ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

山瀬まみがぶらり旅▽使うたびに味がでる!酒袋で作るおしゃれなトートバッグ▽そのまま食べる!おやつバター▽卵から肉まで!燻製すき焼き▽タマネギとサワラ?飲むお出汁

詳細情報
出演者
【旅人】山瀬まみ
番組内容
山瀬まみが東急多摩川線・東横線でぶらり旅▽使うたびに味がでる!酒袋で作るおしゃれなトートバッグ▽そのまま食べる!おやつバター▽卵から肉まで!燻製すき焼き▽タマネギとサワラ?種類が豊富な飲むお出汁の専門店▽袖口の形?面白ティッシュボックス&巾着袋のようなポケットがついたコート▽LOVE石碑や石の卓球台がある!アートな神社▽次回予告!太川陽介が銀座線でぶらり旅!果物のような革製品&自分で文字盤描く時計
音楽
【番組テーマ曲】「Lamp」sumika
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 燻製
  2. 本当
  3. ダシ
  4. 渡部
  5. バター
  6. 種類
  7. 神社
  8. デザイン
  9. インターホン
  10. カフケース
  11. ステキ
  12. 結構
  13. 酒袋
  14. オブジェ
  15. コーヒー
  16. シャーベット
  17. タマネギ
  18. トマト
  19. 開米
  20. 失礼

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥980 (2021/10/27 19:29:47時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

<今日は 東京・大田区の神社で
待ち合わせ>

<あっ あの後ろ姿 そうかな?>

(山瀬) あっ! 小日向さん
おはようございます。

<おはようございます 山瀬さん>

おはようございます。

私 『ぶらり旅』初めてですので

いい旅になればいいなと思って
今 お願いをしていたところです。

<あ~ そうだったんですか>

今日は どうぞ
よろしくお願いいたします。

<こちらこそ
よろしくお願いいたします>

<でも 何で こちらの神社に?>
実は この神社は

アートなものがあるそうなんです。
<へぇ~>

神社でアートって何だ?と。
<ねぇ>

気になりますよね 見てみますね。
<はい>

<どんなアートが
あるんでしょう?>

石の上 歩くのかな?
ここ 歩いていいのかな?

あっ! いきなり見つけました。

これ オブジェですよ。

あっ! 「LOVE」。
<ラブ?>

L O V Eです。
<あ~>

ご丁寧に 「O」の中に
鳥居が入っております。

<本当だ>

「新田神社は『運を守り開き

幸せに導く神様』として
信仰されています」。

なるほど。

「ここにおまいりして
写真を撮ったカップルには

『幸せ』になってもらいたいという
願いを込めて作製した

『石の彫刻 LOVE神社』」。
<へぇ~>

写真 撮るスポットなんだ。
<なるほど>

何か かわいいもん ここ。

これ ハートだけど

絵馬的なやつですよ。
<絵馬?>

ここで 永遠の幸せを祈願して。

…というデートを
カップルはしてるわけですね。

<そうみたいですね>
ねぇ!

いいですね 懐かしい そんな恋心。
<アハハハ!>

あっ!
<何?>

また 違和感発見。
<違和感?>

これ 何でしょう?

<テーブルですかね?>

キレイです。

これ…。

卓球台?
<えっ?>

だって これ
ネット代わりじゃないですか?

<本当だ>

<石の卓球台ってこと?>

あっ 「卓球台」!

<何か書いてあります?>

ほら 『石の卓球台』! 大正解。

<ピンポ~ン!>

無料で ラケットとか球を
お貸ししてますので

社務所に
お声掛けくださいですって。

そもそも 何で こういうのを
作りだしたか 聞いてみます?

<聞きたいですね!>
社務所があるみたいですからね。

よし! 社務所。

これは… 誰もいないけど
入っていいんですかね。

失礼しま~す。

あっ よかった。

ご用の方は ボタンを
押してくださいが ありました。

(チャイム)
ここで鳴ったぞ。

(品川さん) はい こんにちは。
こんにちは。

すいません お忙しいところ。
ようこそ お参りいただきました。

歩いてて オブジェとか
いろいろあって気になったんです。

アートな神社になる
きっかけってあるんですか?

実は ここの沿線が
昔 目蒲線という沿線で

蒲田と目黒を
結んでいたんですけども

西暦2000年に

東急さんの改革で
多摩川線に分断されてしまって。

その地域の活性化ということで

当時 多摩川アートラインプロジェクト という
チームが立ち上がった。

各駅に いろんな先生たちの
彫刻とか 絵とか 写真とか

作品を
飾るような動きが出た時に

『石の卓球台』を置いてください
『LOVE神社』石碑を置いてください。

…と奉納されたことが
きっかけで

そういった
アート的な神社になりました。

お守りとかも 種類 多いですね。
そうですね。

『LOVE神社』という石碑を
モチーフにしたお守りが有名で

皆様方に喜ばれています。
さっき 見た!

へぇ~!

<室町時代の初めに
創建されたと伝わる

新田神社>

<2007年の
多摩川アートラインプロジェクト を機に

実際に遊べる 『石の卓球台』など
アートオブジェを設置しました>

<以来 若者にも親しまれる神社を
目指そうと

かわいらしいデザインの
お守りなども

扱うようになったそうです>

とても親しみやすい
気軽に入れる感じの

ステキな神社でした。
<そうでしたね>

ということで 近くの
武蔵新田駅から 東急多摩川線で

ぶらり旅したいと思います。
<はい!>

<今日は 東急多摩川線で
多摩川駅方面へ>

<そこから先は
東横線に乗り換え 渋谷方面へ>

<山瀬さん
初めての『ぶらり旅』>

<春らしい出会いに
恵まれますように!>

<まずは 多摩川駅で下車>

何ですかね?

あっ! ワ~オ!

駅前に 公園!

こっち カフェとかあって…
こりゃあ いいですね。

<いい感じですね!>

子供たちが遊んでいる。

かわいい! 小っちゃい。
<アハハ>

<気持ちよさそう!>

散策する道が 結構ありそうな。

ほほ~う。

え~!? 階段!

長い!
<アハハハ! 結構ありますね>

長い階段。

自分にチャレンジ。
<頑張って~>

1・2・3・4・5・6…。

ハァ…。

あ~!

もうダメだ!
<ハハハハ! 大丈夫?>

階段 上ったのに
下りずに 道に出た。

公園… これにて終了。

すごい いいお家が
いっぱいだ!

住宅街ですね。

こっち 行ってみます。

うん?

これは?

何か カバンが。
<カバン?>

「酒袋鞄」。
<へぇ~>

「SAKE-TOTE BAG」って書いてる。

でも 一軒家で
誰かのお家かと思われますが

ここには
「SHOWROOM OPEN」と

書いてあるのを発見。
<えっ どこ? どこ?>

酒袋鞄のショールームでしょうか。
<本当だ>

これは 気になるのだけど
どうしたらよいのだろう?

<一軒家みたいですもんね>

あっ。

「御用の方はインターフォンで
お呼びください」。

(チャイム)

(インターホン:六高寺さん) はい。
すみません。

外で「SAKE-TOTE BAG」っていうのを
見たんですけれども。

こちらはショールームですか?
(インターホン:六高寺さん) そうです。

(インターホン:六高寺さん)
少々お待ちいただけますか。

すいません。

よかった。

(六高寺さん) どうも こんにちは。
突然 すみません。

ちょうど 今 ご予約の方
いらっしゃらないので どうぞ。

突然で ごめんなさい。

ありがとうございます
では お邪魔いたします。

ちょっと分かりにくい
ショールームなので。

本当!
誰かのお宅なのかと思いながら。

すいません お借りします。
は~い。

お邪魔します。
はい どうぞ。

そう! これ これ!
これが お外で見えたんですよ。

これが 酒袋のカバンなんです。
酒袋!

酒袋って何ですか?
これなんですよね。

元々は
種類 木綿の こういう袋で。

発酵した もろみを 中に入れて…。
お酒造りの時!

静かに 清酒をこす道具だった。

袋に入って つられてるやつ!

つる やり方も あります
よくご存じで。

初めは真っ白なんだけど
抗菌のために

柿渋を塗るんですね。
柿渋を。

それを 何十年も重ねると
こういうレザーライクになって。

それを 私たちは
そのままデザインにして。

革職人さんに仕上げていただいて。

布みたいな生地が…。

ちょっと 触ってもいいですか
何で こうなるんだろう?

目が粗いから その間に
柿渋が入って行くんです。

こういうふうに硬くなるんです
レザーみたいに。

小日向さん 音で分かります?

(布がぶつかる音)
パンパン!いうぐらい。

(布がぶつかる音)
<分かります 分かります>

手に取ってみても いいですか?
どうぞ。

この大きいの。

ワ~オ!
<いや ステキですね>

すごい風合いですね。

うわ~ かわいい! 中。
<えっ?>

見ます?
<見たい 見たい!>

ほら!
<お~!>

フランスの国旗。

何だ こりゃ! おしゃれだなぁ。

全部 中が違っていて。

例えば これとかは帯なんですね。

これ 帯ですか!? 締めてた帯。

古着ってことですか?
はい。

全部 再利用っていうか…。
そうですね。

どうぞ。
すいません。

見るのが
楽しみになって来ちゃった 中を。

さぁ 中。

めちゃくちゃ かわいい!

かわいいです。
<どれ? どれ?>

デ~ン!
<お~!>

パッチワーク! 凝ってる。

全部 一点物。

自分だけのものになるわけですね。
そうなんですよ。

いや~ かわいい!
これ テンション上がる。

何か ステッチも独特ですよね。
そうです。

これは
むかで縫いっていうんです。

ムカデに似てるから。
ムカデっぽい!

ここにあるかな。

これです。

長年 道具として愛用するうちに

裂けて来ちゃうんですよね。
お酒の袋が。

それを 当時の方が
継いでらっしゃる跡なんです。

ある時 職人さんが 大胆に

真ん中に ぐっとしたの作ったら
めちゃめちゃ カッコよくて。

それ以来 こういうふうに
あえて 表に出すように。

全然 かわいいんですけど。
ですよね。

これはカバンなんですけども

同じ酒袋で
小物を作ってるんですね。

職人さんに作っていただいて。
かわいい!

中 開けてみてください。
いいですか。

もう 欲しい! これ かわいい!

<本当 かわいい!>
楽しいっていう字。

<えっ 中は どうなってるの?>

レザー!
<ほ~お!>

イタリアのレザーなんですね。

いいものって感じですよ。

<ビンテージ素材や天然素材に
こだわって 物作りをしている

HITOMONOKOTO>

<トートバッグに使う酒袋は
主に

酒造りで有名な兵庫県灘の
酒蔵で使われていたもの>

<20年以上
使い込まれた酒袋は

熟練の
カバン職人の手によって

一点物のカバンに
生まれ変わります>

<内側には 再利用の布地を使い

持ち込みでのオーダーも
可能です>

<他にも

酒袋とレザーを合わせた
コーナーポーチバッグ や財布>

<さらに お手頃な
カードケースなども販売しています>

ステキな時間でした。
ありがとうございます。

ありがとうございました。
私も楽しかったです。

ありがとうございます。
<ありがとうございました!>

すごいステキだった。
<ねぇ!>

<ここからは 東横線に乗り
旅を続けます>

<まずは 自由が丘で途中下車>

自由が丘は
久しぶりに来ましたね。

こっち 行こうかな。

緑道的な所 結構 多いですね。

改めて思う。
<本当ですね!>

何だか だいぶ歩いちゃった。

信号の所に
「九品仏駅前」と書いてある。

<大井町線ですね>

ってことは
私 ひと駅 歩いちゃった。

<結構 来ましたよ>

じゃあ どうしようかな
こっち 行くか。

お店かな?

お店だ。

「カフケース 入荷しております」
カフケースって何だろう?

初めて聞くんですけど。

<何でしょうね?>

お店だけど 事前予約での案内。
<あら>

あっ でも 「空いていましたら
当日のご案内も可能です」。

カフケース 何だか
聞いてみますか。

<そうしましょ>

すみません こんにちは。
(熊田さん) こんにちは。

予約してないのですが
今は入れますか?

(渡部さん)よかったら 今の時間帯
空いてますので どうぞ。

よかった!
ありがとうございます。

大丈夫ということなので
お邪魔します。

<よかったですね>

(渡部さん) 消毒 お使いください。
消毒します。

すいません。
(渡部さん) ご覧ください。

かわいい。

あ~! これかな? もしかしたら。

ほら! 「カフケース」。

<あら! かわいい!>

かわいい。

あ~! これかな? もしかしたら。

ほら! 「カフケース」。

(渡部さん) それがカフケース。
カフケース これですか。

あっ! ティッシュ。

(渡部さん) シャツの袖口を
モチーフに作られました

布製のティッシュケースです。
<へぇ~!>

すごい かわいい!
(渡部さん)ありがとうございます。

本物のシャツと同じように
ボタンを外すことで口が開きます。

市販のボックスティッシュから
中身だけ抜いていただいて

山形に お入れしていただくと

ちょうど 取り出しやすいサイズで
お作りしておりますので。

その構造を見ても よいですか?
(渡部さん) もちろんです。

見たほうが
分かりやすいですもんね。

ちょっと 失礼
お脱ぎいただきますよ。

<どうなってるんですか?>

ほら! こういうことだ。
<あ~!>

箱から出して こうやって入れる。

ほ~お! これはいいアイデア!
(渡部さん)ありがとうございます。

さらに 後ろをご覧いただくと

手持ちのループを
付けておりますので

いろんな場所に
引っ掛けることができまして。

スペースを有効活用できるという。

かわいい!
つってるの かわいい!

<いいですね!>

カフケースの「カフ」って?
(熊田さん)カフは袖口のことです。

(渡部さん) まさに 袖口のケース。

<なるほど>

こっちは 同じものなのに
お花 生けてある。

(渡部さん) 中に 花瓶を入れて
包んでいただくと

ユニークな インテリアの
アクセントになるという。

思い付いたのは?
(渡部さん) オーナーが。

オーナーさん!

元々 ティッシュケースを
欲しかったんですけど

どういうデザインがいいかなって
ずっと考えてて。

元々 彼女は 洋服のデザインとか
縫製とか やってるんで

そういう… 服から 何か転用して
作れないかなと思って。

袖口のボタンを外す機能と
ちょうど合うんじゃないかって

アイデアを渡して。

こういうアイデアものって
他にもあるんですか?

そうですね…。

この子が着てる 巾着のポケット。

さっき 話しながら
かわいいと思って。

(渡部さん) ちょうど… はい。

私も 今 着てるんですけど。
かわいい!

ぽこっと… 巾着を付けたような
ワークコートになっております。

バッグいらずですね。
(渡部さん) そうなんです。

口のサイズも 自分で調整が…。

本当の巾着のように
作っているので

大きくも作れますし

引っ張って きゅっと
バランスを取っていただけます。

ケータイとか
いろんなメモ張とかを入れても

かわいさを保てるという。
すごい!

機能性もあるし

そこに ボリュームがあること自体
かわいいです。

うれしいです
ありがとうございます。

<お店を経営しながら 自ら
デザインの仕事も手掛けている

熊田さんと渡部さん>

<便利さだけでなく

おしゃれな空間を彩ることに
こだわった

布製品などを
生み出しています>

<こちらは 丈夫な軍足を

女性でも おしゃれに
履けるようにと作った

アルチザンソックス>

<さらに 洋服の端材で作った
コースター モノ座布団も

人気だそうです>

<ステキな
アイデアグッズに出会い

続いては 都立大学で途中下車>

都立大 久しぶりに来た。

友達 住んでたから

都立大の駅は 使ったことが
今までもありました。

「目黒通り」だ! 書いてあった。

こっち 行ってみようかな。

右側 神社なのかな~。

<そうみたいですね>

うん?
<何か見つけました?>

うわっ!

面白いのを見つけました。
<どれ? どれ?>

「おやつバター」。

<えっ?>

聞いたことありませんよね。
<ないですね>

「そのまま食べる おやつバター」。

え~ キレイじゃないですか。

<これ バターですか?>

ここ 工場なのかな。

<お店っぽくないですね>

ちょっと
人 いるから聞いてみます。

(秀島さん) こんにちは。
こんにちは。

看板の「そのまま食べる
おやつバター」 気になったんです。

これ ここで買えるんですか?
(秀島さん) はい 販売してます。

そのまま食べるっていうのは
どういうことですか?

パンに塗らないとか そういう?
パンにつけてもいいんですけど

そのまま お酒のおつまみとか
お茶請けに。

これって 今 ここで買ったら
どういう状態になってるんですか。

四角い チロルチョコぐらいの
大きさのものが 9つ入って

冷凍の商品になってます。

こういうふうに詰め合わせ?
そうです。

そのままパクっと。
冷凍のまま。

じゃあ この いろいろ入ってる
セットをいただけますか。

ありがとうございます
ご用意します。

お借りします。
は~い。

<いいお土産になりそうですね>
そうですね。

でも すぐ食べたいなぁって…。
<アハハハ!>

お待たせしました
2800円になります。

これ お願いします。

お借りします。

ぜひ 口溶けを味わってください。
口溶けを!

分かりました
ありがとうございます。

口溶けを楽しむ! いいですね。

すぐ楽しみたいですね。

ちょうど 神社の前なので…。
<アハハハ>

神社だったら ベンチとかがあって
食べられるのではないかなぁと。

失礼しま~す。

ありましたね!

ここで食べちゃおうかな。
<いいですね>

でも お邪魔するので

お参りしたほうがいいですかね。
<そうですね>

本当 冷凍! 箱が冷え冷えです。

<さぁ 食べるバター
どんな感じでしょう>

ジャン! キレイ!

<お~!>

これ バターなんですか?

<どう見ても
チョコレートですよね>

どうしよう? どれ 食べよう?

さっぱり系から行こうかな まず。

「フランボワーズパフェ」
どうでしょう?

<いいんじゃないですか>

フランボワーズは これですね。

ピンク かわいいですね! 本当に。

ぐ~!

まだ 結構な冷凍状態です。

いただきますよ。

<どんな感じ?>

禁断の味 知っちゃった。
<禁断!?>

めっちゃ おいしい! バター。
<へぇ~!>

いっぱい ドライフルーツ
入っていますね。

甘酸っぱいはずなのに

バターだからミルキーなんですよ。
<へぇ~>

もう1個 食べようかな。
<ハハハハ>

誘惑に すぐ負けちゃうの。
<いいんじゃないっすか!>

「ロシアンティールーム」。

えい! 食べちゃえ!

さっきより ちょっと
軟らかくなって来てます。

うん!
<どうしたの?>

全く違う。

さっきより バター感が濃い。
<ほ~お!>

これ パンに塗っても
おいしいと思うし

強いお酒が合いそう。
<アハハハ!>

<おやつバターを考えたのは

岡山に本社がある
ナショナルデパート>

<中でも目を引く
フランボワーズパフェは

国産の無塩バターの中に

キイチゴのペーストを加え
よ~く練り込みます>

<その後 イチゴやメロンなど
6種類のドライフルーツを

ミキサーで細かくしたものを
混ぜ合わせます>

<そのまま食べられるように
バターのしつこさを抑え

素材本来の甘みを
生かしているそうです>

<9個セットには
他にも マンゴー味や

ピスタチオ味などのバターが
入っています>

<さらに トムヤムクン味など

さまざまなバターを
ネットを中心に販売しています>

<新感覚のバターに出会い
さらに 旅を続けます>

<続いては 祐天寺で途中下車>

祐天寺。

結構 前になるけど
この辺 住んでたんですけどね。

<へぇ~ そうなんですか>

あっ!
ちょっと大きな通りに出そうだ。

こっちが駅だったから
こっちに行こうかな。

<はい>

これは何だ?
<どれ?>

「Dashiナッツ」。
<「Dashiナッツ」?>

あ~! おダシ屋さんかな。

「のむ天然おだし」って。

ダシ 大好きだ~。

これは いっぱい
種類があるということかも。

<あ~ そうかもしれませんね>

入っちゃおうかなぁ。

入っちゃお~う。

よろしいですか?
(阿部さん) いらっしゃいませ。

うわ~!

すごい いっぱい ありますね!

いろいろ種類がございます。

こりゃ ときめきますね。

いろんな種類がありますね。
はい 今 11種類。

いろいろなブレンドが
ございまして。

「鰹」とか「椎茸」とか「いりこ」とか
この辺はメジャー級ですけど

「玉ねぎ」だって。
<えっ?>

珍しいですよね。
タマネギで ダシを取るんですか。

タマネギ以外に サワラの煮干しを
ブレンドしてまして。

ちょっと お魚感もありながら

タマネギの甘さも感じるような。
<へぇ~>

おダシって お料理に使う
イメージだと思うんですけども

そのまま お茶とか
コーヒーみたいなイメージで

飲んでいただくように作ってある。
へぇ~ 面白い!

まさか試飲とかは…。
よかったら。

試飲もございますので
お試しされてみますか?

聞いてみるもんですね。
<ハハハハ!>

どちらの種類 ご試飲されますか?

では 気になる「玉ねぎ」
お願いします。

<おっ!>

こちら 全て コーヒーの
ドリッパーになるんですけども。

ですよね! 今 びっくりして…
コーヒー 入れてくれるのかと。

これ おダシ 取るんですか?
そうですね。

ちょっと 楽しみながら…。

本当に コーヒーのお粉
入れる感じで

ダシを このように
入れていただく感じになります。

あとは ゆっくり注いでいただく。

<これは おいしいかも!>

本当 コーヒー 入れてるみたい。
フフフフ。

優雅な時間が流れますね。
そうですね。

うわっ! 香り 来た!
香り 来ました?

マスクしてても来ましたよ。

ドリップすることで
香りの上がり方が よくなります。

すいません。

どうぞ。
ありがとうございます。

こういう からくり人形いるよね。

<ハハハハハ>
フフフフフ!

では タマネギのおダシ。

初体験。

いただきます。

これがサワラなのですね。

カツオとは違う感じの…。
違いますね! 香りが 全く。

骨太な感じがします。
本当に おっしゃる通りで。

では いただきま~す。

まぁ!

おいしい!

香りは魚なのに
タマネギの甘みが…。

そうですね やさしい感じで
甘みが包んでくれてるっていう。

押し寄せますね。
はい。

何か しっかりしたおダシだけど

こうやって
カップでいただいたりすると

いいティータイムっていう感じ。
はい。

その 1回 出した おダシ…。

どれぐらい出せるんですか?
1回限りですか?

二番ダシとかも取れるんですけど
やはり薄くなりますので。

なので 出し殻を 最後…。

例えば その時のお料理に
そのまま入れていただいたり

レンジで ふりかけに
していただいたりもできますので。

全て 最後まで

召し上がっていただける
感じになります。

外で 「Dashiナッツ」って看板
見たんですけど。

ダシをコーティングしてる。
へぇ~!

今までにない
新しいナッツになってます。

そちらは 試食品はございますか?
大丈夫ですよ。

やった~!
ぜひ お試しください。

ナッツ こちらになります。
すいません。

いただきます。

<どうです?>

うま味!
<ハハハハハ>

和のおダシなのに
ナッツのオイルと混じると

コンソメっぽい感じの味もします。
確かに そうですね。

うま味の融合は
すごく楽しいと思います。

いただいて よかった
Dashiナッツ。

おいしいです。

<ダシの奥深さに魅せられた
阿部さんが

その魅力を もっと多くの人に
知ってもらいたいと

5年前に始めた 雅結寿>

<香りを味わいながら ダシを飲む
ということに こだわり

専用の
ドリップ付きのパックで販売>

<コーヒーのように
お湯を注いで楽しみます>

<現在は

カツオやタマネギの他に
サワラやシイタケなど

素材を厳選した 11種類の
飲むおダシがあります>

<中には 日本茶とダシを
ブレンドした 新感覚なものも>

(電子音)
ありがとうございます。

こちら 商品になります。
すいません。

いろいろ ありがとうございました
楽しかったです。

ありがとうございます。
お家でも楽しみます。

ありがとうございました。
<ありがとうございました!>

<山瀬さん
結構 買っちゃいましたね>

買っちゃいましたよ!

見ます?
<はい>

食べたやつ…
試飲させていただいた

タマネギのおダシ
あとは Dashiナッツ。

それと 季節だから
これ 買っちゃった。

「さくらのおだし」。
<いいですね!>

これで しばらく
お家が楽しくなりそうで~す。

<楽しみですね!>
はい。

<ステキなお土産を手に
次は代官山で途中下車>

代官山 来ちゃった。

若い時から 古着屋さん巡りとか
好きだったんで

代官山は 割と来てる
なじみのある街ですね。

<そうでしたか>

ふ~ん。

何か おしゃれな扉が3種類。

何屋さんなんだろう? これ。

かわいい!

うわ~ 何だ? これ。
<どれ?>

変わったもの 見つけちゃった。

<うん? 何でしょうね?>

あっ! すいません。

(原田さん) こんにちは。
こんにちは。

怪しい者じゃ ない。

これ 取りに来たんですか?
そうです。

展示会をやってて その帰りで。

これ 何ですか?

紙のオブジェになってまして…。

紙のオブジェの
ジュエリーを作ってまして。

これ 紙なんですか?
紙です。

で アクセサリーを作ってるのも
紙?

イヤリングとかピアスとかを。
紙で作ってるって…。

もし よかったら
上がってみてください。

入っていいんですか!
すいません。

片付けて来るので…。
ごめんなさい 忙しいとこ。

じゃあ ここで待ってるんで。

大丈夫ですか。

会社の中に入れてくれるのかな。

ちゃんとして待ってみますか。

お待たせしました。
突然なのに 申し訳ありません。

お邪魔いたします。
上になります。

こちらになります。
ありがとうございます。

<お邪魔します>

これ お借りしていいですか?
どうぞ。

消毒。

ここら辺に
商品が飾ってあるんですけど。

さっきの 大きいオブジェの…。
本当だ! 小っちゃい版だ。

これ すっごいことになっている。

これ 紙ですか?
そうです。

<えっ これが紙!?>

<このアクセサリー
本当に紙ですか?>

こちらに…。
すいません お邪魔します。

まさに さっきのオブジェの
同じ製法で

小っちゃいアクセサリーを
作っていて。

この商品の名前が
ikueっていうんですけど。

イクエ!?

それは うちの先輩の名前だな。
<ハハハハ!>

名前は 幾重にも
紙が連なってる感じだったり…。

これ
伝統技法を使ってるんですけど。

これなんて どうなってるかが
ちょっと…。

触っていいんですか?
紙の部分も触ってください。

ここも?
はい。

ボリュームがあるんですけど
物は軽い。

硬いよ。
そうなんですよ。

これなんて 金属だもんなぁ。
そうですね 青ですね。

<これ 本当に紙なんですか?>
紙なんですよね。

元々 三方金っていう…。

17世紀に ヨーロッパで発祥した
本の小口…。

三方を 金に…。
三方金!

何か こういうの古い本とかに。

そうなんです 聖書とかにあって。

今は 上製本といわれる
高級な本だったり

アートブックとか
長く使われるものに使われてる。

本を 虫食いとか 色あせとか
そういうものから守る技法で。

その技術を
ジュエリーに応用した商品。

ポスト・イットみたいな塊
これを くるっと回して。

すっごいキレイ!
気持ちいいので。

触っていい?
どうぞ。

ワ~オ!

紙を重ねて その縁に 金をつけた。
そうです。

<へぇ~!>

いろんな形…。

真っすぐしたりとか。

何でもできるのか
やろうと思えば。

紙なので お客さんの
オーダーメードで作れたりとか

そういう利点があると思ってます。

オーダーメードもってことは
デザインは無限数ですね。

無限数です。

<さまざまな製品のデザインを
手掛ける こちらの会社>

<4年前 三方金の技術と
出会ったのをきっかけに

紙のアクセサリー
ikueを開発しました>

<作り方は 100枚の紙を
重ねて 押し固め

断面に やすりをかけ
極限まで 平らに整えます>

<そこに デザインに合わせた
金箔を箔押し>

<重ねる紙の色の組み合わせで

いくつものバリエーションを
作れます>

<最後に
防水加工を施したら完成>

<2年半ほど前から
ネットを中心に販売し

現在 20種類の
デザインがあるそうです>

<時代とともに
使われなくなって来た

三方金の伝統技術>

<それを
新しいアクセサリーに生かし

世の中に
広めて行きたいそうです>

突然 来たのに いろいろ
ありがとうございました。

めっちゃキレイなので
これからも いっぱい作って

頑張ってください。
ありがとうございます。

お邪魔しました。
<ありがとうございました!>

あっ!

どうしようかなぁ
線路の向こうに行こうかなぁ。

<代官山 もう少し歩きますか>

さぁ どっちに行こうかな。

ハハハ。
<どうしたの?>

すごい看板。

めちゃくちゃ インパクト あるの
発見しました。

<あっ 本当だ>
何だろう? あれ。

これは 目を引きますね。
<引きますね>

え~!

ただの看板だと思ったら
いきなり クイズを出されました。

<はぁ?>

「何て読むと思いますか」。

<え~! 何でしょう?>
ねぇ!

燻製の「燻」ですよね。
<はい>

「くんべる」?
<えっ?>

私 急に なまったみたいになった。
<ハハハハ>

「くんべる」か?

ちょっと 見てみます。

謎ですね。

<燻製のお店か何かですかね?>

え~ 何?

♪~

何か
♪~ でも 曲 聴こえますよ。

♪~ <曲?>

♪~

あ~!
♪~ <どうしました?>

♪~

♪~ レストランっぽいです。

♪~ ここから 下 見たら

♪~ テーブル席 ありました。

♪~ <あ~ 本当だ>

やっぱり 「燻製」
♪~ 燻製のお店ですよ。

♪~ <あっ やっぱり>

♪~ 「インターホン、入口は

この貼り紙の
♪~ 真向かいにございます」。

♪~ 真向かい… これだ!

こちらはレストランですか?
(インターホン:開米さん) そうですね。

(インターホン:開米さん)
全て 自家製で燻製している
燻製専門店の飲食店です。

燻製専門店!? うわ~ ときめく!

(インターホン:開米さん)
お入りになりませんか?
よろしいですか。

(インターホン:開米さん)
今 鍵を開けますので どうぞ。
(解錠音)

ありがとうございます
失礼いたします。

カチャ!っていった。

<変わった 入り口ですね>
本当ですね。

あ~!

すごい 趣のあるお店。

下に下に 下りるんだ。

<代官山で見つけた
燻製料理の専門店>

下りて 下りて…。

ワイン いっぱいある~!

迷う これは! どの扉?

こっちは違う こっちですね。

あっ!

開けますね。
<どうぞ>

あっ すみません。
(開米さん) いらっしゃいませ。

よろしいですか? 今から入って。
(開米さん) どうぞ。

こちらのお席 どうぞ。
ありがとうございます。

こちらは 燻製のお店だと…。

燻製の 自家製の 専門店です。

いろんなもの 燻製をしてる?
何でもします 液体もしますし。

え~!?
何でも 燻製にします。

液体もできる。
液体もできるんです。

お薦めって ちなみに…。
うちはですね

燻製のすき焼きを出してまして。
<はぁ?>

何ですって!?
燻製のすき焼きですね。

すき焼きが燻製になっているの?
なってます。

ぜひ お召し上がりください。
それ お願いしようかな。

承知しました
ありがとうございます。

すき焼き… 燻製…。

イメージ 湧きます?

<いや 聞いたことないですね>
ないですね。

失礼します。

火 付けますね。
はい。

<えっ これが すき焼き?>

大体5分 6分 7分 8分ぐらい。
<ハハハハハ>

肉と つけだれ
持って来ますので

少々 見て耐えてください。
耐えます。

面白い人だ お店の方。

失礼しま~す。

はい どうぞ
こちらが燻製のすき焼きです。

左手にあるのが
燻製した生卵です。

<へぇ~>
これ!?

あっ! あっ! する。

で お肉で。

こちらが 燻製して 冷凍して

すりおろした
トマトのシャーベットです。

<えっ! どういうこと?>

<代官山で見つけた
燻製のすき焼き>

こちらが 燻製して 冷凍して

すりおろした
トマトのシャーベットです。

これはデザート?
デザートじゃないです。

どうやって食べるんですか?

まず 鍋の中のものは
全て よく煮えたら

燻製の生卵につけて
お召し上がりください。

ですが お肉は レアで
お召し上がりいただきたいので

割り下で
しゃぶしゃぶするようにして

ピンク色に 火を通してください。

そちらを トマトのシャーベットに
たっぷりつけて

お召し上がりください。
なぬ!?

こんな感じかしら。

では いただきます。

いろいろ入っているから…。

白菜。

あっ! めっちゃくちゃ
薫香が 急に来ました。

いただきます。

<どうです?>

おいしい!

何でしょうか… これは。

私の知っている すき焼きとは
全く違うものです。

もちろん 口から鼻に

びゅんびゅん
香りは抜けるんですけど

とってもマイルドな感じに
なりますね。

<へぇ~>

<いい頃合いですね!>
いいですかね。

どういうことなの?
温かいものを シャーベットの…。

いってきますね。
<はい いってらっしゃい!>

<どんな感じ?>

<おっ! その顔は…>

フフフフ!

未知の世界に踏み込んだ。
<ハハハハハ!>

おいしいです!
<へぇ~!>

これはね
本当に複雑なんですよね。

どんどん どんどん
いろんな香りとか味とかが

押し寄せて来るから。

<どうです?>

口の中 温かくて

かんでると冷たいでしょ。
<はい>

いろんな感覚を刺激してくれる
すき焼きです。

あっ!

入って来る時 外の看板 見て
気になったんですけど

何て読むのですか?って
書いてあって。

「くすべる」とか「ふすべる」とか。

えっ!? 「くす」なの?
「くす」か「ふす」なのか。

「くすべる」とは思わなかったな。

ありがとうございます。

「くべる」か「くんべる」だと思った。

「くんべる」って 皆様 言いますね。

<3年前にオープンした
燻製料理専門のレストラン>

<肉で巻いて食べる
トマトのシャーベットは

桜のチップを敷き詰めた
ダッチオーブンを使い

トマトを 丸ごと燻製します>

<それを
冷凍庫で ひと晩 凍らせ

すりおろして シャーベットに>

<燻製の香りと トマトの
爽やかな酸味が楽しめます>

<生卵は ヒッコリーのチップで
いぶします>

<割り下も

自家製 燻製じょうゆを使って
作ったもの>

<1人前からでも
注文できるそうです>

<他にも

燻製揚げチーズや
燻製ポテトサラダ>

<燻製ローストビーフなども
人気だそうです>

<思わず 笑みがこぼれる

ステキな味と人に
出会えましたね! 山瀬さん>

<春の息吹をたっぷり吸い込み

出会いの花も咲き誇る
いい一日になりました>

今夜7時からは 『志村どうぶつ園』
全員集合スペシャル。

志村園長が気に掛けていた
動物たちの 今をお伝えします。

全国の 志村さんファン

そして
天国の園長に贈る 2時間です。

(一同) うわ~!