ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

村上佳菜子が京浜東北線でぶらり旅▽創作かき氷の専門店▽濃厚!魚介ラグーのラザニア▽美味!宇治抹茶とほうじ茶のテリーヌ▽革にボールペンで直接描く!芸術的花文様装飾

出演者
【旅人】村上佳菜子
番組内容
村上佳菜子が京浜東北線でぶらり旅▽創作かき氷の専門店で春を感じる!サクラと酒粕のかき氷▽濃厚!魚介ラグーのラザニア&出汁をかけて食べる魚介のリゾット▽美味!宇治抹茶とほうじ茶のテリーヌ&抹茶マンゴーティー▽革にボールペンで直接描く!芸術的花文様装飾▽着脱可能?便利で面白い!革の財布▽可愛くておしゃれ!くるみボタンの工房▽次回予告!初登場の小池徹平が小田急線でぶらり!日記専門カフェ?&激うまクレープ
音楽
【番組テーマ曲】「あれからずっと」なぎら健壱
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ボタン
  2. 本当
  3. 抹茶
  4. ハハハハ
  5. 町山
  6. リゾット
  7. アハハハハ
  8. 小日向
  9. お魚
  10. 体験
  11. お財布
  12. お店
  13. ダシ
  14. ボールペン
  15. 蒲田
  16. 魚介
  17. 大好
  18. 大丈夫
  19. エキゾチックレザー
  20. 高島

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



♬~

<本日は
北区の 名主の滝公園で

初めての旅人と待ち合わせ>

<あいにくの天気ですけど
もう来ているかな?>

<あっ いた いた!
村上さ~ん!>

(村上) おはようございま~す。
<おはようございます>

どうも 村上佳菜子です。

はじめまして 小日向さん。
<どうも はじめまして>

お会いできて うれしいです。
<私もです>

<ずっと応援してました>
わ~ うれしい!

私も
ドラマで しっかり見てますよ。

<あっ ありがとうございます>
ありがとうございます。

今回はですね…。
<はい>

名主の滝公園から

初めての『ぶらり』を
スタートさせたいと思います。

<お願いします>
お願いします。

奥に 滝があるらしいので
早速 行ってみましょうか。

<はい>
しっかり マスクをして。

では行きますか。

よろしくお願いします!
<こちらこそ>

うれしい! ずっと見てましたよ。
<アハハハ! どうも>

すごく
日本のお庭っていう感じが

ありますけど…。

滝 あるのかな? 本当に。

今日はね 雨が降っちゃったから
足元が怖いんですよ。

水たまりもあるから
気を付けないと。

<滑るの得意じゃないですか>
それ よく言われるんですけど

すってんころりんの 滑るのと
氷の上を滑るのとは 違うんです。

<ですよね!>
アハハハハ。

(滝の音)
あっ!

ちょっと 水の音 聞こえた?
<はい はい>

どう?
(滝の音)

ちょっと聞こえてますね。
<聞こえてますね>

あっ!
(滝の音)

ちらっと見えたかも。
(滝の音)

音も大きくなって来ましたよね。
<はい>

行きますか。

まだ見ないようにしよう。
<アハハハハ>

この辺まで行ったら見えるかな?

ここら辺だな。

せ~の!

お~! 意外と大っきかった。

え~! すご~い!

<お~!>

もうちょっと近く行ってみます?
<近くまで行けるんですね>

うわ~ 力強い!

すご~い!

傘なんて いらない!って
なっちゃう。

<アハハハ 気持ちいいですね!>

<名主の滝公園は 江戸時代

王子村の名主 畑野孫八が

屋敷内に滝を造り
一般に開放したのが始まり>

<当時の様子は
歌川広重の浮世絵にも描かれ

多くの人が訪れていたことが
分かります>

<滝の落差は8m>

<夏には この滝から流れる川で
水遊びができるそうですよ>

はぁ~! すてきでしたね。

すごいリフレッシュできました。

今日はですね 王子駅から

京浜東北線に乗って

旅をしたいと思います。
<はい>

わくわくするな~!

<いよいよ 春本番>

<どんな出会いがあるのか
楽しみです>

<最初の途中下車は 上野>

上野 時々 来るんですけど

やっぱ 目的あって
いつも 上野 来るので

なかなか
ぶらりしたことはないから

いろんな発見が
できそうだなと思って

上野に降りました。

お~! すごい いい景色!

デートで来られたら最高ですね。

憧れでございます。
<アハハハハ>

やみましたね。
<あっ よかった よかった>

これ すごく平たんに見えるけど
ちょっとずつ 坂になってる。

交差点の所まで来ましたよ。

すごい! すごい 下って行く!

すごいですね!
こっち すごい坂だよ。

自転車で下ったら
ブレーキ 気を付けないと 危ない。

あっ! あれっ?

あそこにカフェがある!
しかも 見てください。

かき氷のマーク!
行きたいですね! 行きましょう。

<えっ かき氷 食べるの?>

あっ!

見て! めちゃめちゃ いっぱい
かき氷ある!

小日向さん 私 ゴーラーなんです。
<ゴーラー?>

ゴーラー 知らないんですか?
<知りません>

かき氷好きのことを
カキゴオリストとも言うけど

ゴーラーとも言うんですよ。
<へぇ~>

なので 私は 最大で

一日9杯 食べたことあるんです。
<9杯!?>

それぐらい かき氷 好きなんです。
<すごいな~!>

入っても よろしいでしょうか?
<いいですよ もちろん>

駄目って言われても 私 入ります。
<アハハハハ>

じゃあ 行きますね。

お邪魔しま~す こんにちは。
(町山さん) こんにちは。

あっ 2個ある! 白 黒で。

両方 やっときますか。

(町山さん) こんにちは。
こんにちは。

かき氷に吸い寄せられて
来ました。

メニューが こちらになってます。
メニュー…。

いろいろありますね。

うわ~! 「酒サクラ」。

酒かすクリーム

氷と合うんですよね。
そうですね。

私 桜の食べ物 大好きなんですよ。

そしたら ぜひ お薦めです!

私 桜 見るのも好きなんですけど
食べるのも大好き。

選手の頃から大好きで。

酒サクラ 今ですもんね 季節的に。
はい。

じゃあ 酒サクラにしようかな。
ありがとうございます。

1600円になりますね。

1600円。
ちょうどお預かりします。

空いてる お好きなお席 どうぞ。
ありがとうございます。

じゃあ ちょっと…。

もちもちそうなソファが
小日向さん ありますので

そこで食べますか。
<いいですね>

しかも
ここで見られるじゃないですか。

いや~ん! ビップ席。
(友理さん) どうぞ。

ふわふわ! 見て分かる。

本当に かき氷 知らない人…
今のかき氷を知らない人って

かき氷でしょ!って言うんですよ。

でも みんな
食べたら変わるんですよね。

これが かき氷か!って。
うん。

ごめん!
ちょっと なめてた!みたいな

感じになるんですよ。

だから 私が こうやって
熱を持って しゃべってると

何? かき氷ごときで!って

思ってる方 多いと思うけど。
<アッハハハハ>

お待たせしました。

美しい! ありがとうございます。

見てください!

この 美しいフォルムを!
<フォルム?>

いや~! ちょっと これは…
ごめんなさい。

最初に 写真を撮らせてください。
<どうぞ>

あ~ おいしそう!

<あっ 『ぶらり』のインスタにも
上げてくださいね>

もちろんですよ。

私のインスタも見てくださいね。
<はい>

(カメラのシャッター音)
よし!

これは 多分 桜のゼリー?
(町山さん) ゼリーですね。

この上が 酒かす?
(町山さん) 酒かすクリームです。

周りの…。
(町山さん) 周りは 練乳に

桜の葉っぱのパウダーを。
わ~!

それは 香り豊かな味わいですね。
(町山さん) そうなんです。

いただきます。
<うれしそう!>

かき氷は 外から中にやると
崩れにくいんですよ。

<そうなの?>
そう そう そう。

う~! いただきま~す。

<いや~ おいしそう!>

<アハハ!>

おいし~い!
<アハハハハ!>

<どんな感じ?>

う~ん!

桜が うわ!って。

今 花見ですよ。
<ハハハハ>

私の頭の中は。

<さすがの表現力ですね!>

ちょっと 酒かすが残ってる感も

最高なんですよ。

本当に おいしい!

選手の頃に…。
<はい>

浅田真央ちゃんが 元々 大好きで。
<ええ>

真央ちゃんに
連れて行ってもらった所の

かき氷を食べて
もう 衝撃を受けて。

そこから いろんな所を
巡るようになったんです。

<へぇ~!>

なので スケーターは

氷から 切っても切れない
関係なのかもしれないです。

<ハハハ なるほど!>

とっても おいしかったです。
(町山さん)ありがとうございます。

これは 素材にも こだわったり?
(町山さん) こだわります。

手に入りづらいものですとか
出回りづらいものを選んで

夫婦と 従業員と みんなで
試行錯誤しながら作っていて

最終的に 奥さんが…。
はい。

これは よし!って。
そうです 最終判断は私が。

え~!
偉そうに。

厳しいですか?
(町山さん) 厳しいです。

アハハハハ!

<創作かき氷の専門店
サカノウエカフェ>

<町山さんご夫妻が スタッフと
一緒に考えた かき氷は

実に 100種類以上に 上り

メニューは 季節によって
替わります>

<この春のお薦めは 酒サクラ>

<中心部に
練乳と刻んだ桜の花が入った

白あんクリームをのせ

その上から
さらに かき氷を山盛りに>

<全体を桜の葉のパウダーで
香りづけします>

<さらに 酒かすと生クリームを
混ぜたソースを たっぷりかけ

桜のジュレをのせれば
出来上がり>

<いや~ 見た目も奇麗で

春を感じますね>

<その他に
イチゴの果肉たっぷりの

こおりのショートケーキも
人気だそうです>

また 絶対 来ます。
お待ちしてます。

ありがとうございました。
<ごちそうさまでした>

幸せでした~!
<よかったですね 村上さん>

本当だったら あと2種類ぐらい
食べたかったけど

我慢しましたよ。
<え~?>

始まったばっかりだからね。
<アッハハハハ>

<京浜東北線の旅は
さらに続きます>

<次は 秋葉原で途中下車>

秋葉原 着きました!

いや~ 秋葉原ってね 本当に…。

何回か来たことあるんですけど
絶対に 迷子になるの。

<あぁ 何か分かる>

大っきい通りに出て来ましたね。

これ 右 行ってみますか?
<はい>

渡りましょう ちょうど青だし。

私が 今 歩いているのは

蔵前橋通りかな。

だから そこが昭和通り。

すごい!

広いね! この道も また。
<ですね>

あっ! 見て 小日向さん。
<何?>

「おかず横丁」ってのがある。

おいしいのが いっぱいありそう。
<ありそうですね>

あっ!
何だか レトロな感じがする。

何か すごく
雰囲気のいいお店が多いね。

お茶屋さんか ここは。
<あっ いい感じ>

あっ ここはお魚屋さんか。

え~ すご~い!

かわいい これも
「おかずよこちょう」 いいですね。

何か ここ かわいくないですか
がちゃがちゃ あったり。

何屋さん?

「くるみボタン工房」。

へぇ~。

「刺しゅうブローチ」。

「くるみボタンアクセサリー
製作体験」。

あっ 体験ができるんだ!
いいですね。

でも くるみボタンって何だろう?
<何でしょう?>

ボタン 小日向さん 知ってます?
<えっ? ボタンは知ってますよ>

何だろう? クルミを材料に
作られてるボタンとかかな?

<クルミって あの食べる?>

食べるクルミ
『くるみ割り人形』のやつですよ。

♪~ タッタカタカタッタ タッタッタ~
<アッハハハハ かわいい>

ちらっと 中 見ると
かわいいのが いっぱいあるから

入ってみますか!
<いいですよ>

お邪魔しま~す。

こんにちは。

どうも。

すごい! かわいい いきなり。

パンダもあるし…
わんちゃんとか。

<これが くるみボタン?>
かわいい!

すごい すてき!

<おかず横丁で見つけた
くるみボタン工房とは?>

いろんなパーツがありますね。

カラーも すごく豊富だし。

くるみボタンの謎が まだ…。

何だろう?
何で くるみボタンっていうんだ?

こんにちは。
(一美さん) こんにちは。

「くるみボタン」っていうのを
見たんですけど

くるみボタンって何ですか?
すいません 知識がなくて。

(一美さん)
くるみボタンというのは

生地で くるんでるボタンのこと。
<あぁ やっぱり>

食べられるクルミとかではなく。

生地でくるんでるボタンで
くるみボタンっていう。

あぁ そういうことなんですね!

なるほど! 分かりました。

どうぞ 手に取って 気になるのは。
いいですか?

これとか。

これは ボタンに合わせて 生地…。
そうです ちょうどいい形で。

すごい! ちょうど
ぴったしですね ボタンに。

すごい!

なるほど!
ぐるんって くるんで

金属の部分っていうのかな…
留めてあるんですかね。

いろんな生地で
組み合わせできるのが

くるみボタンのいいところなので。
なるほど!

私とかも こうやって替えて。

かわいいです!

なるほど!
そうやって使うわけですね。

こちらにも…。
これか。

じゃあ ポップにしたければ
カラフルにしたりしてもいいし

唯一のシャツになるわけですね。
そうですね。

自分の…。
好みで 本当に。

ちなみに くるみボタンは
どうして始められたんですか?

主人が
くるみボタンの仕事をしてまして。

2代目なんですけど。

いるので 呼びます。
いらっしゃるんですね。

いらっしゃるそうです。

こんにちは。
(片岡さん) こんにちは。

ご主人! 2代目ということで。
(片岡さん) そうですね 2代目で。

ここで 39年目ですね。
39年目!

ご主人 今 着てらっしゃるシャツ
そして ブローチも かわいい!

見せてもらってもいいですか。

通常は ボタンとしてしか
作らないんですけど

いろんな楽しみ方を
知っていただきたいということで。

なるほど!
これなんかも…。

パンダ。
私が 絵を描いて。

すごい!
刺しゅうで作って やってる。

デザインまでやられてるんですね。
そうですね。

なるべく くるみボタンを
皆さんに!という思いで

いろいろ それに合う大きさで
描いて やってます。

入り口では 体験もできたりとも
書いてありましたけど。

こちらで 実際 僕らが
仕事で使っている道具を使って。

これですか。
体験をしていただこうと思って。

そしたら
私も体験できるんですか?

大丈夫ですよ
ぜひ 体験してみてください。

こちらにある生地から
選んでいただいて

ブローチか ヘアゴムが…。
ヘアゴムにします。

ここから選ぶんですね。

優柔不断だから選べない!
<ハハハハハ>

う~ん… 迷っちゃうな。

やっぱ 千鳥柄 かわいいな。
(一美さん) 大人な感じで。

でも このフレンチブルドッグも
かわいいし。

バナナも かわいい!
ブルーの感じに イエローが。

バナナにします!

<どうやって作るんでしょう?>
これを裏返しにしていただいて。

真ん中に来るように。
はい このくらいかな。

こんな感じで乗せる。

いいのかな?

そのまんま
真ん中に乗せていただいて

木の棒で…。
大丈夫かな?

これで押す?
はい 最後まで! 力 いります。

<お~!>

こちらのレバーを
押していただいて。

これですね 行きますよ。

下まで?
まだ大丈夫です。

あっ 硬くなった。

それぐらいかな?
このぐらい。

あっ! すごい!
ちょっと ゆがんじゃったけど。

これも ご愛嬌ということで。

ハハハハハ!

<元々 アパレル業界を中心に

くるみボタンの
製造卸しをしていた会社が

もっと多くの人に くるみボタンの
魅力を知ってもらいたいと

このお店を始めました>

<品ぞろえは 2000点以上>

<以前は 高級な婦人服などに

多く使われていた
くるみボタンですが

現在は オリジナリティーを
生み出すための

ワンポイントとしても
使われます>

<ボタンとしてだけでなく

アクセサリーに使う人も
多いそうですよ>

お待たせしました
出来上がりました。

かわいい!

タッチしていただいて。
(電子音)

ありがとうございました。
(2人) ありがとうございました。

<楽しかったですね>

他にも
いろいろ欲しくなっちゃったな。

楽しかった!

<さらに ぶら~り>

結構 広い所 出て来ましたね。

ここは「蔵前二丁目」。

<結構 歩きましたね>

こっち行ってみましょうか。
<はい>

うん? ここは?

「Re-Bone」。

「エキゾチックレザーと
財布のお店」。

<エキゾチックレザー?>

何だろう? こっちか。

こっちから入るのかな?
あった! 「Re-Bone」。

「Exotic Leather and
Wallet Shop」。

ちょっと 行ってみますか 上の階。

<エキゾチックレザーって
何でしょうね?>

ここか!

こんにちは。
(高島さん) はい。

すごい! あっ こんにちは。
(高島さん) こんにちは。

まずね 消毒をして。

すごいですね いろんなお財布が!

いろんなタイプの
お財布がありますね。

キーケースもあったり。

(高島さん) いろいろ変わったもの
あったりもするんですけども。

(高島さん) こちらのお財布とか。

デザインが すごい すてき。
ありがとうございます。

かっこいい! すごい!

また これは
ちょっと変わってますね。

これは どういった?
こちらのお財布は

うちで いち押しの
お財布なんですけれども

ぱっと見 長財布に見える
財布なんですけど…。

長財布ですね。
そうなんですよ。

一風変わってるのが

こちらの財布 片側が
通しマチになってるんですね。

なので スマホとかも…。

入れられるんですか?
入れられるんですけれども。

例えば こんな感じで。
本当だ 入りましたね。

ちょうど 気持ちよく収まる。
え~ 本当だ!

ちょっと変わってるのが…。
はい まだ あるんですか?

閉じてる状態でも
ファスナーを開けて…。

ケータイを
出すことができるんですね。

すごい絡繰り! マジックみたい。
<アハハハハ>

これ ちょっと 面白いのが

ばらして。
ばらして正解なんですか?

例えば

こちらのお財布は ばらして

他のお財布と…。
えっ!

カスタマイズすることも可能な…。
すご~い!

こういう感じで。
おしゃれ!

おしゃれな感じのお財布としても
持つことができるんです。

なるほど! まさに この黒と金が
そういう感じですね。

いいですか? 手に取っても。
どうぞ どうぞ。

これ 裏を見てみると

黒なわけですね。
そうなんですよ。

親子で おそろいで持ったり。

あと ご夫婦とか カップルとかで。
確かに。

ペアウォレットのようにして
お互いの片側ずつを交換して持つ。

なるほど! いろんなふうに
使うことができるから

これ1個で
お出掛けできるってことですよね。

さらに この…。

Dカンが付いてるので
ウォレットバッグとしても

こんな感じで。
へぇ~!

Dカンって ここの部分ですか?

そうなんです ベルトを
付けられるようになってるんです。

いいですね 便利!
ありがとうございます。

<革製品の店 Re-Boneは

高島さんのお父さんが
50年以上前に創業した

エキゾチックレザーを
輸入する会社から始まりました>

<エキゾチックレザーとは

クロコダイルやパイソン
アザラシなど

希少性が高い 独自の模様を持つ
革のことだそうです>

<素材の質感を
生かしつつのデザイン>

<伝統的な箔押しの技術>

<使い勝手も考えて
機能性も追求しています>

<一つ一つ 職人による手作業で
作られているそうですよ>

<いや~! 奥が深いですね>

<旅を続けましょう>

<次は 東京駅で途中下車>

着きました!

こっち
あんまり来たことないから

こんなに バスが
たくさんいるんだ!って感じ。

とっても 道路が広い気がする。
<ですね>

気持ちいいですね。

歩くのも好きです 私。
<私もです>

おっ!

「日本橋」。

え~!

渡りきった!
<アハハハハ>

あっ 三越も出て来ましたね。

あっ ここ 千疋屋の総本店。

え~!

すご~い! 初めて来た
大っきい!

あっ!
おしゃれなテラス席がありますね。

<何屋さん?>
何? ここ。

抹茶が いっぱい!
<へぇ~>

抹茶 おいしそう!

しかも 「てんさい糖」 使ってる。

「抹茶マンゴーティー」!
<えっ?>

「マンゴージュースと抹茶の
さっぱりアイスティー」。

えっ?

<甘いんですかね?>
マンゴー 甘いけど…。

抹茶の苦味と合うのかな?
<ねぇ>

「宇治抹茶&ほうじ茶の
テリーヌセット」。

めちゃめちゃ
おいしそうじゃないですか!

「IPPUKU&MATCHA」っていう
名前でもありますし

小日向さん 一服しますか!
<あっ 行きましょう>

でも ちょっと 気になるな
抹茶とマンゴーよ。

こんにちは
あっ ちょっと 消毒して。

ちょっと 看板のほうで

「抹茶マンゴーティー」とかが
あったんですけど…。

フルーツと合わせても
フレッシュな感じで

フルーツティーのような感じで
召し上がっていただけます。

気になりますね!

お抹茶 こだわりがあるんですか?
はい 当店 使ってるのが

江戸時代から続く茶農家さんから
直接 仕入れてまして

一番茶の手摘みのものを
使用してます。

かなり お抹茶にも こだわられて。
そうですね。

すごいですね!
いや~ どれにしようかな?

抹茶テリーヌ ほうじ茶テリーヌ。

これは どんな感じなんですか?

マスカルポーネを使用した
ケーキになってまして…。

マスカルポーネは
間違いないですね。

やっぱ 気になるな
抹茶マンゴーティー。

と やっぱ 宇治抹茶&ほうじ茶の
テリーヌセットかな。

かしこまりました
1250円でございます。

(電子音)
ありがとうございます。

準備 できましたら
お席までお持ちします。

外の席で?
そうですね。

テラス席 いいですね!
<ねぇ>

これ 暖かいやつだ!

ほっこりするんですよ 大好き!
<ハハハハ>

どうも。
大変お待たせいたしました。

かわいい!
抹茶マンゴーティーと テリーヌのセットです。

お飲み物 よく混ぜて
お召し上がりくださいませ。

すご~い! かわいい!
<映えるんじゃない?>

(カメラのシャッター音)
いい感じ!

<アハハハ>

いいですね!
じゃあ 早速 いただきますか。

まずは 抹茶の部分から。

抹茶をね どんな感じなのか。
<混ぜる前にね>

ちょっと いただきたい。

いいですね! ストローも紙でね
いただきます。

<どう?>
う~ん!

あっ! もう 若干
ほんのり マンゴーの香りが。

でも すっごく濃厚な抹茶
おいしい!

じゃあ 混ぜますね。

あ~! 何か もったいない!

でも 「よく混ぜてください」って
言ってましたもんね。

<はい>

おいしい!
<ハハハハハ!>

あっ!

これ ゴクゴク行けますよ。
<え~?>

<で どんな感じなの?>

抹茶の濃厚さ…
やさしい濃厚さと

何ていうのかな…
マンゴーのフルーティーがね

こんなにも
マッチするの?ってぐらい

ちょっと 衝撃ですね。
<そんなに?>

私 お抹茶には 縁がありまして…。
<ほう>

海外の試合に行く時に お母さんが
セットを持って行ってくれて

お母さんが 試合前にたてて…。
<えっ?>

飲んでから
試合に臨むというのを

小さい頃はしてたんですよ。
<へぇ~!>

お抹茶へのこだわり

好きは もう あふれています。
<知らなかったです>

これ あんまり みんなに
言ってないんですけど

お抹茶だったので思い出しました。
<いい話 聞きました>

こちらのテリーヌ。

まず 見てください 小日向さん。
<おいしそう!>

見るからに
濃厚そうじゃないですか!

いただきます! どうなのかな?

まず 抹茶からかな。
<思い出のね>

いただきますね。

お~ 柔らかい!

<あ~!>
いただきます。

<これ 間違いないでしょ>

う~ん!

濃厚!
<ハハハハ!>

マスカルポーネが
めちゃめちゃ効いてますよ。

<やっぱり!>

本当に 抹茶も濃いから
しゃべる時 気を付けないと

歯が緑になっちゃうかも。
<ハハハハ!>

ほうじ茶も行ってみますね。

いい香り!

ほうじ茶が濃ゆい!
<濃ゆい?>

抹茶 先に行ったら
ほうじ茶 負けちゃうかな?って

気持ちもあったんですけど

全然! ほうじ茶も しっかり濃い。

<へぇ~!>

<抹茶と ほうじ茶の
テリーヌは

お店をプロデュースしている
フレンチレストランで作っています>

<作り方は
まず 厳選された食材に

宇治抹茶を たっぷり入れ

だまにならないように
丁寧に混ぜ合わせます>

<そこに 蜂蜜や てん菜糖
米粉などを加えた後

湯煎したまま オーブンへ>

<1時間 じっくり加熱すれば

グルテンフリーの
テリーヌの完成>

<ふわっとした
口溶けになるんだそうです>

<その他にも

抹茶専門店ならではの
ドリンクメニューがある

IPPUKU&MATCHA>

<お店の奥には
予約制の個室があり

カジュアルなスタイルで

本格的なお茶を 楽しむことも
できるんだそうです>

<あ~ おいしそう!>

おいしかったです! また来ます。
ぜひ お待ちしております。

ありがとうございます。
<ごちそうさまでした>

おいしかった! 幸せでしたね。

やっぱり 甘いものを食べると

女子は テンションが上がります。
<上がってましたね!>

<テンション アゲアゲで
旅を続けましょう>

<次は 蒲田で途中下車>

さぁ 蒲田 着きました。

また ちょっと
がらっと 雰囲気が変わってる。

いいですね。

あっ 「京急蒲田駅西口」。

さっきの 蒲田の駅と また違う
京急の 蒲田の駅が。

ここにもあるんですね。

こっちのほう行ってみますか。
<行ってみましょ>

あら? ちょうど そこから

歩行者天国になってるのかな?
<みたいですね>

キネマ通り商店街?
お買い物道路。

いいですね。

こう 道路の真ん中 歩くって

どきどきしちゃうけど。
<ハハハハ>

うん?
<どうしたの?>

何だろう? これ。
<どれ?>

すごい すごい!

えっ? 「花」?

「花文様」かな。

「装飾工芸」。

「Rieco」さん。

「移動アトリエ」?
<えっ?>

どういうことだろう?
<どういうことでしょう?>

「ボールペンアートのせかい」。

ちょっと 気になりますね。
<ねぇ>

奥で作業されてる方がいるから

あの方がRiecoさんかな?
<聞いてみます?>

こんにちは。
(Riecoさん) こんにちは。

<「ペンで直に描いてます」?>

すごいですね! これ。
ありがとうございます。

すごく繊細なアートですよね。

全部 ボールペンで描いてて。
<えっ!>

この だるまとかも?
だるまも 描いてます。

プリントとかじゃなくて?

基本的に 全部 じかに描いてます。
<へぇ~!>

コンパスとか使わないので。
使わないんですか!

でも 下描きとかしてから
描くんですか?

下描きとか 一切しないので

その時の感覚で
ば~って描いて行くスタイルです。

普通の 100円とかの
ボールペンなんですけど。

その辺で売ってるものなので。
それで描いてるんですか。

特殊なものは使ってないので
市販にあるものを使って。

すごい!

これとか 何か 男の子の心が

くすぐられるような作品ですね。
<すごい!>

それは 小っちゃい凹凸が
いっぱいあるので

かなり描きづらくて
一番 この中では 手間がかかる。

こういうシールみたい。
よく言われちゃうんですよね。

革のバッグも 描いてるんですか?
革のバッグ 描いてますね。

いいですか? 持ってみて。
大丈夫です。

え~?

こうやって 間近で見ても
全く ぶれがないんですよ。

プリントみたいに見えちゃう
本当に すごい!

均等を保ってるのは
回して描いているので。

なので 壁…
壁画とか そういうのは描けない。

じゃあ ほぼ毎日
こういうふうに描きながら…。

3日 描かなかったら
ゆがむのが分かるので。

アスリートと
一緒じゃないですか!

私たちも 3日 滑らなかったら
感覚 変わっちゃったりするんで。

本当に 同じ世界ですね。
うれしいです。

<へぇ~!>

ゆがんだりしちゃうんだ。
ゆがみますね。

今 ちょうど描いてるんですけど。
本当だ! そのバッグ。

この後… 同じバッグなんで
こういうふうになって行くんです。

もしかして 描いてるとこ
見せていただいたり…。

大丈夫です ぜひ見てほしいです。
見たい 見たい!

こんだけ素晴らしいから

信じてないとこ ありますよね。
<ハハハハ!>

じゃあ 描きますね。

<おっ? お~!>

じゃあ 描きますね。
<ボールペンで

革に どう描くんでしょう?>

なるほど
こうやって回して行くんですね。

これは お子さんが
描かれたやつなんですか?

それは お子さんが
塗ってくれたやつなんですけど。

ここ コミュニティースペースに
なってて

親御さんとかにも
体験していただいてるんです。

実は そこに

なぞって楽しむ花文様…。
こっち?

そちらの台の上にあるので
よかったら やってみませんか?

これか! 本当だ。

うっすらと ありますね。

みんなで体験できるの
いいですね。

このボールペンで?
はい そちらのボールペンで。

真ん中の丸から描けばいいですか。
はい。

じゃあ 行きますね…
何か 震えちゃう。

よし!

だんだん 外に行けばいいですね?
そうです だんだん 外に。

私 大体 2~3枚の花びらで
回しちゃうんですけど。

なるほど
ここで こう回すわけですね。

2回 3回…。

そうですね。

回す技術は分かった気がします。
本当ですか!

じゃあ 私も ちょっと。
はい。

この丸に。

どうして
そんなに奇麗に描けるの? 先生。

先生って呼んじゃった。
<ハハハハ!>

しかも早い! 早いですね。
結構 早いんです。

ちょっと!

全然 違うじゃん! やだ~!

でも 全然 奇麗です。
優しい! 先生。

私 褒められて伸びるタイプです。
<ハハハハ>

<たった1本のボールペンで

オリジナルの
美しい花模様を描く

花文様アーティストの
Riecoさん>

<定規やコンパスを 一切使わず

完全フリーハンドで
見事な作品を生み出します>

<線の太い部分は
厚みを出すために

丁寧に なぞって
描いているそうです>

<布地のものは一部 印刷ですが

革製のものなどは 全て手書き>

<花文様を知ってもらうため
移動アトリエという形で

いろいろな場所で
活動しているそうです>

これからも楽しみにしてます。
うれしいです。

ありがとうございました。
ありがとうございます。

<ありがとうございました>

<もう少し 蒲田 歩きますか>

雨 また降って来ちゃったから
そっち側 歩こうと思うけど…。

でも 屋根があるの いいですね。

こっち行ってみますか。
<はい>

ちょっと 道を外れて
行きましょう。

うん?
<どうしました?>

これ 何だろう?

「お魚イタリアン」。

「おさかなマイスターアドバイザー のいる

お魚イタリアン」。

どういうこと?

しかも これ 「旬魚のグリルと
雑穀米のリゾット」。

「ブロード仕立て」?

ブロードって何だろう?
<何でしょう?>

「リゾット」っていうけど
リゾットって こう…。

クリーミーな感じに…。
<はい はい>

お米がなってる
イメージですけど…。

ご飯に魚って感じ?
どういうことだろう?

行きますか! ナイス発見!

お魚 大好き!
<ナイス~!>

「B1」って書いてあるから
地下ですね。

こっちか。

何か 下も 通りになってますね。

いきなり お店っていうよりは。

えっ? 「奥の扉 どうぞ」。

あれっ? 何か…。

何か 楽しそうな景色が。
<面白そう!>

<蒲田で見つけた
お魚イタリアンのお店>

あれっ? 何か…。

何か 楽しそうな景色が。

<本当だ!>

ここか。

「Trattoria M’s」。

こんにちは お邪魔します。
(三井さん) いらっしゃいませ。

(三井さん) 検温のご協力
お願いいたします。

よかったです。
ありがとうございます。

どうぞ ご案内いたします。
あっ ちょっと…。

お店が 気になるんですけど…
すごくない?

マイ・ブロックという。
マイ・ブロック。

元々 こういう形で
やられてるんですか?

1年前の5月ぐらいから
これを設置したんですけど。

今回のコロナ禍で
うちの感染対策の一つとして

設置をさせていただきました。
なるほど!

これは わくわくする。
無機質なパーティションよりは…。

少しでも お客さまに
楽しんでいただければと思って。

お子さん 喜ぶんじゃないですか?
大喜びです。

あそこから下りて来る時に
ちらっと見えたんですけど。

あれっ?
わくわくする景色があるぞ!って。

ありがとうございます。

どうぞ ご案内いたします。
わくわくしちゃう!

お気を付けて。

これ 案内してもらうのも
わくわくする!

ピンポ~ン!の…
よく 番組で見るやつだ。

<ハハハハ!>

こちらで よろしいでしょうか?
ありがとうございます すご~い。

奥 お座りください。
ありがとうございます。

何か 個室みたいですね
すご~い!

入り口で見たんですけれども…。

おさかなマイスターアドバイザー の方が
いらっしゃる

お魚イタリアンと見たんですけど
それって 一体…。

築地の市場と 全国の漁連で

10年前ぐらいに つくった
協会がありまして。

おさかなマイスター協会。

当時 お魚離れといいますか
あったので…。

小さいお子さまでも
切り身しか見たことないとか。

なので お魚の食べ方一つにしても
お魚の伝道師として

資格を発足させたのが最初です。

面白い! 私 お魚 好きなので
興味があるんですけど。

そして
また 看板で見たんですけど

リゾットが 私の知ってる見た目の
リゾットじゃなくて。

そして ブロード仕立て?

そちらは
召し上がってみてからの

お楽しみということで。
なるほど。

リゾットで おなか いっぱいに
なっちゃうかもしれないので…。

うちのほうでは スモールサイズ
全ての料理 作っていますので

もし よろしければ
小さいサイズ ご用意いたします。

小さいサイズあるんですね。
はい。

スモールサイズがあるなら
他のお料理も食べられますよね?

大丈夫だと思います。
本当ですか うれしい!

お薦めってあります?

魚介類を使ったラザニアを
今 やってますので よろしければ。

ラザニアとリゾット
お願いします。

かしこまりました
ありがとうございます。

できてないから
押しちゃおうかな?

<何を?>

これですよ 小日向さん。

これ 押したくなっちゃうでしょ!
<ハハハハ!>

♪ ピンポ~ン
<はい 村上さん!>

いい音ですね。

これは ちょっと
いろんなとこにあるんですけど

全部 押したくなっちゃう。
<ハハハハ>

お待たせいたしました。

すごい! ありがとうございます。
お熱いので お気を付けて。

これが…。
魚介ラグーのラザニアです。

マスク越しでも
すごい 魚介の いい香りが。

<お肉じゃなくて 魚介ですか>

いただきます。

いい香り! う~!

熱そ~う。

チーズが伸びますね! お~!

<どんな感じ?>
う~ん!

すご~い! お口の中に 魚介が
ふわ~って 香りが。

クリーミーで おいしい!

どんな魚介が入ってるのかな?

ちょっと 細かくなって
本当に ほろほろになってるから

分かんないですね。
<へぇ~>

う~ん!
<おいしいんですね!>

お肉じゃないと
物足りないかなと思ったけど

全然 そんなことないです
超おいしい!

うま味が じゅわって出てる
おいしい!

<魚介ラグーのラザニアの
ベースとなるラグーソースは

エビ イカ ホタテ アサリなどの
魚介類を

フードプロセッサーにかけ

そこに オニオンのソテー

白ワイン トマトソースを合わせて
作ります>

<そして 器に ラグーソース

ベシャメルソースと
ラザニアシートを交互に入れ

パルミジャーノチーズと
モッツァレラチーズを加えて

オーブンで焼けば 出来上がり>

<魚介の風味が
口いっぱいに広がります>

お待たせいたしました。

えっ! すご~い!

こんな立派な!
今日は 宮城で取れたヒラメを。

<お~!>

これがリゾットですか?
はい。

これは どうやって
食べて行けばいいんでしょうか?

そこに添えてあるブロード
おダシなんですけども…。

お魚の骨とアサリで取った
おダシになります。

お好みの量 注いでいただいて

あとは好きなように召し上がって。
なるほど!

うわっ! 見てくださいよ。

こんな奇麗な黄金色のおダシ。

<うわ~!>

これを かけるわけですね
じゃあ 行きますよ。

う~ん!

<あ~ これ おいしいかも!>

<おダシをかけて いただく
リゾット>

う~ん!

今 香りが ふわ~って来ました
湯気とともに。

崩しちゃうの もったいない!

<肉厚なヒラメ>

お魚 すっごい軟らかい。

スープと ご飯を 一緒に。

こんな感じかな。

<おいしいんですね その顔は>

うん! おいし~い!
<ハハハハハハ>

お魚
もちもち ふわふわなんだけど

この雑穀米も
いい感じで 硬さもあって

おダシと 全部一緒になった時

幸せが止まらないです。
<ハハハハ!>

あ~ おいしい!

いろんな うま味が
本当に凝縮してる。

これ 大げさじゃなくて
本当に おいしい!

<おさかなマイスターアドバイザー が
生み出した

オリジナルリゾット>

<お米は イタリアの品種を
日本で生産しているもので

それを雑穀米と合わせます>

<ブロードは イタリアでは

野菜や魚介などから煮出した
ダシのこと>

<それを 食べる直前に かけ

お魚を崩して
雑穀米と一緒に いただきます>

<その他にも
しらすのブルスケッタなど

海の幸に こだわった料理が
楽しめます>

<うわ~ どれも おいしそう!>

<いや~!
笑顔いっぱいの村上さんと

ぶらり旅 満喫しました>

<では また!>

<春色に染まり始めた町>

<優しく そよぐ風に導かれ

いい一日になりました>

高橋大輔さん主演で
5月に開催される

アイスショー 『LUXE』に
私も出演いたします。

歌あり 踊りあり
もちろん スケートもあります。

テーマは「世界巡り」
極上のひと時をお楽しみください。