
この さとる君なんですけど

この前の日に 他の女性をデートに
誘っていたことが判明しました!

話 変わって来る。

さとるよ~!

しょうがないです
1人1回 誘えるので

誘われて
今のデートだったんですけど…。

えっ すごい!

<借金を抱えた
ホテル御曹司の さとるさんが

デートに誘ったのは…>

お~!
お~!

直接
会って話してみたくなったので

よかったら
僕とデートしてみませんか?

お返事待ってま~す バイバ~イ。

<借金を抱えた
ホテル御曹司の さとるさんが

デートに誘ったのは…>

この辺?

<彼女は

4年前に 大阪から上京した
しおりんさん>

<と言ってるけど…>

(しおりんさん)
家賃4万8000円です。

(スタッフ) 安い。
(しおりんさん) 安いっすよね。

<でも 彼女もまた

恋に踏み出せない
秘密を抱える一人>

(さとるさん) こんにちは。
(しおりんさん) はじめまして。

<こんな時代だから…>

<もえさんとのデートでは…>

<あまり 話が
盛り上がらなかったのですが…>

(しおりんさん) 何かさぁ。

直接
会って話してみたくなったので

よかったら
僕とデートしてみませんか?

お返事待ってま~す バイバ~イ。

(さとるさん) ハハハ…!

(しおりんさん) あれを思い出すような
感じでした すごく。

フフフ…!

(さとるさん) ハハハハ!

(しおりんさん) おもろ過ぎる。

<ホテル御曹司が抱えている

巨額の借金のことを知らない
しおりんさんは…>

(さとるさん) 結婚?

それは めっちゃ分かる。

(スタジオ:若槻) あら!
(スタジオ:ひとり) あれ~ ちょっと!

<残りの時間は わずか>

<巨額の借金を抱えていること>

(スタジオ:鈴木) 話すのかなぁ?

(さとるさん) ハハハ…!
(しおりんさん) そういう感じやん。

(しおりんさん) アハハハ!

(しおりんさん) うん。

(しおりんさん) ありがとうございます。

(さとるさん) いや~
あっという間でした ホントに。

(しおりんさん) うん。

(しおりんさん) 何か…。

(さとるさん) よかった ホントに。

楽しかった。

(さとるさん) バイバイ。
(しおりんさん) バイバイ。

気を付けてね。
<結局 さとるさんは

莫大な借金を抱えていることを
伝えませんでした>

<一方 その秘密を知らなかった
しおりんさんは…>

(しおりんさん) う~ん。

あれあれ?

僕は思って…
さとる君が しおりさんに対して。

でも…。

さとる君自体…。

トークも。

(鈴木) 自然でしたね。

どうですかね? 水卜さん。
私も…。

(若槻) 確かに。

私はね ホントに…。

え~。

ホントに無口で。

初めてデートした時は 多分
もえちゃんと さとる君ぐらい

絶対 初めてのデートじゃん
みたいな感じだったから…。

ただ 僕はやっぱり…。

自分が…。

まだ多分 浅はかな夢を見ている
ような気もしたんですよ。

お2人のお話を聞いて。
そんなことないですよ。

(笑い)
ごめんなさい。

(若槻) ひとりさんの真顔に
耐えられない。

新たな情報が。

(若槻) アハハ…!
え~‼

今の話 何?
何?

ウソだよね?
ご覧ください。

<夢は…>

<…で食べて行くこと>

<そんな>

(しおりんさん) え~ ヤバっ。

<彼は…>

<コウさん 25歳>

<住んでいるのは…>

<…のせま~いお部屋>

<職業は…>

<一見 モテそうなお仕事なのに
恋に踏み出せない理由は?>

(コウさん) あっ どうも。
(しおりんさん) どうも。

(コウさん) はじめまして。
(しおりんさん) はじめまして。

(コウさん) コウです。
(しおりんさん) しおりんです。

お願いします。
(コウさん) お願いします。

<デートの時間は
1時間しかないので

しおりんさんが選んだ場所は
音楽スタジオ>

<というのも
お互いミュージシャン同士>

<コウさんは 早速ギターを弾く人
あるあるなことを>

(しおりんさん) でも こんなん 普通。

(しおりんさん) そう?
(コウさん) 石だよ 石。

めっちゃ石だよ それ。
(しおりんさん) 石?

(コウさん) ヤバい めっちゃ硬いね。
(しおりんさん) そんな?

(しおりんさんの声) …と思って。

まだ出会って そんな5分ぐらい
しか たってないのに

めっちゃ触って来るから。

こう…。

…っていう感じでした
そっから ずっとです。

≪お待たせいたしました
ご準備できましたので

こちらからご利用ください≫
(しおりんさん) はい お願いします。

<この恋を進めたいと思うなら

恋に踏み出せない秘密を相手に>

(コウさん) めっちゃ広っ!
すごい広いじゃん。

(コウさん) ねっ アハハ すごい。

(しおりんさん) はい アハハ。
(コウさん) 聴きたい。

じゃあ普通に…。

(コウさん) えっ いいの?
(しおりんさん) もちろん。

いいのか? 逆に。

(コウさん) お願いします。
(しおりんさん) ホンマに?

♪~ (しおりんさん) 『手錠をかけて』。

♪~ Ah…いっそ手錠をかけて

♪~ 二度とあたしを離さないで

♪~ もう一緒に居られるなら…

♪~

<大阪の遊園地で
お土産物の販売員としてアルバイト>

<夢は憧れのMISIAさんのように

武道館のステージに立つこと>

♪~ そう、一緒に居られるコト
それが全て あたしの全て

♪~ ありがとう~。

ヤバ~い。

(しおりんさん) じゃあ…。

(コウさん) どうぞとは?

♪~

(スタジオ:鈴木) カッコいい。
♪~ (スタジオ:若槻) カッコいい。

♪~

(スタジオ:ひとり)
♪~ ハハっ ヤバいね これ。

(スタジオ:ひとり)
♪~ これはヤバいよ。

♪~

(コウさん)
みたいな? 何かなかったっけ?
分かんない…。

(コウさん) 分かんないよね ほら
そうなるよね。

(しおりんさん) 分からへんけど。

(コウさん) じゃあ…。

ズッツッタ ツタツタツッタ。
(しおりんさん) うわ~。

(たたく音)
(しおりんさん) ムズっ!

(たたく音)

(コウさん) 多分…。

(一同) わ~!

(コウさん) 多分…。
(スタジオ:一同) わ~!

(コウさん) 交互になる感じ。
(スタジオ:ひとり) 触ってる!

(コウさん) タンタンタン…。
(たたく音)

(しおりんさん) 最後に…。
(たたく音)

(たたく音)

(しおりんさん) あっ こうか!
(コウさん) そうそう。

(コウさん) ナイス。
(しおりんさん) イェ~イ イェイ…。

(しおりんさん)できた。
(コウさん)のみ込み早過ぎなんだけど。

(しおりんさんの声) ドラム
教えてもらったんですけど

後ろから こう来て あの…。

…やられて もう。

あんま…。

頑張りました。

<この恋を進めたいと思うなら
恋に踏み出せない秘密を>

(しおりんさん) ちょっと…。

マスク取って。
(コウさん) うん。

(スタジオ:ひとり) 言うんだ 何か。

こうやって…。

会場費払ったりするし 正直…。

(しおりんさん) …こともあるし。

<武道館を夢見て大阪から上京>

<でも 現実は厳しくて>

<路上ライブで歌い続けても

もらえるお金は せいぜい数百円>

<何とか自腹でスタジオを借りて
CDを制作してみたけど…>

<ちょっとでも
認めてもらえたら

ライブに誘われて
出演料をもらえるけど

しおりんさんは
自腹で会場費を払い

チケットもあまり売れないので

赤字>

(しおりんさん) でも
デッカいアーティストになって

歌をこれからも歌い続けたいし。

気になってます。

その夢を…。

って思うから 全然…。

(コウさん) いや ホント…。

よかった。

ありがとう こちらこそ。

(しおりんさん) 楽しかった。
(スタジオ:ひとり) コウは言わない…。

(スタジオ:ひとり) コウは言わないよ。

(スタジオ:ひとり)
振り返るんだね ちゃんと。

いや コウ君がね…。

はい。

後ろからね 教えてもらって。

手 ねっ? ずっと触られて
無邪気にバイバイされて。

(若槻) 好きになっちゃう。
あれされたら。

(若槻) だって しおりんが
誘ってんだから。

(笑い)

「うんうん」じゃないですよ
鈴木さん。

「うんうん」でいいんですか?

(笑い)
すごい うなずいてるけど。

でもコウ君は また違う人な
わけでしょ きっと。

あぁ! はい コウ君は…。

えぇ~?
(若槻) 誰よ?

「直接 会って
もっと話したいから

僕とデートしてくれませんか?」。

<プロドラマーの…>

(スタジオ:ひとり) あ~!
(スタジオ:若槻) もえちゃん!

(コウさん) 緊張する~。
(スタジオ:水卜) そうだったんだ。

<焼肉屋さんでバイトして

上京資金をためる もえさん

22歳>

<恋に踏み出せない
コンプレックスは…>

<15kg太っていた時に
付けられたあだ名 大福>

<全てに…>

<もえさんは
過去のトラウマを…>

<そしてコウさんは?>

(コウさん) そこ座ろう。
(もえさん) ここ?

(もえさん) ありがとう。

(スタジオ:ひとり) ジェントルだな~。
(スタジオ:水卜) 椅子引いてくれる…。

(もえさん) ありがとう。
(スタジオ:鈴木) モテるよ!

(スタジオ:若槻) これ する?
(スタジオ:鈴木) これはできないっす。

<デートに誘ったのはコウさん>

<自分から
秘密を打ち明けてもいいのに>

(コウさん) 何か…。

(コウさん) へぇ~。

いいなって思った?

<なかなか秘密を
伝えられないまま…>

え~ 何か来た。

ありがとうございます。

(スタジオ:若槻) 誕生日だ。
(スタジオ:水卜) ティラミスだ!

(コウさん) 誕生日って言ってたから。
(もえさん) ありがとう。

<それは スマホのメッセージの
やりとりで>

「ティラミスしか
勝たん」。

あと 「ハッピーバースデー」
って書いてて。

めっちゃサプライズで
ビックリしました。

<でも お互いに…>

何かあったはずなんだよなぁ。

(もえさん) 何?

(コウさん) そろそろ。
(もえさん) 時間。

(コウさん) 時間みたいなんで
行きますか?

(もえさん) 行こっか。

(コウさん) いいえ~。

<お互い秘密は伝えないまま
デートはおしまい>

事情に関しては。
そっか。

どうなっちゃうんだろう。
確かにお互い思っちゃうかも…。

あれ?

(若槻) 緊張しちゃって?
緊張しちゃってんの。

緊張してた感じはすごい。

しおりんといた時のほうが
もっと

コウ君らしさみたいの
出てたじゃない。

出てましたね。

これでコウ君は しおりんとも
もえちゃんとも

デートに行きましたけれども
どっちにも話してない

…っていう状況ですね。
コウ君のその過去 気になるね。

(鈴木)
すごい入り乱れてましたもんね。

だいぶ矢印が。
(鈴木) どうなるんだろうって。

(笑い)

まだ準備できてないわ。
確かに 結果が分かっちゃう。

<おいしいのに
売り上げが伸びない>

<そんな…>

<『ボンビーガール』…>

<番組が用意した
スマホの貸出期限は

今日でおしまい>

<その…>

<でも…>

♬~

(スタジオ:若槻) コウ君だけ
事情 言ってないんだ。

<巨額の借金を抱える…>

会社が抱えてるものも まぁ…。

今より…。

(さとるさん) 結婚?

(スタジオ:ひとり) どっちだ~?
(スタジオ:若槻) どっち?

え~と…。

はい。

(スタジオ:鈴木) こっから
さらに どうなるかですね。

と思うと…。

よかったら…。

はい。

一昨日はありがとうございました。
(さとるさん) いいえ こちらこそ。

すごい 電話とかもして
デートもして…。

(もえさん) コンプレックス?

(スタジオ:若槻) けど?

ありがとうございました。
いいえ こちらこそ

ありがとうございました。

(スタジオ:若槻) そっか。
(スタジオ:水卜) そっか。

<もえさんが
恋を進めたい相手は>

(スタジオ:水卜) そうなのか~。

(スタジオ:ひとり) ただデートは
そんな盛り上がらなかった…。

(コウさん) どうも はじめまして。
(もえさん) はじめまして。

(コウさん) コウです。
(もえさん) もえです。

(もえさん) ありがとうございます。

(もえさん) はい…。
(カメラのシャッター音)

(もえさん)
昨日は ありがとうございました。
こちらこそありがとうございます。

してくれて…。

<コウさんには
初めて伝える…>

ホント緊張してるんですけど。

してください。

(もえさん) お願いします。

ありがとうございます。

何か…。

思って。

(コウさん) そう。

だけど何か…。

思ったんだよね。

…を 今 探してるので。

思いました。

ごめんなさい。

ありがとうございます。

(コウさん) よかったです。

(スタジオ:ひとり) かわいい もえちゃん。
(スタジオ:鈴木) 切ねえな これ。

(スタジオ:ひとり) 「コウ」って言ったよ。

(スタジオ:水卜) うわ~ そうなんだ。

(スタジオ:若槻)
あ~ やっぱいいシーンだ これ。

(コウさん) 交互になる感じ。

会場費払ったりするし 正直…。

気になってます。

まず…。

っていうのと あと…。

で 昨日の夜とか…。

(しおりんさん) なので…。

♬~

ありがとう。

(コウさん) 何か すごい…。

って思って で…。

で 僕…。

(コウさん)
今 アルバイトして生活してる。

しおりのことを少しずつでも
知って行きたいなって

思いました。

よろしくお願いします。

(しおりんさん) 来た?

(コウさん) ありがとうございます。
ありがとうございます。

いかがでしたか?

人の本気って すっごい
伝わって来るものがあって

うまく行った方々も
行かない方々も

絶対この経験が生きて来る時が
いっぱい来ると思うので。

頑張ってほしいなって
思いましたね。

もえちゃんも今後もっと
またいい恋できそうな感じ

ありましたよね。

初めて自分から人に好きって
アプローチができて。

何か すごい 自信につながったん
じゃないかなって思います。

そうね。

(笑い)

ヤバい 俺 もう…。

いや ステキなこと
言ってんですけどね。

めっちゃいいことをね。
こんなクスクスされてたら。

舞台 『魔界転生』に出させて
いただけることになりました。

歴史上の剣豪たちが

秘術によって
よみがえるんですが

上川隆也さん演じる
柳生十兵衛と

対決するんですね。

時空を超えた摩訶不思議な作品に
なってると思うので

ぜひご覧ください。

<そして…>

<泉お嬢様が イチから建てた…>

<さらに…>

<…に渡ったボンビーガール>

<デビューできるのか?>

<特別コンテンツは
公式YouTubeで>