あざとくて何が悪いの? 逆オファー!?V6三宅健登場/V6メンバーのあざと言動とは?[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

あざとくて何が悪いの? 逆オファー!?V6三宅健登場/V6メンバーのあざと言動とは?[字]

猛毒注意!!山里亮太×田中みな実×弘中綾香という危険すぎる3人が“あざとい男女”の言動について徹底トーク!!

◇番組内容
今夜の「あざとくて何が悪いの?」はゲストに特番時代から番組をチェックしているというV6三宅健が登場!オープニングから三宅ワールド全開でみな実弘中を翻弄し、ジャニーズアイドルとしては禁断の企画を持ち込む▼1時間の事前打合せをもとに三宅が見聞きしたあざとい女性を完全再現!トップアイドルが思わずあざとい!と思ってしまったテクニックとは一体!さらに○○するのが好きだという赤裸々な三宅に思わず照れる?!
◇番組内容2
▼三宅が目撃した普段見ることができないあざと言動をしていたというメンバーの岡田准一と坂本昌行のあざとエピソードを再現!岡田のあざと失敗エピソードやスタジオ衝撃の坂本のあざと言動に大興奮!さらに三宅自身が周囲にあざといと言われた行動が1番あざといと太鼓判が!▼みな実弘中がどんな香りがするか気になる三宅。後ろから香りをかぐ三宅に緊張する2人。ラストにはMCにウィンクを要求する三宅だが何か特別な意味が!?
◇出演者
山里亮太(南海キャンディーズ)
田中みな実
弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

ゲスト
三宅健(V6)

ナレーター
服部潤
◇出演者2
馬越零生
井上想良
綱啓永
樋口柚子
坂口風詩
高嶋菜七
◇おしらせ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/azatokute/
☆番組Twitter
 https://twitter.com/azatokute
☆番組Instagram
 https://www.instagram.com/azatoinsta/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 三宅
  2. ホント
  3. 三宅健
  4. 一同
  5. 今日
  6. メンバー
  7. 弘中
  8. 坂本
  9. BAD
  10. 三宅君
  11. 全然
  12. 男性
  13. 田中
  14. お願い
  15. スタッフ
  16. 岡田准一
  17. 女性
  18. 田中プロ
  19. CARPET
  20. MAGIC

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



ダメなんですか?
そういう事は。

〈その

えっ!?
えっ!?

〈さらに カメラが
回っていないところで

三宅が目撃!〉

〈V6メンバーの あざとさ
完全再現〉

えーっ!

そうだね!

〈今夜のゲスト 三宅健さんは

特番時代から番組をチェックし

今では 毎週
録画して頂いているそうで…〉

田中プロと弘中二段と
そして 山ちゃんの…。

(一同 笑い)
軽快トーク。

僕 あの…。

えっ!? えっ!?

えっ 怖い! 怖い…!

これが ほら

〈序盤から ツートップを翻弄する
三宅健が

ジャニーズアイドルとしては

禁断の企画を持ち込み〉

〈まずは…〉

えーっ!
アハハハハ…。

すごいのがよ? 「見聞き」なのよ。
そうですね。

あの だから…。

ダメなんですか?
そういう事は。

そんな もちろん 僕だって
守るとこは守ってますよ。

そこ 大丈夫ね?
うん。

(3人)あざとくて何が悪いの?

〈今回 1時間にも及ぶ
事前打ち合わせを元に…〉

〈トップアイドルが 思わず
あざといと思ってしまった

あざとテクとは?〉

〈まずは
目線で訴える あざと女子〉

〈自販機で飲みものを買う
三宅健〉

あっ アサミちゃんも飲む?

えっ いいんですか?

これくらい おごるよ。

「なるほどね」
(三宅)「共演者の方でもあります」

「なるほど」

(三宅)「ねっ こういうやつよ」

(三宅)はい。
ありがとうございます。

言わないの。 じゃあ 例えば
誰かの家で みんなで

ホームパーティーみたいなのが
あったとして

料理を 例えば してたとして
瓶のフタが開かないとかでも

こうやって
「ん~ ん~… あっ…」みたいな。

ちょっと それ カメラに
頂けます? 一回 ちょっと。

なんでですか?
欲しい 欲しい。

こうやって まあ 開けてます。

(一同 笑い)

(アサミ)ああ 寒い…。

(三宅)「そう。
大体 そういう人いない?」

(田中・弘中)「アハハハ…」

寒いって言うんだったら
ちゃんと…。

〈さらに…〉

はい。

なんか ほら 多分
本人も興味ないんだけど…。

なんか…。
でも 言ってくるって事?

なんか 不思議な…。
うんうん うんうん。

〈続いては

〈これは コロナ禍以前

とある女性と
タクシーに乗っていた帰り道〉

いいの? こういうの…。
これは もう 別に ただの…。

ホントに?
はい。

すみません。 すっかり
ごちそうになっちゃって…。

いや 全然
気にしないで。

「女の子はさ やっぱり
でも 意識しちゃうよ

三宅君と2人で」
(三宅)「これ もう

あざといを超えてるからな」

「えっ?」
「えっ 何を?」

「えっ 日本人にですか?」
(三宅)「そうだよ」

「あっ 日本人じゃないね。
その人は…」

「いやいや いやいや…
いやいや いやいや…」

上級者…
もう あざといどころか…。

「何事か!」って思いません?
「何事か!」って…。

だから 余韻っていうのは

「え!?」って
こっちは思ってるけど…。

「じゃあね」って言ってるから。
その「じゃあね」って言って…。

加トちゃんペ…。
加トちゃんペ…。

〈続いては
三宅さんが見たり聞いたり

こういうあざとい人いません?
と思った要素を詰め込みました〉

「動揺が…」

〈これは コロナ禍前
とある食事会で…〉

うん 全然。 こう見えて 私

甘いお酒とか全然ダメで
ビール大好き。

(三宅)「そうそう。
これ 言ってくる人」

「…って言うんだけどね」

(三宅)「俺もBADですよ」
「BADなんかい!」

でも 1杯目はビールでしょ。
ああ~ いいね。

そういう事…。
そうそうそう。

(ユミ)お疲れ~。
(男性)お疲れさまです!

(男性)そんな事ないでしょ。

「それで失敗しちゃったって
悲しい話でしょ?」

(女性)ただ その人と
合わなかっただけじゃない?

ありがとう。
そんな事 言ってくれて嬉しい。

あれ ハードル低いアピールなの?
あれ。

まあ 確かにそうですね。
いいじゃん そういう人…。

(携帯電話の着信音)

「なんか 開いたよ」
「あっ なんだろう?」

「えっ?」
「えっ?」

(男性)さすが ユミ。 モテるなあ。

しかも タレントさんとかね。

有名人が…。
これは やだよ。

あ~ それ嫌ですね。
やだ やだ!

いや 全然だよ。

なんか よくわかんないし。
興味ないしさ。

こういう所で みんなと気兼ねなく
ビール飲むのが最高でしょ!

(男性)まあ そうだよな。

気 使う所 行ってもな…。
そうなんだよね。

今日 すごい楽しみにしてたし。
いや いいね。

そうだよ。
これBAD。 これBAD。

なるほど。 ごめんごめん。

〈そして 時間は過ぎ
飲み会も終了〉

「井上さんとは限らない」

(女性)うん よかった。

いいね! 私 ラーメン大好き!
豚骨でしめよう!

(田中・弘中)「うわー…」

〈最後は
三宅健が個人的にグッとくる

あざと女子〉

「さて…」

「これは三宅君っていう事ね?」

「…なんですね」
「三宅さん ナチュラルに生きてるから

こんな週刊誌
撮られてるんじゃない?」

「ハハハ…」
「あっ」

「あ~ そうなんだ」

「好きなの。
20デニールくらいの…」

「そう 膝小僧…」

「え~ そうなんだ」

結構…。

そうです。

ちなみに 普通の…。

肌色をするぐらいだったら。
やっぱり その…。

確かに わかるよ それは。
で また…。

そういうのが だから…。

いや 例えば だから…。

だから…。

紗幕っていって…。

だから…。

キャー! 見たい!
…って よくないですか?

もう 「キャー!」って言ったじゃん。
もう 言っちゃいました。

そうなってて
1~2曲 そこで歌うの。

え~!
歌って…。

そう。
そういうの すごい好きなの。

うわっ… プスゥ。
どうした?

「じらすの好き」って こんなさあ…
真っすぐに言います?

今 テンションが高ぶりすぎて…。

「プスゥ」って何?

(一同 笑い)

じらすの好き。
うわっ…。

どういったところが?

敬語と タメ口を

うまく織り交ぜながら
使い分けるんですよ。

これはね 「半タメ口」っていう
手法なんですけど。

これ 知らず知らずのうちに…。

ああ そうなんですか?
これが…。

三宅さんも 「なんで?」とか

ちょいちょい
タメ口じゃないですか。

そう。 でも 全然 不快じゃない。
不快じゃない。

弘中ちゃんも
局アナでありながら

「なんで?」とか「やだ!」とか
言うじゃないですか。

言ってますね。

半タメ口ね。
はい。

〈続いての

三宅健 持ち込み企画は…〉

えっ!? だって…。

思い浮かばないです。
いやいや そんな事ないです!

〈今回 三宅さんの
事前アンケートには

V6メンバーの中で 自分以外にも
2人のあざといメンバーがいる

という記述が〉

〈それが
岡田准一さんと坂本昌行さん〉

〈それは 私たちが

〈まずは 俳優としても
多くの実績を残し

クールなイメージが色濃い

岡田准一のあざとい言動〉

岡田准一さん 入られます。
おはようございます。

おはようございます。
お久しぶりです。

ありがとうございます。
今日も よろしくお願いします。

マイクつけさせて頂きます。
失礼します。

「えっ?」

えっ スタッフさんに言うの?
しかも。

そうだね。 めちゃくちゃわかる。
確かにね。

今日も よろしくね。

〈岡田は
音声さんなどのスタッフに

「会った事あるよね?」と
声をかけている場面をよく見るが

あざといなと思う〉

あれっ…。

いや ないと思います。

(一同 笑い)
照明さん 空気読んでよ そこは!

〈恐らく 彼は

本当に会った事があると
思っているのだろう〉

うん。
嬉しいですよ~。

〈続いて 同じく
あざといイメージがない

V6のリーダー 坂本昌行の
あざとい行動〉

♬~「溜まった仕事は
一先ず置いて」

〈そこで
三宅健が目撃したのが…〉

よし あと3曲…。
ああ そうだな。

〈次の出番は もうすぐ〉

〈素早く着替えるメンバーたち〉

(三宅)「こういう状況じゃ
ないんですけどね」

「もう ホントに すぐはけて…」

「わかりやすくするために
ちょっと 演出しております」

あっ オッケー。

〈なんと

(スタッフ)失礼します。

スタンバイまで あと1分です。
お願いします。

(坂本)ああ すぐ行く。

うん。 先 行ってて。

(坂本)すぐ行く。

(三宅)「そんな…」

(三宅)「間に合わずに
だから 出番が遅れちゃったと」

「これは もう…」

(トモコ)坂本さん!

〈このあと

えーっ!
あ~!

〈すると ここで
坂本のあざとい行動が…〉

(三宅)「俺 できない」

「えーっ!」
「あ~!」

えーっ!
あ~!

(坂本)大丈夫だよ。

よろしく。

〈衣装さんの頭をポンポンして
慰めていたのが

優しいあざとさだと思った〉

〈僕は 怒らず
失敗を慰める事はできても

頭ポンポンはできない〉

〈最後は 大本命!
三宅健が無意識ながら

周囲に あざといと言われた
ケース〉

(アヤ)なんか 今日
ちょっと毛量多い…。

毛量って なんすか?
毛量… まあ でも 多いですね。

「まあ 日常会話ですよ
こういうの この世界じゃ」

「えっ!?」

「やりそうだよ もう」
「距離感 近そう」

冷え性には レッグウォーマーが
いいらしいんですよ。

知ってました?
そうなんだ 知らなかった。

何? 何?
何色にしようとしてるの?

「見して 見して 見して!
誰? 誰? 誰? みたいな」

〈何かを思いつき…〉

「えっ ウソでしょ?」

「えっ…」

〈誕生日だった事を思い出して

サプライズで プレゼントを
家のドアノブに掛けたら

好意を持っていると
勘違いされた〉

〈以上が V6メンバー3人の
あざとい言動〉

〈スタジオの皆さん 誰が
一番あざといと思いますか?〉

何? 今の。

吸い寄せられていくんだ。
そう。 人が好きみたいで。

そっか。 だから その
人間が好きっていうのが

なんか ホント
ウソがない感じだからな。

なんか うちは
母親が出かける前に

必ずハグをしなきゃいけない
母親だったので

そういうのも
あるかもしれないですね。

へえ~。

ホントは 今日も 別に こういう
隔てるものがなければ…。

えっ 隔てるものがなく
コロナが収束してたら…。

この あざとい 見てて…。

田中プロと弘中二段が 一体

香り?
はい。 思ったんですよ。

うちの森田君なんかは

舞台やったり
俳優業 いっぱいやってるので

田中プロなんて やっぱり
その時々のシチュエーションで

香りも変えてるんじゃないかと
思ったんですよ。

はあ~!
だから 今日

視聴者の皆さんに
香りを 僕が届けたいなと思って。

なるほど!
えっ!

一応 コロナの事もあるので

感染対策に
ちゃんと気をつけながら…。

借りました。

でも ホントに 多分

ああ なるほどね。

ホント?
ホントですか?

うん!
えっ 私 感じた事ない。

フローラルですって!
フローラル…?

えっ? やった! よっしゃ!

…っていうような。
えーっ!

さあ 緊張して…。
いきましょう。 じゃあ…。

ほら もう 後ろから
こうやってやってたもん もう。

待って 待って。
私 どうしよう ホントに。

何してるの?

こうしたらいいんじゃない?

うん!

甘いんだ やっぱり。

(一同 笑い)

うん。 汗かきました。

(田中・弘中)えっ?

すっごい汗かいてるんだから 今。

〈しかし この男は
まだまだ止まらない!〉

(三宅)「V6の53枚目のシングル

『僕らは まだ/MAGIC CARPET RIDE』
ダブルAサイドシングルを

6月2日にリリース致します」

「『僕らは まだ』は
とにかく 6人のボーカルを

楽しんでもらえる楽曲に
なっております」

「そして
『MAGIC CARPET RIDE』はですね

ベースラインがかっこいい

アップテンポなダンス曲に
なっておりますので

ぜひ どちらも
聴いてみてください」

「よろしくお願いします」
「うん!」

お時間ですって。
(田中・弘中)えっ!

それぞれ…。
うん。

せっかくなら…
どっちがいい? 三宅君に…。

なんか あるんじゃない?
三宅君の中で。 ちょっと…。

え~?

(一同 笑い)

ただのまばたきだから それ。
ただのまばたき…。

えーっ!
えーっ!