ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

初登場!A.B.C-Z塚田僚一がぶらり旅▽折り畳み式なのに電動アシスト付きの自転車▽日本のカッコイイ物を集めた土産店▽ラタンの癒し系揺れる椅子▽ネギ料理の専門店

詳細情報
出演者
【旅人】塚田僚一(A.B.C-Z)
番組内容
初登場!A.B.C-Z塚田僚一が東急大井町線でぶらり旅▽軽量にこだわる自転車店!折り畳み式なのに電動アシスト付きの自転車▽日本のカッコイイ物を集めた土産店!飛行機の箸置き&普段も着られるおしゃれ園芸服▽ラタンの癒し系揺れる椅子▽ネギ料理専門店!鶏のネギ塩鍬焼き&軟白ネギからあげ▽海苔の切り絵▽日本最大級屋内アスレチック▽次回予告!かとうかず子が日比谷線でぶらり旅!手作りおもしろ婦人靴&色がつく影?
音楽
【番組テーマ曲】「Lamp」sumika
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 海苔
  2. ネギ
  3. 本当
  4. ラタン
  5. 自転車
  6. 大丈夫
  7. 品川
  8. お願い
  9. お店
  10. 椅子
  11. 電車
  12. 九条
  13. バッテリー
  14. 結構
  15. 公園
  16. 自由
  17. 種類
  18. サイズ
  19. 気持
  20. 似顔絵

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥1,288 (2021/06/11 22:05:11時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

<本日は 大田区平和島にある

この建物で
初めての旅人と待ち合わせ>

<え~っと…
ここに いるはずなんですけど>

(塚田) 小日向さ~ん!
<はい~>

ここで~す!
<えっ?>

<あ~ いた いた!>

<おはようございます>
ちょっと 今 下りますね。

<は~い!
気を付けて 下りてくださいね>

どうも はじめまして!
<はじめまして>

A.B.C-Zの塚田僚一
塚ちゃんです。

今回 初めて
『ぶらり旅』させていただきます。

よろしくお願いします。
<こちらこそ>

<それにしても身軽ですね>

僕 ボルダリングの映画を
やっていて

登るの得意なんです。
<そうなんだ>

今日も仕上がってます。
<アハハハ!>

どんなものがあるのか
ちょっと見てみたいと思うので

すいません ちょっと
外してもらってもいいですか?

かしこまりました。
お願いします。

こちらに お願いします。

ありがとうございます。

うわ~!
<いろいろあるんですね>

すっごいっすね。

いろんな種類があるんですね。
<本当ですね>

何だろう? これ。
<どれ?>

さっきのに比べたら
ちょっと難しそうだな。

<あっ これ?>
しかも 何だろう? これ。

すいません これって何ですかね?
スピードクライムといいまして

下のボタンを押して
上のボタンをタッチするまでの

秒数が出る クライミングです。

燃えますね。
<アハハハ!>

やってみたいですね。
かしこまりました。

お願いします。

速い人だと これ 何秒ぐらいで
行っちゃうもんなんですか?

すごい速い人だと 2秒台とか。
<えっ!?>

ハードル上げないでくださいよ。
<アハハハハ!>

命綱 確認します。
はい。

いや~ 何秒だろうなぁ。

5秒以内には行きたいですよね。
<え~!?>

緊張しますね! ドキドキだ。

<頑張って!>
じゃあ 行っちゃいますね。

行きます。

せ~の!

<お~!>

よいしょ! どうだ!?
<速い!>

5秒ですね 5秒86です。
<お~!>

今 結構
手応えあったんですけどね。

これでも 5秒か。
でも 素晴らしいです 速いですね。

う~わ~!

何? これ。
<えっ! これも登るの!?>

これ すごいよね。

どう登ってくのか
想像がつかないです。

難易度が 緑色と紫色と黒色で
違うんですけども

一番難しいのが
黒色になっておりまして。

黒色の ホールドっていう
つかむ所の色で…。

難易度で そのホールドしか
使っちゃいけないんですね。

せっかくだから
黒 行きたいですね。

お願いします。

これ 下から見上げると
すごいですよ。

<うわ~! ハハハ>

小日向さん いってきます!
<いってらっしゃ~い>

うわ~!

まず ここら辺は大丈夫でしょ。

あっ 意外と届く!

<お~!>

こっち行ける!
それで大丈夫です。

上に力を。

素晴らしいです。

落ち着けば これ 大丈夫ですね。
大丈夫ですね。

<余裕だなぁ>
ここは大丈夫なんですよ。

こっからが ちょっとね。

ここか。

ここから 一気に すぽ~ん!と。

赤い手形をタッチしていただけば
ゴールになります。

タッチ。

もうすぐ!

一応 タッチ!

<お~!>
よし! ゴールしました。

<おめでとう!>
素晴らしいです。

結構 高い!
<アハハハハ>

これ 下りていいんですか?
大丈夫です。

大丈夫なんですよね?
はい 大丈夫です。

じゃあ 行きます!

お~!
<お~! 怖そう>

うわっ あ~!

はぁ~!

小日向さん 無事 戻って来ました。
<おかえりなさい>

<2018年にオープンした
屋内アスレチック施設

トンデミ平和島>

<ここには 難易度の異なる

14種類の
クライミングウオールなど

次世代型の さまざまなアクティビティーが
そろっています>

<中でも人気なのは

地上7mの高さから 垂直に
滑り落ちる こちらの滑り台>

3・2・1 ゴー!

あ~! アハハハ‼

<結構 怖いんだ>

<子供たちだけでなく
大人も楽しめそうですね>

あ~ 楽しかったなぁ。
<ねぇ>

程いい疲れが腕に残ってて。

やっぱり 体験するものは
気分も上がりますね。

では 旅 出発しましょう。

行きましょう!
<はい!>

あ~ 楽しみだなぁ。

<平和島から
バスに揺られて25分>

<東急大井町線の大井町駅へ>

<塚田君は 自由が丘
溝の口方面へと向かいます>

<春の日差しの中 どんな出会いが
待っているんでしょう>

<最初の途中下車は中延>

中延 初めて来たけど
いろんなお店があるんだ。

おすし屋さん。

いいですね!

商店街っぽい感じですかね
この通り。

いろいろと
こういう通りもいいですけど

細い所も入って行きたいですよね。
<いいですね>

ここ 何だろう?

うわ~!

住宅のほうに入って行ってるね。

やっぱ ちょっと入ると
人通りも少なくなりますね。

こっち 行ってみようかな。

(電車の走行音)
あっ 電車。

下に 電車 走ってるんだ。

えっ? あれ?
<どうしました?>

ここ 公園。

「たけのこ公園」。

公園の下に 電車 走ってるって

珍しくないですか?
<えっ そう?>

入ってみよう。

何だろう? これ。

レール?
<あっ そうかも>

踏切みたいになってますね。

あれ? でも たけのこ?

どういうことなんだろう?
<確かに>

気になりますね。

ちょっと いろいろ
見て回りたいと思うんですけど。

普通の公園です。

<何で
たけのこなんでしょうね?>

たけのこ…。

電車。

昔 タケノコを運ぶ電車が走ってた?
<え~!>

何ですかね? 気になる!
すごい もやもやする。

うわっ ここにも また線路。
<本当だ>

つながってるんだ 向こうと
もしかして。

あっ 本当だ。

ちょうど同じ位置関係!
<ですね>

実際 ここに 電車が走ってた?
<そうかも>

あっ! タケノコ!

タケノコ ありましたよ。

<本当だ!>

いろんな想像が膨らみますね。

<何か
いわれがあるんでしょうね>

こっち 行ってみよう。

車も多くなって
大通りに出て来ましたね。

すごいな。

こっち 入ってみましょうか。
<はい>

行ってみよう。

ここ 何かの施設なのかな。

<立派ですね>

「スクエア荏原」。

何だろう?

何? 「品川のり展示中」。
<えっ?>

品川のり?

「のり」って 食べる海苔?

つける のりですかね?
<展示しますか?>

何だろう?

それとも 「品川のり」さんって方?
<アハハハ!>

そんなことはないですよね。

考えてても分からないんで
中 行ってみましょうか。

<そうしますか>

キレイ!

うわ~ おしゃれ!

あっ! あった あった。

<どこ? どこ?>

「品川のり」… のり?

「品川のり展示中」。

この中みたいですね。

こんにちは。
(畠中さん) こんにちは。

何だろう? ここ。

こちら 何でしょう?
(畠中さん) こちらはですね

品川区の
観光案内所になってまして

パンフレットとか置いてあります
ご自由にお取りください。

あと こちら フリースペースに
なってますので

お休みいただいて大丈夫です。

ちょっと座って
読書とか 飲んだりとか。

あと 品川のり展示中って
書かれてたんですけど。

そこにある… 上にありますね
その白い枠 天井に近い。

これですか?
その並びが そうです。

これ 海苔?
海苔です 海藻の海苔です。

え~!?

これ どうなってるの?

えっ?

これって
こういう海苔があるんですか?

切り絵じゃないですけど
そういうふうに切って。

元々の海苔を切って やるんです。
切る!?

紙を切るイメージですか?
そうです。

「東京オリンピック」。

2021年じゃないよな。

1964年のほうだ。

テレビは そんな感じですね。

そうそう! テレビがね 昔の。

あっ!

しわしわになってる。

どうしても 海苔なんで
乾燥すると そうなっちゃう。

変わって来るんですか?
そうですね 色あせたりしてます。

本当だ ちょっと 茶色くなってる。

品川のりっていうのは

こういう作品のことなんですか?

18世紀頃からなんですが

品川の海っていうのはですね
海苔の養殖が始まったんですね。

前の東京オリンピックが
あった時にですね

その前年に
姿を消しちゃったんですね。

その前に!

38年の2月頃まで やってたけど
高度経済成長でもって

オリンピックとかで が~っと
その辺を開発したんで。

なるほど! それで 海苔の養殖も。
一緒に なくなっちゃったみたい。

なくならざるを得なかった
ってことなんですね。

<ここに飾ってあるのは

かつて この辺りで 品川海苔が
作られていた頃の風景>

<そのことを
忘れないでほしいと

普通の海苔で切り絵にして
表現しているそうです>

海苔って こういうふうに
切れるんですか?

切れる方がいらっしゃいます。
そうなんだ。

気になるなぁ。

作られてるわけじゃ
ないですもんね。

連絡 取れるので よろしければ
お呼びしましょうか。

本当ですか!
ぜひ お話 聞きたいので。

もしもし 田中さんですか?

今 スクエア荏原なんですけども。

ちょっと 海苔の件でですね
お聞きしたい人が来られてます。

もし 時間があるようでしたら
いらしていただくと助かるんです。

はい… はい…。

よろしくお願いいたします。

来ていただけるそうなので
ちょっとお待ちいただけますか。

ありがとうございます。
<ありがとうございます>

いろんな話 聞きたいですね。

あの こちら 観光案内も…。
します。

気になったんですけど 近くに

たけのこ公園って
あるじゃないですか。

あれ 元々 電車が通ってたとか
駅だったりするんですか?

電車が通ってました。

地下に 電車が潜ったんで
その跡地に 公園を造ってます。

どうして たけのこなんですか?

江戸時代なんですけども
この荏原地区は

タケノコの栽培が盛んだった。
<へぇ~!>

一大産地だったんです。

それもあってですね
たけのこ公園って名前を付けた。

ここで 採る場所だった。
そうです。

ここは栽培をしてたとこです。
<なるほど>

知らなかったなぁ。
<謎が解けましたね>

(田中さん) こんにちは。
いらした!

こんにちは!
<こんにちは>

(田中さん) 荷物があるので
置かせてください。

どうも こんにちは 田中です。

こちらの作品を
作られたんですか?

これは 僕が作りました
ここに並んでるやつは。

全部?
今 この中に並んでる10点は

全部 僕が作ったやつです。

何ですか? これ。
これも海苔なんですけど。

少し サイズが大きめなので。
海苔って言われても

このサイズの海苔って
全然 ピンと来ないんですけど。

<ですね>

よっこらしょ。

お~!
<お~ すごい!>

うわ~!

こういうサイズ。

一個一個は これと同じですけど
つなぎ合わせたというか。

はぁ~!

しかも すごい細かい。

ちょっと いいですか? 近くで。
近くで見てください。

聖火ランナーってことですか。
そうですね。

この時 もらったお話が
オリンピックの年に…。

品川海苔の歴史が

一回 途絶えてしまった時の
聖火リレーの感じを

出してくださいっていう
お話があって これを作った。

何か 当時の…
あと 海苔っていうところが。

ちょっと 茶色くなって
セピアっていうんですかね。

そうですね。

古い感じがありますよね
何か ちょっとね。

相当な切り方なのかなって
思うんですけど。

やっぱり
開けたばっかりの時って…。

これは 少し湿らして…
しけさせて。

海苔の切り絵をやる時に
大変だったのが

開けたばっかりだと
パリパリじゃないですか 海苔は。

その時
折ると割れちゃうんですよね。

なので 少し 口を開けて
一日ばかし置いとくと

しけて 折れるぐらいの
軟らかさになるんですよね。

一つ この上で…。

何でしょう
さっくり 切ってみますね。

こうやって。

切ってる感じとしては
紙と そこまで変わんないですね。

そうですね。

軟らかい紙みたいな感じですよね。

クリアファイルに
こうやって挟むと…。

見えますかね
ウサギっぽくなりましたね。

<お~!>

はい。

うわ~ すごい!

カーブとかが すごいっすよね。
アハハ!

切った時の海苔は
娘が食べたりしましたけど。

<アハハハ!>
いいですね 実際 食べられて。

これは 展示っていうか
作品として作るんですか?

これは 作品の動画を…。

品川海苔PR動画というものを

作る企画がありまして。

作ったものですね。

<前回の東京オリンピックの
前の年

昭和38年まで
品川で作られていた 品川海苔>

<今はなくなってしまった
品川海苔のことを

後世に伝えるために 品川区は
去年 PR動画を作りました>

(ナレーション) 時代は昭和。

かつて海苔を採っていた海辺は
埋め立てられ

街が広がりました。

高度経済成長期の幕開けです。

(ナレーション)
東京オリンピック 開幕の年。

日本中がお祭りのような騒ぎ。

経済都市へと発展した
品川の街も

大いに にぎわいました。

<この動画を作るために
海苔の切り絵を依頼されたのが

切り絵作家の田中良平さん>

<品川で生まれ育った田中さんは
普段 イベントなどに出展し

切り絵の似顔絵を作ったり
個展を開くなど

切り絵作家として
活動しています>

切り絵の似顔絵って
どういうことですか?

切り絵の
似顔絵っていうのはですね…。

せっかくなので 海苔があるので

海苔で 切り絵で
似顔絵をやってみましょうか。

お願いします。
ちょっと待ってくださいね。

距離 離れて マスク…。
それで やりましょうか。

では 失礼します。

<海苔で作る切り絵の似顔絵>

<どんな感じになるんでしょう>

<海苔の切り絵で作る似顔絵
出来栄えは?>

もう マスク着けても大丈夫です。

もう?
もう できました。

ちょっと 入れてみましょう。
はい。

あ~!
<あら!>

ちょっと近くで… すいません。

すごい! どうでしょう?
<どれ? どれ?>

自分的には似てると思います。
<あ~!>

口の感じと この目。
<うんうん!>

くっきりしてますね。

<本当 似てますね!>

<いや さすがです>

わざわざ来ていただき
ありがとうございました。

では 失礼します。
(田中さん) いってらっしゃい!

<ありがとうございました>

品川の海苔なんて
初めて知りましたね。

<あったんですね そういうのが>

<旅を続けましょう>

<次の途中下車は自由が丘>

へぇ~!

これが自由が丘か。
<えっ? ひょっとして初めて?>

僕 自由が丘 初めてで。
<あっ そう>

来たことないんですよ。
<楽しい街ですよ>

洋服屋さんもある。

結構 広い範囲で
お店とかあるんですね。

<そうなんですよ>

いろんなお店があるんだなぁ。

あっ おしゃれ。

うん? 靴下がある。
<何のお店?>

たわし。
<たわし?>

これ おみくじ?

何だろう? このお店。

何屋さんだろう?
<聞いてみますか>

(河野さん) いらっしゃいませ。
こんにちは!

いろんなものがある。

何だろう? ブローチ?

お洋服も。

ふ~ん。

あ~ 雑貨… 食器。

ハンカチもある。

ふ~ん。

カバンも… こっちにも お洋服。

あっ 本もある!

<どういうお店なんですかね?>
え~?

ちょっと お話 いいですか?
(河野さん) はい もちろんです。

こちらって 何屋さんですか?

一応 コンセプトが

日本のカッコいいを集めた
お土産屋さんという。

何屋?って言われると
雑貨屋になるのかもしれないです。

日本のカッコいいって
どういうことですか?

日本全国から…
まぁ 有名なものもあるし

知られてないものって
たくさんあるんですね。

まぁ
独断と偏見なんですけれども

これ 使ってみたいな
カッコいいなっていうものを

いろいろ
全国各地から集めて来ました。

全てが こだわりのあるものだと
思うんですけど

何か珍しいものとか…。

これ 実は
僕も着てるんですけれども。

このシャツ 商品名が
エンゲイシャツっていう。

福島の小さな縫製工場が
作っているんですけど。

園芸家の方と一緒に
カッコいいシャツ 作ろうよ。

園芸家の方って どういうシャツが
いいんですか?って聞いたら…。

とにかく かがむ! かがんだ時に
後ろが長いほうがいい。

で 後ろが長いんですね。

これ
ひもが付いてるんですけども

ひもを 後ろで結べるんですね。

結ぶと?
結ぶと

ちょっとブラウジングして
すっきりと ばたばたしない。

あとは ポケットが たくさんある。

軍手 入れたり ハサミを入れたり。
そうか! 道具 使うか。

あと ここのブランドの
一番の特徴が

袖がリブになってるんですね。

これが キュッキュとやった時に
落ちない。

こうやって 腕まくりしても
いつの間にか落ちてる。

水仕事したりとかっていう時に

このリブが すごくいいんですね。
作業 邪魔にならなくて。

なるほど。

そういった
こだわりのある洋服があったり

カバンも。
リュック 背負われてますけど。

これは 神奈川で 物作りしている
NIZY
KANさん

ちょっと変わったブランド名です。

ニジュウ?
NIZY
KAN

すごいシンプルですね 見た感じ。

すごくシンプルなんですけども

僕が ちょっと面白いなと
思ったところが

引き手が 4つあるんですね
1・2・3・4。

普通は ここから開けますね。

大きい荷物は ここから出し入れ
していただければ パソコンとか。

ここのチャックは何ですか?

実は 背負ってる状態で

ここから しゅっと開ける。
<あ~!>

どんな感じか…。
背負ってみてください。

これは大丈夫です 下で。

そうですね
それで 一回 片っぽを外して…。

そこで しゅっと開ける。

この光景 初めてだ。

こう行って ここの目の前に
チャックがある。

<あ~ 便利かも>

これは いろんな
シチュエーションで使えそうだわ。

本当に いろんなものがあって

どっから見たらいいのかって
感じですけど。

箸置き。
<あら かわいい!>

この飛行機も箸置き?

そうです。

上にもあるんですけれども。

上にあるのが
JALさんとANAさんの飛行機。

公認 箸置きって書いてある。
そうです。

実は 機種が 全部 違うんですね。
<えっ?>

ぱっと見は 一緒な感じするけど。

今 置かれてるので?
はい これ 違いますね。

これが ボーイングの787。

これが 737なんですね。

特徴は 翼の先が ぴっと立ってる。

本当だ。
<はい はい>

それの次の中型機が 767。

767。

最後 トリプルセブン… 777。

これは ぱっと見ると
分からないんですけれども

比較すると
サイズが大きいです 全体的に。

ちょっとだけ大きいんですね。
本当だ。

これ 誰が作ってるかというと…。

岐阜県の美濃焼ですね…。

美濃焼の 何代も続く
伝統工芸士さんなんですけども。

そこの社長さんが
立派な器も焼いてるんですが

飛行機 大好きなんですよ。

大好き。
それで作っちゃった。

こちらは お財布ですか?
そうですね。

すごい種類ありますね。

全部 シンプル。

革になるんですか?
革が多いですね。

このカラフルなの すごいですね。

これも 実は お財布なんですよね。

最近 手の消毒するでしょ。
はい。

革のものって ちょっと 染みが…。

心配されたりとかするお客様も
いらっしゃって。

ビニールだと その心配がない。
なるほど!

開けていただくと。

カードが
10枚ぐらい入るんです。

カードケースですか。

実は お札を
ここに すっと入れていただいて。

本当だ!

中身が見えるお財布って
斬新ですね。

小っちゃい入れ物に
小銭を入れていただく。

あっ 本当だ。

はぁ~。

これ1つで出歩ける。
そうです。

<店主の河野さんが
日本中を旅して見つけた

よいものを扱うお店 カタカナ>

<自分で 本当に使ってみて

人にお薦めしたい品ばかりを
集めています>

<こちらは
茅ヶ崎の木工作家の作品で

マグネット式の一輪挿し>

<中に 試験管が入っているので

水を入れて
生花を飾れるそうです>

<佐賀県で 400年の歴史を持つ
肥前吉田焼の

お箸も置けるカトラリーレスト>

<スプーンやフォークの先端が
動かないように

工夫されています>

<これ いいかも!>

<200種類以上ある商品を
通じて お客さんに伝えたいのは

日本のよさなんだそうですよ>

<初めての自由が丘
もうちょっと歩いてみますか>

(踏切の音)
こっち 踏切か。

(踏切の音)
結構 人も多いんだなぁ。

(踏切の音)
こっちか。

何線だろう? これ。

<大井町線ですかね?>

各駅。

大井町線か。
<ですね>

ちょっと歩いてみよう。

自由が丘って
いろんなお店 ありますね。

あっ! 何だろう?

飾ってある! 自転車。

小日向さん!
<はい>

僕 結構
自転車 乗るの 好きなんですよ。

<分かる! 何か好きそうだもん>

あっ!
<何?>

「『軽さ』にこだわる
自転車専門店」。

<軽さ?>
軽いの?

見た感じ

コンパクトな自転車ですけど。
<ですね>

ちょっと入ってみます。
<はい>

いっぱいある! 自転車。

こんにちは。

表に 軽さにこだわる自転車って
書いてあったんですけど

見た感じは 割と コンパクトな
自転車だなって感じなんですが。

こちらに置かれてるのは
軽い自転車だけなんですか?

(西尾さん) 折り畳み自転車と
電動アシスト車もございます。

こちらの奥になるんですけれども。

こちらが 電動アシスト車です。
これですか。

電動って
バッテリーで動く自転車ですよね。

これ バッテリーは
別売りなんですか?

バッテリーは
標準で付けております。

えっ? だって ここら辺に
大きいの付いてますよね。

市場にある電動車っていうのは
大きなバッテリーが ボン!と

自転車に付いてるんですけども。
ないじゃないですか。

どういうことですか?
実は このフレームの中に

バッテリーが入っておりまして。

ここを回していただいて…。

この中です。

この中にですね…。

こういう感じになります。
<あら~!>

どうぞ 持ってみてください。
失礼します。

あっ 本当だ!

これは
しっかり 重み ありますね。

これで充電するってことですか?
そうです。

こちらも
実は 折り畳みなんですよ。

折り畳みで 電動で。

このように パコっとなりまして。

これが こっち 向きます。

よいしょ。

こういう感じですね。

こうなって…。

ここまでコンパクトになります。
<お~!>

力とかも加えず できてる感じが。

これ 持つのは…
あっ ローラー 付いてる!

実は 転がせるんですよ。
<へぇ~!>

このサドルとか
上げちゃったりして。

こうやって。
移動も 非常に楽に行えます。

便利 便利。

さらに バッテリーを
もっと小型化した電動車も

弊社では取りそろえております。

実は バッテリーが
このサイズになります。

手のひらサイズです。
<えっ?>

スマホとかの
USBのやつじゃないですか。

これで 自転車 アシストします。

どの自転車に対応してるんですか。
こちらになります。

どこに付けられるんですか?
こちらのハンドルのとこに

こうやって付けまして

これでアシストします。
すごいなぁ。

接続部分とか
見せてもらっていいですか。

これ 上に上げて… あっ 簡単。

すぽっと。
本当だ。

こうなってるんだ!
こちら 端子になっておりまして。

さらに
モバイルバッテリーとしても。

スマホとか タブレットの充電が。
すごっ!

ぜひ 車体のほうも
持ち上げてみてください。

軽い!

実際に 折り畳んでみましょうか。
お願いします。

まず ハンドルを

このように折り畳みます。

次に サドルを下げまして

スタンドを上げて…。

で このように。

これだけです。
すごい!

これだけコンパクトになります。
あっという間。

<自転車メーカーの直営店である
こちら LIGHT SEriESは

自社製の折り畳み自転車専門店>

<珍しい カーボン製の
折り畳み自転車など

軽さに こだわったものを
扱っています>

<人気なのは

フレームの中に バッテリーを
装着するタイプなどの

オリジナル電動アシスト自転車>

<電動なのに折り畳めるって
すごいですねぇ!>

<お店の自転車は
全て試乗できます>

あっ!

うわ~ うわ~!

全然 力 いらない!

うわ~ 楽!
<お~!>

気持ちいい!
<あ~ いいなぁ>

楽々!

やっぱ すごいですね!

すごい欲しいっていう気持ちが
あるんですけど…。

出せないこと ないんですけど
安いものでもないんで

この案件は いったん

家に持ち帰らせていただきます。
<ハハハハハ>

ちょっと 小日向さん。
<はい>

これ どうしましょう?
<何が?>

僕 誕生日 12月なんです。
<はっ?>

よろしくお願いします。

<いや 私も
持ち帰らせていただきま~す>

<塚田君 面白い人ですね!>

<次の途中下車は九品仏>

九品仏駅に来たんですけど。

九品仏駅も初めてです。
<はい>

人は ちょろちょろ
見掛けるんですけど

地元の方たちなのかな?
(女性) あっ!

あっ! こんにちは。
<こんにちは>

本当 いろんなお店 あるなぁ。

ここも おしゃれな…。

カフェテラスだって。

ちょっと
お店 続いてるんですけど

こっち 入ってみますか。
<そうしましょう>

おしゃれなお家が いっぱいある。

あれ?
<どうしました?>

ここ 何だろう?
<えっ?>

何か 椅子があるよ。
<椅子?>

何か 椅子がありますね。
<本当だ>

引っ越しじゃないよな
看板もあるし。

こんにちは。
(藤田さん) こんにちは。

作業中 大丈夫ですか?
大丈夫です。

こちらって 椅子ですか?

ラタンって素材の 家具メーカーの
ショールームになります。

ラタンっていうものですか?
素材の名前ですね。

素材。
<トウのことですね>

これ ラタンの椅子。
この辺は樹脂素材なんですが

こういったのは
天然のラタンの椅子になります。

弊社が ヤマカワラタンという
ラタンの家具メーカーでして

その商品を 一般のお客様にも
見ていただけるようになってます。

こちらで?
普通の一軒家なので

びっくりされる方も
いらっしゃるんです。

このショールームって
事前に連絡ってことですよね?

基本的には
予約制にはなるんですけども

今 お客様 いらっしゃらないので。
大丈夫ですか!

本当に 普通の一戸建てなので
おばあちゃん家 来たみたいな。

<お邪魔しま~す>

すごい。

古いお宅を そのまま
ショールームとして使ってます。

すごい!
吹き抜け あって おしゃれ。

どうぞ。

あっ すごい。

気持ちいい!
<うわ~ 何か ステキ!>

これ 全部ですか?
そうですね。

気持ちいい!

これ 全部ですか?
そうですね。

割と ラタン家具っていうと
この辺のお椅子にあるような

クラシックなデザインを
想像する方 多いかと思うんです。

うちの場合だと 国内外の
デザイナーとコラボして

こういう 他のメーカーさんには
ないような

変わったデザインの
モダンなラタン家具っていうのを。

こちらが 先ほど 外にあった
フルーツボウルというシリーズ。

果物を籠に入れるように
お好きなクッションを入れて

座り心地を変えられるっていう
ソファですね。

これ すごいですね。

下が浮いてます?
そうですね。

ハンギングエッグチェアという
上から つり下げた椅子。

座ってみてもいいですか?
はい。

奇抜なデザインですけど
実際の座り心地もいいので。

失礼します。

あ~ 気持ちいい!

はぁ~。

目 つぶってると
眠くなって来ちゃうぐらい

独特な浮遊感があるかと思います。

これは すごいなぁ。

この心地よさは 本当…。

揺り籠って いろいろ
あるのかもしれないけど

ラタンならではなのかな。

揺れるというのも そうですし

天然素材のハンドメードのものは
落ち着く部分があるかと思います。

先ほどからお話ししてる
ラタンという素材なんですが

こういう商品になってると
全く想像がつかないんですが。

こういった
非常にトゲのある植物なんです。

日本には 元々 自生してない
主に 東南アジアで採られる

ヤシ科の
つる性の植物になります。

これが この素材のラタン。

非常に加工性がよくて。

これも 太いラタンを

かまで 熱と蒸気を与えて。

その軟らかくしたラタンを
こういった木ですとかに当てて

同じ形を形成して行く。

この曲がってる椅子とかって
あったりするんですか?

奥のほうにございますので。
どうなってんだろ?

すごい! 和室になってる。

ラタンというと 昔から
旅館とか ホテルで こういうのが。

ご覧になったことも
あるかと思いますが。

こういった 脚の部分ですね
太いラタンを。

今 ご覧いただいたような。
写真のやつだ。

奥の椅子の
手すりの部分も曲がってますね。

ちょっと触らせてもらいます。

後ろも…。

これが土台になってるんだ。
そうですね。

全てラタンですね。

ラタンは 表面を割いて

皮で使うことも… 中の部分も
使うこともできるので

1本のラタン
ほぼ全て使い切れるので

非常に そういった部分では
エコな素材です。

<1952年に創業した
ヤマカワラタンジャパン>

<一般の家に 家具を置いた時の
イメージが湧きやすいように

和室がある 戸建ての住宅を
ショールームにしています>

<1957年に誕生した
こちらの椅子をはじめ

国内外の
デザイナーとの共同制作で

モダンな家具を作っています>

<通気性がよく
保温性にも優れたラタン家具>

<季節を問わず 使える
自然素材の家具として

今 改めて
注目されているそうですよ>

<気持ちのいい
ひと時でしたね>

<続いての途中下車は二子玉川>

二子玉川だ!

こっちのほう
行ってみましょうか。

<そういえば ここに

仲のいい友達が
住んでたらしいですね>

久しぶりだなぁ 二子玉川。

こっちのほうでも 何度か
食事や お酒 したことあります。

<そうだったんですか>

こっち 多分…。

ちょっと入ってみましょうか。
<行ってみますか>

ここも飲食店だ。

ちょっと お腹へって来たなぁ。
<何にも食べてませんもんね>

ここは…。

「おねぎや」。

すごい!
ネギの絵が描かれてるぞ。

おねぎや?

おねぎや。

あっ! ネギのマークだ。

ネギも置いてある。

メニュー。

「自家製ねぎ豆腐」。

「お葱の唐揚げ」。

何だ? これ。

へぇ~!
おネギ専門店ってことか。

小日向さん
僕 ネギ 好きなんですよ。

<えっ! そうなの?>

行ってみたいと思います。
<行きましょう>

こんにちは。

<二子玉川で見つけた
ネギ料理のお店>

<その名も おねぎや>

すいません。
いらっしゃいませ。

一人で お願いします。
ありがとうございます。

先に 検温と消毒を
させていただきます。

手首 よろしいでしょうか。
はい。

アルコール消毒も シュ!っと
失礼いたしま~す。

ご案内いたします。

ご新規 お一人様です!
どうぞ いらっしゃいませ。

こちらのお席でございます。

お座りになっていただいて
隣に 荷物 置いちゃってください。

お願いしま~す。

こちらで
ネギ料理をいただけるんですか?

(菊池さん) さようでございます。

今 扱ってるネギが
こちらの3種類でございます。

こちらが
軟白ねぎという 柔らかいねぎ。

こちらが
九条ねぎという京野菜ですね。

こちらが 千住ねぎという

東京の足立区で採れた野菜です。

千住ねぎ 九条ねぎは
聞いたことあるんですけど

軟白ねぎって…。
こちらの 軟白ねぎは

サラダに使ったり そのまま
かじって 甘さを感じたりとか。

そのまんまで。

どれも いただきたいんですけど
ちょっと 選べないので

それぞれの お薦めの料理

お願いできますか?
かしこまりました。

まず 九条ねぎのほうから
させていただきます。

お願いします。

いろんなネギがあるんですね。
<本当ですね>

楽しみだなぁ。

まず こちらが
九条ねぎのサラダですね。

サラダって… ほぼネギですね。

中身までネギなんで。

上に サクラエビが
かかっております。

もし よろしかったら
お取り皿 使ってください。

<これ
行けるんじゃないですか?>

あっ! 本当にネギだけ。

これ ネギ好きには最高だ。

いただきます。

(咀嚼音)

おいしい!
<いい音>

(咀嚼音)

ネギの食感が すごいですよ
シャキシャキが。

<音で分かります>
(咀嚼音)

ネギの味も
しっかり あるんですけど…。

何か ドレッシング
かかってるのかな?

ほのか~にするんですよね。

ネギの味を邪魔してないというか。

何だろう?
<聞いてみたら?>

すいません。

こちらって 何か ドレッシング
かかってます?

そうですね
玉ネギのドレッシングが。

あえてから 盛り付けてます。

ネギの味も ちゃんとあって
しょっぱさ 酸っぱさ…。

酸っぱい味もして
すごい相性いいなと思ったんです。

ネギの味が
やっぱり しっかりしてるんで

食べた後に
酸っぱみ しょっぱみ あるかな。

すごい考えられてるんですね。
ありがとうございます。

<ネギの専門店 おねぎやでは

主に 九条ねぎ 千住ねぎ
軟白ねぎの 3種類を使い

それぞれの特徴を生かした
メニューを用意しています>

<九条ねぎを ひと束 使った

カリカリ桜えびと
九条ねぎのサラダなど

さまざまなネギ料理が
楽しめます>

お次のお料理ですね。

こちらが
軟白ねぎの唐揚げでございます。

これだ! 看板にもあったやつ。

すごい!

ネギっていう説明がなかったら
分からないですよね。

いただきます。
<ネギの唐揚げ! へぇ~>

あっ すごい! ふわっとしてる。

うん! フフフフフ!

サクっとしてて

シャキっとも残ってて。

でも 唐揚げにすることによって
シャキシャキが…。

カリっとと シャキっとの
いいとこ取りみたいな。

中も ふわっとしてて
不思議ですね 食感が。

おいしかったんですけど

結構 僕 食べるので
まだ物足りないなと思ってて。

がっつりした料理
いただけますか?

じゃあ 鍬焼きをお出ししますので
少々 お待ちください。

お願いします。
<鍬焼き?>

すごい種類!

本当 言ってみるものですね
何でもあるんですね。

お待たせいたしました
鶏モモのねぎ塩焼きでございます。

鉄板が熱いので 触れないように
気を付けてください。

うわ~ すごい!

<これは おいしそう!>

<間違いないでしょ!>

<鍬焼き
鶏モモのねぎ塩焼きとは?>

これ 何ですか?

(菊池さん)
ネギを掘る時に くわを使うので。

畑の人たちは

それを フライパン代わりで料理してる。
<はぁ~>

それをイメージしたのを
お店でやってみようってことで。

こちらは 1種類のネギで
調理されてるんですか?

こちらは
千住ねぎと九条ねぎを上に。

輪切りが九条ねぎだ!

うわ~!
<うわ~!>

来た! 大好きなお肉。

あっ! 香りがいいです。

塩ダレの香りかな。

いただきます。

おいしい。
<どんな感じ?>

口に入れた時に ネギの風味が…。

火が通ってて ふわってして。

さらに かんで
お肉のうま味があふれて。

メインは肉なんですけど
ネギも負けてないですね。

<おねぎやでは
普段は脇役のネギを

主役に抜てき>

<千住葱の黒焼き
ねぎ味噌添えなど

他にも まだまだ
こだわりの ネギ料理が

盛りだくさん>

<大好きなネギに出会えて

最高の一日になりましたね
塚田君>

<新緑も輝きだし 一段と
春らしさが増して来ました>

<いい季節になりましたね>