ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

初登場!瀧本美織がぶらり旅▽ミルク割りのコーラ&ワサビとアボカドの和風ハンバーガー▽モフモフがたまらない!アルパカの毛をつかったグッズの店▽洋風の大福!モチボン

出演者
【旅人】瀧本美織
番組内容
初登場!瀧本美織が中央・総武線でぶらり旅▽ミルク割りのコーラ&ワサビとアボカドの和風ハンバーガー▽モフモフがたまらない!アルパカの毛を使ったグッズの店▽洋風の大福!モチボン&焼物の器で飲む!ほうじ茶ラテ▽自家製フライドポテトをのせて食べる!ナポリ流アメリカンピザ▽便利なデザイングッズ!アボカドがきれいに剥けるカッター▽次回予告!演歌の女王!水森かおりが大江戸線でぶらり旅!ココナツアイス&釜焼き
音楽
【番組テーマ曲】「Lamp」sumika
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ビーズ
  2. アルパカ
  3. お店
  4. コーラ
  5. ステキ
  6. 井手
  7. ミルク割
  8. 伊藤
  9. 本当
  10. COLA
  11. CRAFT
  12. アボカド
  13. イメージ
  14. ナポリ
  15. 今日
  16. BURGER
  17. チェコ
  18. ピッツァ
  19. ポテト
  20. 失礼

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥740 (2021/09/22 19:35:51時点 Amazon調べ-詳細)

<本日は 江戸川区の
荒川河川敷で待ち合わせ>

<え~っと どこにいるのかな?>

(瀧本) 小日向さ~ん!
<はい~!>

ここで~す!
<あっ いた いた!>

見てください ここです!
<はい 今 行きます>

<お待たせしました 瀧本さん>

小日向さん おはようございます。
<おはようございます>

はじめまして
瀧本美織と申します。

今日は 初めて
『ぶらり旅』をさせていただきます。

<はい>

小日向さんを
よく テレビで拝見してるので

はじめましてなんですけど

もう お会いしてるような気分に
勝手になっちゃってました。

すいません。
<いやいやいや 私もです>

<改めて
今日は よろしくお願いします>

よろしくお願いします。

<それにしても キレイですね>
ねっ すごいキレイですよ。

見てください。

最高の待ち合わせ場所ですよね。
<ねっ>

このお花がですね
ポピーっていうらしいんですよ。

私 なじみがなかったんですけど
すごいキレイですよ。

これ なんとですね

あっちにも続いてるんですけど…。
<ええ>

なんと 18万本あるらしいです。
<へぇ~!>

すごいですよ!

かわいいですね。

何か 赤が多いように
思ったんですけど

これ オレンジっぽいのも
ありますね。

かわいい!

<荒川の河川敷に広がる
江戸川区立 平井運動公園では

現在 ヒナゲシを改良した
シャーレーポピーが

見頃を迎えています>

<川面を渡る風にそよぐ

赤やピンクなど およそ18万本の
色鮮やかなポピー>

<かわいらしいですね>

いや~ キレイでしたね。
<本当>

目が幸せでした。
<アハハ! よかった>

癒やされた。

ちょっとですね スカイツリーが

霧がかって レアな雰囲気ですよ。

<お~!>

今日は 平井駅から
中央・総武線に乗って

旅をして行きたいと思います。

行ってみましょう!

♬~

<本日は 中央・総武線に乗り

御茶ノ水 中野方面へ>

<瀧本さん 初めての『ぶらり旅』>

<楽しい出会い
たくさんあるといいですね>

<最初の途中下車は?>

浅草橋に降りてみました。

<浅草橋は
歩いたことあります?>

来たことがないですね 浅草橋。

<じゃあ 楽しみですね>

こっち 曲がってみようかな。

曲がってみます。
<はい>

何か あんまり…
何もない感じがしますけど。

<ビルが多いですね>

この看板 何ですかね?
<何が書いてあります?>

「BEADER」って読むのかな。

「大人かわいいが詰まった
チェコビーズ専門店」。

チェコビーズって何だろう?
<何でしょう?>

チェコって国 ありますよね。

そのチェコってことかな?
<ですかね>

ビーズは 小さいビーズですかね。
<う~ん>

ちょっと 行ってみよう。

2階! 行ってみます。
<行ってみましょう>

エレベーターがあるのかな?

階段だ…
あっ エレベーターがある!

階段で行きますか 2階だもん。
<歩きますか>

行きましょ 行きましょ。

あった!

大人かわいい 詰まってますか?

<どうでしょう?>

広いですね。

こんにちは。
(山田さん) いらっしゃいませ。

消毒させていただきます。

うわっ すごい!

ビーズ詰め放題。

やっぱり
こういうビーズってこと?

こんにちは。
(山田さん) こんにちは。

すみません 何のお店ですか?

(山田さん) ビーズ屋さんです。
<ハハハハ!>

ビーズ ご存じですか?
ビーズですよね?

知ってます もちろん。

うちは
チェコビーズに特化してるので。

チェコビーズっていうのは
その…。

国ですか? チェコって。
そうです チェコ共和国。

チェコで作られたビーズ
そのチェコビーズです。

チェコって
ビーズが有名なんですか?

昔から ガラス工芸が有名なので
その1つとしてビーズも。

よかったら
ビーズ ご覧になりませんか?

ぜひ!

うわ~!

カラフル!
これ 全部 ビーズなんです。

これは ガラスボタンなんですけど
他のはビーズです。

うわっ かわいいですね。
かわいいんですよ。

こういうチョコ ありますよね。

これ 果物なんです ここ。

へぇ~ かわいい!

すごい! 見たことない模様が
いっぱいです 形と。

お花とか あと テントウムシとか。

テントウムシですか! かわいい!

こういうのも ビーズですか?
はい ビーズです。

こういう小さいのだけじゃなくて
こういうのも 全部 ビーズ。

ビーズって 結局 穴が開いてれば
ビーズって呼べるので。

そうなんですか?
形は何でもありです。

迷っちゃいますね
こんなにあったら。

なので
お手伝いができればってことで

ああいった体験コーナーを
設けてまして。

不器用な人でも
できたりしますか?

レクチャーしてます ちゃんと。
<ハハハハ>

よかったら 体験してください。
うわ~ やった~!

教えてもらいたいです。

どんなのが作れるんですかね?

使える材料が そろえてあるので
見てください。

あと サンプルも
そちらに飾ってますので。

こんなのがお作りいただけます。
そうなんですね。

参加費500円!
税込み500円。

え~! 500円で
何でも作っていいんですね。

こちらにあるビーズでしたら
どれを使っても大丈夫です。

じゃあ ちょっと…
いいですか? 何か作ってみても。

そうしましたら 金具を
まず選んでいただくのと

お支払い 先に お願いしてるので
レジのほうへ お願いいたします。

<500円なら安いですよね>

税込みで 500円ですね。
Suicaで。

こちらに
タッチ お願いいたします。

(電子音)

そうしましたら 早速なんですが

金具が ゴールドのカラーと

それから ロジウムっていって
シルバーのカラーがございまして。

イヤリングとピアス
お選びいただけます。

イヤリング ゴールドで。
かしこまりました。

テーブルのほうに どうぞ。

ステキな…。

まず先に
ビーズ 選んでいただきますので。

フタが開いてるビーズと

ここの升に入ってるものは
メインになるので。

サブとメインを
お2つずつ選んでください。

2つずつ!
イヤリング ペアになるので。

あっ そうか! そうですよね。

小っちゃいのを1つと

メインのを1つ。

うわ~! 迷うなぁ これ。

このパープルも
すごいステキだなと思いました。

このパープル 入れようかな。

これ 入れます。
入れますか。

じゃあ 次に サブで使う
小さい 丸いビーズ。

気になるほうを どちらでも。

手前に持って来てもいいですか?
大丈夫です。

合わせながら選んでみてください。
いいですか 出してみても。

この ゴールドも
絶対 合うんですよ。

シルバーも いいんですよね。

これで行きます。

ビーズと違う材料が入ってる瓶が
あるかと思うんですけれども。

ビーズをつなげるために
そのピンを使います。

ビーズ 穴 開いてるとこに
すっと ピンを通してください。

通しました。

今度 ビーズ ぎりぎりの所で
くっと折っちゃいます。

えっ! いいんですか?

ぎりぎりの所で折っちゃいます。
折れた!

自然に 丸く…。

<チェコビーズの専門店
BEADERが扱う商品の数は

5000種類以上>

<現地の工場や
職人との関係が強いため

全て チェコから
直接 仕入れています>

<ガラス工芸で有名な
チェコ共和国で作られる

ガラス製のビーズは

形や種類の豊富さと
鮮やかな色合いが特徴>

<初心者向けの
手作りアクセサリーキットや

現地の職人に特注した
オリジナルビーズなども

販売しています>

おっ!
<おっ どうです?>

どうですか?

金具 持ってもらって。

どうでしょう?
<いいじゃない!>

できてます?
できてます。

<結構
似合うんじゃないですか?>

う~ん! かわいいです!

どうでしょう?
<いや~ いいと思います>

かわいい!

こんな すぐ作れると
思わなかったです イヤリング。

また機会あれば。
ぜひ!

これからも アクセサリー作り
楽しんでみてください。

ありがとうございます。
<ありがとうございました>

いや~ 満足 満足です!

<よかった よかった>

大人かわいいの意味が

分かりましたね。
<ねっ>

詰まってた 詰まってた。

<浅草橋
もうちょっと歩いてみますか>

「蔵前」。

蔵前だ!
<すぐですもんね>

すごい おしゃれなスポットが
今 増えてるんですよね。

蔵前って。
<そうなんですよね>

住宅の中にも
会社が ちらほら あったりして。

へぇ~!

こっちは大通りなので
曲がってみよう こっちに。

あっ! あれ 何だ?

これ 何だろう? 渡ってみます。

<どれです?>

「バーガー喫茶 チルトコ」。
<えっ?>

バーガー喫茶?

バーガーショップと喫茶店が
一緒になってるってことですかね。

あっ! メニューが。

これ 何ですか?

「CRAFT COLA」。

えっ?

普通のコーラじゃなくて
CRAFT COLAって何だろう?

<手作り?>

「+50円でミルク割りできます」。
<ミルク割り?>

コーラのミルク割りって 何?
<飲んでみますか?>

何だろう? コーラのミルク割り。

(青木さん) こんにちは!
こんにちは お邪魔します。

(青木さん)
店内でお召し上がりですか?
はい!

奥のお席に どうぞ。
ありがとうございます。

あの~ CRAFT COLAって
何ですか?

CRAFT COLAは 自家製のスパイスとか
お砂糖を煮込んで作った

自家製のコーラなんですけど。

飲んでみたいです! いいですか?
ありがとうございます。

真ん中のお席 どうぞ。
は~い。

かわいらしい!

ステキなお店。
<いい雰囲気ですね>

CRAFT COLA。

ちょっと メニュー 見ちゃおう。

<ハンバーガーも食べます?>

そっか バーガー喫茶ですもんね。
はい。

お冷や どうぞ。
ありがとうございます。

当店は この一番最初の

JAPANESEっていう
和風なハンバーガー が売りになってます。

本当だ!

「JAPANESE BURGERS」。

「WASABI」「MISO」「TERIYAKI」。

「KAKUNI BURGER」とか
あるんですね。

さっき すごい細かいことに
集中したんで

ちょっと おなかがすいてます。
<アハハハ>

バーガー 食べちゃおうかな。

これ 気になります
「WASABI AVO BURGER」。

自家製の 海苔の佃煮のソースが
のっかってて。

お薦めです。
おいしそう!

じゃあ
CRAFT COLAのミルク割りと

この WASABI AVO BURGERを
お願いします。

ありがとうございます。

がっつり!

失礼します
CRAFT COLAのミルク割りです。

ありがとうございます。

よく混ぜて
お召し上がりください。

ミルクが いっぱいですね。

<本当だ!>

<混ぜて飲むって
言ってましたけど

どんなお味なんでしょう?>

<バーガー喫茶で出会った
コーラのミルク割り>

<混ぜて飲むらしいんですが…>

えっ? 色が
コーラじゃなくなったけど…。

コーラなんですもんね。

どんな味なんだろう?
いただきます。

<どうです?>

あ~! コーラだ!
<へぇ~!>

おいしい!
ミルクの甘さが相まって。

おいしい!

コーラにミルク足すと
こんなに爽やかになるんだ。

<そんなに?>

いいですか?

どうして コーラを ミルクで
割ろうと思ったんですか?

うちのコーラは

たくさんのスパイスを煮込んで
作ってるんですけど

それが ミルクと合わせると

チャイみたいな感じの味に
なるなぁと思って。

ミルク割りを
提案させていただいてます。

チャイに似てますね 確かに。

<お店で手作りしている
CRAFT COLAは

シナモンやカルダモンなどの
数種類のスパイスと

黒糖 レモンなどを一緒に
ひと晩 煮つめて

原液を作ります>

<その原液を よく冷やした
グラスに注ぎ 炭酸水を加え

さらに たっぷりのミルクで割って
いただくのが

コーラのミルク割り>

<最後に 花椒をまぶすのが
ポイントだそうです>

<爽やかな香りも楽しめ
これからの季節にいいですね>

失礼します お待たせしました。

ワサビアボカドバーガーです。
うわ~ すごい!

下に敷いてあるバーガー袋に
包んで お召し上がりください。

うわ~!
結構 ボリュームが すごいですよ。

すごい ジューシーな感じが

伝わって来ますね。
<おいしそう!>

いただきます!

<お~! 豪快に行きましたね>

う~ん!

おいしい!

ワサビが そんなに辛くなくて
いいアクセントで

アボカドのクリーミーさと
マッチして

合いますね。

うわ~!

確かに ちょっと和風な感じだ。

このね 海苔が…
あんまり食べたことないです。

<コーラのミルク割りとの
相性は?>

うわ~ 合う!
<合いますか>

合いますね。

<去年オープンした オリジナルの
ハンバーガーにこだわる

バーガー喫茶 チルトコ>

<WASABI AVO BURGERの
海苔ワサビソースは

焼き海苔を手でちぎり
醤油や みりんなどと一緒に

水気が飛ぶまで
1時間ほど煮込んで作ります>

<海苔の佃煮の上には

アクセントに
茎ワサビをのせます>

<店主の青木さんは
海外の飲食店で働いていた時に

味噌や角煮など
日本の調味料や食材が

海外の人にも
人気だったことから

自家製のソースにこだわった
オリジナルのハンバーガーを

考え出しました>

<他にも
じっくり煮込んだ角煮を

パテの上にのせた
KAKUNI BURGERや

甘辛い味噌のソースと
大葉の相性が抜群の

MISO EGG BURGERなどもあります>

<さらに
色鮮やかなクリームソーダが

16種類もあるそうです>

<すっかり満腹になり
旅を さらに続けます>

<続いては 御茶ノ水で途中下車>

ちょっと降って来ちゃったかな。

傘を差しました。

御茶ノ水。

御茶ノ水って
こういうイメージです。

何か 木が たくさんあって

大学が いっぱいあるイメージ。
<そうですね>

ちょっと 渡ってみます。

うわっ 何か…。

食べ物屋さんが
いっぱいありますね。

ちょっと 曲がってみようかな。
<はい>

何かね
ちょっと にぎやかな所から

落ち着いた路地に
入って来ましたけども。

うん? 何か…。

「ちいさな」。

「a++」って何だろう?
<えっ?>

「年齢と性別をこえて

便利に使える デザインの
すぐれたモノをあつめた

セレクトショップ」。

ここかな?

ありましたね。

ここの2階だ。
<行ってみます?>

こっちですよね。

上がってみます。

あっ! あった。

ちょっと…。

消毒して
入ってみたいと思います。

ここかな?

お邪魔しま~す。
(佐藤さん) こんにちは。

今 看板が気になりまして。
(佐藤さん)ありがとうございます。

どういうお店なのかなと
思いまして。

デザインショップ?
(佐藤さん) そうですね。

いろいろ 見てもいいですか?

気になるものがあれば
お声掛けいただければ。

これは何ですか?

フライパン JIUという
名前なんですけども。

今 お持ちいただいてるものが
いわゆるハンドルなんですね。

取り外せるハンドルに
なっておりまして

上をスライドさせていただくと。

あっ!

その状態で 下から…。

そうです。
<お~!>

フライパンに変身します。
引っ掛かってる! すごい!

本物の鉄でできた
フライパンでして

使って行くうちに どんどん
油なじみが よくなって

食材も ぱりっと おいしく。

ハンドル 外していただいた状態で
テーブルまで お持ちいただけば

本当に熱々の状態で
お召し上がりいただけるものです。

調理器具で
こんなに おしゃれなグッズって

あまり見たことがなくて。
ありがとうございます。

これ 今
フタしてる状態なんですけども

何か分かりますか?

これは… 何だろう?

いいですか? 見て。
いいですよ。

何ですかね?

あっ! 削るやつだ!
はい。

あっ!

かつお節!
<へぇ~!>

見たことあります。

かつお節削り器って 木製で
大きなものが 一般的ですけども

これは プラスチックで
囲いがされておりますので

水洗いすることができるっていう
衛生面にも優れているんですね。

フタをして コンパクトに
収納できますので

収納スペースも取りませんし。
<いいかも!>

これ おろすやつですよね。
おろし器なんですけど。

穴が開いていない
おろし器ですので

食卓の上に持って来て

直接 削っていただけるように
デザインされています。

これ 何ですか?

アボカドカッターですね。

アボカドって
包丁に慣れていない方ですと

どうしても
危なく感じてしまったりとか

中の種を取る時に ケガをしたり。
そうなんですよ!

あれ いつも怖いんですよね
こわごわ やってて。

ちょっと
波打っているんですけども

それに合わせて 握っていただける
デザインになっています。

引っかきの 先端がありますので

そこで アボカドの皮を刺して
皮だけ切っていただくと

アボカドって 自然と
回すと半分になるんです。

その後に もう一度
引っ掛けの 先端の部分を

種に刺していただいて
あとは取るだけ。

これ 欲しい!

ケガしないですもんね。
そうですね。

<皮が むきづらく
大きな種があるアボカド>

<このアボカドカッターは
軽い力で キレイに皮がむけ

安全に 種の取り出しも
できるという 便利な ひと品>

<新潟県燕市の 高度な
金属加工技術で作られています>

<機能的で
デザインが優れた商品を扱う

セレクトショップ アシストオン>

<こちらは 玄関ドアなどに

マグネットで取り付けられる
マスクホルダー>

<これは便利!>

<さらに ひと粒で全身を洗える
携帯に便利な 旅する石鹸や

高級ソファ生地を使った
おしゃれなバランスボール>

<そして 金属を使わずに

プラスチック素材だけで作った
傘>

<軽いのに折れにくく
さびることもない新しい傘です>

<このプレートは

カーボンの塊から削り出して
作られています>

<そのため 炭火と同じような
遠赤外線効果で

外は サクっと 中は ふわっとした
トーストが焼けるんだそうです>

<おっ 何か買いましたか?>
ありがとうございます。

かわいい!

アボカドカッター!
<あっ やっぱり>

これで アボカドを切ります。
ぜひ チャレンジしてください。

どうも ありがとうございます。
失礼します。

<今日は アボカドに
縁がありますね>

<続いての途中下車は飯田橋>

さぁ 飯田橋に着きましたけども。

そんなに
イメージがないんですよね。

あんまり来たことがなくて。
<あっ そうですか>

「神楽坂下」って書いてありますね。

神楽坂 来たのは初めてですね。
<へぇ~>

ちょっと 行ってみましょう。

<ステキなお店
いっぱいありますよ>

神楽坂って イメージだと

政治家の方とか…。
<はぁ>

銀行の頭取とか…。
<ほぉ>

すっごい料亭で話してるみたいな。

密会してるみたいな。
<えっ 密会?>

そういうイメージが
あるんですけど。

ありません? そういうイメージ。
<そうかな>

ちょっと
曲がれそうな所がありますね。

ちょっと 行ってみましょうか。

<神楽坂は
路地がいいですからね>

お~!

一本 路地 入ると
静かな感じですね。

<本当ですね>

住宅街かな。

何か 路地が面白いなぁ。

うわ~ この辺 雰囲気が…。

古い建物が…。
<いい感じですね>

並んでる。

へぇ~。

うわ~! あっ!

「登録有形文化財」。

すごい! 文化財だったんだ。
<はぁ~>

歴史を感じますね。

<いいたたずまいですね>

行き止まっちゃった。

でも まだ 路地がある こっちに。

こっち 行ってみましょうか。
<はい>

あれ!? 何か看板がありますよ。

<何の看板?>

HASABONって読むのかな。

「フレンチとお抹茶のお店」。
<えっ?>

えっ? どういうこと?
フレンチと抹茶って。

フランスと日本の
融合ってことですか?

ちょっと気になるんで
入ってみたいと思います。

この雰囲気がステキですよね。
<ねぇ>

これ どうなってるの?
ここがお店?

あっ こんにちは。
(宮下さん) こんにちは。

お邪魔します。

今 歩いていて 看板を見つけて

入って来たんですけども。
(宮下さん) いらっしゃいませ。

フレンチとお抹茶のお店ですか?
はい そうなんです。

お茶を使いましたフレンチと
お抹茶 日本茶をお出ししてます。

お茶もしていただけるので
もし よろしければ。

ぜひ! いいですか。
では ご用意いたします。

少々お待ちください。

器も売ってらっしゃって。

へぇ~。

2階もあって。

何か すごい不思議な…。

おしゃれな雰囲気です!
<本当>

すごい静か!
どうぞ お待たせいたしました。

失礼します こちら いいですか。
お座りください。

ステキなカウンターですね。
ありがとうございます。

これ もしかして 古民家ですか?
はい。

1950年代にできた古民家を
お借りして

造らせていただきました。
ステキ!

びっくりしました
狭い路地に 突然 出て来るので。

皆さん よく そうおっしゃいます。

お散歩途中に 何だろう?って
入って来られて

ここは何屋さんですか?って
よく聞かれます。

よろしければ アルコールを。
ありがとうございます。

えっとですね…。

デザートのメニューが
こちらになりまして。

いっぱいある。

抹茶 抹茶ラテ ほうじ茶ラテ。

あと 日本茶を
いろいろと お出ししてます。

季節のデザート 選んでいただいて
セットにすることもできます。

あとは 赤モチボンという

こちらの HASABONのオリジナルの
洋大福がありまして。

洋大福。
ひと口サイズのものなんですが。

そちらとお茶のセットも
していただけます。

ほうじ茶ラテ 気になるなぁ。

抹茶も好きなんですけども。

ほうじ茶ラテ 飲みたいです。
承知しました。

そのモチボンっていうのは

洋の大福?
そうなんです。

ピスタチオとホワイトチョコレートを使った あん。
おいしそう!

求肥で巻くんですけども

フランボワーズを練り込んで
包んだものになります。

おしゃれ!

じゃあ モチボンのセットを
いただいてもいいですか?

承知いたしました
では ご用意いたします。

お店の名前と かかってますよね。

HASABON モチボン。
<ハハハハ! 確かに>

うわっ! 器が。

お好きな茶わんに
ラテをお入れいたします。

え~! ステキ!

決めました これにします。

緑で ご用意いたします。

ステキな器だ。

<神楽坂の古民家を利用した
隠れ家サロン HASABON>

<伝統的な日本文化のよさに
気軽に触れてほしいと

2階のギャラリーでは
茶道体験や

現代の作家が作る器の
展示・販売なども行っています>

<どれも 器好きのオーナー夫妻が
セレクトした 一品です>

<フレンチ出身で

和食も学んだシェフが
生み出した

洋風の大福 赤モチボン>

<あんを包む赤い皮は

求肥に フランボワーズの
ピューレを加えて作ります>

<中に入れるのは
ホワイトチョコなどを混ぜた生地に

砕いたピスタチオとペーストを
加えて作る 特製のあん>

<赤い皮と 緑のあんとの
コントラストが色鮮やかな

オリジナルの ひと品です>

うわ~! ありがとうございます。

かわいい!

ピスタチオ のってる!

うわ~ おしゃれ!

かわいい!

うわ~!

どうぞ。
ありがとうございます。

ほうじ茶ラテでございます。
なみなみと… すごい!

<おいしそう!>

ほうじ茶ラテを
まず いただきます。

<いや 見た目だけで
間違いないでしょ これ>

う~ん!

おいしいです。
ありがとうございます。

でも 甘過ぎず。
はい。

すっきりしてますね まろやかで。

じゃあ モチボンも いただきます。

こうしたらいいのかな。

すごい弾力が。

あ~!

よいしょ。

いただきま~す。

<どうです?>

う~ん!

ピスタチオ 感じますね。

あと 実が入ってますよね。

ピスタチオの果肉というか。

すごい 中にも…。

そっか 入ってるんだ。

シャンパンにも お抹茶にも
こういうお茶にも合うように。

両方のコンセプトで作ってまして。

今日は お茶ですけど

また
お酒が飲める時期になったら

今度 ぜひ シャンパーニュと
ご一緒に試されてみてください。

あ~。

落ち着いちゃったなぁ。
<ハハハハハ>

<お店のコンセプトは

「日常をリセットし
静かな ひと時を過ごす

大人の休憩所」>

<赤モチボンの他にも

オーガニックレモンと
クリームチーズを使った

白モチボンと

ドライフルーツと紅茶を使った
黒モチボンも選べます>

<旬の和の食材を取り入れた
フレンチ>

<そして 器にもこだわった
食事メニューも人気です>

(電子音)

ごちそうさまでした。
また お待ちしております。

失礼します。

満たされました 心が すごい。

あ~ ステキなお店でしたね。

<本当ですね>

神楽坂 すごい楽しいから
もうちょっと歩いてみようかな。

あ~! えっ?

あれ 何だ?
<えっ どれ?>

何か いますよ!
<何?>

何? この大っきいの。
<何だ?>

あっ! あ~!

アルパカだ。
<本当だ>

何だ? 「アルパカハウス」?
<えっ?>

ちょっと待って。

「もふもふしてみる?」って
書いてありますけど。

かわいい! これ。
<してみますか?>

うわ~!
<するのね>

こんにちは。
(伊藤さん) いらっしゃいませ。

こんにちは!

すご~い!

(伊藤さん) 触ってみてください。
ありがとうございます。

ちょっと 消毒をして。

ちょっと じゃあ…。

あ~!
<ハハハハハ>

え~!

想像と違いました!
すっごい ふわふわしてました。

こんなに ふわふわしてるの?

(伊藤さん) これが 赤ちゃんの
アルパカの毛でできてます。

本物ってことですか?
(伊藤さん) 本物です。

私 アルパカって
本物 見たことがないんですけど。

どうして アルパカのお店を?

(伊藤さん) 実は 八ヶ岳のほうで
アルパカ牧場をやってまして。

ペルーから いろんな アルパカの
毛でできたものを輸入したり

ニット製品とかも
全部 輸入してます。

全部 アルパカの毛で…。
<へぇ~>

この縫いぐるみちゃんたちも…
え~ すごい!

いつもでしたら
八ヶ岳のアルパカ牧場の様子を

モニターで映して
ライブ配信みたいにしてるんです。

今日 モニターの具合が悪くて。

もし あれでしたら 向こうと
つなげてみますか? ビデオ電話。

えっ! いいんですか?
もし よかったら どうぞ。

ぜひ ぜひ。

ちょっと お待ちくださいね。
はい。

こちらのお店は
アルパカの牧場…。

アルパカの牧場っていうんですか。
アルパカの牧場です。

…がされてるってことですか?
会社が 全部やってまして。

実際 こういう子たちと…。
ありがとうございます。

観光牧場なんですけど
触れて もふもふできるんです。

こういう所があるんだ。

つなげてみましょうか。
ありがとうございます。

<よかったですね>

(井手さん) もしもし。
もしもし 井手君 こんにちは。

今日 そっちの様子を
お客様に見せたいんで。

(伊藤さん) アルパカたち
見せてもらえますか。

はい 分かりました。
(伊藤さん) お願いします。

こっちでいいのかな。

うわ~!

すごい!

うわ~!

すごい!

え~! すごい!

待って! こんな近くで
見たことない アルパカ。

すごい!

えっ! こんな顔してんだ。

(井手さん)
普通に触れ合いができます。

おとなしいんですね。
(井手さん) おとなしい動物です。

<あ~ かわいい!>

初めて見て 興奮してます。

うわっ!

すごい! うお~!

すごい!

(井手さん) アルパカ
見た目以上に柔らかいです。

もふもふしてます。

今 お店にある縫いぐるみを
触らせていただいて

すごい ふわふわでした。

見て!
<あら~>

うわ~!

(井手さん) 今 生後8か月です。
赤ちゃんですか。

いや~ かわいい!
<アハハハ>

井手さん!
(井手さん) はい。

人気がある子っていますか?

(井手さん)
一番 人気がある子はですね…。

(鳴き声)
メェ~!って。

(井手さん)
ここに座ってるんですけれども。

チャッピー君といいます。
チャッピー君ですか。

近い!
<アハハハハ>

近いよ チャッピー君。

本物 触りたくなりますね。
(伊藤さん) 本当ですよね。

うわ~ 行きたい!

毛は生え替わりとか しますか?

(井手さん) アルパカは
毛は生え替わらないので

毎年 夏が本格的に来る前に
毛刈りしちゃいます。

そうなんだ!

その毛を使ってってことか。

(井手さん) 今 ここにいる子
昨日 毛刈りされたばかりです。

細っ!
<アハハハハハ>

え~! ちょっと待って。

顔から首にかけても細いね。

こんなにスリムなの?
ちょっと びっくり。

(井手さん) 衝撃的ですよね。
<アハハハハ>

私 絶対 会いに行きます。
(伊藤さん) ぜひ ぜひ。

八ヶ岳 行きます!

毎年 アルパカたち
毛刈りするんですけど

これが毛刈りした毛です
どうぞ 触ってみてください。

お~!

ふわふわですよね。
ふわふわですね!

ふわふわの毛を こういう毛糸に
紡績会社で作ってもらって

その後が こういう感じで
アームウオーマーとか レッグウオーマーとか。

初めて 純日本製ができました。

触ってみてもいいですか?
どうぞ どうぞ。

もし あれでしたら
腕を通してみてください。

ありがとうございます。

これが腕ですか?

腕と足首
どちらでもお使いいただけるので。

うわ~ 暖かい!
暖かいですよね。

すごく人気商品です。

すごい やっぱ 暖かいです。

<アルパカに特化した
専門店として

今年3月にオープンした
アルパカハウス神楽坂>

<牧場の
アルパカたちの毛で作った

オリジナルの
ニット製品をはじめ

さまざまなアルパカグッズを
扱っています>

<本物のアルパカの毛を使った
縫いぐるみは

原産地のペルーから直接輸入した
人気商品>

<他の動物の縫いぐるみも 全て
アルパカの毛で作られています>

<他にも
マフラーやセーター 帽子など

アルパカニットのさまざまな製品を
取りそろえています>

私 ライオンも好きなんですよね。
そうなんですか。

この子!

<あら! かわいい>
この子にします。

じゃあ この子を
よろしくお願いいたします。

(電子音)
ありがとうございます。

レシートのお返しです。
ありがとうございます。

袋は どうされます?
大丈夫です このまま。

ありがとうございます。
これを まず入れて。

この子も…。
入ります?

ちょうど入りました。
<アハハハハ>

ちょうど入りました。

気持ちいい!
<アハハハハ>

ありがとうございます。
ありがとうございました。

また お越しくださいませ。

<かわいいお供を仲間に加え

続いては 東中野で途中下車>

東中野に着きました。

駅 変わってない気がしますね。
<えっ?>

大学の頃 友人が住んでたりして。
<へぇ~>

遊びに来た思い出があります。
<そうなんですね>

ちょっと 商店街が見えるんで
あっち 行ってみたいと思います。

<はい>

<ライオンちゃん
ぬらさないようにね>

うわ~!
こういう八百屋さん ステキ。

タケノコが大っきい。
<夏が近いんですね>

へぇ~。

おっ! 「PIZZERIA」。

ちょっと 何だろう?

「ピッツァ」。

ピザ屋さんですね。

「PIZZAアメリカーナ」。

「ナポリっ子も大好き」。

あれ?

ピザはイタリアですよね。
<ええ>

でも アメリカーナって どういうこと?
<言われてみれば>

すごい! もっとスペシャルとか
ありますよ。

「PIZZAカンピオーネ」。

「優勝ピッツァ」。
<優勝?>

イタリア人も大絶賛の
優勝ピッツァって何だろう?

<何でしょう? 気になる!>

<東中野で出会った
スペシャルなピッツァって?>

よいしょ。

うわ~!

(高山さん) いらっしゃいませ。
こんにちは お邪魔します。

すごい かわいいお店。

ナポリっ子も大好きだけど

アメリカンなピザって
書いてあって。

あれ どういうことですか?

食べてみれば 一目瞭然です。
分かります?

ちょっと 食べたいんですけど。
<どうぞ>

食べましょうか。
<食べましょう!>

どうぞ。
じゃあ 失礼します。

うわ~ かわいいお店。

何がお薦めですか?

優勝ピッツァとかも
書いてあったんですけど。

こちらになりますね。

下のものが そうです。

カンピオーネ。
イタリア語で チャンピオンって意味ですね。

僕が ナポリで修業をして。

ナポリにもあるんですけども。

アメリカンな
ジャンクなことをイメージして

僕なりに作ったものが
こちらの1枚になります。

カンピオーネってことですか。
スタイルは ナポリピッツァです。

じゃあ これをお願いいたします。
かしこまりました。

「イタリア人審査員からも大絶賛」。

優勝ですからね。
<楽しみですね>

お待たせしました。
えっ!?

<え~!?>
何ですか!? これ。

お好みで ケチャップかけて
お召し上がりください。

お待たせしました。
<えっ!?>

お好みで ケチャップかけて
お召し上がりください。

ちょっと待ってください!

初めて見た…。

これ ピッツァの上に何ですか?

何が のってるんですか?

ロングパタティーネといいまして
長いフライドポテトですね。

フライドポテト。
<長~い>

初めて見た このビジュアル。

イタリアに
こういうのあるんですか?

ナポリでは

ベースは 下の ウインナーと
モッツァレラチーズで焼き上げ

上に フライドポテトをのせる
ピッツァはありまして。

そこを自分なりにアレンジして
作ったものになります。

はい どうぞ。
ありがとうございます。

ちょっと マスクを外しますね。

いただきます。

えっと…。

まず ポテトから行ってみます。

熱々! いただきま~す。

う~ん!

香ばしい。

うわ~! すごい おいしいです。

<普通のポテトとは違うの?>

普通のポテトよりも
深みがあるお味というか。

<へぇ~>

じゃあ ピザを。

これ すごいな。

うわ~ 難しい!

まず ピザ いただきます。

<いや
これだけで 十分おいしそう>

う~ん!

おいしい!
<やっぱりね>

モチモチ。

チーズも濃厚で。

おいしいです。

これ 一緒に食べるには
どうしたらいいですか?

ポテトを 割るなり 崩して
中に挟んで。

ちょっと こう割って行って

ここにってことですね マスター。

これで巻いて いただきます。

<どんな感じ?>

う~~ん!
<フフフフ>

おいしい! 優勝です。
<アハハハハ>

おいしい!

<小麦粉やチーズなど

全て ナポリと同じ材料に
こだわった

本場仕込みのお店
PIZZERIA CIRO>

<PIZZAカンピオーネは
日本のナポリピッツァ職人が

電気窯を使って 腕を競う大会で
優勝した オリジナルメニュー>

<上にのっているポテトは

店長の高山さんが考えた
ロングパタティーネ>

<粉チーズなどを加えた
マッシュポテトを型に入れ

搾り出して揚げた
軽い食感のフライドポテト>

<薫製のモッツァレラチーズや ウインナーの
シンプルなピッツァに

揚げたてのポテトを
山盛りにして完成です>

<アイデアのもとは

フライドポテト をのせた ナポリの定番
PIZZAアメリカーナ>

<他にも 生地だけを
先に素揚げしてから

具材をのせて焼く
モンタナーラなど

本場と変わらぬ さまざまな
ピッツァが楽しめます>

<心癒やされ おなかも満たされて
よかったですね 瀧本さん>

<初めて歩く街でも
思い出の街でも

ステキな出会いが盛りだくさん>

<いい一日でした>

葛飾北斎の
知られざる人生を描いた

映画『HOKUSAI』が公開中です。

新千円札のデザイン に選ばれた
波の絵を生んだ北斎は

果たして どんな人だったのか。

私は 北斎の妻 コトを
演じさせていただきました。

ぜひ ご覧ください。