ネタパレ【成田凌が大爆笑!EXIT・ハナコ・インディアンス他…新ネタ祭りSP】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ネタパレ【成田凌が大爆笑!EXIT・ハナコ・インディアンス他…新ネタ祭りSP】[字]

初登場!金の国、ゾフィー・金属バットほか▽新たなスターを発掘!ニュースターパレード!磯本五段・たぬきごはん・チンピラライスバーガー・ボーイフレンド

番組内容
「笑い」を愛する俳優・女優・ミュージシャンなど幅広いジャンルのゲストに、毎回1組登場していただき、今見ていただきたいネタをお見せし、最後にゲストが最も気に入ったおすすめ(イチオシ)の1組を決定していく番組『ネタパレ』。今回はスペシャルゲストに成田凌が来店。
ツギクル芸人や人気芸人のショートネタを披露する企画〈ショートネタパレード〉をお届け!EXIT「タピミル」、ハナコ「厄介な上司」、
番組内容2
ゾフィー「卒業式」など爆笑ネタ連発!初登場、金の国にもご注目を!
さらに〈ニュースターパレード〉もお届けする。ネタパレから新たなスターを発掘する企画。ネクストブレイク芸人4組が1分以内のショートネタを披露する。最後に、南原清隆支配人がMVPを決定!選ばれるのは誰か!?
出演者
【MC】
南原清隆 
陣内智則 
増田貴久(NEWS) 

【ゲスト】
成田凌 

【常連客】
バカリズム 

【ショートネタパレード】
EXIT、インディアンス、金属バット、金の国、ゾフィー、ハナコ 
※五十音順

【ニュースターパレード】
磯本五段、たぬきごはん、チンピラライスバーガー、ボーイフレンド 
※五十音順 

【進行】
佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー)
スタッフ
【演出監修・P】
木月洋介 
【チーフプロデューサー】
情野誠人 
【ゼネラルプロデューサー】
戸渡和孝 
【演出】
北山拓 
【制作】
フジテレビ第二制作室

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 菊田
  2. 岡部
  3. 秋山
  4. お前
  5. 先生
  6. 沼田
  7. 渡部
  8. 友保
  9. 田渕
  10. 桃沢
  11. 小林
  12. サイトウ
  13. 宮川
  14. 佐野
  15. 課長
  16. 上田
  17. お願い
  18. マジ
  19. 兼近
  20. サトウ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/06/12 20:32:30時点 Amazon調べ-詳細)

(南原)成田 凌さんでございます。
(一同)お願いします。

(陣内)3回目ということで。
(成田)そうですね。

ここに来させていただくたびに…。

(陣内)そうか。

自己紹介ギャグ 一回頂いて。

マジっすか。
立っていいですか?

(増田)やってくれるんすか?
偉いな。

完璧やん。
いい いい!

(田渕)お久しぶりでーす!

(田渕)どうも インディアンスです。
(2人)お願いします!

(きむ)やってくれてはったね。
(田渕)うれしかったな~。

俺も久しぶりにやろうかな。
(きむ)あっ 本物。 いいやん。

♬「成田 成田」

♬「羽田じゃない 成田」

新しいやつ やめてくれや。
新しいやつ いらんねんて。

(田渕)すいません。
即席は きついですね。

さっきの見たかったのに。
(田渕)失礼しました。 すいません。

ちょっと聞いてよ。
俺 すごいんよ。

お前が すごい?
(きむ)この前 人助けしたんよ。

お前が? マジで?
めっちゃええやつやん。

こいつ 俺の相方なんすよ。

いきるなや 恥ずかしいな。
いらんねん そんなん。

話 聞いてよ。
(田渕)どんなやったん?

この前 仕事終わってな
駅 向かってたんよ。

駅のトイレ行ったらさ
おっさん 倒れててさ。

おっさんが? ホンマにおっさんか?
よう見たら おばはんって説ないか。

お前の話 この先も
おっさんばっか出てきて

おばはんも ちょっと出した方が
話 盛り上がるやん。

おっさんびいきが すごいな~。
(きむ)うるさいな もう!

今 おっさんタイム。

おっさんタイム?
パチンコの演出みたいな。

おっさんタイム突入!

よっしゃ。 何か 分からんけど
リーチ こい リーチ こい…!

私 こういう者です。
私 こういう者です。

よっしゃ リーチ きた!
おっさん こい おっさん こい…!

嫌やわ もう。
はい あめちゃん。

おばはんやないか!
(きむ)何してんねん!

何で自分で おばはん出して
自分で怒ってんねん。

気持ち良く おっさん3枚
揃ってほしかった。

いいねん。 話 戻さして。
トイレの中に おっさんが倒れてた。

じゃあ トイレの中に
おばはんは おらんかったんやな。

しつこいって。
おばはんは外。 おっさんは中。

何や この新しい節分みたいな。
おばはんは外! おっさんは中!

投げてる豆が ピスタチオ。
(2人)珍しい!

「珍しい」じゃないねん。
(田渕)殻のままやと痛い…。

別に節分みたいに
なってなかったやろ?

別に節分みたいには
なってなかったんですよね。

ウィン。
(きむ)何や それ! 怖いねん!

(田渕)漫才って 取りあえず
コンビニ入っといたらええんやろ?

そんなルールない。
何したらええか分かれへんねん。

いいから おっさんが倒れてたから
駅員さん 呼びに行ったんや。

優しい。 お前 やってあげるね~。

葛藤あったで。
(田渕)葛藤あったやろうな。

ええって もう。
(田渕)デデーン。

おいおい おっさんなんか
ほっといて さっさと帰ろうぜ。

ピロリロリロリン。

何言うてんの あんた…。
(きむ)おばはんやないか おい!

気付く?
(きむ)気付く。 こうやってたら。

天使も 年 取ったら
おばはんなるやろって。

ええねん。 取りあえず駅員さんと
おっさん助けたって話や。

なるほど。 この話 どこまでが嘘?
(きむ)全部ホンマやねん。

もうええわ。
(2人)ありがとうございました。

(渡部)おい おい おい おい。
おい! へこんでんじゃん!

(桃沢)うわっ。 マジかよ。

あのさ 俺が バックしてるときに
何で 前 出てくんの?

俺の車 へこんでんだけど。
(桃沢)俺の車も へこんでんだよ。

ていうか 駐車場でバックするとき
何で周り確認しないの?

それで ぶつかった…。
(渡部)おいおいおいおい!

お前さ 一回謝れよ。
(桃沢)何で俺だけ謝んなきゃ…。

一回謝れよ おい!
謝れっつってんだ おい!

言っとくけど お前
むちゃくちゃ服 だせえからな。

関係ねえだろ おい!
謝れっつってんだ おい!

謝れよ おい! だから…。

雪?

春も近いのに…。

(2人)冷たっ。

すいません。
(桃沢)えっ?

(渡部)すいません。
僕 すぐ熱くなっちゃうタイプで。

いや こちらこそ すいません。
(渡部)いやいや すいません…。

カーッとなって。 すいません。
(渡部)すいません。

おしゃれです。

(桃沢)はい! フフッ。

1軍です。
(桃沢)おっ…。

あっ 警察 呼びますか?
(渡部)そうですね。

だいぶ へこんじゃいましたね。
修理代 僕 払うんで

安心してください。
(渡部)いや 僕 払います。

僕 払います。
ちょっと警察呼んじゃいますね。

いや 僕が払うって
言ってるじゃないですか。

そっちの方が へこんでるから。
(桃沢)ん? いや だから…。

(渡部)僕が払えばよくないですか。

そっちの方がへこんでるんだから。
(桃沢)こっちは 大丈夫だから!

それ 1軍って ありえねえから。
(渡部)だから 関係ねえだろ!

だから こっち…。
(桃沢)おい!

雪?

もう ちょっと積もってる…。

おい! 話 終わってねえぞ。

こっちより そっちの方が
へこんで…。

こっちより そっちの方が
へこんでんじゃん。 よく見ろ…。

えっ?
(渡部)えっ?

あっ 猫。

(2人)あっ あっ あっ あっ…。

手 冷たかったんで。

(渡部)んっ… ん~。

あの!
(桃沢)えっ?

もしよかったら…。

はい。 僕も同じこと考えてました。
今度 一緒に行きましょう。

猫カフェ。
(渡部)んっ… ん~。

そろそろ警察呼びましょうって
言おうとしただけなのに。

[発想と演技力が抜群の
技巧派コント師!]

(♬『仰げば尊し』)

(サイトウ)卒業生代表
サトウ ユウスケ。

≪(上田)はい!

(上田)あ痛… 痛ててて。

(上田)すいません。

「今日 僕たちは
この中学校を卒業します」

「期待と不安で いっぱいだった
入学式」

「声をからして応援した運動会」

「そして 夜まで語り明かした
修学旅行」

「全てが すてきな思い出です」

先生 今まで
ありがとうございました。

でも… でも 僕 やっぱり

卒業したくない!
(サイトウ)おい 待ってくれ!

先生! 先生! 先生!
(サイトウ)サトウ! サトウ!

これ 予行練習だから!

練習だから。
お前 気持ち 入れ過ぎだろ。

でも 先生 言ってましたよね。

「本番だと思ってやれ」って。
(サイトウ)いや そうなんだけどさ。

先生も ちゃんと本番だと思って
泣いてくださいよ。

何でだよ。
何で泣かなきゃいけねえんだよ。

じゃあ いいんですか?
生徒が わんわん泣いてんのに

先生が全然泣かない。
あっ この人

冷めた公務員だって思われますよ。
(サイトウ)思われないよ。

泣けないんだったら
顔 隠してくださいよ。

こうやって ぐってやってさ。
熱い公務員だって思われますから。

思われねえよ そんなの。
それ やらせじゃねえか。

いいんですよ!
感動はつくるもんだ!

いいですか。
先生が 僕を呼んだら

僕が緊張気味に ここにやって来て
まず ここで転ぶ。

それ それ それ それ!

それ 絶対いらねえだろ。
(上田)必要です。

ここで1つ笑いをとることによって
ギャップが生まれて

父兄が泣けるんです。
(サイトウ)誰に向けてやってんだよ。

そして これを読みます。

「今日 僕たちは
この中学校を卒業します」

入学式 運動会 そして どんどん
ボルテージが上がっていって

修学旅行!
ここで突然の泣き。

そして 笑顔で
「全てが すてきな思い出です」

そして 先生に振り返り 飛び付く。
そして 飛び付いた 先生が

優しく抱き締めながら 一言。

「ああ だったら留年するかい?」

会場 笑いで ドカーン!
(サイトウ)いいかげんにしろ!

過剰演出だろ そんなもん!
もういい。 もう帰ろう。 帰るぞ。

先生 卒業式って誰のためにあるか
分かってますか?

お前らのためだろ。 お前らを
高校に送り出すためのもんだろ?

卒業式が送別会だとするならば

こんな練習しないで
先生たちが 全部企画して

僕たちを
呼べばいいんじゃないですか?

卒業式というのは
僕たちのためにあるのではなく

あくまでも ご来場いただいた
父兄の皆さまに捧げるものです。

だから こんな練習してんでしょ?
先生 それを忘れたらね

自己満足の結婚式と一緒だ!

(上田)先生。
最高の卒業ショーをやりましょう。

分かったよ。

(♬『仰げば尊し』)

(上田)[卒業式当日]

(サイトウ)卒業生代表
サトウ ユウスケ。

サトウ ユウスケ。
(上田)うえっ… うっ…。

お前 もう泣いちゃってんじゃん。
どうした?

卒業式が思ってたより悲しいー!

(小林)どうも 金属バットです。
お願いします。

あのさ じゃんけんってあるやんか。
(友保)じゃんけんな。

俺 あれのルールを
あんま覚えてなくてさ。

嘘やろ お前。
そんなやつ おんねや。

そうやねん。 で 1回やったら
思い出せそうやねんな。

まあな。
やりゃあ思い出すやろうな。

ちょっと やってもらっていい?
(友保)構へんよ。 やってみよう。

じゃあ 俺 ヒポグリフでいくから
お前 ユバノタミでいって。

で フィールドは 風のまちで
時刻は 夜でいこうか。

で 間違ってたら止めてな。
(友保)今やな ほな おい。

えっ? あっ そうか。
ユバノタミに夜は不利か。

お前 じゃんけんやったこと
あんのか?

全然ちゃうやんけ。
『マジック:ザ・ギャザリング』ちゃうんけ 今の。

あれ? こんなんじゃないんか?

ちょっと待って。
今までさ 生きてきて

じゃんけんせなあかん
タイミングあるやん。

ああいうとき どうしてたん?
(小林)だいたい殴ってたな。

手 出したらあかんねん。
(小林)話 早いからさ。

話 早いけど しばいたらあかん。
ちょっと待って お前。

じゃんけんぽん
このイントロ知らん?

あ~ 聞いたことあるわ。
はいはい はいはい。

旧約の方やな。
(友保)新約もないねん あれ。

やってみよう じゃあ。
(友保)できる?

いける いける。
(友保)やってみようか。 いくで。

じゃんけんぽん。
(小林)なんじに光があらんことを。

いざ行かん
バイキングロードの上へ。

負けか?
(友保)何 起きてん 今 おい。

DVD入れ替えた? 今。
(小林)あれ? 違うん?

ホンマに知ってんの?
グー チョキ パーのさ。

あっ グー チョキ パーのやつか。
知ってる 知ってる。 恥ずかしい。

全然ちゃうゲームやってたわ。
俺 ソリティアやってたわ。

ソリティアも こんなんちゃうねん。
できる? ホンマに。

あれか。 幸運の妖精
チリムとチェリムはいらんねんな。

あんた 肩 何か乗ってたんかいな。

じゃあ その ジェファーソン君の言う
ルールでやろう。

わし 友保や。
(小林)ちょっと待って ピキッ ピキ…。

パンッ。
マダガルザウルス生まれてもうた。

ラリってんのか。 おいおい…。
お前 ちょっと尿検査行けって。

おしっこ 見てもらいって あんた。
(小林)やろ やろ。

できる? ホンマに。
(小林)大丈夫 大丈夫。 あれやろ?

グーがチョキに勝つやつやろ?
(友保)せやねん せやねん。

いける いける。 やってみよう。
(友保)やってみようか? いくで?

じゃんけんぽん。

わしの勝ちですわ。
(小林)いや 何でユバノタミが

グー出せんねん。 ウ~。

もうええわ。
(友保)ええことあるか。 おい…!

何やねん ユバノタミって
ずっと お前。

行ってこいって 一回
おしっこ 見てもらおう。

殴りまーす。
(友保)手 出したらあかん。

手 出したらあかんで ホンマに。
怖いやっちゃで。

ねぇ いや…。
(2人)お疲れした。

[バイブス ぶち上げ
渋谷系チャラ漫才!]

(りんたろー。)りんたろー。と…。
(兼近)かねちーで…。

EXITです。 しくよろです。
(兼近)おなしゃす。

あのさ。
(りんたろー。)どうした?

ちょっと 俺のダチが
タピオカミルクティー屋やってんだけど

マジ売れねえっつって
悩んじゃってんの。

タピオカブームが去ってる。
(兼近)だからさ

何とかしてやりてえと思って
俺も考えて悩んじゃってんだよね。

そんなん簡単じゃん。

タピオカミルクティーだから
売れないんだよね?

それ タピオカ抜いちゃったら
そこ ミルクティー屋じゃん。

軽っ!

お前 秋口に白くなり始め
ふわふわと命をつないでいく

タンポポの綿毛かよ!

所作 エグ!

お前 ツッコミに
所作 入れてきてんじゃねえかよ。

夏目 漱石2.0か!
(兼近)マジで悩みまくってんの。

俺 半端じゃねえぐらい
悩んでるから 何かアドバイス欲しい。

あ~ 考え過ぎちゃってるから
いったん寝る。

いや お前 軽っ!
親友に やっとの思いで

同じ人を好きになっちゃったんだ
って伝えた後の気持ちじゃん。

趣 エグ!

お前 ツッコミに
趣 入れてきてんじゃねえか。

太宰 治2.0か!
(兼近)マジで悩んでる。

俺 めちゃめちゃ悩んでんだ。
何とかしてくれよ。

じゃあ いったんコンビニ行って
酒買って騒ぐ。

いや 軽いって お前!
家族との時間を削ってまで

ぼろぼろになって商品開発をした
口当たりの良さに こだわった…。

息継ぎ 息継ぎ!
(兼近)お前!

忘れてるよ。 忘れてる。

そんなことより川端 康成2.0か!

2.0のやつ やめて~?
何? ずっとやってるけど。

最初から気付いてたけど あえて
ふれないようにしてましたけど。

2.0のやつ 川端っぽくもないし。
(りんたろー。)っぽかったべや。

2.0のとこ アップデートして?
せめて。 何か3とかできるじゃん。

4とか 10とかまでいっちゃってさ
最終的に 100とかまで いって

俺が 100は いき過ぎだろとか…。

つまんねえなー!
俺 つまんねえなー!

ん? お前のせいだよ。
お前が 浅えことばっかり言うから。

お前が 所作とか
入れてくっからだろ。

結局 俺らも この漫才も

いいかげんにしろってことだ。

お後が ヒュイゴー。
(2人)ありしたー!

(菊田)結局 俺 あの後
朝まで飲んじゃってさ。

(秋山)朝までですか。
(菊田)そうだよ。

次の日 大事な会議3つあったのに
全然記憶ないんだから!

(秋山)ヤバいじゃないっすか。
(菊田)ヤバいよ。

それで怒られたら 全部
秋山君のせいにしちゃおうかな。

何で僕なんですか。
(菊田)冗談 冗談。

(秋山)関係ないじゃないっすか。
(菊田)っていうのが冗談。

あっ 冗談っすか?
(菊田)嘘 嘘。

っていうのが 嘘~。
(秋山)わぁ ど… どうしよう。

(岡部)きつい?
(秋山)きついっすね~。

きついっす。 僕 課長とのノリ
何か苦手なんすよね。

課長 ノリ きついよな。
(秋山)きついっすよね。

得意な人いないんじゃない?
(秋山)あれ? でも

岡部さんが課長と話して
困ってるイメージ

あんまないっすけどね。
(岡部)俺 コツ知ってるからね。

コツ? どういうことっすか?
(岡部)課長ってさ

「ちょっと ちょっと」「またまた」
この2つの返しで何とかなるのよ。

いや 怒られますよ。
その2つなんか返したら…。

この2つをローテーションで
全部 乗り切れるから。

そんな空返事 怒られますよ。
(菊田)万年 平社員の岡部君。

ちょっと ちょっと!
(菊田)聞いてよ。

この前 競馬で
すごいの当たっちゃってさ。

またまた!

(菊田)10億。
(岡部)ちょっと ちょっと!

(菊田)嘘。 10万。
(岡部)ちょっと ちょっと!

(菊田)10万ウォン。
(岡部)ちょっと ちょっと!

(菊田)でも 10万って
俺からしたら大金だからね。

またまた!
(菊田)俺も大変なんだよ。

またまた!

なっ?
(秋山)いけてますね。

いけてました。 すごいっすね。
(岡部)いけてたろ?

たった ホント 2つだけ
しゃべってましたね。

それしか言ってないでしょ?
(秋山)それしか言ってなかった。

(岡部)課長も楽しかった。
魔法の言葉。

魔法の言葉…
もっと しゃべってるイメージ…。

岡部君。 先週の件 どうなった?

ちょっと ちょっと!
(菊田)期待してるよ!

またまた!
(菊田)頼むよ!

ちょっと ちょっと!

いけたろ?
(秋山)話せてました? 今。

ほとんど会話の内容
分かんなかったですけど。

俺も何の話かは分かんなかった。
(秋山)やめた方がいいっすよ。

でも 課長と かれこれ2年ぐらい
まともに会話してないから。

2年いってんすか!?
(岡部)うん。

やめれなくなってる自分がいるわ。
(秋山)すごいっすね。

≪(足音)
(菊田)岡部君。

お昼ご飯 一緒にどう?
(岡部)ちょっと ちょっと!

和食と中華 どっちがいい?
(岡部)またまた!

どっちがいい?
(岡部)ちょっと ちょっと!

選んでいいよ。
(岡部)またまた!

いや どっちがいいって。
(岡部)ちょっと ちょっと!

いや どっちがいいかって
聞いてんだよ!

またまた!

中華だね。
(秋山)あっ あっ あっ あっ…!

いけた~。
(秋山)いけました?

いけてました? 今。
(岡部)いけたな。

途中 いけてないみたいな
空気になりましたけど。

(岡部)いけてないかと思った。
(秋山)思ったんですか?

そういうとき
いかない方がいいですよ。

でも この2年
無駄にできないと思って。

危ないプライドですね。
まあ でも いけてましたもんね。

(菊田)秋山君も お昼ご飯
一緒にどう?

ちょっと ちょっと!

どうせ ろくなもん
食ってないんでしょ?

ちょっと ちょっと!
(菊田)俺も食ってないけどね。

またまた!
(菊田)行く?

ちょっと ちょっと!
(菊田)行くか?

またまた!
(菊田)行っちゃう?

またまた!
(菊田)いやいや 行くかって。

またまた!
(菊田)行くかって聞いてんだよ!

ちょっと ちょっと!

(机をたたく音)
(菊田)もういいよ!

お前なんか
いつでも首にできんだからな!

すいません! 課長!

お疲れした。
(秋山)「お疲れした」じゃない…。

岡部さん 言うとおりにやった。
(岡部)元気でな。

(秋山)僕 無理なんすか?
岡部さんだけってことっすか?

ホントは怒ってませーん!

(秋山・岡部)ちょっと ちょっと!

気になった芸人さんいましたか?
僕 初めて見た…。

僕たちも初めてやったんですけど。

面白かったね。
面白かった。

(南原)それを コントに入れた
ってのが面白いね。

他 気になったの いましたか?
南原さん。

びっくりしたのが ハナコ。

バカリズムさん どうですか?

(バカリズム)漫才で…。

(佐野)これから こちらのステージで
NEXTブレイク芸人さん 4組が

1分以内のショートネタを
披露してくださいます。

トップバッターは
ボーイフレンドさんです。

どうぞ!

(黒沼・宮川)どうも~!
(宮川)あらためまして

ぜひ われわれのコンビ名
覚えて帰ってください。

(黒沼)ガールフレンドです。
(宮川)いや ボーイフレンドだよ!

よろしくお願いしますね。
頑張っていきましょうね。

俺さ あしたからさ
花火師やるわ。

いいね。 簡単になれるもんね…
じゃねえんだよ!

簡単に お前 花火師になれると
思ってんじゃねえぞ!

(宮川の打ち上げ花火の音まね)

バカ。 バカだろ お前は!
すげえ大変だぞ なんの。

おしゃれだから
美容師さんとか目指せば?

じゃあ 俺 丸刈り専門店やるわ。
(宮川)何だ 丸刈り専門店って。

座れよ ねえんだよ そんな専門店。
何言ってんだ お前。

どこに… 五反田にあります
みたいな言い方してんじゃねえぞ。

あんのか? 実際に 五反田に。
ないでしょ 丸刈り専門店なんて。

(宮川)ご存じの方がいらしたら
ご連絡くださいじゃないんだよ。

どうしちゃったの?
すげえ元気じゃねえか。 どうぞ。

(宮川)どうぞじゃないのよ おい!

お前は あしたからも
お笑い芸人だろ?

じゃあ ピン芸人になるわ。
(宮川)ピン芸人になっちゃった!

もういいよ。
(2人)ありがとうございました。

(佐野)ありがとうございました。

ボーイフレンドさんは…。

そうですよ。 大宮セブンやけど…。

大宮セブンから外されてるんです。

だから 大宮セブンのメンバーでは
今 なくて…。

続いては たぬきごはんさんです。
どうぞ!

(ほり)お騒がせしております。
たぬきごはんでございます。

本日 ほり ゆうこが
コンビニ店員に立候補いたしました。

(宍倉)お笑い第7選挙区よりの
出馬なんだと。

ウィーンだと。 ウィーンなんだと。

いらっしゃいませでございます。

では ここのフランクフルトを
1つ下さいと。

かしこまりました。
では ただ今

店員を呼んでまいりますので
少々 お待ちください。

じゃあ お前 誰だよと。

ほり ゆうこ。
ほり ゆうこでございます。

女だって ベタができるんだ。

それを 皆さまに
分かっていただきたいんです。

女性に安心して
ボケれる時代をつくります!

ご静聴ありがとうございました。

(佐野)ありがとうございました。

(佐野)その前は…。

色々 探って 探って。
(佐野)結成10年目で。

続いては 磯本五段さんです。
どうぞ!

(磯本)磯本五段です。
お願いしまーす!

今から このワイングラスを使って
けん玉やっていきたいと思います。

何と ここに のっけて
そして 何と宙に上げて

ここに
のっけていきたいと思います。

マジか。
(磯本)いきます。

よし…。

はっ…。

いきます!

だぁー! OK!

(佐野)いきました!
磯本五段 お見事です。

(増田)すげぇ。
何が すごいかって あの下半身。

下半身の あの…。

あれ すごいですね バランスが。

続いては チンピラライスバーガーさんです。
どうぞ!

(柳沼)どうも。
チンピラライスバーガーと申します。

小学校からの同級生で
親分の沼田さんと

そのパシリです。
全国のパシリの方たちへ

僕が普段やっている
正しい親分との接し方 教えます。

ご協力よろしくお願いします。
(沼田)はいよ。

親分が
トイレに行かれるときの場合。

ちょっと 俺 うんこしてくるわ。

お見えになられてるんですね。
よろしくお伝えください。

お気を付けて
いってらっしゃいませ。

あっ お疲れさまでした。

お変わりなかったですか?
(沼田)ちょっと硬かったな。

じゃあ 今日は サラダですね。
(沼田)そうだな。

はい。

(佐野)ありがとうございました。

バカリズムさん いかがでしたか?

皆さん
お代わりしたい芸人さんは?

僕 ちょっと連チャンで…。

見たいですね。 見たい 見たい。

お代わり ありがとうございます。

お代わり ありがとうございます。
(沼田)うん。

引き続き
ご協力お願いいたします。

はいよ。
(柳沼)正しい親分との接し方。

唐揚げ ラスト1個。
(沼田)唐揚げ食べちゃっていいよ。

いや 僕 食べたいっすけど
沼田さん どうぞ。

気ぃ使わなくていいよ。 食えよ。
(柳沼)大丈夫です。 どうぞ。

分かった。 じゃあ
あっち向いてほいで勝った方だな。

優しいっすね。
(沼田)うん。

最初は グー。 じゃんけんぽい。

ほい!
(沼田)あっち向いて ほい。

うわ~ 負けた!
(沼田)俺 ここ おごるわ。

えっ? いいんですか!?
ありがとうございます。

あれ… 俺 札 ねえな。 あれ?

沼田さん 沼田さん 沼田さん!
お金 落とされてますよ。

あっ ありがとう。
(柳沼)ごちそうさまです!

(佐野)ありがとうございました。

いや 「完璧です」じゃないでしょ。

映画『まともじゃないのは
君も一緒』が 本日公開です。

私 演じるコミュニケーション能力ゼロの
数学塾講師が

清原 果耶さん演じる高校生に
恋愛指南を受けて

いろんなことが起きる
変なラブコメになっております。

ぜひ劇場で ご覧ください。

ニュースターパレード MVPは

チンピラライスバーガーでございます。

ありがとうございます。

もともと同級生…。

そうなんですよ。

[次回から 『ネタパレ』も5年目]

[『ネタパレ』は この1年
皆さんに支えられた分

心からのエールと笑顔を
お届けしたいと思います]