ネタパレ【オズワルド×空気階段SPコラボ!3時のヒロイン・かが屋・蛙亭ほか】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ネタパレ【オズワルド×空気階段SPコラボ!3時のヒロイン・かが屋・蛙亭ほか】[字]

久間田琳加&伊集院光が爆笑!ニュースター発掘!こゝろ・人間横丁・隣人・みつあみ▽MVP3度目なるか?エスファイブ

おしらせ
「キリンチャレンジカップ2021 日本×セルビア」延長の際、放送時間繰り下げの場合あり。
番組内容
「笑い」を愛する俳優・女優・ミュージシャンなど幅広いジャンルのゲストに、毎回1組登場していただき、今見ていただきたいネタをお見せし、最後にゲストが最も気に入ったおすすめ(イチオシ)の1組を決定していく番組『ネタパレ』。
久間田琳加を迎えてお届けするのは、ツギクル芸人や人気芸人の爆笑ネタを紹介する〈ショートネタパレード〉。また、オズワルド×空気階段のスペシャルユニット・蟹がコラボネタを披露する。
番組内容2
さらに『ネタパレ』から新たなスターを発掘する企画〈ニュースターパレード〉もお届けする。ネクストブレイク芸人たちが1分以内のショートネタを披露!MVPに選ばれるのは誰か!?
出演者
【MC】
南原清隆 
陣内智則 
増田貴久(NEWS) 

【パネラーゲスト】
伊集院光 

【スタジオゲスト】
久間田琳加 

【ショートネタパレード】
蛙亭、かが屋、蟹(オズワルド×空気階段)、3時のヒロイン
※五十音順 

【ニュースターパレード】
エスファイブ、こゝろ、人間横丁、みつあみ、隣人 
※五十音順
スタッフ
【演出監修・P】
木月洋介 
【チーフプロデューサー】
情野誠人 
【ゼネラルプロデューサー】
戸渡和孝 
【演出】
登内翼斗 
【制作】
フジテレビ第二制作室

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 福田
  2. 伊藤
  3. 中村
  4. 橋本
  5. 大丈夫
  6. 佐野
  7. カメラ
  8. ホント
  9. エスファイブ
  10. 加賀
  11. 荒木
  12. 畠中
  13. ケガ
  14. ドア
  15. ナンパ
  16. ハンバーグ
  17. ポン
  18. 一眼
  19. 自分
  20. お願い

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
扶桑社
¥2,530 (2021/06/13 20:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

(ブザー)

(南原)こよいも 当劇場
『ネタパレ』 開演いたします。

本日のお客さまは
久間田 琳加さんでございます。

よろしくお願いします。

さあ りんくまちゃん
お笑いの方は どうでしょうか?

すっごい大好きで…。

ちなみに
どなたのライブ 行ったの?

そうなんですよ。
伊集院さんは どうですか?

最近 若手の方は?
最近は 宣言直前に…。

宣言からは…。

南原さんも?
そしたら 奥の方で

すげえ 目立たないように…。

俺が座った途端に…。

だから こういう感じで見て…。

[今夜 ユニットネタを
披露するのは…]

(ドアの開閉音)

ハァ~。
(水川)お邪魔しま~す。

どうぞ~。
(水川)結構 奇麗にしてんじゃん。

そうでしょ~。
(水川)意外。

ちょちょ… 待って 待って 待って
早い 早いんだけど。

(伊藤)何で? いいじゃんか。
(水川)早い くるの すごい早い。

駄目。
(伊藤)何で?

シャワー浴びてからじゃないと
駄目。

じゃ 早く浴びてきてよ。

すっぴん見ても引かない?
(伊藤)引かないよ~。

待っててね。

いや~ たまんねえな おい。

つか ナンパで
あんないい女 引っ掛かるとはな。

フッ… 最高の夜だよ。

≪フゥ~。

ドライヤーある?

えっ えっ えっ!?
えっ 誰!? えっ? えっ? 誰?

えっ?
(畠中)ひどい。

すっぴん見ても引かないって
言ったじゃん。

(伊藤)すっぴん!?

私ね…。

中学んとき
自分の顔に 自信 持てなくて。

高校 上がってから
化粧 覚えてさ。

それで 少しは 自分の顔に
自信 持てるようになったんだ。

いや そんな… えっ?

やっぱり こんな私じゃ 嫌?

いや 嫌… 嫌とかじゃ…
ていうか…。

(伊藤)い~… いやいやいや…。

キス 初めて?
(伊藤)そういうんじゃなくてさ。

い… ん~ まあ いくか。

ちょっと待って。
(伊藤)待つの?

もう少し 酔いたい気分。

まあ でも 酒ねえからな。
じゃあ 買ってくるわ。

ありがとう。
(伊藤)うん。

コンビニ 初めて?
(伊藤)行ったことあるわ。

あっ そう。
あんまり待たせないでね。

(伊藤)はい。

(ドアの開閉音)
(畠中)ハァ…。

私 いつから こんな軽い女に
なっちゃったんだろ。

♬「春は菜の花 秋には桔梗」

♬「そして あたしは
いつも 夜咲く アザミ」

(ドアの開閉音)

お待たせ。
(畠中)おかえり。

いや~ 外 急に雨降ってきちゃって。
(畠中)だっ 誰!? 誰!?

ちょっと えっ えっ 誰? えっ?

ハァ…。
(畠中)怖い。

誰なの?
(鈴木)俺

ずっと自分に 自信 持てなくてさ。

でも ワックス覚えて
前髪 上げるようになってから

自分に
自信 持てるようになったんだ。

やっぱり こんな
前髪 下ろしてる俺なんて

嫌だよね。

嫌なわけ… なかろうもん。

≪(ドアの開閉音)
(伊藤)いや 外 すげえ雨…。

誰 誰 誰!? えっ えっ えっ!?
何? えっ? 何で?

あの人が あなたじゃないの?
(伊藤)何言ってんだ? お前。

何?
(伊藤)何で? 何で あんな

微動だにしないの?
何で? えっ 何?

(水川)ドライヤーって どっか…。
(伊藤)えっ えっ えっ…!

(水川)誰!? だだ… 誰と誰!?

どこの誰!? 誰!? この人たち。
(伊藤)警察 呼ぼう。

(畠中)警察は 呼ばないで~。

えっ 呼ぶ… 呼ぶよ。 なっ 何?

えっ? えっ?

(畠中)行きましょ。
(鈴木)ああ。

お互い いい夜にしましょうね。

(ドアの開閉音)

[2人の世界観は
誰にも まねできない]

一眼 持ったら 世界変わるよ。

マジで 一眼 持ってないって
人生 半分 損してるから。

いや 大げさじゃないのよ。
スマホと一眼の差って

もう えげつないから。
もう 天と地なんよ。 なっ?

一眼…。

(シャッター音)
(加賀)今の その「ホントに?」

っていう顔も 一眼で撮ったら
もう マジで いいから。

こういうのが渋みになってくのよ。

(シャッター音)
(加賀)ああ いいね。

「何 言ってんの?」っていう顔が
もう 最高。

一眼ってね ホントに思い出を
量産してくれるのよ。

なっ? 例えばね あそこ
ドリンクバーの横のところの

あの何でもない窓。
何でもない窓も

一眼で撮ったら
いい感じになるわけ。

撮ってきてやるから。
ちょっと待ってて。

えっ 行くの? 行くの?
(加賀)撮ってきてやる。

疑ってるでしょ?
撮ってきてやるから。

おい ハンバーグ 来るよ。

イライラしてる?

そっか。 そ… そうだよね。

ごめん。
あのカメラ 俺が あげたんだよね。

ごめん ごめん ごめん
ごめん ごめん ごめん…。

ホント ホント ホントごめん。

だけどさ あの…
イライラしてるの すげえ分かる。

2人が イライラしてるのは
すげえ分かるんだけど

俺は 何か 正直 その
ふわふわしてるっていうか。

あの… うれしい。
うれしいのよ。

あんなにさ プレゼントあげて
喜ばれたことある?

人生 変わったとか
言われてんのよ。

俺さ もう ふわふわしてさ。

でさ あいつの持ってた
カメラあるでしょ?

あれ 俺が あげた
お下がりなんだけど

あれ 入門用で
めちゃくちゃ安いやつなの。

で カメラ語ってんのよ。

よくない? 分かんない?

俺さ もう おいっ子
見てるような感覚なの。

おいっ子 分かる? おいっ子。
ちょっと 伝わってねえな。

えーっと… ん?
いや 俺は止めないよ。

気持ちいいもん だって。
俺 止めらんない。

あのさ あのう… あれだ。
えっと~…。

もし さっきの光景が
SNSとかで

動画で上がってたとしたら
超バッド。

うん 分かるよ。 分かる。
超低評価。

だけど 俺からしたら
超グッドなのよ もう。

もう 超高評価なわけ。

ちょっと あのう…
じゃあ その… お前らが

あいつに カメラをあげたって思って
見てみて。

カメラあげた あいつに。
ちょっと その目線で見てみて。

変わると思うんだよ。
変わる…。

何でもない窓。
(賀屋)そうそう こういうこと。

違うよ ここ関係ないよ。
ここ ここ ここ見て ここ見て。

ここじゃないよ ここ ここ。
ここ違う ここ ここ… ここ見て。

これ カメラあげたと思って 見て。
(加賀)いつものファミレス。

ほら ほら ほら ほら…。
ほら ほら 入門用 入門用。

入門用だよ これ。
顔見て この笑顔がいいのよ。

笑顔がいいの。
(加賀)月。

あげて2日。 あげて2日 これ。
あげて2日のこの笑顔。

ねっ 分かんない?
分かんないかな?

あっ。 あっ おい 加賀
ハンバーグ 来たよ。

加賀 ハンバーグ。
加賀 ハンバーグ。

あっ ごめん 何?
(賀屋)こういうとこよ。

こういうとこ 分かんない?
夢中になってた こういうとこ。

ハンバーグ ハンバーグ…。
(加賀)ごめんなさい… ハンバーグ。

ごめんなさい
ありがとうございます。

よいしょ。
(賀屋)あれ? 撮らないの?

えっ?
(賀屋)ハンバーグ撮らないの? カメラで。

あっ いや まあ
せっかく作ってもらったのにね

あったかい状態で食べた方が…
ねっ 失礼でしょ。

これは グッドでしょ。

[爆売れ女性トリオ]

(電車の走行音)

あっ ここ どうぞ。

すいません。
ありがとうございます。

(福田)いえいえいえ。
(ゆめっち)どうも。

あっ あのう あの…
ケガされてますよね。

(福田)あ~ これ 治りかけなんで
大丈夫ですよ。

(ゆめっち)いや あの 私も
すぐ降りるんで大丈夫です。

(福田)いやいや
大事な体じゃないですか。

いえいえ 座ってください。
(福田)座ってください。

私 ホント大丈夫なんで…。
(ゆめっち)ホントに大丈夫なんです。

あのう すみません。
(かなで)はい。 何?

あのね この方
妊婦さんなんですよ。

あっ 私は大丈夫なんですけど
この方 ケガしてるんですよ。

私 ホント治りかけなんで
大丈夫ですよ。

いえ 私も
ホントに慣れてるんで…。

(福田)いやいや
1人の体じゃないじゃないですか。

いやいやいや
ホントに もう座ってくださいよ。

ちょっと ストップ ストップ!
何? 何があったの?

1回 話 聞こう!
(福田)もめてないんです。

見てくださいよ この方 妊婦さん
大変そうでしょ 立ってるのも。

(かなで)なるほど こっちは妊婦。

いや この方
足 ケガしてるんですよ。

こっちは ケガしてる。
私は 太ってる。

(福田)一緒ちゃいますよ。

別に 太ってるのは
あなたのせいでしょう?

足ケガしてんのも
あんたのせいでしょう!

えっ?

気を付けないと
大事な体なんだから。

いやいや あのね もともと
私 ここ座ってたんですよ。

分かってるわよ。
どっちが座るか決まってる?

決まったら 私 どくから。
(福田)えっ?

今 どいてくださいよ。
(かなで)だって 決まってる?

決着をつけて。 どっちが座んの?

どっちが座んの?
立ち上がろうか?

立ち上がったら
また 譲り合うんでしょ?

(福田)いやいや…。
(かなで)立ち上がってみるよ。

(福田)立ち上がってくださいよ。

どっちが座んの?
(福田)立ち上がってくださいよ。

決まってないんだから
立ち上がれないじゃない。

じゃ もう決めますんで。
決めるんで

いったん どいてください。
(かなで)じゃあ 今 決めて。

じゃ もう 私 座りますから。
(かなで)座んのね?

(福田)はい 座ります
どいてください。

(福田)すいません どうぞ。
(ゆめっち)いえいえ どうぞ。

(かなで)ほら 譲り合う!

だから 言ったじゃない
譲り合うじゃない!

だから 私は どかなかったのよ!

取りあえず どいてもらってから
決めようと…。

その 「取りあえず」って
どういうこと?

じゃ あんた
取りあえず 人 殺すの?

(福田)どういうことやねん。
そっちの方が どういうこと…。

座ってください。
(福田)いえ 座ってください。

いえいえ 座ってください。
(福田)いえ 座ってください。

座れよ! しつこいな!
(福田)えっ? えっ?

(ゆめっち)チッ!
めんどくせえな 早く座れよ!

危ない 危ない 危ない…
ケガしてる ケガしてる。

ケガしてんのは
あんたのせいでしょう!

(福田)え~!
何で怒られてんの 私。

気を付けないと
大事な体なんだから。

(福田)それ ずるいんですよ。

取って付けたように心配する
スタンス取らんといてくださいよ。

(ドアの開く音)
(福田)座ってください。

あなたが座ってください。
(アナウンス)西日暮里 西日暮里…。

あなたが座ってたじゃないですか。
(福田)いや 座ってください。

私 座らないんで。
(福田)いやいや 妊婦さん…。

早く決めてよ! 私 この駅で
降りなきゃいけないんだから!

(福田)
え~! 降りた方がいいですよ。

だって 私が降りたら
また 譲り合うじゃない!

何が目的なんですか!
(ドアの閉まる音)

ほら 降りれなかったじゃない!
(福田)怖いって!

(岩倉)ちょっと 周平。
どこ行くの?

お前に関係ないだろ。

(岩倉)ちょっと
お母さんに向かって

何? その口の利き方は。

家を出るんだよ。
こんな家に いたくないからな。

家 出るって もう…
ちゃんと お話 しましょう。

座りなさい。
(中野)ハァ…。

あのさ。
(中野)何だよ!

その感じ マジで見てられんわ。
きついわ。

その 親にお前とか言う感じ。
反抗期 一発目のやつやん。

ほんでさ お母さんには
ガンガン 何か当たってくるけど

お父さんは怖いから
お父さんにはいかんみたいな感じ。

この 人選んでる感じとか
めちゃくちゃ冷めるわ。

何か わが子ながら
ドン引きしてます。 うん。

えっ ほんで 家 出たい?
家 出たいんですか?

出てもいいですけど
毎月 お小遣い 渡してますよね。

それで やりくりもできてないのに
生活していけるんですか?

していけるんだったら
出てってください。

やってみろよ。
(中野)あのさ!

「あのさ」じゃなく…
いったん 話 聞こう。

今 お母さん 話してるから。
その わがわがみたいなところが

マジで 子供やわ。 うん。

まっ 子供やから
仕方ないんやけど。

もう少し 自分が子供やってことを
分かってたらいいんじゃないかな

っていうの あるかな。 うんうん。
それで もう少し自立してから

反抗するんやったら
してみてください。

今は ただ おもろいだけやから。

母親の怒り方じゃないんだよ!

やめてくれよ
その詰めてくるような嫌な怒り方。

家に不満なんかないよ。

母さんの怒り方が嫌だから
出るんだよ!

それやったら お父さん
呼んできて 怒ってもらったら。

まあ それは 怖くて
できないんやろうけど。

しんど。
(中野)しんどいの こっちだよ!

もういいよ!
(岩倉)あっ 「もういいよ」は

こっちのせりふなんで。
お疲れした お疲れした。

もう出てってもらって
大丈夫なんで。

お弁当とかも 自分で あしたから
やってください。 お疲れした。

あしたのお弁当もね 自分で
お願いします。 お疲れした。

怒り方以外 大好きなんだけどな。

さあ りんくまちゃん
気になった芸人さん いましたか?

空気階段さんとオズワルドさんの
コラボ。

俺らは…。

結局 もぐらと畠中は…。

南原さん 他は どうですか?

かなでちゃんが…。

『ネタパレ』から
新たなスターを発掘する企画

ニュースターパレードです。
トップバッターは

関西の賞レースで
グランプリ獲得の実力派です。

隣人さんです。 どうぞ。

隣人です。
(中村)お願いします。

年金問題が深刻やと。
(中村)お~ 切り込んだね。

僕ら世代が 年いったころは
貧乏で 飯 食えてへんかもしれん。

どうにかして 飯は食わな。
(中村)そうやね。

どうしてんのかな 不安やなと。
(中村)不安やね。

したら 老夫婦しようか。
(中村)そうやね。

俺 おばあさん するわ。
(橋本)おじいさん する。

ばあさん 腹減ったな。
(中村)おなか すきました。

作戦 考えてきました。
ガラガラガラ…。

えらい 台車 押して。
(橋本)見て これ。

テレビ用の ごついカメラをね。
(中村)撮影するやつ?

うん 拾ってきました。
これを使ってね

あそこに 定食屋があるやろ?

あそこに グルメロケの体で行って
タダ飯 食うて帰ってくると。

あ~ なるほどね。
(橋本)すぐ 行こう。

私 カメラマン しますね。
(橋本)リポーター いくわ。

ごっついカメラですね よいしょ。
(橋本)今日はね そこのカレー…。

重っ…。
(橋本)ばあさーん!

ばあさん!
(中村)重たい!

(橋本)
やっぱ重たいか でかいカメラは。

(中村)重たいです!
(橋本)2人で持とう。 いくで。

せーの。 よいしょと。
(中村)ありがとうございます。

重た! いい~… うう!

2人でも無理か!
(中村)重たいです。

重たいな やめようか?
(中村)やめません!

頑張れるか?
(中村)頑張ります!

どうしよう。
(中村)そのまま 店 行きます。

ロケバスばあさんや。
ロケバスばあさんや!

ばあさん これ あかんがな。
このままやと

背中に じじい乗っけた ばばあが
店 入ってくるだけやから。

ああ そうですね。
(橋本)あかん あかん 作戦変更や。

(中村)変更ですね。
(橋本)カメラが重たくて

どうしても 下にいくねん。
リポーター 先 下 入ろうか。

なるほど。 よいしょ。

重た~!
(橋本)よいしょ~!

そこのカレーが有名…
おじいさんが やって来ました~!

ズームすなて! ズームすなて!

いや これ 何してんねん。
(橋本)えっ?

これ 何してんねんて。
(橋本)いや 老後が楽しみやな。

どこがやねん。 もうええわ。
(橋本)以上で~す。

(佐野)ありがとうございました。

久間田さん いかがですか?
(久間田)私 あの…。

続いては 芸歴1年目です。

どうぞ。

わ~い! フフ。

グーを出した人の勝ち。

(2人)人間横丁です。
お願いします。

ねえ パフェ好き?
(山田)え~ 好き。

パフェに住めたら よくない?
(山田)え~ パフェに住むの?

うん。 パフェタワーマンション
ってところがあるの。

え~ どこにあるの?
(内田)たまプラーザ。

うわ~ いいとこにあるね~。

毎日 生クリーム食べれるんだよ。

ホントに食べれるパフェなんだ。
(内田)うん。

え~ でも そしたらさ
衣食食になっちゃうんじゃない?

幸せだよね。
(山田)ねえ でも 虫とか

すごいんじゃないかな。
(内田)あっ そしたらさ

虫にも
家賃 払ってもらえばいいよ。

あ~ それは かわいそうなんで
虫の分も ちゃんと僕が払います。

あ~ でも 家賃がな~。
(山田)え~ どれくらいなの?

あのね 1万円なの。
(山田)え~ すごい安いね。

でも パフェで考えたら
すっごい高いよ。

え~ でも その安さはさ
甘いわななんじゃない?

うわ~ パフェだけに?
(山田)ヘヘヘヘ…。

(2人)ありがとうございました。

(佐野)ありがとうございました。

カワイイ。
伊集院さん。

僕は お笑いになるのに…。

修行とかは いらないです。

2人とも…。

もう中やったもんね 雰囲気が。

何か すごい 出てきたときから…。

続いては…。

どうぞ。

はい 毎度 毎度 お願いします~!
お願いします~!

どうも こゝろです お願いします。

芸人ってね 特技いっぱい
あった方がいいと思うんですけど。

俺 あんで。 ナンパ。
(山出谷)ナンパ?

ナンパなんか
特技になれへんやん。

ハハハハ…。

62度見 してもうた。

めっちゃカワイイ ちゃんねー。
弓 引いとこ。

んん~!

パーン! うう~!

集合。
(荒木)はい。

何をしてんねん お前は。
(荒木)いやいや ナンパやんか。

急にやられたら
みんな 口 開いとったぞ 今。

俺な こういうナンパ 1人で
ずーっと やってんねやんか。

1人でやってんの?
(荒木)お姉さん すんません。

ちょ 待って!
ちゃっくちゃ カワイイやんか。

これ あれやね。
『呪術廻戦』でいうところの

特級呪物レベルやね。

んん~ 両脇展開!

大丈夫か? お前。
(荒木)おう 全然大丈夫。

今から 今から。
(山出谷)ヤバイって だいぶ。

(荒木)お姉さん すんません。

僕ね 今 おなか すいてまして
パン食べたいんです。

パン ちょうだい。

♬「パッパパ パッパパ
パパパパ パン ちょうだい」

♬「パパパパ パパパパ
ホントは パンティー ちょうだい」

ホンマに大丈夫か?
(荒木)おう 全然大丈夫。

(山出谷)心配になってきた。
(荒木)全然大丈夫やから。

メンタル 化け物やな。
(荒木)お姉さん すんません。

すんません。
ちょっと 何で無視するんすか?

怒りますよ。 プン!

♬「プン カッカ プン カッカ
機嫌ワルツ」

(荒木)大丈夫。 うん 全然大丈夫。
(山出谷)大丈夫? 大丈夫ちゃう…。

いた プシュ~。
(山出谷)待て 待て 待て お前。

こんな感じのナンパして
結果 出たことあんのかい。

う~ん ない。

時間返せ お前。 もうええわ。
ありがとうございました。

(佐野)ありがとうございました。

見た後やからね…。

さあ 3組の芸人さんを
見てもらいましたが

誰か お話ししてみたいって
りんくまちゃん いますか?

1年目で呼ばれました。
(2人)ありがとうございます。

おんなじタイプがいてたんだ。

…と思って 誘いました。

(内田)それで 私は 会ったときに
すごい雰囲気 似てるから…。

これから目標は何ですか?

(佐野)ありがとうございました。

実は…。

笑いに関してはね。
われわれ だまされてましたね。

続いては…。

どうぞ。

着いた 着いた。

ここが 日本一の女王様がいると
いわれている SMクラブか。

ん~ 楽しみ過ぎて
仕事後 すぐ来ちゃったよ。

よし 緊張するな。 フ~。

≪ああ
ありがとうございました~!

えっ? えっ?

うわ~! ええ~!?

血!? 血!?

あああ… いつになったら
ロン毛に戻るんだろう。

ロン毛だったの!?
すごい坊主になって…。

大丈夫ですか? 大丈夫ですか?
(バースト)ああ…。

ポン ポン ポン ポン ポン…。

ちょ… あっ あのう。

このお店 血だらけの人が
出てきましたけど 大丈夫ですか?

僕 常連なんで。
(あんらく)常連!?

ポン ポン…。
(あんらく)常連さん?

≪(つるた社長)あっ えっ ちょっと!
(あんらく)えっ 何!? えっ 何!?

≪(つるた社長)助けて!
うわ うわ…! やだ! あああ~!

あああ~! あんなに
おデブちゃんだったのに~!

楽しみだな~。

(佐野)ありがとうございました。

すごく設定も好きで

すごく
前のめりやったんですけど…。

続いては ウンナンに憧れ
たどりついた芸風は

歌って踊って笑わせる。
だから…。

(佐野)もう お分かりですね。
え~。

芸人アイドルトリオ
エスファイブさんです。

どうぞ。
≪(うえの)お前ら 待たせたな~!

芸人アイドルトリオ
エスファイブさんです。 どうぞ。

≪(うえの)お前ら 待たせたな~!

(はち・ユーヤ)エスファイブ
エスファイブ エスファイブ…!

(うえの)トゥルルル…!
(はち・ユーヤ)エスファイブ!

俺たちは 芸人アイドル…。
(3人)エスファイブ!

ストレスがなくなる魔法の言葉
ピンドンゲイザー。

♬~

♬「パラッパラッパ」
(3人)♬「パラッパラッパ」

♬「パラッパラッパ ポイポイポイ
パラッパラッパ パラッパラッパ」

♬「ピンドンゲイザー」

♬「ストレス社会で涙が」
(うえの)♬「ウイッピー」

♬「ストレス なくなれば」
(3人)♬「完璧」

(はち・ユーヤ)
♬「ストレスなくなる魔法の言葉」

♬「ピンドンゲイザー」

(3人)♬「ライディス・ピスパイナー
ライディス・ピスパイナー ライディス・ピスパイナー」

♬「ピンドンゲイザー」

(3人)♬「ライディス・ピスパイナー
ライディス・ピスパイナー ライディス・ピスパイナー」

♬「ピンドンゲイザー
ピンドンゲイザー」

(佐野)ありがとうございました。
♬「タラ~」やないねん。

(佐野)いい質問です。

若いとき こうやってん
南原さんって。

何色も やったことないから!
1回もないから!

りんくまさんに一番はまった
芸人を決めてもらいたいんですが。

どの芸人でしょうか?

(佐野)久間田 琳加が選んだのは
エスファイブ!

(うえの)
くまちゃん ありがとーう!

そんな俺たち…。
(3人)エスファイブ!

やめて! やめてよ!

一応…。

(佐野)緑が内村さん。

何回目や? これ選ばれたん。
3回目ですね。

(ユーヤ)うわ~。
次の壁が大事よ。

緑の彼が…。

すごく知りたい。

「捨てて」…。
捨てちゃった。

もどれない…
後に戻れないぞ もう これは。

(佐野)巻き返せないなら
ただ いくのみです。