ネタパレ【うるとらブギーズ×GAGコラボコント!R1王者ゆりやんレトリィバァ】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ネタパレ【うるとらブギーズ×GAGコラボコント!R1王者ゆりやんレトリィバァ】[字]

伊藤淳史が大爆笑!そいつどいつ、トム・ブラウン▽超話題のTOKYO COOLにバカリズムが泣けてきた?化石コンパス、9番街レトロ、金の国、まんざらでもねぇほか

番組内容
「笑い」を愛する俳優・女優・ミュージシャンなど幅広いジャンルのゲストに、毎回1組登場していただき、今見ていただきたいネタをお見せし、最後にゲストが最も気に入ったおすすめ(イチオシ)の1組を決定していく番組『ネタパレ』。伊藤淳史を迎えてお届けするのは、ツギクル芸人や人気芸人のショートネタを紹介する〈ショートネタパレード〉。伊藤が最も笑うのはどの芸人か!?
さらに〈ニュースターパレード〉もお届けする。
番組内容2
ネタパレから新たなスターを発掘する企画。ネクストブレイク芸人たちが1分以内のショートネタを披露する。最後に、南原清隆支配人がMVPを決定!選ばれるのは誰か!?
出演者
【MC】
南原清隆 
陣内智則 
増田貴久(NEWS) 

【パネラーゲスト】
バカリズム 

【スタジオゲスト】
伊藤淳史 

【ショートネタパレード】
そいつどいつ、トム・ブラウン、ブジーズ(うるとらブキーズ×GAG)、ゆりやんレトリィバァ 
※五十音順 

【ニュースターパレード】
化石コンパス、9番街レトロ、金の国、TOKYO COOL、まんざらでもねぇ 
※五十音順
スタッフ
【演出監修・P】
木月洋介 
【チーフプロデューサー】
情野誠人 
【ゼネラルプロデューサー】
戸渡和孝 
【演出】
登内翼斗 
【制作】
フジテレビ第二制作室

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 市川
  2. 松本
  3. お君
  4. 宮戸
  5. お前
  6. ホント
  7. 駄目
  8. 布川
  9. 将平
  10. 東京
  11. 桃沢
  12. カンカン
  13. 木下
  14. 涼平
  15. フカダ
  16. 坂本
  17. 福井
  18. お願い
  19. ミキ
  20. 一緒

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,530 (2022/01/18 22:54:51時点 Amazon調べ-詳細)

(南原)こよいも 当劇場 『ネタパレ』
開演いたします。

本日のお客さまは
伊藤 淳史さんでございます。

よろしくお願いします。

仲いいんだって?

そうそう。
コロナ前は 家で しょっちゅう会って。

そう。

そのときに 南原さん
スポーツ番組もやられてて…。

あれ? 淳史!
どこにやったの?

[破壊力抜群のクレイジー漫才]

どうも~!

どうも トム・ブラウンです。
お願いします。

稲妻で充電します。

キャー!

パワーちゃうで それ ヤバいよ。

(みちお)よろしくお願いします。
(布川)お願いします。

あのさ 僕 1年前に
彼女と別れちゃったんですよ。

1年前に彼女がいたんですよ。

ん~ それでね デートが やっぱり
マンネリ化しちゃったなと思って。

あなた 既婚者じゃないですか。
(布川)まあ 一応ね。

だから デートの仕方
教えてほしいなと思ってね。

あ~ なるほど。
それね 意外と簡単なんだけど

マンネリしたらね
待ち合わせのときに

「だ~れだ?」とかやったらね
べたなのやったらいいのよ 結構。

なるほどね。 じゃあ
その「だ~れだ?」っていうのを

習得して 恋愛マスターに
なりたいと思います。

お~い テレビの前の君
あしたから よろしく。

カッコイイ~!

カッコ良かった。

草食系男子に
見習ってほしいですね。

じゃあ 僕はね ロングヘアの女子を
やりたいと思います。

あ~あ みちお君 まだかな~。
みちお君 まだかな~。

みちお君…。
(みちお)だ~れだ?

駄目~!

それはね 顔 見えちゃってるよね。
ちゃんとやってよ 頼むよ。

みちお君 まだかな~。
みちお君 まだかな~。

みちお君 まだか… ん?

だ~れだ?
(布川)駄目~!

単純に気持ち悪いから それ。
(みちお)毛触りで分かる。

毛触りで分かるとかじゃなくて。
キモいから 普通に。

みちお君 まだかな~。
みちお君 まだかな~。

みちお君… ん?

ん? ん?

あれ? ん?

えっ?

だ~れだ?
(布川)駄目~!

サイコ野郎か てめえ!
何してんだよ。

みちお君 まだかな~。
みちお君 まだかな~。

ん…? えっ!?

えっ 何!? えっ 何!?

何!? 見えない!

えっ?

だ~れだ?
(布川)駄目~!

おい。 サイコが過ぎんだよ お前。
頼むよ ホント。

みちお君 まだかな~。
みちお君 まだ…。

(みちお)だ~れだ?
(布川)痛いよ!

女の子だよ 相手!
アホか てめえ! あぁ!?

みちお君 まだかな~。
みちお君…。

(みちお)だ~れだ?
(布川)死んじゃう!

考えろ お前! 最後ね これ。
(みちお)ごめん ごめん。

みちお君 まだかな~。
みちお君 まだかな~。

だ~れだ? ブシュ!

えっ?
(みちお)だ~れだ? ブシュ!

何してんの!?
(みちお)だ~れだ? ブシュ!

頭をつぶしてる!
一人ずつ 頭をつぶしてる!

次 くる! あっ ああ~!
次 くるよ~!

た… 助けて! 助けて~!

(みちお)
ん~。 だ~れだ? ブシュ!

あっ!
(布川)駄目~!

何だよ これ お前。
(みちお)や~ これ

ぜひ 次 やってみたいと思います。
(布川)駄目~。

どうも ありがとうございました。

おい お前
何で イライラしてんだよ?

俺 帰ってきて
ずっと その感じじゃん。

(市川)ん~。
(松本)いいかげん 理由だけでも

教えて。
バウムあげるから。 バウム。

(市川)いらないって言ったよね。
先週から ダイエット中だって。

(松本)あっそ。
(市川)ハァ。 てかさ

あんなことしといて
ホントに心当たりないわけ?

だから 何だよ? あんなことって。
(市川)胸に手当てて考えてみなよ。

自分の口から言ったら
まだ許してあげる。

最後のチャンスだよ。

また おねしょしてた。

さよなら。
(松本)おい!

えっ? 何かしたかな?

ごめん。 ホントは怒ってない。
(松本)えっ どういうこと?

何か 昼間見たワイドショーで

「男の人は浮気する生き物だ」
みたいなのやってて。

で 何か すごい不安になって
試してた。

(松本)えっ?
えっ… 試してたの?

だって すごい すごい
不安になったから。

(松本)いやいや…。
何? 何? その試し方。

(市川)でも 本当に 本当に
何もないんだもんね?

ないよ。
(市川)じゃあさ これ 何?

えっ?
(市川)洗面台のとこに落ちてたの。

私のじゃないよね?
(松本)し… 知らねえよ

そんな口紅。
(市川)ホントのこと

言ってくれないんだね。
さよなら。

おい!

(市川)私の~! 試した!

(松本)試すなって お前。
(市川)不安なの!

それほど ミッツ・マングローブの
コメントが強烈だったの!

(松本)知らねえよ。
(市川)ああ もう…。

何だよ?
(市川)じゃあ 不安

取り除くようなことして。
窓開けて 「好き」って叫んで。

近所迷惑だろ 夜中だぞ。
(市川)じゃあ 優しい言葉 掛けて。

名前 呼んで。
優しい言葉 掛けて。

ああ… チッ。
大丈夫だよ ミキ。

(市川)えっ… ミキって誰?
誰と名前 間違えてんの?

ねえ ミキって誰!?

お前だろ。
(市川)試した~!

(松本)これは試せてない。
ミキだろ お前。

そうです ミキです!
(松本)だよな。

不安なの! 地味に眞鍋かをりの
コメントも強烈だったの!

(松本)知らねえって。
てかさ 引っ掛けるんならさ

もっと うまく引っ掛けろよ。
(市川)むずい。

あと お前も怪しいとこ
あるからな。

えっ?
(松本)3日前さ

帰ってくるの遅かったじゃん。

それは カオルと一緒に
新宿 いたって…。

カオルちゃん 池袋で見たよ。
(市川)いや 私 カオルといた…。

何なら しゃべったもん。
(市川)カオルといたって!

じゃあ 私たちが行った焼き肉屋の
店員さんに聞いてみれば?

私たち クーポン使いまくって
500円で焼き肉食べ放題したから

絶対に覚えてるはずだもん!

ダイエットは?

(松本)先週から ダイエット
してたんじゃないの?

(松本)
引っ掛けるって こういうこと。

強い~!
(松本)強いよ。

賢い!
(松本)賢い。

賢過ぎる!
(松本)賢過ぎる。

KUMON 行ってた。
(市川)KUMON!

(松本)高校まで行ってた。
(市川)行き過ぎ!

ん~! 好き~!!

(松本)うわ~ 迷惑。

[大阪出身ではないのに

大阪出身だと
言い切っている人の末路]

どんなネタや。

(シャッター音)

そら おばちゃんだってね…。

おばちゃんだって
そら 大阪で生まれて育ったら

朝から たこ焼き食べて
それから 通天閣 拝んで。

それから グリコも拝んで。

当たり前 するよ そりゃ。

吉本新喜劇 見て。
そら そや おばちゃん だって

大阪で生まれ育ってるから
吉本系やもん。

そら そや。
朝から ボケて ツッコんで。

ボケて ツッコむ…。

吉本 入りたいよ 入りたいよって
昔から言ってね。

で 周りの人にも
「お前は 吉本に入るしかないぞ」

って言われてるんやから。

せやけどな おばちゃん
吉本 入られへんかってん。

おばちゃん モデルにならな
あかんかったからな。

おばちゃん おもろいやろ?

(シャッター音)

何か 質問がある方

あのう お答えできる範囲で
お答えします。

そんな おばちゃんが まるで

大阪生まれ
大阪育ちじゃないみたいな

そんな質問してきたら あかんで。

おばちゃん
大阪生まれ 大阪育ちやで。

証拠 言おうか? 証拠 言うで。

おばちゃん
たこ焼き 食べたことあります。

おばちゃん 新大阪で降ります。

はい。

何か おばちゃんが まだ…。

まだ 大阪生まれ
大阪育ちじゃないみたいな顔して

聞いてくるけど。
証拠 言います。

おばちゃん 阪神 勝ったら
わ~ 言います。

それから おばちゃんは
大阪という字を書けます。

こざとへんだと分かっています。

どうぞ。

道頓堀川みたい
そんなん訳分からんこと…。

道頓堀川 なん… かいぞ
そんなもん。

ないぞ そんなもん。

道頓堀川 ないな? そんなん。

道頓堀川… あんの?

え~ このたびは

大阪生まれ 大阪育ちでも
ないにもかかわらず

大阪生まれ 大阪育ちだと
言い切ってしまったことを

深く おわび申し上げます。

(シャッター音)

[今夜のユニットネタ]

え~ それでは
ニシ中仲良し5人組による

結婚式の受付
これにて終了です。

懐かしい。 確かに
ニシ中仲良し5人組って

呼ばれてたもんね。
(宮戸)ていうか

カトウ君も ひろみちゃんも
学生時代から付き合っての

結婚って うらやましいよね。
(佐々木)うん。

そろそろ 式場 戻ろうか。
(坂本)おい 宮戸。

お前 ホントに これでいいのか?
(宮戸)何が?

お前 まだ ひろみちゃんのこと
好きなんだろ?

何言ってんの?
(坂本)だって お前

ひろみちゃんと別れてから ずっと
元気なかったじゃねえかよ。

奪いに行くんだったら
今しかねえぞ。

今 行かなかったら
一生後悔するぞ!

ありがとう。 行ってくる。

(佐々木)ちょ… ちょっと待って。
(宮戸)何?

えっ… 宮戸君
ひろみちゃんと付き合ってたの?

うん。
(佐々木)えっ いつ?

(宮戸)中2のとき。
(佐々木)俺 聞いてないんだけど。

えっ?
(佐々木)えっ…。

俺たち 仲良かったよね?

えっ…。

えっ… えっ? 聞いてた?

聞いてた。

(佐々木)えっ… 聞いてた?

聞いてない。

この差は何なの!?

ごめん その話 後でいいかな?
(福井)ずっと思っててんけど

ちょっと そっちの3人の方が
仲いいよな~って。

かといって こっちの2人が
特別 仲いいわけでもないしな。

(佐々木)うん。
(宮戸)あ~ 思い出したんだけど

付き合ってたのが
1週間だけだったから

言うタイミングがなかったんだよ。
(坂本)そうだよ。 だって お前

一緒に帰ったことすらないもんな。

そうそう。 別れるときも
自然消滅だったしね。

(宮戸)バカにして笑ってんじゃん。
じゃあ 奪いに行ってくる。

(福井)いやいや ちょちょちょ…。
話は変わるけど

それぐらいの恋愛で
花嫁泥棒したらあかんやろ!

(佐々木)うん そうだよ。
(宮戸)もう 僕 行くから!

いや ちょ… あかんって!
(宮戸)奪う!

(佐々木)相手 10年以上
付き合ってんだよ。

てか お前らも止めろよ!
(坂本)いくら 宮戸 止めたって

もう手遅れだぞ。
(福井)どういうこと?

(宮戸)奪う~!

(八木)宮戸君は 中2のときから
今日のために

僕たちが作り上げた
花嫁泥棒人造人間だからね。

花嫁泥棒人造人間!?

花嫁 むしり取る~!

「むしり取る」!?
人間が使う言葉じゃない!

ちょっと 宮戸君 しっかりして!
(宮戸)ハッ! 助けて!

頭では 駄目だって
分かってるんだけど

体が勝手に動いちゃうんだ!
奪う~!

たまに 自分が出ちゃうタイプの
人造人間や。

どうして人間がこんなことに!?
(坂本)まずは 10年間 毎日

ほんの一瞬
これを見せるようにした。

(福井)サブリミナル効果!
(宮戸)奪う~!

(八木)あとは これ。
ひろみちゃんの髪の毛と

雌カブトムシのフェロモンを
まぜ合わせた このコロン。

これを 10年間
吹き掛けることで

自然と ひろみちゃんのにおいが
する方向へ体が動くようになる。

(福井)
このコロン すごい威力やぞ!

何で こんなことを?
(坂本)こいつ

ひろみちゃんと別れたとき
俺たちに言ったんだよ。

いつか俺も ひろみちゃんを
奪えるような人間になりたいって。

だから 親友として
奪える人間にしてあげたんだ。

ゆがんだ友情が生んだ化け物や!

(宮戸)奪う~!
(佐々木)ちょっと 宮戸君!

宮戸君! 宮戸!!

くっそ~!

(福井)お前のその熱い感じ
みんな苦手やったで。

(宮戸)奪う~!

≪(足音)
≪(宮戸)ちょっと待った!

僕と結婚してください!
≪(笑い声)

出し物やと思われてる。

伊藤さん 4組 ネタ
見ていただきましたけども

気になった芸人さん いましたか?

テンション高い系 大好きなんで。

いっときね 「駄目~!」の強さが
強過ぎたのかね…。

バラエティーで。

ホント…。

それがあるから
ちょっと 俺 怖いのよね。

(増田)今日 だって…。

ユニットネタは よかったですね。
GAGと うるとらブギーズ。

でも あったよね 学生時代ね。

その中でも格差みたいなね。

それも みんな 一緒なの?

これから こちらのステージで
ネクストブレイク芸人さん 5組が

超ショートネタを
披露してくださいます。

トップバッターは…。

どうぞ。

どうも! 9番街レトロです。
お願いいたします。

ちょっと 聞いてほしいんですけど
この前ね 楽屋に戻ったら

僕のスマホが
バッキバキに割れとったんすよ。

この間
僕 楽屋 一回も戻ってない。

絶対 誰か 何か やってんすよ。
お前 何か 知らん?

俺やで。
(なかむら)お前なん? お前なん?

あの… 座ってた椅子が
すごい ガタガタやって

ちょうどいいのあると思って。
(なかむら)お前 かましたんや。

割れるに決まってるやん。
そんなん 段ボールとか挟めよ。

段ボールは
ちょうどいい高さじゃないよ。

折り畳んだりしたら
ええ高さなるやん。

折り畳んだら 高さ調節できるから
段ボールとかの方が よかった。

謝らへんの?
悪いの こいつですよ…。

何で こんなん できんねん。
もったいない。

もったいない?
(なかむら)「もったいない」って何?

お前が言うた。
(なかむら)もったいないよね?

何か その押す力
もっと 自炊とかに使えや。

何言うてんねん。 お前が…。

取りあえず 1回だけでもいいから
謝れ言うてんねん。

お前から 先 謝ってみる
っていうのは?

何でなん? 何を謝んの? 俺が。

お前が謝ったら 俺も謝る。

ほな 俺が謝ったら
お前 ちゃんと謝んねんな。

ほな 謝ったる。
どうも すいませんでした。

お前が謝んのは ちゃうけどな。

はい。 ワッチャ ネーム。

ワッチャ ネーム?
(なかむら)俺も びっくりしてる。

こんな変なやつを目の前にしたら
名前 聞きたいんやって。

俺 名前 知りたかったんやって
なった。

びっくりしてる 自分で。
(京極)これ あれか。

俺が謝ったら 済む話か。

急に怖いわ。 もうええわ。
どうも ありがとうございました。

(佐野)ありがとうございました。
バカリズムさん いかがでしたか?

続いては…。

どうぞ。

え~っと 万引?
(将平)はい。

やっちゃった?
(将平)はい。

万引 初めて?
(将平)そうです。

じゃ もう 取ったもん出して。

はい。

えっ? えっ えっ…!?
どういうこと?

何これ? どうやって出したの?
もう ねえよな。

えっ えっ…。

すいません。
(涼平)まだ あんの?

さっき 畳んでたよね。
(将平)すいません。 まだあります。

まだ あんの?
(将平)ここら辺から…。

アジが。
(涼平)どうやって出した? これ。

プリペイドカードも盗んだんで
返していいですか?

プリペイドカードも盗んだんですか?
(将平)はい。

レジ横にあるやつ?
(将平)そうです。

取りにくいよね。
(将平)すいません。

(涼平)すっげ~ 出てくんだけど!

ホントに すいません。
(涼平)ホントに 初めてなの?

(涼平)何? プリペイドカードが?

(涼平)Tカードになった!
ちょ… 分かんない!

それは うちの店のじゃないぞ。
それは うちの店のじゃない。

あっ… 何ですか?
やだ 分かんねえ。

ごめんなさい。 ごめんなさい。
すいません。

初めてです。
(涼平)嘘つけ!

何これ?

伊藤さん いかがでしたか?

いや もう…。

あの 総意として…。

続いては コント界の…。

どうぞ。

おう!
(桃沢)えっ?

桃沢?
(桃沢)渡部?

久しぶりだな! 高校ぶり?

そうなるよな。
お前 変わんねえな。

そう?
ちょっと この後 時間ある?

(桃沢)この後 時間ないのよ。
仕事でさ。 また 今度ね。

ちょっと待って。
それ 俺のチャリだよ。

(桃沢)えっ?

それ 俺のだよ。
(桃沢)ああ… これ お前の?

うん。
(桃沢)ああ… そっか。

えっ…。
何で 俺のチャリ押してたの?

あっ あっ…。

東京… だからかな?

えっ?
(桃沢)東京だから。 東京だから!

だよね。 ホントは お前
優しいやつだもんね。

あれだろ。 お前 この後 仕事だろ。
もう 行きな。

これ 売ろうとしてただけだから
空いた。

それ 仕事って言っちゃ駄目だ。

もう 行きな。

えっ えっ えっ…!

東京だから。 東京だから。
(渡部)東京だから? 東京だから?

変わったよ。

あいつ 高さ変えやがった!

(佐野)ありがとうございました。
金の国さんでした。

陣内さん 「東京だから」

どうやろ?

僕も考えました。

続いては…。

どうぞ。

フカダさん
今日で引っ越しちゃうんだぞ。

お前 好きなんだろ?
気持ち伝えなくていいのかよ!

は… はあ? 好きなわけねえだろ。

お前が変なこと言うから
あつくなっちまったよ。

(木下)
お前 それ ブラしてるのか?

してないよ。
(木下)してるじゃないか。

それ 脱げ。
(増子)でも…。

(木下)いいから脱げ!

(木下)お前 それ…
その色 その柄

この夏 フカダさんが
一番 つけてたやつと

まったく一緒じゃないか。

取ったのか?
(増子)違う。 買ったんだ。

何で 買ったんだよ。

ああ そうだよ。

俺は フカダさんのことが
大好きだよ。

でも しゃべることすら
できなかったんだ。

だから ブラ買った。 つけた。

フカダさんの気持ち分かる
と思って。

俺たち やっぱ 親友だな。

まったく一緒だ。
フカダさんを思う気持ちも。

行動も。
(増子)何だよ それ。

だったら だったら
お前が告白すればいいだろ!

俺は もう振られたんだ!

分かった。
俺も告白してくるよ。

(木下)頑張れよ。
(増子)ああ。

(木下)増子 フカダさんの気持ち
しっかりつなぎ留めてくるんだぞ。

(木下)ホックみてえにな。

(佐野)ありがとうございました。

陣内さん いかがでした?

キスしたことないから
2人でキスするみたいな。

あ~ やっぱり そうなんだ。
面白いですね この着眼点が。

続いては…。

どうぞ。

(カンカン・前)
どうも! お笑い芸人です。

(カンカン・前)
どうも! お笑い芸人です。

…やないねん!
お笑い芸人って何やねん。

いちいち言わんで ええねん。

TOKYO COOLって言わなあかん。

お笑い芸人やから言ってる…。
(カンカン)ちゃんとせえ お前。

やったります。
(前)殴ったるわ お前。

(2人)ふ~ん!
♬「よこはま」

じゃないねん お前。

≪何の物まねやねん!

もうね 僕らみたいな
おっさんになったらね

残り少ない人生 やりたいことは
全部 やっていきたい。

確かにね。
(前)通販番組 出たいな思うて。

深夜とか やってるけどね。
(前)これが いいから。

うわっ 新しいカーペットに
コーヒー こぼしてもうた。

絶対 取れへんやん。
(カンカン)大丈夫。 そんなときは

この日本酒。
(前)日本酒で コーヒーの汚れが?

酒 飲んで 忘れよう。
(前)あかんやないかい。

(2人)はい!
(前)あかんやないか。

こぼせ!
(前)「こぼせ」やないねん。

ちゃんとやれ お前。
(カンカン)ちゃんと やってる。

やったろか。
(2人)スパンスパン…。

プーマ。
プーマやないねん!

アディダス こんな感じ。
(前)面白いですね。

ナイキ こんな感じ。
(前)面白い人ですね この人。

面白過ぎの刑に処す。

笑い取り過ぎた。
じゃないねん お前!

誰が笑い取り過ぎ…。
ちゃんと せえ お前。

(2人)ん~!
(前)このまま…。

(2人)宇宙へ!
どこ行くねん。 イエーイ!

どうも ありがとうございました。
(佐野)イエーイ!

ありがとうござい…。
伊藤さん 大爆笑。

もう 腹立つわ。 おもろいわ。

バカリズムさん 勢いですね。

右の彼 上林っていうんですけど
僕…。

ちょっと下なんですけど…。

ここで 今 こうやって
ネタ見てると ちょっと…。

何かね
みんな 笑ってるけど 俺…。

上林っていうんだ。
(バカリズム)上林…。

私が出演している映画…。

愛媛県を舞台に
砥部焼という焼き物を通して

家族の絆を取り戻していく
心温まる物語です。

ぜひ 劇場で ご覧ください。
よろしくお願いします。

お客さまの伊藤君に
1組 決めてもらいたいんですが。

TOKYO COOLさんです。

やった!

ありがとうございます。

(カンカン)はい。 2回連続。
こいつも 今…。

先輩になるの? 後輩になるの?

(カンカン)いや 思い出 少ないな!

語れ もっと! ねえ。
(前)何やねん。

何やねん お前。
ちょっと やったります。

(2人)ん~ んっ!
おみこし 乗る?

(前)アホか!
言うてる場合か お前は!