関ジャニ∞クロニクルF【大女優Tが涙…貴重すぎる絶品料理を無言で食す(秘)新企画】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

関ジャニ∞クロニクルF【大女優Tが涙…貴重すぎる絶品料理を無言で食す(秘)新企画】[字]

大女優Tがまさかの涙…世界の超貴重グルメを無言で食す新企画始動!村上&安田が思わず…▽今話題「占い師」の本音直撃!鑑定料の謎から怪しい占い師の見分け方まで(秘)激白

ご案内
【公式Twitter】
https://twitter.com/kanjani8_fujitv  
【番組HP】
https://www.fujitv.co.jp/kanjani8-chroniclef/
番組内容
関ジャニ∞のメンバーが共通して持っている“遊び心”を前面に押し出し、彼らの人間的な魅力を伝えていくバラエティー番組。秘密基地をコンセプトとしたスタジオに設置されたタブレットに表示される“フォルダ(F)”の中からメンバー自身が好きなテーマを選び、トークやゲームを展開するほか、ドキュメント要素の強い長期ロケにも体当たりで挑戦!従来のテレビのルールにとらわれず、世の中のリアルなモノ、見たいモノ、
番組内容2
やってみたいモノをシンプルに追求し、そこから生まれるメンバーの人間的な魅力で、唯一無二の枠にはまらない、無限に広がるバラエティーをお届けする!
今週は、新企画「1万分の1グルメ」をお送りする!その希少さ故にほとんどの人が1度も口にしたことがない料理を、賛美を尽くして“無言”で味わうこの企画。今回は村上信五と安田章大、ゲストの高島礼子が中華の名店で「熊の右手」を食す。
番組内容3
さらに「もう一方の言い分も聞いてみた 占い師編」もお届け。番組が実施したアンケートを基に、関ジャニ∞が占い師に対し「とりあえず良いこと言ってない?」「鑑定料ぼったくってない?」といった世間の不満をぶつける!そこで返ってきた、占い師たちの意外な言い分とは?
出演者
関ジャニ∞ 

【ゲスト】
高島礼子
スタッフ
【制作統括】
太田一平 
【チーフプロデューサー】
島本亮 
【プロデューサー】
五十嵐剛、加藤智章、松尾やす子、瓜生夏美、髙木大輔 
【総合演出】
姉崎正広 
【演出】
田中良樹、北山拓 
【制作】
フジテレビ第二制作室

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 村上
  2. 安田
  3. 高島
  4. 横山
  5. 大倉
  6. 従業員
  7. KOUKI
  8. 今日
  9. 料理
  10. 右手
  11. 光年
  12. グルメ
  13. 万分
  14. インチキ
  15. お願い
  16. スタッフ
  17. ミライ
  18. 最後
  19. 作業
  20. 時期

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/06/13 20:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

[ほとんどの人が
口にしたことがない

最高傑作の料理が
この世界には 存在する]

[1万人に1人以下の確率と
いわれるような

超貴重で 超希少な料理]

[故に…]

[ひたすら無言で
いただきます]

(はなをすする音)

失礼します。

(安田)《うわ~ すっごいな。
かなり シックな すてきなお店やな》

(安田)《アンティークは
中国のものなんかな?》

(村上)《いや~
えらい高そうな店やな》

《つぼ 置いてる。
つぼ 置いてはるわ》

《つぼ 置いてる店は
だいたい 高級店やからな》

《この椅子も
高そうな椅子やな》

《絵に描いたような
高級中華ゆう感じやもんな》

《俺 こういう静かな雰囲気
苦手やねんな》

(安田)《村上君
ちょっと小芝居すぎるな》

(従業員)いらっしゃいませ。
あちらへ どうぞ。

(村上)《今日は ずっと
無言でいかなあかんからな》

《俺には 結構
やりにくいロケになりそうやわ》

(村上)《うわ あかん。 こいつ
料理のことしか考えてへんやん》

(村上)《口元 緩すぎるやろ》

(安田)《今日は
何を食べられんねんやろな》

《むっちゃ楽しみやな》

《あっ そうや。 料理が来る前に
もう ひとかた来るんやった》

《誰やろう?》

(足音)

(高島)《よろしくお願いします》

(村上)《えっ!? 高島 礼子さんが
来てくれたんや》

《高島さんに
ずっと無言でいさせんの

もったいなくない?
あの高島 礼子やで》

《『極妻』やで》

(安田)《高島さんが
来てくれるなんてありがたいな》

(高島)《私 横浜出身だから
中華 大好きなのよね》

《今日は どんな希少な中華が
食べられるのかしら?》

《楽しみだわ》

(安田・村上)
《今日は よろしくお願いします》

(村上)《で 今日は
どんな料理 食べんねやろ?》

(高島)フッ…。

(従業員)いらっしゃいませ。

お越しいただき
誠に ありがとうございます。

お客さまには 本日…。

(従業員)
ご用意しております。

(村上)《熊の右手!?》

(高島)《そんなの聞いたことない。
がぜん 興味が出てきたわ》

(安田)《右手の方がおいしいって
話は 聞いたことあんねんな》

《確か 右手で獲物を捕らえるから
筋肉が発達してて

蜂蜜も右手で食べるから

うまみが詰まってるって
理由やったかな》

《まあ
諸説は あるんやろうけど

ホンマに 1万人に1人くらいしか
食べたことないんちゃうかな》

(村上)《前 食べたのは 指やけど
手は 初めてやわ》

《うわ~ すぐにでも
食べたなってきたで》

(高島)《熊の手は
おそらく 豚足みたいに

コラーゲンが たっぷり!》

《きっと 美肌効果もあるはず》

(安田)《2人とも
すごい食べたそうやんか》

《僕も 手は初めてやから
楽しみやな》

(笑い声)

[常に進化を続ける 中華の名店
虎萬元で食す…]

(従業員)食材としての熊の手は
とても 歴史が古く

中国では 少なくとも
2, 500年ほど前から

食べられたといわれております。

(3人)《そんなに前から!?》

(従業員)熊の手が
どれほど希少なのか

映像に まとめましたので
よろしければ

こちらを ご覧ください。

[冬眠中の熊が 自らの手をなめ
飢えを しのいだことから

神秘的なパワーが宿っているとされ
食べられ始めた]

[1万分の1グルメたるゆえん]

[そう 熊の手料理は…]

[といっても
過言ではない]

[しかし 後に…]

[だが 世界的に見ても…]

[熊の手料理は

限られたエリアでしか
食べられない

中華料理である]

(村上)《ヤス
何ちゅう顔してんねん》

(村上)《あんたもかい》

《それが 食べたそうな顔?》

[1万分の1グルメたるゆえん]

(安田・村上・高島)
《いっ。 いっ。 いっ》

《一週間?》

[調理は…]

[から始まる]

[まずは これを…]

[表面を…]

[そのため…]

[4日間に及ぶ

気が遠くなる作業を経て

下処理が行われる]

(安田)《確かに
気が遠くなる作業やな~》

(高島)《ハァ~》

(村上)
《いや 高島さんも やんの?》

[そして ここから…]

[一気に火にかけてしまうと
味が 染み込みきらないため…]

[この作業を3~4回

繰り返し行う]

すごっ。

へぇ~ すごい。

すごい…。

[最後は 味付け]

[3日間 煮込んだことで

うまみによって しっかり
味が付いているため…]

[こうして
究極の1万分の1グルメ

熊の手料理 完成]

(安田)
《いよいよか。 楽しみやな》

《あっ。 あの剣みたいなん
何なんやろ?》

(従業員)気になりましたか?

あれは 中国で
昔 武器として使われていて

鉄で できているのです。

あの先端で 相手に
攻撃をしていたみたいです。

(安田)《うわ すっごいな》

(村上)《おい!
勝手に持ってきたら あかんて》

(村上)《ちょけんな ちょけんな
何で そんなんで

テンション上がってんねん
こいつ》

《戻しときいや》

《お前のスイッチ分からへんな
こういうところ》

(村上)《ねえ》

(高島)《女のほれた腫れたは
タマの取り合いやで》

《村上 信五 覚悟しいや》

(村上)《いや これ
『極妻』ちゃうから》

《いや これ 何の時間?》

《料理長 はよ 料理持ってきて》

(従業員)お待たせいたしました。

こんな感じ…。

すご。

(従業員)こちらが
1万人に1人以下の確率と

いわれるような
超貴重かつ 超希少な料理

1万分の1グルメ
熊の右手でございます。

(村上)《こんな感じなんや。
思うてたんと違う》

(安田)《びっくりした。
すっごい肉球 触りたい》

(高島)《奇麗》

《え~ 何か 想像と違うけど
体に良さそう》

すっごい香り…。
これ しゃべったら あかんか。

すいません。

(においをかぐ音)

あれ においたい。

(においをかぐ音)

(安田)いい匂いした。

爪だ。

(安田)《熊に敬意を込めて
誠心誠意で食します》

(高島)《誠心誠意で食します》

(村上)《誠心誠意で食します》

♬~

(村上)《何やの? このうまみ》

《ぴたーっと
絶妙な味付けやで》

《こんな 食べたこと…
あいや~》

《まだまだ おいしい波が
後から くるぞ~》

2回うまい。

(笑い声)

(安田)しっかりしゃべった。

お…。

(安田)《熊にしかないんやろうな
この感じ》

《後を引きすぎない》

《赤身の味の濃さ

肉球のやわらかさを
舌で味わえるという

この ぜいたく食感》

おいしい。 あっ…。

ハァ…。

(安田)
《言うこと これ以上ない》

《あとは 独り占めします》

(はなをすする音)

(はなをすする音)

(村上)《嘘…
高島さん 泣いてはるやん》

《おいしさを涙で表現するのか》

(はなをすする音)

(はなをすする音)

♬~

(スタッフ)はい OKです。

(拍手)
(高島)ハハハ…。

(スタッフ)しゃべって大丈夫です。
(安田)お疲れさまでした。

ありがとうございました。
(高島)ありがとうございます。

まずは お越しくださって
ありがとうございます。

こんな貴重なものを
いただかせていただいて

ありがとうございます。
あ~ そうか。 これが。

よかった。

でも 最後 やっぱ…。

締まるな。

(高島)それを
いただいてると思うと

感動が きますよね。 それを
あんなに手間暇 労力かけて

調理されてるというものを
今 いただいてると思うと

ありがたすぎて。

(村上)しゃべってたら また…。
(高島)そうよね。

最後に 答え合わせする。
(高島)いいね いいね。

(安田)ないですよね?
これに同じものって。

(高島)ない。
≪最初の…。

≪とろとろのとこ…。

(安田)
こてこてしてないんですよね。

(村上)あと…。

(村上)こんなに極端に違うのか
っていう。

(村上)この調理法ならではの。

(高島)おいしいっていうか
確かに…。

これ 作品として どう仕上がるか
めっちゃ楽しみ。

何で 笑いが起きてるんやろな。
ドラマ思ってやってんのにね。

(安田)片や 高島さん
涙で みんな拍手喝采やった。

(村上)
何ちゅう現場やねんな。

(安田)涙で拍手喝采で。
芝居して 笑われる…。

何や。

(スタッフ)この後 皆さん
あのとき 何を思っていたか

心の声をいただければ。

[皆さんは…]

[アンケートを取ってみると
多かった声が…]

[これらの不満を…]

安すぎても…。

確かに!
(安田)分かります それもね。

「あ~…」とか
言ったりする人とか…。

そういう人たちは…。

今 一番 説得力ありましたわ。

(大倉)ある?
(安田)20歳ぐらいんとき。

北新地に 一回。

座ってやってはるやつとかを
俺…。

(村上)
京都 多いよな 易者の方。

知らんよね。
(横山)その辺のことを

聞いていきたいよね。

(大倉)どうも こんばんは。

(横山)よろしくお願いします。

[そして
この道 40年の大ベテラン]

皆さん
ばらばらの占いされてるけど…。

悩みの着地点っていうのは。

(村上)統計学っちゃ
統計学ですよね。

(横山)言っちゃ
悪いかもわかんないですけど

それっぽいこと言えば
いいんじゃないかって

思われてる方が
いらっしゃると思うんですよ。

(横山)そうじゃないんすよね?
絶対に。

なんだけど
満足して帰ってほしいんですよ。

悪いこととか 厳しいことって
いくらでも言えるんですよ。

もう 恋愛運ないよとか。
色々ね。

でも 占いって当たるんじゃなくて
当てるものだから

要は 行動する気力がなくなる
っていうのが 一番駄目なんです。

だから 悪いこと言いまくって
運気 下げちゃって

それを当てちゃうっていうのが
一番 僕らからしてみたら怖い。

そっちを
当ててもらいたくないから。

(KOUKI)そうです そうです。

(ミライ)やっぱり 皆さん…。

こちらも分かってるので 例えば
私 誰と結婚しますか? とか

いつ 死にますか? とか

そういう ひとさまの人生を
断言してしまうようなことは

絶対に言わないですね。
いいことも 悪いことも。

1対1やもん。

この人…。

いんねや!

(安田)
そういう場合は どうする?

≪そういう場合は
どう対処されるんですか?

(横山)悩んでて 皆さん
頼ってるわけですから

そういう方も
いらっしゃいますよね。

[占い師といっても サービス業]

(安田)これって どうすか?

(村上)何分 幾ら?

≪マッサージも そうですよね。
おおよそ。

[鑑定料は 30分 4, 000円から

5, 000円ほどが 相場]

[占い師さんの言い分は?]

(横山)確かに!
(安田)分かります。

(KOUKI)占いって
美容師さんと同じで

技術料なんですよね。

(横山)勝手に…。

(KOUKI)そうなんですよ。

説得力がないというか。

[言い値だからこそ

ぼったくり疑惑が出てしまうのが
サービス業]

[でも 確かに 安すぎると

ちょっと
不安になっちゃいますよね]

[不安要素でいうと
こんな声も]

(大倉)気になるんですけど
みんな それっぽい…。

(大倉)KOUKIさんも…。

(大倉)あんまり日本では
お見かけしない帽子かぶってたり。

どうアピールするかみたいなのも
すごく大事になってくる。

だから 個性が強い方が
多いと思います。

これはね…。

ちょっと 一節
吹いてもらって いいですか?

占い 関係ないんや。

♬(サックスの演奏)

♬~

≪大変 お上手で。
≪ありがとうございます。

≪か細い 「え?」やったな 今。

そこまで
イメージになってらっしゃるのか。

[占い師さんの…]

[他の占い師さんにも
話を聞いてみると]

怒ったね。 ごめんね。

[言い分]

[言い分]

(キララ)だから…。

[言い分]

(大倉)占うときに
棒を すりすりしたり

「あ~…」とか
言ったりする人とか

それぞれ あるじゃないですか。

なぜか そういう人たちは…。

(丸山)現実。

(村上)光年さん 今…。

(横山)われわれ 目にするのって
よりいっそう個性強い方が

テレビに
取り上げられるじゃないですか。

タレントも一緒ですよね。

[キャラメークが大事な半面

やっぱり やりすぎてる人は
ちょっと注意みたい]

[ならば

インチキか そうでないかって

どう見分ければ いいの?]

こう思われてるんだろうな
っていう。

(横山)何となく 皆さん
やっぱ そう思われてますよね。

(ミライ)
ホントに それと一緒で…。

(ミライ)ひとさまの…。

占われる方も…。

(光年)見極める方法はね…。

≪教えてください。

うなずいてるだけで…。

ふむふむふむっていうふうにね。

(光年)その連続の人ってのは
時期は言わないんですよ。

悪い時期とか いい時期をね。

だから いつごろ それは
良くなりますかということ

お客さん
聞いた方がいいですよね。

来年なのか 10年後なのかね。

いいこと 聞いた。

[皆さんも この占い師 インチキかな
と不安になったら…]

(大倉)これ めっちゃ気になる。

(横山)ということは…。

この読みが間違えてるとか
自分が 実験台ですね。

自分の読みも間違えることもある
っていうことなんですね。

主観が入ってしまわないように
してても どうしても入るので。

自分で 実験してます。

例えば デートのね
プランとかやったら

今日は東の方角で
イタリアン食うた方がええのかとか。

っていうのも
出てくるわけですよね?

(KOUKI)ガチで見ますよ。

(安田)それは吉方を取りにいってる
ってことなんですか?

吉方っていうか
僕 タロット 使うので…。

横山さんと 村上さんは
やっぱり…。

光年さん まったくマイルドに
言えへんやん。

(横山)僕ら 今
5人いるじゃないですか。

ちょっと 「あと」扱い やめて。

光年さん…。

だいぶやで。
(大倉)ぐっさぐさ きてるけど

さっきから。

中小企業の社長みたいなとこ
あるから。

(大倉)そんな助けられたい
タイプじゃないよな。

俺ら なあ。
(丸山)そこはな。

≪自立してる。
(大倉)やっていこうと思ってる。

でも インチキじゃないからな。

他力本願じゃないよな 俺ら。

(横山)こうやって
占ってもらうとさ…。

当たる 当たらん
とかじゃなくてさ…。

そうですね うん。
(安田)これが

プラスの力に
変わるんでしょうね。

≪これが プロの技なんすよ。

どんな仕事でも どんな性格でも。

そのために 使ってもらえれば。

達観してらっしゃるね。
いろんなこと知ってはるから。

より…。

[信じてもらえるかは
さておき…]

[こうした…]

横山さんが めちゃくちゃね…。

何ていうんだろ…。

(KOUKI)意外と神経質なんですよ。

気ぃ使いは…。

おい あとの3人扱いするな。

臭っ!
≪出ました 臭い。

[5年ぶりに帰ってきた

いかに素晴らしい
イタズラかを競う…]

ハハハ…。
(横山)やらされてるわ もう。

(女性)私は 変態です。
(大倉)痛い 痛い…!

私は 変態です。

[大倉が 素晴らしいと認めた
イタズラとは]

[『関ジャ二∞クロニクルF』は…]

[さらに…]