それって!?実際どうなの課[字]【ワケあり駐車場を徹底調査】【ニッポンの廃墟問題】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【ワケあり駐車場を徹底調査】【ニッポンの廃墟問題】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【狩野英孝&大島てるが“ワケあり超絶難度の駐車”に挑戦】
【飯尾和樹が“ニッポンの廃墟問題”を調査】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/狩野英孝/大島てる/飯尾和樹(ずん)
番組内容
①【狩野英孝・大島てると共に、超絶難度の駐車に挑戦!】
どうやってここに停めたの?と思ってしまう駐車場には何かワケがあるはず! 
そんな“ワケあり駐車場”を、狩野英孝&大島てると巡る企画!
今回は視聴者さんから寄せたれたワケあり駐車場に挑戦!
事件発生!?青信号で狩野がパニック!果たして、車庫に入れることは出来るのか!?
番組内容2
②【ずん・飯尾和樹がニッポンの廃墟問題を調査!】
ずん・飯尾和樹が大人気の観光地“熱海駅”から車で20分ほどの高台にある廃墟の価値を徹底調査。
廃虚になったワケとは?そして、実際どのくらいの価値があるのか!?
プロが査定額を公開!
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 狩野
  2. 大島
  3. 飯尾
  4. 斎藤
  5. 今回
  6. 廃墟
  7. 駐車場
  8. 森川
  9. ギリギリ
  10. 大丈夫
  11. 本当
  12. ハハハ
  13. 大熊
  14. 課長
  15. 車庫
  16. バック
  17. 小林
  18. ロープウェイ
  19. スタッフ
  20. 生瀬

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/22 19:35:51時点 Amazon調べ-詳細)

<皆さん 町を歩いていると…>

<…と思ってしまう駐車場を
見たことは ありませんか?>

<そこには きっと 何か…>

<そこで今回は…>

(狩野)どうも!

(狩野)OK!

<ミスター 事故物件…>

(大島)ナビゲーター?

<15年前に…>

<…が代名詞>

<そして…>

<…の1つが>

<そう こちらの企画
以前から視聴者の皆さまから

さまざまな投稿が
寄せられていた>

(狩野)そこはね…

<今回は…>

<…が登場>

(大吉)おぉ~!

<しかし そこで
狩野と大島てるが…>

<一体…>

(生瀬)さぁ始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(華丸)お願いします。
(大島)お願いします。

今回 ワケあり駐車場 私たちもね
ロケに行きましたけどもね。

(大吉)なんですか?
ナビゲーター大島てるって。

そうですよ。

今回 なんか チラッと出た
ダイジェスト。

あれ もう…

音が。
あの音は。

音 しましたよね。
いよいよ…

<本日 最初は
江戸川区のワケあり駐車場>

(大島さん)はい。いや なんか…

(狩野)何?これ うわぁ~!

何?これ。

えっ?
(大島)えぇ~?

<2人が目にしたのは…>

(狩野)ウソでしょ?

(狩野)こんなギリギリある?

(大島さん)いや きょう…

(狩野)大島さん。

<狩野が気づいたのは…>

(狩野)あっ ちょっと…

(大島さん)なるほど なるほど。
(狩野)坂になってるから

こっち側に…

(大島さん)多分 こう…

<左右 ともに
超窮屈な状態>

<すると大島てるが>

(森川)確かに。

出れない。
出れない。

<早速 住人の橋本さんに
話を伺う>

(狩野)全然ですか?ちなみに…

<持ち主の橋本さんも…>

(狩野)はいはい。

(狩野)じゃあ…

<そう もともと こちらは
仕事道具などを収納する倉庫>

<それを無理やり
駐車場にしたため

ギリギリのサイズの
車庫となったのだ>

(狩野)ちなみに…

(橋本さん)スライドだから。

<つまり こちらは
運転席と助手席からでは

出られないので…>

<スライドで出て そのまま家に
入らなければならない>

うわぁ~!

いったん 家 挟むんやね。

<それでは挑戦の前に
気をつけるべき…>

(狩野)まぁ ここ本当…

(狩野)ここで…

この時に…

<バックで…>

<しかし今回 狩野は
こちらの駐車場に

勝機を感じている>

(狩野)俺らにとって…

何かと言うと…

(大島さん)あぁ~ なるほど。

<しかし狩野は この駐車場の…>

<…を まだ知るよしもなかった>

<それでは…>

<まずはバックで入れるため

車庫の左前へ>

本当でも ギリだよ これ
ギリ攻めないと。

(大島さん)はい 見てます。

多分 越えちゃって…

(大島さん)…入る感じで。

(狩野)えっ>

(狩野)そういうこと?

(狩野)ヤバイ!

<そう 実はここ

近くに商店街があるため
異様に…>

(狩野)ヤバイ!車 来た 車 来た。

<そのため…>

<大島てるの作戦とは

一度 こちらの路地に入り

切り返したのち

バックの態勢にするという作戦>

<慎重に路地へと
バックしていく>

そこは もっと早くいかないと。

(大島さん)はい。

<いつもと比べると
面白みは全くないが…>

(狩野)こんな感じ?(大島さん)はい。
(狩野)こう?(大島さん)はい。

<そして駐車場の前へ>

<あとは態勢を整え
バックで入れるだけ>

(狩野)ちょっと どうする?

<再び トラックが…>

(狩野)ちょっと待って。

<やむを得ず ふりだしに戻る>

(狩野)いったん 車 入れます。

(大島さん)ちょっと
なかなか。

<そして再び 前進を試みる>

(狩野)こういうことでしょ?
(大島さん)そうですね はい。

<狩野 好位置につける>

<あとは そのまま
バックで入れるだけ>

(狩野)ギリギリ!

(大島さん)本当ですか?

いや もう一発OK
いくんじゃないですか?

<大島てる側は
まさにギリギリの状態>

(狩野)うわっ こっち
めっちゃギリギリやん!

(大島さん)いや 大丈夫です。

<こちらも壁に
かなり接近している>

(狩野)ミラー 閉じる。
(大島さん)はい。

<先に危険が迫る
大島てる側に合わせ

ミラーを閉じる>

(狩野)さぁ ここから あれか。

(狩野)これで…

(狩野)ゆっくり いきます。
(大島さん)はい。

(狩野)おっ 怖い おぉ~ 怖い!

おっ 怖い おぉ~ 怖い!

<車体後方は
しっかりと車庫に入っている>

(狩野)これ…

これ ちょっと
ななめってます これ。

(狩野)多分…

<このまま
いったとしても…>

<確かに わずかにだが
こちらに余裕がある>

<そこで>

(狩野)もう1回…

<軌道修正のため 再び前進>

(狩野)うわぁ~ 危ねぇ!

<ギリギリで進入したため
脱出もギリギリ>

(狩野)ぶつかる ぶつかる!

<しかし ここは なんとか脱出>

(狩野)もうちょっと…

<再び 駐車場へ>

<勝負は…>

(狩野)これでいい?

(大島さん)本当ですか?

<こちらは少し 余裕ができた>

<しかし…>

(大吉)わっ!

(大島さん)大丈夫ですよね?これ。
(狩野)大島さんの[笑]

<こちらのミラーに…>

本当だ。

<一方 狩野の方も…>

<大島てる側を攻略できれば
勝利が見える>

<果たして どうか?>

あっ!わぁ~!
(森川)わぁ~ ヤバイ!

(大島さん)これは あぁ~。

<左側を…>

<大島てる側が
ギリギリの通過を見せたことで

こちらは少し
余裕を持った状態になった>

<そして問題なく車庫入り>

<ぶつけることなく…>

<しかし…>

(狩野)すみません。

(狩野)なんか 新鮮だな。

えっ?

(大島さん)いや そうなんです。

<ちなみに…>

<このように慣れた駐車さばきで
入れていく>

<そして続いての
ワケあり駐車場は…>

(スタッフ)今回はですね…

(スタッフ)車庫の幅と車幅が…

(狩野)毎回 そうだしね。
(大島さん)そうですね。

(狩野)何も驚かないというか。

えっ それじゃなきゃ
やらないよって感じ こっちも。

(大島さん)これは。

ハハハ…[笑]

(狩野)これ?(大島さん)うわぁ~。

<2人が目にしたのは

こちらも車庫と車が
ピッタリサイズの…>

(狩野)あっ!

(大島さん)ハハハ…[笑]

<運転席から出られるよう…>

(大島さん)あぁ
なるほど なるほど。

(狩野)こっち側に
すき間を作るために。

これが…

<早速 住人の小林さんに
話を伺う>

(狩野)こちら。

(狩野)えっ!
(大島さん)ハハハ…[笑]

(狩野)これ?

<そう 実はここのスペース
小林さんが…>

(狩野)ほか ないんですか?
(小林さん)ないです。

(狩野)いや えぇ~?

(狩野)…なような気がするんです
けど。(小林さん)そうですね。

<…狩野>

(小林さん)そうですね。

(狩野)そうですよね。

(小林さん)エンジンかけて
1回降りて 左右見て。

人がいないなと思った時に
す~っと。

(狩野)ちなみに…

<しかし小林さんは
この車庫で…>

(狩野)…で やってみますか?
(大島さん)はい。

<ということで今回は…>

<挑戦する>

<挑戦の前に気をつけるべき…>

(狩野)まず…

(狩野)だから あの…

(大島さん)そうですね はい。

(狩野)あと…

<狩野は駐車場から
以上の4つを

気をつけるべき点と推理した>

(狩野)これって…

(大島さん)ハハハ…[笑]

(狩野)そうでしょ?
大島さんね どこか…

…ていう自信があるのよ。

(狩野)これ もう…

…だから。(大島さん)はい。

<そして 今回は…>

<それでは…>

<今 後方の…>

(狩野)いこうか!
(大島さん)いきましょう。

<狩野 これをチャンスと捉え…>

<しかし!>

<後方から…>

(狩野)ヤバイ!

(狩野)ちょっと これ…

(大島さん)そうですね…。

<そう この駐車場は
大通りに面しているため

速やかに車庫入れを しなければ
立ち往生してしまう…>

<そして 信号が赤になった>

(狩野)すみません。

(大島さん)はい。(狩野)いきます!
(大島さん)はい お願いします。

<うまく車庫に入れることは
できるのか?>

(大島さん)そっち側の。
(狩野)こっちの ポールは大丈夫。

<何とか歩道へと進入できたが>

(大島さん)そうですね はい。

<車庫に真っすぐ入ることが
できなかった>

<車道に出て…>

<そして車を
切り替えしたとき…>

<信号が青になり 慌てる狩野>

うわっ!飛ばす。

(大島さん)狩野さんの側に。

<しかし
このタイミングで

歩行者や 自転車が
襲来>

(大島さん)はい。

(狩野)すみません。

(大島さん)大丈夫です。

<車道 歩道の安全が
確認されたところで…>

よしよし。

(狩野)重い!
ちょっと待って これ…

<思いのほか 坂が急なため

アクセルを
強く踏み込む必要がある>

(狩野)もっと踏み込む?

<さらにアクセルを強く踏む!>

(大島さん)大丈夫です。

<いけるか?>

(狩野)重い!
(大島さん)大丈夫ですよ。

<しかし…>

[ガシャン!]
(狩野)ちょっと…!

<突然の…>

外れたんだ。

(大島さん)いや 分からない[笑]

(狩野)なんで?

(狩野)原因は何?

(大島さん)…じゃないですか?

<そう
後輪の強い回転力のせいで

据え置きのスロープが 圧力に負け
外れたのだ>

[ガシャン!]

<つまり ぶつかったわけでは
ないので>

[ガシャン!]

(狩野)俺 何か マジで…

(狩野)よかった
これ 大丈夫だよね?

(狩野)いや でも…

(大島さん)このまま?はい。

(狩野)このまま 真っすぐいきます

<なんと 狩野…>

<うまく 乗り上げられるか?>

(大島さん)
ちょっと…

(狩野)
何?何…?

(狩野)これさ やっぱ…

(大島さん)そう…。
(狩野)1回 ちょっと出よう。

<しかし このタイミングで…>

<すると>

ハハハ…[笑]

<狩野…>

分かる 気持ち分かる
もう迷惑かけたくない。

(狩野)これか。(大島さん)そうです。
(狩野)これは確かに…

<2人で
スロープを元の位置に戻し>

えっ?
何か 浮いてますよ。

<鬼門の大通りからのバック>

いける いける
頑張れ。

<これを 素早く切り抜けた>

(大島さん)もう いっちゃいましょう

<今度は どうか?>

思い切って
勢いつけて。

(狩野)ここか!

ちょっと寄ってる?じゃあ
もうちょっと俺のほうに行くね。

(大島さん)もうちょっとだけ はい。

(大島さん)おっと。(狩野)どう?
(大島さん)そっちが よければ

大丈夫です こっちは。
(狩野)こっちは大丈夫。

<何とか…>

(狩野)車…待って…

(大島さん)緑 あっ 青です。
(狩野・大島さん)ハハハ…[笑]

<あとは アクセルを
全力で ふかすだけ>

<うまく いくのか?>

(狩野)せ~の!(大島さん)おっと!

<乗り上げた!が しかし
その勢いで スロープが外れた>

(狩野)ギリギリ!

(大島さん)乗りますか?
(狩野)いや これ…

(大島さん)はい お願いします。

<スロープなしで
前輪は上がるのか?>

(狩野)いくよ。(大島さん)はい。

(狩野)うわっ コワい!
勢い コワいよ!

<今度は どうか?>

<上がったか?>

(狩野)ギリギリ…[笑]
(大島さん)乗ってますね。

(狩野)でも 俺 これ 今…

(大島さん)今 ハハハ…[笑]
(狩野)今 人いないですね?

(大島さん)はい。

(狩野)いくよ?(大島さん)はい。
(狩野)せ~の!

<乗った!>

(狩野)せ~の!

(森川)すごい。

(狩野)せ~の!

大丈夫 OK…!

<見事…>

<ちなみに…>

すげぇ。
(森川)すごい。

一撃やな。

(大島さん)はい。

(狩野)どんな挑戦でも
僕たち 受けますので。

「ここ とめられないだろ」
「おい 狩野 とめてみろよ」

どんどん 募集ください!

<町で そのまま残されている…>

<実際…>

<少子高齢化の現代社会>

<空き家が放置され
町の景観が悪化>

<犯罪の
温床となるなど

今 廃墟が
大きな問題となっている>

<そこで 我々は 廃墟の…>

<…を 願って 廃墟の…>

<…この男>

うわっ!
すごい霧だよ。

はい。

(飯尾)そんな感じで…

<今回やって来たのは
観光地 熱海>

<駅から車で 山を のぼり
20分ほどの高台>

(森川)すごい!
すごい場所にいるな。

<今回の内見は ひっそりと…>

<そして…>

(飯尾)きょうも
よろしくお願いします 本当に。

<2人で
廃墟を内見し

飯尾は その
価値を予想>

<大熊さんは
プロの目線で

査定価格を
算出>

(飯尾)えっ!あっ そうなんですか

<今回は 廃墟の管理を
担当している 斎藤さんも

査定に同行>

(斎藤さん)そうですね。
(飯尾)へぇ~!

<ロープウェイだった時代を
知る者は

ほとんど いない>

<営業していた…>

<…のも 今回の目的のひとつ>

<これが今回の査定の舞台…>

<ちなみに 霧が晴れていると
こんな感じ>

<駐車場も含めると
かなり広大な土地を擁する>

<それでは早速 廃墟へ向かう>

(飯尾)うわ~!

ここですか?(斎藤さん)ここです
こちらになります。

<外壁には 不届き者による
多くの落書きが>

<それでは…>

<すると>

(飯尾)皆さん 聞きました?今の。

さびると こんな音に
なっちゃうんだな。

[ギギギギ…]

(飯尾)うわ~。

(飯尾)うわ~!

同じタッチの絵があるってことは
中まで入ってますね。

この 外に描いた。

…人が。(斎藤さん)そうですね。

<廃墟を荒らす
犯罪者が いることも

廃墟問題のひとつ>

<ちなみに 不法侵入すると…>

(飯尾)あ~っ!

(飯尾)きれいですね やっぱね
落書きも なく。

(飯尾)うわ~。

(飯尾)「サンヨー ズバコン」って
いう テレビなんですけども。

なんと この…

(飯尾)うわ~!

「玄岳ドライブイン」

…しますね。

<…かつての姿>

(飯尾)次の方がね なかなか。

何か でも…

<こちらは 4階建ての物件>

<まずは 1階から内見>

(斎藤さん)そうですね
もう全部 雨漏りですね。

(飯尾)はぁ~。

(斎藤さん)そうですね。

(飯尾)うわっ 暗い。

照らしてみましょう。

(飯尾)本当に ごめんなさい。

(飯尾)ごめんなさい。

(飯尾)エイリアンが いたら…

あ~
頑張って 飯尾さん。

(飯尾)ほら!

ライト 見て!これ。

(飯尾)…みたいな[笑]

(飯尾)この肘当て付きはね。

<当時の面影を
探していると>

(斎藤さん)そうですね フードコート
みたいな感じで はい。

<所々

かつて レストランだったような
か所が残されている>

<すると>

(飯尾)えっ?

(飯尾)しょっちゅう 大入か何か

袋 入ったのかもしれないですね。

<このときは まだ経営も
うまくいっていたのだろうか?>

<恐る恐る 歩を進める>

(飯尾)うわっ!

(飯尾)もう これで
4台目ぐらいですけど。

(斎藤さん)そうなんですよ。

<不法投棄も
廃墟が抱える問題の ひとつ>

<中には
パチンコ台や ギターなど

年代を感じるものも>

<ちなみに 個人が
不法投棄をした場合…>

いや 怖いな。

(斎藤さん)そうですね イタズラで。

<イタズラで破壊された…>

<もちろん これも
器物損壊罪に当たり…>

<すると…>

(飯尾)いや もう…

(飯尾)気をつけてください
技術さん カメラさん。

<足元へ広がる闇の中へ>

(飯尾)ずいぶん下るんですね。

ちょっと怖いですね もう。

<すると飯尾 何かを発見>

(飯尾)「イスの作品は上デス」

何やってるんだよ。

(飯尾)うわ~っ。

ここまで
入ってきちゃってるんだ。

(飯尾)落書きが とにかく ひどい。

<廃墟全体が侵入者により

落書きや破壊されている
無残な現状>

<屋外の
テラスへ向かう>

(飯尾)わっ 外だ。

(飯尾)あ~っ これは もう本当
ガラスを投げて

割ったんだね 石か何か投げて。

(飯尾)あ~っ あれですね?
(斎藤さん)はい。

あれが跡ですね。(飯尾)あ~っ。

<かつては ここから

ロープウェイが
延びていたらしい>

<きょうは あいにくの天気だが

晴れていると
こんな眺望が広がる

絶好のロケーション>

(斎藤さん)ここ一応…

(飯尾)えっ!
(斎藤さん)スペースになります。

そうですね。

<一部の廃墟は
その独特なロケーションから

撮影などにも利用される>

<ある意味これも
廃墟の利用価値の1つ>

<その後
地下1階を調べてみても

当時の面影は
みじんも感じられない

荒れ果てぶり>

<ロープウェイの痕跡が
残るであろう…>

(飯尾)うわ~っ もう
あっ ダメだ!

(飯尾)うわうわ…!

たまっちゃってるんだ。

(斎藤さん)そこに見えるやつが
さっきの。

そうですね。

(飯尾)ここから ぐわ~っと。

<そして向かった 最上階の3階>

<飯尾は想定外の景色を
見ることとなる>

<そして向かった最上階の3階>

<飯尾は想定外の景色を
見ることとなる>

(飯尾)びっくりした!

うわっ!

<目の前に現れたのは 無数の
イスの骨組みが重なり合った

まるでアート作品のような
がれきの山>

<一体 誰が何の目的で
作ったのか>

<その理由は
明らかになっていないが

おそらく これも侵入者が
イタズラで作ったもの>

(大吉)本当だ。

<これは かつてロープウェイを
動かしていた滑車の一部>

<がれきとロープウェイの滑車が
織りなす

廃墟ならではの空間>

<このような
退廃的な景色に魅せられる

廃墟マニアも いるという>

(飯尾)ちょっと 大熊さん。

(大熊さん)いや 本当…

(飯尾)ねぇ いや~。

<ここで…>

<広々とした4階建て>

<撮影も可能なテラスに

最上階の瓦礫のアートを備える
こちら>

<果たして…>

<まずは…>

(飯尾)こちらです!ジャン!

(飯尾)…という この車輪とかね。

<コンクリート造りで
骨組みが しっかりしており

再利用が可能>

<そして土地の広さから
8800万円と予想>

<それでは 大熊さんの…>

(大熊さん)査定価格は。
(飯尾)えぇ。

<果たして>

(大熊さん)こちらになります。
(飯尾)え~っ!

なめてた!

(大熊さん)5億6000万円です。

(飯尾)え~っ!5億6000万!
(大熊さん)はい。

理由としましては この…

(大熊さん)この金額に…

(斎藤さん)平米数だけで…

(飯尾)1500?

<熱海という…>

<そして廃墟にも残っていた…>

<ごく少数だが かつての…>

<この1階の空間は
飯尾の予想通り

かつては
レストランが経営されており

観光客の憩いの場となっていた>

<おそらく
このイスを集めたのが>

<最上階の
がれきの山なのだろう>

<そして
この滑車が動かしていた…>

<熱海の町を一望でき

観光資源としても
期待を寄せられていたはず>

<わずか3年で営業を終えた
玄岳ドライブイン>

<その後 資料館としても
再利用されたのだが

それも わずか2年で閉業>

<そのまま時だけが過ぎ

かつてのロープウェイは

廃墟と化してしまった>

<これが…>

(飯尾)どうしたらいいですか?

(斎藤さん)…を いただければ。

(斎藤さん)そうです。

<皆さんの…>

<所有者の…>

<課長の権力により…>

(生瀬)言い方。

<名付けて…>

(華丸)課長らしく
なってきましたね。

<飛距離207ヤードの課長が
目指す この企画>

<ゴールは6月に行われる

ゴルフの飛距離を競う
ドラコン大会に出場し…>

<…が 強力な助っ人となり>

おはようございます。
≪おはようございます。

<すでに特訓が始まっていた>

<血の にじむような…>

<そして あの…>

<果たして その正体は?>

(生瀬)そうですね。
(松本さん)そう。

はい。
(松本さん)出しましょう。

<飛距離に必要なのは…>

<…が 始まったのだが>

ハハハ…[笑]

<ただ…>

<その後も
黙々とトレーニングを続け>

<ついに>

(松本さん)あっ 240いった!

<241ヤードを達成>

<そして>

よいしょ!

<特にクラブを握る
ゴルフにおいて

握力は重要な要素>

(森川)うわっ すごい。

<夢を かなえるために
自宅でも仕事場でも

日々 筋トレに明け暮れた>

わっ すごい!

<空いた時間は全て
トレーニングと筋トレに費やし>

えっと…

(スタッフ)すごい。

<何と地道なトレーニングで
270ヤードまで達成>

あ~っ そうなんだ!

<そこで課長のために
こんな秘策を用意>

はい。

(スタッフ)きょうは
お越しいただきました。

<課長の挑戦に ふさわしい…>

<…を 招集>

<果たして…>

<彼こそ「どうなの課」が集めた

地球を救うかもしれない
超人の1人>

(スタッフ)そうです。

<トランプの束を
引きちぎることも可能な

おそるべきパワー>

<そして その…>

いや 違う…。

<ちまき野郎の能力は…>

<それでは とくと ご覧あれ>

<おにぎりから ちまきへ>

(森川)懐かしい。

<日本一の握力で
おにぎりを握りつぶす>

なった!

すげぇ!

いやいや…分かったけど。

お~っ!

<つまり握力の上限を
アップさせることで

ゴルフの精度も
上がるということ>

<そして ちまき野郎おすすめの
握力トレーニングが

このハンドグリップを使うこと>

(新沼さん)そんな感じで
いいと思います まずは。

まぁ 暇があるときに
こうやってるんですけど

それよりも こういう…

の 方がいいんですか?
(新沼さん)いいと思います。

<最後に 課長の…>

(大島)ハハハ…[笑]
(森川)あ~っ すご~い!

<課長の握力を計測するため…>

(大島)ちまき?

<生瀬課長のフルパワー!>

<おにぎりから ちまきへ>

(森川)いけ!

<おにぎりを握りつぶす>

(生瀬)よし。

はい。

(華丸)
握力計あるでしょ。

今…

え~っ。
(森川)え~っ。

(森川)そんなに すごいんですか?

クソ~!

(♪~)

(♪~)