お笑い実力刃[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

お笑い実力刃[字]

MCアンタッチャブルとサンドウィッチマンのもとに、実力派芸人たちが集結!珠玉のネタを披露し、MCたちとネタや笑いについて熱くトークする硬派ネタバラエティ!

◇番組内容
今回は、“しゃべり”の面白さのみで勝負している達人にスポットを当てる『~プロたちが絶賛!話芸の実力刃SP~』!
今最もチケットが取れない講談師・神田伯山が圧巻のネタを披露!
『かたり』という独自の芸風をライフワークにしている山田雅人も登場!
さらに、“芸”へのこだわりなど、知られざるエピソードも!
◇出演者
【MC】アンタッチャブル、サンドウィッチマン
◇出演者2
神田伯山、山田雅人
原田葵(櫻坂46)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/owaraijitsuryokuha/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 柴田
  2. 山崎
  3. 伯山
  4. 豆腐屋
  5. 豆腐
  6. アンタッチャブル
  7. 漫才
  8. 山田
  9. 講談
  10. 復活
  11. 先生
  12. 本当
  13. テレビ
  14. ハハハハ
  15. 落語
  16. 吉兵衛
  17. 今日
  18. テンション
  19. 一度
  20. 失礼

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



〈今夜の『お笑い実力刃』は
特別企画!〉

〈話芸の達人 講談 神田伯山
語り 山田雅人が

やって来たぞスペシャル!〉

〈不安の多い 今の時代だからこそ
見てほしいという

義理と人情の講談を熱演!〉

いや うかつにも 私 ちょっと
涙 出ました 途中。

すごく光栄でした。 こうやって
間近で見せていただいて。

〈更に
あのベテランの匠の話芸に

富澤が泣いた!〉

〈これまで 美空ひばりや
長嶋茂雄の人生を語ってきた

山田雅人が

アンタッチャブルを徹底取材〉

〈今まで明かされなかった
あの復活の夜の舞台裏を

語り尽くす!〉

ここで漫才をして

アンタッチャブルの
復活を見せてこそ

有田さんに
そして 山崎の思いに返せるんだ!

そう思った柴田は
漫才に立ちます。

アンタッチャブルの復活です!

感動だね これは。

あの時の日の事が
なんか 鮮明に

思い出すっていうか。
思い出しますよね。

実際… もう その 本番終わって
漫才終わったあとぐらいは…。

富澤 号泣してましたからね。
号泣までいかないよ…。

〈今夜は特別編〉

〈プロも絶賛する
話芸の実力刃スペシャル〉

〈まずは…〉

(柴田)本日の実力刃芸人は
神田伯山さんです!

よろしくお願いします。
お世話になります。

お願いします。
お世話になります。

ちなみに 原田さんは どう?
伯山さんっていうのは

ご存じでした?
(原田)あっ 知ってました。

えっ!

(原田)…って
こう 教えてもらって。

〈最もチケットが取れない
講談師

神田伯山〉

〈昨年 異例の早さで
真打ちに昇進〉

〈同時に
六代目 神田伯山を襲名〉

〈彼の人気によって
100年ぶりともいわれている

講談ブームが到来〉

〈コロナ禍以前ではあるが
寄席は 連日満席〉

〈講談師を志す青年の漫画も

誕生したほど〉

〈講談界の歴史を変えた
神田伯山〉

〈まずは 初心者でもわかる
講談の楽しみ方を

教えてくれた〉

その 講談と落語の違い
みたいなのって…。

まあ 僕らも あれなんですけど。

結構 真面目に言うと

講談が ナレーションで
落語が 会話みたいな。

へえー!
講談は ナレーション?

同じ描写をするのに…
ちょっとだけやってみますけど

落語だと しゃべりながら
状況を伝えていくんですよ。

あっちいな これ。
どうなってんだい ちくしょう。

隠居 いるのかな? おい。
隠居! いるか? おい!

…って これが落語ですよね。

ところが
講談はナレーションなんで…。

時は8月の暑い盛り。

一人の男が
隠居を訪ねるところから

物語が始まる。

隠居。 隠居はいるか?

こんな感じで ちょっと違う。
(柴田)はあー!

っていうか
落語もできるんですよね じゃあ。

実は…。

ええー!
(伯山)だから…

例外も いっぱいあるんですけど
基本は こんな感じっていう。

それ 皆さん 落語ができれば
講談ができるとか

そういうのはあるんですか?
でも ネタがね 結構…。

えっ! 4500!

結構 講談のネタを
とってるんですよ 落語家さん。

移植してるんです。
ええー!

(伯山)よく言えば
「移植」なんですけど…。

でもね もう 全然
数が違うんですよ 落語家さんと。

もう その
亭号 いっぱい集めても

東京 大阪合わせて 講談師って
80人とか90人…。

ええー!
そうなんですか。

それで
4500 ネタがあるんですか?

(伯山)いや
もう 人間の記憶力ってね

500ぐらいが限界らしいんですよ。
いや でも 500いけるんですか?

うちの師匠 500ですね。
ええー!

で 僕が150ぐらいなんで。
うわっ! それでも…。

でも 全然 だから もう…。
(柴田)できない。 だって

サンド 今 「やれ」って言われて…。
漫才… 急にですか?

急に…。

ああー! いやいや。
(柴田)そんなもんだよね。

そんなもんだと思います。
(伯山)僕も…。

でも みんな どの落語家さんも
そうらしいです。

1日 稽古すれば 一気に
20から100まで増えるんです。

ええー!
(伯山)あとの100… あとの50は…

150のうちの…。

もう 講談というのは
その存在っていうのが

なかなかね わからなかったから。

いや そうですね。
もう ヒール講談とかの方が

むしろメジャーに 本当に…。

友近さんね。
今 もう だから 敵ですよね。

どちらかといえばね。
(伯山)でも 本当はうれしくて。

ヒール講談って
言ってくれる事によって

ちょっと…。

〈およそ4500の演目がある講談〉

〈その楽しみ方は『ドラゴンボール』にも

通じるところが
あるんだそうです〉

楽しみ方って
どうしたらいいですか?

(伯山)そうなんです
あのね ちょっと上級者…。

普通に椅子に座って
聴いていただくだけで

僕は 講談って
楽しめるとは思うんですけど

特に 僕のは かみ砕いてるんで。

だんだんと楽しくなってくると
朝ドラとか 大河ドラマみたいに

長い連続ものが多いんですよ。
1話完結じゃなくて。

へえー!
(伯山)こう なんか

ずっと続いていくみたいな。
例えば 『ドラゴンボール』の話

ガーッてあるとするじゃないですか
漫画の。

アラレちゃん出てきた時
ビックリしなかったですか?

ビックリした!
(伯山)要するに

自分の知識が たまっていけば
たまっていくほど

面白くなるんですよ。

ああー!
(伯山)「ああ なんだ!」。

「これ なんか… 前の この脇役が
主役になってるぜ」みたいな。

知れば知るほど どんどん
その理解が増えてくるんですね。

ああー! でも わかるな それ。
(伯山)そういう楽しさがあります。

でも 初心者でも置いていかない。

楽しめるっていう風に
できればしたい。

そういう感じですかね。

〈講釈台という台を前に

張り扇と呼ばれる扇を打ちながら
話すのが 講談の基本ですが…〉

〈ここで質問〉

ここで叩く みたいな
ルールがある?

(伯山)これ 山崎さん 面白くて…。

あっ いい…
関係ないんですか? もう。

関係ないです。
だから もう 本当…。

ええー!
(伯山)3回 叩いて…。

(張り扇の音)

間をつないでるって事?

(伯山)間をつないでますね。
へえー!

(伯山)もう そうなんですよ。
格好付ける時は

なんか そういう風に
いろいろ工夫をして。

(富澤)何回も… ルールはない?
(伯山)もう 全部 ないですね。

自由です。
トミーいこうよ トミー。

やあやあ 我こそは
2007年 M-1チャンピオン!

サンドウィッチマン
富澤たけしでございます。

(張り扇の音)

叩きたかった…。
叩きすぎ。

なんか ちょっと
テンション上がりますよね。

(富澤)テンション上がる。
いや 確かに。

〈では 講談を披露〉

〈今回は コロナ禍で不安の多い

この時代だからこそ
見てほしい

初心者でも楽しめる
義理人情話〉

今日は 『徂徠豆腐』というね。

まさに さっき言ったように
よく…。

(伯山)だから それだけ なんか…
いい話です。

へえー!
(伯山)あの やっぱ この時世

今 いろんな地方とかも
行ってるんですけど…。

ああ!
こういう時だからなんですかね。

やっぱ こう ギスギスしてるね
世の中だから。

だから なんか この話が
いろいろやった中で 今 一番

みんなが喜んでいただける話かな
っていうのを持ってきました。

いやあ…。
ああ 楽しみ。

〈『徂徠豆腐』〉

〈江戸時代
貧乏な生活を送っていた学者

荻生徂徠のもとに
それを見かねた豆腐屋が

徂徠に差し入れをするところから
始まる〉

〈笑いと涙の詰まった
圧巻の講談〉

♬~

(張り扇の音)

ええー それでは 一席
ヒール講談に負けないように

頑張っていこうかなと
思っておりますけどもね。

元禄時代といいますから

江戸時代の前期の
物語でございましょうか。

まあ この時代に 大変に有名な
学者の先生がおりました。

もっとも のちに立派になる人で
荻生惣右衛門という

芝 三縁山増上寺に
住まっていましたが

若い頃は もう貧乏で

どうしようも
なかったらしいですね。

とにかく食べるものがない。

大みそか 借金取りが やって来て
全部 これ お金を渡してしまう。

正月の三が日 この3日間

なんにも
食べるものがありませんから

もう どうにも仕方がない。

はあ… 食べるものが
何かあればいいが…。

水ばかり飲んでる。
ところが 講談ってえのは

こういう時
よくできてるんですね。

(張り扇の音)
豆腐ー!

豆腐屋が通る。

豆腐屋… 豆腐屋…!

豆腐ー!

豆腐屋…!

もう 口パクのようになっとる。

ああ ところが この豆腐屋
耳が良かった。

(張り扇の音)
聞こえる。 聞こえるよ おい。

ええっ? ここじゃねえか?
おい。

(戸を叩く音)
失礼しますよ!

(戸を叩く音)
ここでございますか?

豆腐屋さん…。

ここでございますね。
開けますよ。 えいっ!

ああー!
本が積まれてるところを見ると

学者の先生でございますか?
お呼びいたしましたか?

悪いなあ 豆腐屋。
腹が減って 声も出ん…。

ええ 何がよろしゅうございます?
さつま揚げとか がんもどきとか

いろいろありますけど。
えっ? あっ 豆腐。

あっ 2丁で。
ええ 承知をいたしました。

寒い時節でございますからね

こちらで切らしていただいて
やっこで ええ。

どうぞ召し上がってくださいませ。
ああ でも やはり 湯豆腐の方が

よろしゅうございますね。
寒い時節ですから湯豆腐で。

ああ ありがたい…。

猫ですね…。
いやあ 驚いちゃった! ええ?

どうです? 召し上がって。
おいしゅうございますか?

ああ… うまい。 ハハハハ…!

今まで食べた豆腐の中で
一番うまい。

かあー…!
そう言っていただけますと

何よりでございますよ。

ええ やっぱり
豆腐屋ってえのはね

豆腐を褒められるのは
うれしいですな。

この にがりを少し入れたりとか
どう入れたりとかね。

あんまり硬すぎてもダメ
やわらかすぎてもダメ。

程いいところが
大事なんでございますよ。

毎日ね
いろいろ工夫をしてましてね。

女房と一緒にね
誰よりも 早く起きて

一生懸命
豆腐をやっとるんですよ。

だから 褒められるとね
うれしくって…!

よく… しゃべるね。

ヘヘ…! すみません。

豆腐の事になっちゃうと
夢中になっちゃって。

これ 1丁でですね
8文でございまして

2丁で 16文
ちょうだいいたします。

あっ… 悪いねえ 豆腐屋さん。
細かいのがなくて。

ああ! さようでございますか。
だったらね

また 明日 まいりますんで。
それじゃあ 失礼を!

豆腐ー!

翌日になっても
同じやり取りだ。

今日も2丁でございますか?
ええ 承知をいたしました。

今度こそね 湯豆腐の方が
よろしゅうございますよ。

やっこじゃあ
これは寒うございますからね。

湯豆腐で召し上がってください。

ありがたい。
それじゃあ ゆど…。

「ゆど」まで言いましたよね?
「ゆど」まで我慢できたのに…。

おいしいですか?
ありがとうございます。

豆腐屋冥利に尽きる
ってやつでございますな。

昨日の分と合わせましてね
1丁8文ですから

四八の32文
ちょうだいいたします。

悪いなあ 豆腐屋さん。
細かいのがなくて。

ああ! そうですか。 ええ
わかりました わかりました。

だったらね
また明日 来ますんで。

豆腐ー!

さあ その翌日だ。
また 同じやり取りで。

今日も2丁でございますか?
ええ よろしゅうございますよ。

昨日と 一昨日の分も
合わせましてね

いかがしましょう? 六八の48文。
ちょうだいをいたします。

豆腐屋さん…
細かいのがなくて。

ええ わかりました わかりました。
ですから 今日はね

大きいので構いませんよ。
釣り 持ってきましたんで。

今日は お釣り 持ってますから
大きいので大丈夫ですよ。

終わった…。

「終わった」? なんですか?
「終わった」ってのは。

冷静に考えてもらいたい。

細かいのがない男が

大きいのがあると思うなよ!

何を威張ってるんですか?
何をあなた威張って… えっ?

だったら 誰かに借りるって…。
友達は…? いない?

女房は…? いない?

ちょっと待ってください。
あなたね だったら そこに

本が やたら積んでますよね。
だったら その… 豆腐なんてね

安うございますから
本をパーンと売りゃあ

なんとかなるんじゃないですか?
その本を売って…。

バカもん!
本は 学者にとって魂だ。

豆腐ごときに魂を売れるか!

ちょっと待ってくださいよ。

なんで
あなた威張ってるんですか。

だけどね おかしいですよ。
普通ね 踏み倒すんだったらね

さつま揚げとか がんもどきとかね
うまいの食べますよ。

それを 豆腐2丁ばっかりでね
毎日毎日。

他に なんか
召し上がってるんですか?

ない。

他には何も食べてない?
だったら なんで

他の さつま揚げとか
がんもどき 頼まないんですか?

何しろ返す当てがない。

豆腐2丁は
生き永らえるために必要だが

それ以上食べたら 豆腐屋さんに
申し訳ないと思ってなあ…。

気に入った。 気に入ったよ!

いやいや いやいや…
あのね あなたね

嘘つきじゃねえっていうのは
わかる。

俺 初日にね 「豆腐 どうですか?」
って言ったら

「うまい」って言った。

「今まで食べた豆腐の中で
一番うまい」って言った。

それがね 豆腐屋
うれしくってしゃあねえんだよ。

だから あなたね
悪い人じゃないんだよ。

ただ貧乏なんだよ。
ただ貧しいだけなんだよ。

だけれども 俺 ただ貧乏な人と
会ったっていうのは

あんまないんだよ。
あんたは ただ貧乏で…。

よく「貧乏」「貧乏」と…。

いや… 悪気はねえんだよ
悪気はねえんだよ。

あっしもね 江戸っ子ですよ!
明日からね 先生にね

タダで結構です!
豆腐 持ってきますよ。

ありがたい。

それからね
おから持ってきます おから。

あれの方がね
栄養がありますから。

おから。 うさぎが食べる…。

なんでもいいでしょ それは別に。
うさぎが食べようが何しようが。

だったらね 持ってきますからね。
あなたに 餌 持ってきますよ。

大変なもんで 翌日になると
おからを持ってくる。

むしゃむしゃ むしゃむしゃ
食べる。

そのうちに この豆腐屋
上総屋吉兵衛といいますが…。

(張り扇の音)
女房が気付いて…。

なんで お前
おから持っていくんだい?

実は かくかくしかじかでと
話したら…。

いい女房でございます。

それじゃあ おなか減っちまうよ。

おからと豆腐じゃなくて
おまんま 持ってっておやり。

さあ 優しい女房に言われて
おまんま…。

もちろん これは
タダでございますけれども。

先生! 今日はね
すごいの持ってきました!

先生! おからじゃねえですよ!
先生!

おから…!

おからじゃねえっつってんでしょ。
ええ 開けますよ!

先生! 今日は おまんま
持ってきました。 おまんま!

米! おまんま…!
絶えて久しき対面。

かーっ! そうですか。
召し上がってください ええ。

あなたが食べるのが もう
うれしくってしゃあねえがな。

ああ… 豆腐屋さん。

気持ちはありがたいが

このおまんまは
食べる事ができん。

えっ? どういう訳で?

豆腐屋さんにとって
豆腐や おからは 売り物だ。

しかし このおまんまは
売り物ではない。

売り物であるならば
必ず出世をした時に

いつか返す事もできる。

しかし 売り物でないものを
食べたとあらば

物もらいとなる。
つまらぬ侍の意地だ。

ただ生きるのではなく
侍として生きたい。

金もないのに偉そうな武士だ。

気持ちはありがたいが
これは 食べるわけにはいかん。

ハッ…! ハハハハ…!

これだよ! これだ! ねえ。

あんたが
他の侍と違うのは そこですよ。

人間 腹減ってたらね
理屈なんて 先にいきますよ。

いいんだよ いいんだよ
食っちゃえばって

あとで侍の理屈はつける。
ところが あんたは違うんだよ。

ちゃんとした いい理屈をつける。

見事な理屈をつけて… それじゃあ
俺は生きられねえって。

ヘヘッ…! できねえや。
あなた 立派だい。

じゃあ 私がいただきますよ
このおまんま。

うまそうだ これ 光ってるよ。
すごいよ これ!

じゃあ 先生 あっしが
いただきますよ! ガブッ…!

豆腐屋さん
目の前で食べる事はない。

そりゃあ そうでしょう。

そういたしますと
豆腐屋 どういうわけか

寝込んでしまいまして
5日も寝込む。

6日目に
パッと起きた時に気付いた。

しまった!
先生に 餌 運んでねえ。

そりゃそうだ。 干からびてしまう
かもしれませんから。

すぐさま タッタッタッタッ…!
先生の所へ走っていく。

ところが 何やら 家に
貸家札が貼ってありまして

どこかに
先生は行ってしまったようだ。

辺りの人に聞いても 「先生は
どこかへ消えてしまったよ」と。

(張り扇の音)

間違いを起こさなきゃいいが…。

これから 春になって
夏になって

秋になって
冬になってまいります。

豆腐屋の朝というのは早いもんで
八時分っていいますから

ただ今の午前2時頃には
当時 起きてたんだそうです。

ところが この吉兵衛の夫婦は

それよりも もっと熱心に
働きますから 九時分

深夜の12時には2人で起きてた。
(張り扇の音)

ところがだ
良くない事というのは

不意に起こるもんで…。
(張り扇の音)

大変だ おい! 火事だ!
火事だ 火事だ 火事だ 火事だ!

おい 大変だよ。 みい坊が…
みい坊がいねえんだよ。

ばあさんがいねえんだ!
ばあさんが…!

じいさんがいねえんだよ!
おい 大変だよ!

誰か助けてくれ!
みんな 外へ出ろ!

命あっての物種だ!
吉兵衛夫婦も…。

おっかあ すぐに逃げねえと!

これから
着物を一枚 着たきり雀

箸一本 持たずに
ワーッと外へ出る。

しばらくして うちへ戻ってくると
柱一本ございません。

白い煙が スーッ…
上に上がるばかり。

さすがに 気丈な吉兵衛夫婦も
これには まいりました。

お前さん…
なんにもなくなっちゃった…。

何も 悪い事してねえのにな…。

どうしよう? なんにもないよ。

私たちはさ 夫婦二人で
子どももいない夫婦だろ。

だからさ 頭に
白いのが交じるようになったら

奉公人の1人か2人 養ってさ
そろそろ楽しようって…。

少しずつ お金ためてた…。

全部 なくなっちゃった。
全部 消えちまったよ…。

かかあよ こういう時なんだよ。

こういう時に踏ん張らねえと
ダメなんだよ。

先の旦那にも言われたろ。

まだ 俺がさ 見習いの豆腐屋で
おめえが女中でよ。

「おめえたちは働きもんだな
くっついちまえ」って。

俺たちも その気があったから
一生懸命

誰よりも 豆腐を
一生懸命 頑張った。

それでよ なんとか
ここまできたんじゃねえか。

誰よりも頑張ったから
ここまできたんだけどさ…。

あん時とは違うよ。
お互い 年取っちゃった。

もう若かないよ。

いいんだよ。 ヘヘッ!

下 向いてんじゃなくて
上 向いてたら

お天道様も見ててくれるんだ。
(張り扇の音)

そうは言ったが無一文だ。

友達のトクゾウのうちに
厄介になる。

すると ある一日。

(戸を叩く音)
失礼します。

大工でございますけどもね。
失礼します。

吉兵衛さんって方は
ここにいらっしゃいますかね?

あの… 豆腐屋の吉兵衛さん!

はいはい 豆腐屋は私ですが…。

開けますよ。 ヘヘッ あっしは
大工なんでございますけどもね

さる方に頼まれましてね

あなた様に 10両の銀子
これ渡すように

そのように言われましてね
お渡しします。

それからね 家を一軒
普請いたしますんでね。

いつ頃になるかな? 2月の頭
ぐれえだとは思うんですけどもね。

そういうわけでございます。
失礼を!

おい ちょっと…!

誰だ? あれ。
10両 ポンッて投げてった。

バカだねえ お前。
あれ 泥棒だよ。

泥棒? なんで 泥棒なんだ?

だって 目付きがおかしい。

何が 目付きがおかしい…。
だって お前 泥棒っていうのは

普通 盗むんだよ。
あいつ 置いてったよ。

バカだよ…。 置泥だよ。

置泥? なんだ?
置泥ってのは。 新しいやつは。

新しいんだよ。
お前 わかんないんだね

ボーッとしてるからさ。
私たち お金ないだろ。

だったら その10両のお金さ
これ 使っちゃおうって思うよ。

そしたら
あとから あいつがやって来て

「あれ お前たちに渡す
金じゃなかった。 お金 返せ」って

言うんだよ。 そしたらさ
私たち 返しようがないだろう?

金目のものなんか この
トクゾウんちに何もないんだよ。

辺り探したって
金目のものなんか ないんだよ。

金目のもん…?

私だよ。 私だよ…。

私 イヤだ。 知らない男の所に…。

何 言ってんの? お前。
カワウソみてえな顔して…。

何 言ってんの?
顔の事とか いろいろ

言っちゃいけないんだ 今。
何 言ってんの?

どういうわけなんだろうな?

これから 時が経って
2月の6日になりますと…。

(張り扇の音)
また 例の大工がやって来る。

(戸を叩く音)
へい 失礼いたします!

吉兵衛さん いらっしゃいますか?
吉兵衛さんは…?

はいはい。 私が吉兵衛ですが…。

さるお方がまいりましたんで

おかごが
あそこに止まっておりましょう。

2月の6日 どうやら
普請が間に合いました。

あの さるお方…! 旦那 こっち!
こっちへ来てくださいませ。

吉兵衛さんが おりますよ。

今しも かごの垂れ 上げて
スーッと出てくる

紋付き羽織はかまの立派な侍だ。
(張り扇の音)

吉兵衛は誰だかわかりませんが

豆腐屋さん 久しいな。

お顔を見る事もできません。
私に10両と それから 一軒の家。

どういうわけか 私 侍なんて
知り合いはおりませんで。

豆腐屋さん 顔を見てもらいたい。

ヘヘヘヘッ…。
どこのどなたが お侍様なんと…。

そうか。
それでは このせりふを聞けば

思い出すかもしれんな。

細かいのがないくらいだから

大きいのがあると思うなよ。

あっ…! 冷ややっこ…!
冷ややっこの先生!

ハハハハ…!
久しいな 豆腐屋さん。

実は あれからな
仕官の道が決まった。

柳沢出羽守様の所に
800石どりの仕官どりだ。

埋もれ木に花咲く時節 到来なし。

しかし
あそこへ仕官が決まったのも

豆腐屋さんが豆腐と おからを
恵んでくれたからである。

あの時の豆腐と おからは

日本一の味であったぞ。

立派な事 言うようになって…!

昔 腹減ってたから
ろくにしゃべれなかったのに…。

すごいよ すごいよ。
いや 私が見込んだ人だよ。

私が見込んだ人だ! 間違えねえ。

こんな立派な先生に
なっちゃって。

やっぱりな
ただの侍じゃねえと思ったんだ。

うれしくってしゃあねえ。
かかあ! 来てくれ 来てくれ。

もう とんでもない…!
先生は立派になった!

ああー…! 涙が出るじゃないか。
涙が出るよ。

かかあ なんで 涙が出る?

なんで 涙が出るってさ
なんで 私たちはさ

豆腐と おから
渡してたんだろうと思ってさ。

なんだい? どういうわけだい?

これがさ さつま揚げや
がんもどきだったら

今頃 別荘が建ってたよ。

大変な騒ぎでございます。
さあ そうなりますと

この豆腐を食べると
人は出世をする事ができる。

出世豆腐 出世豆腐と
いわれるようになる。

のちになりまして
この荻生惣右衛門が

荻生徂徠と名を変えますから

出世豆腐 改めて 徂徠豆腐と
いわれるようになります。

(張り扇の音)
禍福は糾える縄の如し。

人間万事塞翁が馬。

いい事があれば悪い事がある。
悪い事があればいい事がある。

人の幸不幸は折り重なるように
できているもの。

してみれば 今 我々は
つらい時節を送っておりますが

必ず花咲く時節になる事を願って。
(張り扇の音)

おなじみの『徂徠豆腐』で
失礼いたします。

(拍手)
すごい。

すごいね。
(柴田)格好いいね!

(柴田)格好いいよ。
さあ 改めまして 伯山さん

お疲れさまでございました。
(伯山)ありがとうございました。

ちょっと 会話が多すぎてね
人によっては

落語じゃねえかって思う人
いると思うんですけど…。

ご容赦ください。
(柴田)いやいや いやいや…!

いや うかつにも 私 ちょっと
涙 出ました 途中。

(伯山)いやいや そんな…。

を作ってくれるっていうか。

いや うれしい。
ありがとうございます。

(柴田)伊達君は?
圧巻でしたね。

すごく光栄でした。 こうやって
間近で見せていただいて。

(伯山)えっ! 本当ですか?
(富澤)火事の場面とかで

グイッて
ギアが入るじゃないですか。

あそこで
うわっ どうなるんだろうって

ちょっと
本当 入り込んだっていうか。

なんか 豆腐の食べ方とかも
音が スッて…。

ヒュッ! ってね。
そう! すごいなと思って。

あれを だから 落語で
こう すごく

こう おいしそうに食べるシーンも
ありますよね。

だから 俺も なんか ああいう

(伯山)軽い… 誰でもできるやつ。
ハハハハ…!

本当に。
そんな事ないです。

なんか ないの?
聞きたい事とかね。

飛ぶ事って ないんですか?
ネタが…。

あります あります。 あの 一番…。

(柴田)あるんだ!
(伯山)あります。

あんなテンポで しゃべって
飛ぶ…。

誰も助けてくれない。
だから もう 本当に

(伯山)帰ります もう 途中で。
「すみませんでした」って言って。

だから 初めて 僕
『ENGEIグランドスラム』に

他局ですけど
出させていただいた時

ど緊張しましたね。

原田さんみたいな 20代の女性…

もう 数年前ですから。
まあ 若いですよね。

講談が 果たして こんな若い人に

受け入れていただけるのか?
そもそも 場違いなんですよ。

前の演者のテンダラーさんが
死ぬほどウケてるんですよ。

もう めちゃくちゃウケてるあとに
講談?

僕も 師匠の手ぬぐいを持って

懐に入れて 一生懸命やったら

結構 なんか 評価していただいて。

いや ウケますよ 伯山さんの。
(伯山)でも

それはよかったんですけど
その2時間前に 不安だから…

志らく師匠がいたんですよ
『ENGEIグランドスラム』。

で 同じ着物仲間だから
うれしいじゃないですか。

志らく師匠
もう キャリア30年以上だから

めちゃくちゃ堂々と
してるんだろうなと思ったら…。

言わなくていいの。
言わなくていいんだよ。

なんで 最後 悪口言いたいのよ。
なんで 言うんですか そんな事を。

「お前 何やるんだ?」っつって。

「『宮本武蔵』やります」っつって。
「『宮本武蔵』なんか お前

若いもんに
通じるわけないじゃん」っつって。

「師匠 何やるんですか?」
っつったら「『死神』」って

絶対通じない…。
ハハハハ…!

(伯山)それを 7分でって
言ってましたよ。

でも そういう なんか
着物仲間の人がいたりして

なんか お互い
分かち合ったりして

すごい だから
志らく師匠に感謝してますよ。

だから 度量の小さい先輩も
いっぱいいる中で…。

そこから 言わなくていいです。
(柴田)知らないんだから

俺たちは。
そこから 言わなくていいですよ。

〈『お笑い実力刃』では

出演してくれる芸人さんへの

切れ味鋭い質問を大募集〉

〈どしどし 応募してください〉

〈話芸の実力刃スペシャル〉

〈続いては 山田雅人〉

〈笑福亭鶴瓶や
太田光も大絶賛したのが

山田雅人の語り〉

みんなから与えてもらった
その光を浴びながら

その光を笑いに変えて

日本全国の人たちに
届けてゆきます。

〈競馬実況や 司会業で培った
話芸を生かし

落語でも講談でもない
新ジャンル

語りを確立〉

〈これまで語ったのは

長嶋茂雄の
天覧試合のサヨナラホームラン

美空ひばりの
知られざる親子愛など

およそ130本〉

〈そして 今夜語るのは

アンタッチャブル 復活の夜〉

〈徹底取材でわかった
復活の舞台裏を

本人の前で語る〉

を とくとご覧あれ〉

(柴田)山田雅人さんです!
どうも よろしくお願いします。

(山田)個別に 時間いただいて
取材をして 作らせて…。

長嶋茂雄さんも ご本人に会うて
作ってますから。

ええー!
いや まさか あの並びに

我々 入るんですからね。

松井秀喜さんも
ご本人にお会いして作ってますし。

どういうとこに
注目したらいいですか?

あのね お二人の仲の良さは
どこからきてんねやろなと思って。

でないと
あんな漫才 できないんでね。

僕は 芸人として…。

(山田)芸 見てたら。
それが もう…。

へえー!

(山田)そう思った柴田は
漫才に立ちます。

アンタッチャブルの復活です!

あの時の… 日の事が
なんか 鮮明に

思い出すっていうか。
思い出しますよね。

〈テレビ番組で
サプライズ復活し

10年ぶりに
漫才を披露した

アンタッチャブル〉

〈今回は
その復活の夜を徹底取材した

山田雅人が
語る〉

♬~

2019年11月。

あの伝説の漫才コンビが
復活しました。

その名を アンタッチャブル。

この伝説の漫才師は 10年間
漫才をしていませんでした。

待っていたのは 山崎弘也。

待たせていたのは
柴田英嗣でした。

この2人は 実力派漫才で

なんと
2003年のM-1グランプリで

決勝に進出したあと 2004年には

そのM-1グランプリで
見事に優勝を勝ち得て

日本一の座に つきました。

さあ これから
アンタッチャブルの時代がくる!

人気絶好調の時でした。
これが どういうわけか

柴田英嗣のスキャンダルが
発覚してしまいます。

(柴田)そこから始まるんですね。
恥ずっ!

このスキャンダルが発覚して

アンタッチャブルは
漫才ができなくなりました。

1年 休養しなさいと
事務所から言われて

漫才に至っては
10年 する事ができませんでした。

(山田)この 待たされていた山崎と
待たせていた柴田。

これが復活したのは
ある番組の事でした。

くりぃむしちゅー 有田哲平の
『脱力タイムズ』という番組での

出来事でした。 この番組の中

よみがえるはずのない
アンタッチャブルが

よみがえった時
スタジオは騒然としました。

スタッフも
そして テレビの前のファンも

そして 当人たち この2人も
心の中で泣き 笑い

そして 感動しました。

そうなんです。 その有田哲平とは

このアンタッチャブルが 心から
公私共にお世話になっていた

大切な先輩だったからです。
そこで復活した

10年 離れていたとは思えないほど
息が合っていた2人。

この山崎弘也と
そして 柴田英嗣は

この復活に至るまで

どんな人生 どんな道を
歩んできたのでしょうか?

山崎弘也。 1976年1月14日

埼玉県の春日部市で生まれました。

子どもの時から
高いテンションでした。

ものすごい高いテンションで
もう 学校でも人気者でした。

でも 全校生徒の前では
なぜかウケない。

そうなんです。 少人数の前だけで
ウケる子どもだったんです。

夢は 野球選手でした。
野球部に入ります。

中学 高校と野球部でした。
で 夢は野球選手なんですけど

野球部というのは
その当時 そうでした

先輩のしごきともいえる
いじめがありました。

このいじめを なんとか
逃れるために 山崎は

あの高いテンションで

先輩を笑わせる事を
決断しました。

野球の練習よりも
ネタばっかりを考えて

高いテンションで笑わせました。
その結果

しごきからは逃れて
いじめからも逃れました。

しかし 山崎は その結果
野球が全く伸びませんでした。

ハハハハ…!
(柴田)そりゃあそうだろうな。

そんな事してりゃあ。
そうなんですよ。

で しごきを逃れた山崎は

見事に 無事に卒業したんですけど
夢がなくなりました。

夢がなくなった山崎は
どうしたんでしょうか?

もう 野球選手 ダメだったら
俺は芸人になる!

吉本は でも 遠いな。

大阪まで行くの しんどいよ。
近くで 楽なとこないかな?

そこで浮かんだのが人力舎でした。

この人力舎に入った山崎弘也は
なんと そこで

柴田英嗣と出会ったんです。
柴田は思いました。

高いテンションの山崎を見て
こう思ったんです。

なんてファンキーなヤツなんだ。
いや 思ってないから!

その時 「ファンキー」って言葉
俺 使ってないから!

彼らも使うとは思ってない!

そうだったんだ。
いや 違うっつうの!

そして 柴田英嗣。

1975年7月15日に
静岡県清水市で生まれました。

子どもの時から運動神経抜群で
サッカーをやっていました。

なんと 清水FCの
ジュニアコースから

声が掛かるほどの名選手。

そして クラスでも人気者でした。
学校の先生に いつも言われます。

おーい 柴田! お前 面白いから
今日一日あった出来事を

おもしろおかしく聞かしてくれよ
柴田!

…と言われると
パッと即興で笑いのとれる

ボケの天才だったんですよね?
うん…。

自分で言うのは恥ずかしいけど。

天才って事はないですけどね
当時レベルね。

子どもたちレベル…。
取材では言ってたんでしょ?

(山田)取材では
もっと膨らませていました。

そんな事ないですよ。
山田さん!

そして 柴田は挫折を経験します。

清水エスパルス
フットボールクラブからは

声が掛からなかったんです。
挫折しました。

もう 挫折したから しょうがない。
お笑いにいこう。 人力舎だ。

そこで出会ったのが
山崎弘也でした。

2人は 偶然
会社の人から言われます。

台本を読め 台本を。

それが たまたま ボケが山崎で
ツッコミが柴田でした。

山崎さんは もう 本当に
テンションが 高いテンションで

漫才の台本を
もう 自由に読んだんですよね?

そうですね。
(山田)しかし 柴田は

ツッコミが できなかったんです。
天才のボケでしたから

どうツッコんでいいかわからない。
しかし 柴田はすごい!

日夜 練習したんです。
神社の御神木を叩く練習をして

山崎のツッコミに対抗する練習を
されたんですよね?

はい そうです。
間違いないです。

荻窪ね うん。
荻窪の御神木で。

そして 2人は
柴田がツッコミを覚えると

どんどん どんどん
お笑いライブに出演して

実力を発揮して
優勝するようになりました。

そして M-1グランプリ
2003年 決勝に進出。

2004年には M-1グランプリ
見事に優勝を果たしました。

さあ 苦節10年…
なんとか 2004年。

1994年にデビューした
アンタッチャブルが

2004年にデビューして
さあ これから

漫才の世界で
天下を取るぞと思った時

ああー!
柴田のスキャンダルが…。

ごめんなさい! 2度目。
(柴田)はいはい ありましたね。

(山田)その時
柴田は落ち込みました。

会社から言われます。
1年休養だ じっくり休め。

でも 柴田は思いました。
山崎に悪い。

山崎と一緒に苦労して
ここまでやってきた。

山崎に電話しなきゃ。
山崎に電話をしました。

絶対 山崎に叱られるというのは
わかってるのに

山崎に電話しました。
ところが 山崎がすごい!

なんと言ったか。

やっちゃったんだから
しょうがないよ。

わかった わかった。
大丈夫 大丈夫。

…と言ってくれました。
その時 柴田は思いました。

なんて優しいヤツなんだ。
あいつ いつも

部屋の温度が高いだけで
怒るヤツなのに。

ハハハハ…!
ハハハハ…!

(山田)なんで この部屋は
18度がないんだ!

18度でないと
俺は生きていけないんだよ!

でも 山崎さんは素晴らしい。
一切 柴田さんを責めなかった。

その時に柴田は思ったんです。
こいつ 本当は いいヤツだ。

こいつと漫才を
もう一度やりたい。

俺は こいつの良さを
知らなかった。

山崎って なんて…!
でも 俺からは

もう一度 漫才やろうなんて
言い出せない。

俺は努力する。
1年間 休んでいる間に

山崎のテレビを
全部見て チェックして

お笑いを… 腕がさびないように
勉強をしました。

ところが その時
落ち込んだ事があるんです。

テレビを見ていると あまりの
山崎の面白さに嫉妬したんです。

山崎一人でも面白いじゃねえかよ。
俺 いらないよ これだったら。

そう思ったんですね?
はい 思いましたね。 うん。

あと まあ… 藤本さんっていう

素敵な 相方みたいなのが
見付かりましたし。

あと 竹山さんっていうね
やっぱりね

ゆかりの仲間が
やっぱり 支えるから

必要ないんじゃないかみたいなね。
(山田)はい。

どんどん どんどん
落ち込んでいきました。

でも 柴田は
自分を奮い立たせました。

俺がツッコむから
山崎は生きるんだ。

山崎をツッコむのは俺しかないと
柴田は誓ったんです。

そして 歳月が流れました。

柴田は1年間 我慢して
テレビ ラジオ 復活しました。

1人 ピン芸で ラジオ テレビの
レギュラーを獲得して

山崎と もう一度 漫才をやれる
というところまで…

もうちょっとのところまで
近付いてきました。

あと少しだ! その時でした。

ファンキーなベイビーが
襲ってきたんですよ。

(柴田)ちょっと やめなさいって!
まさにね。

ちょっと待って…。

スキャンダルしかない人生
みたいじゃないですか マジで。

「あとひとつ」よ まさにね。

(柴田)「あとひとつ」って
言うんじゃないよ 本当に。

曲には ファンがいるんだから
本当に やめなさい!

そして 柴田は また これ
漫才が遠ざかりました。

で 一人ひとりの活動。
山崎は活躍する。

「ザキヤマ」という名前も
できました。

柴田も活躍する。

2人が活躍するから
実力があるんですね。

そこでも 柴田は寂しかった。

もう一度 漫才をしたい。
僕から正直に山崎に言おう。

山崎 ごめんな。 もう一度 小さな
ライブハウスでいいじゃないか。

小さなライブハウスでもいいから
漫才をやりたいと打ち明けよう。

よし 今度 食事に誘って

山崎に
自分の正直な気持ちを伝えよう。

そう思いました。
そして 約束をしてくれました。

山崎が 来てくれると
言ってくれました。

そして 約束の日は
テレビの収録がありました。

有田哲平の『脱力タイムズ』
という番組でした。

柴田は
そこでも笑いを振りまきます。

この夜 山崎に会える。
自分の正直な気持ちを伝えられる。

冴えに冴えました。

そして 山崎と違う人と
漫才をしてもウケました。

おっ これで 山崎に会える!
その時でした。

スタジオ 騒然としました。

考えられない出来事が
スタジオに起こったんです。

なんと もう
エンディング時間 間近の時に

柴田の目の前に現れたのは

あの白いシャツ 白いネクタイの
男でした。

有田哲平に手を引かれて

あの白いシャツ 白いネクタイの
男がやって来たんです。

山崎です! 山崎です!
柴田はビックリしました。

なんで お前がここにいるんだ!

このあと 食事に行く
約束をしているお前が

なんで このスタジオにいるんだ!

柴田は もう 何も…。

なんだ? これは! もう ダメだ!
俺は何を考えているのか…。

わからなくなった柴田は
その場に倒れてしまいました。

パーン!
倒れた瞬間 天井を見ました。

天井を見た時
柴田は思い出したんです。

そうか。 これは… これは
有田さんと山崎が相談して

俺と山崎の漫才をもう一度しよう
という企画を立ててくれたんだ。

この テレビという晴れ舞台で。
ありがとう 有田さん!

そう思った柴田は
立ち上がりました。

立ち上がって
山崎の目を見ました。

もう 山崎は
目に涙をためながら笑っています。

柴田も もう 涙があふれてくる。

しかし 俺は漫才師だ。
ここで泣いてはいけない。

そう思った柴田は 山崎の顔を見て
こう言ったんです。

頭を下げて…。

ありがとうございます!

言ってた。
(柴田)言ってましたね。

これは 10年間

なんの文句も言わずに
待ってくれていた山崎への

柴田英嗣の

感謝の気持ちの言葉でした。

(山田)山崎も その目を見て
涙があふれそうになりました。

柴田は思いました。

ここで泣いちゃいけない。
俺はお笑いだ。

ここで漫才をして
アンタッチャブルの復活を

見せてこそ 有田さんに
そして 山崎の思いに返せるんだ!

そう思った柴田は漫才に立ちます。
山崎も同じでした。

俺も ここで泣いちゃいけない。

もう 涙をこらえながら
山崎は あっという間に

ファストフードの店員に
なりきりました。

お客様 いらっしゃいませ。
お会計をどうぞ。

いきなり金かよ!

出た! 柴田のツッコミ!

アンタッチャブルの復活です!

みんなが喜びました。

これは スタジオのお客さんも
スタッフも

テレビの前のファンも
みんなが喜びました。

テレビを見ていた
放送作家の高田文夫先生が

こう叫んだそうです。

山崎の隣には
柴田がいるんだよ!

ええー!
ええー…。

(山田)そして
アンタッチャブルは復活し

見事な漫才を披露しました。

山崎がボケる。 柴田がツッコむ。
山崎がはしゃぐ。 柴田が怒る。

山崎が踊る。 柴田が叩く。

やった! アンタッチャブルの…
アンタッチャブルの見事な復活だ。

アンタッチャブルがいく。
アンタッチャブルがいく。

アンタッチャブルは今まで

お一人お一人が
それぞれの道を 10年歩いてきた。

それぞれ違う道を歩いてきた。

これからは その道が
一本の道となって

アンタッチャブルは
日本中に お笑いを

日本中に 笑いを振りまくのです。

頑張れ アンタッチャブル!

(拍手)

ほう…!
いやいや…!

ありがとうございます。
ありがとうございます 本当に。

(山田)いや もう
大ファンになりました。

(柴田)ありがとうございます。
感動だね これは。

いや これは 気持ちいいですね。

(柴田)なんか 山田さんの
あの話だけ聞いてると

俺 スキャンダルしか起こしてない
みたいな…。 山田さん!

ちょいちょい山田節も入れながら
というのがね。

やっぱりね 笑いがないとね。
これ 1時間の作品なんで…。

だから ノンフィクション
っていうよりは

実話を元に
という事ですよね。

山田さんの考察も
入れながらと。

はい。
でも そういう なんか

自分たちも 言われて
なんか その 荻窪で

そういえばやってたな
みたいなのも…。

木にね。
ツッコミの練習。

ちゃんと聞いててくれた…?
ちょっと待ってください。

号泣までいかない…。
(柴田)みたいね。

何回も 涙 こういうふうに拭いて。

(富澤)もちろん
ずっと歴史を知ってますし。

でも 途中で なんか

(一同 笑い)
でも コンビって

意外と そういうね
ものだったりするじゃないですか。

そういうのあるかね 確かにね。
実際 お二人 どうだったんですか。

あの時の… 日の事が
なんか 鮮明に

思い出すっていうか。
思い出しますよね。

実際 お二人 どうだったんですか。
山崎さんも…。

ちょっと 山崎さんも
こう アップになった時

いろいろ こう
思うような感じしてました…。

いやいや やっぱ なんか こう
なんていうんでしょうね。

山田さんから伝えてもらうと
なんか また 新鮮というかね。

あの時の… 日の事が
なんか 鮮明に

思い出すっていうか。
思い出しますよね。

実際 その… もう

その本番終わって
漫才終わったあとぐらいは…。

ええっ!
うん。

ハハハハ…! うん。
有田さんにも言われたけど。

(山田)今日ね はしょった部分が

山崎さんが その衣装で隠れてる
っていう描写があるんですよ。

本当の1時間バージョンでは。

飯食いに 本当ね 行く約束
してたんだよな あの日ね。

その日の夜ね。
そう。

もうね そこが
復活になりましたからね。

まあまあまあ… 本当 そうよ。

今後 なんか こう 誰の語りを
やってみたいみたいなのが…。

(山田)あのね 今
123本 作ったんですね。

すごい!
すごいね。

〈来週の『実力刃』は…〉

〈まるっと1時間
バカリズムスペシャル〉

〈3ネタ全て テレビ初披露〉

〈更に アンタ サンドと
笑いについて熱く語る〉

〈この番組を
もう一度 見たい方は

TVer TELASAで配信中〉

〈更に
過去の放送を見逃した方は

テラサで配信中〉

〈ぜひ
チェックしてみてください〉

あの白いシャツ 白いネクタイの
男でした。

誰の語りを
やってみたいみたいなのが…。

(山田)あのね 今
123本 作ったんですね。

すごい!
すごいね。

できたら

サンドウィッチマン物語ですか。
(山田)はい。 僕…。

問題は 芸をリスペクトできるか
どうかなんですよ。

うわっ この人の能がすごい
と思ったら もう

芸歴 関係ないんですよ。
へえー!

この番組でね。
いや うれしいですよ。

「俺が 甲子園に連れてってやる」。

言います 団体競技なのに。

〈次回 まるっと1時間
バカリズムスペシャル〉

〈テレビ初披露の3つのコントは
必見!〉

僕が言いたいのは
そういう事じゃない…。

でしゃばんな
っつってんだよ!

〈更に…〉

打ち合わせで話してて
言うつもりなかったの ここで。

〈普段 明かす事のない
バカリズムが

笑いに対して 熱く語る〉

〈見逃すな!〉

〈更に ナイツ 中川家に
ロバート〉

〈実力刃芸人たちの出演が
続々と決定〉

〈お楽しみに!〉