アウト×デラックス【珠玉のアウトアーティスト達!龍を目撃!?小柳ゆき】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

アウト×デラックス【珠玉のアウトアーティスト達!龍を目撃!?小柳ゆき】[字]

加藤一二三とピコ太郎コラボ!龍を目撃した小柳ゆき!珠玉のアウトアーティストが続々!!

番組内容
独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開するトークバラエティー『アウト×デラックス』。
会ったときのイメージと名前が合っていないと名前が覚えられない小柳ゆき。スタジオでアウト軍団や矢部、山里亮太の名前のイメージを検証。パラレルワールドに行ったことがあるという体験も語る。さらにツアーライブで起きた、
番組内容2
お客さんが静まりかえったMCトークを披露。そして、戦慄かなのの指かみ診断を受けるとまさかの答えが?
自分の歌を出したいという加藤一二三が、ピコ太郎の楽曲のプロデュースを手がける古坂大魔王を訪ねる。早速、歌唱力、リズム感をチェック。できあがった楽曲とレコーディングの様子を紹介。
人気民宿を営む、元DA PUMPのメンバー・宮良忍。その生活にスタッフが密着するとアウトな面が…。
番組内容3
そしてスタジオで、あのダンスを披露。
ご案内
“アウトな人”募集中!詳しくは番組ホームページで!! 
http://www.fujitv.co.jp/outdx/index.html 
Twitter公式アカウントはこちら⇒@outdx_fujitv 
https://twitter.com/outdx_fujitv 
〈#アウトデラックス〉でつぶやいてね!
出演者
【MC】
矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ) 
【ゲスト】
加藤一二三、古坂大魔王、小柳ゆき、宮良忍(元DA PUMP)(五十音順) 
【アウト軍団】
大鶴義丹、栗原類、坂上忍、戦慄かなの、高橋ひとみ、塚田僚一(A.B.C-Z)、遠野なぎこ、ミラクルひかる、矢部文子、矢部美穂、横川尚隆(五十音順)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
大江菊臣 
【演出】
鈴木善貴 
【監修】
渡辺琢

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 古坂
  2. 小柳
  3. 加藤
  4. ホント
  5. 宮良
  6. Pen
  7. Apple
  8. 名前
  9. DA
  10. アウト
  11. ペン
  12. 淫乱
  13. 奇麗
  14. 先生
  15. 戦慄
  16. have
  17. PUMP
  18. アーティスト名
  19. お客さん
  20. マンション

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/06/13 20:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

[本日の
『アウト×デラックス』は…]

[…も実現]

(古坂)Pineapplepen。

刺します。 うーん! そうすると
Pen-Pineapple-Apple-Pen。

[アウトの申し子…]

[しかし]

[この方]

(矢部)何やねんやろ?
(マツコ)大変だ。

どうも。

(山里)こちらへどうぞ。
ようこそ。

[歌手 小柳ゆき]

[17歳でデビューした彼女は

よくとしから3年連続で
『紅白歌合戦』に出場]

[その名は
日本中に知れ渡ったのですが

どうやら自分の名前に
しっくりきてないようで]

(小柳)感はないかな。

そうですね。

(マツコ)すいませんね。
ごめんなさいね。

人それぞれの
会ったときとかの…。

[そう 小柳ゆきさんは

その人の持っている雰囲気と

名前が一致していないと

名前を覚えられないのだ]

じゃ 逆に…。

有名人の方は難しいんですが
でも…。

伊藤君。

伊藤?

伊藤君?
(小柳)伊藤君。

何ですか?

宮崎?

あ~
でも何かちょっと宮崎っぽい!

山里さんは 山田さん。

あ~ でも何か分かる!

(山里)山田感あります?
山田感ある。

あそこにいる
ムキムキマッチョは

横川っていうんですけれども。

何ですかね?

そんなに…。

「ちょっとない」っていうのも…。
名字なしがあるんですか?

ホンマ!
ねえ そうなのよ。

[この人からも同意見が]

(横川)例えば…。

(矢部)何て呼ばれたらいいの?

「チョ」って付くの。

ちっちゃい「ツ」と「ヨ」が付くと
ふわふわっとしてないですか?

もっとカッコイイ名前が
いいんすよね。

筋肉って…。

バルクっていうんで…。

いやいや…。

めっちゃダサいよ。

戦慄ちゃんとか何かあんの?

そうだわ この人 「戦慄」だもんね。

一番違和感はあります…。

(戦慄)名前だけ聞いてたら。

確かに…。

鏡 見ながら…。

山田のぶお?

[命名…]

山田のぶお いいよ!

[このように
しっくりくる名前にこだわる

小柳ゆきさん。
しかし…]

変な話しちゃうってこと?

そういう系の話が結構好きで。

苦笑みたいな感じで。

結構ど級なの持ってますね
ホントに。

一瞬なんですけど。

家の中で
起こったことなんですけど。

結構いろんな光が…。

マンションの光とか飛行場の光とか
全部見えるんですけど。

それが ぱっと
9時ぐらいですね 夜の。

こう 見上げたら 真っ暗で。

目の前のマンションの廊下の光とか
そういうのも全部消えてて。

うちのマンションから向こう側
漆黒の闇だったんですよ。

あれ?と思ってたんですけど。
えっ? 一瞬じゃないじゃない。

はい ずっと暗いまま。
ずっと家の外が真っ黒なの?

そうなんです。

つらい。

[実際の映像がこちら]

[昨年9月 ビルボード東京で

3日間かけて行われた

小柳ゆきのツアーライブ]

[しかも…]

(小柳)そうなんです。
ありがとうございます。

[デビュー20周年ライブと
あって…]

[お客さんは
彼女の一挙手一投足に大興奮!]

[そんな
何をやっても盛り上がる…]

(小柳)ここで普通の…
ちょこっとだけ

お付き合いいただければと
思います。

結果からいくねや。

(小柳)龍を見てるんですよ。

[…のお客さん。
しかし]

[話題は龍の種類の話に]

[龍の話を始めて およそ5分]

[そろそろ終わるかと思いきや]

(小柳)わーっと
風が吹き抜けていったとか…。

稲川 淳二さんのライブだよ。

(小柳)次元を飛び越えて
行き来できるんだって。

(小柳)人のパワーを食べ物にして
あれしてるから地球を良くしたい。

[そして…]

(小柳)それでね 龍は何のために
地球にいるかっていう話…。

(小柳)お願いします。

[ついに…]

[小柳さん
今年はどうしますか?]

稲川が しっくりきます。

あっちの方
どんどん膨らましてったら

違うライブができる日が来る…。
確かに。

もう 後ろで
ベースの人とギターの人が

今 普通に私語をしてたわよ。

(小柳)毎回 あの話をしてるので。

1回のライブで。 最長で
どれぐらいしたことあります?

そりゃ だって みんな
歌 聴きに行ってんだもん。

不思議どこでいうと
この中でいうと…。

そうですね。

ちょっと痛いんですけど…。
しっかり かむから。

むしろ やらせてもらえるんですか
って感じです。

ぜひ ぜひ。

[実践]

指を… うん。

あっ こっ 怖い。

大丈夫です。
身を任してください。

あっ 痛い 痛い 痛い…。

我慢して!

ちょっと… 痛い。

フフフ…。
あら 笑った。

どういう人?
どうしよう。

ど淫乱。

(笑い声)

アウト!

ど淫乱!

今までで一番強い一言ちゃう?

言われたかった?
言われたい。

私 ど淫乱がいい。

ちょっとカッコイイ…。
カッコイイわよ ど淫乱。

僕ですか?

[実践]

いっ…!

痛い!
(戦慄)素人童貞?

(笑い声)

横川君!

素人童貞や。
素人童貞なのか!

(横川)
ちょっと待ってください!

見え 張ってたやろ! カッコ悪!

最悪。
今度からは…。

最悪だよ! ホントにやだ!

忍者にはまってらっしゃった?

(柿沼)♬「トゥルルルルン」
あれっ? 何ですか?

まさか?
(柿沼)♬「ドゥルルルル ニャン」

「ニャン」って入りましたよ 今。
いったい 誰が来たんだ!?

パラレルワールドですか? ここ。

[続いては あの…]

[…という
ひふみんの夢をかなえるために

やって来たのは]

さあ 一二三さん。

どういう企業かも…。
(加藤)たぶん あれですかね。

[どこのビルかは さておき
ここが どこかというと…]

[何と そこは
天下のエイベックス!]

[ひふみんの夢の一歩に
協力してくれたのだ]

[その方とは]

(加藤)失礼します。

[あの…]

(古坂)よろしくお願いします。
一二三さん…。

(加藤)すいません すいません。
[あらためて 紹介しよう]

[まず おはこの歌で
歌唱力を チェック]

♬~

えっ!?

[続いて 古坂プロデューサーのリクエストで
リズム感のチェック]

I have a pen。
(古坂)で ペン 持つんですね。

こっちですか?
I have an apple。

そうか。 I have an apple。
(古坂)で 刺すんです。 うーん!

ペンを リンゴに刺すんです。
(古坂)刺すと Apple Pen。

Apple Pen。
(古坂)それが Apple Pen。

同じく I hava a pen。

I hava a pineapple。

イライラしないで。
Applepen。

Pineapplepen。

刺します。 うーん! そうすると
Pen-Pineapple-Apple-Pen。

こっちが 一番最初にできました。
(加藤)これ ペンで…。

刺したやつ。
アップルと ペンが こう…。

お見事!

[と ここで…]

ピコ太郎! っていう。
例えば… 何でしょうね。

アーティスト名は…。

ああいうので ちょっと…。

(古坂)天才ね。
アーティスト名 天才。

それは 私 うれしい。
上 来たよ!

天才より 上で来たから。

いいです。
分かりやすいよね。

[ということで
アーティスト名は…]

[その後 具体的な
歌のイメージを話し合い

「将棋」をテーマに
歌を作ることが 決定]

[果たして…]

(古坂)ホントに…。

もうちょっと 早く
でかしたかったんですけども…。

そうですか!
(古坂)ただ 先生…。

ホント…。
目標 決めようと思って。

『紅白』です。

(古坂)いきましょうよ 先生!
(加藤)頑張ります。

これ いきましょうよ。

(古坂)ここで 急に
これ NGとか ないですよね?

歌詞を ちょっと 知りたいです。

[歌詞を見た ひふみん。
果たして 感想は?]

[ひふみんも 文句なし!]

[古坂大魔王が プロデュースした楽曲
そのタイトルは ずばり…]

[ひふみんアイとは 対戦相手の
後ろに立って 相手側から

盤面を見ることにより いい手が
ひらめくかもしれないという

ひふみん独自の戦法である]

[今回の歌詞は 前半と後半で
その 「ひふみんアイ」という

ワードが 繰り返し
使用されており 中盤は

将棋にまつわるフレーズを中心に
構成されている]

実は… 色々 言いますね。

これが つまり
先生の見方っていうのは…。

これって すごく 重要なことで。

これって…。

これって 何だろう?
と思ったときに…。

[さらに メロディーにも
譲れない 2つのこだわりが]

全体としては… 音。

音は テクノです。
(加藤)テクノ!?

(古坂)ところが
メロディーは 演歌です。

なので 演歌 ダンス ミュージックで
EDMっていうふうな。

(古坂)僕 ピコ太郎ってやつ
やってまして…。

[ひふみんのように 老若男女に
愛されることを目指して 作った

略して EDM]

[早速 こだわりのサウンドを
聴いてみることに]

いや あの~…
ホントに あの…。

ホントに あの~…。

何とか これをですね…。

ホントに まあ…。

[この後 楽曲を 繰り返し 聴き
猛特訓する ひふみん]

[そして いよいよ…]

(スタッフ)声 いいですか?

(スタッフ)お褒めいただきましたね。
(古坂)ただ…。

(古坂)先生 違います。
急に 勲章 もらってますんで。

[紆余曲折あったものの…]

[合間に入る 合いの手を
録音し…]

[大天才ひふみんで…]

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(加藤)あの… えーっと あの…
ひふみんこと 加藤 一二三です。

♬~

(加藤)相当 あの… あの…
相当 売れると思います。

いや~ これは ホントに…
ホントに もう…。

(古坂)いやいや!
大先生じゃないです。

あっ! えーっと… そう。

(加藤)なかなか あの…。

すごい いい!

例えば 普通にですね…。

多いんですか!?

[DA PUMPの初期メンバー
忍さんに密着]

[何と現在 故郷…]

[そんな…]

[外出自粛が続く中

コハマブルーに
癒やされちゃってください]

(宮良)今日はですね…。

[船を運転するのは 忍さん]

(男性)出た!

[自身のヒット曲を
スピーカーで流し

船のBGMに]

[天候にも恵まれ 最高の船出]

[このツアーは その日の…]

[これが 白いサンゴの
かけらだけで できた…]

[いかりを下ろし 船を停泊させ
いざ 上陸]

[しかし
景色に 見とれることなく

何やら 動きだした 忍さん。
手に取ったのは…]

[スマホにしたことで ドローンが
飛ばせるようになった…]

[元スーパーアイドルとは思えぬ
ドローンテクニックで

撮影された…]

うわ~!
奇麗なぁ。

奇麗だね~。

奇麗!
すごいね。

(宮良)
色が 分かれてるじゃないですか。

その手前…。

(宮良)奥の 濃い青は そっから
その境界線 一気に 10mぐらい

深くなってるので。 それで
上から見ると そういうコントラストに。

だから
あんな 奇麗に 色 違うんだ。

すごいね。
[こうして…]

[ちなみに 忍さんの…]

[お客さんを巻き込んで
DA PUMP人気に 便乗!]

[ちなみに
この 忍さんオリジナルツアーは

朝から夕方まで 遊んで…]

[格安]

今 何してる?って聞いて。
(詩花)今 何してる?

愛してるよ。

[夕食後
空を見上げてみると

忍さんの大好きな景色が]

(宮良)この感じ…。

整い過ぎても 気持ち悪いけど

この無造作な この感じ…。

[その後は
お客さんと宴会をスタート]

[この瞬間が
オーナーとして 至福の時]

(宮良)このリラックス感。

[と 真面目に語ってくれた
忍さん。 しかし この後…]

(宮良)詩花ちゃん 詩花ちゃん
じゃあ えっとね…。

(宮良)じゃ 最後。 じゃあね…。

(男性)アウト~!

[小学生相手に
おじさんトーク!]

超さえてますね。

(加藤)あれ やっぱ…。

超さえてるんだ!? あれ。
ちょっと お聞きしたかったのが

えーっと…。

その 「C’mon, baby」…。

あの… 何度も言うんですけど…。

(加藤)え~!? いや あの…。

違うんですよ。 それ またね
複雑な話になるんですけどね。

でも 今ね こうやって…。

今のDA PUMPさんが
歌ってる曲ですけど…。

お客さんに 「USA」って
つくらせてる姿って…。

言っちゃうよね そうね。

便乗というか まあ ファンなんで。

だから もう
自分がいたグループなんだけど

ホントの意味で客観視して
見れるようになったのよね。

そうですね。
[最後に

元DA PUMPが ミラクルと
『U.S.A.』踊っちゃいます!]

(宮良)それでは ミュージック
いってみよう! せーの…。

♬~