迷宮グルメ 異郷の駅前食堂 「秋田&ポーランドを放浪の旅」秋田の阿仁前田駅で見つけたのは、マタギが使う伝統的な刃物を…

出典:EPGの番組情報

[字]迷宮グルメ 異郷の駅前食堂 「秋田&ポーランドを放浪の旅」

ぶらりと降りた駅で、ローカルグルメと地元の方とのふれあいを探す。今回は秋田とポーランド、2つの異郷へ。旅する人:ヒロシ

詳細情報
番組内容
秋田の阿仁前田駅で見つけたのは、マタギが使う伝統的な刃物を手作りしている、昔ながらの鍛冶屋。工房を見せてもらい、作業中の職人さんに話しかけたところ、相手は冷たく無反応…一体そのワケとは?
駅から見える、すぐ目の前を流れる阿仁川で、釣りができる事を発見。道具を借りて、天然のアユを狙うことに。しかし、開始早々に釣りをあきらめざるを得ない悲劇に見舞われることに…。
番組内容2
ポーランドのクラクフ・ザブウォチェ駅で下車。古都・クラクフは、ある映画の舞台となった場所。散策中に出会った観光客についていくと、至る所で変わった彫刻や見覚えのあるマークを発見!さらには黒服に身を包んだ謎の集団に遭遇するが…。
100種類以上のお茶を提供するお店で、生真面目な店員がオススメする1杯を味わうことに。異国で味わうお茶は一体どんな味がするのか!?意外な感想とは?
出演者
ヒロシ
番組概要
それは遥か遠くへの独り旅…日常生活からの逃避行。異世界への放浪の旅を、金曜の夜にお届け!世界の鉄道で旅をして、ふらりと降りた駅前で絶品グルメを探す異郷のふれあい旅。言葉もわからない土地で、ジェスチャーと勘だけで地元の人に愛される駅前食堂を探し、人生で味わったことのない美味いモノと、人情に出会う。
番組ホームページ
*番組ホームページはこちら!
www.bs-asahi.co.jp/ikyou_ekimae/
*「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」公式twitterを始めました!
@meikyugourmet

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
情報/ワイドショー – グルメ・料理
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ホワッツ
  2. サンキュー
  3. ヤー
  4. ホウジチャ
  5. ホント
  6. 女性
  7. イエス
  8. オーケー
  9. スパーニャ
  10. パイヤス
  11. 店主
  12. 梅干
  13. ディス
  14. 阿仁前田
  15. バター餅
  16. ベリー
  17. 外国語
  18. 建物
  19. 今日
  20. 寿司

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

この電車に乗って

「ああ そうだ 秋田は秋田犬だ」
と思ったのと

きりたんぽぐらいしか
思いつかないんだよね。

意外と知らないというね。

今日 着てるのが そう…。

オール コーディネートを
してもらったのね。

この靴 見て これ。
気づいたらさ…

ウルトラマンの靴…。

48になって ウルトラマン
履くとは思わないよ 俺。

まさかのウルトラマンだったわ。
今日 気づいたわ。

カラータイマー 付いてるんだよ。

♬~

(車内アナウンス)
「まもなく 阿仁前田 阿仁前田」

阿仁前田… どれだ?
あっ これだ!

(中国語の車内アナウンス)

中国語。

観光の人も来るんだよ ここ。

阿仁前田。 降ります。

阿仁前田。

阿仁前田。

(女性)ハハハ…。
そっち開がねえ。

ヒロシ。 俺もヒロシ。
ああ 出た。

♬~

♬~

ここも のどかな駅だね。

のどかな駅だけど 結構…。

あら。

「阿仁前田駅温泉」

まさか 駅に 温泉があるのかな?

あっ やっぱ そうだよ。

おはようございます。

あら すげえ!

えっ ちなみに いくらですか?

(店員)一人500円になります。
500円で入れるんだってよ。

♬~

駅が…
3階建てなんだね この駅ね。

う~ん ちょっと…。

いやあ ちょっと…。

「理容 しみず」…

あっ どうもどうも!

どうもどうも 理容 しみずさん。

こんにちは シミズさん。
色んな人 出てきたね!

おい…。

アハハ…。

バター… バター餅? 餅?

(女性)
餅。 バター餅なんですけど…。

作ってる所 ありますよ
すぐ そこ。

ホント?
そこで 売ってもくれます。

茶色い建物 ある所。
どこ?

(男性)茶色い建物 見えるでしょ。
どこ?

茶色い建物…。
あー!

(男性)車庫みたいな…。
左手の!

あっ じゃあ それ
ぜひとも食べていこうかね。

ありがとう。 じゃあ ちょっと…

せっかくだから
そのバター屋さんに

行ってみようかね。
おやつランキングで

3位以内には入ります。
あっ そう!

いやあ~
こういう所で生活してたらさ

東京来たら うんざりするよね。
もう 人だらけで。

なんか 有名なお菓子を作って…

うわっ 金持ちだね!

だから やっぱ…

こんにちは!

(戸の開く音)
あっ 出てきた。

こんにちは。

ちょっと待ってください。
今 まだ…?

(従業員)そこに…。

ああ なるほど。
おはようございます。

バター餅 1つ
譲ってもらいたいんですけども。

(店主)はい あります。
すいません。

ちょっと 初めてなんで…。

こういうのですけども…。
はいはい。

えっ なんか
すごい有名なんですって?

聞いたよ。

(店主)そうですか。
うん。

これ ここで作ってるんですか?
(店主)はい。 ちょうど これ…。

あーっ それでいい それでいい。

試食 食べてください。
うん。

あっ バター… バター餅だ。

食べてください。
いいの? お金払うよ。

いいよ! いいです。
ヤダ…。

いいです。
ゆとりあるね~ やっぱり…。

ゆとりはないけども…。
ゆとり… ゆとりないって…。

これ 売り物じゃないので
食べてください。

ホントですか?
ありがとうございます。

でも あれだけもらったから
買わなくてよくなっちゃった。

ありがとう バター餅。
いいえ。

やっぱ すごいね。
一個 お菓子を考えたら

こんな家が建つんだもん。

まあ… ちょっと
こういうとこ 入ってみようか。

わあ~! トマト… ほら。
プチトマト やっとるよ。

俺もね
ベランダで育ててたんだけどね

なんかね
今年は 植物が枯れるね。

暑すぎたからかな?

こうやって ほら。

1軒の家で
これだけあるんだから。

雪かき道具だよ これね 全部。

ああ~
ここ 鍛冶屋さんがあるね。

ほら。
おっ なんか 音が聞こえますね。

うわっ すげえ。

これ ナタです。
ナタ?

そんな ナタって
先 とがらせるんですか?

うわあ…
やっぱ 内容が違うんだね。

今 作ってるのは…。
あっ お父さんがいる。

ちょっと
見せてもらっていいですか?

どうぞ。
いいですか?

やってるよ。

ここから
言っていいもんだろうか?

こんにちは。

すいません
ちょっと 見させてもらいます。

うん…。

あっ だからか。

うおっ うわあ!

うわあ~ なるほど。

(たたく音)

これは すげえ。

♬~

あっちに店があるんですね。
あっちに物があるので…。

見させてもらっていいですか?
どうぞ。

うわっ もう… ほら もう…。

こういうね… 長いの見ると
もう 刀の光り方だよね。

よく売れるのが この…
7寸ですけど。

そんな でかいのが売れるの!?
ええ。

山菜採りとか そういうので
使う人の方が多いですね。

これを山菜採りで使うの?

山菜を切るというよりは
行く道中…。

なるほど なるほど!
払ったりとか…。

やぶかきみたいな事を…
なるほど。

あと その…
熊出てきても チクッとやれば…。

はあ~。

この仕事 好きですか?

ない?
ない。

3代目。 なるほど。

♬~

♬~

♬~

歩いてるうち 3軒見つけたよ
3軒。

髪ばっか切るのかな この辺の人。

で よく見たら あそこ…
あそこも なんか 美容室の…。

いや すげえな ここ。
どれだけ 髪切るの?

多すぎやしないかい?

こんにちは。

こんにちは。

お客さんいるけど オーケー?
ええ。 今 終わります。

今 終わります?
じゃあ ちょっと待ってます。

ちょっと休んでください。
休んでいます。

急須にお茶と…。
おお お茶…。

これ お茶 飲んでいいの?
いい。

三橋美智也さん? あら。

まず休んで…。

休んでって お茶飲んでって…。

お茶…。

お客さん いるのに…。

どういう… どういう状況?
俺 今。

(店主)あっ 東京。
うん。

この辺…。

もう ここ 5~6軒目だよね。

6軒あります。
なんで?

林業と農業の町…。

林業と農業。

炭鉱もあったの?
炭鉱あったの。

それがあったから
どんどん 人が来た。

でも もう 今 林業とか
そんなには やってないでしょ?

ああ やってねえ。
もうね どんどん 人が減って…。

これは やっぱり ほら…。

ああ 常連さんが…。

どうも! すいません どうも。

煮干し 買ってきたか?
煮干し…。

ハッハッハッ…。
駅前で?

市場があるの?
あるんだよ。

今日… 13。 3がつく日。
13日は 3のつく日…。

うわっ そこ 行きたいわ。

大きいの いますよ。
でかっ!

でっかいのを
買ってしまいました。

まだやってるの? その市場。
(店主)まだやってるね。

美味しいものを
食べて帰ろうかなと思って。

美味しいものない? ここ。
うん。

ちょっと じゃあ…。

「梅干しを2つ3つ やれ」。

何? そんな 何?
自信の梅干しがあるの?

これ シソ?

わあ~! もう これ
でっかいわ!

ぐお~!
果物みたいな大きさじゃん もう。

(店主)これ うちの方の梅干し。
秋田の梅干し。

あっ でも…。
(店主)しょっぱいが?

そうでもねえべ?
そうでもないでしょ?

いや 酸っぱいよ もちろん。

あっ 酸っぱいよ!

まあ 甘みあるね。

お父さん
これは立派すぎるよ。

梅干し。

お父さん 梅干しって言ってみて。
梅干し。

煮干しって言ってみて。
煮干し。

(一同の笑い声)

違いがあんまりわかんなかった。

ちょっと じゃあ 市場どっち?

(女性)真っすぐ。
こっち? わかった。

じゃあ ちょっと いってきます。

うん。

川があるぞ 多分 ここ。

音が聞こえる。

ほら。

うわあ~。

♬~

すごいね。

駅… 駅 そこだよ。

この何百メートルかで
この川って…。

あれ?
あれじゃないかな? 市場って。

のれんがいっぱい上がってるけど。

あれでしょ?

あっ…。

朝市って書いてあるから
朝 行かな。

骨組みバラしてるとこだよ。

(男性)うわあ
もうちょっと早ければ…。

あっ そう。 理容室で

(男性)ああ 残念。
うん。

いやいや 一歩 遅かったね。

全部 売れた? 儲かったね。
おかげさまで… いや これ…。

もう ない。
もう 今日は終わり 市は。

♬~

ああ…。

あっ ほら

さっき釣りしてたからさ。

ここ 何?
遊漁券売り場ですか? ここ。

そうです。
おお~。

できますよ。

いいよ。

えっ?
今日 釣れました?

うまい人はね。

ワ~オ!

うわっ すごいね。

上になんか着るの?
はい はいて。

全部 貸してあげるからさ。

♬~

♬~

遊漁券いくらですか?
1500円です。

1500円?
はい。

行こうか。 じゃあ やろうか。
いいよ。

ごめんけど 付き合って。
うん いいよ。

結構 流れ速いね。

餌じゃない。 おとり鮎。

早っ。 早っ。

糸を張らず緩めずに
そこら辺やって。

ウソ臭え。
ホント ホント ホント ホント。

縄張りに入って来たと思って こう
ぶつかって釣れるわけでしょ?

わかってるなあ。
わかってるよ 俺は もう。

ちょっと待って。

(雷鳴)

いきなり変わるね。
もう帰った方がいいよ。

もう 怖い。
ああ どこから来たっけ?

今度は釣ってください。

今度は釣らせてください。
はい わかりました。

お金だけ払って帰るんで。
はい。

うん。 ただ…。

食べたい?

あゆっこっていうお店?
はい。

へえ~。

なるほど。 それは… なるほどね。
はい。

まあ じゃあ…。

どっちだよ? もう。
じゃあ 適当に聞いて降りるわ。

2回 電車乗るっていうのは
初めてかもしれないな。

急いで行くよ。

ズッ ズッ ズッ…。

♬~

鮎センターっていうのが
あるんですか?

(女性)鮎センター?
美味しいですか?

(女性たち)美味しいです。

次? ホント?

鮎… 鮎センターじゃ!

(女性)あっちです。
(女性)あっ 見える

見えます すぐそこに。
ああ すまんのう。

あっ! あった あそこ。 急ごう。

お邪魔します。
(店員)いらっしゃいませ。

鮎… あっ どうぞ どうぞ。

おなかがすいて
おなかがすいて…。

いらっしゃいませ。
すいません。

入っていいですか?
はい。

(店員たち)いらっしゃいませ。
鮎っこ います?

(女性)ヒロシさんだわ。

♬~

♬~

♬~

なんか 定食みたいなの
あります?

晩ご飯として
食べたいんですが。

鮎っこ定食をお願いします。
よろしいでしょうか?

はい じゃあ それでお願いします。

♬~

こちらが鮎の… はい。
はい どうぞ。

鮎っこ祭りですね。
ええ そうです。

♬~

鮎の定食って
俺 食べた事ないんだけど

やっぱ もう これっていうのは
ちょっと

別で もう まんま いきたいよね
塩焼きというのは。

さあ…。 うわあ~…。

じゃあ いただきます。

ああ~…。

♬~

ああ… おいしゅうございます。

やわらかくて
ほわ~んとしとって。

でも やっぱ ホント
香りがいいよね なんか。

内臓も食べたけどさ
いやらしい苦みがないね。

気になるのが
何点かあるんだけど…。

この… 寿司って言ってたね。

ちょっと 見た目…
寿司って言ってたけど…。

ちょっと食べてみるよ。

ちょっと 臭かったりするのかなと
思ったけど 全然ないね。

ただ これ 米なのかな?
ちょっと…。

(店員)はい。
うちの鮎を塩漬けにして

お酢と こうじと 米とで
一緒に漬けたやつですね。

ああ だから 米も
こういう状態になってるの?

そうです そうです。
生寿司と また ちょっと違って

なれ寿司っていって… なれ寿司。
なれ寿司。

隣が甘煮ですね。

甘露煮と また違って…。
甘露煮と違うの?

水あめが入っていないので
少しやわらかく…。

水あめが入った甘露煮だと

ちょっと
硬くなっちゃうんですが…。

確かに。 うわあ~
これは おかずになるやつだ。

やっぱ 調理方法で全然違うね。

ああ… ああ うまい。

ご飯がすすむわ これは。

やっぱ 塩焼きじゃ おかずには
ちょっとねって思ってたけど

やっぱ
これぐらいの味付けがあれば…。

米もいけるからね これ。

うまい。

♬~

ごちそうさまでした。

鮎定食でございますね。
1100円 ちょうだい致します。

ちょうどでございますね。
こちら 内訳 領収書でございます。

大変 おいしゅうございました。
ありがとうございました。

そういう
人のね… 優しさに触れられた

旅だったんじゃないかなと思うよ。

すごい いい景色だね。

で 雨 上がってよかったね。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

ねえ。

♬~

ちょっとね だから もう…。

降りまーす。

♬~

ああ…。 まあ いいんじゃない?

なんか…。

♬~

♬~

♬~

♬~

あれ? これは ちょっと…。

こっちの雰囲気も…。

フワフワの棒 持ってんじゃん。
それで誘導してんのよ。

ホエア アー ユー ゴー?
ホエア?

トレイン?
あっ トレインに乗るの?

ライド…。

ガタンゴトン ガタンゴトン。
トレイン?

スパーニャ スパーニャ。
スパーニャ… スパーニャ?

(女性)スパーニャ。
スペイン。

スパニッシュ? あら!
ジャパンから来ましたよ。

アー ユー?
ジャパン。

(外国語)
ヤー。 ジャパン。

スパーニャ スパーニャ。

ちょっと いや…。

スペインの方たちっていうのは
わかったんだけど

これ なんだ?

えっ 何? これ。

点々とさ
向こうを向いとるという。

ああ でも なんか

なんかあるんじゃない?

♬~

♬~

ここ 開いてるね。

オーケー?

これ…。

うわ~っ!

ここでパンを… ブレッド。

朝だから
今から焼くんじゃないかな。

ブレッド?
ヤー。

ソーリー?
かわいい。

わからん…。

グッドテイストは。 ディス?

ビーフ?
ヤー。 ビーフ。

ビーフ…。 わかんないけど。

ワン?
ワン。

ヤー。

電子レンジで…。

テン。
ヤー。

テン。 テンっていう事は…。

サンキュー。
ハーイ。

ジョージア?
ホワッツ ジョージア。

グルジア?

カントリーネーム ジョージア。

♬~

♬~

クレイ?
ウクライナ。

アバウト ニュー クレイ?
ウクライナ。

ヤー!
ああ…!

ウクライナ。
なるほど なるほど。

お勉強しに来てるのかな?

電子レンジの間の間がね。

(電子レンジの終了音)
あっ…。

サンキュー。

あっ… あったかい!
あったかい。

あらっ! 肉が ぎっしりだよ。

う~ん!

うわあ!

これ パン…。

もう 肉を食ってるとしか…。

まあ 味はうまいよ。

ちょっと 塩味が濃くて。

すごい食べ応えがあるパンだね。

グッドです! デリシャス。

ああ ぽつぽつと
なんか こう 人が見えてきたね。

なんか 通販で…。

どんだけ長えんだ? これ。

ベリー ロング!

えっ…
トゥエンティーワンメーター?

ヤー。
リアリー?

ベリー ハイ。
ベリー ハイ!

ヤー。 オーケー?

うおっ… ハーッ!

これ… ねえ!

うわあ! すげえ…。 グレイト。

これね…。

ちょっと 持ってるだけでね

精いっぱいでね…

隣に移動できんわ。

今… 今 この人

あそこから
こっちに移動させたけどさ…。

無理ね。
イエス。

これ こう行けないね。

ベリー タイアード。
ベリー ハード。

ワオ。

アハハハッ…。

なんか コツがあるんだろうね。

これ できん。

サンキュー。

大変だよ これ。

あっ! すごい…。

「ティーハウス シスナ」?
イエス。

ティーハウス?
イエス。

カフェ?

「ティー」って 紅茶オンリー…。

…の店だよ。 ねっ?

ちょっと
ティーハウスって珍しくない?

ワーオ! ワオ!

ユア オーナー?
アー ユー オーナー?

これ ほら…
なんかで見た事あるよ。

あの段は ホワッツ ティー?

(外国語)

チャイニーズ グリーンティーズ
ジャパニーズ グリーンティーズ

コリアンズ。
おお… アイ ノウ。

「ホウジチャ」…?
ワンス モア。

えっ…!?

ホウジチャ。
ホウジチャ。

ホウジチャ。
ホウジチャ?

ホウジチャ。
ホウジチャ。 ホウジチャです。

ホウジチャです。 ハハハハハ…!

ホウジチャなんだよ。

ホワッツ ホワッツ
ホワッツ ホワッツ?

ホワッツ イズ ディス?
ゲンマイチャ。

ゲンマイチャ。 ゲンマイチャ。

ゲンマイチャ。

ホワッツ ホワッツ ホワッツ…?
ラオシュウビングチャ。

ラオシュウビングチャ?
ヤー。

ディス アンド…

ディス アンド
ディス ワン プリーズ。

オフコース。

♬~

(外国語)
これ…。

これ なんか もうちょっと こう
趣 欲しいよね… これ。

ヤー。

サンキュー。

(外国語)
サンキュー。

♬~

なんていうかね…

すごくね
香りが強いわけじゃなくて

苦みが強いわけじゃなくて

あの… すごく… ん?

かすかに でもね
香りはついてる。

スペシャルティーだから。

うわっ でも これ すげえな!
これ。

はちみつが あふれ出てきたぞ。

甘いんだよね きっと。

鬼のような甘さだね これ。

そんな時は 白湯を飲む。

ああ~ 白湯が…
白湯が打ち消してくれるね。

オッケー?

サンキュー。
サンキュー ソー マッチ。

サンキュー マスター。

なんか ほら
やたらと看板があるし。

レンガ造りの建物が
見えてきたからさ。

うわ~ なんだか…。

ルネッサ~ンスの人が。

なんだろう?

ルネッサ~ンスの人たちが。
…ほら。

何? ホワッツ?
ホワッツ ヘアスタイル?

ペイスィ。
パイヤス?

ペイスィ。
パイヤス。

パイヤス。
イッツ ペイスィ。

パイヤス。

はい ノン パイヤス。
ノン パイヤス。

(男性)イエス ペイスィ。
パイヤス。

♬~

♬~

えっ なんなの? ここ。

何? これ。

エクスキューズ ミー。
ホワッツ ビルディング?

アイ ドント ノウ?
ユー ドント ノウ?

ホワッツ?

わかんないよね。 サンキュー。

サンキュー。

だから もうね そういう事なのよ。

うん… わかんないんだよ。

ただ… ただ やっぱ
俄然 建物はさ なんかさ

雰囲気を帯びてきたよね。

ああ~ ちょっと…。

まあ 誰も知らないと思って
聞いてるけど 俺も。

これ なんかのマーク…
なんかのマークでしょ?

当たり前だけど。

なんのマーク? これ。

なんのマーク?

♬~

♬~

♬~

♬~

うわあ ここも…。

カ~ッ!

カ~ッ!

ちょっと…。

わかんないけど
置いてある缶とかも古そうだよ。

エクスキューズ ミー。

エクスキューズ ミー…
ああ 美人。

イエス。
ディス レストラン?

イエス。
ここにしよう。 美人だし。

ハハハハハ…。 行きましょう。

うわっ すげえ いっぱい。

♬~

♬~

♬~

♬~

しゃれとるね メニューも。

メインだよね やっぱ。
メインコースをいきたいよね。

えーっと…
メインコースから いこうか。

じゃあ…。

こっち…。

チョレント。
オーケー。

ええ~… ポーランド?
ポーリッシュ?

ヤー。
スペシャルメニュー?

イエス。
オーケー。

(外国語)
ドッグ?

オーケー。
わかんない。 ソーリー。

もう…。

あら…。
エヘヘ…。

エヘヘって かわいい… おお~。

おお~。

なんなのか わからないけども

色々 こう…
混ざった感じがするね。

なん… 豆しか 俺は認識できんね。

口に入れてみようか。

豆…。

牛肉。

認識できました。

これ すげえ うまいんだけど
無理くり言うとしたら

ポーランドの肉じゃが
じゃないかな?

味的には 牛肉と豆とイモが
とりあえず入ってる。

なんかの香りがするんだけど

それが なんだかは
ちょっと わからない。

サンキュー 美人。

ホントかわいいよね。

やっぱ 俺の場合は
こういったパンを…。

うん。

これで成立って感じだね
俺の場合はね。

料理が得意なんですアピールを
する女が 大体 言うやつ。

私 肉じゃが得意なの
っていうね。

だから

知らんけど。

1000円ちょいだよね?

これでお願いします じゃあ。
オーケー?

気分がいい。

サンキュー。

いやいや いやいや…。

あら 外は
こんなに明るかったのかい?

なんとなく ポーランドは
こういう国かなっていうのは

わかってきた感じがするけども…。

まだまだだよね。