それって!?実際どうなの課[字]【四つ葉のクローバーで一獲千金!?】【廃墟問題を調査】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【四つ葉のクローバーで一獲千金!?】【廃墟問題を調査】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【四つ葉のクローバーを拾って一獲千金!?】 
【飯尾和樹がニッポンの廃墟問題を調査!!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/おばたのお兄さん/飯尾和樹(ずん)
番組内容
①【タダのモノを売ったら実際いくらになるのか?~四つ葉のクローバー~】
おばたのお兄さんが今回売るタダのものは『四つ葉のクローバー』。
幸せの象徴ともされる四つ葉のクローバーには意外な需要が!!
そして、四つ葉のクローバーは〇〇な場所にある!?発見する(秘)テクニックもご紹介!!
番組内容2
②【廃墟には実際どのくらいの価値があるのか】
番組初登場のずん・飯尾がニッポンの廃墟問題を調査。伊豆のリゾートエリアにある、廃墟となったホテルの価値を査定する。果たしていくらの値が付くのか!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. クローバー
  2. 本当
  3. ホテル
  4. 飯尾
  5. 廃墟
  6. レジン
  7. 今回
  8. お願い
  9. キャベツ
  10. 王子
  11. 発見
  12. オーシャンビュー
  13. ザクザクー
  14. ハハハ
  15. パリパリー
  16. 億円
  17. 査定
  18. 従業員
  19. 場合
  20. 植物

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥1,288 (2021/06/11 22:05:11時点 Amazon調べ-詳細)

(生瀬)あっ そんなに たつんだ。

…やってるんで。

<おばたは高畑充希さん主演
ブロードウェイミュージカル

「WAITRESS」の…>

<要は「どうなの課」か
ミュージカルか

どっちを取るかで…>

本当だよ。

…感じじゃないですか。

<今回は…>

<…など>

ちなみに 四つ葉のクローバー…

あ~っ…えっ?

<何と…>

<さらに>

レジンに入れただけで
700円になってますよ。

<そう 四つ葉のクローバーは

キーホルダーや
スマホケースなど…>

<果たして…>

さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
お願いします。

久しぶりの おばたのお兄さん。

今回 売るのは…

何かテレビで紹介されましたって
いう…

…みたいなのが あるんですけど。
はい。

え~っ!
はい。

だから 確実に…

(華丸)なるほどね。
今回は。

<早速>

あっ!

これですよね?

これの四つ葉を
見つけるってことですもんね。

<まずは どのくらいで
見つけられるのか>

よし!

何かね こうやって探してる分には
すげぇ ありそうなんですよ。

でも確かにな…

わ~っ でも これ…

<そう!>

<…と言われる ゆえん>

ちなみに…

えっ?

あ~っ 聞いたことある
シロツメクサ。

<クローバーは よく
花冠などにして遊んでいた

シロツメクサの葉っぱ>

<日本には…>

なるほど!

<…と 日本では
呼ばれるようになった>

いや勉強になった。

<つまりクローバーは
江戸時代から

日本で繁殖した植物なのだ>

<そして おばたは…>

何が正解なのかが分からない
これは。

あっ!

すごいゾーンがありました!

<すると>

いた?

あ~っ!

重なってたんだな。

あっ 本当だ!
あ~っ 本当だ。

こういうのは
多いよね。

<それも そのはず>

<…とも言われている>

<なので…>

<さらに>

こういうパターンもあるわ
もし四つ葉だったとしても…

それじゃあ
ダメだね。

待って これ…

見てください。

1 2 3 4。

あっ 本当だ。
不思議な形。

しかも何か…

<四つ葉のクローバーかと
思いきや…>

<そして…>

何か…

<おばたは…>

でも何か 何だろうな…

<そもそも…>

<皆さん ご存じですか?>

<一説によると…>

あっ そうなの!?

<おばたは必死に探すも…>

<すると…>

えっ!

あった?
ありました。

あ~っ でも ちゃんと正々堂々と。

…やっぱり。
ハハハ…[笑]

何か やっぱ こう 何だろうな?

<しかも…>

<場所を かえようとした
その時>

え~っ?

何で?

この子が幸せなんだよ
もう。

すごい!しかも これ
めちゃくちゃ きれい!

<さらに>

あっ。

えっ?

<実は彼女…>

いい所に
住んでるな。

いいね!

<いつしか…>

本当に…

はい 本当です。

じゃあさ…

あ~っ はい。
俺が…

おっ すげぇな!

ちょっと待って。
私は見えます。

これはさ あれでしょ?
はい 別です。

うわ~っ!

正解です。
これが僕の…

正真正銘じゃない。

この辺りにあるって
言われたんだから。

<すると ここから…>

えっ 本当?

見えますよね?

そう!そうなんです。

すごいね。

これ どうなんだろう?じゃなくて

…ていう…

…というか。あっ これは?

ほら。
そうです。

四つ葉[笑]

<その後も>

あ~っ!

<さらに>

見てください。

え~っ!

<これは…>

<すると>

あった~!

よっしゃ!

すごい。

<おばたは…>

ほら ねぇ 本当に…

<ホットスポットで…>

いや マジで…

タンポポの時にも
経験してるんだけど。

やっぱり どうしても…

まぁ これ こうやって…

…は するんですが…

<もはや…>

早いな。

<…で 出品>

<まずは…>

<すると>

えっ!待って。

て ことは…

うわ~っ!

すごい。

<何と…>

よく この…

<ちなみに…>

あれ?

へぇ~。

<しなしな状態から
みごと生き返った>

あっ 本当だ。
なんで?

<クローバーは とても…>

<さらに…>

できたら 根付きの物
根っこが付いてる物を

用意できたらお願いします
て いうコメントを

これ買ってくださった方
から 来てたんですよ。

<今回は…>

きょうはですね…

きました。

<彼は 全国各地を巡り

野草の素晴らしさを伝え>

<以前…>

<…ことを気付かせてくれた 男>

さっき…

あぁ~。

他の植物が生えてこないので。

あっ 本当だ。
はい。

ここから こう どんどん
増えていくんです。

えぇ~っ!

<クローバーは…>

生命力あるな。

<…としても使用され>

<雨で土がドロドロに
ならないようにしたり

晴れの日は 砂ぼこりが
たたないようにするなどの

役割を果たしている>

ちなみに 王子は…

僕ね…

えぇ~っ!

なるほどね。

へぇ~っ。

<王子は…>

<しかし…>

<スタート>

よしっ!

さすがに有利でしょ。
でも 楽しい。

<おばたは鍛えてきた…>

でも…

<一方…>

えっ!?

<王子…>

本気出せば
簡単だ。

うわぁ~っ!

あぁ~っ いい形。
あぁ~っ きれい。

<しかし 王子は…>

<そこには…>

…と思うんですよ。

<そう 四つ葉のクローバーが
誕生する理由は…>

突然変異なんだ。

<もともと…>

<…になると いわれているが>

<クローバーが成長する
春から夏にかけて

茎の先端に 原基という

葉っぱの赤ちゃんが育つ>

<この原基が
3つに分かれるまでの

およそ2~3日のあいだに

人が踏んだり
ボールが当たったりなど

何らかの 傷がつくことで

4つに分かれることが
まれにあり

これが四つ葉のクローバーになると
いわれている>

<つまり
四つ葉のクローバーは…>

<そこで…>

これとかが もう 5つ。

ここ すごいから…

<テレビの前の皆さんは…>

<すると…>

待って これさ これも…

株が そうなんだ。

<なんと…>

えぇ~っ!
すごい!

<そう クローバーは…>

<…を起こし…>

<よって…>

<実は この生態を利用し…>

<…していることが判明>

おぉ~っ!
すごい。

うわぁ~!

すごい!

<…で売れている>

<手応えをつかんだ おばたは…>

…見つけるの。あった!

本当だ。

て ことですね。ありますね。

<すると>

ほら 四つ葉。
あっ きれい。

ハハハ…[笑]
確かにね。

<しかし おばたは…>

<…を求め 苗を採取していき>

本日…

いやぁ~。

ねぇ~。

<四つ葉のみの苗は 500円>

<五つ葉が入っている苗は
700円で出品>

<まずは…>

<すると…>

おぉ~っ!

四つ葉のクローバー苗
500円が売れて あとは。

五つ葉クローバー苗
555円。

<出品直後 苗が2つも売却>

<これは…>

そのほかも…

やっぱね。

<…なのが 分かる>

<…おばたは>

ほら。

<見つけるのが
異常に早くなっている!>

<そこで…>

…で売れてます。

それが…

<まずは…>

四つ葉のクローバー!

さぁ ここから大事なのがですね…

<しかし…>

<四つ葉のサイズが大きすぎて

用意した枠のサイズに
収まらない>

レジン!

いけ!

<ちなみに レジンとは…>

いったん ちょっと こういう
感じに しておきましょうか。

これ だって 多分…

レジンに入れちゃったら。

…これ こんなの!

<そして おばたは
四つ葉のクローバーを拾っては

すぐにレジン加工をし
より…>

<…にしていく>

レッツ ゴー!

よっしゃ!

これは ベストじゃないか?これ。

(♪~)

…ていうものまで ありますが。

すごく こう…

これ1個ずつ いきます!555円
555円で いきましょう。

この3つは もう500円。

これは 777円。

2つで300円。

このあたりは
ちょっと売れないかな。

…になります!

<そして 四つ葉の葉っぱは

10本セットを300円>

<苗は 本数に分けて

500円から 700円に分類>

<現時点の売り上げだけで

歴代12位に入っている>

<ここから…>

<果たして…>

<このあと 結果発表!>

きょうは おばた君が
スタジオに来てくれてる。

はい!お久しぶりでございます。

よろしくお願いします。

俺 あの…

いや そうですよね!本当に…

…て思ったので。
ねぇ。

しかも ほかの…

今までのやつがね。
はい。

じゃあ 早速
結果を見てまいりましょうか。

四つ葉のクローバー こちらです!

はい!
おっ。

おっ おっ!
まだ いいよ あるよ!

はい!
その次よ!

いけ!
よいしょ~!

イェ~イ!イェ~イじゃ ないのよ
拍手には ならないかな。

そうか。
3日ですから 3日でしょ?

はい。
あれ?

意外と伸びなかったんですね。

一応 内訳としましては。

苗は 売れてるね。
そうです 苗が売れてるんです。

あれ?あれ?レジンが。
レジン ない。

レジンは…

え~っ!?

<しかし…>

<300円のレジン商品が
2品 売却!>

<ということで>

<四つ葉のクローバーは
歴代7位の

2955円の売り上げとなった>

<…問題>

<…の 現代社会では…>

<…してしまうことが
大きな問題となっている>

<…になるなど

さまざまなデメリットを
持つ廃墟>

<一方で 撤去費用を理由に
多くが…>

<…されているのが 実情>

<しかし 廃墟に…>

<廃墟問題に 終止符を打つため

我々が…>

<…この男>

え~っ!飯尾さん?
あっ!

どうも!ぺっこり おじぎ
ずんの飯尾和樹です。

<どうなの課 初登場…>

リゾート風の ホテルとかね

民宿宿とか そういう 立ち並ぶ…

いや
ビジネスチャンスじゃない[笑]

<管理されていない 廃墟の…>

<…することで…>

<…のが この企画の趣旨>

<もちろん 飯尾1人では
査定が できないので…>

こんにちは どうも!
飯尾と申します。

…と申します。

<ワケあり物件企画で
おなじみ…>

<…に 査定を依頼>

…だと思ってますので。

そうなんですね。

<2人で
廃墟を内見し

飯尾は その
価値を予想>

<大熊さんには
プロの目線で

査定価格を算出
してもらう>

お~っ!ほら。

…立ってますもんね。

メイン通りですよね!

飯尾さん。
何ですか?

うわっ!あらまぁ!

何か…

<こちらが今回 内見する廃墟…>

<最寄り駅から徒歩10分と
立地条件は抜群>

<しかし 完全に…>

<建物には…>

<…されたこと以外…>

<情報が全く残っていない…>

<…ことも
今回の調査の 目的のひとつ>

<それでは…>

あっ。

昔は そういう言葉が
この辺に来ると もう。

あら!

いや~ いや~!

<すると 飯尾 早速…>

<そして ホテルの中へ>

うわっ!

いや~…あ~っ!

これが 夕暮れになると
こうこうと光ってたんだろうな。

このシャンデリアっぽい照明が。

<足を1歩 踏み入れると
目の前には 荒れ果てた…>

<天井は剥がれ
床には物が散乱している>

そうですね やはり…。

そうですね。

消化器じゃないですか?これね。

こういう割れ方 しないですもんね
そうですね…

そうですね 皆さんが…

イタズラして。
そうですね。

<廃墟を荒らす
犯罪者が いることも

廃墟問題のひとつ>

<ちなみに
不法侵入した場合は…>

<このホテルは…>

<その形跡を探す>

あらっ!

<ホテルの売り上げ台帳を発見>

<経営不振が
廃業の原因だったのか?>

…までは…

そうですね。

そうですね やはり
人が使ってないとですね

換気などの。
そうなんだよな。

窓 開けるっていいますもんね。
そうですね。

うわっ!すごい。

…だったんですね。
そうですね。

<…の 原因だったのだろうか?>

5年の3月21日。

…こんなに…

そうですね。

これ見てください これ。

…だと思いますね。
あっ!

<…を 発見!>

もとからなのか
誰かが意図的に置いたのか

何とも言えないところ ありますね

いや~ 開けます?
怖い 怖い…。

あ~っ!

よかった!何も。

…ちゃんと。

中型の。

<さらに…>

<…を発見>

<このホテルが…>

<…を探す>

あっ 書いてあります。

これ ちょっと…

そうですね。

そうですね。

<悪化していく経営状況>

<さらに>

うわ 布団だ!急に。

ここオフィスじゃないんですね。

あっ!

これ娯楽でレンタル用の
麻雀牌ですかね。

これ どうします?
字牌を整理しようかな 鳴いて。

今のとこ。

<そして
部屋の中を調査すると…>

うわっ!

えぇ~!

…しか しない。

えぇ~?

じゃあ一応…

うわぁ~ 奥まである。

いや 怖い。

大熊さん。
はい。

…見ていただけると。

…なんですけど。

<地下に広がる…>

<一体 何があるのか?>

♬~
「チキンラーメンキャベサラダ」!

♬~キャベツきざーむー ザクザクー
(キャベツ)ぎゃー!

♬~麺をくだく パリパリー
(麺)ぎょえー!

♬~
キャベツきざーむー
ザクザクー

♬~麺をくだく
パリパリー

♬~
キャベツきざーむー
ザクザクー

♬~麺をくだく
パリパリー

<「チキンラーメン」!
「キャベサラダ」! 「モヤサラダ」も!>

いや これは。

<足を踏み入れる>

大熊さん。
はい。

あぁ 従業員。

休憩室 畳がありますもん ほら。

ブラウン管だ。

ほら。

<かつて配膳に
使われていたであろう食器が>

ここは予想すると
従業員さんの仮眠室とか

休憩室ですかね。

…持ってたんじゃないですか?

<従業員の…>

<地下室の調査を終え続いて…>

天井の壁紙も…

…してるとか そういうことじゃ
ないんですよね?これね。

自然になってしまった。
そうですよね。

アート。

いやぁ~ 眺めはいいです。

廃墟からのオーシャンビュー。

相当 人気あったんだろうな。

<ここはビリヤード台や

卓球台が設置された娯楽室>

ここに引っ張り出して
きたんですかね?

もう出て行く時ですかね?これ。

勝手に入ってきちゃってね。

寝泊まりしてるケースは。
あるんですか?

はい たまにあったりするので。

やはり いらっしゃると思います。

<忍び込んだ…>

<…が残る>

<ちなみに
不法侵入した場合は…>

<そして…>

飯尾さん…

あら ピンク!

「何が出るか
お色気、珍品、のお楽しみ」

<昭和感 満載の謎の…>

<確かに これでは…>

<しかし飯尾は>

開けちゃうんだ。

開けて 開けて。

<先ほどの…>

<すると>

あらまぁ!

あっ!

そして…

えぇ~!

<この日の…>

すごい!

<しかし…>

<内見を進める>

いや…。

<2階の奥へ>

こんなになっちゃうんだな。

もう
アドベンチャーじゃないですか。

大露天風呂。

海が一望できる ねぇ大浴場です。

そして大浴場の水がね。

これは何だ?

舟盛りだ。

ありえるな。

何?

えっ?

本当だ。

あっ じゃあもう廃墟から

使えるもん盗む輩もいるんですか?
そうです。

<ちなみに備品を
持ち去った場合は…>

<続いてはホテルの要…>

<すると>

うわぁ~!

腐って。

<傷みが ひどく屋根が崩落>

<雨風に さらされ

すでに自然に
かえってしまっている>

ここが崩れてるじゃないですか。

上から抜けて下へと全部 落ちて。

なるほど!

間違ってますよね 指す方が。

非常口!

[物音]

<ここから先は危険なため
ここで…>

<広々とした…>

<オーシャンビューの…>

<…まで備えた こちらのホテル>

<果たして>

<まずは…>

私の この廃墟物件の予想価格は。

ジャン 1億円。

<飯尾は通常3億円のところ

取り壊し費を鑑みて
1億円と予想>

<対して…>

<果たして>

こちらになります。
えぇ~!?

2000万?

<なんと格安の2000万円>

<しかし>

やはり…

そうすると やはり…

ちょっと言い方 悪いけど…

最低でも
いくらかかると思います?

いきますよね。

<…が かかるため
土地代 込みでも

廃墟の価格は
低く査定されてしまう>

<ということで
下田富士屋ホテルの…>

<だがホテルに関する謎は

多く残されたまま>

<…で 再び訪れたスタッフが…>

<ついに…>

<…で 再び訪れたスタッフが…>

<それは当時のホテルの
パンフレット>

<その中に記されていたのは
まだ…>

本当だ。

<もともとは このように
白をベースとした外観で

フロントも赤いじゅうたんと
シャンデリアで

モダンな雰囲気>

<とても現在の様子からは
想像できない>

<2階の娯楽室も
当時はこのように

憩いの場としてお客さんを
楽しませており

麻雀や囲碁 将棋の貸し出しも
行っていた>

配牌が悪いな これ。

<飯尾が発見した麻雀牌も

おそらく その1つ>

反響の仕方が もう お風呂!

<オーシャンビューのお風呂も
この通り>

<窓の外の植物だけが

今でも変わらず生い茂っている>

<そして当時の
おもてなしの心が

パンフレットには残されていた>

<どうやら高度経済成長期に
建設された こちらのホテルは

バブル景気とともに
人気を博していたようで

社員旅行に
利用されたりしたらしい>

<しかし景気の悪化とともに
廃業し

今では このような
ありさまになってしまった>

<これが…>

<皆さんの…>

<所有者の…>

でも あそこも立地で…

ですね。
だから全然 別のものとかね。

そういうことですよね。

それこそ…

えっ?顔がもう…

ハハハ…[笑]
くるくる…。

(♪~)

(♪~)