NHK地域局発 えぇトコ「ピチピチ光れ!ナニワの漁師~大阪 南泉州~」[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

NHK地域局発 えぇトコ「ピチピチ光れ!ナニワの漁師~大阪 南泉州~」[字]

旅の舞台は大阪府南部の南泉州。大平サブローと島田珠代が春の漁港を巡って、元気な漁師たちと出会い、豊かな海が育んだ旬の美味をいただく旅。

番組内容
春の南泉州は知られざる漁師のウマイもんがあふれる▽栄養豊富な海で大きく育ったワカメ。とれたてのモチモチ食感を味わえる、しゃぶしゃぶ&天ぷら▽親子で狙う自慢のサクラダイ。家族で味わう、塩釜焼き&カルパッチョ▽伝統のカゴ漁でとるコウイカ。漁師がさばく刺身&卵と卵巣の煮つけ▽素潜りでとる巨大サザエ&肉厚アワビ。貴重な磯の幸に感謝。
出演者
【出演】大平サブロー,島田珠代,【語り】子守康範,橋本のりこ

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行
情報/ワイドショー – グルメ・料理

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 漁師
  2. ワカメ
  3. 大阪湾
  4. タイ
  5. 桜鯛
  6. 大阪
  7. コウイカ
  8. タコ
  9. 南泉州
  10. トリガイ
  11. 家族
  12. 天然
  13. 肉厚
  14. スゴイ
  15. ピチピチ
  16. ホンマ
  17. アワビ
  18. カッコイイ
  19. カニ
  20. モキチ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥533 (2021/06/15 22:06:35時点 Amazon調べ-詳細)

(2人)うわ~!

気持ちええな~!

思わず叫んでしまう
南泉州の輝く海。

目の前には 関西国際空港

向こうは 淡路島です。

いつまでも若々しい大平サブローさんが

妹分の島田珠代さんに

大好きな南泉州の海を見せたいと
やって来たのが

夏には海水浴も楽しめる
大阪人の憩いのビーチ。

魚も ピチピチ!

人も ピチピチ!

生きよし! 味よし!
気持ちよし!

ナニワの海は
メチャメチャ元気やで!

ホンマ えぇトコですね。

大阪で とれんの!?

やっぱり これ いいもんやね。

天然の磯らしい。
え~!

今回の「えぇトコ」は
知られざる漁師の美味

大阪湾の春をいただきます。

うまいね!
キャ~!

おいしい!

驚きのうまいが 次々登場。

ナニワの漁師が 大暴れ!

南泉州の港巡りの
始まりです。

大阪の南の端まで港を巡る 今回の旅。

始まりは
どこか懐かしさを感じさせる

阪南市 尾崎の港。

大阪と思えないですよね。

趣が昭和やね。
昭和ですね!

あっちの方から…

確かに!
ねっ!

昭和の趣が残る港に 漁師さんがいました。

こんにちは。 こんにちは。
こんにちは。

何入ってますの? これ。
これね おかずに置いてた…

トリガイ? トリガイって こんなの?
こんなきれいな…。

あら~!
え~! こんな…。

おすし屋さんでおなじみのトリガイ。

実は ここ尾崎で
盛んに水揚げされるのだそう。

南 佳典さんが
とったばかりのトリガイをさばいて

食べさせてくれました!

とれとれ。
立派な とれとれやん。

栄養たっぷりの大阪湾のおかげで
肉厚だという 尾崎のトリガイ。

ちょっと待って…。

うまいな これ!

甘い! 歯応えがあるんですけど

いい感じのコリコリ感。
コリコリ感は しっかりある。

漁師さんに とったやつ すぐよばれるて
こんな幸せなことない。

トリガイだけではありません。

泉州でアカシタと呼ばれるシタビラメ。

フグに タイ。

さまざまな幸が水揚げされる
大阪湾。

中でも この時期にしかとれない
貴重な恵みがあります。

気まぐれな春の雨が降りだした港で…。

嵐を呼ぶ男になってもうたね。
カッコイイな!

おいらはドラマーや。
カッコイイな。

あっ 何か 揚げてる 揚げてる!
あっ 何か とれてる!

ワカメ?
ワカメ! うわっ 立派なワカメ!

大阪湾で ワカメがとれるって
すごいですね!

突然の雨に 急いでワカメを片づけていた
樋口正明さん。

どこにも負けないと胸を張る
ピチピチのワカメを

大阪湾で養殖している
ナニワの漁師。

栄養豊富な海で大きくなるワカメ。

共に育て とるのは 息子の拓也さん。

日々 父の仕事を見て修業中の
若さはじける漁師です。

とれたてのワカメ
家族といただきます。

一番 ワカメの味が分かるという
食べ方が…。

しゃぶしゃぶ?
しゃぶしゃぶが やっぱり一番おいしいと。

せやな。
入れてみ。 色が ほら! あっ!

きれいやろ~?

瞬く間に鮮やかな緑色に変わる
ワカメのしゃぶしゃぶ。

そのお味は?

抜群やわ~! 潮の風味というか。

ほんで 歯応えいいね
コリコリコリとして。

ごっついわ。
これ いつも食べてはるんですか?

ちょっと よろしいか?

ええな~。
ええやろ?

更に ワカメのおいしさを知り尽くした
妻の薫さんが腕を振るってくれたのが

なんと ワカメの天ぷらです!

肉厚で食べ応えがある
大阪湾のワカメは

天ぷらにすると
真価を発揮するといいます。

いや うまいな!
おいしい~!

モチモチの食感。
揚げることで甘みも増します。

ワカメを天ぷらにするなんて
初めてですし 考えてもみなかったです。

もう しょっちゅう?

3日に1回食べてる? 天ぷら?
食べてます。

更に 出荷できない茎の端っこも
おいしくいただきます。

もう この歯応え 抜群やな!

これ おいしい!
おいしい!

おいしいワカメのためには
一切妥協をしない樋口さん。

その姿をずっと見てきて
一緒に働くのが夢だったという拓也さん。

中学を卒業して
すぐに漁師になりました。

これ ええな~。
「カッコエエな」やで?

「カッコエエな。 じゃあ 俺なりたい」って
こう思わすって やっぱり

親冥利に尽きるね。
うれしいですよね?

その思いで 12年間

ひたすら ワカメを育て
とり 洗い続けてきました。

そして ついに
そんな拓也さんを

カッコイイと思う人が
現れました。

え~!
おめでとう。 あっ? えっ!?

この春 結婚することになった
美早さんです。

拓也さんの仕事を手伝う漁師流のデートで
愛を紡いできました。

漁師さんの奥さんなるって
どうなんですか?

あっ 逆にね! 何か 今の気持ちは?

やっぱり ちょっと…

まだまだ息子に負けられないと言う父。

絶品のワカメを育む親子2人

南泉州の海で キラキラと輝いていました。

続いては
尾崎から少し南へ。

漁船がひしめくように停泊する
ここは 下荘漁港。

すごい 映画の世界みたい。
もう ホンマやね。

男くさい漁港っていう感じがして
泉州弁というか…。

さまざまな大きさ 形の船が
豊かな漁場があることを教えてくれます。

そんな下荘で出会った ナニワ漁師は…。

男っぽい人が…。
うわ~。

すみません。
はい。

今 これ 何が…。

タコ!?
うん。 タコ これ。

(2人)うわ~。
網に入ってるんですね。

そんな荒っぽいんですか? え~ うそ!

俺たちみたいなやつ。
俺たちみたい!?

タコ漁師の西澤潤二さん。

豊富な餌を食べ 味がよいという
泉州のマダコを見せてくれました。

う~わ! うわうわうわっ!

いや ちょっと待って!
うわうわうわうわっ! すごい!

超元気なタコは
かごでとるのだそうですが

そのかごに一緒に入る
実に珍しい幸が…。

これ カニ?
これ カニ。

モキチ?

モキチ。 一般には イシガニといいます。

小ぶりで身が少ないため
なかなか出回らないというモキチ。

漁師が家で食べる秘密の味です。

そんなナニワ漁師自慢の春の味。

味わわせてもらうことに。

はい!

ええ匂いや~。
ちょっと…。

大量に炊いて大勢で食べた方がおいしい
というタコめしです。

更に モキチは…。

身を割って丸ごと入れた味汁に。

下荘漁港の漁師定食
特別に港でいただきます。

まずは 香りも豊かなタコめし。
そのお味は?

タコの食感と
ごはんにも タコの味が染みてるから

鼻に抜ける この風味が絶妙ですね。

これ なんぼでも食べれますね。

そして カニのエキスが
おつゆに溶け出した味汁。

うまいな。 ホンマにうまいな。

これ飲むこと自体が
もう カニを食べてる…。

珠代さんは 身を食べてみることに。

最高~!
おいしいね。

これが市場には行かないんだ。

僕らの近所のスーパーとか市場には
ないもん。

漁協の副組合長でもある西澤さんの下
若者たちはノビノビ働いています。

大好きな南泉州の海で
思いっきり汗を流し 魚を追いかける。

若き港は 未来への希望に満ちています。

ピチピチ旅は
阪南市から岬町へ。

マスクしてるけど
いい空気 入ってきますね。

ホンマね。 うわっ ちょっと これ

高い橋から このマリーナ 大阪湾。

南泉州の海を見下ろす あたご山。

5月には 5万本のツツジが
山を覆い尽くします。

眼下にはヨットハーバー。

その隣にあるのが淡輪漁港。

またもや春雨が出迎えます。

ここで出会ったナニワ漁師が…。

こんにちは!
ああ こんにちは!

これ 何をとる…。

タイや。 タイ。

タイ 見せてもらうことに。

うわ~ スゴ~イ!

生けすには ピチピチのタイ。

でっか!
ええ~ スゴイ!

これ 天然?
大阪って スゴ~イ!

うわ 重たっ。
う~わ~。

重たっ。

実に見事な桜鯛です。

これはスゴイですね。

大阪湾を泳ぐ桜鯛をとる漁師が
四至本忠一さん。

日の出前から出港し
底引き網で魚を狙います。

相棒は 長男の大智さん。

親子ならではの息の合ったリズムで
網を引き揚げていきます。

タイだけではなく
いろんな魚が網に入る 豊かな海です。

大阪湾って こんなに種類が…。

自慢の海の一番の自慢 桜鯛。

家族と一緒にいただくことに。

うわ~。

おしゃれやんかいさ。

タイをさばくのはお手の物という
妻 文さんが作ってくれたのが

家族に一番好評だという
桜鯛のカルパッチョ。

甘い身と春野菜の相性は抜群です。

これはうまいわ~。

今 ず~っと かんでるんですけどね
ず~っと 味出てくるんよ。

淡泊だと思ってたんですけど
こんなに深く味があるの 初めてです。

魚の王様だけあるね。
うん。

続いて…。
何するの? これ また。

ええ~ うわ~ うれしい!

こんなん 高級料理やん 全部 これ。
ものすごい いい匂いしてる。

これも家族みんなが大好きだという
鯛めし。

タイの身のほろほろ感が
スゴイごはんに合いますね 絶妙。

鼻から タイの風味が抜けていって
スゴイおいしいね。 うん。

更に 桜鯛を丸々1匹
ぜいたくに使った逸品が。

塩釜やんか~。
うわ~。

桜鯛を塩で包んで蒸し焼きにした
塩釜焼き。

うわ~。

ええ~。

いい感じ。

塩の中から 見事な桜鯛が姿を現します。

うわ~! ちょっと~ スゴイ!

う~ん。 甘い おにいさん。
めっちゃおいしい。

おいしいね。
最高。

蒸し焼きにすることで
身が ふっくらと仕上がるのだそう。

あまりのおいしさに 珠代さん 思わず…。

うそでしょ… うそでしょ!
ほらほら 出た~。

(拍手)
思わず踊りだす

大阪湾のおいしい春の幸。

みんなが喜んでくれる 桜鯛をとるのが
うれしくてたまらない四至本さん。

ですが 夫がとった幸で
魚屋を営んでいる文さんは

タイだけでは困ると言います。

イカも欲しいし エビも欲しいし。

そんなお父さんの姿見て どう思う?

(笑い声)

かわいそう。
ホンマに褒められへんやろ?

そんなことを言いながらも
いつも家族で助け合い

とても仲の良い四至本さん一家。

中学生の次男 優さんも

休みの日には 父の仕事を手伝うのが
楽しみだと言います。

どう? お父さんの仕事は。

カッコイイな。
漁師さんになってもいいな。

なりたい。
うわ~。

家族みんなに笑顔をくれる
南泉州のわくわくする海です。

続いて訪れたのは
岬町の深日漁港。

午後から行われるセリが終わると

競り落とした魚で すぐさま市場が開かれ
新鮮な魚を求める人で にぎわいます。

そんな港で 今一番 旬の幸が…。

肉厚で どんな料理でも
おいしさを発揮するため

割烹や フレンチでも重宝される
大阪湾の春の恵みです。

そんな コウイカの漁に
向かうことに。

ほな 安全を祈る踊りをお願いします。

行ってきま~す。

漁に連れていってくれたのは
この道50年のベテラン

中出武徳さんと息子の浩徳さん。

漁場までは およそ10分。

仕掛けておいた かごを引き揚げる
イカかご漁です。

さあ コウイカは入っているのか?

う~わ ちっさいなあ こんなんなん?

え~!

うわっ! お父さん。
かけられた? ハハハハハッ。

イカスミパスタにも よく使われるという
コウイカ。

かごに入れたツゲの木に卵を産みに
メスが入ってくるという伝統漁法。

オスもメスを追いかけ入ってきます。

そんな漁を終え 港に戻ります。

とれたてのコウイカに
珠代さんも興味津々です。

いい? 触らしてもらって。

とれたてピチピチ! 生きがいい証拠です。

深日漁港自慢のコウイカ
仲間の漁師たちも集まって いただきます。

どうやって さばくのかというと…。

そんな かわいそうな…。
うわ~!

コウ… あっ これが コウや!

プロの漁師は包丁を使わず
ものの30秒でさばきます。

コウイカの肉厚な旬の身を味わえる
漁師自慢のお刺身です。

おいしい! こんなん 初めてや!
コリコリや!

幸せになれる味ですね。
これ すごいですね。 まろやかで。

更に メスならではの味わい。

卵と卵巣を
しょうゆとお酒で サッと煮込んだ…

大人やな これ。
初めて 初めて。

何か こう 深さ コク? これ うまいね。

新鮮なコウイカをくれる大阪の海。

その海で思う存分 魚をとってほしいと

深日では いろんな土地から
若者を受け入れています。

漁に連れていってくれた浩徳さんの妻
愛美さんも貝塚から嫁ぎました。

奥さんも出はるの? 漁に。

夫婦船やん。
はい。

各地からやって来た
若い漁師たちも

この海が大好きです。

2つの種類を?
はい。

全国から集まった若さはじける漁師たち。

今日も 春の光の中で輝いています。

続いて訪れたのは小島。

大阪最南端の漁港です。

たくさんの船が並ぶ中に…。

ちょっと ウエットスーツ着てはんの?
男の世界ですね。

何してはるんですか?

何が とれたんですか?

ええ~!
いや ちょっと待って…。

大阪ですよ ここ 大阪!
大阪に こんな… でかっ!

実に巨大なサザエに…

肉厚なアワビ。

実は これ 天然の磯でとれたものです。

貴重な天然の磯に潜り
幸を引き揚げる小島の漁師たち。

ボンベを使わず 素潜りにこだわるのは

ありがたい磯の幸を
とり尽くしてしまわないためです。

素潜りでとった春のごちそう
仲間の漁師たちと一緒にいただきます。

すごいよ。

まずは 巨大サザエのつぼ焼きから。

うわっ!
うわ~ とれたて!

うわうわうわうわうわ!

こんにちは。
こんにちは~。

フフフフ… おっきいのに貝の味が深い。

濃厚です。 甘いの!

おいしい!

更に焼くことで
グッとやわらかくなる肉厚のアワビ。

こんな ぜいたく ないよなあ。

うまいね! 香ばしいわ~。
プリップリ! この歯応え!

こんな やわらかいアワビ
初めて食べた。

サザエや アワビだけではありません。

立派な貝を育てるおいしい海藻も
素潜りでとったもの。

こちらは 磯の香りが濃厚な…

う~ん! うまいわ~。

味が濃いから
しっかりと ひじきの風味が出てくるね。

こんなシャキシャキ 食感が強いんですね。
おいしい。

更に 天然の磯で育った
テングサで作った

ところてん。

黒蜜をかけて いただきます。

フフフッ うまいな これも。

素材のよさっていうか…。
だから 100パーやから それが強いよね。

大阪湾の豊かな恵みをとり 食べ…

元気をくれる天然の磯に
日々感謝して暮らしています。

う~ん いいですか?

皆さん すごく魅力的ですよね
何か イキイキしてる。

そんな漁師たちを見守り続ける
住吉神社。

そんな勇気を
いただきました。

今回 おいしいもん いっぱい
食べさしてもろて。

そうですね。
雨降ったりも いろいろあるんだけど

幸せに ちゃんとやれております
ありがとうございますっていう

感謝やね。
かな~。

65なったら分かるわ。