テレビ千鳥 心に響く言葉選手権2[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

テレビ千鳥 心に響く言葉選手権2[字]

企画は心に響く言葉選手権2。芸人が本気で良い言葉を作り発表。短文部門、だもの部門で競い合う。解説は又吉。ゲストは麒麟川島・ロッチ中岡・三四郎小宮・チョコプラ長田

◇番組内容
企画は心に響く言葉選手権2。芸人が本気で良い言葉を作り発表。短文部門、だもの部門で競い合う。解説はピース又吉。ゲストは麒麟川島・ロッチ中岡・三四郎小宮・チョコプラ長田が挑戦。果たして最も心に響く言葉を生み出すのは誰なのか?
◇出演者
千鳥(ノブ・大悟) 麒麟川島・ロッチ中岡・三四郎小宮・チョコレートプラネット長田
◇おしらせ
☆番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tvchidori/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 川島
  2. 長田
  3. 小宮
  4. 一同
  5. 中岡
  6. 言葉
  7. 又吉
  8. アホ
  9. 大悟
  10. 作品
  11. ハハハハ
  12. 最後
  13. マネージャー
  14. 短文
  15. 発射台
  16. パンティー
  17. 一緒
  18. 緊張
  19. 部門
  20. 面白

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



こうやってるイメージね。
こうやってるイメージ。

これはイメージ…。
いやいやいや…。

(拍手)

〈芸人が ボケなしで

本気で心に響く言葉を作る企画の
第2弾〉

〈参加するのは
こちらのメンバー〉

川島さん
前回やって いかがでしたか?

今回も スケジュールメールに
入ってた時に

「またやるんだなぁ」と思いまして。
「やるんだなぁ」。

(川島)その時が もう
みつをみたいになってました。

相田みつをに
なってますね。

(大悟)お隣の人は よく来れた…。
そうですね。

そして 初登場です。
チョコプラ 長田!

すいません
よろしくお願いします。

これは…。

ああ そうなんですよね。 まず…。

どっちなんだっていうのを
めちゃくちゃ悩みまして。

でも 長田 安心してください。

この先生が…。

(又吉)今日も 一刻も早く もう
言葉を浴びたいです。

浴びたい?
(川島)「浴びたい」じゃない…。

〈今夜は
いつもより ちょっと知的に〉

〈芸人が自ら考えた優しい言葉で
皆さんを癒やします〉

〈最初のお題は 心に響く短文〉

最初の心に響く言葉は
こちらです。

ちょっと…
すごいのが来ましたよ。

(一同 笑い)

ちょっと いきなり
すごいのが来ましたね。

これだけじゃ
まだわかんない…。

「なんとかは なんとかだから…」
とかじゃない。

すごい文体ですね。
(長田)すごいな…。

聞いた事ありそうで
ないなあ。

さあ この言葉を書いたのは
誰でしょうか?

あっ 大悟! へえ~!

(川島)これは
ちょっと 聞きたいわ。

決して

ああ なるほど なるほど。

女の子が 男の子に
言ってる事じゃなくて

人としてね 好きな人いるでしょ?
います。 はい。

わし みんな好きや。
川島さん 好きやから。

川島さん 好きな時に

「川島さんって どんな人?」と
思えば

自分は こういう人間であった方が
いいんだって事がわかるわけよ。

ああ~ はいはいはい。

嫌いな人に
なりたいわけないやん。

で ノブの事を好きやったら
ノブの事を考えた時に

それで みんな よくな~い?

(一同 笑い)
(中岡)ちょっと おかしいぞ。

最後

ゆーびーむ☆みたいな。
ゆーびーむ☆が出てきましたね。

「これで みんな よくな~い?」
って。

だから いま一度

自分が好きな人間の事を
考えてみようよっていう。

なるほど!
(又吉)うん。

さあ 又吉先生。

おおっ! 素晴らしいですか!

(小宮)よかった よかった。
すごい。

例えば
単独ライブのアンケートで

「一番面白かったネタは?」
っていうのを書く時は

みんな 楽しかった事を
思い出すじゃないですか。

あれ いいと思うんですよ。

「面白くなかったネタ」
たまにあるじゃないですか。

あれ いります?
いらない いらない。

どれが おもんなかったかなって
考えていくのって…。


楽しくなるわけじゃないですか。

ポジティブな発射台!?
はい! はい! はい!

「はい! はい!」じゃないのよ。
言ってないやん。

発射台なんです!
そうですよね。

のってるやん。
いや これは もう

発射台なんですって。
発射台って書いた?

どこがやねん!

こういうふうな発想を
持ってると

楽しい時間が
増えるじゃないですか。

これ すごい有効やと
思うんですよね 日常でも。

…いう事ですよね。
ハハハハ…!

(中岡)いやいや めちゃめちゃ
すごい感じになってるやん。

調子とる亀みたいになってるやん。

(川島)浦島に媚び媚びのやつ。
浦島に媚び媚び亀。

〈大悟の作品が高評価〉

〈続いては…〉

こちらです。

これは
いい感じはしますね。

「成功が近いんだから」
っていうのがね なんか…。

さあ 考えた方は
どなたですか?

あっ! 川島さんですか。
どういう…。

本番があるじゃないですか。
まあ 我々で言うと

こういう収録もやし
ライブもやし

学生の皆さん
試験であったりね

働いてる方
プレゼンとかあると思います。

緊張するのって
なんか 失敗するかもで

やっぱり 緊張してると
思い込んじゃってるんですよ。

頑張って 自分が

おお!

下を見てしまうと うわっ
落ちるんちゃうか? と思うけど

同じぐらい

だから
その 緊張するっていうのは

そこまで頑張った
証しでもあるし

もう あと ここ クリアしたら
成功が近い。

その武者震いでもあるよ
という事をね

ちょっと言いたいんです 私は。

(スタッフの笑い)
ありがとうございます。

めっちゃ…。

『関ジャム』の
古田新太さんみたい…。

こんなん してるか? 牙帽子。

牙帽子 かぶっとるか? わし。
いや 牙帽子と角です もう。

…って 響きもいいですし
言ってて気持ちいいですし。

気持ちいいです。
読んでて気持ち良かったです。

色んな状況に
当てはまると思うんですよ。

やっぱり… 例えば
ドミノの1つ目 立てるのって

緊張しないんですよね。

いくらでも
やり直し きくんで。

で 1000個目 立てるのって

やっぱ すごい
緊張するじゃないですか。

はいはい はいはい!
そこまで

…やっていう事を
思い出させてくれるというか。

ハハハハ…! 顔 変わってる…。
顔 変わってますやん!

これはドミノなんですよ。

羽二重 つけました?

嬉しすぎて 目がつり上がって

太秦のメイク室ですやん。

〈短文部門 残るは3人〉

〈続いては…〉

こちらです。

ちょっと…
うん うん うん…。

(川島)神からの…。
はい。

使いがちっちゃ
使いがちよね

ギフトって
言葉は。

あと 神もね
実は 神もね。

2人… 2人 なんか
辛口の方に回ってますけど。

そういうんじゃないですよね!
違う違う 違う違う違う…。

そういうんじゃないです。

(長田)なんか ちょっと
予防接種終わった人みたいな。

(一同 笑い)
(長田)そんなマウントの取り方です…。

そういうのじゃないけど
なんか…。

この言葉を書いたのは
誰でしょうか?

はい。
小宮さんだ! 小宮さんだ。

ちょっとね 2人の攻撃がね
きつかったですけど…。

いや 攻撃じゃないです。
攻撃じゃない…。

手挙げる前に
なんか ギフト使いがちとか

なんか
あんま なかったんですけど。

(中岡)鼻で笑ってたし。

なんか 僕とか やっぱ
滑舌が悪いみたいな…

言われたりして いいものとは
思ってなかったんです。

でも 芸人の世界 入って
お前 滑舌悪いな みたいな。

しゃべった事ない先輩とかから
話しかけてもらったりとか。

だから これって 意外と

神様が与えてくれたプレゼント
ギフトなのかなって思いました。

なんかね 貼ってそうで
居酒屋とか。

(一同 笑い)

(小宮)居酒屋っていうと ちょっと
チープになっちゃうんですけど。

(中岡)居酒屋もいい。
(小宮)まあ いいですよね。

大悟さんとか
川島さんとかが

やっぱり
神からのギフトに

すごい
引っかかってたじゃないですか。

そういう時は

…みたいな言い方にするとか。

「足りない」という物を持っている。

ガラリと変わりました 先生!

(一同)うわあ!
(拍手)

(中岡)すごー!
(長田)すげえ!

(川島)先生!

今 もし ここに そうやったら
うわっ! ってなってた。

だから 人によっては

こっちの方が
響く人もいるでしょうし

なんか どう届けるかですよね。

「足りない」という物を持っている。

それがいい。
そしたら 短くなるしね。

それにしよう。

何を ずっと しゃべってんの…。

しゃべってた?
しゃべってたんだ…。

ブルン ドドドドド… みたいな。

1回 エンジン 切ってみて。

(川島)ブルン ドドドドド…。
降りろよ。 1回降りろって!

ごめんなさい。
ちょっと なんだろうな?

これ 大丈夫かな?
環境にも悪いから。

続いての作品は こちらです。

おお はいはい
はいはいはい。

ちょっと 2人なんなん?

(川島)いやいやいや…。

違うって。 違うやん 別に!

塾のSクラスの嫌な生徒…。 なあ。

この言葉を書いたのは
誰でしょうか?

あっ 長田だ!
(長田)はい。

長田だ。 これは 長田さん
どういう意図がありましたか?

まあ 何か1個 秀でてる人は

まあ いっぱいいるとは
思うんですけれども。

はいはい はいはいはい。

うちのマネージャー
東大なんですね。

うちのマネージャー 東大で

すごい 仕事も
できるんですけども。

まあ ある日… 昼頃ですかね
現場で なんか 遅れて…。

長田さん エピソードトーク
しようとしてますか?

長田さん 長田さん…。
(川島)猛スピードで。

(小宮)早い! 早いから!

なんか 笑いが…。
長田さん 気持ちはわかります。

(川島)わかる。
トークテーマじゃないでしょ?

(長田)トークテーマの
タイトルじゃないです。

俺が感じたという話です。
マネージャーさんね?

ある日 昼ぐらいに なんか こう
現場に遅れて来たんですね。

「ある日」…。
(長田)そうそう。 ほんで…

すいませんって言ったら
その声が ガサガサだったんですよ。

「何 どうしたの? 風邪?」
みたいな。

「すいません。 あの 1人カラオケ
行ってました」みたいな…。

エピソードトークやな…。
(長田)言い出して なんか…。

(小宮)「ある日」って
言ってるんだもん。

なんですか? いや 違う…!
いやいや 違うんですよ!

ハハハハ…!

ちなみに この文は

今日の朝 わざわざ 考えてきて…。

(川島)えっ! 今日?
そんなん なしよね!

(長田)違う 違う…。
そんなん できるの?

深夜 寝る前に あれ?
ちょっと違うかもしれんって

マネージャーに送りました。

差し替えできるなら
差し替えしてくれって言って

差し替えて…。
あのマネージャーに?

あのマネージャーに。
(川島)声 ガサガサの。

さあ 中岡さんの作品です。
(中岡)嫌や…。

(朝日)どうも 朝日奈央です!
日清食品チルド「まぜ麺の達人 台湾まぜそば」

誰この人カワイイ!

もちもちの極太生麺に 特製濃厚 具入りだれ!

卵を載せて 台湾まぜそば いきます!

とまらない やみつきな うまさ。

日清「まぜ麺の達人」 つけ麺も! 私が目印!

〈心に響く言葉選手権 短文部門〉

〈ラストは 中岡〉

こちらです。

うん…。
うん…。

はーい
はいはい…。

ハハハハ…!
(小宮)短文って…。

(長田)ちょっと 短文…。

いやいや…
短文って言ってたんで。

いや それはさ 何文字までって
言ってほしいわ。 それは。

それは なんか
短文って言うてきたら…。

短文って言うてきたから。

これは 中岡さん
どういう…?

こんな事を考えてても
大丈夫かなって

思う時あるでしょ?
(川島)わかります はい。

でも それを
ずーっと考えたら

ああ~。

研究者の人とかって
結構 そうですもんね。

「なんちゅう事を
ずっと調べてんねん」が

のちの 人の役に立つようなものを
作ったりとかね。

そうそう そうそう…。
そうです。

そういう研究も

たとえ なんの役にも
立たなかったとしても

こっち行き止まりやで
っていう事を

示してくれてるから。
ああ~ なるほど。

…っていう意味では
無意味ではないし。

だから 完全な無駄じゃない

っていう意味として
取れるので

これも やっぱり
勇気づけてくれる言葉やと

思うんですけどね。
なるほど!

これ 短くするなら
どうでしょう?

(又吉)どうしたら
いいんでしょうね?

(川島)「ずっと」いらないでしょ。

だから 「アホな事を考え続けたら
アホじゃなくなるよ」でいい…。

「アホをずっと考え続けたら」でも
まあ いける…。

めちゃくちゃ言う
Sクラスの生徒。

(中岡)ホンマ。
なんなん? そんなに。

あと 中岡さんの
意図としては

その真ん中の
無駄な

「ずっと考え続けたら」
っていう文字数で

読む時間
長くなる

言わされてる僕たちが

ずっと考えてる状態を
疑似体験させられてる

っていう事ですよね? だから。
あえてですか? じゃあ。

(又吉)あえて
時間を長く持たすっていう。

ウソつけ! ウソつけよ!

アホが考えたという
演技なんだ これは。

だから
いらん文章が入ってるのか。

だから わざと長くして…。
(川島)うわ~!

アホやから。
アホやからや!

アホになりきったんだ!
アホなんだ。

アホですねん。
(一同 笑い)

(川島)プロ!
プロのアホなんだ!

わざとじゃねえ!
たまたま!

〈続いては 言葉の最後が

必ず「だもの」で終わる

だもの部門〉

最初の言葉は こちらです。

(又吉)
ハハハ…。

(中岡)たま~に なんか
そういう所 あるのかな。

あるね こういうお店ね。

これ 面白いんですけど。

面白いですよね これ。

これを 相田みつをさんの
詩集で見つけたら

大笑いします。

さあ これは誰ですか?

はい。
川島さん…!

どういう意図ですか?

(一同 笑い)

赤マグロ2貫ですね。 うん。

又吉先生 どう見ますか?
いや 素晴らしいですね。

素晴らしい? 素晴らしい?

このお店って 結局

イントロでサビをやってる店
じゃないですか。

ハハハハ…!
はいはい はいはい。

そんな全力疾走を
しようとしてくれる その

なるほど。
店まで わかるんだ。

そういうところですね。
一緒よ だから。

(川島)いきなり いきなり…

「寒い夜だから」って始まるのと
もう 一緒です。

TRF…。
あれ すごかったですもんね。

もう
あそこから入るじゃないですか。

「だもの」難しいなあ。
「だもの」は ちょっと難しいし

面白いですね。

えっ 今回も…? 長田さん。

財布 忘れたヤツのリアクション。
ああ~ さっきのやつや。

やっちゃった…。
もう電車には乗ってる。

(川島)もう電車には乗ってる。

どこで落としたかも
もう わかってる。

さあ 続いての作品は こちらです。

ほ… ほほう…。

…という言葉ですね。

(川島)「人生で行き詰まるのは
当たり前」

「死ぬまで 迷路を
歩いてるんだもの」

(川島)ちょっと待ってや。

(一同 笑い)

(小宮)いや よくないですよ。
よくない よくない…。

校歌か? これ。 ん?

校歌じゃないです。

校歌は入ってこないですね

確かに。

この言葉を書いたのは
誰でしょうか?

(長田)はい。
「違うな」と言っていた長田さん。

(一同 笑い)

でも
成功してるというか

未来を見える人なんて
いないわけですから。

だから 別に 行き詰まるのも
ホント 運っていうか…。

迷路って
そうじゃないですか。

(川島)めっちゃ待ってんねんけど。

エピソードトーク…。

違う 違う。 そういうつもりで
書いてきてないから!

続いての作品は こちらです。

フフフ…。

〈心に響く言葉選手権
だもの部門〉

〈残すは 3人〉

続いての作品は こちらです。

フフフ…。

(一同 笑い)

大悟さん。 大悟さん
どういう事ですか?

もう
誰とかじゃないんですよ。

「大悟」って書いてるのと
一緒なん?

「大悟だもの」って書いてるのと
一緒や…。

「大悟だもの」と一緒。

あのね パンティーって
その…。

女性にとっての。

ホントに 最後の砦なのに

いや まあ
色にもよるけど…。

なんで
こんな最後の最後のやつを

こんなに弱くしてるの?
えっ…?

…っていうね。
全てが淡いのよ。

(一同 笑い)
(川島)勝手に…。

ダメです ダメです。
ダメなんですか?

一回 通らないと
いけないですから。

それが なんか

女性の全てを
物語ってるような…。

かわいさと 奥ゆかしさと

最後の なんか
男子へのプレゼント…

ギフト的なもんも。
(一同 笑い)

(小宮)ありがとう!
ありがとうございます。

女神からのギフトというか。
(小宮)似てるなあ…。

いやあ 面白いですね。
あの…

パンティーって
だから どんな濃い色でも

淡く見えるっていうのは

簡単に
手の届かないものやから…。

(又吉)現実なのか どうなのか…。
あれ そうなんだ。

(又吉)手の届くものじゃないけど

いざ 手が届きそうになった時に
今度は

何か
優しく迎えてくれるような…。

なるほど!
(又吉)そういう なんか…。

なるほど!
(又吉)…っていうのが すごい。

すごいね そう聞くと。

淡く見えてるのは
こっちのせいなんだ。

かすみがかってるんだ。
あまりにも幻想的なもんだから。

うん。 探す時あるやん?

(一同 笑い)

僕 だから 今 一番 芸術的だな
って思ったんは

発表する前に
赤い布 掛けてたじゃないですか。

はい!
「パンティー」だけ透けてたんですよ。

(一同 笑い)

(川島)それが
すごいエロスでしたね。

「パンティー」って力強いよな。

続いての作品は
こちらでございます。

(川島)いや まあなあ…。
ああ…。

(川島)ちょっとなあ…。
なんか 女子が聞いたら

「やだ」って
なりそうな気もしますが…。

ハハハハ…!
(川島)「だもの」も合ってないし

今の時代に発表する作品じゃ
ないですよ これ。

(スタッフの笑い)
辞任… 辞任ですよね。

辞任。 こんなものは もう…。
Sクラス 厳しいねえ。

このままの意味やったらね。

さあ こちらの作品は
誰でしょうか?

(中岡)はい。
ハハハハ…!

(又吉)中岡さん…。
中岡さん。

(中岡)聞いてください
聞いてください。

そう捉えるでしょう? みんな。
捉えちゃいました はい。

これ

ええーっ!
(中岡)パンツ見えちゃうって事は

ちょっとしたミスじゃない。
そうですね はい。

でも それを「減らないんだから」
っつって言って…。

(一同 笑い)
(小宮)「だもの」。

(長田)だからだもの。
「だから」って言ったよね?

「減らないんだから」やんな。
せめて「だもの」で きてください。

絶対 だもの選手権ですから 今。

減らないんだものって事で
別に そのミス

そんなに気にする事じゃないよ
っていう

優しい言葉として捉えてほしいと
思って

ここに持ってきました。
はあ~!

この選手権で

(一同 笑い)

先にパンティーがきた時…。

まさか こんな事故るとは
思ってなかったと…。

〈だもの部門 ラストは小宮〉

こちらです。

はいはい はいはい…。

トランプの?
(小宮)トランプの大富豪って

下 ずっと突き詰めていくと
ある時

はいはい はいはい。
(小宮)やっぱ…。

(小宮)えっと 「右は左」
っていうのは あの…

ファミコンの初期の
『ドンキーコング』って

やった事ありますか?
はい。

ハハハハ…!
(小宮)ですよね?

やっぱ… そう… それで
やっぱり 失敗したって

それを
ずっと突き詰めていったら

結果 成功への道があるよ
っていう…。

突き詰めろという事ですか?

(小宮)そう。 突き詰めたら
それが もう 武器になって

人生は好転するんじゃないか
って事です。

『ドンキーコング』で
右に行く事は

突き詰める
っていう事なんですか?

いやいや… あの
まあ 例えの部分で…。

「だもの」が利いてるんですかね?
これ。

(川島)「下は上で 右は左
押すなは押せ」で…。

で 終わりでいい感じは…。
(川島)「だもの」…?

まあ まあ その…
僕も思いましたけど

だもの部門だったんだもの。

(一同 笑い)
今 「だもの」や。

今 「だもの」や。

(小宮)だもの部門
だったから もう…。

突き詰めていって 違うって思って
真逆のやったら

実は そっちだったっていうか…。
(一同)ああ~!

(長田)だから
俺らとかやったら

ずっとコントやってて
全然売れなかったですけど

コントと真逆のモノマネとか
リズム芸やったら

それが跳ねて
こっちに繋がるんだっていう…。

結果 でも コントも
評価されてるじゃないですか。

なので だから…。
(小宮)やっぱり 結局は

そっちの方向でも…。
ケンカ… ケンカしだすなって!

『朝まで生テレビ!』
みたいになってる。

『朝まで生テレビ!』。

さあ では 最後に

Best of 心に響く言葉を
選んで頂きましょう。

「好きな人は どんな人ですか?」。

おお~!
(中岡)すげえ!

なるほど。 大悟の1発目のやつ。

これは どういうところを
選びましたか?

楽しい事を
考え始められる

きっかけになる言葉
っていうのが…。

ポジティブの発射台。
発射台ですね。

(又吉)
そうですね。

それが素敵やなと
思いました。

また やって ほんで 次 なんか
パンティー部門とか作っても…。

(一同 笑い)

エピソード部門っていうのは
ありますか…?

いいですか? 入れてもらって。
(川島)それトークコーナーや!

1個 いいですか? エピソード…。

〈意外と知らない

これ 何?

手も足も出んど。
(スタッフの笑い)

きた!

久しぶりに会うのう。
久しぶりにしゃべりだした…。