幸せ!ボンビーガール開業ガールズGP開催!田村淳のボンビー時代旅で奇跡の結末![字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

幸せ!ボンビーガール開業ガールズGP開催!田村淳のボンビー時代旅で奇跡の結末![字]

開業ガールズGP開催!経営は大ピンチだけど味と情熱はすごいお店が集結!優勝は!?▽ロンブー淳がボンビー時代の住居を巡る!衝撃結末!出会った今の住人が○○だった!

出演者
【進行】劇団ひとり、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
【ボンビーファミリー】DAIGO、植松晃士、杉村太蔵、森泉、ハリセンボン、鈴木砂羽
【スタジオゲスト】TAKAHIRO、佐藤大樹
【VTR】朝日奈央、おかずクラブ、カミナリ、フワちゃん
【審査員】犬養裕美子、内山正宏、木下威征
番組内容
開業ガールズGP開催!コロナや借金で大ピンチだけど味と情熱はすごいお店が集結!借金1200万円の蕎麦店、シングルマザーの自宅改装ピザ店、コロナで休業の納豆料理店、ボンビーガールお馴染みのミニ割烹料理店…カリスマ審査員たちが選ぶナンバーワンのお店はどこ!?TAKAHIROと佐藤大樹も絶賛▽ロンブー淳がボンビー時代に住んだ家を記憶だけを頼りに巡る!水卜も衝撃の結末!出会った今の住人が○○だった!
監督・演出
【演出】新井万季
【統括プロデューサー】島田総一郎
制作
【制作協力】ランブルビー、クリエイティブ30、ザ・ワークス
おしらせ
詳しい内容はコチラへ!
http://www.ntv.co.jp/bonbi/

ジャンル :
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. お店
  2. 納豆
  3. 本当
  4. 万円
  5. 開業
  6. 場所
  7. 応援
  8. 借金
  9. 頑張
  10. 料理
  11. お願い
  12. ピザ
  13. 開業ガール
  14. 自分
  15. 普通
  16. お客さん
  17. お米
  18. 原宿
  19. 常連
  20. 当時

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥1,287 (2021/06/13 22:14:19時点 Amazon調べ-詳細)

>>幸せ!ボンビーガール。

崖っぷちから一発逆転!開業ガー
ルズグランプリ。

おいしい料理を作っているのに、

この店を開業するときに背負った
借金が。

>>トータル3000万ですね。

>>こんな売り上げが伸びず、

崖っぷちに立たされている開業ガ
ールを募集したところ、

140もの応募や推薦が。
その中から、

緊急事態宣言明け一発逆転を目指
して選ばれた5組が参戦。

審査するのは、

レストラン5店舗を繁盛店へと導
いているオーナーシェフ。

でも彼は。

>>もう本当に食べるのがやっと

でしたし。
仕事終わったあと、さらにガソリ

ンスタンドでバイトして、1年ぐ
らい続けたこともありました。

>>さらに、

ジャンルの異なる21店舗を成功
へと導いている経営の千里眼。

>>修業時代は、

6畳1間に2段ベッド2つで、

もうお給料10万円ぐらいで18
時間ぐらいずっと働いてましたん

で。
>>そんな飲食店経営のプロが応

援したい店ナンバー1を決定。

>>これは普通の料理番組とはち

ょっと違いまして、評価の基準が
味だけではありません。

お店にかける情熱やお客さんへの
思い、

ほかにも夢への本気度ですとか、
全部ひっくるめて、

一番応援したくなるお店というの
を決めたいと思います。

>>この難しい審査をしていただ

くのがこの方々ですね。
>>そうなんです。

まずはフランスの有名店で修業を
積み、

現在は東京・恵比寿のオー・ギャ
マン・ド・トキオなど、レストラ

ン5店舗。宮古島にてホテルも経
営。世界のカリスマシェフ、

木下威征さんです。
>>よろしくお願いします。

>>よろしくお願いします。
>>でもやっぱり、

先ほどおっしゃったように、
われわれのレストランというのは、

料理だけではなくて、空間含めて、
人というのがやっぱり一番大事だ

と思いますので、

きょうはそのへんをしっかり見た
いと思います。

>>続いてご紹介します。
あらゆるジャンルの料理店をすべ

て成功に導き、現在、日本全国で
21店舗を展開する、飲食業界の

千里眼、内山正宏さんです。
>>よろしくお願いします。

わざわざお店に行きたいと思える
ような、この人に出会いたいとか、

そういうお店作りをされてる方を
応援したいなと思って来ました。

>>続いてご紹介します。

レストランジャーナリストとして、

食べ歩いた飲食店の数は実に2万
店以上、

有名シェフも恐れをなす食べ歩き
のプロフェッショナル、犬養裕美

子さんです。

>>2万店も回ってると、中でも

ああ、

やっぱこの店応援したいなってい
うのありますか?

>>いや、私、応援したいお店し

か取材しないので、やっぱり新し
いお店については、特に応援した

い部分を、

引き出してあげるっていうのが私
の仕事です。

>>なるほどね。

>>この3名が140もの中から

選ばれた5組を審査。

まず1組目を審査員の代わりに調
査へ行ったのは。

>>おはぴよー。

ちょうだいな、フワちゃんです。
眼鏡の度はゼロ。

もうなつきとゆりは、すっかり親
友ってぐらいずっと応援してる。

>>最初のエントリーは、去年

10月、

東急目黒線不動前で、

夜だけ営業していたバーの昼間の
空いている時間を間借りして。

>>お待たせしました。

>>具だくさんのおみそ汁とおに

ぎりが食べられる定食屋さんをオ
ープンして。

>>すごい並んでる。

>>常に行列が出来るほど大人気。

なのに、

お店存続のピンチに陥っている開
業ガール。

なつきさんと、ゆりさん。

>>あら。

見つけちゃった、あれじゃない?

ゆって書いてある。
かわいいお店、レトロな感じがす

ごい漂ってて、それじゃあ、
早速行っちゃうよ。

あっ、待って、レトロな入り方し
よう。

ふふふ、ブリキ。
からんころんからん。

こんにちはー。
>>こんにちは。

>>フワちゃんが来たよ。
>>フワちゃんだ。

>>えー、

内観、こんなんなってるの。
かわいい。

なんか本当に思ってたおにぎり屋
さんの感じじゃないんだね。

英語でおにぎりって感じじゃない。
すごい。今さ、開業してどのぐら

いたった?
>>今、半年ぐらい。

>>半年か。

間借り開業ってぶっちゃけどう?
>>始めやすいと思います。

>>本当?

>>普通に開業すると、

1000万くらいかかってしまう
んです、トータルで。

>>そんなにするの?
>>でも、間借りで始めると、

家賃12万とあと食材費だけで始
められるので。

>>そっか。

確かに全部お店のもの、使えるも
んね、机とかテーブルとか。

そもそも、そのかっぽう料理をや
っているというのは、

なんでだったの?
>>毎年、おじいちゃんちに行っ

た際に、おせち料理が出てくるん
ですけど、それがすごい豪華で、

それを毎年見て育ってきたので、

私もこういうの作れるようになり
たいと思ったのがきっかけで。

>>なるほど。

>>この道に進みました。
>>銀座でかっぽう料理店を営ん

でいたおじいちゃんの影響で、
なつきさんも中学生のころから、

料理の世界を目指すように。
>>じゃあ、おじいちゃん、

絶対喜んでるんじゃない?

このお店。
>>今、すごい応援してくれてま

す。
>>ゆりちゃんも、かっぽう料理

開業が夢だったの?
>>おじいちゃんが病気になっち

ゃて、食欲がないって言ってて、

私がだしからとったそうめんを出
したら、食べてくれて、それから、

なんかおじいちゃんが、ゆりちゃ
ん、料理人になったら?って言っ

て、じゃあ、

私なるわみたいな感じでなりまし
た。

>>えー、そうなんだ。だからや

っぱ、

2人のルーツにおじいちゃんだっ
たりおばあちゃんがいるからこう

いうなんかほっとした料理が出て
くるんだな。納得だね。

>>2人は料理の専門学校の同級

生。
卒業後、

なつきさんは飲食店で働いていた
のですが、

コロナの影響でお店が閉店。
そしてゆりさんも。

>>フリーで作り置きとか、

ケータリングの仕事をしていて、

それをやり始めてちょうどコロナ
になっちゃって、仕事が全くなく

なっちゃて、そのときにちょうど
なっちゃんと連絡取り合って、

タイミングが合って。

>>やっぱ最初のVTRとかすご
い大変そうだったけどさ、今、

めちゃめちゃお客さん来てるね。
>>ありがたいことに。

常連さんも増えて。
>>やっぱりすごいね、常連さん

だったり、リピーターをつかむ料
理だもんね、あれ。

>>5か月かけてようやくリピー

ターも増え。
>>本格的でおいしい。

>>やっぱ、お米がおいしいです

よね。
>>お昼どきにちょっとふらっと、

寄れる所ができてよかったな。
>>ありがとうございます。

また寄ってください。
>>また寄ります。

>>ありがとうございます。

>>地元の方にもお店を認知して

もらえるようになったのに。
>>私たち、

5月5日で移転が決まりまして。
>>えっ?

それまでにまた来ますので。
>>ぜひ、

お待ちしています。
>>というのも。

>>ビルのオーナーさんが変わり

まして、諸事情により、私たちが
引っ越し、決めました。

>>次に開くお店の場所はまだ決

まってないし、新しいお客さんが
来てくれる保証はない。

だから次の場所でやっていけるよ
うに、

このグランプリに挑戦することに。
>>じゃあ、

まずはお勧めを教えて。
>>お勧めは、きょうのおむすび

が鶏そぼろ。
あと、

鯖マヨに。
>>じゃあ、

鶏そぼろと鯖マヨパクチーでお願
いします。

>>ありがとうございます。

>>これは注文してから握ってる

の?
>>はい。

>>そうなんだ。
作り置きじゃないんだ。

>>はい。全部店内のお客さんも、

お持ち帰りの方も、ご注文いただ
いてから握ります。

>>まじで?かわいい。
いいね、

ほかほか三角だ。
あら、上にも載せてくれるの?

ありがとう。
あら、

手分けしていつの間におみそ汁、
作ってたの?

ああ、サイコー!

女子の友情まじ永遠。
うわー。超カラフルでかわいいね。

うわぁ、ほかほかだ。
>>きょうのお米が新潟のこしひ

かりで、そしておみそ汁が春キャ
ベツと豚肉、

新タマネギのおみそ汁です。
>>すごい!

油揚げも分厚いね。
>>新潟の油揚げです、栃尾揚げ

っていう。
>>ええっ?

>>ちょっと厚めの。
>>なるほど。

>>そう、ゆりさんの出身は新潟。

地元のおいしい食材をたくさんの
人に食べてもらって、

元気になってもらいたい。
それこそがこのお店のコンセプト。

オープンのとき、

常連さんが出来るようにと作った
鯖マヨパクチー。

今ではこれを目当てに来てくれる
ファンも多い。

>>パクチーは塩とごまとパクチ

ーを混ぜ込んでお米に。オイスタ
ーソースとナンプラーと、

あとサバのみそ煮缶なんですけど、
それにちょっと混ぜてるんで。

>>なるほど。

>>旬の野菜を使った小鉢をつけ

るのにも、お客さんへの思いが。
>>なんか1人暮らしのお客様が

多いので、

やっぱりこのウドとかって買わな
いと思うんですよ。

>>確かに。

>>なので、

あえてここでちょっと食べてもら
うみたいな意味が。

>>だからやっぱり、次のお店が

繁盛するためにも、

絶対なんとしてでもグランプリ取
りたいよね。

>>はい、頑張ります。

>>絶対頑張ろう。

どのおむすびで勝負する?
>>これに向けて、ちょっと新し

いメニューを考えてるので。
>>えー。ちょっと待って、

やばい、

もう相当実力あるのに、あえて新
ネタで勝負する。和牛みたいなこ

としてる。
えぐっ!

>>がっつり春の食材を使って、

季節感を感じられるプレートにし
ようかなと思ってます。

>>なるほどね。

>>それではご登場いただきまし

ょう。
地元で愛されるお店に成長したけ

れど、

5月にはお引っ越し。
それでもお客さんのためにおにぎ

りで勝負し続ける開業ガール、
なつきさんとゆりさんです。

>>さあ、

われわれはよくVTRで拝見して
いましたが、ただちょっと衝撃の

事実、

引っ越しをしなくちゃいけない。
どこ行くかはある程度目星は?

>>まだ決まってないです。

>>あらー。

>>まだ?

>>そうか、じゃあ、ぜひともそ
ういう、こんな場所どう?みたい

なアドバイスも頂きたいですから、
グランプリ取っていただきたい。

>>なつきさん、ゆりさんの勝負

飯はなんでしょうか。
>>こちらです。

春のおむすびランチです。

佐渡のサクラマスとイクラを使っ
たおむすびです。

>>なつきさん、ゆりさんの勝負

飯はなんでしょうか。
>>こちらです。

春のおむすびランチです。
佐渡のサクラマスとイクラを使っ

たおむすびです。

>>サクラマスとイクラを使った

新潟の郷土料理、

わっぱめしをおにぎりに詰め込ん
だ春の一品。

>>お米は、

越後ファームの雪室で保管した、

今摺米を使っておりまして、

春をぜいたくに感じられるプレー
トを作りました。

>>ぜひ味わってください。

>>それでは皆さん、試食をお願

いします。
>>いただきます。

>>おいしい。

お米がいいですね、やっぱり。
>>お米ね、VTRのお客さんも

褒めてましたけれども、やっぱり
お米、

相当こだわってらっしゃる?
>>そうですね。

>>ずっと同じお米使ってらっし

ゃるんですか?
>>そうなんです。

>>それはどうやって出会ったん

ですか?
最初。

>>いろんなお米を食べ比べして、
それでこしひかり、やっぱり新潟

なので、

こしひかりのお米が使いたいと思
いまして、

そこで業者さんを探して、

ここのお米が一番こだわりがあっ
ておいしいなと思ったので、

そこに。
>>ずっと使い続けて?

>>はい。

>>TAKAHIROさんの目が、

ばって開きましたね。
>>めっちゃうまい。

若いお2人が作られたとは思えな
い、

実家の母ちゃんがすごい腕上げた
みたいな。

>>母ちゃんが腕上げるって、

あんまないもんね。
>>レストランって、

人に会いにくる場所だと思うんで
すね。

味ももちろんおいしいですけれど
も、やっぱりお母さんの味という

のが最後、

散々おいしいもの食べてきても食
べたくなる味で、

お2人にはそういうその力がある
のかなと。

>>ありがとうございます。

>>僕ね、中目黒、7軒くらい店

やってるんですよ。
間借りします?

>>えっ?

>>本当ですか?

>>それぐらい気に入ってくれた

んだ?
>>本当においしいし、やっぱ2

人の思いがすごい伝わってくるな
と思いました。

>>ええっ、いや、すごい動揺し

てるじゃないですか。
大丈夫ですか?

今言っちゃったよ、

のりでみたいな。
>>さあ、ではまいりますか、

最後のアピールお願いします。
>>不動前、引っ越しすることに

なったんですが、この開業ガール
グランプリで、優勝して、自信を

つけて、

次の場所で成功できるようにたく
さんのお客様に来ていただけるよ

うに頑張りたいと思います。
>>分かりました。

なつきさん、ゆりさん、ありがと
うございました。

>>ありがとうございました。

>>そして、今回、優勝した開業

ガールには、

こちらの審査員の皆様からアドバ
イスを受けられるという権利がも

らえるそうです。
>>これ、なんだ、

たかがアドバイスかって思うかも
しれないけど、この3人にアドバ

イスしてもらえるんだったら、
100万払ってもいいって人、

ごろごろいますからね。
>>いっぱいいると思います。

>>これからご用意を。

>>めっちゃ緊張します。

やばい。気が動転しちゃう。

>>気が動転しちゃう?

でも準備はばっちりですものね。
>>はい。

>>彼女は女手一つで育ててくれ

た母の夢をかなえたい。

二人三脚でこだわりのラーメンを
作る開業ガール。

審査員の代わりに調査に行ったの
は。

>>どうも朝日奈央です。

よろしくお願いします。
>>お店があるのは、神奈川県小

田原駅から徒歩4分。
と、立地は悪くない。

>>あった。

ここですか?
もしかして。

えっ、めちゃくちゃかわいくない
ですか。

めちゃくちゃかわいいこちらの桃
の屋さん。

外観がめちゃくちゃポップですね。
>>でも。

>>ぱって横見ると、年季が入っ

てるといいますか、

なんかもう別の建物かと思っちゃ
うぐらい。

こんにちは。
>>いらっしゃいませ。

>>お願いします。すごいかわい

い、店内かわいい。
なんかラーメン屋さんとか行くと、

机とかべたべたしてたりするんで
すけど、ちょっといいですか?

きれいです。

めちゃくちゃきれい、さらさら。

こちらの物件を借りた理由とかっ
ていうのはあったんですか。

>>駅から近い所で物件をずっと

探していて、

ここがずっと古い状態で、ぼろぼ
ろだったんですけれども、大家さ

んに聞いたら、

自分で全部直すならどうぞって、

その代わりこちらは何もしないけ
ど、それでよければっていう感じ

で。

全部一からだったので、借金をし
て。

>>ああ、そうなんですね。

>>今、返済中です。
>>じゃあ、もうおいくらぐらい?

>>借金だけで言うと、全部で

700万円。

>>大変だ。

なるほど。これ、

大体月にどれくらい返済?
>>返済だけで今、15万円ぐら

いですね。
>>結構高いですね。

>>そうですね。

>>だから、外観は。

>>横は見えないからとりあえず
いいかということで、前だけ。

>>ちなみに、

あの木の穴って、あれ、何なんで
すか?かなりばりばりですよね。

>>去年はあそこに鳥が住んじゃ

って。
ことしは塞がないと、

ベニヤか何かで。

>>まさよさんが借金700万円
を背負ってまで築80年物件でラ

ーメン屋さんを開業した訳は。
そして、レストランジャーナリス

ト、犬養さんが。
>>メンマをプラスオプションに

するとか、

>>まさよさんが借金700万円

を背負ってまで、

築80年物件でラーメン屋さんを
開業した訳は。

>>きっかけは母の背中ですかね。

小さいときに父がちょっといなく
なって、

母が女手一つでずっと育ててくれ
たので。

>>長崎ちゃんぽん店でおよそ

30年働きながら、育ててくれた
お母さんの夢は、まさよさんとお

店を持つこと。
>>母が外食チェーンが、

麺系のお仕事だったっていうのと、
ラーメン屋さんだったら2人で、

小田原で、

この地元でやってできるかなとい
う感じで。

>>なので、

まさよさんはラーメンの激戦区、

環七で確固たる地位を築いている
せたが屋グループのラーメン店で

7年修業。
ノウハウを学びながら、そこでた

めた開業資金と、

借金700万円で建てたお店のち
ゅう房には。

>>お母様だったんですね。

>>はい。

まさか娘がやってくれるとは思っ
てなかったので、結構、頑張って

やってる姿を見て、

それでこう、生きがいにもなりま
す。

>>すてきですね。

じゃあもううれしいですか?やっ
ぱり。

>>うん。

>>ああ、そうなんですね。
>>涙出てきちゃう。

>>どうぞ泣いてください。

>>そんな親子二人三脚でかなえ

た夢。
だけど、

経営は崖っぷちで毎月25万円の
赤字。

>>一番割合が実は高いのは、

材料費が高くて、

肉屋さんだけで支払いが毎月30
万円なんですよ。

それに麺と野菜とか調味料系とか、
お酒とかもあるので、

材料費50万円ぐらいかかってし
まっているんですけれども。

>>お母さんと開業したお店を長

く続けていくために、リピーター
を増やしたいと、

またすぐに食べたくなる味を目指
して、

国産の丸鶏や昆布とマイタケで取
っただしなどを入れて、煮込むこ

と3時間以上。
そこに煮干しを加え、

魚介エキスもプラスしたすっきり
こくのある清湯スープ。

さらに、

爽やかにするためにお店で1か月
以上漬けた自家製の塩レモンをト

ッピング。

生まれ育った小田原でお店を出す
からにはチャーシューも。

>>やまゆりポークという、

神奈川県産の銘柄豚なんですけれ
ども。

>>7時間かけて煮込んだ大判の

チャーシューを載せた一度食べた
ら病みつきになるあっさり塩玉ら

ぁ麺900円。
お母さんと二人三脚、築80年の

物件で、

こだわりのラーメンを作る開業ガ
ール、まさよさん。

その意気込みは。
>>それはやるからには優勝です

よ。

>>きました。

>>優勝。優勝以外考えてません。

>>お母様も意気込み、お聞きし

てもいいですか?
>>絶対優勝ですね。

>>はぁ…、おなか痛い。

>>それではご登場いただきまし

ょう。

築80年の物件を改装したお店で、

70歳のお母様と二人三脚でこだ
わりのラーメンを作る開業ガール、

まさよさんです。

>>まさよさん、

絶対優勝するとおっしゃってまし
たが、きょうもやっぱりその自信

は揺るがないですか?

ちょっと揺らいでますかね。
>>ちょっと、

緊張で時差ボケが。
揺らいでません。

>>大丈夫ですね。

アピールポイントは?
>>母と、

今まで女手一つで母が育ててくれ
たんですけど、えっとー、

女手一つで育ててくれたんですけ
れども、母と二人三脚でここまで

やってきて、

母の夢をかなえるために作ったラ
ーメンになります。

私たち親子の38年間の思いがた
くさん詰まってますので、

ぜひお召し上がりください。
>>それでは皆さん、試食をお願

いします。
>>いただきます。

>>うまっ。

>>おいしい。

>>うまっ。

>>だしがすごい出てる。

>>おいしい。

>>うん。チャーシュー、うまっ。

>>おいしい。

>>とろっとろ。
>>なんか、

スープを飲んだ瞬間に感じる味わ
いと、

数秒たってから感じる風味が全然
違って、なんか努力の結晶が見え

ますね。

>>木下さん、いかがでしょうか。

>>一番印象に残ったのは、

お母さんと楽しそうに仕事をして
いる姿。

あの姿を見るだけでものすごくエ
ネルギーをもらえますので、

レストランって憩いの場っていう、
フランス語で意味があるんですけ

ど、料理だけではなくて、空間含
めて、

人っていうのがやっぱり一番大事
だと思いますので、憩いの場にな

るように、ぜひ頑張ってください。
>>ありがとうございます。

>>すばらしい味でした。

>>では、犬養さん、お願いしま

す。

>>お値段はおいくらで出してら

っしゃるんですか?

>>玉子つきで900円です。
>>やっぱりこのお店を続けてい

くには、

原価をなんとかしなければいけな
いので、だから例えばメンマをプ

ラスオプションにするとか、

それから卵ももちろんオプション
にしておくとかっていうことにし

て。
>>すみません、本当にすばらし

いご意見なんですけれども、
アドバイスするのやめてもらって

いいですか。

優勝した人の特権なんですよ。
ここでやっちゃうと、企画が倒れ

ちゃうんで。

>>応援したくなっちゃってどう

しようもなくて。

>>もうすでにね、応援したくな
る気持ちはあると思うんですが、

ちょっと黙っていただいて。
>>分かりました。すみません。

>>まさよさん、ありがとうござ

>>ほの。

ママの夢につきあって。

>>8歳の娘を育てながら、

ピザを作るシングルマザー。

審査員の代わりに調査に行ったの
は。

>>なんかすごいのどかな所に連

れてこられたけど。
>>そうだね、ちょっとね。

ナビがないと分からなくなるぐら
いの住宅街。

>>ここは、

埼玉県大宮駅からJR宇都宮線で
10分の蓮田駅。

さらにバスに乗って10分の所に
ある住宅街。

>>あっ。

えっ?
なんか国旗見えない?

>>そうね、

イタリアの国旗。
ここじゃないかな。

普通の家じゃん。
>>まじで表札が普通。

>>真っ白。

>>洗濯ばさみだよ、完全に。

>>本当だ。

まじ洗濯ばさみじゃん。
いや、まじで人んちだよ、本当に。

>>失礼します、お邪魔します。

>>いらっしゃいませ。

>>すみません。
>>どうぞ。

ちょっと狭い、狭いんですけど。
>>お邪魔します。

>>すみません。
>>普通のお部屋だ。

>>壁もそのままですし、カウン

ター作ってもらったぐらいですか
ね。

>>8歳の娘を育てるシングルマ

ザーのかおりさん。

もともとは将来を有望視されたソ
フトボール選手で、

高校時代は全国大会で準優勝。

ソフトボールで食べていくのは、

男手一つで育ててくれた父の夢で
した。

だけど。

>>会社がなくなっちゃったのも

あるんですけど、1年くらいで辞
めちゃったんですね。

父のほうが結構ショックは受けて
たんですけれども、18か19ぐ

らいで家を出て、で、いろんな所
でちょっと転々と働いて、で、

神田にあるイタリアンレストラン
で、

ナポリピッツァに出会ったんです
よ。

>>ソフトボールの代わりにかお

りさんが打ち込んだのはピザ作り。
だから。

>>父に食べてもらいたいなと思
って、連絡したんですけど、

そのときに、

マルゲリータを食べてもらったん
ですよ。

>>その当時、

お父さんからピザの感想を聞けな
かったというかおりさん。

スタッフがこっそり聞いてみると。
>>うまかったですよ。

おいしかったよって言ってあげれ
ばよかったのかもしれないですけ

れども。
>>素直に言えなかった。

お父さんが認めてくれたことが、
ピザ屋さんを始めたきっかけ。

でも、

自宅に開業したのは、一体なぜ?
>>ここのお店始めるときに、

パン屋さんで働いてたの。

>>パン屋さんで働いてらっしゃ

ったんですね。
>>朝5時、4時とかに出るから、

母親が朝いない状態の娘がいたん
ですけれども、でも、父が見てく

れてたんですよ。
でも父も病気になっちゃって、

そのときにやっぱり、家にいられ
るほうがいいなと思って、お店を

始めることにしたんですよね。
>>娘さん、きょういらっしゃる

んですか?
>>います、います。

ほのー。
>>はい。

>>かわいい声。

こんにちは。

ほのかちゃん、こんにちは。
>>ホノボーノのほのかです。

>>えっ、お店の名前ってほのか

ちゃんから来てるんですか?
>>そうですね。娘が付けました。

>>えっ?

>>そう。
>>じゃあ、なんでホノボーノに

しようと思ったの?
>>えっ?自分の名前入れたかっ

たから。
>>かわいい。

>>ちゃっかりしてますね。

>>今はこの一軒家でピザ屋さん

をやりながら、父、かおりさん、
ほのかちゃんの3人で暮らしてい

る。

道に面した部屋を改装したので。

>>初めてでしたっけ?

>>いえ。

窓から渡して。
>>すみません、本当に。

ありがとうございます。
>>お客様、直接来てましたけれ

ども。
ウーバーイーツとかってやらない

んですか?
>>やらないですね。

私、お客さんの顔も見たいんです
よ。

>>本当に人が好きなんだな。
>>3分でも5分でも、ちょっと

痩せましたね、

大丈夫ですか?とか、そういうや
り取りをしたいから、取りに来て

もらう形にしてるんですよ。

>>心遣いがすごいね。

>>先月の売り上げとかって、

聞いて大丈夫なんですかね。
>>57ですね。

>>おおっ。

>>一見、繁盛しているようです

が、食材や光熱費、

こん包材の仕入れなどで。

>>大体58万とか。
>>あれ?

超えちゃってるな。さっき57っ
て言ってなかったっけ。

エプロンぼろぼろだよ、見たこと
ないでしょ。

>>私、ああいうデザインなのか
と思ってた。

ズボン破れてる!これってデザイ
ンですか?

>>ここ、ひざつくんで、

破れてきちゃって。
>>ダメージジーンズとかじゃな

くて?

>>イタリアの旗も破けてる。

>>三角形に破れてる。
>>ちょっとね、いろいろメニュ

ー見させてもらおうか。
>>そうね。おいしそうだね、

すっごい、全部。
結構、いろんな種類あるんだね。

本日のピザだと?
>>本日のピザだと、

冷やし中華のピザと。
>>冷やし中華?

>>冷やし中華のピザ。

>>麺は載ってない?
>>麺は載ってない。

食べたら冷やし中華ですよ、
本当に。

>>えっ?
>>ほかにはかき揚げのピザなど、

リピーターが飽きないように、
変わり種ピザを毎日更新。

>>毎回、飽きずに食べれるとい

うか、

楽しませていただいてます。
とってもおいしいです。

>>お勧めは?

>>マルゲリータですね。

>>マルゲリータ700円。

>>安い。

>>そうですね。
>>安いぞ、これだけ。

>>常連さんが、たくさん来てい

ただきたかったんで、

わりと買い求めやすい価格設定っ
ていうことで。

ですけども、ちょっと安すぎです
よね。

>>延ばしてる、延ばしてる。

>>うわぁ、延ばしてるよ、

オカちゃん、見て。
優しく延ばしている。

>>お父さんが認めてくれたマル

ゲリータの味に少しでも近づけた
くて、行き着いた隠し味は。

>>牛乳が入る所はあまりないか

もしれないですね。
>>牛乳入れてるんですか?

>>はい。

>>えー。初めて聞いた。
>>パンのような甘い生地に。

これこそが厳しいお父さんが認め
てくれたこだわりの作り方。

具を載せたら、

およそ15万円で購入したピザ窯
へ。

>>うわっ、かっこいい、最後。

>>めっちゃいい香り。

すごいいい香りしてきた。
>>かおりさんが勝負する料理は、

お父さんが認めてくれたマルゲリ
ータ。

>>グランプリに向けての意気込

みとかは?
>>いつもどおり気持ちを込めて、

一つ一つ丁寧に焼いて、

食べていただけたらいいなって。
>>絶対伝わると思います。

>>そうそう、これで優勝して、

はくつけましょう。

全国区に。
>>はい、頑張ります。

>>それではご登場いただきまし

ょう。
貯金はゼロ円で、

エプロンやズボンもびりびりだけ
ど、ピザの味は絶対に負けない、

かおりさんです。

>>きょうも例のエプロンで来て

くださって。
>>いつもどおりです。

>>近くで見ると、なかなかです

ね。
>>そうですね。

>>それも天然のダメージ。

さあ、

改めてアピールポイントを。

>>さっきVTR見てたら、

うまいって言っているじいちゃん
が初めて聞いて。

それにちょっとびっくりして、

もう早くとりあえず熱々のうちに
お召し上がりください。

よろしくお願いします。
>>それでは皆さん、試食をお願

いします。
>>いただきます。

>>お願いします。

>>うまいな。

>>優しい。

>>あら、おいしいですな、

これは。
>>フレッシュ。

>>おいしい。

>>うーん、おいしい。

>>おいしい、

こっちのドライのほう。
香りがいい。

>>うーん。おいしい。

パン柔らかい。

じゅわーっとなりますね、口に入
れたときに。

>>近所にあったら、最高ですよ

ね。

>>パンみたいにしっかりおなか
にたまる食べ方ができるので、

なんかいい名前が付けられるとい
いんですけれども。

>>あー、なるほど。逆にだから、

ピザっていう名前じゃなくて、
別の。

>>そうです、そうです。

>>何かそれで広げていく方法と

してね。

>>そういう方法もあるかもしれ

ないですね。
>>なるほど。

>>言っちゃいけないんでしたっ
け?

>>そうですね。言っちゃいけな

いです。

終わるまで待っててください。

>>だいぶ終わった後に。
>>味だけではなくて、やっぱ僕

ら料理人って、清潔感というのも
非常に大事になってくると思うん

ですね。

僕らが働いてたときもここにソー
スつけたら、

もうシェフに帰される時代もあり
ましたし。

>>やっぱり、このエプロンじゃ

だめですか?
>>それはそれで味があっていい

んですけれども、愛着を持って、
だから仕込みのときはそれでオン

タイムになったら切り替えるみた
いな。

>>そっか。

>>どうでした?

>>うーん。

うーん。
>>何も言えない。

>>そう、何も言えない。

何も、なんかもっとうまいこと言
えればよかったみたいな。

勝ちたいですね。
勝ちたい?

>>勝ちたい。
>>そして。

>>これだけのすばらしいおそば

を作っていただける方がいるって
いうのは、ちょっと感動でした。

>>その借金の額1200という

数字で、今、すごい怖いと思うん
ですが、たぶんこれだったらすぐ

返せると思います。
>>うわぁ。

>>飲食店経営のプロが絶賛する

開業ガールが。
と、その前に。

>>上高田2丁目でした。

>>来ました。

>>思い出しました。
>>今夜は。

>>ここに座ってたな。
>>田村淳さんの記憶だけを頼り

に、

昔住んでた家を巡るボンビールー
ムツアー。

>>お金はないんだけど、

めちゃめちゃ楽しかったです、
毎日が。

>>住んでいた家はまだあるのか。

>>これなのかも。

>>えっ?

>>はじめまして。

>>はじめまして。

>>そして、淳さんが昔住んでい

た物件に、今住んでいたのは。
>>えー、すげぇ。

>>なんというご縁ですか。

>>いや、すごい。

>>まずはどちらに向かうんでし

ょうか?
>>えっとね、まず、

原宿に行ってもらいたいかな。

一番最初に東京来たのが原宿なん
です。

>>結構お金かかりそうなイメー

ジあるんですけど。

>>しっかりボンビーできるんで

すよ。

>>淳さんが山口県下関市から上
京したのは、今から29年前、

高校を卒業したばかりの18歳。
この年は、

米米CLUBの君がいるだけでが、

年間チャート1位を獲得。
さらには、

バルセロナオリンピックで岩崎恭
子選手が金メダルを獲得し。

>>今まで生きてた中で一番幸せ

です。

>>この名言が生まれた。

そのころ、淳さんが住んでいたの
は。

>>うわ、

もうど真ん中の原宿ですね。
>>ど真ん中ですね。

>>この辺り、お住まいもこの辺

りだったんですか?
>>この辺りですよ、お住まい。

>>でも、この辺り、家賃もかな

り。
>>一等地だからね。

木造のアパートで、風呂なしでト
イレ共同で、

5万5000円でした。
>>でも、

それならばなんとかやっていけそ
うな。

>>そう、なんとかしがみついて

生きているみたいな感じですね。
>>どうですか?様子変わってま

すか?でも。
>>でも、ビルは同じだね。

ロッテリアあったのにな。
なくなってる。

なんかね、すごい怖い、

怖い店あったんだよな。
>>なんですか?

>>タトゥーとか、

なんか怪しい小瓶を売っている。
あー、なくなってる!ここ、

VANSになってる。
ここにめちゃくちゃ怪しい店あっ

たのよ。
ちょっと悪い感じがして、うわー、

東京だなと思ったな。
>>へー。

>>この道ですよ。

>>田村淳さんの記憶だけを頼り

に、

昔住んでた家を巡るボンビールー
ムツアー。

ボンビー時代の家はあるのか。
>>どこだろう。

>>これです。

ここ。
>>えっ?

>>ここが。
>>もうここなんですか?

>>ここ。

>>本気のど真ん中ですね。

>>でしょ。すごいとこ、いきな

り住むでしょ。
で、残念ながら、もう新しいもの

になってますね。
>>へー。

>>ここー!

>>地面。
>>こうやってたのよ。

東京に来て、

このぜんそくがひどくなって、
夜眠れなくなって、

いつもここでげほげほげほげほっ
て。

>>大変だ。

>>だけど東京のど真ん中で夜中、

せきしてても、誰も助けてくれな
いから、

人は行き交うんだけれども、
なんか知り合いもいないし、

ここでうずくまってるの、あった
な。

>>結構胸がぐっと苦しくなるよ

うな思い出が。
こんな明るい原宿のど真ん中で、

ちょっと衝撃です。
>>で、

苦しみながらここの公衆電話で、

頑張っちょる?って言われて。
>>うわぁ。

>>苦しいんだけど、

頑張っちょるって、うそばっかり
ついてたな。

>>うわぁ、うわぁ。

>>虚勢を張って。
>>心配かけないように。

>>東京楽しいとかってうそつい

てたな。
>>当時は、

まだ吉本興業に入る前。
別の芸能事務所に所属して、

月給10万円。

そこから家賃を引いた4万
5000円で生活。

>>何を召し上がってたんですか、

それこそ。
>>だから、母ちゃんから送られ

てきた小包の中にあるお米を炊い
て、丸美屋の中華丼をかけて、

それがほぼ。

丸美屋さんにお世話になったな。
>>本当ですね。

>>そうなのよ。
で、

ちょっとぜいたくするかってとき
に、

お弁当屋さんがあって、まるせい
っていう。

>>あっ、行ってみたい。

あるかな。
>>これです。

ここです。
>>えっ、すごい。

>>ここです。

水卜さん。懐かしいな。
ここ、まるせいに支えられました

から。
こんにちは。

どうも、お母さん。
>>こんにちは。

>>淳です。

>>こんにちは。

>>ああ、お母さんです。

>>覚えてくださってる?

>>そうそう、お母さん、覚えて

るし、

優しくいつも。
このマカロニ玉子サラダ、これは

本当にお金に余裕があるときだけ。

ここのあれ、

残ってるのかな、そぼろ丼みたい
な。

>>やってないのよ。

>>もうやってないんだ。

そぼろ丼、うまかったよな。

>>もしよかったら、久しぶりに

作るから、

味がどうなるか分からないけど。
>>まじで。そぼろ丼?

>>作ってみましょうか?

>>いいんですか?

ちょっと泣いちゃいそうよ、
俺。胃袋が泣いちゃうよ。

>>こんな感じだけどどう?

>>あー。きたよ。

これ、それー。
懐かしい。ニンジンとかピーマン

が入っているから、18歳の僕で
も、

これは栄養のバランスが取れるな
と思ったのよ。

うわー、久々の。

変わってない。

うわー、思い出すわ。

いろんな夢抱えてきた人が原宿に
集まって、

きっと安いごはんを食べるときに、
お父さん、お母さんが、

栄養に考慮して作ってた丼なんだ
と思うね。

大人になったらそれが分かるけど
ね。

>>ありがとうございます。

>>どうぞ、

どうぞ、すみません。
>>こんにちは。

>>あっ、ここよく使うんですか?

>>来ます。よく。

>>ここ、どうやって知ったんで

すか?

>>スタッフがよく、

ここのから揚げがおいしいって。
>>そう、から揚げ。

どうぞ、どうぞ。

>>アパレルのお店ですか?

>>美容師です。

>>美容師さん。

>>美容師さん。
2人の夢は?

>>夢は、

親も美容師なので、2人とも美容
師なので。

>>じゃあ、いずれは、そのお店

を?
>>はい。

>>わー。
どうすんの?夢は。

>>私もでも。

>>両親?
>>両親じゃないですけど、

父親がやってるので、そこを。
>>そこを継ぐの?

>>いや、一緒にやりたいなって。

>>一緒にやりたい?

うわー、俺、娘にそんなこと言わ
れたら。

>>パパと一緒にお笑い芸人やり

たいって娘さんが言ったら。
>>ううぅん。

ううん。
>>それは違う?

>>それは違う。
>>違います?

>>いいよ、俺、おごってあげる
から食べなよ。

>>めちゃくちゃかっこいい。

>>いや、うーん。好きなの、

いつもの、

そのぜいたくな頼み方しなよ。
マカロニ玉子サラダ、

俺、当時ね、

よくぜいたくだなっていう日に。
>>じゃあ、これに。

>>付けな。

いいよ、いいよ。
あとひじきも食べなよ。

>>頑張ってくださいね。

>>路上?路上でコントやってた

場所があるんです。
>>路上でコントをやってたんで

すか?
>>そうそうそう、事務所入る前

に。
ああ、一番最初にこのネタを路上

でやるときに、

亮さんと2人で歩いて、

人が集まるかどうかも分かんない
不安な気持ちが今、よみがえって

きました。
>>想像つかないな。

>>そうそう、

原宿クエストホール。

この原宿クエストホールのちょう
ど向かいです。

この辺り。
この辺りで、

今からコントやるんで見ていって
くださいって言って、人を集めて、

コントやってました。
この辺りが日曜日になると、

車が通らなくなって、人が行き交
ってたんで。

>>今はなんないですよね、

ここは。
>>今、

歩行者天国、なくなっちゃったよ
ね。

>>ないですね。

>>当時のだ。

>>これがもうまんま?

>>はい。

>>びっくりだな、

こんな時代があったんですね。
>>そこが一番ピークでお金ない

とき。
>>いやぁ、すごい。

>>自然となんかうきうきしてた

んですよ、毎日。

ここでコントやりますって、
人が集まってくれて、

見てくれる人が東京にいるってい
うのを知って、小さな成功体験が

大きな自信につながっていくんで
す。

>>へぇ。

>>ここはもう、相当、

僕が東京にずっと打ち負けてたの
を、なんとかして救ってくれた場

所なんです。
>>なんかすごく日が当たって見

えます、ここ。きらきらして。

>>神々しく。で、俺がその、

さっき住んでいた原宿の家を2年、
東京って2年住むと、

更新料っていうのがかかって、
かつかつで生きてたのに、

さらに1か月分多く払わないとい
けないとなって、破産しちゃうん

ですよ。

>>へぇ。どこで生活、次のおう

ち。
>>亮さんの家の押し入れに。

ドラえもん上に寝るじゃないです
か、俺、下だったから。

天井低い。

>>そうなんですか、衝撃。

>>2000円の家賃取られてた

から。
>>亮さん、

そこはしっかり取るんですね。
>>そう。

>>原宿って、

所で何して遊ぶ場所なの?
俺、いまいち分かってない。

原宿行くと、クレープ、タレント
ショップのイメージしかないから。

>>いや、だから、夢の場所なん

ですよ。
>>21、

2ぐらいのときは週6ぐらいで原
宿行ってましたよ、もう。

>>ああ、そう。

>>あともう、とにかく僕、
目立ちたかったんで、

もうへそが出てるぴちぴちの服で、
もうアイシャドーとかして、

すごい、銀色のテンガロンハット
とかかぶって、

街歩いてましたもん。
>>へぇ、そんな時代あったの?

>>あったんですよ。

>>砂羽さんは原宿とかってタイ
プじゃないね。

>>いや、それがやっぱり、

当時、私がやっぱり18、9ぐら
いのときが一番オーディションと

か受けてたときだから、

それこそさっき淳さんがライブや
ってた所ら辺で、表参道のあの並

木と鈴木砂羽みたいな写真を撮っ
てもらって、それを送ったりして

ました。
>>どう、お嬢さん?

>>私はそれこそ、本当に通り沿

い、

表参道のオリエンタルバザーの隣
のマンションに住んでたの。

だから、

ケヤキの木とかもう普通に登って
たし。

>>あんな所で木登りするの?

>>続いては、1995年。

ダウンタウン・浜ちゃんのCDが
ダブルミリオンを記録し、

街にはルーズソックスをはいたコ
ギャルがあふれていたころ。

淳さんはやっとテレビに出演でき
たけど。

>>気力ありませんよ。

申し訳なくて。

>>MCの後ろでただ黙って立っ
てることしかできなかった。

住んでいたのは。
>>あー、懐かしい。

中野。
こんな空気だった、そうそうそう、

むき出しの駅。
>>こんな感じなんですね。

>>徒歩ね、15分ぐらいなの。

>>そうですか。

>>まあでも4万3000円だっ

たんで、家賃。
>>すごい。

4万3000円はありがたいです
ね。

>>ありがたいし、広さも結構あ

って、

4畳半が3つ連なっている家だっ
たの。

>>どういう状況なんだろう。

>>なんかちょっとあっち側、

よく通ってたな、あっちの道も。
懐かしいな。

俺がね、

悩んでいた公園があるかな。
>>将来の。

>>ここからどうやって、

作戦立てるかみたいなことを考え
てた公園が残ってればですけどね。

本当、

ちっちゃい公園。
>>街なかにふと現れるような。

>>でもなくなってんのかな。

>>かもしれないですね。

>>こんにちは。この辺、ちっち

ゃい公園ってないですか?この辺。
>>ちっちゃい公園?

あじさい公園ってちっちゃい公園
が1か所。

>>それ、どのぐらい?

>>ここからだと150メートル。

>>じゃあ、そこだと思うな。

>>ぽいですね。

>>めちゃくちゃ優しい。

なんのお仕事されてるんですか?
>>僕、解体です。

>>解体屋さん。絶対悪かったで
しょ、昔。

>>全然悪くないです。

>>ド偏見じゃないですか。

>>ド偏見、悪くたっていいじゃ
ない?って話。

>>本当、ただの野球少年です。
>>あったね。

あったよ。
ここです。

>>すごい。

>>ここ、

よく腰掛けてた。
>>へぇ。

うわー。
>>こんな感じでいたから、

たぶん通りかかった人は話しかけ
づらいよね。

今も悩みを吸ってもらってますよ。
>>すごい。

>>亮さんが、

ユーチューブ全然協力してくれな
いんだよな。

お風呂がなかったんで、コインシ
ャワー。

コインシャワー、使ったことあり
ます?

コインシャワー使ってるときが一
番うわー、

貧乏だなと思ってましたね。
>>あれ100円で何分みたいな、

決まっているやつですよね。
>>よくある、洗ってないのに切

れるみたいなの、やっぱりあるん
ですよ。

>>技が必要。

>>はいはいはい、このレンガの

やつありました。
>>あったんだ。

>>上高田2丁目でした。

思い出しました。
ここの通りか、この次の通りかの

どっちかです。
>>ええっ、

どっちだろう。
ちょっとどっちも見てみましょう。

>>こっちのような気がするな。

うーん。

>>いいですね、このリアルな感

じ。

>>何せじめじめしてた思い出。

布団ももう毎晩じめじめしてるな
と思いながら寝てたんですよ。

>>すごい思い出ですね。

>>はぁー、こういう感じです。

でも、ここ、こういう感じ。

こんななんかがたがたする道をい
つも歩いてた。

>>奥にある感じだったんですか?

>>たぶんですけど、ここですわ。

こういう感じ。

>>淳さん、よく分かりました。

>>分かります。

これが、とにかく家の周りに、
ずっとこんな感じ。

森の中にアパートがあるのかなと
思うくらいとにかく緑には囲まれ

てた。
>>みずみずしい感じ。

>>ほかに思い出の場所ってあり
ますか?

>>吉本興業の同期の、バイト先

でよくごはん食べてたんです。

>>行ってみたい。
>>喫茶店みたいな。

>>どういう?

>>残ってるかな。

>>淳さんの記憶以外、どうしよ

うもないっていう、すごいロケで
すね。

>>なんか喫茶店出てきたな。

えっ?
いや、こんなんじゃなかったな。

あっ!
>>何?

>>あ・ど・とだ。
>>えっ?

>>あ・ど・とです。
>>うそ。

>>あ・ど・とです。

>>でも。

>>あ・ど・とだ。
>>えっ?新しいですよ。

>>変わったんじゃない、

あ・ど・と。
>>えっ?えっ?えっ?

>>間違いない、あ・ど・とです。
>>ちょっと。

>>どうも。
>>いらっしゃいませ。

>>いいですか?
>>えっ、すごい。

>>お久しぶりです。

>>お久しぶりです。

>>僕、来てましたよね?
>>来てました。おいでになって

ました。
>>覚えてらっしゃる?

>>覚えています。
>>うわー、

あ・ど・とがあるとは。

アルバム?
>>淳君の誕生日。

>>そうだ、そうだ、俺の誕生日、
ここでしてもらったんだ。

うわっ、

ゴリとかいる、庄司とか。
お金はないんだけど、

めちゃめちゃ楽しかったですね、
毎日が。

>>そして1997年、

またお引っ越し。

日本がワールドカップ初出場を決
め、歓喜に包まれていたころ、

たまごっちが大流行。
淳さんは、深夜のレギュラー番組

に出演していたけど、

まだまだお給料は10万円以下だ
った23歳。

住んでいたのは。
>>俺が初めて、

風呂付きの家に。
>>とうとう。

>>しかもロフトがついてたんで

すよ。
>>あっ、ロフト。

>>家に。

駅がそうそう、ちっちゃい駅なん
ですよ。

>>あっ、かわいらしい感じの。

>>そうそう、この駅です。

変わってないですね。
>>そうなんですね。

>>あれ、俺、家どっちだろう。

>>あれ?

>>なんか、

この駅は覚えてるんだけど。
>>そうか。

>>こっちかな?

徳丸っていう住所は覚えてるんで
すよ。

>>もう一回言ってください。

>>徳丸。
>>徳丸?

>>こっちだったような気がする

んだよな。
あー、ぴんとこないな。

>>ちょっとこっち商店街って感

じですか。
>>これはその当時、あった気が

する。

>>こんな感じ。意外とこういう

もの覚えているものですね。
>>そうね。

>>ちょっとでも、地名が徳丸で
すね。

>>そうだ、じゃあ、合ってるわ。

>>徳丸の×××。

>>×××徳丸っていう。出てき

た。
×××徳丸です。

>>流れで出てきましたね。

アパート名。
>>アパート名です。

>>待ってアパート名分かるなら、

相当これは、いけそうですね。

>>ものすごい坂の途中にあるん

ですよ。
>>じゃあ、坂を探しますか。

>>なんかね、こっちのような気

がする。
よみがえってこないな。

>>へぇ。

>>方向性はこっちだと思う。
あった、この白いの。

>>えっ?

>>うわっ、あったよ。
>>おしゃれ。

>>偶然なんですけれども、

ここに、

その吉本興業の銀座7丁目劇場の
同期のやつがたまたま住んでたん

です。
>>すごい。

>>でも、同期なんだけど、

なんかあんまり興味ないやつだっ
たから、しゃべってなかったんで

すけれども、同じアパートだとい
うことをきっかけに仲よくなった

んです。
>>じゃあ、お友達になったんで

すね。
>>そこから友達になって、

今、一緒にビジュアル系バンドを
やっているようなやつなんで。

>>今でも仲がいいそうで、

連絡してみると。

>>いらっしゃったのも、久しぶ

りですか?
>>もう本当に久しぶりです。

まだあったんだと思ってびっくり
しますね。

>>へー。

>>本当、ひどかったです、
当時は。

あの窓から夜中ですよ、がんがん
がんがん、

ぱーんっていって。

土がめちゃめちゃついた木放り投
げて、どこから持ってきたんだっ

ていう話ですよ、あんなの。
都内にないですよ。

>>いいなぁ、おもしろい。
>>懐かしいですよ。

>>ここのおうちに住んでいるこ

ろはお給料としてはどうだったん
ですか?

>>給料はだから、吉本からもら

えるのが7万円とか、8万円とか
だったと思いますね。

>>でもね、

稼いでいたほうだと思いますよ。
それは。

>>それでもね。

>>僕らがその劇場1回の出番で

500円とか、そういう時代でし
たから。

>>そうか、そうですよね。

>>本当、めちゃくちゃしてたな。

でも生きてたよね。
>>まあ、そうですね。

>>生きてる実感があったよね。

>>1999年、またまたお引っ

越し。

290万枚の大ヒットを飛ばした
だんご3兄弟が鳴り響いていたこ

ろ、街にはやまんばギャルが出現。
淳さんは、

上京7年目で定期的にテレビに出
られるようになっても、

まだまだお給料は20万円以下だ
った25歳。

住んでいたのは、新宿から1駅、

初台にある閑静な住宅街。

実はここの住人さん、淳さんと意
外なご縁のある方。

>>えー。すげぇ。

>>なんというご縁ですか。

>>いや、すごい。

>>かなりいい場所ですよね、

住むにはというか。
>>そうですね。ただ、あんまり

いい思い出がないですね。
>>なんでですか?

>>やっぱ調子乗ってたんでしょ

うね、俺も。
なんかこう、

女性のトラブルというか。

女性の方と何かあったというより
かは、

おつきあいしてた人がほかに彼氏
がいて、その彼氏さんが、言った

ら、

そういう怖い団体の人だったみた
いな。

>>じゃあ、

ちょっとこう。
>>もめ事に巻き込まれるんです

よね。
出てこいって言って、

家の前に街宣車が来たんで。
>>それ、放送ぎりぎりですね。

なんか、なんでしょう、淳さん、

今でこそ本当になんて言うんでし
ょう、もう優しいお父さんという

か、

家庭的なイメージもありますけど、
そういえば、昔はそうでしたね。

>>やんちゃなイメージね、

やんちゃでしたからね。
こちらです。

>>あっ、

ここですか。
>>はい。

>>すてき。
>>そうなんですよ。

>>なんかおしゃれな。
>>新築で入りましたから、

僕のとき。
17万とかだったような気がしま

すね、家賃で言うと。

>>それも給料のかなりの割合で

すか?
>>えーと、19万とか、20万

ぐらいのときに、

もう全部入れちゃうんで、早く給
料を上げていくっていうモチベー

ションの維持のためにも、

とにかく高い、

払える所に行くっていう。生きる
のはなんとかすると。

先輩におごってもらったりとか、
誰かの家で食事を済ませるとか、

とにかく家に全部をつぎ込んでた
んですよね。

>>でもそれがモチベーションに

なって、

きっと今の淳さんを作っているん
ですね。

>>そうです。

とにかく、もっといいマンション、

もっといいマンションってなって
ます。

>>すごい、すごいです。

>>実はこの物件だけは、淳さん

はちゃんと覚えていた。
なので。

>>淳さん。

>>えっ?
>>何?

>>鍵?

>>打ち合わせでおっしゃってい

た同じ間取りの鍵です。

>>入れるの?

>>入れます。

>>まじで?

うれしい。
>>すごい。

>>行ってみよう。

うわー、懐かしい。
水漏れ修理中だ。

>>そこがちょっと時代を。

でもきれいなマンションです。
>>これですよ。

>>当時からオートロック?

>>ちょっと行ってみますか。

>>開いた。

>>うわっ、懐かしい。
>>失礼します。

>>うわぁ。

郵便受け。
>>こんな感じでしたか?

>>こんな感じですね。
>>すごい、すごい、すごい。

おしゃれ。
中、おしゃれですね、デザインが。

いい感じですね。
>>どきどきする。

うわっ、開いた。
>>どうですか?どうですか?

>>ああっ、こんな感じでしたね。

つけちゃおう。

1人暮らしっぽいですね。

お邪魔します。
>>お邪魔します。男性かな?

>>うわー、懐かしい。

あっ、この間取りだ。

>>こういうところにお住まいだ
ったんだ。

>>うわー、キッチンがそう。

>>こんな感じでしたか?

>>はい。

>>ちょっとこのなんていうんで
すか、カウンター風というか。

>>そうですね。

>>曲がっている感じで。

>>テンションすごく上がりまし

たよ、ここ、初めて住んだときに。

同期のやつら呼んでも、すっげぇ
ーみたいな。

こんなとこよく住めるね、あの給
料でって。

>>それも一個乗ってく感動があ

りますね。

>>いったもん勝ちっしょみたい
なこと言ってたね。

>>冷蔵庫ありました?
>>ありました。ただなんも入っ

てないです。
食生活全然豊かじゃない。

よく遠藤さんと山本さんにおごっ
てもらってたんで。

>>恩人ですか?やっぱり。

>>恩人ですね。

あの2人は。

ここに私もベッド置いてました。
>>ええっ、そこも一緒ですか。

>>まさに、ここで、寝っ転がっ

てたら街宣車から声が聞こえてき
たんで。

ええって、こうやって最初のぞい
てたけど、ちょっと顔が出たぐら

いですぐ反応しましたよね。
>>あいつだっていう。

>>いるじゃないかって。いや、

もうよみがえってくる、よみがえ
ってくるんで。

で、

大家さんになんかあなたの名前呼
んでるから行きなさいって。

で、行ったらそういう事情だから
っていって、ちょっと事務所に来

いよって言われて、連れていかれ
ちゃったんです。

>>行ったんですね。

>>あのね、覚えてるのが、

詰められてるとき、携帯電話鳴っ
たんです。

だけど、ポケットの中で俺、
電源切ったんですよね。

そしたら、お前なんか、

人としてちゃんとできてるなって
言われて。

あそこで電源切った俺、本当、

まじすげぇと思いました。
>>でも今はどういう方がお住ま

いなんですかね。
>>これね。

>>なぜわざわざ鍵を貸してくれ
たのか。

実はここに住人さん、淳さんとは
偶然にも深いご縁が。

>>38歳独身。

>>私、29歳。

>>なんでそう思ったんですか?

>>いや、でもなんだろう。

>>雰囲気?

>>雰囲気、いや、なんかこの、
あっ、

でも淳さんのほうかもしれないで
す。

>>でしょ?

>>タイトルが。
>>なんかね、CDの感じとか、

コンポ世代ですよ。
>>そっか。

>>もうちょい上かもしれない。
ゴジラとかそういうガメラとかが

あるんで。

PCでだいぶ仕事してる感の人、
強いですけどね。

お菓子の内容が、柿の種とかつぶ
っことかなんで、

43、

あれ?
どうぞっていうか、俺の家じゃな

いけど。
あっ。

>>どうも。
>>どうも。

>>はじめまして。

>>はじめまして。

>>ここの住人の方ですか?

すみません、

勝手に鍵をお借りして。
>>お邪魔しております。

>>あっ、

お年いいですか?
>>山本と申します。

還暦過ぎております。
>>60を超えている?

>>そうです。

>>29って言ったでしょ。

>>とんだ勘違い。

>>実は亮さんにはいつもお世話

になっていまして。

>>亮に?
えっ、田村亮ですか?

>>そうです。

あの、釣りビジョン。
>>はい、釣りビジョン。

>>私どものチャンネルです。

>>えー。すげぇ。

>>どういうこと?

>>亮さんのレギュラー番組をや
ってるそのテレビ局の方っていう

ことですよね。
>>編成担当です。

>>編成担当?

株式会社LONDONBOOTS
の代表取締役やってます。いつも、

亮さんがお世話になってます。

釣りビジョンに助けられたんです
よ。

>>すごい。

>>亮さんが復帰できたのは、
いろんな方の力もありますけれど

も、

釣りビジョンさんがいち早く亮さ
んを使ってもいいっていう。

>>なんというご縁ですか。

>>いや、すごい。

>>すごいですね。

これからもよろしくお願いします。
>>そしていよいよ、

開業ガールズグランプリ優勝者が
決定。

売り上げが伸びず、

崖っぷちに立たされている開業ガ
ール5組の中から、

応援したい店ナンバー1が決まる。
審査するのは、

激戦区のレストラン5店舗を繁盛
店へと導くオーナーシェフ、

木下威征さん。

>>われわれのレストランってい

うのは、料理だけではなくて、

空間を含めて人っていうのがやっ
ぱり、一番大事だと思いますので。

>>ジャンルの違う21店舗をす

べて繁盛店に。

飲食店経営の千里眼、内山正宏さ
ん。

>>わざわざお店に行きたいって

思えるような、この人に出会いた
いとか、そういうお店作りをされ

ている方を応援したいな。

>>2万店以上取材、レストラン
ジャーナリスト、犬養裕美子さん。

>>応援したい部分をPRしてあ

げるっていうか、そこを引き出し
てあげるというのが私の仕事です。

>>これまで3組がエントリー。

続いては。
>>緊張してきました。

>>海外からの外国人がほぼゼロ

になってしまった京都・祇園で開
業。

しかも、

関西の人になじみのない納豆料理。

逆境に挑む崖っぷち開業ガール。

審査員の代わりに調査に行ったの
は。

>>納豆料理開業ガール。

>>キャスティングの理由が分か

りました。
そうですね、納豆なんですね。

だからカミナリ来てんだ。

>>お店は京都の人気観光スポッ

ト、

祇園の花見小路通りから1本入っ
た所。

本来は観光客でにぎわう場所だけ
ど、今はコロナでがらがら。

しかも。
>>関西の人、

納豆苦手なイメージがあるんで。

開業するには結構チャレンジとい
うか。

>>ハードル高そうだよね。
>>納豆嫌いが多いといわれる関

西地方。

納豆料理のお店を出す場所として
は、かなり逆境だけど大丈夫?

>>あっ、ここだ!ほら、納豆と

酒。

思い切りちょうちんに納豆って書
いてある。

>>うわー。

>>英語。
>>英語だ。

>>キープ・カーム・ノー・トラ

イ・ナットウ。冷静にとかってい
う意味ですよね。

>>まあ、そうです。

>>京都だから、外国人の方、
多いから、一回落ち着けと。

♬~

(主婦・男性) えっ!

(新津) 「バスタブクレンジング」!

≪シューーーと まんべんなく≫

60秒後 流すだけ
(主婦)ラク~!

♬~こすらず洗える
「バスタブクレンジング」

(ちせ)あの くり返し生える大変な

黒カビ掃除はもうやりません!
(聴衆)ウオー‼

《防カビは水を入れてポン!》

《銀イオンで丸ごと
防カビコーティング!》

2ヶ月に1度でキレイが続く!
♬~「お風呂の防カビくん煙剤」

>>あっ、どうも、

失礼します。
>>いらっしゃいませ。

>>お客さんです。

>>どうも、こんにちは、お客さ

んです。
>>お客さんです。

すげぇ。おしゃれ。

>>なんかすごい納豆、ぴったり。

やっぱり納豆って和の食べ物じゃ
ん。

和って感じの。
>>Tシャツも作っている。

>>Tシャツもね。

>>ノー・ナットウ・ノー・ライ

フです。
>>ねえ、ノー・ナットウ・ノー

・ライフ。
値段設定、絶妙っすね。3500

円。
>>高いとも思わないし、安いと

も思わない。
>>メニュー見てみます?

まず納豆一つでこの1ページ埋ま
るのがすごくない?

>>全部納豆か、これ。

>>そうだよ。2ページ目あった。

2ページ目も納豆。

>>納豆好きお一人様限定。

おまかせ盛り合わせって。
>>納豆の盛り合わせ?

>>納豆アイス最中、納豆アイス

最中のノーマルとかがあるけど、
もうノーマルじゃねぇ。

>>そもそもノーマルじゃない。

>>そもそもノーマルじゃないの

に。もともと納豆はお好きだった
んですか?

>>もともとは大っ嫌いでした。

>>大っ嫌い?納豆嫌いだったん

ですか?
>>納豆大嫌いなんです。

私、和歌山出身なんですけど、

和歌山って一番食べない県なんで
すよ。

>>どこから納豆好きになったん

ですか?
>>母親が栄養にいいから食べな

さいと、

1粒ずつごはんの上に載せていく
からって。

きょうは1粒、あしたは2粒、
あさって3粒って、地道に繰り返

されて。私も嫌で嫌で、

うずめて食べ、

かき込んで食べてたんですけど、
なんかある日、

なんかもっと載せてよみたいにな
ってきて、そこからもう、ごはん

にかけ、みそ汁に入れ、納豆がな
いともう震えてくるぐらい、

納豆依存症になってしまって。
1日5パックは絶対食べます。

>>5パック?

>>だから、食べたことのない納

豆は必ず食べて研究。
お店にはその中でも、特にお気に

入りのものを取りそろえているそ
うで。

>>珍しいので言うと、カラフル

ナットウ。
>>うわっ、すげぇ。

何これ?
>>7種の大豆使ってて、それぞ

れ豆の食感、味、大きさも全く違
うんですけど、ちゃんとこう、

納豆になってるんですよ。
>>初めて見た。

>>これはね、

本当にお酒のあてに最高です。
すごいかわいい納豆もいて。

>>かわいい納豆。

かわいい納豆ってどういうことで
すか?

>>これ見てください。
めっちゃかわいくないですか?

>>普通の納豆だわ。

>>ころころころとしてて、

食べるのもったいないぐらい。

>>それを食べたいっていったお

客さんには、泣く泣くあげてる?
>>泣く泣く。かわいいんで、

かわいがってあげてください。

>>そんななおこさんがお店を開

こうと意識したのは、今から8年
前の大学生のころ。

>>学生のころから絶対納豆料理、

いつかやりたいなというのだけは
あって、

いろんな案を書いてました。
これ、

夢ノート。
>>これ、その大学生のときに?

>>そうですね。

>>お店を始めるうえで、必要に

なりそうと思ったことを記録して
いて。

>>効果的ワード?

>>限定、生、濃厚、とろ。

>>納豆っていうよりも、濃厚納

豆っていったほうが、

注文率が上がるっていうのを本で
見て、メニュー作ったときに全部

に当てはめていって。

>>入ってんの?

究極とかさ。
>>そうそう究極の。

>>究極も書いてあるね。
あと限定。なんかお一人様限定。

>>あった、あった、なるほどね。

>>ほかにも、8年前に考えたこ

のデザインは、

実際に今のお店の看板に。

夢ノートで構想を練るだけでなく、
福岡にある納豆料理の名店、

粘ランドに修業へ。

効率的な仕込みのしかたなど、
お店をオープンしたときに使える、

さまざまなノウハウを吸収。
そして、

納豆になじみのない外国人にもた
くさん来てもらえるように、

お店の場所を京都・祇園に決め、
2020年の2月、7年越しの夢

だった念願のお店をオープン。
しかし。

>>自分がずっと思ってた納豆料

理の店をようやく出せたと思った
とたん、

コロナ来ちゃったっていうことで
すよね。

>>2か月後に緊急事態宣言が出

ました。
>>2月にお店をオープンし、

さあ、

これからと思っていた4月17日
に、

緊急事態宣言で休業せざるをえな
い状況に。

翌月、

緊急事態宣言が明けても。
>>お客さんもついてないですか

ら、皆さん、結構、

常連さんに助けられてなんとか乗
り切ったっていうお店も多いんや

けど、うちはもう全くゼロだった
んで、

テイクアウト始めたところで誰が
来ることもなく、ほぼ売り上げは

ゼロでしたね。
>>へぇ。

>>さらに、

日本を訪れる外国人が激減したた
め、

外国人観光客の集客が期待できな
くなってしまった。

そんな逆境の中、

なおこさんがグランプリに挑む納
豆料理とは。

>>お待たせしました。

>>おっ、これ、なんすか?

>>外国人観光客を狙って開業し

たものの、

京都・祇園には人がいないし、

そもそも納豆にあまりなじみのな
い関西。

そんな逆境の中、

なおこさんがグランプリに挑む納
豆料理とは。

>>お待たせしました。

>>これ、なんすか?

>>ねばボナーラです。

>>ねばボナーラ?

>>パスタになります。

>>パスタ?

ええっ。本当、納豆載ってる。
大粒の納豆載ってますね。

>>カルボナーラと納豆のかけ算。

>>はい。

>>こだわりとかってどんなとこ
ろですか?

>>まずそれ、

チーズ使ってなくって。
>>チーズ使ってないんですか?

>>はい。

カルボナーラの独特のとろみみた
いなものを納豆で代用してまして。

>>普通のカルボナーラのソース

は生クリームにチーズを混ぜるの
が一般的。

でも、なおこさんは、

生クリームにしょうゆなどを混ぜ
た和風ソースに。

>>京都の大粒大豆使った納豆で

す。
>>京都の納豆。

>>スーパーでよく見る納豆のお

よそ2倍。
なので、

大豆の味を感じることができ、

カルボナーラソースに混ぜるのに
ぴったり。

>>大粒はすごいクリーミーなの

で、クリーム、生クリームのクリ
ームと、クリーミーな豆との相性

がすごくマッチして、すごいこう、

麺を上げたときにソースが持ち上
がってくるようなとろみがつきま

す。
>>確かに。

>>チーズ抜いたけど、

同じ発酵食品ですものね、納豆は
ね。

>>そうですね。

>>そっか。

>>さらに、

フライパンで混ぜるときも納豆の
よさを生かすこだわりが。

>>実は炒めてなくて、火を止め

てから加えてあげると、

すごく納豆のよさを生かすことが
できるんですよ。

>>そう、

ベーコンとタマネギを炒め、
麺を混ぜ合わせたら、火を止めて、

先ほどの納豆ソースを。
実は、

ねばねばのもとである納豆菌は、
熱に弱いので、

高速でかき混ぜて納豆に熱が伝わ
りにくくすることで、納豆菌を守

りつつ、より粘りを。
>>粘りを出すために、

うわぁぁぁぁ!って。
>>激しかったね。

>>全身全霊使ってやってました。
>>あの行動が一番好きですね、

私。
ゾーンに入ってるんで。

周りの音とかも聞こえない。

>>意気込みも最後にお願いして
いいですか。

>>競合がいないので、比較はす

ごくしにくいとは思うんですけど、
もう唯一無二のものとして、

見ていただきたいです。
>>オンリーワン。

>>オンリーワンです。

>>コロナ禍でも、粘り強く頑張

ったわけですもんね。
>>そうです。

>>ねばーギブアップということ

ですよね。
>>うまい。

>>V明け1分前。

>>ぎりぎりです。

>>ご登場いただきましょう。

コロナで35日連続休業したけれ
ども、納豆があればなんでもでき

る。
納豆専門店開業ガール、なおこさ

んです。

>>アピールポイントは?

>>普通のカルボナーラってチー

ズを使うと思うんですけれども、
チーズを使ってなくて、

納豆の粘りを調味料のように使っ
ています。

なので、麺を持ち上げると、

ソースが全部からみつくような感
覚を楽しんでいただければなと思

います。
>>それでは皆さん、試食をお願

いします。

>>いただきます。

>>すごいですね、あの夢ノート。

かなりが実現している。
>>そうですね。

もう有言実行、モットーとしてい
るので。

>>本来のカルボナーラより好き

かもしれないです、僕。

>>カルボナーラ超え?

>>超えですね。
>>これはうれしいですね。

>>うれしいですね。

>>すごいおいしいです。
>>臭みが全くなくて、納豆のよ

さしか出てこない。

>>僕もやっぱり、ヨーロッパで

修業してたときに、

なんとかしてフランス人に納豆を
食べさせようと試みたんですけれ

ども、やっぱり臭いとか、

糸をばんと引くのが結構抵抗があ
って、

これだとあんまり糸を引かないで
すし、かめばかむほど豆乳のよう

な香りがしてきて、非常においし
いと思います。

>>納豆がこんなにね、上品にな

るのはびっくりしました。
あまりにもおいしいので、

なんかこう、

もうこの方はお一人でやっていけ
るんではないかなと思って、

応援し忘れちゃうような気がしま
す。

>>そうか。

>>もう私は応援する必要はない

んじゃないかと。
ちょっとだめです。弱い部分見せ

ていかないと。
>>なんかあったかなぁ。

>>続いてのエントリーは、

赤い髪にピアス姿の開業ガール。
でも、本格手打ちそばのギャップ

に。

>>借金の額1200という数字

>>5組目のエントリーは、

赤髪にピアス、30歳にして借金
1200万円。

でも。
>>たぶんこれだとすぐ返せると

思います。
>>うわ。

>>赤い髪をやめないで、

そのままずっと赤い髪のおそば屋
さんでいてください。

>>審査員の代わりに開業ガール

のもとに調査に行ったのは。
>>どうも、

杉村太蔵でございます。

ここは鳥取県の倉吉市という所に
お邪魔しております。

>>倉吉市は、

鳥取県中部に位置するのどかーな
町。

>>ここですね。

つなぎやさん。

どうですか、

すごいすてきな店構えといいます
か。

>>高級店のようなたたずまい。

なのにボンビーなのは一体なぜ。

>>おしゃれ。

お邪魔いたします。
よろしくお願いします。

小上がりになってるんですね。

ここで靴を脱いで。
きょうはどうぞよろしくお願いし

ます。
>>よろしくお願いします。

>>女性のおそば屋さんって珍し

いじゃないですか。
なぜそば職人になろうと思ったん

ですか?
>>20歳のころまではそば嫌い

で。
>>そば嫌いだった?

>>そうです。大っ嫌いで、

年越しも1人だけうどん食べてま
した。

>>ええっ。

>>高校を卒業後、就職したもの

の、

1年で退職。

>>1年ちょっと頑張ったんです

けれども、ちょっと疲れてしまっ
て、

一度実家の鳥取のほうにまた戻っ
てきました。

>>そんなみさとさんが、

友達の紹介で始めたのは、お寺の
お手伝い。

そこで人生をかける夢に出会いま
した。

>>私がおそばが好きなもんです

から、

おそば屋さんに行ってみる?とい
うことで、おそば屋さんに行って、

で、どうだった?って言ったら、
おいしかったですということで。

>>そのときに、

本当のそばに初めて巡り合ったと
いいますか、今まで食べていたの

はそばじゃなかったんだなと思う
ぐらい。

>>そして。

>>そば打ちを見せてもらったと

きに、その技術にすごい感動して、
ぜひ学びたいと思って。

>>職人気質な師匠に弟子入り。

修業すること5年。
そばの作り方は学んだけれども、

開業するお金はなかったので、

お試しで開業できる場所を借りて
営業していると。

>>毎週のように通ってくださる

常連さんがいらっしゃいまして、

このそばの味にほれ込んだと言っ
ていただいて、

倉吉のほうでやるんだったら、
自分がサポートしてあげるよと。

>>実はその常連さん、

鳥取で飲食店を2店舗開業させた
経営者。

>>もともと僕がそばが大好きな

んですけど、

彼女のそばを食べたときに、
ちょっと衝撃を受けまして、

もっとたくさんの人に食べてもら
わんと、

ちょっともったいないぐらいのそ
ばでして、それでちょっと応援し

ようと思いました。

>>常連さんが無利子で開業資金
を貸すよと言ってくれたので、

2019年に開業。
>>もともと、ここ、本当コンク

リートで何もなかったんですよ、
ちゅう房機器も何一つ。

なので、

一から作り上げまして。
>>何もないこの場所に、

40万円かけてひのきのカウンタ
ーを作ったり、

キッチンも水回りを整えたり、

ゆでがまや冷蔵庫を設置したりし
て、ちゅう房機器に250万円だ

けじゃなく、

雨漏りすることが分かったので、

改修費用200万円がプラスされ。

>>借金はいくらでしたか?

>>1200万ですね。

>>1200万円。

>>毎月10万円ずつ返さないと

いけない。
>>ちょっと気になったこと言っ

ていいですか?
失礼ながら。

>>どうぞ。

>>ヘアスタイルというか、
髪形はこだわりがあるんですか?

>>バリカンでがーってやってま

す。
>>自分でやってるんですか?

これ。
>>そうですね、自分で。

セルフカットで。
>>セルフカットですよね。

>>はい。

>>ちょっと、

刈り込み過ぎじゃないかという所
もありますもんね、一部ね。

>>そうですね。自分だと正面か

らしか見えないんで。
>>後ろ見てないでしょ?

>>後ろ見てないです。

>>一部ちょっと、

ちょっと踏み込んだなっていうき
らいがありますよ。

まあそれは全然。
>>でも、このヘアスタイルには

こだわりがあって。
>>この辺りでこういう髪色の方、

少ないので、一目でお客さんに覚
えていただけるというのもあって、

恐らく世界で唯一の赤髪のそば職
人だろうと思って名乗っています、

自称。
>>すばらしい。

>>お店を続けていくため、

1か月に必要な売り上げは借金の
返済額を含めて110万円。

>>だいぶ売り上げ減りました?

コロナで。
>>そうですね。

4月、5月は休業にも入ったので、
もう半分ですね。

赤字でしたね。

>>1200万抱えてこのお店作

ってね、半年でコロナで休業って
いったらね。

>>自分の生活費はほぼ枯渇しま

した。
>>うーわー。

>>なので1200万円の借金は。

>>ほとんどまだ返せていない状

態で。
>>けど。

>>倉吉ではなかなか食べれない。

おいしかったです。
>>すごくおいしいです。

>>細くて角が立ってて。

>>これは、ざるそばだけなんで

すね。

かけそばとかもりそばではなくて。
>>そうですね、うちは冷たいそ

ばだけでやってまして。

>>みさとさんがそばを打ち始め
るのは毎朝7時。

>>粉は信頼できる製粉業者さん

に頼んでいて、こういうそばを作
りたいんだと相談して、アドバイ

スを頂いて、試行錯誤しながら、
今の粉を仕入れてまして、なので、

ものすごく香りや風味の強いもの
を選んでます。

>>さらに、

つるっとしたそばののど越しを左
右するそば切りは、5年間の修業

で習得。
そば粉と小麦粉の割合が9対1の、

9割そば1000円。
食べ方にもこだわりが。

>>これは?

>>こちら、お塩ですね。

五島列島のほうのお塩を使ってま
して。

>>お塩でそばを。

>>そうですね。

風味がより強く感じられますので、
いろんなものを試した結果、

今のものにたどりつきましたね。

>>最後はつゆ。

>>2週間以上かけて作ったそば

つゆ。
一番のこだわりは。

>>これ、おいしいぞって、

すごく気に入ったしょうゆがあり
まして、

それでそばつゆを仕込んでみたら、
すごくおいしくて。

>>広島県で作られた、

すべて手造りの熟成しょうゆ。
>>感動したので、

そこのしょうゆ屋さんに連絡を取
って、見学させていただいて。

そしたらもう、

すごいこだわりを持って作ってら
っしゃるしょうゆ屋さんだったと

いうことを知って。

>>現地まで足を運び、材料すべ

てにこだわったおそば。

借金1200万円を抱えながら、

本格手打ちそばを作るみさとさん
の意気込みは。

>>これを見た方たちに、そばの

魅力が少しでも広まって、そば好
き女子とか、

若者にそばの魅力がもっとたくさ
ん伝わればいいなと思います。

>>それではご登場いただきまし

ょう。

借金1200万円を抱えながら、

髪は自分で刈り上げ、ただそば作
りに人生をかける開業ガール、

みさとさんです。
>>アピールポイントは。

>>まず素材、原料を厳選して、

手間や暇をしっかりとかけて、
時間を惜しまず。

えー、

それで。
>>とにかく早く食えと。

>>そうですね。伸びる前に召し

上がっていただきたいですね。
>>それでは皆さん、試食をお願

いします。
>>いただきます。

>>まずそのまま2、3本召し上

がっていただいて。

>>そのまま食べていただいたあ

とは。
>>次は、塩をちょっと振りかけ

て、

その部分をまた召し上がっていた
だいて。

>>うん。

全然違う。
>>佐藤さん、違う?

>>全然違う!初めて食べました

そばを、お塩だけで。
>>ああ、そう。

>>おいしい、本当、

いい香りだし、

本当に何もつけないでそのまま食
べて、そばってこういう味なんだ

が、改めて分かりますね。

>>かむとそばのいい香りが広が
ってって、この辺までそばが通っ

てるのが分かります。

>>それはもうちょっとちゃんと
かんだほうがいいんじゃないか。

>>まあその借金の額1200と

いう数字で、今、すごい怖いと思
うんですが、たぶんこれだとすぐ

返せると思います。
>>うわ、すごい。

>>近所にこのおそば屋さんがあ
ったら、僕は毎週行くだろうなと

いうぐらい。
>>これはうれしいですね。

>>やっぱり、このそば切りのね、

この細さがすばらしいですね。

エッジが立ってて、もう本当にき
りっとしたそばで、彼女を見てて、

最初、

こうちょっと突っ張ってる感じな
のかなと思って、恐れていたんで

すけれども、でも、こうやって実
際、

すごく礼儀正しく接することをし
てらっしゃって、やっぱりそれが

そばにも出るんですね。
やっぱりそういうところが、

食って一番大切なところなんだな
と思ったので、赤い髪をやめない

で、

そのままずっと赤い髪のおそば屋
さんでいてください。

>>なんか僕も最初、この髪形ど

うなのかなと思ったけど、おそば
がおいしいと、

かっこよく見えてくるんだよね。
>>でもすごいいいコメントたく

さん頂けたんで、よかったです。
いやー、ほっとした、終わった、

よし。
>>開業ガールズグランプリ、

優勝は、味はもちろん、お客さん
への思い、

夢への本気度などから審査。
>>一番なんか応援したくなる気

持ちになりました。
>>非常に伸びしろを感じるのに、

ここで終わってしまったらもった
いないというのが。

>>彼女で。

>>よろしいですか。

>>飲食店経営のプロが選ぶ一番

応援したくなるお店ナンバー1に
選ばれるのは、

お店の移転を余儀なくされたおに
ぎり屋さんか。

>>いけますかね?怖いです。

>>いけます!

>>母と二人三脚で作った店を続
けたいラーメン屋さんか。

>>最後はもう神頼み。

>>8歳の娘を育てながらピザを

作るシングルマザーか。
>>勝ちたいですね。

勝ちたい?
>>勝ちたい。

>>観光客の減った京都、納豆料

理で逆境に挑む開業ガールか。
>>自信は?

>>あります。

>>それでは、

開業ガールズグランプリ、優勝者
を発表していただきましょう。

>>それでは、発表いたします。

優勝は、京都、納豆専門店、

なおこさんです。
>>ありがとうございます。

>>おめでとうございました。

>>うれしい。
>>やりましたよ、なおこさん。

>>うれしい。

めっちゃびっくりしました。
>>さあ、何が決め手だったんで

しょうか。

>>納豆ってかなり突いた食材に

こだわった部分だと思うんですよ
ね、ただそれをね、あの京都とい

う場所で、あえてチャレンジして
る姿に、ぜひ頑張ってもらいたい

な。

>>そのコロナの明けたあとの外

国人のお客さんがいっぱいあの納
豆を食べる瞬間という、

光景を見せていただきたいなと思
います。

>>その将来に期待をしています

ので、頑張ってください。
>>ありがとうございます。

>>よかったですね、なおこさん
ね。

>>夢みたいです。

>>見事優勝したなおこさんには、

依頼したら100万円以上の価値
がある、

審査員3人からの経営指導を。
そのもようは、近日公開。

>>さあそしてここでTAKAH

IROさん、佐藤さんからもお知
らせ、お願いします。

>>本日、4月27日にEXIL

Eのニューシングル、PARAD
OXが発売になりました。

>>ことしEXILE結集20周

年を迎えるアニバーサリーイヤー
に、第1弾シングルとなっており

ます。ぜひたくさん聴いてくださ
い、お願いします。

>>おいしいのに売り上げが上が

らない。

そんな飲食店の経営を頑張る開業
ガール大募集。

詳しくは番組ホームページへ。